議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 足立区

平成24年12月14日厚生委員会−12月14日-01号




平成24年12月14日厚生委員会

 午後0時57分開会
○高山延之 委員長  ただいまから、厚生委員会を開会いたします。



○高山延之 委員長  委員長より、記録署名員2名を指名させていただきます。
 くぼた委員、さとう委員、よろしくお願いいたします。



○高山延之 委員長  次に、(1)第122号議案足立区精神障がい者自立支援センターの指定管理者の指定についてを議題といたします。はじめに、執行機関から発言の申し出がありますので、これを許します。
◎衛生部長 前回12月10日の厚生委員会における第122号議案足立区精神障がい者自立支援センターの指定管理者の指定についての審査の際に、私が、都営住宅の耐震性に問題はない旨の答弁をいたしましたが、誤りであり、正しくは自立支援センターの入っている都営竹の塚アパート12号棟のIs値は、0.3未満であり、耐震性に問題があるということであります。おわび申しあげるとともに、私の発言について撤回させていただきたく、お願い申し上げます。大変、申しわけございませんでした。
○高山延之 委員長  ただいま、発言者から去る12月10日の執行機関の発言中、一部を取り消しされたいとの申し出がありました。お諮りいたします。本申し出のとおり、発言を取り消すことにご異議ございませんか。
◆白石正輝 委員  間違いですから、取り消すことに異議があるわけではないけど、この議案すでに可決されているんですよね。議案として提出する時にはですね、より一層慎重にですよ。全部きちっと調べて、議案としてしなければ、私も、議員となって42年なんですが、議案が可決された後に再審査ということがあったためしがない。よほど、しっかりと考えてやってもらわなければ、議会としては全ての議案、審査のしようがない。このことについては、区長、全ての管理職にしっかりと申し伝えていただきたいと。そうしないと、決めちゃった後に、あれ間違いです、これ間違いですと言われたら、審査のしようがないから。このことについては、区長。しっかりとやっていただきたいと思うのと決意を。
◎副区長 誠に白石委員ご指摘のとおりでございまして、議案を出すからには、責任を持って、その内容について、精査していく必要があると思います。この件につきましては、各部長、課長にこういうことのないよう、徹底するようにいたします。
 申しわけありませんでした。
○高山延之 委員長  それでは、お諮りいたします。本申し出のとおり発言を取り消すことにご異議ございませんか。
      [「異議なし」と呼ぶ者あり]
○高山延之 委員長  ご異議ないと認め、申し出のとおり決定いたしました。この際、第122号議案の再審査の件について、お諮りいたします。第122号議案について、再び審査を行いたいと思います。ご異議ございませんか。
      [「異議なし」と呼ぶ者あり]
○高山延之 委員長  ご異議なしと認め、さよう決定いたしました。それでは、第122号議案について再審査を行います。何か、質疑はございますか。
◆白石正輝 委員  前回の委員会でも発言したとおりですね。この建物、都営住宅は、耐震強度の上で問題があるとすれば、当然ね、その辺の手当てをこれから考えてですね、もうすでに運営しているんですね。もうすでに入ってやっているわけですから、1日も早くですね、耐震補強等についての考え方を打ち出していただきたい、明確にしていただきたい。これはね、この資料をみると、Bの2なんですね。この資料の中でBの2というのはひとつもないんですよ。これだけなんだよ。この建物だけ。あとはね、少なくとも、Bの1かAの2、Aの3なんですよ。Bの2というのは、Is値が0.3未満のものと大変危険なものということですから、ここに区の施設を入れて指定管理者に管理をさせるということは、少なくても私達議会としては認め難い。ただ、もう現在運営して、3月まで契約しているわけですね。ですから、1日も早く、この施設について、耐震補強をどうするか。1日も早く打ち出していただいて、次の厚生委員会までに、はっきりした結論を出していただきたい。そうしなければ、審議のしようがないということですが、次の閉会中の委員会は1月になろうかと思いますが、間に合いますか。
◎衛生部長 それまでに間に合わすよう、努力いたします。
◆白石正輝 委員  ということになればですね、これ以上、今日審議してもどうにもなりませんので、これは継続審査として1月の閉会中の厚生委員会までに、なんらかの手当てについて、しっかりとした説明をしていただくようにお願いしたいと思います。従がって、これ以上、質問しても、答えが出てこないわけですから、継続審査にしていただきたいと思います。
○渡辺ひであき 議長  特に申し上げたいことはですね、区は、資産管理部を中心に、アセットマネジメントを随分進めているはずなんですね。ということであれば、施設の一覧表があってですね。そこにそうしたものがデータとして蓄積をされていなければ、今後、こうした時、同じようなことが起こると思うのですが、そのことについて、副区長は是非、資産管理部を中心に、アセットマネジメントをかけるんだという意気込みをここ2、3年ずっとおっしゃてきたわけなんで、それについても精査をしていただきたいと思うのですが、いかがでしょう。
◎副区長 議長ご指摘の点につきましては、そのように実施して、自信を持って出せるようにしたいと思います。
○高山延之 委員長  他に質疑ございませんか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○高山延之 委員長  なしと認め、改めて、各会派からの意見を求めます。
◆白石正輝 委員  継続。
◆くぼた美幸 委員  今の白石委員のお話のとおりだと我々も思います。今後どうするのかということが、本当に、真剣にですね、議論いただいて、結論をしっかりと出していただくと。そうしなければ、これ以上、この議案自体が、精査することもできないというふうに思っておりますので、重ね重ねですけれども、しっかりその対応をお願いしたいということで継続でお願いします。
◆はたの昭彦 委員  継続で。
○高山延之 委員長  これより、採決を行います。本案は、継続審査とすべきものとすることにご異議ございませんか。
      [「なし」と呼ぶ者あり]
○高山延之 委員長  ご異議ないものと認め、本案は、継続審査とすべきものと決定いたしました。
 以上で厚生委員会を閉会いたします。
      午後1時5分閉会