議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年議会運営委員会( 9月 5日)




平成18年議会運営委員会( 9月 5日)





             平成18年議会運営委員会記録





    平成18年9月5日(火)        於 第1・2委員会室


 
 出席委員(12名)


    委員長   倉 沢 よう次    副委員長  斉 藤 初 夫


    理 事   池田 ひさよし    理 事   中 村 しんご


    理 事   早 川 久美子


    委 員   秋 家 聡 明    委 員   安 西 俊 一


    委 員   加藤 のぶたか    委 員   牛 山   正


    委 員   大 塚   武    委 員   丸 山 銀 一


    委 員   三小田 准 一





    議 長   小 用   進





 欠席理事(0名)





 委員外議員の出席(1名)


    副議長   杉 浦 よう子





 出席説明員(0名)





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         佐 藤 眞粧美


    議事調査担当係         小野塚 正 浩





 議会運営委員会議事日程


                        平成18年9月5日(火)


    件  名    審 査 結 果


第1          平成18年第3回葛飾区議会定例会の開催について


第2          その他所管事項について


第3  調査事件    議会の運営について                継 続


    (継続案件)


第4  調査事件    議会の会議規則、委員会に関する条例等について   継 続


    (継続案件)


第5  調査事件    議会改革について                 継 続


    (継続案件)


第6  調査事件    議長の諮問について                継 続


    (継続案件)








 午後2時03分開議


○(倉沢よう次委員長) どうも皆さん、ご苦労さまです。ただいまより議会運営委員会を開催いたします。


 最初に、小用議長からごあいさついただきます。


○(小用進議長) 皆様方には大変お忙しい中、議会運営委員会をご開催いただきまして、ありがとうございます。本日、午前中に青木区長より平成18年第3回定例会開催について、9月19日の招集での要請がありましたので、第3回定例会の開催について、よろしくご協議のほどをお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) それでは、平成18年第3回葛飾区議会定例会の開催について、事務局次長より説明いたさせます。


 次長。


○(事務局次長) それでは、配布いたしましたレジュメの方をごらんいただきたいと思います。


 1番、平成18年第3回葛飾区議会定例会の開催についてでございまして、(1)の付議事件案についてでございます。1枚おめくりをいただきますと、定例会付議事件名の一覧表が出てまいりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 それでは、読み上げをさせていただきます。


 1番、平成18年度葛飾区一般会計補正予算(第1号)、2番、同じく国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)、3番、同じく老人医療事業特別会計補正予算(第1号)、4番、同じく介護保険事業特別会計補正予算(第1号)、5番、同じく用地特別会計補正予算(第1号)、6番、葛飾区区民参加による街づくり推進条例、それから7番、職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例、8番、幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例、9番、職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例、10番、葛飾区立静観亭及び和楽亭の設置に関する条例の一部を改正する条例、11番、葛飾区障害者福祉センター条例の一部を改正する条例、12番、葛飾区国民健康保険条例の一部を改正する条例、13番、葛飾区ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例、14番、葛飾区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例、15番、葛飾区河川流水占用料等徴収条例の一部を改正する条例、16番、葛飾区立公園条例の一部を改正する条例、17番、葛飾区自転車駐車場及び自転車置場条例の一部を改正する条例、18番、特別区道の路線の認定について、19番、平成17年度葛飾区一般会計歳入歳出決算、20番、同じく国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算、21番、同じく老人医療事業特別会計歳入歳出決算、22番、同じく介護保険事業特別会計歳入歳出決算、23番、同じく用地特別会計歳入歳出決算、24番、駐車場事業特別会計歳入歳出決算、以上24件でございます。


 レジュメの方に記載の予算案5件はただいまの1番から5番の各会計補正予算、条例案の12件というのは6番から17番の各条例案、報告案6件につきましては、19番から24番の各会計決算報告、それからその他1件につきましては、18番の特別区道路線認定、これらでございまして、先ほど開かれました議会運営委員会理事会におきまして、理事者の方から、1番から5番の各会計補正予算、それと11番、12番、13番の各条例案につきまして、会期途中のしかるべき時期にご決定をいただきたい旨の依頼がございました。


 それから一覧表に記載の7番から9番まで、7番、職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部改正、8番、幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部改正、9番、職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部改正、これら3条例案につきましては、人事委員会の意見聴取が必要な案件でございます。したがいまして、議案が送付されましたら、特別区人事委員会の意見聴取をいたしたいと考えてございますので、よろしくお願いを申し上げます。


 続けてよろしゅうございますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) はい、結構です。


○(事務局次長) (2)の会期についてでございます。さらに1枚おめくりをいただきますと、定例会の開催日程案の表が出てまいりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 会期でございますが、9月19日から10月17日までの29日間でございまして、9月19日、火曜日が初日の本会議、20日、水曜日が本会議予備日、21日、木曜日から26日、火曜日までが4常任委員会、27日、水曜日が中間本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会、28日が中間本会議でございまして、翌29日、金曜日から10月3日、火曜日までが3特別委員会、以下括弧書きで書いてございますが、後ほどご説明させていただきますが、決定されました場合の決算審査特別委員会に関します日程でございまして、10月4日、水曜日から10日、火曜日までが第1から第4の各分科会、11日、水曜日が予備日でございまして、12日、木曜日が採決のための決算審査特別委員会、13日の予備日を挟みまして16日、月曜日が最終本会議等の運営にかかわります理事会並びに議会運営委員会、それから10月17日、火曜日が最終本会議でございます。前の方へさかのぼっていただきまして、本日9月5日、火曜日が件名報告の理事会並びに議会運営委員会、週明け11日、月曜日が議案説明のための理事会並びに議会運営委員会、翌12日、火曜日に議案送付をさせていただきまして、15日、金曜日が初日の本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会でございます。


 レジュメの方にお戻りをいただきまして、(3)の区政一般質問についてでございます。今回の質問順序でございますが、共産党からの順番でございまして、記載のとおり、共産党、民主党、自民党、公明党、区民連、無所属、この順番でございます。持ち時間でございますが、記載のとおり、自民党65分、公明党50分、共産党30分、民主党30分、区民連25分、無所属各20分でございます。質問通告につきましては、9月13日、水曜日の午後2時まででお願いをいたします。


 それからレジュメの(4)請願等についてでございますが、9月14日、木曜日の受付分まで初日に付託をさせていただきます。


 それから(5)意見書等の提出についてでございます。件名及び案文につきましては、9月14日、木曜日の午後4時まででお願いをいたします。


 それから(6)決算審査特別委員会の設置についてでございますが、こちらにつきましても、定例会開催日程表の次に平成17年度各会計歳入歳出決算の審査についてという3枚つづりの資料がございますので、ごらんをいただきたいと思います。


 決算審査についてでございますが、まず1番の特別委員会の設置でございます。(1)といたしまして、議長及び監査委員を除く37名で構成する決算審査特別委員会を設置する。ただし、議長は、すべての委員会に出席することができるとするものでございます。それから(2)委員会には、委員長1名と副委員長1名、それと理事若干名を置かせていただきます。


 2番の分科会の設置でございますが、(1)といたしまして、委員会に4分科会を設置させていただきます。なお、議長及び委員長はすべての分科会に出席することができるとするものでございます。(2)各分科会に、分科会長1名及び副分科会長1名を置く。(3)各分科会の所管でございますが、表中に記載のとおり、第1分科会につきましては、一般会計のうち議会費、総務費、産業経済費及び職員費にかかわります歳入歳出決算。第2分科会は福祉費及び衛生費。第3分科会は環境費及び都市整備費。第4分科会は教育費、公債費以下、それと各特別会計でございます。


 3番の各分科会への所属でございますが、(1)に記載してございますとおり、1人の委員が二つの分科会に所属していただくものでございます。(2)に記載のとおり、各分科会の定数と会派別割当でございますが、これにつきましては、先ほどご説明申し上げましたように、議長と監査委員を除く議員で構成していただきます。自民党の例を挙げさせていただきますと、自民党は会派人数16人でございますが、議長、監査委員を除くと14名でございます。これを1人2分科会でございますので、2倍した数、28名、28名を4で割っていくと7名ずつでございます。以下、公明党、民主党、区民連、無所属ともそれぞれ倍にした数が4で割り切れる数でございますので、それぞれ表中に記載のとおりでございますが、共産党につきましては構成人数が5名ということで、2倍すると10名になりまして、4で割り切れる数にはなってございませんので、3・2・3・2というふうに配分をさせていただきまして、右端に記載してございます合計人数でございますが、第1、第3分科会が19名、第2、第4分科会が18名という構成のものでございます。


 それから4番の分科会の運営でございますが、(1)理事者の出席は、区長、助役、収入役、教育長、教育長につきましては第1、第4分科会のみでございます。それと、各分科会の所管にかかわります部長及び課長とさせていただきまして、答弁者は原則課長級以上とさせていただきます。ただし、政策経営部長以下、記載の理事者につきましては、すべての分科会に出席をいたします。(2)決算概要の説明は省略をさせていただきます。(3)質疑に持ち時間制は導入いたしませんが、各分科会が1日で審査を終了するよう、お願いいたします。(4)審査でございますが、歳入・歳出を区別せず、一般会計においては項ごと、各特別会計におきましては会計ごとに審査を行うとするものでございます。


 1枚おめくりをいただきまして裏面をごらんいただきたいと思います。(5)第1分科会所管の職員費につきましては、必要に応じて他の分科会においても質疑を行うことができる。


 それから(6)各会派は、分科会終了後、決算に関する意見を400字以内にまとめ、分科会長に提出することができるとするものでございます。


 それから5番の追加要求資料でございますが、(1)追加資料については、9月14日、木曜日、午後2時までに要求項目をお願いいたします。(2)要求項目につきましては、9月20日、水曜日の本会議休憩中に開催をされます委員会におきまして、委員会資料としてご決定をいただきまして、(3)追加資料につきましては、9月28日、木曜日に各会派控室の机上にお配りをさせていただきます。


 それから6番、採決でございますが、(1)といたしまして、分科会では採決は行いません。(2)ですが、各分科会長から審査終了の報告書が提出された後、委員会を開催いたしまして、分科会審査の報告と質疑の後、採決を行うものでございます。


 右側のページ、平成18年決算審査の流れというふうに記載してございます表につきましては、これまで説明した事項を表にしたものでございますので、後ほどごらんおきをいただきたいと思います。


 さらに1枚おめくりをいただきますと、平成18年決算審査特別委員会・分科会会派別配分表という表が出てございますが、これにつきましては、決算審査特別委員会の設置等、当委員会でご決定をされれば、今週末8日、金曜日の午後5時までに各分科会ごとの分科会委員のお名前をご提出いただきまして、次回、11日の当委員会にそれをご報告させていただくものでございます。


 なお、先ほど、当委員会に先立ちまして開催をされました議会運営委員会の理事会におきまして、決算審査特別委員会並びに分科会におきます正副委員長、分科会長等の役職者の各会派の配分につきましてご協議をいただいてございます。その結果につきましては、私の方から報告をさせていただいてよろしゅうございますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) はい、結構です。


○(事務局次長) 決算審査特別委員会の役職配分でございますけれども、会派の構成員数に応じたドント方式によって行うということで、結果的に予算審査特別委員会における配分と全く同じということになりました。決算審査特別委員会の委員長につきましては自民党、それから副委員長につきましては公明党、決算審査特別委員会理事につきましては委員長会派から1人、それから正副委員長を出していない各交渉会派から1人ずつということで、理事は自民党1、共産党1、民主党1。それから各分科会の正副分科会長でございますが、第1分科会長につきましては自民党、同じく副分科会長が民主党、第2分科会長が公明党、副分科会長が自民党、第3分科会長が共産党、副分科会長が自民党、第4分科会長が自民党、副分科会長が公明党というふうにご協議をいただいてございます。


 決算審査につきましては以上でございます。


 定例会の開催についての最後に(7)といたしまして、署名議員でございますが、今定例会につきましては、9番、小山たつや議員、10番、中江秀夫議員及び36番、谷野せいしろう議員のお三方でございますので、よろしくお願いをいたします。


 定例会の開催につきましては、以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) 一気に説明をいただきました。質問がありましたらどうぞ。


 よろしゅうございますか。


 よろしいですね。


 それでは、その他についてどうぞ。


 次長。


○(事務局次長) その他でございますが、レジュメに1件記載してございますように、葛飾区議会ホームページ運営方針の変更についてでございます。


 お配りした文書の一番最後に葛飾区議会ホームページ運営方針現行と改正案と合わせて記載したものをお配りしてございますが、このホームページ運営方針は、当議会のホームページが開設される時点の平成15年2月25日に当委員会においてご決定をいただいたものでございます。しかしながら、その時点ではインターネット中継というものが事項に入ってございませんでしたので、今般、第3回定例会からインターネット中継を開始するにあたりまして、基本方針の(3)といたしまして、情報発信の推進を図るため、本会議の模様をインターネット中継する、「議会映像配信システム」を導入するという条項を加えまして、これまで(3)であった「健常者だけでなく云々」といった条項を一つ後ろへずらして(4)とする。合わせて3のホームページ運営にあたっての方針の中で?として議会中継を加えまして、?であった?を一つずらして?にするというものでございます。


 以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) ただいまのホームページの運営方針の変更について追加をされたということでございます。


 よろしゅうございますね。


 何かありますか。大塚委員。


○(大塚武委員) 事務局にお尋ねしますが、具体的に本会議の模様をインターネットで中継する場合の時間とか、各会派の割り振りとか、アングルとか、どういうシチュエーションを放映するのか。質問、答弁、それからいろいろやりとりがあると思うけれども、具体的なことというのはどこに出ているのですか。どういう考え方なのですか。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) この後ちょっとご説明させていただこうかと思っておったのですが、ホームページにつきましては、現在設備が既に整ってございまして、事務局におきます習熟のための演習、職員が実際に区長役ですとか、議長役をやったりするリハーサル的な、試写といいますか、そういう行為を今してございます。私どもといたしましては、これにつきましては次回の当委員会におきまして、広報委員会が所管になってございますので、先に広報委員会に説明をさせていただいた後、当委員会におきまして、次回説明をさせていただきまして、さらに委員会の閉会後、ちょっと別室になりますが、スクリーンを用意してございますので、これまで事務局の職員が練習のために映した画像を短く編集をさせていただきますので、それをちょっと実際にごらんをいただきたいというふうに思ってございます。


○(大塚武委員) わかりました。


○(事務局次長) インターネット中継の内容はこれまで説明してございますとおり、一つはライブ中継ということでございまして、開会・開議からその日の散会まで、初日、2日目も多分やることになろうかと思います。それから中間、最終と全部そのまま、全時間、休憩時間を除きましてネット中継をする。


 それからオン・デマンド中継ということで、全部の中継のところにいわゆる見出しの、ビデオの頭出しみたいなものをイメージしていただければよろしいかと思うのですが、そういうもので、録画中継でございますので、それぞれご自分の必要な部分を取り出して、質問項目あるいは質問に立った議員さんのお名前、それから日にち等で検索できますので、そこの必要なところだけを見ていただくという、この2種類でございます。


 カメラはドーム型カメラということで傍聴席の少し前あたりのところについているのですが、1台でございまして、これをリモコン操作させていただくものでございます。ズームアップ、首振り等もできますので、詳細につきましてはまた次回ご説明をさせていただきたいと思います。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) よろしいですね。


 ほかにございますか。


 安西委員。


○(安西俊一委員) 要望なのですが、今現在、これから委員会がいろいろ入ってくるわけで、その委員会の資料の一番上にはその委員会の行われた日にちが記載されておるのですが、ですけれども、ほかのその下の資料について庶務報告等も含めて日にちが振っていないのは何らかの理由があってそれは記載されていないのか。もしできれば、日にちを入れておいていただくと、後になってその資料を引き出したときに、やはり前後がはっきりしてわかるので、できればそれはお願いできないものかと、そのことについて。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) いわゆる整理のための日にちとかという意味でございますよね。資料につきましては私どもで作成しているものでないものですから、理事者の方へはその旨を申し伝えますが、中にはちょっと難しいようなものもあろうかと思いますので、すぐそういうふうになるかというのはちょっと私どもは返事をいたしかねるところでございますので、そのあたりでご了承いただけますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) ほかにございませんね。


 それでは、その他に入ってください。続いて。


 次長。


○(事務局次長) ただいまご説明させていただきましたけれども、次回の当委員会でございますが、初めに議案説明のために区長以下、理事者がまいって、若干時間をいただいて説明をさせていただきます。それからインターネット中継の説明自体はさほど時間はかからないと思うのですが、閉会後、ちょっと別室で実際に見ていただきたいというふうに思いますので、委員会とその見る時間と、オールトータルで1時間ぐらいはかかってしまうかと思いますので、ご承知おきをいただきたいというふうに思います。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 委員の皆さん、ほかにございませんか。


              (「なし」との声あり)


 それでは次に、日程第3から第6までの調査事件4件を一括して上程いたします。


 お諮りいたします。これらの調査事件については一括して継続調査とすることに異議ありませんか。


              (「なし」との声あり)


 異議なしと認め、これらの調査事件については、一括して継続調査とすることに決定いたしました。


 なお、次回の委員会の日程ですが、理事会を9月11日、月曜日、午後1時から、議会運営委員会を同じく午後2時から開催しますので、出席方、よろしくお願いいたします。


 以上をもちまして、議会運営委員会を閉会いたします。ご苦労さまでした。


 午後2時27分閉会