議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年議会運営委員会(11月22日)




平成18年議会運営委員会(11月22日)





             平成18年議会運営委員会記録





    平成18年11月22日(水)      於 第1・2委員会室


 
 出席委員(12名)


    委員長   倉 沢 よう次    副委員長  斉 藤 初 夫


    理 事   池田 ひさよし    理 事   中 村 しんご


    理 事   早 川 久美子


    委 員   秋 家 聡 明    委 員   安 西 俊 一


    委 員   加藤 のぶたか    委 員   牛 山   正


    委 員   大 塚   武    委 員   丸 山 銀 一


    委 員   三小田 准 一





    議 長   小 用   進





 欠席理事(0名)





 委員外議員の出席(1名)


    副議長   杉 浦 よう子





 出席説明員(4名)


    区長              青 木   勇


    総務部長            ? 橋 計次郎


    総務課長            菱 沼   実


    財政課長            深 井 祐 子





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         佐 藤 眞粧美


    議事調査担当係         小野塚 正 浩


    議事調査担当係         平 川 由紀子








 議会運営委員会議事日程


                      平成18年11月22日(水)


    件  名    審 査 結 果


第1          平成18年第4回葛飾区議会定例会の開催について


第2          その他所管事項について


第3  調査事件    議会の運営について                継 続


   (継続案件)


第4  調査事件    議会の会議規則、委員会に関する条例等について   継 続


   (継続案件)


第5  調査事件    議会改革について                 継 続


   (継続案件)


第6  調査事件    議長の諮問について                継 続


   (継続案件)





 午後1時59分開議


○(倉沢よう次委員長) どうも皆さん、ご苦労さまでございます。ただいまより議会運営委員会を開会いたします。


 初めに、小用議長からごあいさついただきます。


 議長。


○(小用進議長) 皆様方には大変お忙しい中、議会運営委員会をご開催いただきまして、ありがとうございます。本日は平成18年第4回定例会の開催についてでございますので、よろしくご協議のほどをお願いいたします。


 以上です。


○(倉沢よう次委員長) 本日は議案説明のため区長以下、理事者がお見えになっております。初めに区長からごあいさついただきます。


○(区長) お忙しいところお時間をちょうだいいただきまして恐縮でございます。第4回定例会にご審議をお願いします案件についてのご説明をいたします。


 今回の付議案件ですが、予算案が1件、条例案が6件、契約案が1件、人事案が1件、その他3件と合計12件が現在予定されておりますけれども、このほか特別区人事委員会の勧告に基づく職員の給与改定につきまして、きのうの夜遅く、区長会と特区連との間で交渉が妥結した状況でございます。つきましては、職員の給与に関する条例、幼稚園教育職員の給与に関する条例と職員の退職手当に関する条例の一部改正案を準備が整い次第、追加して提案をさせていただく必要が生じてまいっております。その際にはよろしくお願いをいたします。


 それでは議案等の概要につきまして、財政課長と総務課長からご説明いたさせますので、お聞き取りをお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) 財政課長。


○(財政課長) それでは私の方から平成18年度第二次補正予算(案)の概要についてご説明いたしますので、お手元の(案)の概要をごらんいただきたいと思います。


 まず、補正規模でございます。一般会計補正額は12億2,979万7,000円、補正後の予算総額は1,396億6,294万円でございます。今回の補正は一般会計のみでございます。


 主な補正事項でございます。まず歳入でございますが、地方特例交付金は2億1,473万6,000円、追加交付分の計上でございます。


 続きまして、国庫支出金及びその次の都支出金でございますが、いずれも歳出との連動でございまして、防災活動拠点や都市計画道路の整備、金町駅南口地区市街地再開発事業に係る国庫及び都補助金、また、要介護者に対します地域密着型のサービスの整備に係る国庫及び都補助金、また、私立児童福祉施設等の非常通報装置設置に係る都補助金などを記載の金額で計上しているところでございます。


 続きまして繰越金でございますが、4億9,779万1,000円でございます。今回の二次補正後の繰越金の残額といたしましては、14億6,211万5,000円となっているところでございます。


 次に歳出でございます。災害対策経費でございますが、立石二丁目の墨田公共職業安定所跡地に防災活動拠点を整備するための用地取得費等といたしまして、2億9,565万7,000円を計上しております。


 次に裏面をごらんください。


 電子計算運営経費でございますが、1億2,993万3,000円でございます。この中身といたしましては、住民情報系のシステムにおけます個人情報保護をより一層強化するためのセキュリティ対策構築委託費、また、福祉総合案内等、総合窓口システムの開発委託経費、また、平成20年4月からの制度改正に伴います国民健康保険システムの開発委託費がその内容となっているところでございます。


 次の地域活動推進経費でございますけれども、2,042万円。これは金町南自治会が整備をいたします自治町会会館の整備費助成を計上しているものでございます。


 次の地区センター等管理運営経費1,950万円。西小菅集会所の老朽化に伴います改修経費の計上でございます。


 次、総務事務経費、これは環境費でございますけれども、520万円。清掃一部事務組合と東京ガスが出資いたします合弁会社設立に伴う出資金に係る東京23区清掃一部事務組合への分担金でございます。


 次の総務事務経費、これは福祉費でございます。金額は5,350万円でございますが、内容は認知症の高齢者グループホーム、小規模多機能型居宅介護などの要介護者に対します地域密着型サービスを整備する事業者に対する整備費助成経費を計上しております。


 次の介護保険円滑実施事業経費3,012万円でございます。これは介護保険制度の改正に伴います特殊寝台、介護ベッドの利用の移行の円滑化等のため、ベッド購入者に対しまして、その経費の一部を助成する経費を計上しているものでございます。


 次の敬老館管理運営経費でございます。2,102万円でございます。これは末広、中道、宝町の3敬老館につきまして、介護予防拠点として活用するため、浴室等を改修する経費を計上してございます。


 次の子ども医療費助成事業経費501万3,000円でございますが、これは医療費助成の対象を拡大する準備のための事務経費を計上してございます。


 次の地域産業振興会館管理運営経費5,250万円でございますが、テクノプラザかつしかの空調設備の改修工事経費を計上しております。


 次の街づくり事業経費でございます。2億4,800万円でございますが、これは金町六丁目地区市街地再開発事業につきまして、本体工事が予定よりも早く進捗しているために助成経費を計上するものでございます。


 次の密集住宅市街地整備促進事業経費でございます。1,330万8,000円でございますが、これは東四つ木地区、四つ木地区の密集住宅市街地整備事業に係ります用地取得費及び補償費の減の差引額をこの金額として計上しているものでございます。


 次の道路橋梁新設改良経費、これは5億785万9,000円の減額でございます。これは金町駅の東側南北道路拡幅整備負担金でございますが、この負担金につきまして、JR山手線高田馬場駅付近でことし4月に起きました陥没事故を受けまして、安全確認のために工事が遅れていることから、この負担金の減額をするものでございます。


 次の都市計画道路整備事業経費8億3,981万4,000円でございます。これの内容は、都市計画道路の用地取得費等、また一つには、新小岩東北自転車駐車場整備の負担金、また、新小岩北口の連絡通路の整備にかかわる負担金でございますが、これもJR東日本、また、JR貨物が行う信号機の新設あるいは軌道移設等の工事が、これもやはり先ほど申し上げましたJR山手線の高田馬場駅付近での工事の影響で工事が遅れたことによりまして、負担金の減を計上しておりまして、差し引きとして8億3,981万4,000円という金額となっているところでございます。


 続きまして学校教育活動指導経費460万8,000円でございますが、葛飾学習チャレンジ教室推進に要します経費を計上しているところでございます。


 次の成人教育運営経費でございますが、これは東京都からの委託に基づきまして、子どもに基本的な生活習慣を身につけさせるための子どもの生活習慣確立プロジェクト事業に要する経費300万円を計上しているところでございます。


 その他の部分でございますが、私立保育園や私立学童保育クラブあるいは認証保育所に対しまして非常通報装置を設置することに対する助成を行う経費ですとか、あるいは国の関連工事の遅れに伴いまして、水元小合溜の導水施設改修工事が遅れているということで、改修工事費の減額などを計上しておりまして、その差引金額といたしまして393万7,000円の減額を計上しているところでございます。


 第二次補正予算(案)の内容については、以上でございます。よろしくお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) 総務課長。


○(総務課長) それでは2番以降につきまして、平成18年第4回葛飾区議会定例会付議事件の概要によりご説明させていただきます。概要をごらんいただければと思います。


 まず、2番でございます。2番は新たに制定する条例でございます。2番、葛飾区長期継続契約を締結することができる契約を定める条例でございます。制定理由でございますが、平成16年の地方自治法改正によりまして、それまで債務負担行為の例外として、複数年にわたる契約が認められておりました電気、ガス、水道、電話や不動産を借りる契約に加えまして、新たに翌年度以降にわたり物品を借り入れ、または役務の提供を受ける契約で、翌年度以降も契約を締結しなければ当該契約にかかわる事務の取り扱いに支障を及ぼすような契約を条例で定めることができるようになりました。この改正を受けまして、長期継続契約を締結することができる契約を定める条例を定めるものでございます。定める契約の具体的な例でございますが、概要覧に記載してございます、電子計算機を借り入れる契約や庁舎等の保守に係る契約等でございます。施行日は平成19年1月1日でございます。


 3番、葛飾区子どもの医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例は、概要にございますように、通院に係る医療費の助成対象となる子どもの範囲を、現行「6歳に達した日以後の最初の3月31日までにある者」から「15歳に達した日以後の最初の3月31日までにある者」に拡大するもので、施行日は平成19年4月1日でございます。


 4番、葛飾区保育の実施及び保育料等に関する条例の一部を改正する条例は、児童福祉法の改正に伴い、引用する児童福祉法の条文が第56条第11項から第56条第10項に変わったため改正をするものでございます。施行日は公布の日でございます。


 2ページをごらんいただきたいと思います。


 5番、葛飾区立児童遊園条例の一部を改正する条例は、飯塚なかよし児童遊園(西水元一丁目25番1号)を新設するもので、今回の改正により、児童遊園は173園となります。施行日は公布の日でございます。


 6番、葛飾区立学校設置に関する条例及び葛飾区奨学資金貸付条例の一部を改正する条例は、学校教育法の改正に伴い、盲学校、聾学校及び養護学校の名称を特別支援学校に改めるもので、施行日は平成19年4月1日でございます。


 7番、葛飾区立学校施設使用条例の一部を改正する条例は、付帯設備を新設し、及びその使用料の額を定めるもので、新設する付帯設備は照明設備でございます。使用料の額は1時間につき300円でございます。施行日は葛飾区教育委員会規則で定める日でございますが、平成19年4月ごろを予定してございます。


 8番は契約案件でございます。都市計画道路補助第276号線(大堰枠南)整備工事請負契約締結についてでございます。(2)の工事箇所でございますが、新宿四丁目15番先から26番先まで、契約の方法は制限付き一般競争入札による契約で、契約金額は1億3,595万4,000円、契約の相手は東新小岩七丁目24番12号、尾花興業株式会社、工期は契約締結の日の翌日から300日間でございます。


 3ページに移らせていただきます。


 9番は指定管理者の指定についてでございます。9番、葛飾区新小岩南第二自転車駐車場等の指定管理者の指定についてでございます。施設の名称は、葛飾区新小岩南第二自転車駐車場、葛飾区堀切北第一自転車駐車場及び葛飾区堀切北第二自転車駐車場で、指定管理者の名称等は、立石七丁目1番1号、社団法人葛飾区シルバー人材センターでございます。指定の期間は、平成19年4月1日、新小岩南第二自転車駐車場にありましては、同年3月1日から平成21年3月31日まででございます。


 10番は東京都後期高齢者医療広域連合の設置についてでございます。提案理由でございますが、東京都後期高齢者医療広域連合を設置する必要があるので、地方自治法第291条の11の規定に基づき議会にお諮りするものでございます。規約の概要でございます。広域連合は、都内の全区市町村をもって組織し、高齢者の医療の確保に関する法律及び同法に基づく命令に基づき広域連合が行うとされた後期高齢者医療の事務を処理するほか、広域連合の議会及び執行機関その他必要な事項を定めるものでございます。


 続きまして人事案件でございます。葛飾区教育委員会委員、日色静子の平成18年12月22日任期満了に伴う任命同意方について依頼するものでございます。


 最後に人権擁護委員の任期満了に伴う候補者の推薦に関する意見についての照会でございます。人権擁護委員法第6条第3項の規定により、現員13名のうち、任期の満了する2名の後任委員候補者の推薦につき、議会の意見を聞くものでございます。


 以上で付議案件の説明を終了させていただきます。


 続きまして専決処分の報告について、ご報告させていただきます。専決処分報告書をごらんいただければと思います。よろしゅうございますでしょうか。


 専決処分報告書(契約変更)でございます。


 1の専決処分事項でございますが、葛飾区立西小菅小学校ほか1耐震補強その他工事請負契約の変更でございます。3番をごらんください。契約の相手はお花茶屋一丁目3番5号、永井建設株式会社。4の変更内容は変更前契約金額2億5,478万円を2億5,650万4,500円に変更するもので、その変更理由でございますが、(1)といたしまして、校舎外壁モルタルにつきまして、足場設置後浮き部分の数量を確認したところ、足場設置前に地表から確認したものより多かったため、外壁の補修箇所を追加したことでございます。(2)といたしまして、(1)により補修を行う部分とモルタル塗りのひび割れ補修をすべき部分が重複していたため、モルタル塗りのひび割れ部分の補修工事の縮小を行ったものでございます。(3)でございます。既存床の撤去及び耐震補強用アンカー筋打設を実施しようとしたところ、電灯コンセント配管配線が入っていたため、支障となる電灯コンセント配管配線の切り回し作業を行ったことに伴うものでございます。専決処分年月日でございますが、平成18年10月10日でございます。


 以上でございます。よろしくお願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) どうもご苦労さまでした。


               (区長ほか理事者退席)


 それでは次に、平成18年第4回葛飾区議会定例会の開催について、事務局次長より説明願います。


 次長。


○(事務局次長) それでは、配布いたしましたレジュメをごらんいただきたいと思います。


 1番の第4回定例会の開催についてでございます。


 (1)区長発言(要旨)についてでございますが、レジュメを1枚おめくりいただいたところに添付をさせていただいてございます。


 (2)の付議事件案につきましては、ただいま説明のあったとおりでございます。


 (3)会期についてでございますが、11月30日、木曜日から12月18日、月曜日までの19日間ということで、ただいまの付議事件概要の次に第4回定例会の開催日程案の表が出てまいりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 この開催日程表でございますが、前回の当委員会でご決定いただいた内容のとおりでございますが、本日ご提出いたしますものには、それぞれ常任委員会と特別委員会のところに括弧書きで委員会名を落とし込んだものをお配りをさせていただいてございます。それから12月14日、木曜日のところに議会運営の検討事項について協議を行う議会運営委員会理事会を、前回の理事会で日程協議が整いましたので追加をさせて、記載させていただいたものでございます。


 それでは内容を説明させていただきます。


 第4回定例会でございますが、11月30日、木曜日が初日、立ち上がりの本会議でございます。翌12月1日、金曜日が本会議予備日、12月4日、月曜日から7日、木曜日までが4常任委員会、8日、金曜日が予備日でございまして、11日、月曜日から13日、水曜日までが3特別委員会、翌14日、木曜日がただいま申し上げました議会運営委員会理事会でございます。それから15日、金曜日が最終本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会、18日、月曜日が最終本会議でございます。前の方にさかのぼっていただきまして、本日11月22日、水曜日が議案説明のための理事会並びに議会運営委員会、その下、括弧で議案送付というふうに書いてございますが、これにつきましては、当委員会終了後、直ちに送付をさせていただきます。それから11月29日、水曜日が初日の本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会でございます。


 なお、現在のところ、あくまでも見込みではございますが、一般質問が6名の見通しでございます。一般質問につきましては、平成15年10月16日の当委員会のご決定によりまして、7名以上の通告があった場合は2日間行う。したがいまして、6名以内ですと1日ということでございますので、正式には27日の通告の締め切りを待たねばなりませんが、現在のところの見通しでは、1日の括弧書きにしてある本会議は予備日のまま開かれないというような見込みでございます。


 それからそれぞれの会議の開始時間でございますが、11月30日、木曜日の初日の本会議が午前10時、翌1日はもし開催するということになれば、同じく10時でございます。その他の常任・特別委員会につきましては、すべて午後1時。それから表に記載の理事会、議会運営委員会ですが、12月14日の理事会のみが13時でございまして、それ以外は理事会、議会運営委員会それぞれ13時、14時という開催でございます。12月18日の最終本会議は午後1時の予定でございます。


 レジュメの方へお戻りいただきまして、(4)の区政一般質問についてでございます。今回の質問順序は民主党からでございますので、民主党、自民党、公明党、共産党の交渉4会派、それから区民連、無所属、こういった順番でございます。持ち時間でございますが、自民党65分、公明党50分、共産党30分、民主党30分、区民連25分、無所属各20分でございます。質問の通告につきましては、11月27日、月曜日の午後2時まででお願いをいたします。


 それから(5)請願等でございますが、11月28日、火曜日受付分まで初日に付託をさせていただきます。


 それから(6)意見書等でございますが、件名及び案文につきましては、11月28日火曜日の午後4時までにお願いをいたします。


 (7)署名議員でございますが、今定例会につきましては、11番、三小田准一議員、12番、野島英夫議員、35番、丸山銀一議員のお三方でございますので、よろしくお願いをいたします。


 定例会の開催につきましての説明は以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) 質問がありましたらどうぞ。


              (「なし」との声あり)


 ございませんか。


 ないようですから、その他に入ってください。


 次長。


○(事務局次長) それではレジュメ2番のその他でございますが、(1)の専決処分の報告についてはただいま説明のあったとおりでございます。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) その他の説明も終わりました。ほかにないようでしたら。


              (「なし」との声あり)


 よろしいですか。


              (「なし」との声あり)


 それでは次に、日程第3から第6までの調査事件4件を一括して上程いたします。


 お諮りいたします。これらの調査事件については一括して継続調査とすることにご異議ございませんか。


              (「なし」との声あり)


 異議なしと認め、これらの調査事件については、一括して継続調査とすることに決定いたしました。


 なお、次回の委員会の日程ですが、理事会を11月29日、水曜日午後1時から、議会運営委員会を同じく29日午後2時から開催いたしますので、出席方、よろしくお願いいたします。


 以上をもちまして、議会運営委員会を閉会いたします。ご苦労さまでした。


 午後2時25分閉会