議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年議会運営委員会理事会( 6月28日)




平成18年議会運営委員会理事会( 6月28日)





            平成18年議会運営委員会理事会記録





    平成18年6月28日(水)       於 第1・2委員会室


 
 出席理事(5名)


    委員長   倉 沢 よう次    副委員長  斉 藤 初 夫


    理 事   池田 ひさよし    理 事   中 村 しんご


    理 事   早 川 久美子





    議 長   小 用   進





 欠席理事(0名)





 理事外議員の出席(1名)


    副議長   杉 浦 よう子





 出席説明員(0名)





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         佐 藤 眞粧美


    議事調査担当係         小野塚 正 浩


    議事調査担当係         平 川 由紀子








 議会運営委員会理事会議事日程


                        平成18年6月28日(水)


    件  名    審 査 結 果


第1          平成18年第2回定例会の会議運営について


第2          その他所管事項について








 午後1時02分開議


○(倉沢よう次委員長) 皆さん、どうもお暑いところをご苦労さまです。ただいまより議会運営委員会理事会を開会いたします。


 初めに、小用議長からごあいさついただきます。


○(小用進議長) 皆様方には大変お忙しい中、議会運営委員会理事会をご開催いただきまして、ありがとうございます。本日は、あす第2回定例会最終日の会議運営、その他でございますので、よろしくお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) それでは、平成18年第2回定例会の会議運営について、次長よりお願いします。


○(事務局次長) それでは、配布いたしましたレジュメをごらんいただきたいと思います。


 1番の第2回定例会の会議運営についてでございますが、(1)開議、午後1時でございます。


 (2)署名議員でございますが、7番、荒井彰一議員、8番、くぼ洋子議員、37番、会田浩貞議員のお三方を前回同様に議長から指名をさせていただきます。


 それが済みますと(3)庶務報告でございまして、欠席者があれば、その旨の報告をさせていただきます。


 それから例月出納検査報告書、5月末日現在でございますが、こちらにつきましては既に配布をさせていただいてございますので、その旨の報告をさせていただきます。


 それが終わりますと(4)議案12件一括上程でございますが、この12件は、今定例会におきまして区長から提案された議案12件全件でございます。これにつきまして、2枚ほどおめくりいただきますと委員会の審査報告書、それから異議ある案件の一覧表と出てまいりますので、あわせてごらんをいただきたいと思います。


 今定例会の12件の議案でございますが、文教委員会以外の3常任委員会にそれぞれ付託をいたしてございます。したがいまして、右の方に委員長報告から採決というふうに書いてございますけれども、一括上程をしていただきましたら、次にまず総務委員長、それから保健福祉委員長、それから建設環境委員長とお三方続けて委員長報告をお願いいたします。


 それが終わりますと、それぞれ異議がある案件がございますので、分離採決でございます。異議ある案件の表をごらんいただきたいと思いますが、異議ある案件の1番、2番に記載の議案第47号、特別区税条例の一部改正、それから議案第48号、事務手数料条例の一部改正、これら2案件につきましては、共産党と無所属、こちらの左側の無所属は石田議員でございます。このお二方といいますか、1会派と1人が反対でございます。


 それから3番目の議案第52号、西小菅小学校ほか1の耐震補強、それから53号、川端小学校の耐震補強、54号の都市計画道路(三和橋付近)橋梁架替、この3案件につきましては、無所属石田委員のみが反対でございます。


 したがいまして、採決でございますが、まず初めに異議ある案件1番、2番の議案47号と48号の2件を一括で起立採決をいたします。続きまして、異議ある案件の3番から5番に記載の52号、53号、54号について一括して起立採決をいたします。それが終わりましたら、残りの7件につきまして一括して簡易表決でお諮りをさせていただくものでございます。


 議案が終了いたしますと、次が(5)の請願2件一括上程でございます。こちらにつきましても委員会報告書と異議ある案件でございますが、明日上程をさせていただきます請願につきましては、委員会審査報告書の2ページ目に記載がしてございます保健福祉委員会の審査にかかわるもののみでございます。2件ほどございますけれども、委員会審査報告書の方で言いますと、上の方の18請願第8号、外国人無年金高齢者につきましては意見が分かれてございませんが、下の18請願第9号、ガイドヘルプ云々の請願につきましては意見が分かれておりまして、委員会審査結果は不採択でございます。


 したがいまして、この請願2件につきましては、一括上程の後、まず保健福祉委員長の委員長報告、続いて意見が分かれている18請願第9号、異議ある案件の一番下の方に書いてございますが、ガイドヘルプ・日常生活用具給付事業の現行サービスの維持拡充を求める請願、これについて分離採決でまず起立採決をさせていただきます。異議ある案件の丸バツでおわかりのように、この案件につきましては採択を主張しているのが共産党と無所属石田委員のみ、残りはすべて不採択主張でございます。したがいまして、可を諮るの原則により本会議採決をさせていただきますので、まず請願につきましては採択することに賛成の議員の起立を求めます。したがいまして、起立していただくのは共産党と無所属石田議員のみということで、採択少数により不採択というふうになる見通しでございます。


 それが済みましたら残りの請願1件、18請願第8号、外国人無年金高齢者につきまして簡易表決で採決をさせていただきます。


 請願2件が終了いたしましたら、(6)の委員会の継続審査及び調査申出でございますが、異議ある案件の次に継続審査申出書、それから継続調査申出書、それぞれお配りしてございますけど、これらにつきまして一括して議長から簡易表決でお諮りをさせていただきます。


 それが済みますと(7)議員の派遣についてでございます。継続調査の申出書の次に議員の派遣についてという1枚の印刷物をお配りしてございますので、ごらんをいただきたいと思いますが。


 これにつきましては、それぞれ広島、長崎の両原爆の平和祈念式典等に対する議員の派遣でございまして、既に5月30日の当理事会におきまして、派遣議員につきましてはご決定をいただいてございますけれども、議員派遣につきましては、地方自治法の第100条第12項、それから本区会議規則の第122条第1項で原則として本会議の議決が必要ということで、この内容につきまして明日の本会議で継続審査、継続調査の次に議長から簡易表決でお諮りをさせていただいて、ご決定をいただくものでございます。


 この議員の派遣についてが済みますと、(8)議員提出議案についてでございます。今の議員の派遣についての次に議員提出議案の賛否結果表と、それからそれぞれ意見書の案文がついてございますので、あわせてごらんをいただきたいと思いますが。


 本定例会明日上程をさせていただきます意見書は、記載の3件でございます。上2件が委員会発案のものでございまして、一番下1件が意見書調整委員会で調整が整ったものでございます。これらにつきまして丸印でお気づきと思いますが、明日上程する案件につきましては、すべて全会一致で可決の見通しのものでございます。


 1件ずつ上程してまいりますが、一番上の在日外国人無年金高齢者に対する救済措置を求める意見書、議案番号は今回からあらかじめ見込みとなるものを記載させていただきましたが、第9号でございますが、これにつきましては先ほどの保健福祉委員会で採択をされました請願に基づくものでございまして、委員会発案でございますので、提案理由の説明者につきましては、上原保健福祉委員長になります。1件ずつ上程して提案理由の説明をいただいた後、簡易表決で諮ってまいります。


 その次が第10号の交番の整理統合の撤回を求める意見書ということで、これにつきましても危機管理対策特別委員会の中で警視庁の交番の整理統合計画につきまして庶務報告がなされまして、危機管理対策特別委員会の中で全会一致で意見書を提出すべきということになりましたことを経て明日上程をさせていただくものでございます。提案理由の説明者につきましては、委員会発案でございますので、早川危機管理対策特別委員長でございます。


 一番下に記載のJR金町、亀有、綾瀬駅から東京地下鉄西日暮里駅乗換えの際の料金格差の是正を求める意見書、これにつきましては意見書調整委員会の方で調整が整ったものでございまして、意見書調整委員会で調整が整った案件につきましては、全会一致の案件につきましては、提案者は議案運営委員会の全委員、提案理由の説明者は議会運営委員会理事の持ち回りということになってございまして、今般のJR金町云々という意見書につきましては、倉沢委員長の順番でございますので、よろしくお願いをいたします。


 なお、議員提出議案賛否結果表の欄外に書いてございます内容でございますけれども、まず「がん対策推進法」(仮称)の早期制定を求める意見書、こちらにつきましては公明党さんから発案があったものでございますが、この法律自体が既に国会で成立をいたしましたので、それを受けて取り下げがされたというものでございます。


 それから上程に至らずということで、療養病床の削減見直しを求める意見書、障害者自立支援制度における施設支援の強化を求める意見書、教育基本法の改定に反対する意見書、これら3件につきましては、共産党さんの発案でございましたが、いずれも意見書調整委員会で調整の結果、賛成少数ということで上程に至らずという案件でございます。


 レジュメの方にお戻りいただきまして、本会議につきましては、議員提出議案が終了いたしましたら、(9)の区長発言があって、(10)の閉会という運びでございます。


 なお、所要時間でございますが、事務的には1時間以内ぐらいを見込んでございます。


 第2回定例会の会議運営につきましては以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) ただいま説明いただきました。何か質問ありましたらどうぞお願いします。


 中村理事。


○(中村しんご理事) 異議ある案件の2番と3番の間が破線になっているのですけど、何か意味が。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) 異議ある案件の2番、議案第48号と52号の間が点線ということですが、これは表をわかりやすくするために、1番、2番は丸バツが同じ結果で、3、4、5がまた丸バツが同じ結果になってございますので、採決もここでまず1番、2番のみを採決、それから3、4、5のみを採決ということの区分をわかりやすくするために点線にあえてしたものでございます。


○(中村しんご理事) わかりました。今までは実線だったよね、普通に。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) さようでございます。


○(倉沢よう次委員長) ほかに。


              (「なし」との声あり)


 その他についてどうぞ。


 次長。


○(事務局次長) それでは、レジュメの裏面の方をごらんいただきたいと思います。


 まずその他の(1)陳情についてでございますが、さらにおめくりをいただきまして、配布文書で言いますと議員提出議案の次でございますが、陳情収受一覧表がついてございまして、1件でございますが、定例会開会後の6月23日に、中国における法輪功学習者の臓器摘出の実態調査を求める陳情、これを収受してございますので、この取り扱いについてご協議をいただくものでございます。


 過去の例を申し上げた方がよければ申し上げますが。


○(倉沢よう次委員長) 過去の例というと、どれの過去の例ですか。


 次長。


○(事務局次長) 大分古くて平成14年12月でございますが、いわゆる法輪功に関する陳情が出されたことがございます。内容はこれとはちょっと違ってございますけれども、そのときは金子容子さんの早期救出を求める陳情という、こういう件名でございまして、中国出身の方が日本人のところへ嫁がれて、一時帰国の際に中国の公安当局に拘束され、これを救出するよう働きかけてほしいというような内容でございまして、このときは議長預かりということになってございます。陳情の扱いにつきましては、当委員会では参考送付、それから請願同様の付託、それから議長預かりと3通りございますけど、これは付託というのはなかなかちょっと実際問題として外国のことでございますので、当然ながら我が葛飾区議会の調査権限というのも及びませんので、それは若干難しいのかなというふうに事務的には考えてございます。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) この陳情についてご意見いただきたいと思いますが、どうでしょう。


 池田理事。


○(池田ひさよし理事) 今、次長が申した過去に一度あるけれども、議長預かりという話、全会派が議長預かりの了解をとれた。全会派が議長預かりについて了解がとれたのではないの?


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) そうではないように記憶してございます。


○(池田ひさよし理事) わかりました。


○(倉沢よう次委員長) 今、説明を受けたように、処方として委員会に参考送付、あるいは付託、あるいは議長預かりということで三つの選択肢があるわけですけれども、ここのところずっと出ている陳情は、ほとんど委員会に参考送付、あるいは議長預かりという例が多いという実績がありますけど、この問題どうですか、何か意見がありましたら先にいただきますけれども。


 中村理事。


○(中村しんご理事) 通常ですと審議すべきだというのですけれども、内容が内容ですので、外国の内政にかかわる問題でもありますので、あえて審議することを要求はしません。議長預かりという形がいいのか、参考送付という形がいいのかということで考えると、議長預かりかなというふうに思います。


○(倉沢よう次委員長) 斉藤理事、ありますか。


○(斉藤初夫理事) そういう方向で結構です。


○(倉沢よう次委員長) 公明党も同じ考え方。


 自民党も同じ考え方。


○(池田ひさよし理事) はい。


○(倉沢よう次委員長) 民主党さんはどうですか。


○(早川久美子理事) 同じでよろしいです。


○(倉沢よう次委員長) それでは、皆さん議長預かりということで承知していただきたい。お願いいたします。


 どうぞ。


○(事務局次長) その他の(2)でございます。清掃工場長の工場所在区における併任についてということで、ただいまの陳情収受一覧の次に清掃工場長の工場所在区における併任についてということで1枚の印刷物がございますので、ごらんをいただきたいと思います。


 ご案内のとおり、清掃一部事務組合の清掃工場長、清掃工場長に限らず職員等というのは、清掃一部事務組合の固有職員ということで4月1日からなったわけでございます。たまたま本区の場合には、これまで葛飾清掃工場というのは移管以来、操業はしてございませんでしたけれども、清掃一部事務組合の固有職員になったということは、清掃一部事務組合というのは、地方自治法に規定をいたします特別地方公共団体でございまして、もちろん特別地方公共団体でございますから、当区で言えば小用議長がそちらの議員に就任しているわけでございまして、別の団体でございます。


 したがいまして、何か問題等が起こって清掃工場の所長を委員会等へ呼ぼうというようなことになったときには、別の団体の構成員でございますので、参考人招致、証人喚問ということもあり得ないことではないと思いますが、そういう方法しかできないわけでございまして、これに道を開くために、下の方に根拠が書いてございますけど、兼ねることができる旨の規定を活用して、葛飾清掃工場長、部長級でございますけど、このものを葛飾区の職員として併任をするという旨の報告でございます。


 したがいまして、7月1日を予定しているようでございますので、そういたしますと今後何かあった場合に、委員会に限らず本会議にも呼ぶことができるということにはなります。ただし、ただいま申し上げましたように、清掃一部事務組合というのは本区と同様ではございませんが、本区も地方自治法に規定するところの特別地方公共団体でございますし、清掃一部事務組合も特別地方公共団体でございまして、立派に議会というものも持ってございます。


 したがいまして、何もないときに一般質問等で呼ぶというのは現実の問題として不可能というふうに考えてございます。ただ、事故等がありまして区民に被害を及ぼす、こういった場合には当然のことながら委員会、本会議等に呼べる。通常はやはり一般的に清掃一部事務組合の方の権限に属する事項で、そちらはそちらで自立した執行機関と審議機関を持ってございますので、その権限を侵さない程度に今度は呼ぶことができるというような内容で7月1日付で発令をしたいということでございますので、あらかじめ理事者にかわりまして報告をさせていただくものでございます。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 23区みんな一緒ですよね。


 次長。


○(事務局次長) さようでございます。時期につきましては、議会の時期等がございまして、それぞれ報告した上でやろうというふうになっているようでございますので、若干ずれてくるかもしれません。


○(倉沢よう次委員長) 参考に教えてもらいたいのだけれども、こういったことを決定して発令するのは、どこが決定して発令してきているわけ?


 次長。


○(事務局次長) 発令するのは区長でございます。


○(倉沢よう次委員長) 決定する人たちは?


○(事務局次長) 決定するのは当然ですが、清掃一部事務組合と協議をした上で区として意思決定をして発令する。具体的には、今聞き及んでいるところでは環境部参事として発令をする。部長級でございますので。ただ、現実に葛飾区役所の中に座席があるとかというものではございませんので。


○(倉沢よう次委員長) はい、わかりました。


 そういった報告を受けました。よろしゅうございますか。


 それでは、その次どうぞ。


 次長。


○(事務局次長) その他の(3)番でございますが、政務調査費(第2四半期分)の交付申請についてということで、各理事さんのお手元に、自民党につきましては池田理事のところに書類をお配りさせていただいてございますが、7月から7、8、9の3カ月分の政務調査費の交付請求をしていただきたいというものでございます。事務処理の都合上、できますれば本日、遅くとも明日の本会議のときまでに、書類自体はさほど手間のかかるものではございませんので、庶務係の方へご提出をいただきますようにお願いをいたします。


○(倉沢よう次委員長) その次どうぞ。


○(事務局次長) その他の(4)非核平和祈念のつどいについてでございます。8月1日、火曜日の午前10時から、例年どおり青戸平和公園で開催をされます。こちらは区の方の主催行事でございまして、まだ詳細の案内等はこちらへ来ていませんが、日程がここに決まっているということで、各会派内へあらかじめご周知をお願いをしたいというものでございます。


 続けてよろしゅうございましょうか。


○(倉沢よう次委員長) はい、どうぞ。


○(事務局次長) その他の(5)でございます。第61回広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式及び被爆61周年長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典へのメッセージについてでございます。別紙に縦書きの原稿が2枚入ってございますので、ごらんをいただきたいと思います。上が広島で下が長崎でございます。


 これらにつきましては、例年当理事会で案文をご報告させていただきまして、その後、毛筆の筆耕を依頼して、それで事前に両市へお送りをして、それぞれの会場の所定の場所に掲示をしていただいているものでございます。


 読み上げをさせていただきます。広島の方でございます。


 この度、広島市主催によりまして第61回広島市原爆死没者慰霊式並びに平和祈念式が開催されますことは、世界の恒久平和の確立に向けて、永年にわたり取り組みを重ねてこられた広島市のご努力と、市民の皆様の恒久平和を願う強いご意思の賜物であります。


 葛飾区議会として、深く敬意を表するとともに、本年も式典に代表団を派遣し、不幸にして尊い犠牲となられた御霊に謹んで慰霊の誠を捧げるものであります。


 葛飾区は、かねてからいかなる国のいかなる核兵器の配備、貯蔵、通過にも反対し、核兵器の廃絶と軍縮を希求してまいりました。


 また、昭和58年に非核平和都市に関する決議を行って以来、政府に対して非核三原則の完全実施を求めてまいりました。


 同時に、葛飾区においてもこの決議を受けて非核平和都市宣言を行い、以来、議会と区が一体となり、非核平和関連事業を展開し、区民にその実現を訴えてまいりました。


 今日、核兵器の廃絶は真の平和の訪れを期待する世界共通の課題であり、人類最大の願いでもあります。


 しかしながら、世界に目を向けますと、アメリカ合衆国が、包括的核実験禁止条約に違反しないとして未臨界核実験を繰り返し、本年2月23日には通算22回目となる実験を英国と共同で行っております。


 また、朝鮮民主主義人民共和国は、今なお、核保有を正当化し、瀬戸際外交により、核放棄に否定的な態度をとり続けております。このことは、我が国にとってとりわけ重大な脅威であると同時に、平和と核兵器の廃絶を求める多くの人々への挑戦であり、断じて許しがたい行為であります。


 こうした中、葛飾区議会は、いかなる国の核実験にも厳重に抗議し、即時停止を強く求めてまいりました。すべての核兵器廃絶と軍縮の実現には、なお、幾多のかつ忍耐強い活動が必要であります。葛飾区議会は、今後とも広島市及び市民の皆様とともに、核兵器の全廃と戦争のない国際平和のため、力を尽くしていく所存であります。


 また、今日もなお後遺症に苦しむ被爆者の方々の精神的、身体的なご苦労が続くことを深く憂慮するとともに、戦争を知らない世代に平和の尊さと核兵器の恐ろしさを訴えてまいります。


 広島市の益々のご発展と貴職のご健勝をご祈念申し上げるとともに、式典が厳粛なうちにも滞りなく挙行されることをお祈りいたします。


 平成18年8月6日、葛飾区議会議長、小用 進、広島市議会議長、  様ということで、広島市議会議長のわきの議長の個人名が空欄になってございますが、こちらにつきましては明日議長交代の予定があるということで、それをお聞きした上で個人名を入れたいというふうに考えてございます。


 なお、2枚の長崎の方につきましては、式典名称が違うのみで中身は同一でございますので、読み上げにつきましては省略をさせていただきたいと思います。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) この文章について、よろしゅうございますね。


              (「はい」との声あり)


 名文ですよ、なかなか。


 結構ですよ。次どうぞ。


 次長。


○(事務局次長) その他の(6)でございます。議会運営の検討事項についてでございますが、お配りした文書の一番最後に第19期議会運営の検討事項提案項目というものをお配りしてございますが、これは既にお示ししたものと全く中身は同一でございますけれども、今まではいわゆる大会派順、自民党、公明党という順番に記載をさせていただいたものを、類型別に事務的に分類をしたものでございます。会派別ではなくて、似通ったものは同じ箇所にというふうに分類をしたものでございます。


 これらにつきましては、できますれば第3回定例会にかかります理事会からご協議をお願いしたいというふうに考えてございますので、それ以前に会派の中での賛否、修正提案等につきましてご協議をいただきたいということで提出させていただいたものでございます。


 なお、例年というと言い方おかしいですが、前期も含めてですが、これを1日の理事会で協議ができるということはございませんので、一応事務的には順番にお願いしようかなというふうに考えてございますが、第3回定例会の関係する理事会で時間のあまり必要としないような理事会から順次ご協議をお願いしたいというふうに考えているものでございます。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 9月ごろからということですから、7月、8月と会派内でそれぞれご検討いただいて一定の方向をそれまでに出しておいていただきたい。こういうことでございますので、よろしくお願いいたします。


 ほかに。


 次長。


○(事務局次長) それでは、ただいまの議会運営の検討項目につきましては、よろしくお願いします。また、事務局の方から説明ですとか補足的なものが必要であれば、それぞれの会派の総会等、それから幹事長さん個人でも構いませんが、遠慮なくお声をおかけいただければ説明等には伺いますので、よろしくお願いいたします。


 その他でレジュメには記載してございませんが、明日の予定、再確認をさせていただきますが、本会議は先ほど申し上げましたように1時間以内程度で終了いたしますが、その後、全国市議会議長会等の表彰の伝達がございますので、各幹事長さんにつきましてはお立ち会いを、これも20分程度かなというふうに考えてございます。


 それが終了しまして、既にご通知を差し上げてございます理事会でございますが、これは第3回定例会の日程を決定するのみでございますので、さほど時間はかかりませんが、これにつきまして予定してございますので、よろしくお願いを申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) それで終わりですね。


 それでは、理事会をこれにて閉会いたします。ご苦労さまでした。


 午後1時34分閉会