議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 足立区

平成25年 1月29日議会運営委員会−01月29日-01号




平成25年 1月29日議会運営委員会

      午前9時58分開会
○加藤和明 委員長  おはようございます。ただいまより議会運営委員会を開会する。記録署名員を指名する。くじらい委員、たきがみ委員、よろしくお願いする。


○加藤和明 委員長  第1回足立区議会定例会の招集日について。
◎区長 2月21日木曜日でお願い申し上げる。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、第1回足立区議会定例会提出案件等について。
◎総務部長 1ページをご覧いただく。第1回定例会の提出案件である。1番、平成24年度足立区一般会計補正予算(第5号)。2番、平成24年度足立区国民健康保険特別会計補正予算(第2号)。3番、平成24年度足立区介護保険特別会計補正予算(第3号)。4番、平成24年度足立区後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。いずれも先議でお願いする。5番、平成25年度足立区一般会計予算。6番、平成25年度足立区国民健康保険特別会計予算。7番、平成25年度足立区介護保険特別会計予算。8番、平成25年度足立区後期高齢者医療特別会計予算。いずれも平成25年度当初予算である。9番、足立区新型インフルエンザ等対策本部条例。新型インフルエンザ等対策本部を特措法に基づき設置するために条例をお願いするものである。10番、足立区職員定数条例の一部を改正する条例。職員定数を50名減ずる改正である。11番、足立区職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例。特殊勤務手当に関する手当の額の改定並びに廃止を伴う規定整備である。12番、足立区事務手数料条例の一部を改正する条例。13番、足立区住民基本台帳カードの利用に関する条例。15番、足立区印鑑条例の一部を改正する条例。6月から行うコンビニ交付の実施に伴う条例の改正である。14番、足立区立図書館条例の一部を改正する条例。常東コミュニティ図書館の廃止と東京電機大学内の図書受付窓口の設置に伴う条例の改定である。16番、足立区勤労福祉会館条例の一部を改正する条例。外部委員を含む指定管理者評価委員会の設置をするために条例の一部を改正するものである。2ページである。17番、足立区社会福祉法人設立認可審査会条例。事務の移管に伴い社会福祉法人の設立認可の審査会を設置する附属機関として設置するものである。18番、足立区指定地域密着型サービス等の事業の人員、設備及び運営等に関する基準を定める条例。地域主権改革一括法により介護保険法が改正となり、基準等を条例で定める必要があるため提出するものである。19番、足立区生活保護適正実施協議会条例。生活保護適正実施協議会を設置するための条例である。20番、足立区社会福祉法人の助成に関する条例の一部を改正する条例。22番、足立区障害者自立支援給付審査会の委員の定数等を定める条例の一部を改正する条例。23番、足立区障がい福祉センター条例の一部を改正する条例。24番、足立区障がい福祉施設条例の一部を改正する条例。25番、足立区障がい者通所支援施設条例の一部を改正する条例。26番、足立区身体障がい者大谷田ホーム条例の一部を改正する条例。27番、足立区知的障がい者大谷田グループホーム条例の一部を改正する条例。28番、足立区精神障がい者自立支援センター条例の一部を改正する条例。障害者自立支援法が障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律と名称が改まるので条例を改正するものである。21番、足立区ボランティア施設条例の一部を改正する条例。指定管理者の評価委員会を設置するものである。29番、足立区特別区道等に係る移動等円滑化のために必要な道路の構造に関する基準を定める条例。30番、足立区立公園等に係る移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準を定める条例。高齢者・障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の改正、これはバリアフリー新法であり、それぞれ道路の構造に関する基準、あるいは公園施設の設置に関する基準を条例で制定する必要があるためにお願いするものである。31番、足立区が管理する特別区道等の技術的基準に関する条例。32番、足立区が管理する特別区道等に設ける道路標識の寸法を定める条例。33番、足立区準用河川の河川施設等の構造に係る技術的基準を定める条例。34番、足立区営住宅条例の一部を改正する条例。地域主権改革一括法により、それぞれ区で決める必要があるため条例を制定あるいは改正するものである。35番、足立区道路占用料等徴収条例の一部を改正する条例。道路占用料の改定を行うものである。36番、足立区自転車等の駐車秩序及び自転車等駐車場の整備に関する条例の一部を改正する条例。レンタサイクル事業の開始に伴う規定整備である。37番、足立区竹ノ塚駅公共駐車場条例の一部を改正する条例。竹ノ塚駅公共駐車場の評価委員会の設置である。38番、足立区立公園条例の一部を改正する条例。都市公園法の改正に基づき、建ぺい率、あるいは占用料の改定を行うものである。39番、足立区関原の森・愛恵まちづくり記念館条例及び足立区まちづくり工房館条例の一部を改正する条例。関原の森・愛恵まちづくり記念館及びまちづくり工房館について評価委員会を設置するものである。40番、足立区住宅・建築物耐震助成条例の一部を改正する条例。工事種目の統合に伴い、建築物耐震助成条例の一部を改正するものである。41番、足立区景観条例の一部を改正する条例。地域主権改革一括法により景観法が改正になり、条ずれが発生したので改正するものである。42番、43番、いずれも特別区道路線の認定について。44番、特別区道路線の廃止について。45番、46番、いずれも債権の放棄について。区営住宅使用料債権の放棄である。47番、損害賠償の額の決定について。先議でお願いする。48番、足立区附属機関の構成員の報酬および費用弁償に関する条例及び足立区こども未来創造館条例の一部を改正する条例。ギャラクシティ指定管理の運営評価委員会の委員の報酬の改定である。49番、足立区立小学校及び中学校の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例。こちらも障害者自立支援法の名称変更に伴う規定整備である。50番、足立区における保育の実施等に関する条例の一部を改正する条例。神明町保育園の民営化に伴う廃止、新田三丁目なかよし保育園の新設に伴うものである。先議でお願いする。報告1、専決処分した事件の報告について。損害賠償である。諮問1、人権擁護委員候補者の推薦について。人権擁護委員の新規1名を推薦するものである。5ページ、提出予定案件である。1番、足立区国民健康保険条例の一部を改正する条例。保険料率の改定を予定しているものである。以上である。
○加藤和明 委員長  続いて、平成25年度各会計予算概要・組織定数の概要説明について。
◎政策経営部長 別冊の予算編成のあらましをご覧いただく。平成25年度予算の編成状況である。平成25年度予算については、「確かな明日のために 今、さらなる挑戦」と名づけさせていただいた。113ページをお開きいただきたい。当初予算の規模である。一般会計は2,586億円、前年度より150億円、6.2%の増額である。これは、鉄道立体化の本格実施や小・中学校の改築など、区にとって重要な投資的事業の経費を増額したことが主な要因となっている。国民健康保健特別会計は846億円、前年度より7億円、0.8%の増額である。介護保険特別会計は452億円、前年度より23億円、5.3%の増額である。後期高齢者医療特別会計は119億円、前年度より5億円、4.5%の増額である。特別会計を含めた全会計の総額は4,003億円で、対前年度比4.8%の増となっている。続いて、平成25年度の組織定数について説明する。次第の7ページをお開きいただく。基本的な考え方として3点ご説明を申し上げる。1点目は、公共サービスへの需要の多様化増大の一方、扶助費の伸びや公共施設更新経費増加等に適切に対応するため組織の選択と集中を進めるという点である。続いて、組織については足立区第二次重点プロジェクトを着実に推進するとともに、外部化の積極的推進など、改革を進めて持続可能な行財政運営を図る体制整備に取り組んでいる。続いて、定数については定員適正化指針の目標を着実に推進し、人的資源の効率的な配分を目指している。続いて、主な組織編成についてご説明させていただく。1点目は改革を推進するため政策経営部の組織再編を実施する。戸籍業務の効率化や窓口の総合化の推進のため、区民部組織の再編を行う。基礎学力の定着向上等、幼児教育推進のため教育次長を新設する。続いて8ページ、定数についてである。地域主権改革に伴う権限移譲に対応、及び障害者自立支援法の改正への対応の措置、また、学校施設整備を実施する上で技術職員の強化を図らせていただく。今回の査定の結果、25年度の定数は3,438名で、対前年度比50名の削減、28年度を目標年次とする定員適正化指針の削減目標に対して73.4%までの達成が見込まれている。引き続き組織定数の精査に取り組んでいく。以上である。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、第1回足立区議会定例会の会期について。
○渡辺ひであき 議長  2月21日木曜日から3月27日水曜日までの35日間とする。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、平成24年度補正予算の審議方法について。
○渡辺ひであき 議長  平成24年度足立区一般会計補正予算(第5号)、平成24年度足立区国民健康保険特別会計補正予算(第2号)、平成24年度足立区介護保険特別会計補正予算(第3号)、平成24年度足立区後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)。以上4議案は、第3日目の本会議において、所管の総務委員会に付託して審査する。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、平成25年度予算の審議方法について。
○渡辺ひであき 議長  平成25年度足立区一般会計予算、平成25年度足立区国民健康保険特別会計予算、平成25年度足立区介護保険特別会計予算、平成25年度足立区後期高齢者医療特別会計予算。以上4議案は、予算特別委員会を設置し、本特別委員会に付託して審査する。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、予算特別委員会の構成等について。
○渡辺ひであき 議長  特別委員会の設置について。第3日目の本会議で、議長発議により設置を諮る。構成人員について。参考として、平成24年予算特別委員会委員数がある。今回は、自民党が17名のところ9名、公明党が14名のところ7名、共産党が7名のところ3名、民主党が3名のところ2名、みんなの党が2名のところ1名、無会派が2名のところ1名、計23名としたい。審査日程について。6日間とする。正副委員長の選出について。従来どおり委員会での互選で行うこととする。特別委員会委員の氏名報告について。2月14日木曜日までに、別紙報告書により事務局へ報告願いたい。以上である。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、全員協議会の開催について。
○渡辺ひであき 議長  1月30日午前10時から、平成25年度予算概要説明を行う。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、一般質問の通告締切日等について。
○渡辺ひであき 議長  一般通告締切日は2月15日金曜日正午まで、請願締切日は2月12日火曜日、会期中請願締切日は3月21日木曜日とする。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、次回議会運営委員会の招集日について。2月20日水曜日午前10時とするので、よろしくお願いする。


○加藤和明 委員長  次に、第1回足立区議会定例会の会議日程(案)について。
◎区議会事務局長 18ページ、19ページである。平成25年第1回足立区議会定例会会議日程の案である。1月30日、全員協議会10時、2月20日、議会運営委員会10時、各派幹事長会・広報委員会10時30分。21日、22日、25日、本会議1時。26日、総務委員会10時、27日、建設委員会10時、文教委員会1時30分。28日、議会運営委員会10時、各派幹事長会10時30分、本会議1時。3月4日、予算特別委員会9時30分。5日、7日、8日、11日、12日、予算特別委員会10時。13日、区民委員会10時、産業環境委員会1時30分。14日、厚生委員会10時。21日、交通網・都市基盤整備調査特別委員会10時、子ども施策調査特別委員会1時30分。22日、災害・オウム対策調査特別委員会10時、生活保護・高齢者生きがい対策調査特別委員会1時30分。26日、議会運営委員会10時、各派幹事長会10時30分。27日、本会議1時。以上である。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、陳情の審査についてを議題とする。受理番号9 足立区議会の委員会における インターネット中継の実施に関する陳情、前回継続であるが、状況に特段の変化がないので、本陳情については、特に質疑等がなければ継続審査とさせていただきたいと思うが、ご異議ないか。
      [「異議なし」と呼ぶ者あり]
○加藤和明 委員長  ご異議ないと認め、継続審査と決定する。


○加藤和明 委員長  次に、平成25年度議会運営予算の内示について。
◎区議会事務局次長 20ページをご覧いただきたい。25年度の議会運営予算について。内示である。四角い枠の中の合計欄をご覧いただきたい。24年度の当初予算額が8億5,100万円余である。25年度の内示額は、8億2,100万円余で、マイナス2,900万円余である。主な増減の内訳は、下の1、2、3に記載されているので、ご覧いただければと思う。以上である。
○加藤和明 委員長  ご了承願う。


○加藤和明 委員長  次に、その他、何かあるか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○加藤和明 委員長  以上で、議会運営委員会を閉会する。
       午前10時12分閉会