議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 江戸川区

平成26年10月 生活振興環境委員会−10月21日-07号




平成26年10月 生活振興環境委員会

平成26年10月 生活振興環境委員会会議録
■ 江戸川区情報公開条例第7条第2号(個人に関する情報)等により不開示とする部分は、「・・・・・・」で表示し、非公開としました。

●日時 平成26年10月21日(火)
●開会 午前10時00分
●閉会 午前10時20分
●場所 第2委員会室
●出席委員( 9人)
  関根麻美子 委員長
  田島鐵太郎 副委員長
  金井 茂  委員
  新村井玖子 委員
  太田公弘  委員
  堀江創一  委員
  田中けん  委員
  高木秀隆  委員
  須賀精二  委員
●欠席委員( 0人)
●執行部
  原野 哲也 副区長(生活振興部長 事務取扱)
  山? 実  環境部長
  外、関係課長
●事務局
   書記 志村一彦
●案件
 1 執行部紹介
 2 陳情審査…継続(第203号)
 3 所管事務調査…継続
 4 執行部報告
 (1)安全で快適な環境に向けて
 (2)大島町災害廃棄物の清掃工場への搬入終了について(口頭報告)
 (3)江戸川区民まつりについて(口頭報告)
 (4)「特定個人情報保護評価書(全項目評価書)(案)」のパブリックコメントの実施状況について
 (5)えどがわ美味いもの祭り
 (6)江戸川「食」文化の祭典2014

                    (午前10時00分 開会)
○関根麻美子 委員長 ただいまから、生活振興環境委員会を開会いたします。
 署名委員に、金井委員、堀江委員、お願いいたします。
 はじめに、執行部職員の異動がありましたので、執行部より紹介をお願いいたします。
 それでは、副区長、お願いいたします。
◎原野哲也 副区長 おはようございます。江戸川区副区長の原野哲也です。前任の白井正三郎生活振興部長の退職、その後ということで9月25日付でありますが、生活振興部長事務取扱を命ぜられました。当分の間ということでございますが、生活振興部長の職は、片手間でできる仕事ではございません。精いっぱい努めてまいりたいと思いますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。
○関根麻美子 委員長 なお、原野副区長は、通常総務委員会に説明員として出席をいたします。したがって今後、生活振興環境委員会に生活振興部長としての出席を求める場合は、あらかじめ説明員として出席要求をすることにしたいと思いますが、よろしいでしょうか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 それでは、そのようにいたします。
 これより陳情審査に入ります。
 新たに付託されました、第203号、長期在留する非正規滞在外国人住民を正規化し、誰もが希望の持てる社会を築くための意見書提出を求める陳情について審査願いますが、事務局に陳情文を朗読させます。お願いします。
◎区議会事務局 
長期在留する非正規滞在外国人住民を正規化し、誰もが希望の持てる社会を築くための意見書提出を求める陳情     (生活振興環境委員会付託)

受理番号  第 203 号      受理年月日 平成26年8月26日
                  付託年月日 平成26年9月30日
陳情者  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ・・・・・・・・・ ・・  ・
     ・・・・ ・・ ・・・
陳情原文  日本社会は古来より「寛容さ」を美徳としてきました。日本社会が持つ「寛容さ」は諸外国から尊敬され、海外からも人が流入するようになり今日に至っています。しかし、日本社会においては、急速に寛容さが失われつつあります。非正規滞在外国人住民だけでなく、高齢者、障がい者等の社会的弱者がますます声を挙げづらくなっています。高齢者の孤独死、障がい者への差別、非正規滞在外国人住民の強制送還等が連日報道されています。
 かつて日本には多くの非正規滞在外国人住民が滞在していました。1993年には298,646人(法務省入国管理局統計)を数えました。1993年末時点での外国人登録者数は、1,320,748人であり、外国人住民の5人に1人が非正規滞在の状態にありました。日本社会が非正規滞在外国人住民を必要としていた時代が確かに存在したのです。景気が良かった日本社会において非正規滞在外国人住民は労働力として期待されていました。また、非正規滞在外国人住民は母国において産業が未発達で仕事がない中で、両親や兄弟を食べさせたり、学校に行かせるために日本への出稼ぎを選択したのです。しかし、日本には建築現場や工場、飲食店等で労働をするための在留資格は、当時はもちろんのこと未だに存在しません。現実と法の間にギャップがあることは否めません。
 2000年代に入り、日本経済の低迷に伴い、非正規滞在外国人住民の取り締まりが厳しくなりました。毎年多くの非正規滞在外国人住民が強制送還されました。
 日本には2014年1月現在、59,061人の不法残留者(非正規滞在外国人住民)が存在しています(法務省入国管理局統計)。非正規滞在外国人住民が未だ帰国できずに日本社会に残っているということは、それだけ日本社会に留まらなければならぬ深刻な事情を抱えていると言えます。地域に根付いて生活をしている者、子どもが日本で生まれ大きく成長した者等が存在します。
 江戸川区にも非正規滞在外国人住民が存在します。2012年7月9日に、改定された出入国管理及び難民認定法が施行されたことに伴い、住民基本台帳から排除されるまでは、非正規滞在外国人住民は区役所へ外国人登録も行い、江戸川区の「住民」として生活をしてきました。
 非正規滞在外国人住民を正規化し、地域で共に生活ができるような寛容な社会は誰もが希望の持てる社会であると言えます。そのような社会を地域において築くことを目指すため、江戸川区においても「長期在留する非正規滞在外国人住民を正規化し、誰もが希望の持てる社会を築くための意見書提出を求める陳情」を採択し、国会及び政府に対し、添付意見書(案)を参考に、下記の事項を内容とする意見書を提出していただくよう陳情します。

                 記

1 長期在留している非正規滞在外国人住民を速やかに正規化すること
2 非正規滞在外国人住民等誰もが希望を持てる社会を築くこと

○関根麻美子 委員長 それでは、資料要求がありましたらお願いいたします。
 よろしいですか。
◆新村井玖子 委員 ちょっと、これいただけるかどうかあれなんですけど、江戸川区が把握している現状を知りたいんですけど、まずこの長期滞在する非正規滞在外国人が江戸川区に何人いるか。もしそれが圏域ごとにわかるのであれば、圏域ごとの人数を知りたいと思います。それから、外国人登録法が廃止になった前後で、非正規滞在者のおかれている環境の違いについて比較できるもの、比較、例えば受けられるサービスが受けられなくなったとか、これをしなきゃいけなくなったとかということがありましたら、それを教えていただきたい。あともう一つ。非正規滞在者と正規滞在者で、江戸川区で受けられるサービスの一覧。例えば、非正規滞在者の江戸川区で受けられるサービスの一覧で、これが非正規滞在者との違いがわかるような形で出していただければと思います。以上、3点です。
◎加藤英二 区民課長 今、3点の資料がお話があったと思いますけども、まず一点目のほうなんですが、この陳情原文にも書かれましたとおり、外国人登録法が24年7月9日で廃止されました関係で、それ以降につきましては、江戸川区で把握している数は適法に日本に在留する資格がある者の数でしかありませんので、その辺については取れると思います。またその以前につきましては、外国人登録法自体、その法律に基づいて在留資格なしという形で登録をされていた方については把握できますけども、その全容についてちょっとうちのほうでは把握をしておりませんので、一部であればうちのほうで数字はお出しできると思います。あと2点目と3点目につきましては、法がその改正される際にいろいろと庁内でもそういう行政サービスを受けられるものとかそういう調査を行ったことがありますので、ちょっとその辺をまとめてお出しできるんではないかなというふうに考えております。
◆新村井玖子 委員 わかりました。1点目については、外国人登録法だった時代のことに関しては把握されているということで、そちらのほうの数字をお願いします。
○関根麻美子 委員長 そのほかございますか。
◆田中けん 委員 陳情原文にもあるように、非正規滞在外国人というべき存在と、正規滞在外国人の存在というのがあるかと思うんですけど、私の興味・関心としては、外国人の犯罪が一般的には都市部では多いというふうには言われているんですが、例えば東京都とか江戸川区における外国人の犯罪。さらにその中における正規滞在と非正規滞在の過去5年とか10年とかの数及び割合というのがわかるのであれば資料として出していただきたいんですがいかがでしょうか。
◎岩瀬耕二 環境推進課長 外国人による犯罪ということなんですが、この、私の知っている限りの状況ですと、来日外国人という数字というのはホームページ等で出てくるんですけれども、その辺の区分のある分類というのはちょっと調べさせていただいて、もしデータがあれば出させていただきたいというふうに考えてございます。
○関根麻美子 委員長 そのほかございますか。よろしいですか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 では、他にないようでしたら、本日は継続としたいと思いますが、よろしいでしょうか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 それでは、そのようにいたします。
 次に、第173号陳情については、8月5日の委員会で趣旨採択との結論が出ております。よって、本定例会最終日に委員長報告を行いますのでご承知おきください。
 次に、先般実施しました都市視察の報告書について、机上に案を配付してありますのでお目通しをお願いいたします。
 何か、報告書の内容について、ご意見がございましたらどうぞ。
◆田中けん 委員 うちの会派で出た議論をお伝えしますけども、報告書というものは基本的に発言に関しても、これが誰が発言したのかというようなことを記名式というような形で書いたほうがいいのではないかと。ですから、同じ報告書であっても、発言する人によっては、全く違った、いいというふうに考える人もいれば、悪いというふうに発言する人もいて、同じ報告書の中に違った意見というのが混在するということもあるだろうと。こういう視察なんでね。ただ、それがやはりこのように誰が発言したかというのがわからないと、これ何なんだという話になりますけども、誰が発言したかということがわかれば、あっ違う人が発言しているから見解の相違があるんだなというようなことになるだろうということと、あとここに一番最初に書いてあるような、室蘭市の概要。これ札幌市も同じなんですが、基本的なことを書いたほうがいいんじゃないか。基本的なことをというのはどういうことかと言うと、どの議員さんが、要するに誰が委員長さんで誰が副委員長さんで、どんなメンバーが、あっごめんなさい。これは室蘭市の問題でしたね。ですから視察の基本的なことを書いたほうがいいだろう。誰が参加したのかとか。さらに言うんであるならば、どのぐらいの予算を使ったのか。どこに泊まったのか。そういうような視察に関する基本的な情報を、この視察報告書の中に盛り込んだほうがいいのではないかというような意見が出たものですから、それはそのとおりだなというふうに思ったもので、一つの報告書のあり方の考え方としてお伝えをしたいと思います。
○関根麻美子 委員長 そのほかございますか。よろしいですか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 では、ただいまのご意見を参考にして、また報告書を作成したいと思います。また、これ以上の修正、お気づきの点がございましたら、今後につきまして正副委員長にご一任をいただいて、最終日の本会議で報告したいと思いますが、よろしいでしょうか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 それではそのようにいたします。また都市視察以外の所管事務調査については本日は継続とし、閉会中の継続調査を申し出たいと思いますが、よろしいでしょうか。
          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 それではそのようにいたします。
 次に、執行部報告に入ります。
 はじめに、環境部お願いいたします。
◎岩瀬耕二 環境推進課長 机上に配らせていただいております、安全で快適な環境に向けてという冊子をごらんください。環境部で作成いたしまして完成いたしましたのでお配りさせていただいているところでございます。この冊子は江戸川区の環境施策を清掃事業も含めて、項目といたしましてはこれからの環境、江戸川区の環境の状況や資料等を総合的にまとめたものでございます。平成24年度からは、250部ですけど、庁内印刷をさせていただきまして、配付先は小中学校や中央図書館、エコタウンえどがわ推進本部会議等の関連する会議での配付を予定してございます。また他の自治体から視察があったときなど、資料として活用を考えているところでございます。今回の安全で快適な環境に向けての内容は、例年と大きく変わったところはございません。主にデータを平成25年度までの新しいものに更新したというものでございます。またこの冊子の内容も全て区のホームページに全部見られるようになってございますので、必要なところがあればそこからプリントしても活用できるという状況でございます。ご参考にしていただければと思います。
◎岡?由紀夫 清掃課長 清掃課から1点、口頭でご報告をさせていただきます。
 この1月から大島町の災害廃棄物を清掃工場へ搬入して受け入れをしておりました。これが清掃一部事務組合として1月から搬入しておりましたが、処理が順調に進んだことから、この10月16日をもって終了をいたしました。
 なお、江戸川清掃工場では、2月から9月の間に合計で414トン受け入れを行っております。全体でも3,631トンの受け入れということで、この10月16日をもって終了いたしました。
○関根麻美子 委員長 次に生活振興部、お願いいたします。
◎茶谷信一 地域振興課長 私のほうから、ペーパーないんですけども一言お礼をさせていただきたいと思います。
 去る10月12日、篠崎公園で第37回江戸川区民まつり、天気上々のもと行うことができました。一応、主催者発表で、55万人ということにさせていただきました。委員の皆様には顧問という立場でいろいろとご協力いただきましてありがとうございます。おかげさまで、けが、事故、大きなものは一切今回ありませんでした。改めてお礼を申し上げたいと思います。どうもありがとうございました。
◎加藤英二 区民課長 区民課から1件ご報告をさせていただきます。お手元に特定個人情報保護評価書(全項目評価書)(案)のパブリックコメントの状況についてというものございますけど、それについてご報告をさせていただきます。あわせて9月30日に正副議長さんと及び各会派の幹事長さんにお配りしたもの、また机上に置かせていただきました。後ほどごらんになっていただければと思います。またこの部分につきましては、ホームページでも今、閲覧ができるような状況になっておりますので、あわせてご案内をさせていただきました。
 まず状況について報告させていただきます。まず趣旨・目的でございます。ここに書かせていただいてございますけども、個人番号制度の開始に伴いまして、現在、これからシステム改修を行うわけですけども、その個人特定個人情報の収集、提供あるいは管理方法などがプライバシーに配慮された設計になっているかどうか、あるいは情報漏えいその他の事態が発生した場合のリスクを分析して、そのリスクに対して軽減措置がはかれているかどうかを評価書にまとめて公表して、広く一般に意見を求めるものでございます。現在パブリックコメントとしまして、10月1日から今月30日まで行っております。現在までの反応でございますけども、窓口の閲覧が1件でございました。ホームページでの閲覧、アクセスの件数が386件でございます。そのうち、寄せられた意見が2件でございました。この2件の意見でございますけども、お手元のこちら、ちょっとお開きいただきたいんですが、10ページ目のところにちょっとこう目が痛くなるような小さい図があって恐縮なんですけども、この図の右下のほうに中間サーバーというのがありまして、これは将来的には江戸川区以外の機関とやり取りするために使う中間サーバーというものなんですけども、ここについての記述をもう少し詳細にしたほうがいいのではないかというご意見を2件ほどいただきました。それにつきましては、その意見踏まえまして、最終的には記述をもう少し詳細にしまして、今度11月20日に開かれます個人情報保護審査会のほうの点検に伏したいというふうに考えてございます。今後の予定でございますけども、今申しましたとおり、今月末でパブリックコメントを終えまして、11月20日に個人情報保護審査会で第三者点検を受けます。ここで特に問題がなければ12月の下旬に内閣府にございます、特定個人情報保護委員会のほうへこの評価書を提出しまして、公表するという流れになってございます。
◎彦田義敬 産業振興課長 それでは、産業振興課からはお手元にお配りさせていただきました資料を2枚、2件につきましてのイベントのご案内を申し上げたいと思います。
 一つ目は、えどがわ美味いもの祭りの開催についてでございます。商店街の各支部のおいしいものを販売するイベントでございまして、10月26日10時から総合レクリエーション公園で、今年で4回目になりますが、開催をさせていただきます。出店は区商連の各支部から9店舗。加えて地元の葛西支部などからで、合計で19店舗の出店参加でございます。商店街でつくりました応援キャラクターのエドレンジャーのステージショーなども実施いたします。なお、裏面にちょっとチラシの写しで各店舗のイメージをお示ししております。
 続きまして、次が食文化の祭典についてでございます。これは今年で27回目になります。場所はいつもとおり、総合文化センター。11月5日(水)6日(木)、2日間の開催でございます。飲食産業展、模擬店、カラオケ大会などを実施いたします。加えまして飲食業者向けの食品衛生関係のさまざまな勉強会、講習会のほうもあわせて実施しております。なお、オープニングイベントでございますが、セレモニーでございますが、当日は10時に緊急地震速報のテスト放送が予定されておりますので、今年に限りまして10時10分からを予定しております。
○関根麻美子 委員長 ただいまの報告について、何かご質問ございますか。よろしいですか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 では、以上で執行部報告を終わります。
 次に、その他について何かございますか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○関根麻美子 委員長 それでは、今後の委員会ですが、次回は11月12日(水)、午後1時30分を、12月の委員会は、4日(木)、午前10時と19日(金)、午前10時を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上で、生活振興環境委員会を閉会いたします。
                    (午前10時20分 閉会)