議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 葛飾区

平成18年議会運営委員会理事会( 5月30日)




平成18年議会運営委員会理事会( 5月30日)





            平成18年議会運営委員会理事会記録





    平成18年5月30日(火)       於 第1・2委員会室


 
 出席理事(5名)


    委員長   倉 沢 よう次    副委員長  斉 藤 初 夫


    理 事   池田 ひさよし    理 事   中 村 しんご


    理 事   早 川 久美子





    議 長   小 用   進





 欠席理事(0名)





 理事外議員の出席(1名)


    副議長   杉 浦 よう子





 出席説明員(0名)





 事務局職員


    事務局長            都 筑 順 三


    事務局次長           太 田   隆


    庶務係長            種 井 秀 樹


    庶務係             柿 澤 政 子


    議事調査担当係長        長 妻 正 美


    議事調査担当係長        中 島 幸 一


    議事調査担当係長        金 子 隆 一


    議事調査担当係長        相 川 浩 之


    議事調査担当係         佐 藤 眞粧美


    議事調査担当係         小野塚 正 浩


    議事調査担当係         平 川 由紀子








 議会運営委員会理事会議事日程


                        平成18年5月30日(火)


    件  名    審 査 結 果


第1          平成18年第2回葛飾区議会定例会の開催について


第2          その他所管事項について








 午後1時02分開議


○(倉沢よう次委員長) 皆さん、どうもご苦労さまでございます。ただいまから議会運営委員会理事会を開会いたします。


 初めに、小用議長からごあいさついただきます。


○(小用進議長) 理事の皆さんには大変お忙しい中、議会運営委員会理事会をご開催くださいまして、ありがとうございます。


 さて、私、去る5月25日から27日まで、青木区長と一緒に中国北京市の豊台区を訪問してまいりました。豊台区人民代表政府の張大力区長さんから、日中議連関係者を初め葛飾区議会の議員の皆様にくれぐれもよろしくというお言づけがございましたので、まずもってお知らせをさせていただきます。


 なお、本日、午前中でございますけれども、青木区長より平成18年第2回定例会開催を6月13日招集での要請がありましたので、よろしくご協議のほどお願いいたします。


○(倉沢よう次委員長) ご苦労さまでした、どうも。


 それでは、平成18年第2回葛飾区議会定例会の開催について、事務局次長より説明願います。


 次長。


○(事務局次長) それでは、配布いたしましたレジュメの方をごらんいただきたいと思います。


 1番の第2回定例会の開催についてでございますが、(1)付議事件案についてでございます。1枚おめくりいただきますと付議事件名の一覧表が出てまいりますが、今回の付議事件案でございますが、都合12件でございまして、うち条例案が5件、条例案5件と申しますのは、一覧表の1番から5番までの各条例の一部改正案でございます。それから契約案6件が同じく6番から11番でございまして、その他の1件につきましては、付議事件名の一番最後に記載の12番の特別区道の路線の認定についてでございます。


 なお、今定例会につきましては、議案の追加送付等は今のところないということでございます。


 続けてご説明させていただいてよろしゅうございますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) どうぞ。


○(事務局次長) (2)の会期についてでございます。6月13日、火曜日から6月29日、木曜日までの17日間ということで、これは去る4月3日の当理事会におきましてご決定いただいた内容に沿ってございます。


 さらにおめくりをいただきますと第2回定例会の開催日程案の一覧表が出てまいりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 第2回定例会ですが、ただいま申し上げましたように6月13日から29日ということで、6月13日、火曜日が初日の本会議、翌15日、木曜日が本会議予備日でございます。それから15日、木曜日から20日、火曜日までが4常任委員会、21日に予備日を挟みまして22日、木曜日から26日、月曜日までが3特別委員会、さらに、27日の予備日を挟みまして28日、水曜日が最終本会議の運営等にかかわります理事会並びに議会運営委員会、6月29日が最終本会議でございます。


 それから前の方にさかのぼっていただきまして、本日5月30日が件名報告のための理事会並びに議会運営委員会、来週月曜日、6月5日が議案説明のための理事会並びに議会運営委員会、6月12日が初日の本会議の運営等に関します理事会並びに議会運営委員会でございます。


 (3)区政一般質問についてでございます。今回の順序でございますが、公明党からの順番でございまして、今回のローテーションは昨年の第4回定例会から始まってございまして、そのときに自民党から始めてございまして、第1回定例会は代表質問等をあわせて大会派順ということでこのローテーションから除いてございますので、今回は大会派順2番目の公明党からの順番でございます。したがいまして、記載のように公明、共産、民主、自民と進み、それから区民、無所属と進みまして、お2人目が出る場合には、そこまでいってからお2人目ということになります。


 通告の締め切りは6月8日、木曜日の午後2時でございますので、よろしくお願いをいたします。


 それから(4)請願等についてでございますが、6月9日、金曜日受付分まで初日に付託をさせていただきます。


 (5)の意見書等でございますが、件名及び案文につきまして、6月9日、金曜日の午後4時までに提出の方をお願いいたします。


 (6)署名議員でございますが、今回の署名議員につきましては、7番、荒井彰一議員、8番、くぼ洋子議員、37番、会田浩貞議員のお三方でございますので、よろしくお願いを申し上げます。


 定例会の開催につきましては以上でございます。よろしくご協議のほど、お願い申し上げます。


○(倉沢よう次委員長) ただいまの説明の中でご質問がありましたらどうぞ。


 なお、1番の付議事件案についての内容は、5日の議案説明のときに行われますので、きょうのところはよろしいんじゃないかと思いますけど、ほかにありましたらどうぞ。


              (「なし」との声あり)


 よろしいですか。


 それでは、次に入ってください。


 次長。


○(事務局次長) それでは、2番の方のその他でございます。


 まずその他の(1)でございますが、議会出席理事者(説明員)の変更についてということでございまして、お配りしました書類の定例会の日程案の次に議会出席説明員の一覧表が出てまいりますので、ごらんいただきたいと思います。


 これにつきましては、今年度4月1日の人事異動に伴いまして4名の部長が異動してございます。政策経営部長、産業経済担当部長、都市整備部長、それから教育振興担当部長、この4名の異動にかかわる説明員の変更でございます。


 続けてよろしゅうございますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) はい、どうぞ。


○(事務局次長) その次が(2)の議員表彰についてでございます。さらにおめくりいただきますと全国市議会議長会、関東市議会議長会ということで、それぞれ6名の方のお名前が載ってございますけど、これらにつきましては、去る5月24日、全国市議会議長会の総会がございまして、その際に事務局でお預かりをいたしておるものでございますので、ご報告をさせていただきます。


 なお、関東市議会議長会につきましては、市議会議長会のさまざまな事項の見直しの中で今年度限りということでお聞きしてございますので、あわせてご報告をさせていただきます。


 続けてよろしゅうございますでしょうか。


○(倉沢よう次委員長) はい、どうぞ。


○(事務局次長) (3)議員の派遣についてでございますが、さらにおめくりをいただきますと広島市・長崎市平和祈念式派遣計画書(案)というのが出てまいります。ごらんをいただきたいと思います。


 これにつきましては、4月3日の理事会で4年間の広島・長崎両式典への派遣にかかわります各会派の配分をご決定いただきまして、それに従いまして各会派からお名前が挙がってきた方をご報告させていただくものでございます。


 なお、これにつきましては、地方自治法100条12項と会議規則122条の規定によりまして本会議の議決が必要でございますので、今定例会の最終本会議で議決をいただきますので、その前の議運でまたご決定をいただくものになるものでございます。


 なお、随行でございますが、広島につきましては都筑事務局長、長崎につきましては私、太田が随行させていただく予定でございますので、よろしくお願いいたします。


 よろしいですか、続けて。


○(倉沢よう次委員長) はい。


○(事務局次長) その次がその他の(4)でインターネットによる本会議中継についてでございます。さらにおめくりをいただきますと、本会議のインターネット中継についてという1枚の印刷物が出てまいりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 まず1番の概要でございますが、記載してございますように、(1)の生中継、いわゆるライブ配信、それから(2)の録画中継、オン・デマンド配信、両方2種ございます。


 まず(1)の生中継でございますが、ライブ配信ということで、本会議の模様の映像及び音声をリアルタイムでインターネット、つまりそれぞれインターネット接続をしてある家庭用パソコンなどで視聴が可能になるものでございます。配信画面には質問者名、質問項目、これは大きな項目になろうかと思いますが、これがテレビのニュース番組で言うところのテロップのような形で下の方へ流れるというものでございます。


 ADSL回線で同時に100件まで視聴に対応できるというもので、既に23区でも他の区で実施してございますが、50回線で始めたところは途中でパンクをしそうになったというような例もございまして、その後100回線で大体やっていって、それで十分であろうと。


 他区の例でいきますと、通常の定例会につきましては10件とか10数件程度のライブ中継、一時にかたまって見られるのはその程度の視聴でございますけど、始めるときというのはどうしても皆さん注目が高うございますので、こういうときに一斉にやられますと100回線を超してしまいます。例えば今、予定をしてございますのは、後に日程を説明させていただきますが第3回定例会ですから、このときの初日というのは、例えば今、区役所の職員というのは全員パソコンを持っておりまして、インターネット接続が可能でございます。ですから管理職等は関心がありますので全員が見たいということになると、そのときにはパンクしてしまいますので、これは私どもの別の会議のところで、そういうところは遠慮していただきたい。軌道に乗ってくれば全員が同じ時間の定例会の立ち上がりの10時にスイッチを入れるということはないはずでございますので、そこら辺は大丈夫だと思うんですが、初回については若干遠慮していただくように考えてございます。


 そのほか、いわゆる当区議会でもかつてあったようにお聞きしてございますけど、例えば不信任議決をするですとか、そういった事件、あまりいい言い方ではないですけど、こういうときというのは殺到いたしますので、これはもう既存のメディアに頼らざるを得ないというふうに、テレビ、そういうものに頼らざるを得ないというものがインターネット中継でございます。


 その次が(2)で録画中継、オン・デマンド配信ということで、生中継したものと同じような画像をさらに編集、加工したりして、区議会のホームページからクリックしてそこから見ることができるというものでございます。これはホームページですから24時間体制で視聴することができまして、本会議が終わった4〜5日先からアップロードできますので、そこから視聴していただくことができます。


 先ほどのもののほかに議会名、つまり第3回定例会ですとか、そういうもので検索していくこと、それから議員さんのお名前で検索していくこと、そこで質問項目等で検索する。つまりビデオテープの頭出しのような形で検索していくことができるというものでございます。


 それから同じく再生された際に質問項目が表示される。これはサーバーでレンタルしてございますので、過去1年分ぐらいの保存ということで、サーバー、つまり画像を保管しておくところでございますけれども、それを借りているわけでございますので、映像というのはただの画像に比べて非常に、つまり写真に比べて負荷が非常にかかりますので、そう多くは保存しておけない。したがって、1年間分保存しておくというものです。ただ、ご自身が質問した内容を自分で保存しておきたいということであれば、ご自身のパソコンからCDでもDVDでも、そこへ落としておけば幾らでも保存しておけるというものでございます。


 それから一番下に早送り・巻き戻し等も可能である。


 大変失礼しました。ご自身でDVD等にはダウンロードできないそうでございます。申しわけございません。


 ちょっと構造上できないということでございますので。


 一応これはほかのものも全部できないということでございます。多少ちょっと私も著作権等の関係があるのかどうかわかりませんが、この視聴につきましては、まだスタートしてございませんけど、中身につきましては、大体インターネットのいわゆるヤフーですとか、ああいうところで動画ニュースとかというのをやっているかと思うんですが、それと同じようなものが見られるというふうにご理解いただければいいと思います。


 それから視聴の条件ですが、インターネットに接続してあるパソコンであれば、ウィンドウズ、マック、どちらでも視聴できるような形で視聴設定してございます。


 スケジュールですが、インターネット配信の契約を今月行いまして、若干の配線工事がございます。それから8月に調整、つまりこちらも練習といいますか、撮影練習をしたり、そういう配信の準備をしたり、そういうものをして第3回定例会の初日から放映をスタートしたいというふうに考えてございます。


 なお、このインターネット中継でございますが、後ほど議運でもご説明させていただきますが、広報委員会の設置要綱でホームページというのは広報委員会の所管でございますので、この先、今定例会の広報委員会からそちらの方でのご協議をお願いしたいというふうに考えてございます。


 インターネットにつきましては以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) これは、カメラは定位置に1本で演説台だけアップするということね。


 次長。


○(事務局次長) 定位置でございます。定位置に設置して、ただ、いわゆるズームアップみたいなこともできますので。


○(倉沢よう次委員長) するのかしないのか、できますということでなくて。


○(事務局次長) あまりちょっといい例えじゃないので申し上げにくいんですが、政見放送なんかずっとカメラが顔をアップにしたり少し離したりいたします。ああいうことができますので、それは手元で書記が作動させます。


○(倉沢よう次委員長) 書記が? どこの手元で?


○(事務局次長) 本会議場の一番端に常に書記が、放送機器を調整しているものがおりまして、そこの部分でやらせていただきます。皆さん公平になるように、アップばかり多くてというようなことじゃないようにやらせていただきたいというふうに考えてございます。


○(倉沢よう次委員長) それからさっきパンクする云々となったけど、パンク状態になった場合は、例えば100件なら100件で101件目が入ってきた場合にはどういうパンクになるわけ?


 次長。


○(事務局次長) 101件目の方がつながらないということでございます。


○(倉沢よう次委員長) 今までの100件の人には影響はないわけだ。


○(事務局次長) そうです。


○(倉沢よう次委員長) はい、わかりました。


 質問がありましたらどうぞ。


 どうぞ。


○(池田ひさよし理事) それは一般質問している人だけしか映さないんですか、他の議場の人は映さない。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) 今のところは一般質問だけでございます。


○(倉沢よう次委員長) 要するに議場の一番後ろから定位置で撮るから、アップすれば議長とか質問者のところまでいくけれども、グーッと引くと議場の皆さんの頭程度は映るという、そういう解釈でしょう。前から撮ることはないわけだよね。


 次長。


○(事務局次長) さようでございます。


○(斉藤初夫理事) さっきDVDのできないということなんだけれども、それではできないけど、例えば事務局の方で撮って保存しておくということは考えるんですか。1年間でなくなっちゃうでしょう、それをとっておくのかどうかということもあるんじゃないかと思う。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) いわゆるサーバーというのはデータの保管庫みたいなものなんですけど、通常こういうものは大体レンタルで行うものでございまして、そこにはありますから、そこからもらうということはできないわけではないと思うんです。例えば自分が質問したときのものをずっと残しておきたい。ただ、その場合には別途個人負担が、そんなすごい金額じゃないかもしれませんが、生じるような可能性はあろうかと思います。


○(斉藤初夫理事) そういうことじゃなくて、要するにさっき1年間でいっぱいになっちゃうからなくなっていっちゃうんだよという話でしょう。そうじゃなくするためには2年前の、ずっとやっていくのに、事務局なんかで、こっちでサーバーでもどこでもいいんだけれども、みんな落とせないけど、落としておいてくれればDVDは見れるわけだ、後から。1年前で切れちゃうわけだから、2年前へさかのぼって見たいときには物がないということになっているわけでしょう、今。それを落としておいてくれれば、見るところは事務局に行って借りて見るとかというのがあれば、記録して残っているんだけど、1年ごとに記録が消えていくという話なんですよね。


○(倉沢よう次委員長) 次長。


○(事務局次長) 要は区議会のホームページからアクセスして区民の方が見られなくなるということだけで、データとしては事務局で保管をしておきますので、それをごらんいただくことは可能でございます。ただ、それをさらにどこかへ持っていくということになりますと著作権等の問題が生じますので、見ていただくのは可能だと思うんです。


○(倉沢よう次委員長) 要するに議事録ってあるでしょう。書面にしますよね、最初テープからとって。議事録、速記がいるんだけれども、速記から今度議事録がつくられるでしょう。早く言えば絵の議事録みたいなものができるんじゃないかということなんだよね。1年間とってあれば、ちょっとひっくり返して、その映像は本当にこういう言葉でこういうふうに言った。あるいはそこの議員が水をかけたとか、そういう映像は残せるわけでしょう、ひっくり返せば。それは過去3年前のやつをひっくり返すということはないだろうけれども、1年もとってあれば十分なんだろうけれども、そういうことは映像録として残しておかないのかということも含めて聞いていると思う。


 次長。


○(事務局次長) 今、委員長のお話ございましたけど、会議録というのは法律・規則上義務づけられているものでございますので、インターネットをやるからといって会議録を廃止するというものではございません。逆にインターネットの方は何らそういう法律・規則の外にあるものでございますので、おっしゃられるように会議録は今までどおり作成いたしますから、確かに幾ら検索機能、頭出し機能がついているといっても、こうやってめくった方が早いのは確かで、一字一句ついていますので、そういうことでのものは十分可能でございます。


○(倉沢よう次委員長) ほかにありましたらどうぞ。


              (「なし」との声あり)


 それでは、ないようですから次に移ります。どうぞ。


 次長。


○(事務局次長) 議会運営の検討事項について、その他の(5)でございます。議会運営の検討事項についてということで、インターネットの次に第19期議会運営の検討事項提案項目ということで、6ページにわたりまして45項目ほど提案事項が出てございます。これにつきましては、去る第1回定例会までということで、各会派並びに事務局から議会のさまざまな改革事項に対しましてご提案をいただいたものでございます。このもの自体は既に当理事会でお配りをさせていただきましたが、前期もこれと同様の改革事項をやってございまして、これにつきまして初回に議会運営委員会でそれぞれ各会派からまず提案の説明をしていただきまして、それに対する不明点の質問等を行っていただいたものでございますので、できますれば本日の議会運営委員会で各提案各会派、事務局提案分については私の方でいたしますけれども、提案説明をお願いをしたいというふうに考えてございます。


○(倉沢よう次委員長) 各提案会派が代表して提案を説明するんだけれども、その後に質疑とか云々という話になったけれども、それはだれがだれに対する質問なの? 例えばわかりやすく言うと、公明党の出た提案について、ほかの議員がその議員に質問したり、またその議員が答えたり、そういうことをやろうというわけ?


 次長。


○(事務局次長) ちょっと今、途中までのお話しか申し上げませんでしたが、前任期につきましては、そのように議会運営委員会でやりまして、その後また日程を定めまして理事会におきまして具体的な項目ごとの協議をしていただいております。そのときに、要はこれは適当である、不適当である、そういったそれぞれいろんな会派から案件が出てまいりますので、採用できる、採用できない、そういった観点からの意見、討論的なものはございました。


 きょう申し上げました質疑というのは、説明の内容でちょっとまだわからないというようなことをお聞きを、これは提案会派でないとお答えはいただけないと思いますので、ほかの委員さんからそういうものがあれば提案会派でお答えをいただくというものになろうかと思います。


○(倉沢よう次委員長) きょうのところはある意味で、フリートーキングみたいな形で質疑応答をするということ?


○(事務局次長) いわゆるフリートーキング的なものは、事務的には前半での説明が終わった後、いですが、実質協議を理事会へ委ねていただきまして、日を改めて理事会でそういったフリートーキング的なもので、逆に提案会派の方は、この案件については採用できないけれども、提案会派の方がこの辺を修正してくれれば採用できるというようなものもあろうかと思いますので、そういう協議をこの先理事会でお願いしたいというふうに考えてございます。


○(倉沢よう次委員長) わかりました。


 次、どうぞ。


○(事務局次長) その他の(6)でございますが、議会棟サッシ改修等工事についてということで、お配りしました文書の下から2番目になりますが、やはり1枚分のペーパーが出てまいりますので、ごらんをいただきたいと思います。


 3点ほどございますが、1番目がサッシの改修工事でございます。当議会棟につきまして、一回りといいますか、一番こちら側の共産党さんのさらに向こう側に現在議会図書室を設置してございます。そこからこの次の第3委員会室までの自民党さん、公明党さんの控室を含めまして、一回りが旧型の鉄製のサッシでございます。今、危険ということで暫定的に外側の部分をはめ殺しにして可動できないような形にしてございますけれども、このサッシ自体は地震等で建物が揺れたような場合にガラスが割れて下へ落ちる。つまり建物は揺れると若干ですが四角い窓が菱形のような形で窓枠がゆがむ、そのときに現在の構造というのは遊びみたいなものをとってないようでございまして、窓自体がガラガラと割れて下に落ちてしまう。特に自民党さん、公明党さんのあたりは一番区民の方が通行するところでございますので危険ということで、昨年の福岡県の西方沖地震、その際にこういうガラスのものが下に落ちて非常に危険であったということで、それで改修工事をさせていただくものでございます。


 また、サッシの取り付け方は、外取り付けといいまして外から取り付けてあるような状態ですので、割れたガラスがすべて外側に落ちるような感じになってございますけど、内側の取り付けというと外れた場合でもなるべく内側の方にというような構造になるようなものでございます。


 場所は今まで申し上げたとおりで、順次これを、まだ詳細な実施スケジュールは参ってございませんけれども、全部一度にということじゃなくて、週末を使って土・日で工事をさせていただきますが、金曜日に一部準備期間が入ったりいたしますので、窓から1メートルぐらい物を離していただくというようなことが生じます。それぞれ7〜8月で議会日程のないところを選びまして、また個別に各会派とどの週ということでご相談をさせていただきながら進めてまいりたいというのがサッシ工事でございます。


 それから2番目が吹き付けアスベストの除去工事ということで、昨年報告がございましたけれども、議会棟内にも吹き付けアスベストがある箇所がございます。これは今、封印状態になってございまして、除去工事をいよいよ始めるということで8月にやるということでございますが、これは議長室の前の傍聴席に上がる階段がございますが、あそこから上がって中に一部空調等の機械室がございます。そこの天井等に吹き付けアスベストがございまして、その部屋自体は人間が立ち入りしない部屋でございますので、封印をして今は安全な状態のまま数カ月そのままになってございますが、ここで工事をさせていただきまして、つまり飛散しないような養生をした上で、資格を有した専門の業者が、8月、議会がやっていない時期に行う。危険のないような形で行わせていただくというものでございます。


 それから3番目でございますが、バリアフリー化工事ということで、議会棟3階はそもそも階段等で非常に難しい状態なんですが、2階部分で共産党さんの控室というのは1段踏み込みがあります。15センチぐらいかと思いますが、中にもまた5センチぐらい踏み込みのステップがございまして車椅子が入れません。同時に、今期に入りまして控室の配置を変えました関係上、図書室が共産党さんの隣へ行きまして、こちらも共産党さんと同じように2段ほどステップがございまして、車椅子の方が入れないような状態になってございます。図書室につきましては、現実に車椅子の議員さんがおられますので、この両部屋の入口、中間に女子トイレがございますが、そこも含めてスロープを設置するというものでございます。


 具体的には、入口から真っ直ぐに手前へ出してまいりますと、スロープの勾配を考慮しますと廊下いっぱいに来てしまいまして、また、他の通行人等がつまづくような可能性もございますので、そういうスロープでなくて共産党さんから議長室側の方から上っていただくスロープ、逆に図書室の戸籍住民課側の方から上がっていただくスロープ、入口の前で展開して入っていただくような形になります。これは修繕ということで、それほど大規模な工事でなくて、恐らく木造のスロープ的なものを備えつけて、若干手すり等は必要なので、そういうものをつけるというものでございます。


 サッシ等改修工事につきましては以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 共産党さん、わかりましたか、いいですか。


 質問がなければ次へ移ります。


 ありますか。


              (「なし」との声あり)


 次長。


○(事務局次長) その他で何点かございます。お配りしました文書の最後でございますが、クールビズの実施についてということで、区側も例年どおり実施をさせていただきます。区の職員が6月1日から9月30日までということで、昨年までは「夏季の軽装化」という名称でしたが名称のみが「クールビズ」という名称になったもので、昨年と変わってございません。ノーネクタイ、ノー上着で職員が執務をいたしますので、よろしくお願いをしたいということでございます。


○(倉沢よう次委員長) もう1回、6月1日。


○(事務局次長) 6月1日から9月30日まででございます。


 したがいまして、議会におきましても去る4月3日の理事会で今年度のクールビズ、同様の期間でご決定をいただきましたので、出席者理事者についてもこのような扱いになろうかと思いますので、よろしくお願いいたします。


 それから次に、普通救命講習でございますが、先般の同じく理事会で普通救命講習につきまして、2定中の予備日を使ってということで日程表の方には括弧書きで落とさせていただきましたが、6月21日、水曜日が予備日になってございますので、この日の午後、約3時間程度でございますが、この委員会室を使いまして普通救命講習を実施したいというふうに考えてございます。個別に詳細が固まり次第、全議員さんにご案内を差し上げまして出欠をとらせていただきますが、今回からはAEDを使いました講習になりますので、ぜひご都合をつけてご受講いただきますよう、よろしくお願いいたします。


 それからあわせて消防の警戒線通行証というものがございまして、これは消防署から各議員さんに交付をされていたものでございます。現在も交付をされているものでございますけれども、有効期限というのは特になくて、任期満了時に一応返却をしていただいて、また再度当選されてお配りをしているというのをかつて続けてまいったんですが、この警戒線通行証というのは紛失をされますと始末書の扱いになるものでございまして、議員さんからそれがなくても十分地域で知名度もあるし必要ないというようなこともありまして、前任期からお配りをしないで事務局でお預かりをしておったんですが、議員さんの中から、やはり交付してほしいというようなお声がございましたので、個別にご意向をこの後お聞きをさせていただきまして、必要な方にはお渡しをさせていただきたいと思いますので、よろしくお願いします。必要ないから事務局で預かっておいてくれということなら、それで結構でございます。


 以上でございます。


○(倉沢よう次委員長) 質問はございませんか。


              (「なし」との声あり)


 それじゃ、皆さん、ご了解いただいたようですから、議会運営委員会理事会を閉会します。ご苦労さまでした。


 なお、2時から議運の方、よろしくお願いいたします。


 午後1時39分閉会