議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 足立区

平成25年 1月24日交通網・都市基盤整備調査特別委員会−01月24日-01号




平成25年 1月24日交通網・都市基盤整備調査特別委員会

      午前9時58分開会
○ほっち易隆 委員長  ただいまから交通網・都市基盤整備調査特別委員会を開会いたします。



○ほっち易隆 委員長  はじめに、記録署名員の指名をさせていただきます。
 佐々木委員、伊藤委員、お願いいたします。



○ほっち易隆 委員長  続きまして、交通網の整備及び誘致促進並びに都市基盤整備に関する調査研究について、報告事項、バス路線の新規運行について、以上1件を都市建設部長から、竹ノ塚駅付近鉄道高架化の取り組み状況について、こちら1件を鉄道立体推進室長から報告をいただきます。
◎都市建設部長 1ページをお開きいただきたいと思います。
 バス路線の新規運行についてでございます。
 1の運行系統、概要でございますけれども、(1)北千住駅東口(電大口)から柳原病院・東京未来大学方面ということでございます。運行日、運行間隔等については記載のとおりでございます。
 もう1ルートが、(2)のとおり、同じ東口、電大口から南千住駅東口までということでございます。
 それぞれ右側の図面にございますように、(1)の路線が実線で示した路線でございます。(2)の路線が点線で示した路線でございます。
 2のバス事業者は、京成バスでございます。運行開始は25年3月下旬を予定しております。
 周知方法ですが、ホームページ、回覧板のほか、バス事業者が停留所の標柱に周知文を掲示する予定でございます。
 今後も、足立区総合交通計画のバス路線の整備につきましては、早期実現に努めてまいります。
◎鉄道立体推進室長 3ページをお願いいたします。
 竹ノ塚駅付近鉄道高架化の取り組み状況について、1番でございます。東京都の連続立体交差事業促進協議会による要望書の提出についてでございます。
 昨年12月26日、国土交通省国土交通大臣ほか関係所管のところに要望書を提出してまいりました。
 要望者につきましては、協議会の会長でございます足立区長名でございます。
 要望内容につきまして、アの方は、連続立体交差事業の周知を集中的かつ継続的な投資のため、所要の措置をすること。
 イの方が、連続立体交差事業の特性にも鑑み、優先的に連続立体交差事業に予算を確保していきたいというような国土交通省の考え方がございまして、支援スキーム等についての検討をすること、といった要望内容とさせていただいております。
 2番目、竹ノ塚駅付近鉄道高架化促進連絡協議会による要請活動について、これは足立区の方でございます。国土交通大臣に対しまして、1月31日に実施いたします。時間については、今調整中でございます。よろしくお願いいたします。
 それから、3番目、特別区都市計画交付金算定要領の変更についてでございます。
 これまで都施行の事業における区負担経費のみ算定されていた連続立体交差事業について、区施行の経費についても追加算定されることとなりました。追加された算定内容につきましては、連続立体交差事業の区施行事業でございます。
 4ページの上に計算式が書いてございます。この計算式で計算いたしますと、(2)の歳入予定額、竹ノ塚駅付近連続立体交差事業がこれに該当するわけですけれども、平成24年度当初予算ベースで算定をいたしますと、交付予定額が約8,600万円ということでございます。
  (3)事業全体の歳入予定額でございます。平成24年度から32年度事業完了までの都市計画交付金の交付予定総額につきましては、約12億円になる見込みでございます。
 問題点・今後の方針でございます。鉄道事業者との連携、国と都の積極的な協力を得て、早期の完成を目指してまいります。それから、着実な事業の進捗に向けて、国庫補助金等の財源確保に努めてまいります。
○ほっち易隆 委員長  それでは、質疑に移らせていただきます。
◆白石正輝 委員  1ページのバス路線ですけれども、せっかく決めたことですから異論があるわけではないですが、ただ、(1)については、千住の常東地区の利便性というのを考えると、そうなのかなと思いますけれども、(2)について、同じ路線を走っていって途中から南千住に入っていくんだよね。南千住に入っていって、最終は南千住駅ということなんですが、足立区にとって考えると、これが本当に必要な路線なのかなと。しかも、1時間に1本しか走らないということは、利用者にしてみると、ほとんどバスが来ないことに加えて、最終的に行くのは北千住から南千住ですから、そういう意味でいうと、使い勝手の悪い路線になるのかなと思うんですね。
 このことについては、どういう話だったのですか。
◎交通対策課長 当初、京成バスとの話の中で、この柳原病院方面と南千住方面、同じ1系統で京成は考えたいという話がありました。もともと京成の方としては、この南千住と北千住、ここを結びたいと。それが第一条件の中で、我々の方としては、総合交通計画に位置付けた柳原病院、これは是非入れてくれという中で京成と交渉した結果、最終的に南千住方面と柳原ということで2系統になった経緯があります。
◆白石正輝 委員  使い勝手の悪いバス路線ですと、せっかくつくったのに乗る人がいないから廃止ということは、今まで往々にしてあったんですよね。せっかく走らせたけれども乗降客が少ないので廃止という形のことが今まであったわけですから、これはちょっと使い勝手が悪い路線なのかなということを、私ら議会ではとりあえず指摘しておきますから、後で簡単にやめないように、やめるときに必ず反対運動が起こるんですよ。つくるとき反対運動は起こらないんですよ。廃止するときには必ず反対運動が起こるの。それを廃止することにあなたたちが提案して議会で賛成すると、賛成したのは議会、与党じゃないかということで私たちが常に責められるという立場にありますので、そういうことが往々にしてあるから、慎重にこのことについては、議会側からもそういう意見があったということも頭に入れながら運行していただきたいなと思います。
 もう一つは、竹ノ塚の立体化ですけれども、前回の交通網・都市基盤整備調査特別委員会でも言いましたけれども、幸いにして、というよりは賢明な国民の皆さん方のご判断で、再び我が党と、公明党が連立政権をつくることになって、あのときは、なのかなという話でしたけれども、現実、マスコミ報道のとおり、東京12選挙区の太田氏が国土交通大臣になられたということで、すぐに私もいろいろと、個人的なおつき合いもしていますので、本人に、何としても1月中に陳情を受けてくれということをお話した結果が、この1月31日ということになったと思います。
 自民、公明の連立政権では、政党にあいさつに来なきゃ大臣に合わせないよなんて、そんな冷たいことを言いませんから、直接大臣に折衝してきて、私も、国土交通大臣、行く理由はわかっているんだろうね、あんまり説明しないよと言ったら、うん、わかっているから説明しなくても大丈夫だというふうに言っていますので、国土交通大臣が今太田氏ですから、できるだけ先を見込んだ形の約束を取りつけたいと。
 というのは、これから本工事になると、相当の費用がかかっていって、しかも長い年次に渡ってかかってくるんですね。毎年毎年、予算つくのかな、つかないのかななんて考えていたのでは、この仕事は先に進みませんから、そういう意味ではしっかりと複数年次に渡るような形の予算獲得ができるように、皆さん方も事務的な折衝、私たちは地元と議会と行って、そういう意味の折衝はしていきたいと思いますけれども、複数年次にかかるような予算獲得、予算というのは単年度予算ですけれども、そういうのは可能なのかね。
◎鉄道立体化担当課長 今白石委員ご指摘のとおり、我々にとっても、今年後半から本格的に工事着手させていただいて、来年度以降は是非軌道に乗っけて、事業費も大幅に増えてくるところでございます。そのためにも、複数年次の予算を国の方に確保するというのは、国債をとるとか、そういった手続等がありまして、非常にハードルが高いと伺っております。
 ただ、要望活動の中では、そういった今後の予定に沿った計画的かつ継続的に安定的に予算を確保していただくように要請していくつもりでございます。
◎竹の塚整備推進課長 今鉄道立体化担当課長お話したとおりですが、複数年次の財源の確保、継続的な財源の確保が、当事業にとっても委員ご指摘のとおり不可欠なものと考えております。
 いただいた予算、当年度のみで執行というよりも、国からも例えば2カ年に渡る繰り越し等で使ってはどうかというご提案もいただいておりますので、そういったことも技術的に踏まえながら要請等させていただきたいと思っております。
◆白石正輝 委員  実際問題として、これから相当の予算がかかっていくわけですから、毎年毎年、来年は大丈夫かな、来年は大丈夫かななどということでは安定した建設はできませんので、私どもも議会として努力はさせてもらいますけれども、執行機関側もそのつもりで、今後の折衝等の努力をしていただきたいと思います。これは要望です。
◆くじらい光治 委員  ちょっと聞きたいのですが、竹ノ塚駅、去年の11月4日に起工式があって、地元の方々は相当喜んで、今年からいろいろ本格的な工事が始まるんでしょうねという期待感が凄くあるんですけれども、具体的にいつ頃から、どのようなところから工事を始めるということになっていますか。
◎鉄道立体化担当課長 11月4日に起工式を開催させていただいて、同日付をもって工事着手とさせていただいているところですが、現在、鉄道の高架橋をつくるに当たって、非常に大規模な基礎構造物等をつくる関係から、影響する範囲内の家屋の調査を今現在させていただいております。
 その家屋調査が終わり次第、鉄道敷を一時的に確保するための仮道の付替え工事等に2月ぐらいから入っていきたいと考えてございます。
◆くじらい光治 委員  家屋の調査というのをやっているというお話ですけれども、いろいろ地域の方々から、金額的にこうだよ、ああだよという話が出ていますが、大踏切のビルとか、14号線とか、261号線とか、どうなっているんだろうなと凄く心配しているんですけれども、その辺の進捗状況はどうなんですかね。
◎用地取得担当課長 今鉄道立体化担当課長が言った調査というのは、工事に関わる影響に対する調査ということで、今回買収する部分については、基本的には工事に関わる調査については多分行っていないと思います。買収するところに関しては、その補償するための調査は、今7割程度は終わっているところでございます。今積算も進めていますけれども、一部既に交渉には入ってございます。
 ただ、なかなか合意のところまでまだ至っていませんので、合意ができれば、またご報告をさせていただきたいと思ってございます。
◆くじらい光治 委員  交渉事ですから、土地のように一生持っているものを動かすということになると、いろいろ個々の事情があるから大変なことだろうと思いますけれども、是非しっかりと、地域の方々が要望しているところがありますので、その辺をしっかりと受け止めて、ちゃんとできるようにしていただきたいと思います。
 噂によると、西側の都営住宅の辺りから仮道をつくって工事をやるという話を聞いていますが、今説明した2月頃から始まると理解していいんですか。
◎鉄道立体化担当課長 2月から予定しておりますのは、駅の西新井の方にそれぞれUR団地と都営住宅が沿線にありますけれども、そこの土地の一部を借用させていただいて、そこに仮の道路を付替えていくような工事を予定しております。
 そのほかに、駅の西口辺りの駅舎の階段の付替え等も含めまして、下り線の急行線の高架橋のスペースを確保していく予定でございます。
◆くじらい光治 委員  そうすると、東西の側道というのかな、あれがありますよね。あれを少しどこか湾曲というか、URと都営住宅の方に少し入っていくという理解でいいんですかね。
◎鉄道立体化担当課長 くじらい委員おっしゃるとおりです。
◆くじらい光治 委員  今のお話ですと、下り急行線の工事が始まるとなると、一番の問題は西口の駅前広場なのかなと思うんですよ。今の状態でも、凄く朝晩のラッシュ時には、バスとかタクシーとか、それから送り迎えの車が凄く入ってきて、よく事故が起きないな、人身事故が起きないなというぐらい大変なところですけれども、バス路線などはこれから工事になったら入れなくなるのかなと思いますが、その辺はどうですか。
◎鉄道立体化担当課長 ただいまくじらい委員ご心配のとおり、竹ノ塚の西口の広場につきましては、現在でも、バスが入ったところはターンテーブルを使用しないと単独では転回できないぐらい狭い空間でございます。
 この西口広場には、工事期間中の駅の東西の通行を確保するために、地下の通路をつくる予定でございまして、それの出入口が出てきてしまいます。また、先ほど申し上げたとおり、下りの急行線の高架橋も一部はみ出てくるような状態になってございますので、いずれターンテーブルが使えなくなる状況でございます。
 そのために、現在、西口広場に代わるバスの運行可能なルートについて、バス事業者や警察と検討を進めているところでございます。
◆くじらい光治 委員  それはいつ頃から始まるかあれですけれども、始まる前にその辺の路線を確保して、地域の人、いわゆる利用者、埼玉県の方からも来るし、入谷の方からも来るし、結構路線がありますよね。その路線の方々に周知徹底しないと、西口の道路自体もそんなに広い停留所があるわけじゃないので、その辺をこれから考えていくということはあるのですか。
◎鉄道立体化担当課長 くじらい委員ご指摘のとおり、実際利用される方とか地元の方にも、いろいろと周知を図っていかなければならないところでございます。
 現在、代替ルートにつきましては、まだ検討中ということで、ちょっと報告できる段階にはございませんが、時期につきましては、工事の進捗状況にもよりますけれども、概ね26年の4月には西口広場でのバスの運行が難しくなるというふうに考えてございますので、それまでには代替ルートをつくっていきたいと考えてございます。
◆くじらい光治 委員  そうなると、来年の4月ということかな。その1年間の間にいろいろ工事があるでしょうけれども、西側に下り車線をつくる、急行線をつくるとなると、今エスカレーターとエレベーターが付いている階段がありますよね。それも少し広場の方にはみ出してつくるというふうに理解していいんですかね。
◎竹の塚整備推進課長 最終的にはそのような形になってまいりますが、極力ご利用される方々のご不便が生じないようにやっていきたいと思っております。現在、今鉄道立体化担当課長が話しましたとおり、警察や東武バスとも、どのような形でいつ頃から工事をやっていこうかというスケジュール、具体のものを、また位置関係のものも含めて調整させていただいております。
 方向性等出てまいりましたら、速やかに利用されている方々や、また委員の皆様にもご報告させていただきたいと思っております。
◆くじらい光治 委員  それで、地下道を工事するという話ですよね。来年あたりから工事が始まるんでしょうけれども、地下道を削るとなると、昼間の時間はなかなか工事が進まないのかな、夜の時間になるのかなという話だと思うんですよ。
 そうなったときに、大型の車や、掘削機などの重機が入ってくるのかなと思いますけれども、その辺地域の方々にお知らせとか、そういうのはこれから考えていくのですか。
◎竹の塚整備推進課長 説明会の中でも、先だって昨年10月に工事の説明会を開催させていただいておりますけれども、具体にどのような形でと、住民の皆さんもご心配になっている点でございます。近隣の皆様も含め、工事がいつ頃からどういう形でというものは、看板等の設置、必要に応じてチラシ等も使いながら周知等図っていきたいと思っております。
◆吉岡茂 委員  バス路線のことについて何点かお尋ねいたしたいと思います。
 まず、1番の(1)、先ほどの白石委員の発言にも若干重なる部分がありますが、運行時間帯が概ね7時から16時台ということになっていまして、六木から足立区役所方面に向かってくるバスも、六町を通過するのが最終で17時17分ぐらいなんですね。そうすると利用者は、役所の開いている時間だけのために走らせているのかなとか、様々な声が聞こえてくるのも現実でございまして、何でこれ16時台で終わってしまうのか。
 それから、休日は運休ということですから、どうしてこの休日を運休にするのかということが1点。同様の質問で、南千住へ行くルートでも同じことが疑問なんですが、何で休日運休なのか。
 それと、料金ですけれども、特に(2)の電大口から南千住というルートが、足立区と荒川区をまたぐ場合200円ということですから、昨日課長に説明に来てもらって、何でだろうなどと雑談の中ではしましたけれども、その辺の料金の設定の仕方。例えば料金前払いなら、乗るときにどこまで乗っていきますと運転手に言って料金を決めるのか、それとも料金は後払いで、整理券かなんかをもらって降りるときに支払いするのか、その辺のことについてお聞かせいただきたいのですが。
◎交通対策課長 まず、北千住東口から柳原病院方面については、地域の方から、病院に行きたいよと、足がないという中で、京成と交渉した中で、まずは病院の開業時間、朝の受け付け時間から夕方の時間ということで、まず7時から4時台で時間を設定したいという話がありました。
 なぜ日曜日にやらないかといいますと、月曜日から土曜日まで病院はやっていますが、日曜日はやっていないという中で、当面は月曜日から土曜日の中で見たいと。地域要望の方から、病院以外の利用者、日曜日も使いたいという声が来れば、京成の方も、逆に日曜日、祝日も増やす方向を考える、まずはこれでちょっと様子を見たいというのが京成の考えでございます。
 それと、同じく南千住方面についても、平日の利用度を見て、先ほど白石委員の方からありましたが、平日の利用を見て、休日も多いということであればそっちの方も伸ばしたいと。
 それと、料金につきましては、荒川区内のコミュニティバスは150円なんですよ。150円になっていますので、料金体系、利用率が低い六木、八潮方面のバス、あれも乗るときに運転手がどこへ行くのと。八潮の場合については、手前で操作してお金を増やすということになっています。今回も、一応京成の方としては、乗るときに聞いた形の中で、またぐ方については200円というふうに聞いております。
◆吉岡茂 委員  柳原病院の運営母体がどうのこうのと言うつもりはないけれど、普通の人が今の説明を聞いたら、ちょっと詳しい人は、そのためだけにやっているんじゃないのと思われてもおかしくないような話なので、その辺はしっかりときちんと、もう少し説明の仕方を考えた方がいいと思うし、それからさっき言ったように、5時10何分に六町駅最終便などというのは非常に使い勝手が悪くて、地域でも利用される方はほぼいません。
 そういったことも、バス会社の方としっかりと連携し、精査して、それで話を進めていただくことが望ましいと思いますので、これは要望にとどめておきますけれども、よろしくお願いいたします。
◎都市建設部長 いずれにいたしましても、地域の皆さんにとって使いやすいバスとなるように、地域の皆さんの声を大事にしながら、バス業者と調整していきたいと考えております。
◆小泉ひろし 委員  今のバス路線網についてちょっと伺います。
 確かに1時間に1本程度というと、もっと便数をと思いますけれども、この柳原一丁目とか、足立区の東武堀切に近い方々というのは、本当に交通不便というか、大変な状況なんですね。今回、病院も東京未来大学もあって、事業者もある程度採算のことを考えて、このようなことを決定したかと思いますが、先ほど交通対策課長からもお話があったように、荒川区側、本来荒川区は荒川区でいろいろなバス路線網を考えていたわけですけれども、この汐入ですよね、この反対側というと。この汐入大橋を通って北千住と南千住を結ぶ、なおかつそれぞれの住民にとって、袋の先端というか、本当に不便な地域、汐入も南千住の駅から歩くとかなりの時間がかかります。昔はここに日紡とかあったり、現在でも産業技術高等専門学校の学生がここまで通学しているんですね。
 区が違うので、はるかぜの区からの補助の仕方も違うので、料金体系も一貫して、荒川区側ではシルバーパスを使えないとかいろいろあって、両区にまたがるということは、足立区の中だけで運行するのとは違うと思うんですが、これは荒川区の住民もかなり期待しているんですね。私のところにも、北千住側とつながるということは非常に便利だと。
 汐入側というのも、まち並みががらっと変わりましたし、また、千住曙町から汐入大橋を渡りまして、今のところ既存バス停としてはフロンティアシティとか、東京リバーサイド病院とか既存バス停が書いてございますが、この汐入大橋を渡ってから、墨田公園というか、隅田川沿いに浅草方面へ向かっている方もいらっしゃるんですよ、自転車だとか、通勤だとか。こういうことで期待の声もありました。
 ただ、1時間に1本ということは、これは最初の段階としてしようがない、利用者が多くなれば事業者はもっと考えるかと思いますが、足立区のはるかぜの路線網でも、運行当初は1時間に1本というところが、いまだにそれに近いところもあるかと思いますが、こういうことも考えると、それぞれの交通不便地域の住民にとって、また双方に通勤通学する人にとっても、交通手段が増えるんじゃないかなと、私もそういうところへ期待したいなと思っております。
 そこで、足立区側の新設バス停の設置予定箇所というのは白丸でくくっていますが、荒川区側が既存バス停のみ記載されておりまして、例えば汐入大橋渡った近くとか、フロンティアシティへ行かないまでの間とか、このような新規の荒川区側のバス停の設置なんかも今後あり得るのか。それによって、荒川区民というより足立区民がより利用しやすくなるといったことも可能性があるんじゃないかと思いますが、いかがでしょう。
◎交通対策課長 荒川区側については、もともとの京成のコミュニティバスのバス停を今使っています。今委員おっしゃられるように、今後、この汐入大橋を通って、途中区間、利用者の方から、ここら辺にバス停が欲しいよと、そういう要望が出てくれば、設置場所のいろいろな条件がありますけれども、そういう中でバス会社の方としては検討することは可能かと考えています。
◆小泉ひろし 委員  これは我が党の荒川区の議員とも少し意見交換したことがありますが、やはり汐入側というのは、まち並みが随分変わってきましたけれども、足立区側というか、千住側とのアクセス、こういうものが実現すれば非常にありがたいというようなニュアンスも、全てを語っているわけではないと思いますが、そういう意見もいただいたりしております。
 一番良いのは、便数が増えるように利用者が増えることが一番望ましいと思いますが、その辺も参考にしていただきたいと思います。
◆伊藤和彦 委員  私もバス路線についてお伺いしたいのですが、使い勝手が悪いという話もありましたけれども、これは以前から、計画が出る前から地元でかなり運動がありまして、柳原のところにバスを通してほしいということでしてきたわけですね。
 ところが、私、地元の人に聞いてみたら、この電大通りからすぐ荒川区の方に行くコースになっているんですけれども、実は柳原二丁目を左に曲がって、ここの二丁目、一丁目の人が非常に交通便が悪いということで要請があったやつで、当然、区民の交通権、これは保障する必要があるので、こういうふうにできたことは私は良いことだと思っています。
 それで、一つ、先ほど吉岡委員の方からも出ていた日曜日運休するという点と時間の問題ですが、日曜日も運行する、あるいは時間ももう少し延ばすということは、交渉はできないことはないと思いますが、この点はどうですか。
◎交通対策課長 当初、柳原病院方面のバスも、京成については月曜日から金曜日という話がありました。ただ、土曜日は、当然病院もやっている中で、何とか土曜日まで延ばしたという経緯があります。
 日曜日については、平日であれば東京未来大学の学生も時間帯に乗るよと、日曜日については疑問の部分があるので、日曜日についてはまずは様子を見ますというお話であったんです。
 あと運行時間帯については、先ほど吉岡委員の方からもお話がありましたので、これについてはもうちょっと利便性の中で、特に後半、4時台よりもうちょっと増やすことができないか、それは3月の運行までに再度京成の方にお話をしたいと思います。
◆伊藤和彦 委員  確かに病院に行くのに利用する人もいるでしょう。それから、この地域で買い物に行く人もいるわけですよ。あるいは金融機関とか、郵便局とか。
 そういう点も考えれば、これはもう少しバス会社と交渉してやらなければいけないし、それからシルバーパス、これは使えるのですか。
◎交通対策課長 これについては、普通の路線バスと聞いておりますので、確認しますが、使えると思います。
◆伊藤和彦 委員  先ほど足立区内は200円で、荒川区は150円となっていますね。この扱いについては、足立区と荒川区とはどういう話し合いを進めているのですか。
◎交通対策課長 基本的には、これは路線バスという中で、足立区内は通常路線バスは210円、はるかぜについて200円になっています。荒川区内については150円になっていまして、それは荒川区の方としては、走行環境やバス停の整備費及び一部バスの購入費、それを負担するという中で、最終的に京成は150円に決めたと聞いております。
◆伊藤和彦 委員  この辺も、区民に理解できるような方策を考えていただきたい。
 それから、車いす利用者だとか知的障がいをお持ちの方、あるいは体の不自由な方、この人たちが公共交通機関を使うとき、SuicaとかPASMOを使いますね。こういうのも利用できるんですか、そのバスは。
◎交通対策課長 詳細につきましては、再度バス業者に確認しまして、後日委員の方にお伝えします。
◆伊藤和彦 委員  バス会社といろいろ交渉するでしょう。だけど、交通対策課長、吉岡委員からちょっと話が出ましたが、会社側の話ばっかりじゃなくて、足立区はこうして欲しいということをきちっとちゃんと言っているんですか。
 こういう事情でこの地域の方は交通便が悪いので、こういう路線をつくりたいと話しているわけでしょう。そうすると、住民からはこういう要望がありますと、病院にも行きたいし、こういう使い勝手ができるようにして欲しいと、そういった要望は出していないのですか。
◎都市建設部長 バス路線につきましては、足立区の総合交通計画を策定いたしました。それに基づいて、区としてもこういう路線を是非とも整備してくれということを基本に交渉しております。
 したがいまして、特に常東地区につきましては、高齢者の皆様のご利用が多いだろうということを前提に交渉して、ルートを提案させていただきました。
 区としては、是非とも常東地区、区内を重点に置きましたけれども、バス事業者としては、やはり南千住とつなぐことによって、経営も何とか浮くということも聞いておりますので、経営と区の要望と、合わせてバス事業者で最終的に今回こういう決定をしたということでございますので、区の要望につきましては、しっかりと伝えた上で交渉しております。
◆伊藤和彦 委員  確かに路線をつくりましたが、非常に利用が少ないということでは困るので、実はこの間NHKで、日曜日でしたか、サキどりという番組で、デマンドバスといって、山梨の甲州市で、利用率を上げる努力をそのバス会社がやっているんですね。もう一つは、北海道の十勝、ここも高齢者などが利用しやすいようにいろいろ営業努力をしている。つまり、区もバス会社に情報を出す必要がありますが、バス会社自身も、利用率を上げる努力、こういう点は実際やっているんですかね。この点は、どうですか。
◎交通対策課長 当然、バス事業者それぞれ厳しい運営状況と聞いておりますので、この検証を含めて、そういう利用者の視点で社内的に取り組んでいるというふうには聞いております。
◆伊藤和彦 委員  私が言ったのは、先ほど足立の総合交通計画に基づいてという話があったので、この交通計画では、短期路線、それが示されていますよね。短期路線というのは、いつからいつまででしたか。
◎交通対策課長 概ね5年以内でございます。
◆伊藤和彦 委員  それで、これ計画はできたけれども、実際は具体的になかなか進まないというのが実情だと思うんですね。ここで、一つ、柳原の路線ができたと思うんですけれども、この短期路線の次に計画しているものはありますか。
◎交通対策課長 今回の柳原病院方面も、その短期路線に入っておりました。それと、昨年秋に延伸しました博慈会方面、あれもその中に位置付けております。
 それと、今現在取り組んでいる内容としましては、利用率が低い梅島駅から六町、六木方面、これを東武バスとしてはできれば西新井始発に持っていきたいと、それを一応今年度末の目標で、現在東武の方では検討しているというふうに聞いております。
◆伊藤和彦 委員  私、この総合交通計画、非常に期待しました。ところが、担当課長が変ったわけじゃないでしょうけれども、何か区の取り組み姿勢がトーンダウンしているんじゃないかと思うんですけど、そういうことはないですよね。
◎都市建設部長 今回の短期路線に位置付けた路線につきましては、区とバス事業者でよく協議をして、実現可能性の高いものを短期路線に位置付けております。
 課長が異動したから区の取り組みが弱くなるとか、そういうことは一切ございません。私ともども、区としてこの短期路線については何とか実現すべく最善の努力をしてまいるし、現在もしているところでございます。
◆伊藤和彦 委員  是非この総合交通計画、かなり地元の声を聞いて計画化されたものですから、地域の方、住民の方は非常に期待しています。ですから、それに沿うように具体的に進めていただきたいと思います。
 次に、竹ノ塚の問題でお伺いしますが、先ほど特別区の都市計画交付金の算定の検討がありましたけれども、これは東武鉄道が4工期に分けて高架化工事をやるわけですよね。
 それで、総事業費540億円の中で、国が240億円で東京都が100億円でしたか、東武は約90億円負担していると。それに今度の全体の歳入予定額が12億円見込めるということで、そうすると都が負担する分が増えたという理解でいいんですか。そうではないんですか。
◎財政課長 足立区の特定財源が増えたというふうにご理解をいただきたいと思います。足立区の負担する部分についての特定財源、都補助金ではございますが、都市計画税を財源とするものですので、本来であれば市町村の分ということです。
◆伊藤和彦 委員  特定財源として、これだと24年から32年度の中で、8年間特定財源としてくるという理解でいいんですか。
◎財政課長 総事業費540億円のうち、少なくとも特定財源の増として12億円分ぐらい増えるだろうと。都の予算のものもありますので、今復活折衝等やっているところでございますが、その総額にも多少左右されるところがございますので、少なく見ても12億円ぐらいは増えるだろうというお話でございます。
◆伊藤和彦 委員  着実に事業が進むようにしていただきたいし、それから国庫補助金等の財源確保については引き続きやると思いますが、この点についてはどのようにお考えでしょうか。
◎竹の塚整備推進課長 委員の皆様方から、継続的に財源確保という点も強くご指摘されております。私たちとしましても、事業を円滑に進めるために継続的に財源を確保していくよう、引き続き要請活動等を地域の皆様とともに、議員の皆様のお力添えをいただきながら努めていきたいと考えております。
◆伊藤和彦 委員  引き続き、この財源確保については努力をしていただきたいと思います。
 先ほどの質疑で、既にこの問題では地元に入って家屋調査などをやっているということですけれども、4JVで行うことになりましたが、全会派一致して、土木工事なんかで地元の区内業者が活用できるように働き掛けて欲しいということでお願いしていますけれども、この点の具体的な動きというのはありますか。
◎竹の塚整備推進課長 東武鉄道が業者を募集するに当たりましても、区内の建設業協会の方に適時情報等を提供しております。
 また、その後も協力会社として正規参入できないかという点につきまして、区内建設業協会とも通じまして、こういった状況ですよという情報の提供等努めさせていただいているところでございます。
◆伊藤和彦 委員  大変大きな工事ですけれども、区内の業者がちゃんと参入できるような努力もしていただきたいと思います。
 それから、私は竹ノ塚の東口をよく見ているのですが、かつてあったビデオ店とか商店を、更新しないものですから、そのまま閉店になっているわけですね。利用者からは、何で急に閉店になっちゃったんだろうと、素朴な質問が私のところに来るのですが、その点で、あの3階建ての駅ビルの今後の活用の仕方、この点についてお伺いしたいのですが。
◎竹の塚整備推進課長 あの中の店舗等につきましては、今契約の更新をせずに空けており、そこの中については、東武鉄道が今地上部に置いております駅の北側等にあります運行に必要な施設関係、保安関係を行っている方たちの詰所等がありますが、そういうものを入れてくるというふうに聞いております。
◆伊藤和彦 委員  そうすると、駅ビル自体の解体というのは、目処としては何年頃なんですか。
◎竹の塚整備推進課長 先ほどもくじらい委員の方から具体的なスケジュールという話がありましたけれども、今後、あの部分につきましては、北側のところに地下の通路等を設置してまいります。その時期に合わせて解体となりますが、それも部分的なものになってくるというように東武鉄道から聞いております。
◆鈴木あきら 委員  バス路線ですが、これは当然小型のバスでやって、そうは言っても普通のバス路線であるということですが、はるかぜという名称はもともと使わないわけですよね。
 そのときには、区は、はるかぜであれば、バス停の整備だとか、警察との交渉というか、そういったものをやっていくんですが、今回のこれに関しては、全くそういうのはなかったということでいいんですか。
◎交通対策課長 今回なぜはるかぜを使えなかったかといいますと、1路線が川をまたがって荒川区へ行くものですから、はるかぜを使っていないと。
 ただ、もともとこれは計画の中で要望した路線ですので、バス停の走行環境については、今までどおり区の方で整備する。それと、警察についても、区の方で立ち会って、今回、路線のこのバス停についても位置を決定したところで、そういう中では、今までどおり区の方も一緒に汗をかいているような状況でございます。
◆鈴木あきら 委員  そうはいっても、これは2系統というふうに分けられますよね。そうすると、こっちの柳原、東京未来大学の方に関しては、はるかぜという名称を考えることはなかったのか。
◎交通対策課長 当初、先ほどちょっと説明したように、同じ系統で東京未来大学方面と南千住ということで考えていた時点では、はるかぜということはなかったと。その後、最近になりまして、京成の方で系統を分けた部分がありますので、その中でいくと、同じ京成の路線ですので、今現在では通常路線バスということでうちの方は認識しております。
◆鈴木あきら 委員  わかりました。それで、先ほどから何度も皆さんからありますが、休日に関してはないということですけれども、見舞い客とかそういったものは全く関係なかったのかなと。
 そうなると、あくまでも柳原病院の患者のためだけというふうな印象が強く、これだけでとらえちゃうとそうなってしまうので。ただ、見舞い客といっても、休日も使いますよ、一般の方も使いますよということである意味では広く受け取られるのではないかということがあります。
 例えば間隔を延ばしたり、運行本数を減らしてでもいいから、そういったものを今後要請していくという態度で臨んでもらいたいなと思うのですが、それはいかがでしょうか。
◎交通対策課長 京成の方としましては、はじめての路線という中で、通常、土日、祝日までやった場合に、利用率が下がってやめるということよりも、社内的には、まずは月曜日から土曜日やってみて、その後沿線利用者の方から日曜日もやって欲しいということで増やした方が社内的にいいという判断の中で、今回こういう形態を取ったというふうに聞いております。
◆鈴木あきら 委員  まずは、地元の要望がもっともっと強くなっていくということを期待してということでいいですね。それは、夜間の方も当然そういった意味ではお願いしたいと思います。
 ただ、ちょっと気になったのは、電大通り入口というバス停の名称がありますが、この電大通りからは200mぐらい離れているんじゃないかなと思うんですね。そうすると、そういった名称しかなかったのかなと思うのが一つ。
 もう一つは、南千住の方に行くところ、関屋からその後はずっとただ走るだけで、フロンティアシティまで行っちゃうわけですよね。そうすると、例えばこの運行本数が1時間に1本にせよ、柳原や東京未来大学の方に向かうものの中に、例えば交差点を曲がってから橋の手前辺りに1カ所停留所を設けることによって、あの辺高層住宅がたくさん建っていますから、その高層住宅から北千住に行こうとか、高層住宅から南千住へ行こうという足立区民も増えると思うので、例えばその部分でバス停を川の近くにもう一つつくるということは可能だったというふうに思えるのですが、その辺の交渉はどうだったのでしょうか。
◎交通対策課長 足立区側の汐入大橋の手前に当初はバス停を設けたいという気持ちはありました。警視庁の協議の中で、ちょうどこの場所については、車が滞留するという中で、バスを置くと通常の交通の支障になるということがありまして、この周辺については結論的には置けなかったというのが実情でございまして、区側の方もバス側の方も、やはり置きたいということはありました。
 逆にすると、ここに置ければ南千住からその付近に来たバス、そこから東京未来大学に行く方法もありましたので、それは区の方としては考えた部分はあります。ですが、できなかったのが現状でございます。
◎都市建設部長 名称の件です。電大通り入口、これ苦労いたしました。実はほかの名称を考えていたのですが、地名を取るとちょうど町名境にあるとか、施設等の名称についても今後のことを考えるとということで、苦肉の策の悩んだ末の名称でございます。
◆鈴木あきら 委員  とても混乱するんじゃないかなと思います。なぜかと言うと、200m離れているところに入口といったって、ちょっと私には疑問だなと思いますので、違う新しい名称を本当はつくった方がいいんじゃないかなと思います。
 それから、先ほどのバス停、汐入大橋のたもとですね。そちらの方も、例えばバス停を整備する上で、多少の工事が必要かもしれませんけれども、その整備をすることによってバス停がつくれるということは、これは完全に不可能なんですか。多少予算がかかるということがあっても可能なのかどうかというのをお尋ねしたいのですが。
◎交通対策課長 そこら辺も含めていろいろと協議した結果、今の現段階の担当者の方からは、だめとありましたので、今後向こうの担当者も変わればまた考え方も変わる部分もありますので、いろいろと要望の中で考えたいと思います。
◆鈴木あきら 委員  それは強く要望いたします。
 それから、竹ノ塚の方の関係ですが、歳入予定額の方ですけれども、24年度は交付予定額が約8,600万円の見込みであるということですが、これは今年の3月までに向こうから来るという考え方でいいのですか。
 それで、それが来たときにそれに対する支出というのはどういうふうに考えられるのか、ちょっとお尋ねしたい。
◎財政課長 要綱の改正自体が今年度なものですから、今年度の事業費から対象になる。ですから、今年度の事業費を想定すると、このぐらいかなというところで、まだ申請の途中でございます。
◆鈴木あきら 委員  申請して、それが入れば、一応24年中にお金が入ってきて、それを今後の事業費の方にすぐ出せるというふうに考えていいのですか。
◎財政課長 あくまで24年度の執行額に対する特定財源ですので、その分を来年に回すということではなくて、今年度の事業費の特定財源が増えたというふうにご理解いただきたいと思います。
◆浅古みつひさ 委員  先ほどから何名かの方から質問がありましたが、汐入大橋を渡った向こう側のところも、幾つかバス停をもっとつくれないかという話がございましたが、ざっくばらんにぱっと見て、荒川区側に渡ってなぜ左に曲がるのか、この絵を見ているとわからないんですね。景色を見ながら回るというのかな。
 バス停ですから、止まるところだけ関係あるものですから、渡ったときに右折ができないとか、そういう交通事情であるならば何となくわかりますけれども、直接止まるところは決まっているので、普通考えたら最短の路線を行くんじゃないのかなと思います。
 ということで、これを見ながら、新しく止める場所というのを想定されているんじゃないかなと思って私は見ていたのですが、そういうことではないのでしょうか。
◎交通対策課長 基本的には、今の荒川区内を走っているバスルートをベースとしてこういうルートを考えたと聞いておりますが、委員おっしゃるようにこちらのルートを回せば、今後、基本的には、京成は今のコミュニティバスの回る系統をベースにこういう回り方を決めたというふうに聞いております。
◆浅古みつひさ 委員  何を言っているか全くわからない。私が言っていることはわかりますよね。止まるところは決まっているわけですから、どこを通ろうがそこにしか止まらないわけでしょう。ならば、効率よく行くというのが普通の考え方ですよね。何か特別に理由があるのかなと思って僕は聞いたんですね。そういうことではない、どこか止めるところを考えるというか。
◎交通対策課長 浅古委員おっしゃるように、回したことによって、今後、途中にバス停を設けることも可能、要はそういう部分を含めたことでのルート設定であるとも聞いております。
◆浅古みつひさ 委員  そう答えないとしようがないでしょう。それは今後に期待するということにもつながるので、そういう答弁残していただいたこと、ありがとうございます。
 先ほどから路線バスだということでお話をされていまして、はるかぜと路線バスというのは、総合交通計画を達成するために必要なものであるなら、どちらでもいいのかもしれませんけれども、これ法的には違いがありますよね。はるかぜと路線バスというのは。
 というのは、鈴木委員からの質問の中で、バス停の整備は足立区でやっている、それがコミュニティバスである、この件についてはどうなんだという質問も先ほどございました。
 通常の路線バスというのは、私の知っている限りでは、自分のところでバス停なんか整備されていますよね。でも、コミュニティバスは自分のところで整備をしないで区がやっているというのはなぜなのかというのは、そもそも論ですけれども、知っていますか。
◎交通対策課長 過去の中にいきますと、東和センターを走っている東武セントラル、これについても路線バス扱いです。ただ、区民要望があって、区として、そこについてはバス停の増加等が必要だと思うものについては、これまで走行環境の中で区の方でバス停を整備したというふうに聞いておりまして、これについても私が引き継ぐ中では、路線バス、はるかぜの名称をつけられなかったんですけれども、区が要望した路線という中で、今回、バス停については走行環境整備費を使った経緯があるというふうに私は認識しております。
◎副区長 はるかぜが走行環境を整備し、あるいは認可を取るために区も一緒に行って早く取るということは、はるかぜを運営していくのはあくまでも独立採算でやっていただく、そういうことであれば、そっちの努力は事業者がやっていただいて、走行環境とか区がやれるものは区がやる。お互いやり合って、そういう新しい路線をつくっていきましょうというところから200円という料金で、区からは補助金は出しませんと。その代わりそういう走行環境を整備していく、そういうところからはるかぜが始まりました。
 それが今11路線、12路線と広がっているところでございまして、総合計画に入れていますので、路線バスであっても、場合によっては区としてはそういうことを今後も努力することによって、例えば短期の計画を5年以内に早く実現するというところにはいきたいと思っています。
 少なくとも足立区の路線バス、あるいははるかぜについては、補助金は出さないと、独立採算でやっていただくということですので、営業努力をしていただく、これがまず基本にあるということです。
◆浅古みつひさ 委員  では、簡単に言いますよ。このコミュニティバスの歴史というのは、足立区で最初に話が出たのは平成10年なんですね。なぜそのときに出たかというと、たまたま私は委員長やっていたのでよく覚えていますけれども、当時の自民党の安達正興議員から相談されまして、「浅古君、実は法改正があって、どことは言わないけど、民間事業者、足立区内のタクシー事業者がコミュニティバスをやりたいと、そういう話が今あるんだけどどうしたらいいだろうか」という話があったのが平成10年。そのときたまたま私が委員長をやっていたので、当時の高島課長にいろいろ相談した結果、請願だったか陳情で出して、それが一番早く議会で審議することになるでしょうということで、まず議題に上げたのが最初でした。
 当時足立区は、確か交通不便地域というのが、今も定義は多分変わっていないと思いますけれども、最寄りのバス停から1.1km以上離れているところだったかな、これを交通不便地域と言っていて、それが10%から15%ぐらい足立区の面積の中にあったんです。今ちょっとそれどのぐらいあるか、後で聞かせてもらえばありがたいと思いますけれども、それを解消していくためになかなか有効な手立てがなかった。
 たまたま平成9年か10年に法改正があって、一般のバス事業者以外のタクシー業者ですとか、旅客事業者と言いますか、そういうところが、50何条だったか、よく覚えていないんだけど、何という法律だったかというのも、ちょっと覚えていないんですけれども、それが改正になって、広くこういったバス事業ができるということになったんですね。それの第1号としてやりましょうと言ったのが、コミュニティバスの実は最初だったんです。
 それを足立区の交通事情の解消のために、これは行政責任としてやらなくちゃいけないことですから、やりやすいように足立区も協力しましょうということで、バス停等のインフラ整備は足立区がやりますと言ったのが、歴史的には一番最初にそういう話になったと思います。
 ちなみに、最初、白石委員よく覚えていらっしゃると思いますけれども、最初の何年間かはシルバーパス使えなかったじゃないですか。それで、足立区が800万円かなんか、記憶で申しわけないですけれども、最初の何年間か支出をしています。何年かかけて、このコミュニティバスという体系を確立してきたものなんですね。
 今でもその役割というのは、私は変わっていないと思っていまして、名前が路線バスであろうが、本来の目的である交通不便地域の解消のためにでしたら、当然ながら、路線バスであろうともインフラ整備にお金を出すという副区長の答弁は、私はそれは正しいことだと思っております。
 ただ、今後、コミュニティバスというものがどういうものなのかということを、もともとの精神というものを知った上でいろいろと整備に努めていただかないと、路線バスなのかコミュニティバスなのかということの境目がなくなるというのはちょっと違うのかなと。あくまでもコミュニティバスというのは、足立区の行政責任として交通不便地域の早期解消のために足立区がわざわざ総合計画に盛り込んでやっているものだということは、認識してやっていただきたいなとお願いしておきたいと思います。
 長くなるので、何か答弁いただいて、それで終わりにします。
◎都市建設部長 現在の交通不便地域ですけれども、これは総合交通計画に記載しておりますが、21年度末で6.8%でございます。それを今回のこの短期5年をすることによって、それをさらに少なくしていこうということでございます。
 浅古委員から今ご指導いただきましたコミュニティバスの生い立ち、経緯等につきましても、我々の前任から再度改めて確認するとともに、その精神をしっかりと受け継いでやってまいりたいと思っております。
 また、交通不便地域の解消ということが大きな狙いでございますので、そのことも合わせて何とか200円ということを堅持しながらも、区の方で努力していきたいと考えております。
◆佐々木まさひこ 委員  あんまり質問することなくなっちゃったんですが、足立区総合計画、これ確か前回の委員会に、いわゆる従来の交通懇話会にかえて、進捗管理というか、進行管理を目的として足立区公共交通推進会議を2月上旬に開くというご報告がありましたけれども、これ具体的に日程日取りは決まったのでしょうか。
◎交通対策課長 各関係者と調整しまして、2月7日の10時から開催することになりまして、その中でこの進捗状況について意見交換をするということで考えております。
◆佐々木まさひこ 委員  ここでは進捗の管理だけですか。具体的な路線の要望とか、そのすり合わせとか、そういったことはやらないのでしょうか。
◎交通対策課長 ここの計画の中に位置付けた特にバス路線、その進行管理及び5年以内に短期は特に実現しなければいけません。その中で、今後の課題としましては、大谷田地区のバス路線、早く不便地域をなくさなければならないと思っていますので、そういう中で当然要望していきたいと考えております。
◆佐々木まさひこ 委員  概ね5年以内の整備路線という部分に関しましては、特に計画が発表されますと地域の皆さんは大変期待をいたします。私どもにも、いつできるんだという声がいっぱい上がってまいりますので、私ども非常に苦しい立場になります。是非交通対策課長の決意をお伺いしたいと思いますが、どうでしょうか。
◎交通対策課長 課長が変わったから後向きになったとならないように頑張りたいと思いますので、よろしくお願いします。
○ほっち易隆 委員長  他にございますでしょうか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○ほっち易隆 委員長  それでは、以上で質疑を終了いたします。



○ほっち易隆 委員長  最後に、その他になりますが、何か。
◆鈴木あきら 委員  バス停の話、例えば電大通り入口もあったのですが、実ははるかぜの別の路線で、バス停の名称を是非こういうふうにしてもらいたいというものも要望として上がっているのですけれども、そういったものは区の方ではどういうふうにとらえていただけるのでしょうか。
◎交通対策課長 各地域でバス停の名前があります。そういう要望があった場合については、基本的に事業者が名前を決めるのですが、そういう地域のお話がありますということで、各バス事業者に対して、もし要望書があればそういう要望は持っていくことは可能でございます。
◆鈴木あきら 委員  具体的には、はるかぜの亀有から出ているものですが、東和銀座商店街の入口のそばに中川四丁目というバス停があるんですね。ところが、亀有方向に向かっては中川四丁目の場所にあるのですが、逆に、東和病院に向かう方は葛飾区の亀有に中川四丁目というバス停があるんですね。そうすると、とっても紛らわしいというか、もちろん同じ場所の近くにバス停を置けなかったという理由もありますが、それもちょっと混乱を招いている部分があるし、なおかつ東和銀座商店街、アモール東和ですけれども、その商店の方からも、アモール東和入口とか、これだったらとてもわかりやすいんじゃないのというのがあるので、そういった要望が幾つか届いているので、それは地域の方でまとまって意見を出していけば、区の方は対応してくれますね。
◎交通対策課長 当然、区の方としては、そういうものがあれば、バス事業者に対して、そういう要望があるよということでお話をしていきたいと考えております。
◆白石正輝 委員  せっかく鈴木委員から駅名について話が出たので、電大通り入口だとか言わないで、高田馬場から早稲田に出ているバスがあるんだよね。早稲田大学なんです。別に、早稲田大学入口と言わないんだね。
 このバス停があるところから通る場所、全部東京電機大学のもともと用地だよね。だから、東京電機大学と書けばそれで用が済んじゃうのに、入口だ出口だと書く必要はないと思うんだよね。絶対入口なのかというと、降りる人は出口じゃないかということもあるので、名称については、ここはまだ決まっていないわけだから、これからですから、一度決まっちゃうと、バスに入れるテープから何から全部決まっちゃうので、あれ直すのが大変だとか言ってなかなか直さないんだよね。
 地域から要望が出ている、例えば北千住の駅があるでしょう。北千住というまちはどこにもないんですよ。あれを何で千住にできないのか。何回も言っているんだけど、結局はできない。一度できちゃうと、なかなか難しいんですよ。
 歴史からいうと、この中で知らない人が大部分だと思いますけれども、北千住があって、中千住があって、南千住があったんですよ。昔、都電に中千住という駅があったんですよ。その頃は、北千住、中千住、南千住なんだ。都電がないから中千住がなくなっちゃって、地名としては北千住という地名はないんですからね。南千住は地名としてあるんです。だったら、北千住はおかしいだろうと、地域から随分要望が出ているんだけど、なかなか直らない。
 このことと、もう一つ、日暮里・舎人線、何回も言うんだけど、だまされて西新井大師西で降りちゃうんですよ。あそこで降りたら西新井大師に行きにくい、行きにくい。どうしようもない。何回も聞かないと西新井大師に行けないんですよ。江北という駅があって、西新井大師の最寄り駅だと書いてあれば、あれ真っすぐ行けば間違いなく西新井大師なんだから。こっちの道が近いんだから。西新井大師西で降りてぐるぐる回って行くよりも、江北駅で降りて真っすぐ行っちゃった方が近いんですよ。
 しかも、足が弱い人は、都バスの江北四丁目という停留所があるんですから、そこから乗って、まさに西新井大師前の都バスの停留所で降りれば、大師のところで降りられるわけね。西新井大師西で降りちゃうと、どうにも行きようがない。
 こういう名称については、もう一回しっかりと、鈴木委員が言うように全体を網羅して、いろいろと議論が出ている駅名については、もう一回しっかりと執行機関側で、議会でも指摘されているわけですから、考えて、事業者とよく話し合っていただきたいな。
 東武が直すのが大変だ、大変だと言ったって、勝手に業平橋を名前変えちゃうんだから。それから、杉戸だって勝手に名前変えましたよ。あそこに動物園つくったら、東武動物公園という名前に変えちゃうんだから。あそこは、自分に都合がいいときは変えちゃうのよ。こっちが言うと、金がかかって大変だ、大変だ、全国に知らせなくちゃいけないからとか、わけのわからないこと言っているんだよね。
 では、東京スカイツリー駅とか、東武動物公園駅というのは全国に知らせていないのか。知らせているに決まっているんだよ。全国の地図にそうなっているんだから。できなくはないんだけど、こっちが言うとなかなかいろいろなこと言って、言うことを聞いてくれない。言うこと聞いてくれなかったら、東武、足立区内走らせないよと。
      [「担当者変わるまで待つしかない」と呼ぶ者あり]
 担当者が変わるまで待っていたらいつのことかわからないから、よく検討して、こことここは変えるべきじゃないのかなということについては、これからも何度も粘り強く言っておいていただきたいなと。
◆あかし幸子 委員  凄い格調高い話の後に恐縮ですが、年末だったと思うんですけれども、UR住宅の屋上で発電をするというような情報があったと思うんですね。URが太陽光発電業者に貸し出す事業に乗り出したと。全国で1,500棟ということなんです。
 どういうところが対象かといいますと、昭和40年代から50年代に建設され、今後15年間に改修工事が必要となる物件ということなんですね。これ読んだときに、花畑のURもこの対象物件になるのかなと思ったんですけれども、どうなんですかね。
◎住宅・都市計画課長 現在、花畑団地につきましては改修工事を進めているところですが、特にソーラー発電を屋根にのっけるという計画は、担当者から特には聞いておりません。
◆あかし幸子 委員  計画というか、これからやるというものですから、これから情報というところもあるかと思うんですね。
 こういう貸し出すという事業と同時に、実際住んでいる方たちに対しては、非常電源としても使えるようにするということなんですよ。ですから、これから行うという事業なので、あそこにお住みになる高齢者の方たちにとっても、また住民にしても、非常に大きな効果があるのではないかなと思うんですね。
 そういったことをURの方としっかり話し合っていただいて、あそこに住んでいらっしゃる方たちのためにも、こういった事業、とてもあって得する事業かなと思うんです。いかがでしょう。
◎住宅・都市計画課長 今ご指摘がありました件につきましては、URと話をしまして、今後新規に建てる地区もございますので、また、既存の団地でも付けられるかどうか、よく話し合いまして、居住者の利便性向上に向けて努力してまいります。
◆伊藤和彦 委員  私、花畑団地のまちづくりの件でお伺いしたいのですが、大型商業施設が来るF街区ですね。この間の委員会では10何社から申し込みがあったということでしたが、その後、この経過についてはどうでしょうか。
◎住宅・都市計画課長 募集につきましては17社ございましたが、今後2月の下旬に予定しております事業審査の場で最終的に決定しまして、3月中旬以降に事業者決定する予定でございます。
◆伊藤和彦 委員  大型商業施設が来て、いい意味で地域循環型になるように期待をしているわけですが、今のこういう経済状況の中なので、是非周辺の商店などが活性化できるように、再構築という言い方がいいと思うのですが、本当に再構築できる取り組みについてはどのようにお考えでしょうか。
◎住宅・都市計画課長 今回のF街区の公募条件、審査条項の一つに、地域との連携というものがあります。ですので、事業者側からこのような提案を受けて、きちんと審査会で審議いただいて、より良いまちづくりにつなげるものが選定されるものと期待しております。
◆伊藤和彦 委員  私も期待しておりますので、是非抜かりなくやっていただきたいと思います。
 もう一つは、E1街区ですけれども、ここも公募しているようですけれども、現状はどうですか。
◎住宅・都市計画課長 現在、URと、E1街区の施設のあり方について鋭意検討しております。公募についてはまだ実施しておりません。
◆伊藤和彦 委員  それがはっきりするのはいつ頃でしょうか。
◎住宅・都市計画課長 目標としては、25年度内に公募できるように進めております。
○ほっち易隆 委員長  他にございますでしょうか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○ほっち易隆 委員長  以上で交通網・都市基盤整備調査特別委員会を閉会いたします。
      午前11時16分閉会