議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年議会運営委員会理事会( 9月11日)




平成18年議会運営委員会理事会( 9月11日)





            平成18年議会運営委員会理事会記録





    平成18年9月11日(月)       於 第1・2委員会室


 
 出席理事(5名)


    委員長   倉 沢 よう次    副委員長  斉 藤 初 夫


    理 事   池田 ひさよし    理 事   中 村 しんご


    理 事   早 川 久美子





    議 長   小 用   進





 欠席理事(0名)





 理事外議員の出席(1名)


    副議長   杉 浦 よう子





 出席説明員(0名)





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         佐 藤 眞粧美


    議事調査担当係         小野塚 正 浩


    議事調査担当係         平 川 由紀子








 議会運営委員会理事会議事日程


                        平成18年9月11日(月)


    件  名    審 査 結 果


第1          平成18年第3回葛飾区議会定例会の開催について


第2          その他所管事項について








 午後1時02分開議


○(倉沢よう次委員長) 皆さん、どうもご苦労さまでございます。ただいまより議会運営委員会理事会を開会いたします。


 初めに、小用議長からごあいさついただきます。


○(小用進議長) 皆様には大変お忙しい中、議会運営委員会理事会をご開催いただきまして、ありがとうございます。本日は第3回定例会の開催についてでございますので、よろしくご協議のほどをお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) それでは、平成18年第3回葛飾区議会定例会の開催について、事務局次長より説明いたさせます。


 次長。


○(事務局次長) それでは、配布いたしましたレジュメをごらんいただきたいと思います。


 1番の平成18年第3回定例会の開催についてでございますけれども、(1)区長発言(要旨)につきましてはお配りをさせていただいてあるとおりでございます。


 (2)の付議事件案についてでございますが、都合24件でございます。これらにつきましては、この後開かれます議会運営委員会におきまして、区長以下理事者が出席して概要の説明をさせていただきますので、当理事会につきましては省略をさせていただきます。


 (3)の会期についてでございますが、9月19日、火曜日から10月17日、火曜日までの29日間ということでございます。お配りしてございます付議事件概要の次に定例会の開催日程表の案、一覧表が入ってございますのでごらんをいただきたいと思います。


 本日ご提出させていただきます表にはそれぞれ右端の方に常任委員会、特別委員会とも委員会名を括弧書きで落とし込んだものをお配りさせていただいてございます。


 定例会の日程でございますが、9月19日、火曜日が初日の本会議、翌20日、水曜日が本会議の予備日でございます。それから21日、木曜日から26日、火曜日までが4常任委員会でございまして、27日、水曜日が中間本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会でございます。28日、木曜日が中間本会議でございまして、29日、金曜日から10月3日、火曜日までが3特別委員会でございます。それから10月4日、水曜日から10月10日、火曜日までが決算審査特別委員会の第1から第4までの各分科会でございます。11日の予備日を挟んで、12日、木曜日が採決のための決算審査特別委員会でございます。なお、その下に議会運営委員会理事会というふうに記載してございますが、これにつきましては、先般の当理事会でご決定をいただきました議会改革事項についてのご協議をいただくための理事会でございます。さらに13日の予備日を挟みまして16日、月曜日が最終本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会、それから10月17日、火曜日が最終本会議でございます。前の方にさかのぼっていただきまして、本日9月11日、月曜日が議案説明のための理事会並びに議会運営委員会、明12日、火曜日に議案の送付をさせていただきまして、15日、金曜日が初日の本会議等の運営に関します理事会並びに議会運営委員会でございます。


 なお、今定例会中の各種本会議、委員会等の開会時刻でございますが、9月19日の本会議、それから20日括弧書きの本会議、それと10月4日から10日までの決算審査特別委員会の各分科会、これらにつきましては、開議時刻10時でございます。それから12日の議運理事会につきましては、14時を予定してございます。そこに記載の常任・特別委員会等につきましては、今のところすべて午後1時開会の予定でございます。なお、議会運営委員会につきましては午後2時でございます。


 定例会の開催日程につきましては以上でございます。


 続けてよろしゅうございますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) どうぞ。


○(事務局次長) では、レジュメの方にお戻りをいただきまして、(4)の区政一般質問についてでございます。今回の質問順序は共産党からでございますので、記載のとおり、共産党、民主党、自民党、公明党、区民連、無所属、この順でございます。持ち時間でございますが、記載のとおり、自民党65分、公明党50分、共産党30分、民主党30分、区民連25分、無所属各20分でございます。質問通告につきましては、9月13日、水曜日の午後2時までにお願いをいたします。


 それから(5)の請願等についてでございますが、9月14日、木曜日の受付分まで初日に付託をさせていただきます。


 それから(6)意見書等の提出についてでございますが、件名及び案文につきましては、9月14日、木曜日の午後4時までにお願いをいたします。


 (7)決算審査特別委員会の設置についてでございます。ただいまの日程表の次に平成18年決算審査特別委員会の設置についてという何枚かつづったものがございますので、ごらんをいただきたいと思います。


 これにつきましては、前回の当理事会並びに議会運営委員会におきましてご決定をいただきました内容に沿って作成をさせていただいたものでございます。


 まず、1番の委員会の構成でございますが、議長及び監査委員を除く37名で構成していただきます。


 2番の委員会及び分科会でございますが、(1)9月20日、水曜日の本会議において委員会を設置していただきます。(2)設置後直ちに本会議を休憩し、正副委員長と理事を互選していただきます。(3)ですが、委員会に4分科会を設置していただき、その後、(4)にありますように、委員会を休憩して、各分科会を開催し、正副分科会長を互選していただきます。(5)ですが、議長は委員会及び分科会に、委員長は分科会に出席することができるとするものでございます。


 それから、3番の分科会の定数及び所管事項でございますが、(1)にありますとおり、お一人の委員が二つの分科会に所属するものでございまして、各分科会定数と所管事項ですが、第1分科会が19名で、一般会計のうち議会費、総務費、産業経済費及び職員費にかかわります歳入歳出決算。第2分科会が18名でございまして、福祉費及び衛生費。第3分科会が19名で、環境費及び都市整備費。第4分科会が18名で、教育費、公債費以下、それと各特別会計でございます。(2)でございますが、第1分科会の所管の職員費につきましては、必要に応じて他の分科会においても関連する質疑を行うことができるとするものでございます。


 4番の委員会等の開催日程でございますが、最初が9月20日、水曜日の本会議休憩中でございまして、正副委員長、理事等の互選、分科会の設置などをしていただきます。分科会審査ですが、第1から第4分科会まで、日程、時刻につきましてはそれぞれ記載のとおりでございます。それから一番下、10月12日、木曜日の午後1時が分科会報告と委員会採決等にかかわります決算審査特別委員会でございます。


 5番の追加資料でございますが、(1)に記載してございます要求締切は9月14日、木曜日の午後2時でございまして、(2)追加資料の要求の委員会決定につきましては9月20日、水曜日、これは本会議休憩中に開催する委員会でございます。(3)の追加資料の配布でございますが、9月28日、木曜日、これは中間本会議の日でございますが、この日に配布をさせていただきます。


 裏面の方をお願いしたいと思います。


 6番の分科会審査でございます。(1)委員長は、各分科会長に、その所管にかかわります決算審査を行わせるものでございまして、(2)といたしまして、これを受けて各分科会長は、分科会を開催し、審査するものでございます。(3)で理事者の出席でございますが、区長、助役、収入役、教育長、教育長につきましては第1、第4分科会のみでございます。それと、各分科会の所管にかかわります部・課長でございまして、答弁者は課長級以上でございます。ただし、政策経営部長以下、記載の理事者につきましては、すべての分科会に出席をいたします。(4)ですが、決算概要の説明は省略をさせていただきます。(5)持ち時間制は導入しませんが、各分科会が1日で終了するよう、お願いいたします。(6)でございまして、分科会審査ですが、歳入・歳出を区別せず、一般会計は項ごと、特別会計は会計ごとに審査をいたします。(7)その他、分科会運営につきましては、委員会の運営に準じて行います。(8)ですが、各会派は、分科会終了後、決算に関する意見を400字以内にまとめ、分科会長に提出することができるとするものでございまして、(9)にありますように、それぞれの分科会長は、各会派から提出された意見を付して、委員長に審査終了報告をするものでございます。


 7番の委員会採決でございますが、(1)といたしまして、10月12日に委員会を開催し、分科会審査の経過報告と質疑の後、採決を行います。(2)ですが、分科会長の報告の際には、各会派から提出された意見を配布させていただきます。(3)で討論は、委員会におきましては省略させていただきまして、本会議でお願いをいたします。


 8番でございまして、本会議における決算審査特別委員長の報告でございますが、委員長は本会議におきまして、常任委員長等と同様、委員会報告を行っていただきます。


 それから、3枚目以降何枚かはそれぞれの様式のサンプルでございまして、3枚目につきましては分科会ごとの各会派の400字以内にまとめてご提出いただきます意見の原稿、それからその次の(別紙2)と書いてございますのが委員長に提出する各分科会の審査終了報告書でございまして、その次の(別紙3)がただいまの分科会長報告に添付する各会派の意見を取りまとめた一覧表のサンプルでございます。


 それから、この決算関係の文書の一番最後に平成18年決算審査特別委員会・分科会会派別配分表ということでお配りをさせていただいてございます。第1から第4の分科会まで、それぞれ各会派の委員名、先週末までにご提出いただいたものを記載してお配りをさせていただいたものでございます。


 なお、先般の当理事会並びに議会運営委員会におきまして、それぞれの委員会並びに分科会の役職の配分のみ決定をいただいてございます。まず、委員会の方ですが、委員長が自民党、副委員長が公明党、理事が自民、共産、区民。分科会でございますが、第1分科会の分科会長が自民党、副分科会長が民主党、第2分科会が正が公明党で副が自民党、第3分科会が正が共産党で副が自民党、第4分科会が正が自民党で副が公明党という会派ごとの配分まで前回お決めいただいてございます。本日はこの会派ごとの配分をいただきました委員会の正副委員長、理事、それから正副分科会長につきまして、それぞれお名前を挙げていただきまして、ご協議をいただきたいと思います。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 決算審査特別委員会の役職に入る前に、それまでの説明についてはよろしいですか。


               (「はい」との声あり)


 それでは、最後に申し上げました決算審査特別委員会の委員長初めそれぞれの役職について、各会派からお名前を提示していただきます。


 次長、この場合はどうしますか。第1はだれだれ、第2はだれだれと私が全部進行しますか。


 次長。


○(事務局次長) それぞれ各会派からお願いをしたいと思います。


○(倉沢よう次委員長) それは自分の持っている役職は全部一遍に言ってしまうということですね。


○(事務局次長) ええ、それで結構でございます。


○(倉沢よう次委員長) それでは、お聞き及びのとおりですから、委員長、自民党はどなたで。


○(池田ひさよし理事) 谷野せいしろう議員。


○(倉沢よう次委員長) 谷野せいしろう議員。副委員長、公明党さんですね。


○(斉藤初夫理事) 大塚武議員。


○(倉沢よう次委員長) 大塚武さん。続きまして、理事。


○(池田ひさよし理事) 新村秀男議員です。


○(倉沢よう次委員長) 新村秀男議員。


 では、自民党に全部言ってもらってしまいますね。そういう形でね。


○(池田ひさよし理事) では、第1分科会会長、不肖私、池田ひさよしでございます。第2の副分科会会長、石井みさお議員です。第3分科会副分科会長、安西俊一議員です。第4分科会会長、梅沢五十六議員です。


 以上です。


○(倉沢よう次委員長) 以上ですね。


 それでは、公明党さん、副委員長は今言いましたけれども、分科会の方で。


○(斉藤初夫理事) 第2分科会会長、丸山銀一議員。第4分科会副分科会長、牛山正議員。


○(倉沢よう次委員長) 以上ですね。


 それでは共産党さん、理事はどなたですか。


○(中村しんご理事) 理事は三小田准一議員。第3分科会長に中江秀夫議員。


○(倉沢よう次委員長) 以上ですね。


 民主党さん、理事は。


○(早川久美子理事) 理事に内田たかし議員。第1分科会副分科会長が私、早川久美子がさせていただきます。


○(倉沢よう次委員長) これで全部決まりました。


 次長。


○(事務局次長) それでは確認をさせていただきます。


 決算審査特別委員会委員長、自民党、谷野せいしろう議員。副委員長、公明党、大塚武議員。理事が3名でございまして、自民党、新村秀男議員、共産党、三小田准一議員、民主党、内田たかし議員。それから第1分科会長、自民党、池田ひさよし議員、副分科会長、民主党、早川久美子議員。第2分科会長、公明党、丸山銀一議員、副分科会長、自民党、石井みさお議員。第3分科会長、共産党、中江秀夫議員、副分科会長、自民党、安西俊一議員。第4分科会長、自民党、梅沢五十六議員、副分科会長、公明党、牛山正議員。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) そのように決定をいたしました。


 次長。


○(事務局次長) それではレジュメの方にお戻りをいただきまして、レジュメの定例会開催についての(8)署名議員でございますが、今定例会の署名議員につきましては、9番、小山たつや議員、10番、中江秀夫議員、36番、谷野せいしろう議員のお三方でございますので、よろしくお願いをいたします。


 その他の方。


○(倉沢よう次委員長) その他に入ってください。


○(事務局次長) 続けてよろしゅうございますか。


○(倉沢よう次委員長) はい。


○(事務局次長) その他の(1)インターネットによる本会議中継についてでございます。配布文書の最後にインターネットによる本会議中継についてということで、3枚つづりの資料が入ってございますのでごらんをいただきたいと思います。


 当理事会にご報告をさせていただきまして、所管の広報委員会におきましてご協議をいただいてまいりましたインターネットによる本会議中継でございますが、準備が整いまして、今定例会冒頭の9月19日の本会議から開始をいたしますので、内容につきましてご説明をさせていただきます。お配りしてございますのは何枚かの資料でございますが、本日、議会運営委員会終了後にお隣、第3委員会室にスクリーンを用意させていただいてございまして、実際に事務局でリハーサル等をやった画像がございますので、委員会閉会後ですからもちろん希望者で結構ですが、ごらんをいただきたいというふうに考えてございます。


 まず資料の方でございますが、インターネットにおける本会議中継でございます。1番の内容でございまして、(1)に記載してございますように、区議会公式サイト、これはホームページのことでございますが、ここの議会中継というアイコンをクリックしていただきまして、そこから議会中継のトップページへ画面を移動していただくことによって中継が開始するものでございます。(2)にありますが、議会中継トップページのメニュー、つまり分類といいますか、目次のようなものでございますが、?葛飾区議会トップへというのはいわゆる戻るボタンのようなものでございますので、省略させていただきます。?として録画放映、?としてライブ中継、この2点がございます。(3)にライブ中継というふうに記載してございますが、これは9月19日以降の全本会議の休憩時間を除く開議から閉会までの完全中継でございます。この画面には審議内容と定例会中のライブ中継日程が表示をされるものでございます。(4)の録画放映、その本会議の終了した5日程度後から接続可能になります。この5日というのは、5営業日というふうにお考えをいただければと思います。それから?に録画放映というふうに会期日程から検索、つまり、定例会の会期日程の一覧表のような画面が出てまいりますので、そこの定例会の中から開催年月を選ぶということでございます。?のキーワード検索でございますが、いわゆる質問項目等のキーワード、それから発言者のお名前、さらには会派名、こういうところから検索して入っていくことができるものでございます。


 2番の周知方法及びスケジュールでございますが、9月11日から19日までFMかつしかにおきましてPRをさせていただきまして、9月13日から葛飾区の方のホームページにPR掲載をさせていただきますと同時に議会ホームページに「議会中継」というアイコンを追加いたします。ただし、この時点では何もデータがございませんので、19日の本会議までは「ただいま提供できるデータはございません」ということになります。それから広報かつしかの9月15日号にお知らせの記事を掲載させていただきまして、9月19日、今定例会初日からライブ中継を開始させていただき、マスコミ等も若干の取材はございますので、多少は新聞等、掲載されるのではないかというふうに考えてございます。


 なお、本件でございますけれども、私どもの会議録、本の会議録ですが、速記ですとか、会議録を受託しております業者と同一の、これは入札等によって決定したのですが、会議録研究所というところが配信業務の委託、それからカメラ、サーバー等の機器の借り上げ、これにつきまして受託してございまして、月額、賃借と委託と合計で8万9,700円ほどで今年度につきましては8カ月分のみの計上でございます。


 なお、同時視聴につきましては200回線分確保してございます。通常100回線のところも結構あるのですが、私どもは200回線ということでございまして、インターネット中継でございますので、要は見なくても接続だけしておいて、自分の関係する場面にきたら見ようかなというようなことをされますと、それでも1回線を使ってしまうものですから。通常よその区等の例を聞きましても、軌道に乗った後、常時接続されている件数というのは10回線ですとか、30回線ですとかそのぐらいですので、十分対応できるかと思いますが、初日の初回、少なくとも初日の午前中につきましては、物珍しさという言い方はちょっと語弊があるかもしれませんが、そういうものでアクセスが殺到してパンクをしてしまっては困るということで、区側の理事者等につきましても、初日につきましては自粛を要請してございます。議員さん自体は議場におられますので、初日のライブ中継というのは見られないので必要ないと思いますが、当面、初日につきましては関係者の方の接続につきましては、できるだけご遠慮をいただきたいと思いますので、会派内等への周知につきましてもよろしくお願いいたします。なお、軌道に乗ればどんどん、理事者の方でも一定の本数は接続していただいて、有効活用していただきたいというのが私どもの希望でございます。


 以上でございます。これにつきましては、また議運でも説明をさせていただきますし、その後、実際に、今の資料の2枚目以降は画面のコピーでございますけれども、これを見ていただくよりは現物を見ていただいた方がご理解が早いかと思いますので、その後説明をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。


○(倉沢よう次委員長) この8万9,700円というのは月額8万9,700円? それは本会議中継をやっていないときもならして8万9,700円?


 次長。


○(事務局次長) これはやっていなくても、機器のいわゆる借上料、リースでありますからそういうものと、それから配信委託をしてございますので、本会議をやっていないときでも要は録画中継なんかを見る方、常にそういう状態に開放しておかなければいけないわけでございますので、本会議をやっていようとやっていまいとならしてあるということでございます。


○(倉沢よう次委員長) そうすると経費は8万9,700円掛ける12カ月ということですね。


○(事務局次長) 平年ではそういうことでございます。


○(倉沢よう次委員長) それと、4番の録画放映のところでライブ中継から5日程度で視聴可能となっていますが、その下に「開催年月から選ぶ。(過去1年分)」となっているけれども、1年分というのは1年以上過ぎるともうその録画放映は不可能になるわけですか。


 次長。


○(事務局次長) いわゆるサーバーという、これは蓄積しておく、何といいますか、ビデオテープとはちょっと違うと思うのですが、そういうものを賃借しているわけでございます。これの容量の関係でおおよそ1年ということでお願いをしたいということでご決定をいただいたものでございます。


 なお、インターネット中継につきましては、公式な資料ではございません。そういう言い方はちょっとおかしいかと思うのですが、いわゆるお配りしている本会議の会議録、ああいったものは法律で作成配布が義務づけられてございまして、インターネット中継をやったからといって、あれをやらなくていいということにはなりませんので、こちらにつきましては、テレビ放映と同等のものというふうにご理解をいただきたいと思います。したがいまして、発言取り消し等があった場合でも、ライブ中継の場合にはそのまま流れていってしまう。もちろん録画放映をするときには取り消された部分というのは加工いたしますけれども、最初の不適切用語ですとか、そういうものもそのまま流れていってしまいますので、これらはあくまでも正規の資料ではないということで、どこの議会でもお使いさせていただいているものでございます。


○(倉沢よう次委員長) ほかに質問がありましたらどうぞ。


  池田理事。


○(池田ひさよし理事) 8カ月分の予算と言っていましたよね。ということは、これはことしの8月から来年の3月分の予算をとったというふうに理解すればいいのですか。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) さようでございます。つまり、7月いっぱいにすべて工事が終わりまして、8月で私どもがいろいろ、業者も入りまして、いわゆる画像、カメラを首振りをしたり、ズームアップをしたりと、そういった機能もついてございます。それからテロップを入れたりするような機能もついてございますので、そういうところについて習熟のための作業をさせていただいたというものでございます。


○(倉沢よう次委員長) 池田理事。


○(池田ひさよし理事) もう一つなのですけれども、1の内容の(4)の頭出しのところ、録画放映、ライブ中継から5日程度で視聴可能ということは、その日に見られなければ、その初日のやつは5日後から見られますよというふうに理解すればいいのですか。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) つまり、検索機能や何かを加えないと、いわゆるライブ中継というのはずっとそのままカメラで追っているわけですけれども、この5日間の間に発言者のお名前ですとか、そういうところで検索できるようなものを入れたり、項目等を入れたり、そういう時間で5日いただきたいというものでございます。


○(倉沢よう次委員長) ほかに。


 ないようでしたら、次に入ってください。


 次長。


○(事務局次長) レジュメのその他の(2)今年度の総合防災訓練についてでございます。これにつきましては、資料が届きましてから改めて今定例会の会期中等にご報告させていただきますが、今年度の総合防災訓練につきましては、11月12日の日曜日で実施地区が金町地区でございます。早目に日程のみお知らせをさせていただきますので、会派内への周知の方をよろしくお願いをしたいと思います。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 質問はございませんか。


 ないようでしたら、事務局の方もこれで終わりですね。


 それでは、議会運営委員会理事会を閉会いたします。ご苦労さまでした。


 午後1時33分閉会