議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 足立区

平成25年 3月27日総務委員会−03月27日-01号




平成25年 3月27日総務委員会

      午後1時48分開会
○鴨下稔 委員長  それでは、ただいまより総務委員会を開会いたします。



○鴨下稔 委員長  初めに、記録署名員を指名いたします。
 くじらい委員、鈴木あきら委員、よろしくお願いをいたします。



○鴨下稔 委員長  これより議案の審査をいたします。
 第57号議案 平成25年度足立区一般会計補正予算(第2号)を単独議題といたします。
 まず、執行機関からの説明を求めます。
◎政策経営部長 それでは、お手元の補正予算・説明書の10ページをお開きいただきたいと思います。
 今回2号補正予算という形になります。本補正予算につきましては、現在、首都圏を中心に流行が拡大している風しん対策として、特に妊娠前のワクチン接種を促進するため、都の補助事業を活用して、区として緊急予防接種助成事業を4月から実施するためのものでございます。
 歳入予算につきましては、都支出金が4,100万円余、同じく繰入金の方で4,100万円余という形で計上をさせていただいております。
 歳出予算につきましては、8,300万円余を感染症対策事業ということで計上をさせていただいております。
 私からは以上です。よろしくご審議お願いします。
○鴨下稔 委員長  それでは、質疑ございますか。
◆鈴木けんいち 委員  この先天性風しん症候群予防のための予防接種、行うべきだったのを我が党も申入れしていましたので、今回の実施は大変うれしく思っています。
 その上で幾つかお聞きしたいんですが、まず、この風しんの流行で特に胎児が感染してCRSと称される障がいを起こす可能性があるということなんですけれども、この発生頻度というのはどれくらいなんでしょうか。
○鴨下稔 委員長  どなたか。
◎保健予防課長 発生頻度です。妊娠1カ月におきまして50%以上、2カ月におきまして35%、3カ月で18%、4カ月で8%です。
◆鈴木けんいち 委員  1カ月では50%の発生頻度ということで、本当に怖いというか重大でして、これなんですが、今回、風しんが流行しているということなんですが、この風しんの予防接種を受けない世代が増えてきたことが関係あるというふうに思うのですが、いかがでしょうか。
◎保健予防課長 風しんの定期予防接種につきましては、昭和52年から中学生女子のみに限って平成7年まで行われておりましたけれども、平成7年の予防接種法の改正におきまして、男女ともに行っていくと、そのときに中学生の世代の方と、それから、定期としては3歳までの乳幼児に基本的には接種対象も拡大いたしまして、その間の過渡的な人たちが、この平成7年から15年の間で順次受けていくといったような形です。
 平成7年までは、基本的には集団接種で中学生行ってございましたけれども、7年の予防接種法の改正の中では、集団から個別へ、体調の良いときに実施しましょうという形になりましたことと、義務接種から努力義務、勧奨接種という形で大きく考え方等も変わりましたことで、接種がなかなか進まなかったという事情がございます。
◆鈴木けんいち 委員  この風しんは、予防ワクチン接種で防げるというふうに言われております。それで、今回、東京都がこの事態を重く見まして、特に先天性風しん症候群の発生防止を目的としたワクチン接種を行う自治体への支援を行うことを14日に発表したわけですが、これお伺いしたいんですが、都の包括補助事業を活用するというふうに聞いておりますが、包括補助事業はもう枠がいっぱいなのだという認識なんです。したがって、枠外で行われるというふうに理解いたしますが、そういう理解でいいでしょうか。
◎保健予防課長 そのとおりでございます。
◆鈴木けんいち 委員  それで、実は、既に23区でも多くの区で、この助成事業が実施されていまして、その中で、江戸川区、江東区、墨田区などでは全額補助となっております。問合せいたしますと、江戸川区などでは、全額補助ですかと言うと、当然ですよというふうに担当の方がお答えもされておりました。江東区、墨田区も大体同じような反応なんですが、この足立区の場合、今回、この予算措置を見ますと半額補助なんですけれども、全額補助をすべきだと思うんですが、できないんでしょうか。
◎保健予防課長 任意の予防接種で大人の方につきましては、区の考え方として、半額補助という考え方でございます。
◆鈴木けんいち 委員  考え方は、それはご自由なんですが、やはりこれだけ発生率も発生頻度も高くて、母体がかかってしまえば、あるいは、それに関連してだんなさんも感染予防した方が良いわけですけれども、50%の発生頻度でかかる、こうなったものについては、やっぱり無料で接種できるように全額補助とすべきだというふうに思います。
 例えば江戸川では3,000人と見ているんです。江東区で4,400人、人口規模が違いますから。でも、江戸川と足立では江戸川の方が人口多いですね。そこでも3,000人の接種対象と見ているんですが、この足立区、今回の予算措置というのは何人で対象を見ているんでしょうか。
◎保健予防課長 接種対象者数としては1万5,300人でございます。
◆鈴木けんいち 委員  ちょっと多目に見過ぎているのかな。これだけの予算措置があれば、これ全額補助にしても十分実施できますし、それから、都から来る補助は、やっぱり区が実施する分の半額補助だと思いますから、これ十分、予算的にも、そういう適切な対象人数で見れば、できるんではないかというふうに思いますけれども、いかがでしょうか。
◎保健予防課長 江戸川区と、そして、江東区等は、基本的には、私が聞いておりますところでは、東京都が7万人から8万人見込んでいるというところを想定して区の比例按分でつくったというふうに聞いてございます。私ども、東京都にも確認いたしましたが、あらあらの見込み数であると、ですから、区独自の考え方で算定をしてくださいというところを確認してございます。そして、区独自の考え方に基づきまして、今回の数字を計上してございます。
◆鈴木けんいち 委員  最後に、お聞きしますが、これ見込み数よりも少ない接種者で終わった場合には……期限もあるわけですから。その場合に余ったお金はどのようになりますか。
◎衛生管理課長 不用額で残れば、これ額によりますけれども、減額補正という形で、また議会の方にご提案させていただくということになろうと思います。
◆長井まさのり 委員  今この風しんにつきましては都内や区内でも大変流行しているということで、特に20代から40代の男性ということで報道もありましたけれども、我が党としましても、この3月21日に緊急の要望書も提出をさせていただいた次第でございます。
 先ほど対象者数で1万5,300人ということで、ちょっと確認ですけれども、想定の接種者数というのをもう一度教えていただけますか。
◎保健予防課長 対象者数と申し上げましたのは、接種者数ということで申し上げました。それで、その内訳でございますけれども、19歳以上49歳以下の女性につきましては、基本的に14万4,151人が人口でいらっしゃいますけれども、まず妊娠を希望、予定する方というのを65%の方、そして、その中で接種が済んでいない未接種の方が4割程度いらっしゃるということで、そして、接種そのものをお申込みされる方が4割程度ということで、1万4,000人余りの方でございます。
◆長井まさのり 委員  わかりました。あと、妊娠をしている女性の夫、ご主人ということで、19歳以上、対象者数は6,100名ですか。この想定者は763とするのは、これはどういう基準で数字を出したんでしょうか。
◎保健予防課長 基本的に予防接種を夫の方が希望されるというところを5割程度、そして、接種率は、先ほどの男子は接種ができていない時代というのが相当ございまして、それから、予防接種の変更等もございますことから、未接種率を100%というふうに想定しまして、最終的に接種する方は25%の方が接種するということで760名余りでございます。
◆長井まさのり 委員  わかりました。その接種する方が想定人数を超えてきた場合は、どうなりますか。
◎保健予防課長 実施状況の経過等をしっかりと把握しながら、必要な財源の確保に努めてまいりたいと思っています。
◆長井まさのり 委員  わかりました。また、最後になりますけれども、この周知の方法についてはいかがでしょうか。
◎保健予防課長 今回議決をいただきましたら、ホームページでまず掲載いたします。それから、4月10日号になりますが、広報でお知らせいたします。それと合わせて、ポスター、チラシを、医療機関、そして、各保健総合センター、住区センター等に配布、掲載をお願いいたしまして、広く必要な方に受けていただけるように周知を図ってまいりたいと思っています。
○鴨下稔 委員長  他に質疑はございますか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○鴨下稔 委員長  質疑なしと認めます。
 それでは、各会派から意見をお願いいたします。
◆くじらい光治 委員  可決でお願いします。
◆前野和男 委員  賛成です。
◆鈴木けんいち 委員  賛成です。
◆鈴木あきら 委員  賛成です。
◆ただ太郎 委員  賛成です。
○鴨下稔 委員長  それでは、これより採決をします。
 本案は、原案のとおり可決すべきものとすることにご異議ありませんか。
      [「異議なし」と呼ぶ者あり]
○鴨下稔 委員長  ご異議ないと認め、原案のとおり可決すべきものと決定をいたしました。
 以上で総務委員会を閉会いたします。
      午後2時02分閉会