議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 江戸川区

平成19年 第2回 臨時会−12月19日-01号




平成19年 第2回 臨時会

平成十九年 第二回臨時会 江戸川区議会会議録 第十七号
第二回臨時会 第一日

一、開会日時 平成十九年十二月十九日(水曜日)午後・一時

二、出席議員(四十四人)
  一番   小俣則子 君
  二番   須田哲二 君
  三番   江副亮一 君
  四番   滝沢泰子 君
  五番   上田令子 君
  六番   木村長人 君
  七番   窪田龍一 君
  八番   堀江創一 君
  九番   関根麻美子君
  十番   田中寿一 君
  十一番  中山隆仁 君
  十二番  田島鐵太郎君
  十三番  間宮由美 君
  十四番  藤沢久美子君
  十五番  新村井玖子君
  十六番  稲宮須美 君
  十七番  伊藤照子 君
  十八番  中道 貴 君
  十九番  鵜沢悦子 君
  二十番  竹内 進 君
  二十一番 福本光浩 君
  二十二番 高木秀隆 君
  二十三番 藤沢進一 君
  二十四番 早川和江 君
  二十五番 瀬端 勇 君
  二十六番 田中 健 君
  二十七番 中里省三 君
  二十八番 笹本 尚 君
  二十九番 田中淳子 君
  三十番  川瀬泰徳 君
  三十一番 須賀清次 君
  三十二番 須賀精二 君
  三十三番 荒井輝夫 君
  三十四番 川口俊夫 君
  三十五番 島村和成 君
  三十六番 田島 進 君
  三十七番 片山剛男 君
  三十八番 春山仲次 君
  三十九番 北川 浩 君
  四十番  酒井 実 君
  四十一番 渡部正明 君
  四十二番 八武崎一郎君
  四十三番 小泉敏夫 君
  四十四番 片山知紀 君

三、出席説明員
  区長   多田正見 君
  副区長  ??賢一 君
  経営企画部長
       浅野潤一 君
  総務部長 山? 求 君
  都市開発部長
       淺川賢次 君
  環境部長 原 信男 君
  生活振興部長
       白井正三郎君
  福祉部長 渡辺 浩 君
  子ども家庭部長
       稲毛律夫 君
  健康部長 山本敏彦 君
  土木部長 土屋信行 君
  経営企画部企画課長
       石田剛朗 君
  同財政課長
       畔?文泰 君
  総務部総務課長
       秋元孝行 君
  同秘書課長
       長田重仁 君
  教育長  實方 健 君
  教育委員会事務局次長
       山? 実 君

四、出席区議会事務局職員
  事務局長 石出信二 君
  議事係長 ?橋 潔 君
  主査   木村浩之 君
  書記   日比生俊一君
  同    相澤秀紀 君
  同    倉持 修 君
  同    三枝直樹 君

五、議事日程
日程第一  会議録署名議員の指名
日程第二  会期の決定
日程第三  議  案
   第六十八号議案  平成十九年度江戸川区一般会計補正予算(第四号)
   第六十九号議案  平成十九年度江戸川区国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)
   第七十号議案   職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   第七十一号議案  幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   第七十二号議案  江戸川区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
追加日程第一  議案の委員会報告及び表決
   第六十八号議案  平成十九年度江戸川区一般会計補正予算(第四号)
   第六十九号議案  平成十九年度江戸川区国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)
   第七十号議案   職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   第七十一号議案  幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
   第七十二号議案  江戸川区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
                              閉  会
        ──────────────────────────
     午後一時開会
○議長(田島進 君) ただいまから平成十九年第二回江戸川区議会臨時会を開会します。
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) これより本日の会議を開きます。
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) 招集者のあいさつを許します。多田区長。
     〔区長 多田正見君登壇〕
◎区長(多田正見 君) 平成十九年第二回区議会臨時会の開会に当たり、ごあいさつ申し上げます。
 まず初めに、議員の皆様におかれましては、年末を控えた忙しい時期にお集まりをいただき、まことにありがとうございます。
 さて、今回の臨時会は、職員の給与に関係する補正予算、条例改正案、合わせて議案五件をお諮りするものでございます。労使交渉が難航したとはいえ、このような時期に議会を招集することはまことに申しわけないことでありますが、それぞれ御審議の上、御決定をいただきたいと思っております。
 以上をもちまして、招集のごあいさつといたします。
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) 事務局長に諸般の報告をさせます。
     〔石出事務局長報告〕
        ──────────────────────────
●七総総送第五百七十六号
平成十九年十二月十四日
                  江戸川区長  多  田  正  見
江戸川区議会議長
   田 島   進 殿
     江戸川区議会臨時会の招集について
 別紙告示写のとおり、平成十九年第二回江戸川区議会臨時会を平成十九年十二月十九日に招集したので通知します。
        ──────────────────────────
●七総総送第五百八十二号
平成十九年十二月十七日
                  江戸川区長  多  田  正  見
江戸川区議会議長
   田 島   進 殿
     議案の送付について
 平成十九年十二月十九日招集の平成十九年第二回江戸川区議会臨時会に提出する左記議案を、別紙のとおり送付いたします。
              記
          〔 以 下 略 〕
        ──────────────────────────
◎事務局長(石出信二 君) 説明員の出席については、区長、教育委員会委員長から、お手元に配付した文書表のとおり通知がありましたので、御了承願います。
        ──────────────────────────
△日程第一 会議録署名議員の指名
○議長(田島進 君) 日程に入ります。
 日程第一、会議録署名議員の指名。
 会議録署名議員は、江戸川区議会会議規則第百二十一条の規定により、五番、上田令子君、四十番、酒井 実君を指名します。
        ──────────────────────────
△日程第二 会期の決定
○議長(田島進 君) 日程第二、会期の決定。
 お諮りします。
 本臨時会の会期は、本日一日限りとしたいと思いますが、これに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(田島進 君) 御異議なしと認めます。したがって、会期は一日間と決定しました。
        ──────────────────────────
△日程第三 議  案
○議長(田島進 君) 日程第三、議案。
 第六十八号から第七十二号までの各議案を一括議題とします。
 事務局長に議案を朗読させます。
     〔石出事務局長朗読〕
        ──────────────────────────
第六十八号議案  平成十九年度江戸川区一般会計補正予算(第四号)
第六十九号議案  平成十九年度江戸川区国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)
第七十号議案   職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
第七十一号議案  幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
第七十二号議案  江戸川区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
 右の議案を提出する。
  平成十九年十二月十九日
               提出者 江戸川区長  多  田  正  見
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) 提出者の趣旨説明を求めます。??副区長。
     〔副区長 ??賢一君登壇〕
◎副区長(??賢一 君) ただいま上程されました議案につきまして御説明申し上げます。
 第六十八号議案、平成十九年度江戸川区一般会計補正予算(第四号)は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ四千八百十万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ二千百五億四百四十二万四千円とするものであります。
 予算書・同説明書三ページをお開きください。
 第一表、歳入歳出予算補正。歳入。第十八款繰越金は四千八百十万円の減額で、繰越額減額。
 次に、四ページ、歳出でありますが、各款いずれも別途提案しております給与条例改正に伴う職員の給与費補正等であります。
 第一款議会費は二百四十万円の増額。第二款総務費は一千七百十万円の増額。第三款区民生活費は三億二千万円の減額。第四款環境費は二千万円の減額。第五款福祉費は八千八百九十万円の増額。第六款健康費は二億一千八百万円の増額。第七款産業振興費は四百五十万円の増額。第八款都市開発費は一千八百万円の増額。第九款土木費は一千三百万円の増額。第十款教育費は七千万円の減額。
 以上、歳入歳出予算補正は、それぞれ四千八百十万円の減額であります。
 第六十九号議案、平成十九年度江戸川区国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ一億九千二百万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ六百八十二億八千三百八十六万五千円とするものであります。
 九ページをお開きください。
 第一表、歳入歳出予算補正。歳入。第七款繰入金は一億九千二百万円で、一般会計繰入金の追加。
 次に、十ページ、歳出。第一款総務費は一億九千二百万円で、職員の給与費補正。
 以上、歳入歳出予算補正はそれぞれ一億九千二百万円であります。
 次に、第七十号議案、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例及び第七十一号議案、幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、いずれも特別区人事委員会の勧告を受け、職員及び幼稚園教育職員の給料等をそれぞれ次のように改正するものであります。一点目は、勧告に基づき行政職給料表(一)九級及び医療職給料表(一)四級の職務を廃止するとともに、各給料表を改定するものです。行政職給料表(二)の改定に当たっては、給料表の額の水準についての見直し等を図ったものであります。二点目は、勧告どおり給料月額の引き下げとあわせて、地域手当の支給割合を一三%から一四・五%に引き上げるものであります。三点目は、勧告のとおり勤勉手当の支給割合を〇・〇五月分引き上げ、六月及び十二月の支給割合を〇・〇二五月分ずつ引き上げるよう改めるものであります。なお、平成十九年度においては、三月に〇・〇五月分を支給することとします。その他所要の規定整備等を行い、平成二十年一月一日から施行いたします。
 第七十二号議案、江戸川区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例は、地域手当の支給割合が一四・五%に引き上げられることから、調整額の単価の特例規定を整備するとともに、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う規定の整備をあわせて行うものであります。公布の日から施行し、調整額の単価の特例規定の整備については、平成二十年一月一日から施行いたします。
 以上で、説明を終わります。
○議長(田島進 君) ただいま上程されました第七十号から第七十二号までの各議案については、机上配付のとおり地方公務員法第五条第二項の規定によりあらかじめ特別区人事委員会の意見を聴取しましたので、報告します。
 説明されましたただいまの各議案について、質疑を許します。
     〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(田島進 君) なければ、質疑を終結します。
 この審査のため、第六十八号から第七十二号までの各議案は総務委員会に付託します。
 なお、休憩して総務委員会を第一委員会室で開きます。
 暫時休憩します。
     午後一時十分休憩
        ──────────────────────────
     午後二時十分再開
○議長(田島進 君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 この際お諮りします。
 休憩中に総務委員会委員長荒井輝夫君から議案審査結果報告書が提出されましたので、この際議案の委員会報告及び表決を日程に追加し、直ちに議題としたいと思いますが、御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(田島進 君) 御異議なしと認めます。したがって、そのように決定しました。
        ──────────────────────────
△追加日程第一 議案の委員会報告及び表決
○議長(田島進 君) 追加日程第一、議案の委員会報告及び表決。
 第六十八号から第七十二号までの各議案について、総務委員会における審査の経過と結果の報告を求めます。総務委員会委員長、荒井輝夫君。
     〔総務委員会委員長 荒井輝夫君登壇〕(拍手)
◎総務委員会委員長(荒井輝夫 君) ただいま報告を求められました各議案について、総務委員会における審査の経過と結果の報告を申し上げます。
 初めに、第六十八号議案、平成十九年度江戸川区一般会計補正予算(第四号)でありますが、今回の補正予算は、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ四千八百十万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ二千百五億四百四十二万四千円とするものであります。
 次に、第六十九号議案、平成十九年度江戸川区国民健康保険事業特別会計補正予算(第二号)は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ一億九千二百万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ六百八十二億八千三百八十六万五千円とするものであります。
 次に、第七十号議案、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例及び第七十一号議案、幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例は、いずれも特別区人事委員会勧告に伴い、職員の給与を改定するものであります。
 次に、第七十二号議案、江戸川区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例は、地域手当の支給割合の改正に伴い退職手当の調整額の単価の特例に係る規定を整備するほか、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い規定を整備するものであります。
 委員会は、第六十八号から第七十二号までの各議案については、いずれも特別区人事委員会勧告による職員の給与改定等に伴う議案であることから、一括して審査を行いました。
 委員会は、以上の各議案について慎重審査の結果、いずれも全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。
 以上をもちまして、当委員会の報告を終わります。
○議長(田島進 君) お諮りします。
 ただいまの委員長報告について、質疑並びに討論を省略し、委員長報告のとおり決するに御異議ありませんか。
     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(田島進 君) 御異議なしと認めます。したがって、第六十八号から第七十二号までの各議案は、いずれも原案のとおり決定しました。
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) 以上で本日の日程はすべて終了しました。
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) 区長のあいさつを許します。多田区長。
     〔区長 多田正見君登壇〕
◎区長(多田正見 君) 本臨時会にお諮りをいたしました補正予算、条例改正案、合わせて議案五件につきましては、それぞれ御審議の上御決定をいただき、感謝申し上げております。これからも皆様方の一層の御鞭撻をお願いする次第でございます。
 さて、本年もあと十日余りを残すこととなりましたが、皆様には御健勝でよき年をお迎えになりますよう心からお祈りを申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。ありがとうございました。(拍手)
        ──────────────────────────
○議長(田島進 君) 以上で、平成十九年第二回江戸川区議会臨時会を閉会します。
     午後二時十五分閉会


                 議長       田 島   進

                 署名議員     上 田 令 子

                 署名議員     酒 井   実