議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 足立区

平成25年 3月27日文教委員会−03月27日-01号




平成25年 3月27日文教委員会

      午後2時04分開会
○古性重則 委員長  おそろいですから、ただいまより文教委員会を開会いたします。



○古性重則 委員長  最初に、記録署名員2名を私から指名をさせていただきます。
 佐々木委員、針谷委員、お願いいたします。



○古性重則 委員長  早速、議案の審査に入ります。
 (1)第58号議案 足立区立新田三丁目なかよし保育園の指定管理者の指定についてを単独議題といたします。
 執行機関の説明を求めます。
◎子ども家庭部長 議案説明資料の1ページをご覧ください。
 件名は、記載のとおりでございます。
 平成25年7月に開園予定の区立新田三丁目なかよし保育園に指定管理者制度を導入するものでございます。
 この保育園は、3歳から5歳までの子どもを受け入れる区立認可外保育施設でございます。
 施設名称でございます。足立区立新田三丁目なかよし保育園でございます。
 所在地は、新田三丁目17番14号です。
 指定管理者となる団体は、社会福祉法人南流山福祉会でございます。
 所在地は、記載のとおりでございます。
 指定の期間は、平成25年7月1日から平成35年3月31日までの約10年間でございます。
 公募は、認可保育園、東京都認証保育所、幼稚園のいずれかを3年以上運営している法人を条件として行いました。
 その結果、社会福祉法人、株式会社、学校法人、有限会社から、計11法人から応募がございました。
 第一次審査で4事業者を選定し、第二次審査で指定管理者候補者を選定いたしました。
 主な審査基準でございますが、提案書の評価、法人の安定性、保育理念と熱意、3歳児以降の対策でございます。
 審査結果は、次のページにつけさせていただいております。
 審査項目満点の合計、記載がございませんが、2,100点が満点でございます。第1順位の社会福祉法人南流山福祉会は、合計点として1,552点、74%を獲得いたしまして1番となりました。その結果、南流山福祉会を候補者として決定したものでございます。
 今後でございます。本議案議決後、区と指定管理者との間で協定書を締結し、平成25年7月1日から指定管理者による管理運営業務を実施するものでございます。
 ご審議のほどよろしくお願いいたします。
○古性重則 委員長  ありがとうございます。
 何か質疑ございますか。
◆いいくら昭二 委員  この指定について、この指定はこのような形で、我が党としましても問題ないんですけれども、この審査について今後の点も踏まえて、前回も、ちょっといろいろ行政の方とお話しさせていただいたんですけれども、この審査の内容等、提案書の評価とか法人の安定性、保育理念と熱意、就学前保育・教育に対する考え方という項目の中で各羅列されているわけですけれども、当然ここに申請してくるわけですから、やはり熱意とか、様々サービスの内容というのは当然な形になるかと思うんですけれども、行政から見た場合というのは、そのファイナンスというのは、幾らやる気があるとしても、当然に先立つものがなかったらないと思うし、そこら辺のところというのは重要だと思うんですけれども、その法人の安定性というところを見ますと、今回は1番の採用された法人よりも、法人A、法人Bというのが高いという形になっているんですけれども、つぶさに……。
 これは事前説明のときに行政の方とお話しさせていただいたんですけれども、社会福祉法人というのは、実は公認会計士の監査を受けているんです。社会福祉法人というのは公認会計士の監査の是認のもとでされているということの中において、196点という点数になっているんですけれども、一般の企業とは違うんです。一般の企業というのは、出資されている株主に対する配当、これが第1目的、第1という形になるんですけれども、配当が目的になるんですけれども、社会福祉法人というのは、そうした面において、私もいろいろ社会福祉法人を議員になる前も公認会計士の中において監査もやらせていただいているわけですけれども、社会福祉法人というのはもうけが目的じゃないんです。逆に内部留保があると、もっと園庭を子どもたちのためにもっとしっかりと、例えばブランコをつくってください、又は滑り台をもっと充実してくださいということで、そのような形を公認会計士さんから指導があるわけでございますが、そうした中において、この法人の安定性、この紋切り調に、要するに資金力が抱負だから高いというのはどうなのかなと、私自身は、この審査結果表を見てちょっと感じたわけでございますが、行政の方々は、この点はどのような形でお思いなんでしょうか。
◎保育課長 今いいくら委員からお話がございましたように、社会福祉法人につきましては公認会計士の監査があるということで一定の経営の安定性は担保されているということは、そのとおりと考えてございます。ただ審査の中で、社会福祉法人も含めてその他の、今回もございましたが、学校法人や株式会社等を比較するときに同じスケールの中でどう見ていくかというところでは、やはり社会福祉法人、安定性はあるという担保があったとしても、その中で、どの程度より経営的なものが大丈夫なのかという、一つの比較のスケールとしては同じものを使って今現在やっていますので、今委員のおっしゃられたような趣旨を考慮しながら、今後も同じようなスケール、どういったものが考えられるのかを考えながら引き続き審査していきたいと考えております。
◆いいくら昭二 委員  これは私の要望でございますが、この公認会計士というのは国の国家試験なんです。なおかつ、金融庁のもとで監査、唯一国家資格で監査ができるのは公認会計士ということで、その中においてされているということで、これやはり監査やっている中において是認を受けるためというのは相当なプレッシャーが社会福祉法人に対していくんです。例えばこういうことはやってはいけません、これだったら是認されません。皆さんお思いにあるように、上場企業におきましても、公認会計士の監査が是認になったとしても、それが飛ばしとか簿外資産とかあったということで、様々公認会計士さんに対する批判とか、それから、公認会計士さんも一生懸命監査やっているということで、足立区がどうとかこうとかという話じゃなくて、公認会計士の監査を受けるというのは、ある一定の担保をいただいているという中において、この1番の今回はたまたま社会福祉法人の方がとれたわけでございますが、あと42点足りなかったら、この法人Aという形、224点の方にということで。ちょっと先ほどご答弁があったスケールが違う、でも、しっかりと監査を受けているということで、この辺のところ、これは要望でございますが、しっかりそこら辺のところを配慮しながら、これは足立区の主観的な考え方ではなく、国の国家機関が定めた資格のもとで、これもしか公認会計士の監査が例えばこれがいびつな形だったら断罪されるのは公認会計士、金融庁が断罪されるわけでございますが、そのようなしっかりしたものということで、是非足立区におきましても、そこら辺のところを配慮しながらお願いしたいと思います。
 もう1点でございますが、今回は区内事業者の、私も、この社会福祉法人は存じ上げておりまして、一生懸命園の園児さんのためにやっているわけでございますが、私も話を聞くと、今いろいろ保育園の指定にあたって区外の方々が結構とれるという、それはそれでいいんですけれども、やはり区内の園をやっている方も一生懸命やっているということで、その歴史を聞くと、初めは足立区内の園の方に募集をかけたんですが、なかなかいろいろな部分で応募のハードルにクリアできなかったという歴史もあるという話は聞いています。足立区としましても、足立区外からも、もっと広く、広くということで、日本全国になっていると思うということで、足立区内の園も大分充実してきました。もう一度、原点に戻りまして、足立区内にある園を経営している法人等におきましても、またそこら辺のところを考慮した上で、実は、他の区内におきましては区内を優先という現実にやっているところもあるということで、足立区は大きな区ということで、本当に園も充実してきたという部分を私自身も認識しておりますので、そこら辺のところを是非考慮した上でやっていきたいということは、これは提案でございますので、よろしくお願いします。
◆針谷みきお 委員  まず一つは、この指定の期間なんですけれども、平成25年7月から平成35年3月31日ということで10年間指定するわけですが、これ考え方で言えば、新田三丁目なかよし保育園をつくるという過程のもとでは、待機児が多いという、この待機児解消策の一つとして我々も是とするわけなんですが、まず二つ質問したいのは、10年間の期限はどうしてなのかという問題と、もう一つは、要件としては認可保育園とほぼ同等ということであるならば、認可保育園として設立できたんじゃないかなというふうに思うんですが、その辺なぜしなかったのか、2点お伺いしたい。
◎保育課長 まず10年の期間でございますが、これは、先に、今までもお話ししたのと同じ、今待機児の解消に向けての園でございますが、この地域の今後の推移を考えたときに、10年がひとつの一定の、その先の判断をする一定の区切りだろうということで10年という形で指定管理の期間を考えさせていただいたところでございます。
 それから、また、認可でございますが、確かに認可に準じるような中身の自信のある保育園にしてございますけれども、期限が緊急に早く立ち上げたいということも思いまして、きちっとした形の審査の期間とかを考えますと、ちょっと時間もかかってしまいますので、そういったことも踏まえて、準じる形の基本的な基準は守ってございますが、完全に認可に当てはめるような想定で始まってございませんので、そして、また、ポケットパークを利用しての10年ということもございますので、公設認可外保育園として準備しているところでございます。
◆針谷みきお 委員  これ私は予算特別委員会でも指摘しましたが、足立区の認証保育園の整備率が10%低いという問題は、かつて、これ近藤区長の責任ではなくて、政策経営部長が坂田さんのときに、やはり今後、潜在需要や、その他の区民のニーズというものを考えると認可保育園を整備しないとまずいだろうという議論をしたことがあります。そのときの答弁では、いや今後人口減少で、そういう必要ないと、待機児は減っていくんだということで、実は、そういう態度をとっていたということで、これは行政の継続性の責任だろうというふうに思うんです。
 ただ実際問題としては、このような事態になっていて、全区的な駅周辺の保育園が足りないという事態が生まれていて、潜在需要については、前回の委員会でも、十分に見ていないというようなこともあろうかと思うので、これについては、今後、例えば認可保育園に申請をし直す、運営しながら申請し直すということは可能ですか。
◎保育課長 細かいところまでは詰めていませんで、その前提で考えていませんが、準じたものにはなっていますので、可能性はあると思います。ただ公設ですので、認可にした折りに、私立の場合と違って、特段に財政的に特別な支援があるとか、そういうことではございません。
◆針谷みきお 委員  その辺わかっているんですが、あと、もう一つは、近隣からの要望という問題があって、バス停が物凄く近くて近隣の方からの苦情が出されている、意見が出されていると、いわゆる送迎の時間に問題があるんじゃないかと、この辺についての配慮とか検討はしていますでしょうか。
◎保育課長 バス停が近いというところは確かにございますので、近隣の方に迷惑かけないように、また通う園児、保護者の方々の安全を考えて園の方でも、例えば登園時につきましては、そこに人を立ってもらうとか、そういった形の安全策を考えてお願いしているところでございます。
○古性重則 委員長  よろしいですか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○古性重則 委員長  他に質疑なしと認めます。
 それでは、各会派の意見をお願いいたします。
◆吉岡茂 委員  賛成。
◆金沢美矢子 委員  賛成です。
◆針谷みきお 委員  私ども、待機児解消という点で指定管理者制度そのものを導入するという……先の条例については反対しましたけれども、指定管理者そのものがどうなのかという点で言うと、この法人が実績もある、そして、ある程度の審査の内容については1位になっているという点で言うと是とすべきかなというふうには思っておりますが、ただ今後の問題として、先ほどいいくら委員も言っていましたけれども、この審査の状況というのは、やはり今後、株式会社とか、いろいろなものが出てきているんで、点数、数字だけでわかるのかという問題と、私どもが前から指摘しているように、ワーキングプアを拡大するような形をとるべきでないというふうに思いますので、その辺で、実際に働く保育士さんの待遇はどうなのかという問題についても明らかにしていただきたいということを申し添えて、これは可決すべきものであろうというふうに思います。
◆長谷川たかこ 委員  賛成です。
○古性重則 委員長  それでは、これより採決をいたします。
 本案は、原案のとおり可決すべきものとすることにご異議ございませんか。
      [「異議なし」と呼ぶ者あり]
○古性重則 委員長  異議なしと認め、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。



○古性重則 委員長  その他、何かありますか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○古性重則 委員長  ないとなれば、これで文教委員会を閉会いたします。
      午後2時22分閉会