議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年決算審査特別委員会(10月12日)




平成18年決算審査特別委員会(10月12日)





           平成18年 決算審査特別委員会記録





    平成18年10月12日(木)          於 委員会室


 
 出席委員(37名)


    委員長   谷野せいしろう    副委員長  大 塚   武


    理 事   新 村 秀 男    理 事   三小田 准 一


    理 事   内 田 たかし    委 員   秋 家 聡 明


    委 員   秋本こうたろう    委 員   安 西 俊 一


    委 員   池田 ひさよし    委 員   石 井 みさお


    委 員   梅 沢 五十六    委 員   大 森 義 明


    委 員   加藤 のぶたか    委 員   倉 沢 よう次


    委 員   清 水   忠    委 員   舟 坂 ちかお


    委 員   峯 岸   實    委 員   荒 井 彰 一


    委 員   上 原 ゆみえ    委 員   牛 山   正


    委 員   く ぼ 洋 子    委 員   小 山 たつや


    委 員   斉 藤 初 夫    委 員   杉 浦 よう子


    委 員   出口 よしゆき    委 員   丸 山 銀 一


    委 員   中 江 秀 夫    委 員   中 村 しんご


    委 員   野 島 英 夫    委 員   渡 辺 好 枝


    委 員   小 林 ひとし    委 員   早 川 久美子


    委 員   米 山 真 吾    委 員   大 高 た く


    委 員   むらまつ 勝康    委 員   石 田 千 秋


    委 員   工 藤 きくじ





    議 長   小 用   進





 欠席委員(0名)





 委員外議員の出席(0名)





 出席説明員(29名)


    区長              青 木   勇


    助役              八木原 利 勝


    収入役             青 木 克 徳


    教育長             山 崎 喜久雄


    政策経営部長          柏 崎 裕 紀


    企画課長            濱 中   輝


    財政課長            深 井 祐 子


    総務部長            ? 橋 計次郎


    総務課長            菱 沼   実


    地域振興部長          高 橋 成 彰


    産業経済担当部長        竹 下 恭 治


    地域振興課長          桶 谷   満


    環境部長            鈴 木 昭 仁


    環境課長            町 田 博 信


    福祉部長            西 村 政 次


    福祉管理課長          丹     保


    保健所長            東海林 文 夫


    地域保健課長          石 田 秀 紀


    子育て支援部長         筧     勲


    育成課長            赤 木   登


    都市整備部長          久 野 清 福


    都市施設担当部長        秋 田 貞 夫


    街づくり調整課長        津 野   章


    教育次長            小 川 幸 男


    教育振興担当部長        鹿 又 幸 夫


    庶務課長            内 山 利 之


    副収入役            西 野   明


    監査事務局長          田 口 哲 雄


    選挙管理委員会事務局長     松 下 謙 司





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         小野塚 正 浩








 決算審査特別委員会


                        平成18年10月12日(木)


    件  名     審 査 結 果


第1  報告第1号    平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算      認 定


                   (共産党及び無所属委員の一部は否認定主張)


第2  報告第2号    平成17年度葛飾区国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算


                                     認 定


                             (共産党は否認定主張)


第3  報告第3号    平成17年度葛飾区老人医療事業特別会計歳入歳出決算


                                     認 定


第4  報告第4号    平成17年度葛飾区介護保険事業特別会計歳入歳出決算


                                     認 定


第5  報告第5号    平成17年度葛飾区用地特別会計歳入歳出決算    認 定


第6  報告第6号    平成17年度葛飾区駐車場事業特別会計歳入歳出決算 認 定


                             (共産党は否認定主張)








 午後1時02分開議


○(谷野せいしろう委員長) 出席議員は定足数に達しておりますので、これより本日の委員会を開きます。


 それでは、区長よりごあいさつを願います。


 区長。


○(区長) 大変お忙しいところ、決算審査特別委員会をお開きくださいましてありがとうございました。よろしくご審議のほどをお願い申し上げます。


○(谷野せいしろう委員長) 本日の委員会ですが、まず分科会長から分科会審査の報告を受け、報告に対する質疑の後、採決を行います。なおその際、討論につきましては、慣例により本会議の採決の際に行っていただきますので、当委員会では省略させていただきます。


 これより本日の日程に入ります。


 日程第1、報告第1号、平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算から日程第6、報告第6号、同じく駐車場事業特別会計歳入歳出決算までの報告6件を一括して上程いたします。


 これらの案件につきましては、各分科会におきまして審査を行った結果、各分科会長から委員長あてに審査報告書が提出されました。その内容はお手元に配布のとおりであります。


 それでは、各分科会長から、順次報告を願います。


 初めに、第1分科会、池田ひさよし分科会長。


○(池田ひさよし第1分科会会長) それでは、第1分科会における決算審査の経過についてご報告を申し上げます。


 当分科会は、9月20日の決算審査特別委員会において、報告第1号、平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算のうち、議会費、総務費、産業経済費及び職員費に係る歳入歳出決算について審査を行うため設置され、10月4日に審査を行ったものであります。


 当分科会において、総務費ではバランスシートの作成時のわかりやすい複式簿記の導入やユニバーサルデザインを含めた総合窓口整備、地区センター、集会所のトイレの改修、またポイ捨て防止活動や災害対策などについて。産業経済費ではトイランドの常設展示物や観光レクリエーション事業、また空き店舗活用などについてさまざまな角度から質疑を行い、当分科会所管事項について十分に調査・検討し、詳細に審査いたしました。


 なお、当分科会における決算審査に対する各会派の意見はお手元に配布のとおりでありますので、ごらんおきください。


 以上です。


○(谷野せいしろう委員長) 次に、第2分科会、丸山銀一分科会長。


○(丸山銀一第2分科会会長) それでは、第2分科会における決算審査の経過についてご報告申し上げます。


 当分科会は、9月20日の決算審査特別委員会において、報告第1号、平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算のうち、福祉費及び衛生費に係る歳入歳出決算について審査を行うため設置され、10月5日に審査を行ったものであります。


 当分科会において、福祉費では障害者就労支援事業の促進、福祉タクシー事業、地域包括支援センター事業の取り組み、敬老館やシニア活動支援センターの管理運営などについて。衛生費では各種健康診査やがん検診事業の周知方法、アレルギー疾患対策の強化などについて、さまざまな角度から質疑を行い、当分科会所管事項について十分に調査・検討し、詳細に審査をいたしました。


 なお、当分科会における決算審査に対する各会派の意見は、お手元に配布のとおりでありますので、ごらんおき願います。


 以上です。


○(谷野せいしろう委員長) 次に、第3分科会、中江秀夫分科会長。


○(中江秀夫第3分科会会長) それでは、第3分科会における決算審査の経過についてご報告を申し上げます。


 当分科会は、9月20日の決算審査特別委員会において、報告第1号、平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算のうち、環境費及び都市整備費に係る歳入歳出決算について審査を行うため設置され、10月6日に審査を行ったものであります。


 当分科会において、環境費では区民農園の充実、屋上・壁面緑化の推進、環境保全事業の普及啓発、自然保護区域の維持管理、貯水槽設置による雨水の利活用、ごみの分別収集徹底に向けた取り組みなどについて。都市整備費では細街路拡幅整備の促進、違反建築物の指導体制、まちづくり事業の進捗と今後の取り組み、自転車駐車場の整備、安心歩行エリア整備の促進、水元小合溜水質浄化事業の改善などについて、さまざまな角度から質疑を行い、当分科会所管事項について十分に調査・検討し、詳細に審査をいたしました。


 なお、当分科会における決算審査に対する各会派の意見は、お手元に配付のとおりでありますので、ごらんおき願います。


 以上です。


○(谷野せいしろう委員長) 次に、第4分科会、梅沢五十六分科会長。


○(梅沢五十六第4分科会会長) それでは、第4分科会における決算審査の経過についてご報告申し上げます。


 当分科会は、9月20日の決算審査特別委員会において、報告第1号、平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算のうち、教育費から予備費まで。報告第2号、平成17年度葛飾区国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算。報告第3号、同じく老人医療事業特別会計歳入歳出決算。報告第4号、同じく介護保険事業特別会計歳入歳出決算。報告第5号、同じく用地特別会計歳入歳出決算及び報告第6号、同じく駐車場事業特別会計歳入歳出決算について審査を行うため設置され、10月10日に審査を行ったものであります。


 当分科会において、教育費では教育委員制度、奨学資金貸付、確かな学力の定着度調査、学校選択制、教育施設整備積立基金、科学教育センター、教育研究奨励事業、国際理解教育、特色ある学校づくり推進などについて。次に、国民健康保険事業特別会計及び介護保険事業特別会計では、保険料の値上げや介護保険給付準備基金などについて。次に、駐車場事業特別会計では、荷さばき駐車場の設置などについて、さまざまな角度から質疑を行い、当分科会所管事項について十分に調査・検討し、詳細に審査をいたしました。


 なお、当分科会における決算審査に対する各会派の意見は、お手元に配布のとおりであります。ごらんおき願います。


 以上です。


○(谷野せいしろう委員長) それでは、ただいまの報告について質疑はありませんか。


              (「なし」との声あり)


 質疑なしと認めます。


 これより上程中の案件について、討論を省略し、直ちに分離採決いたします。


 初めに、日程第1、報告第1号について起立により採決いたします。


 お諮りいたします。本件について、報告のとおり認定することに賛成の委員の起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


 起立多数と認めます。よって本件は、報告のとおり認定すべきものと決定いたしました。


 次に、日程第2、報告第2号について、起立により採決いたします。


 お諮りいたします。本件について、報告のとおり認定することに賛成の委員の起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


 起立多数と認めます。よって本件は、報告のとおり認定すべきものと決定いたしました。


 次に、日程第3、報告第3号から日程第5、報告第5号までの報告3件について、一括して採決いたします。


 お諮りいたします。これらの案件について、報告のとおり認定することに異議ありませんか。


             (「異議なし」との声あり)


 異議なしと認め、これらの案件は、報告のとおり認定すべきものと決定いたしました。


 次に、日程第6、報告第6号について、起立により採決いたします。


 お諮りいたします。本件について、報告のとおり認定することに賛成の委員の起立を求めます。


              (賛 成 者 起 立)


 起立多数と認めます。よって本件は、報告のとおり認定すべきものと決定いたしました。


 以上をもちまして、当委員会に付託されました報告6件の審査をすべて終了いたしました。


 区長から発言の申し出がありますので、これを許します。


○(区長) 一言ごあいさつを申し上げます。


 委員各位におかれましては、去る10月4日の委員会の開催以来、各分科会におきまして連日にわたり熱心なご審議をいただきまして厚く御礼を申し上げます。おかげをもちまして本日、平成17年度の各会計の決算について認定すべきものというご決定を賜りましてまことにありがとうございます。


 ご審議の過程でいただきました委員各位並びに各会派のご意見は、今後の区政運営を通じて十分に検討し、最善の努力を傾注してまいりたいと考えております。


 連日にわたり、真摯なご審議をいただきました委員各位、また委員長、各分科会の会長を初めとする役職者の皆様方のお骨折りに対しまして、重ねて御礼を申し上げますとともに、引き続き区政へのご支援、ご協力を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、私の閉会に当たってのごあいさつといたします。


 まことにありがとうございました。


○(谷野せいしろう委員長) 続いて、議長からも発言がございます。


○(小用進議長) 決算審査特別委員会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 委員各位におかれましては、今月4日の第1分科会審査の開会以来、連日長時間にわたり、精力的なご審査を賜り、まことにありがとうございます。


 おかげをもちまして平成17年度各会計決算につきましては無事委員会審査が終了いたしましたが、しかし、景気の動向は回復基調にあるのは事実でありますが、中小零細企業や個人商店が多くを占めます本区におきましては、まだまだその影響を実感できないというのが正直なところではないでしょうか。


 区長を初め理事者各位におかれましては、このような環境下で新年度予算の編成をされるわけでございますので、委員会あるいは分科会審査の過程で各会派から出された意見や要望を44万区民の声の代弁と真摯に受けとめられ、予算編成並びに各施策に反映されることを議会を代表してお願いするものであります。


 最後に本委員会が、正副委員長、理事並びに正副分科会長各位のご尽力と理事者各位のご協力により、滞りなく運営されましたことを重ねて感謝申し上げまして、簡単ではございますが、委員会閉会に当たりましての私のあいさつといたします。


 まことにご苦労さまでございました。


              (正副委員長・理事、起立)


○(谷野せいしろう委員長) それでは閉会に当たりまして、正副委員長及び理事を代表いたしまして、一言、私からごあいさつを申し上げます。


 本委員会また分科会ともども、委員各位のご協力により、極めて円滑に審査が進んでまいりましたことに対しまして、委員長として感謝の念にたえません。この場をお借りいたしまして、厚く御礼を申し上げます。


 また、理事者におかれましては、終始一貫、真摯な態度でご答弁をいただきました。心より感謝を申し上げます。


 さて、我が国の景気は、戦後最長であった、いざなぎ景気の拡大期間に並ぶと見込まれておりますが、地域間格差の拡大や、格差の固定化が懸念されてもおります。中小零細企業の多い本区にとりましても、等しく景気回復を実感するにはまだまだ厳しい状況にございます。また、人口減少、少子高齢化がさらに進展していく中、こうした環境変化にも柔軟に対処していくためには、徹底してむだを省き、より一層の効果的、効率的な区政を実現させることが不可欠であります。今回の決算審査を通じて交わされました質疑が今後の区政運営に十分に活かされ、特に、19年度予算に反映されますよう、また、将来にわたって住みよいまち葛飾の実現に結びつきますことを願いまして、決算審査特別委員会閉会に当たりましての私のあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。


 以上をもちまして、決算審査特別委員会を閉会といたします。ご苦労さまでございました。


 午後1時19分閉会