議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年議会運営委員会理事会( 9月15日)




平成18年議会運営委員会理事会( 9月15日)





            平成18年議会運営委員会理事会記録





    平成18年9月15日(金)       於 第1・2委員会室


 
 出席理事(5名)


    委員長   倉 沢 よう次    副委員長  斉 藤 初 夫


    理 事   池田 ひさよし    理 事   中 村 しんご


    理 事   早 川 久美子





    議 長   小 用   進





 欠席理事(0名)





 理事外議員の出席(1名)


    副議長   杉 浦 よう子





 出席説明員(0名)





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         佐 藤 眞粧美


    議事調査担当係         小野塚 正 浩


    議事調査担当係         平 川 由紀子








 議会運営委員会理事会議事日程


                        平成18年9月15日(金)


    件  名    審 査 結 果


第1          第3回定例会の会議運営について


第2          その他所管事項について








 午後1時01分開議


○(倉沢よう次委員長) どうも皆さんご苦労さまです。ただいまから議会運営委員会理事会を開会いたします。


 初めに、小用議長からごあいさついただきます。


○(小用進議長) 皆様方には大変お忙しい中、議会運営委員会理事会をご開催いただきまして、ありがとうございます。きょうは第3回定例会の会議運営についてでございますので、よろしくご協議のほどをお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) 第3回定例会の会議運営について、事務局次長より説明いたさせます。


 次長。


○(事務局次長) それでは、配布いたしましたレジュメの方をごらんいただきたいと思います。


 1番の第3回定例会の会議運営についてでございますが、レジュメに記載してございますように、初日の本会議、9月19日、火曜日と20日、水曜日の2日間に分けて日程を編成させていただいてございます。この理由でございますが、一般質問ですが、レジュメの表面と裏面に記載してございますけれども、今定例会につきまして、10人の議員さんから一般質問の通告がございました。平成15年の議会運営委員会の決定に従いまして、7名以上は2日間ということでございますので、2日間に編成をさせていただいてございます。なお、その一般質問でございますけれども、初日に8人、2日目に2人ということで分けさせていただきました。これにつきましては後ほど説明させていただきますが、終了時刻を見込んだ上での分け方でございます。


 それでは第3回定例会の会議運営についてでございますが、まず、9月19日、火曜日でございます。開会・開議、午前10時でございます。


 署名議員でございますけれども、9番、小山たつや議員、10番、中江秀夫議員、36番、谷野せいしろう議員のお三方を議長から指名をさせていただきます。


 それが済みますと(3)の庶務報告でございますが、欠席者があればその旨の報告をさせていただきますが、今のところ欠席の届け出はございません。


 それからその下でございますが、第61回広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式及び被爆61周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典への議員派遣の報告ということで、これは、去る第2回定例会におきまして議決をいただきまして、両市へそれぞれ5人の議員さんを派遣したわけでございますが、その報告が提出されてございますので、報告があったという旨を本会議で局長から庶務報告をさせていただくものでございます。なお、提出されました報告書につきましては、1枚おめくりいただいた後に、広島・長崎の順で添付させていただいてございます。


 以下は区側から届いた文書につきまして、既にお配りをさせていただいた旨の報告でございます。まず、出資法人の経営状況説明書類ということで、財団法人スポーツ振興公社以下3財団の出資法人の経営状況説明書類、これにつきましては、通例は第2回定例会で区長から送付されるものでございますけれども、この3財団につきましては、いずれも今年3月31日をもちまして解散をいたしたもので、その残務整理等の事情から今定例会となったものでございます。なお、かって国際交流協会が解散したときも同様に、2定でなく3定で送付をされてございます。


 それから例月出納検査報告書の6月末日、7月末日現在につきましては既にお配りをさせていただいてございますので、その旨も報告をさせていただきます。


 庶務報告が済みますと(4)番、区長発言でございまして、それが済みますと(5)番の会期についてということで、既にご協議をいただいてございます、9月19日、火曜日から10月17日、火曜日までの29日間につきまして、議長からお諮りをさせていただきまして、ご決定をいただくものでございます。


 それが済みますと(6)区政一般質問でございます。ただいまの広島・長崎の報告書の次に区政一般質問のレジュメ、それから提出されました一般質問通告書の写しをお配りをさせていただいてございます。


 今定例会の一般質問の順序は共産党からでございます。したがいまして、初日に8人ということで、レジュメに記載してございますが、まず共産党の中村議員、続いて民主党、内田議員、自民党、大森議員、公明党、荒井議員、区民連、大高議員、無所属、石田議員、民主党、小林議員、自民党、新村議員、この8人につきまして初日にお願いをしたいというふうに考えてございます。持ち時間は記載のとおり自民党65分、公明党50分、共産党30分、民主党30分、区民連25分、無所属20分でございます。8人の方の一般質問が済みますと初日は散会でございます。


 なお、一般質問の際の休憩の取り方でございますが、民主党の内田議員まで終了したところで昼食休憩、それから午後は自民党、大森議員から始めていただきまして、区民連、大高議員まで終了したところで午後休憩、それから無所属、石田議員から自民党、新村議員までのお三方を済ませていただきまして散会というふうに考えてございます。初日の散会の見込み時刻でございますが、午後5時前ぐらいというふうに考えてございます。なお、議事の都合によりまして5時を若干過ぎそうになる可能性があります場合につきましては、議長から時間延長についてお諮りをさせていただきますので、その節はよろしくお願いをいたします。


 続きまして2日目、9月20日、水曜日でございます。(1)の開議は同じく午前10時でございまして、(2)署名議員指名は前日と同じ、記載のお三方でございます。


 レジュメの裏面の方をお願いしたいと思います。


 署名議員の指名が終了いたしましたら、(3)庶務報告でございますが、この日は欠席者があった場合のみ庶務報告をさせていただくものでございます。


 それが済みますと(4)の区政一般質問ということで、残りのお二方、公明、大塚議員、自民、安西議員の一般質問をお願いいたします。


 それが済みますと(5)の議案18件一括上程、提案者の説明、それから委員会付託というふうに書いてございますけれども、これにつきましては、今定例会で区長から提案されます議案等のうち、平成17年度各会計決算6件を除く残りの議案すべてでございます。なお、議案第65号、第66号、第67号につきましては、前回の当理事会でもご説明申し上げましたが、特別区人事委員会の意見聴取を既に済ませてございます。人事委員会から文書が参ってございますので、読み上げをさせていただきます。


 18特人委給第193号、平成18年9月14日。葛飾区議会議長、小用進殿。


 特別区人事委員会委員長、北本正雄。


 職員に関する条例に対する人事委員会の意見聴取について(回答)。


 平成18年9月12日付18葛議第503号で意見聴取のあった下記議案については、下記のとおり意見を申し述べます。


 記。


 議案第65号、職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例。


 議案第66号、幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例。


 議案第67号、職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例。


 異議ありません。


 以上でございまして、これら議案18件につきましては、上程の後、提案者の説明があった後、動議によりまして委員会付託をさせていただくものでございます。


 それが済みますと(6)の報告6件一括上程でございまして、こちらは17年度各会計決算6件でございまして、提案者説明、こちらは収入役になります。その後、決算審査特別委員会の設置と付託に関します動議を提出していただきまして、動議が成立いたしましたら、委員の指名をして設置、付託をするものでございます。なお、決算審査特別委員会の動議の提案者でございますが、こちらにつきましては当理事会の理事の持ち回りということで、今回は斉藤副委員長の番でございますので、よろしくお願いをいたします。


 なお、前回の議会運営委員会でご説明申し上げましたが、今定例会から、進行の加藤議員の動議と同様、斉藤副委員長の動議につきましてもスタンドマイクを用意いたしますので、それをご利用いただきたいというふうに思います。


 動議が成立しまして、決算審査特別委員会が成立しましたら、本会議を直ちに休憩をしていただきまして、まず決算審査特別委員会を開催していただきまして、正副委員長、理事の互選等をしていただきます。それから、第1から第4の分科会を順次開催していただきまして、正副分科会長を互選していただきまして、さらに決算審査特別委員会を再開していただき、それが終了いたしましたら、本会議をまた直ちに再開をさせていただきまして、決算審査特別委員会の正副委員長と理事について議場で紹介をさせていただくものでございます。


 それが済みましたら(7)請願8件、委員会付託でございますが、一般質問の通告書写しの次に請願受理件名表というのがついてございますので、ごらんをいただきたいと思います。


 受理いたしてございます請願につきましては記載のとおりでございます。順に読み上げをさせていただきます。


 18請願第10号、固定資産税における償却資産に関する意見書提出の請願。


 18請願第11号、小規模非住宅用地の固定資産税・都市計画税の減免措置の継続につき意見書の提出を求める請願。


 18請願第12号、都市計画税の軽減措置の継続につき意見書の提出を求める請願。


 18請願第13号、負担水準が65%を超える商業地等の税額軽減措置の継続につき意見書の提出を求める請願。


 18請願第14号、区立保育園の運営見直しに関する請願。


 18請願第15号、人工透析患者の災害対策に関する請願。


 18請願第16号、タクシー券支給に関する請願。


 18請願第17号、出資法の上限金利引き下げに関する請願。


 以上、8件でございますが、下から3番目に記載してございます人工透析患者の災害対策に関する請願、これにつきましては、人工透析をされている方が災害時に人工透析が中断してしまいますと重大な事態に陥るということで、避難所等で必要な措置を講じていただきたいというような内容の請願でございますので、これにつきましては所管は危機管理対策特別委員会でございます。


 請願につきましては、常任委員会、議会運営委員会に付託するものにつきましては、議長権限で付託をするということで、会議規則第91条1項に規定されてございますが、特別委員会に付託する場合につきましては、同会議規則によりまして議決が必要でございます。したがいまして、請願でございますけれども、7件につきましては議長権限で付託をさせていただきますが、6番目の18請願第15号につきましては、1件切り離して本会議場で簡易表決でお諮りをさせていただいた上で危機管理対策特別委員会に付託をするように考えてございます。


 それが済みますと(8)散会でございまして、2日目の散会につきましては、12時半ごろを見込んでございます。


 定例会の会議運営につきましては、以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) ただいままでの説明の中で質問がありましたらどうぞ。


              (「なし」との声あり)


 ございませんか。


 それでは次、どうぞ。


 次長。


○(事務局次長) それでは2番のその他の(1)陳情についてでございます。


 ただいまの請願受理件名表の次に陳情収受一覧表と陳情文の写しをお配りしてございますので、ごらんをいただきたいと思います。


 今定例会でただいままで収受してございます陳情につきましては、記載の2件でございます。


 上限金利の引き下げ等により、中小零細事業者・消費者等の健全な生活を守り、多重債務問題根絶のため、「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」及び「貸金業の規制等に関する法律」の改正を求める陳情。


 患者さんの生命と健康を守るために、安心・安全の医療と看護の実現につながる看護師等の増員を求める陳情。


 以上、2件でございます。これらの取り扱いにつきましてご協議をいただきたいというふうに存じます。よろしくお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) ただいまの2件の陳情についてどう扱うか、ご意見をいただきたいと思います。


 自民党。


○(池田ひさよし理事) 委員会の方に参考送付すればよろしいのではないかと思います。


○(倉沢よう次委員長) 委員会に参考送付というご意見が出ましたが、それでよろしいですね。


 中村理事。


○(中村しんご理事) できる限り委員会で審議をしていただきたいという希望を持っています。


○(倉沢よう次委員長) 民主党はどう思いますか。


○(早川久美子理事) 委員会に参考送付で。


○(倉沢よう次委員長) この二つの陳情、一つ目のやつは請願の方に出てきているやつと大体意味は同じなのですよね。


 請願17号、出資法の上限金利引き下げに関する請願、これと類似している。大体、請願の方で審議されるから参考送付ということでよろしいかと思いますので、よろしいですね。


 次長。


○(事務局次長) それでは1番の「上限金利の引き下げ等により云々」という陳情につきましては、総務委員会に参考送付でございます。2番の「患者さんの生命と健康」、こちらにつきましては、保健福祉委員会への参考送付でございます。


○(倉沢よう次委員長) では、2件をそのような形でお願いします。


○(事務局次長) (2)の意見書等についてでございます。さらに今の陳情の次に意見書等の件名表を添付してございますので、ごらんをいただきたいと思います。


 各会派から発案をされてございます意見書につきましては7件でございます。


 1番、ドクターヘリの全国配備へ新法制定を求める意見書、2番、脳脊髄液減少症の研究・治療等の推進を求める意見書、以上、2件が公明党発案でございます。


 それから、「応益負担」の撤回と障害者自立支援法の抜本的見直しを求める意見書、高金利被害を防ぐための貸金業規制法の改正を求める意見書、これら2件が共産党発案でございます。


 それから、「グレーゾーン金利」の撤廃などを求める意見書、中小企業対策の充実・強化に関する意見書、北方領土の四島返還を求める意見書、以上、3件が民主党発案でございまして、レジュメの方に最終調整10月12日、木曜日というふうに記載してございますが、意見書調整日程でございますが、初回の意見書調整委員会につきましては、本日の議会運営委員会終了後、2回目が9月29日、金曜日、最終が記載の10月12日でございますので、よろしくお願いを申し上げます。


 続けてよろしいですか。


○(倉沢よう次委員長) どうぞ。


○(事務局次長) それから(3)、最後でございますが、委員会開催日程についてでございます。お配りしてございます最後に定例会委員会開催日程という1枚の資料を添付してございますが、これら日程につきましては前々回並びに前回ご決定いただきました日程と全くイコールでございまして、会場と時刻を入れたのみでございますので、詳細な内容の説明につきましては省略をさせていただきますが、それぞれ常任・特別委員会につきましては、今回はいずれも定刻の1時からということで、午前からの開催はございません。以上、報告させていただきます。


 以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) 理事各位には、ほかにございませんか。


              (「なし」との声あり)


 それでは、議会運営委員会理事会を閉会いたします。ご苦労さまでした。


 午後1時20分閉会