議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 江戸川区

平成26年 9月 文教委員会−09月11日-06号




平成26年 9月 文教委員会

平成26年9月 文教委員会会議録

●日時 平成26年9月11日(木)
●開会 午後1時30分
●閉会 午後1時45分
●場所 第4委員会室
●出席委員(8人)
  島村和成  委員長
  竹平智春  副委員長
  大西洋平  委員
  中里省三  委員
  須賀清次  委員
  中道 貴  委員
  間宮由美  委員
  片山知紀  委員
●欠席委員(0人)
●執行部
  浅野潤一  教育長
  石塚幸治  文化共育部長
  外、関係課長
●事務局
   書記 森田寿生
●案件
 1 陳情審査…継続
   (第178号、第187号、第188号)
 2 所管事務調査…視察「江戸川区立船堀小学校」
 3 執行部報告
(1)「第二次江戸川区学校教育情報化推進計画」の策定
(2)東京都通学路防犯設備整備事業について(口頭報告)
(3)平成27年度入学 小学校選択制希望調査の集計結果
(4)PS事業者の変更及び学校における導入状況
(5)平成26年度全国学力・学習状況調査結果【速報】
(6)平成26年度中学校全国大会等への出場及び結果
(7)いじめ防止対策推進法について(口頭報告)
(8)しのざき文化プラザ第25回企画展示 小岩時代と童謡の世界 北原白秋
(9)1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年記念ポスター展示について

                     (午後1時 開会)
○島村和成 委員長 ただ今から、文教委員会を開会いたします。署名委員に、須賀清次委員、片山委員、お願いいたします。
 はじめに、本日の委員会の進め方についてですが、前回の委員会において決定しましたとおり、本日は船堀小学校の視察を行いますので、陳情の審査並びに他の所管事務調査につきましては、それぞれ継続といたします。
 従いまして、前回の陳情審査で要求された机上配付の資料につきましては、本日は持ち帰りのうえご確認を願いたいと思います。
 なお、本日の区役所帰庁時間は午後4時頃を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
 次に、執行部より報告があります。視察を控えておりますので、簡潔にお願いします。はじめに、教育委員会、お願いいたします。
◎柴田靖弘 教育推進課長 私の方からは2点報告させていただきます。
 1点目でございますが、お手元にお配りさせていただきました、第2次江戸川区学校教育情報化推進計画というもので、カラー刷りさせていただいております横版のものでございます。
 こちらは、この囲みに書いてございますとおり、平成22年度より25年度にかけまして、第1次の江戸川区学校教育情報化推進計画のもとに進めてまいりましたが、ここで第1次が終了いたしましたので、引き続き区立小中学校の教育情報化を推進するために、第2次ということで計画をこの度策定させていただきました。
 そちらの左側に書いてございます、これまで22年から25年までの取り組み。それから、その課題について主たるものを上げさせていただいてございます。これを受けまして、第2次江戸川区学校教育情報化推進計画の体系ということで、右側に表してございます。縦書きになってございますけれども、この2つを柱といたしまして、それぞれ4項目、それから3項目ということで、学校の情報化を推進してまいりたいということでございます。
 今回第2次につきましては、平成26年度から29年度までの4か年の計画となっております。なお、8月にはパブリックコメントということでご意見を聞かせていただきました。そのうえで、9月に策定をしたものでございます。概要版を一緒に付けさせていただいておりますが、本編につきましてはホームページで公開してございますので、そちらもご確認いただければと思います。
 裏面にはこの4年間でどういった内容を実際に取組みとして進めていくかという項目を、学校、事務局ということでの、主体となる別に色分けをさせていただいております。よろしくお願いいたします。
 もう1点ございますが、これは口頭で恐縮でございますが、東京都が今年度、公立小学校へ児童の安全を確保するための防犯カメラの設置事業を、新規事業としての打ち出しが4月にされました。
 これを受けまして江戸川区としても、5か年計画ということでございますので、これを取り入れていきたいということで準備を進めてまいりました。7月には事前の申請ということで、この度江戸川区としては5年間の1年目ということで、葛西地区の23校分を事前申請させていただいておりました。
 8月4日付で東京都から内定の通知がありました。前回の文教委員会は8月5日の午前中の開催でございまして、その午後に内定通知が届いたものですから、報告が1か月遅れてしまいましたけれども、この事業の内定をいただきましたので、進めてまいりたいと思っております。
 事業内容ですけれども、各学校に概ね5台程度ということで、東京都の事業となっております。江戸川区としてもこの事業を取り入れまして、概ね5台を目途としております。ただ、補助金額が経費の二分の一、東京都から出ます。上限が95万円ということでございますので、今回第3回定例会でも補正予算として予算案の中で提案をさせていただいておりますけれども、23校分の95万円掛ける、ということで2000万ほどの歳入と、4100万ほどの歳出ということで、上程させていただいております。
 このスケジュールとなりますけれども、皆様に議会でご審議をいただいたうえで、東京都の本申請につきまして10月中旬となっておりますので、見込みという形で23校の設置場所、地域の方々の同意ということも含めて、申請してまいります。補助の決定が11月の中旬ということでございますので、この決定を受けたのちに手続きを進めてまいりたいと考えてございます。
◎住田雅一 学務課長 学務課からも2点報告させていただきます。お手元の資料に、平成27年度入学小学校選択制の希望調査の集計結果について、お配りさせていただきました。
 集計の結果、小学校については3校が抽選となりました。この抽選については資料の下の方に記載されている日時、会場で公開にて行いたいと思います。なお、この3校以外の学校を希望した方につきましては、初めから選択ができなかった16校を除いて、全員希望の学校に入学できることになります。
 2点目につきましては、次の資料をご覧いただきたいのですけれども、PPS事業者の変更及び学校における導入状況についてであります。
 PPS事業というのは東京電力以外の新規の電力事業者ということになりますけれども、資料にあるとおり、10月からこの事業者が変わるということになります。それによって電気代が若干安くなるというところが、資料に記載されております。
 また、資料の4の一番下の表にまとめてありますけれども、このPPSの導入校が、区立小中学校106校のうち、現在は68校でありますけれども、10月からは99校になるということであります。
◎松井慎一 指導室長 指導室から3点ご報告させていただきます。資料ありが2点、口頭が1点となっております。まず1点目は、A4横版の資料がお手元にあるかと思います。平成26年度全国学力学習状況調査結果の速報でございます。
 小学校6年生、中学校3年生を対象として、4月22日に実施したものですが、8月に文部科学省から結果がまいりました。全国的にも平均値が近寄っているという傾向が分析されておりますが、江戸川区におきましても昨年、一昨年度と比較して都及び国の平均に近づいている教科が増えているという状況です。小学校の国語Aにおきましては、数年ぶりに国の平均を上回っている、というような状況がございます。
 江戸川区全体のものも、この後、指導室としては結果を公表してまいります。各学校は自校の分析、それから改善策を公表していくというようなスケジュールで取組んでまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。
 2点目でございます。この夏に行われました中学生の全国大会の結果、裏面は吹奏楽コンクールの結果でございます。
 体育大会におきましては、陸上は4名、水泳は9名、これはリレー1チーム4名を含みますけれども、参加し、このような結果となっております。一番下にある小岩四中の池江さんにつきましては、全国で50m優勝というような素晴らしい結果も残しております。
 裏面、吹奏楽につきましては、参加人数によってA組、B組、東日本と大会があります。この後の全国大会、東日本に参加したものはありませんが、金賞6校、銀賞16校、銅賞4校という結果をいただいております。
 最後、3点目でございます。これは口頭で説明させていただきます。昨年9月28日から施行されております、いじめ防止対策推進法でございます。
 このことにつきましては、江戸川区の学校におきましては、いじめ防止プログラムを平成18年度から活用して、いじめ対策をしておりますが、今回この法律によって各校がいじめ防止対策の組織を作る、それから、各学校がいじめ防止の基本方針を策定するということが決められました。
組織につきましては、これまでもあったものを改善して、改めて設置しております。各学校のいじめ防止対策基本方針につきましては、すでに全校決定してホームページ、または学校だより等でお知らせしているところです。
 地方公共団体としましては、いじめ防止対策のための連絡協議会を設置することができるという法律にもとづきまして、健全育成課と連携して、勉強会のようなもの、協議会のようなものを2回程度行う予定であります。
 また、重大事態が発生した際の調査機関につきましては、基本的には教育委員会が学校と連携して責任をもって調査をいたしますが、それで不十分な場合には区長部局の方であらためて調査をするというような対応になっております。資料がなくて申し訳ございません。以上3点でございます。
○島村和成 委員長 文化課長。
◎関山健二 文化課長 文化課から2点ご案内させていただきます。1点目が、カラー刷りのチラシです。しのざき文化プラザ第25回企画展示でございます。
 すでに始まっているのですが、9月6日土曜日から11月9日日曜日まで、詩人の北原白秋が、小岩で1年ほど生活をされたということで、そのあたりに焦点を当てて、北原白秋の軌跡等に迫った展示になっております。お時間がありましたら、こちらの方、ご覧いただければと思っております。
 もう1点です。2点目が、東京オリンピック・パラリンピック50周年記念ポスターの展示等について、でございます。
 今年は東京オリンピック開催から50年ということで、東京都の方が力を入れて23区に機運醸成のイベント等を展開するような話が出ております。そうした中で、東京都の方から作成した1964年の東京オリンピック・パラリンピックのパネル等を配付されておりますので、裏面に書いてございます図書館はじめ、スポーツ施設等でこの期間展示させていただきます。図書館においては、あわせてオリンピック関連の図書を、コーナーを設けて貸出をするということを行っておりますので、こちらについてもお時間がございましたらご覧いただければと思います。
○島村和成 委員長 ありがとうございます。以上で、執行部報告を終わります。本日は、視察のため時間の制約がありますので、質疑については、のちほど、個別に行っていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
 次に、その他について何かございますか。
           〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○島村和成 委員長 4年間江戸川区の教育行政にご尽力いただきました教育長が、この度ご退任ということでございますので、せっかくの機会でございますので、一言ご挨拶をいただきたいと思います。
◎浅野潤一 教育長 貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。急なことでありましたけれども、今月の18日をもって教育長を退任ということになりました。皆様には色々な意味で教育行政にご尽力をいただきまして、本当にありがたいというふうに思っております。
 丁度、少子化がはっきりしてきた時期で、これまで取り組まなかった学校統合であるとか、少子化に向けた様々な教育環境を変えていかなければいかない時期で、私としては中途半端な状態で忸怩たるものがありますけれども、非常に長い目で行政は行われていくものだと思いますし、子どもたちに目を向けていただける大人の方々は、行政だけではなく色々なところに沢山いらっしゃるわけでありますので、こういう方々の力を結集して、ぜひ素晴らしい江戸川区の子どもたちの教育環境に、皆様とともにこれからも、子どもたちが健全で健やかに育つように、ご尽力いただければ大変うれしいことだというふうに思います。
 私としてはできることは本当に僅かでありましたけれども、そういうような気持ちで取り組んできたことだけご報告させていただいて、感謝の意を表したいと思います。本当にありがとうございました。
○島村和成 委員長 どうもありがとうございます。江戸川区を離れても、色々とアドバイスをしてください。
 次に、今後の委員会ですが、10月は21日、火曜日、午前10時に、また、11月は14日、金曜日、午後2時に、陳情の審査並びに所管事務調査をそれぞれ予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
 以上で、本日の文教委員会を閉会いたします。バスが正面玄関に待機しておりますのでご移動お願いいたします。
                     (午後1時45分 閉会)