議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 杉並区

平成23年 5月30日区民生活委員会−05月30日-01号




平成23年 5月30日区民生活委員会

                 目   次

委員会記録署名委員の指名 ……………………………………………………………… 3
委員長の互選 ……………………………………………………………………………… 3
副委員長の互選 …………………………………………………………………………… 8
閉会中の所管事項調査について …………………………………………………………10



               区民生活委員会記録

 日   時 平成23年5月30日(月) 午後3時46分 〜 午後4時33分
 場   所 第2委員会室
 出席委員  委 員 長  すぐろ  奈 緒     副委員長  大 泉  時 男
 (9名)  委  員  堀 部  やすし     委  員  横 田  政 直
       委  員  市 来  とも子     委  員  金 子 けんたろう
       委  員  中 村  康 弘     委  員  岩 田  いくま
       委  員  小 泉  やすお
 欠席委員  (なし)
 委員外出席 議  長  藤 本  なおや
 事務局職員 事務局長    伊 藤 重 夫   議事係長    依 田 三 男
       担当書記    安 達 光一郎

会議に付した事件
 正副委員長の互選………………………………………………………委員長
                               すぐろ奈緒委員
                              副委員長
                                大泉時男委員
 閉会中の所管事項調査について…………………………………………………継続調査



                            (午後 3時46分 開会)
○藤本なおや 議長  ただいまから区民生活委員会を開会いたします。
 本日は、正副委員長の互選を行います。
 初めに、委員長の互選を行いますが、この職務を杉並区議会委員会条例第7条第2項の規定により、小泉やすお委員にお願いいたします。
◆堀部やすし 委員  異議あり。速記者がいません。開会には反対します。速記者を入れてください。
○藤本なおや 議長  暫時休憩いたします。
                            (午後 3時47分 休憩)
                            (午後 3時53分 開議)
○藤本なおや 議長  休憩前に引き続き委員会を再開いたします。
 本日は、正副委員長の互選を行います。
 初めに、委員長の互選を行いますが、この職務を杉並区議会委員会条例第7条第2項の規定により、小泉やすお委員にお願いいたします。
○小泉やすお 委員  それでは、委員長互選の職務を行います。

 《委員会記録署名委員の指名》
○小泉やすお 委員  初めに、本日の委員会記録署名委員につきましては、堀部やすし委員をご指名いたします。

 《委員長の互選》
○小泉やすお 委員  これより委員長の選出をいたしますが、選出方法はいかがいたしますか。
◆中村康弘 委員  動議を提出いたします。
 委員長の互選に関しましては、投票により決めていただきたいと思います。よろしくお願いします。
○小泉やすお 委員  ただいま中村委員から、投票の方法により委員長を選出されたいとの動議が出されました。
 この動議に賛成の方の挙手を求めます。
      〔賛成者挙手〕
○小泉やすお 委員  挙手同数であります。よって、委員長により投票の方向で決定をさせていただきます。
◆堀部やすし 委員  投票に当たりまして、どなたに投票することが適切か判断したいと思いますので、立候補を求めていただくように求めます。
○小泉やすお 委員  ただいま堀部委員から、立候補されたい方がいらっしゃればというご発言でございますが、ただいまの堀部委員の提案に対しまして賛成の方の挙手をお願いいたします。
      〔賛成者挙手〕
○小泉やすお 委員  これまた同数でございますので、委員長の決定に従いまして、投票で委員長を選出させていただきたいと思いますので、ご了承願いたいと思います。
◆堀部やすし 委員  投票はわかっていますよ。
○小泉やすお 委員  立候補の手続は、委員長の決定によりまして否決されたということでご了承願いたいと思います。
 お諮りいたします。
 投票方法につきましては、単記無記名で行うこと、有効投票の最多数を得た者を委員長とし、得票数が同じときはくじで定めること、委員長の職務を行っている者も投票することができること、委員会室の閉鎖及び開票立会人を置くことについては、必要性が低いと思われますので行わないこと、以上について異議ありませんか。
◆堀部やすし 委員  異議あり。投票は記名投票とすることを求めます。委員長の投票についてはお控えをいただきたい。最後に、投票の監視者については置いていただき、各票を各委員にお回しいただきますようお願いいたします。
○小泉やすお 委員  ただいま堀部委員から異議がありました。よって、ただいまの堀部委員の投票方法について賛成の方の挙手を求めます。
      〔賛成者挙手〕
      〔発言する者多し〕
○小泉やすお 委員  挙手多数であります。よって、記名投票にすることに決定をいたしました。
 在席委員のうち、投票者の数を確認いたします。
 なお、この投票は委員長の職務を行っている者にも投票権がありますので、念のため申し添えます。
◆堀部やすし 委員  それは異議を言ったでしょう。私の異議が通っているんだから、それをそのまま読み上げちゃだめなんです。
○小泉やすお 委員  休憩をさせていただきます。
                            (午後 3時58分 休憩)
                            (午後 4時07分 開議)
○小泉やすお 委員  ただいまより委員会を再開いたします。
 在席委員のうち、投票者の数を確認させていただきます。
◎議会事務局長 投票者数は8名になります。
○小泉やすお 委員  投票用紙を配付いたします。
 投票は単記記名であります。記名投票となりましたので、投票用紙の欄外に投票者の氏名を記入し、枠内に委員長候補者の氏名を記入してください。
◆堀部やすし 委員  異議あり。記名投票ですから、投票用紙に記名がないと、本人がもし記名しないで投票すると無記名投票になってしまいますから、意味がありません。
◎議会事務局長 記名投票の用紙がないものですから、便宜的にそのようにさせていただきたいと思います。
◆堀部やすし 委員  だから、つくってください。もし本人が無記名で投票してしまえば、記名投票は成立しなくなるわけです、このままでいくと。本人が委員長の候補者の名前だけを書いて投票した場合は、無効票になるということですか、では。
◎議会事務局長 では、欄外に投票者の氏名を書く欄をつくってください。それで配ってください。それでよろしいですか。
◆堀部やすし 委員  結構です。
◎議会事務局長 では、今お配りした投票用紙を一たん回収させてください。
      〔投票用紙回収〕
◎議会事務局長 堀部委員に申し上げますけれども、事務局のほうで欄外に委員の氏名を記載させていただきます。その投票用紙で投票していただくということでよろしいでしょうか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
◆堀部やすし 委員  よくわからない。その名前は、何……。
◎議会事務局長 ですから、事務局のほうで、例えば堀部委員の投票用紙には堀部委員のお名前を記入したものをお渡しします。ですから、枠内には委員長としたい方の氏名を書いていただければ。
◆堀部やすし 委員  それは活字で入っているわけでしょう。
◎議会事務局長 活字というか、手書きになりますけれども。
◆堀部やすし 委員  それはどうなんですか。そこの名前は私の票だということがそれでわかるんですか。
◎議会事務局長 ですから、投票用紙のほうに「堀部やすし委員」という名前で書いてあります。その用紙を堀部委員に渡すと。ですから、ご本人で確認をしていただいて。
◆堀部やすし 委員  ああ、なるほど。その枠外に書いてあるということですね。
◎議会事務局長 そうです。
◆堀部やすし 委員  わかりました。
      〔記名投票用紙準備〕
○小泉やすお 委員  とりあえず、委員会を再開いたします。
 投票用紙を配付いたします。
 投票は単記記名であります。
      〔投票用紙配付〕
○小泉やすお 委員  投票用紙の配付漏れはありませんか。──投票用紙の配付漏れはないものと認めます。
 投票箱を点検いたします。──投票箱は異状ないものと認めます。
 それでは、投票を行います。
 事務局長の呼名順に投票願います。
      〔投票〕
○小泉やすお 委員  投票漏れはありませんか。──投票漏れはないものと認めます。投票は終了いたしました。
 開票いたします。
 開票立会人を2名置くこととし、私の指名で異議ございませんか。
      〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○小泉やすお 委員  異議ないものと認めます。それでは、堀部やすし委員と大泉時男委員にお願いをいたします。
      〔開票〕
○小泉やすお 委員  開票は終了いたしました。
 各委員に投票用紙を回覧いたします。
      〔投票用紙回覧〕
○小泉やすお 委員  各委員に投票用紙の回覧が終わったようでございますので、投票の結果を事務局長から報告いたさせます。
◎議会事務局長 区民生活委員会委員長互選投票結果
        投票総数        8票
       内
        有効投票        8票
       有効投票内訳
        すぐろ 奈 緒 委員  4票
        岩 田 いくま 委員  4票
 以上です。
  ─────────────────────────────────────
   すぐろ奈緒委員に投票した委員
     堀部やすし すぐろ奈緒 横田政直 金子けんたろう
   岩田いくま委員に投票した委員
     市来とも子 中村康弘 岩田いくま 大泉時男
  ─────────────────────────────────────
○小泉やすお 委員  ただいまの報告のとおりでございます。
 ここで暫時休憩をさせていただきます。
                            (午後 4時18分 休憩)
                            (午後 4時19分 開議)
○小泉やすお 委員  委員会を再開させていただきます。
 委員長候補は、すぐろ奈緒委員、岩田いくま委員、4票、4票でございますので、くじで決定をさせていただきます。
◆大泉時男 委員  委員長はいいんですよね。小泉さんは認められないんですか。
◎議会事務局長 先ほどの堀部委員の動議が賛成多数で可決されております。堀部委員の動議では、委員長の職務をとり行う方は投票の対象外としてもらいたい、そういう動議になってございますので、委員長の職務代理をやっていただいている小泉委員は投票権がないということで、先ほど私のほうで投票者数は8人というふうに申し上げました。
○小泉やすお 委員  そういうことでございます。
 同数でございますので、抽せんの方法は議会事務局長から説明をしてもらいます。
◎議会事務局長 今回投票の結果同数ということでございますので、くじ引きで決定をさせていただくという形になります。
 まず先にくじを引く順番を決めていただきます。そのためのくじ引きを1回やります。それで1番を引いた方から次のくじ引きに入ります。こちらのほうが本選と申しますか、委員長を決定するための抽せんでございまして、同じように1番を引いた方が委員長に当選という形になりますので、そのようにやっていただければと思います。よろしくお願いいたします。
○小泉やすお 委員  それでは、各委員に1番、2番のくじを確認してもらいます。──それでは、くじの本選に行く順番の、最初の予備抽せんをしていただきます。
      〔くじを引く順番のじゃんけん、予備抽せん〕
○小泉やすお 委員  それでは、予備抽せんの1番でございますすぐろ委員から引いていただきます。
      〔本選抽せん〕
○小泉やすお 委員  ただいまくじ引きの結果、すぐろ奈緒委員を区民生活委員会の委員長とすることに決定をいたしました。
 以上で委員長互選の職務を終了いたします。
 委員長に就任のごあいさつをお願いいたしまして、席を交代いたします。
○すぐろ奈緒 委員長  ただいま当選させていただきましたすぐろ奈緒です。私は、1期4年間議会の中で活動させていただく中で、委員会の中で請願や陳情がなかなか取り上げられないという状況を疑問に思ってきました。区民生活委員会は、これまでの歴代の委員長の方が積極的に請願・陳情を取り上げて審議をして区民の声をしっかりと反映させていこうという意気込みのある方たちが担っていただいたので、請願・陳情を取り上げていく率も高かったんですけれども、それを引き続き実行していきたいと思っております。議会改革を進めていくために頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。

 《副委員長の互選》
○すぐろ奈緒 委員長  これより副委員長の選出をいたしますが、選出方法はいかがいたしますか。
◆中村康弘 委員  動議を提出します。副委員長の互選に関しては投票で行いたいと思います。
○すぐろ奈緒 委員長  ただいま中村委員から、投票の方法により副委員長を選出されたいという動議が提出されましたが、この動議に賛成の方の挙手を求めます。
      〔賛成者挙手〕
○すぐろ奈緒 委員長  挙手多数であります。よって、投票により副委員長を選出することに決定いたしました。
◆堀部やすし 委員  動議。投票に当たりまして、どなたに投票すべきか判断したいと思いますので、立候補を募っていただけますようお願い申し上げます。
○すぐろ奈緒 委員長  ただいま堀部委員から提案がありました。堀部委員の提案について賛成の方の挙手をお願いします。
      〔賛成者挙手〕
○すぐろ奈緒 委員長  挙手少数であります。今の動議は否決されました。
 お諮りいたします。
 投票は単記無記名で行うこと、有効投票の最多数を得た者を副委員長とし、得票数が同じときはくじで定めること、委員長も投票することができること、委員会室の閉鎖及び開票立会人を置くことについては、必要性が低いと思われますので行わないこと、以上について異議ありませんか。
◆堀部やすし 委員  異議あり。先ほどと同様の形で実施していただけますようお願い申し上げます。
○すぐろ奈緒 委員長  堀部委員の提案に賛成の方の挙手をお願いします。
      〔賛成者挙手〕
○すぐろ奈緒 委員長  挙手少数で否決されましたので、先ほど述べたように、投票は単記無記名で行うということが決定されました。
 在席委員のうち、投票者の数を確認いたします。
 なお、この投票は委員長にも投票権がありますので、念のため申し添えます。
◎議会事務局長 投票者の数は9名でございます。
○すぐろ奈緒 委員長  投票用紙を配付いたします。
      〔投票用紙配付〕
○すぐろ奈緒 委員長  投票用紙の配付漏れはないでしょうか。──投票用紙の配付漏れはないものと認めます。
 投票箱を点検いたします。──投票箱は異状ないものと認めます。
 それでは、投票を行います。
 事務局長の呼名順に投票をお願いします。
      〔投票〕
○すぐろ奈緒 委員長  投票漏れはありませんか。──投票漏れはないものと認めます。投票は終了いたしました。
 開票を開始します。
      〔開票〕
○すぐろ奈緒 委員長  開票は終わりました。
 投票の結果を事務局長から報告します。
◎議会事務局長 区民生活委員会副委員長互選投票結果
        投票総数        9票
       内
        有効投票        9票
       有効投票内訳
        大 泉 時 男 委員  5票
        金子けんたろう 委員  3票
        堀 部 やすし 委員  1票
 以上です。
○すぐろ奈緒 委員長  ただいまの報告のとおりであります。よって、有効投票の最多数を得た大泉時男委員を区民生活委員会の副委員長とすることに決定いたしました。
 副委員長に就任のあいさつをお願いいたします。
○大泉時男 副委員長  ただいま選任をいただきました大泉時男でございます。区民の生活をしっかり守る、そういう委員会として、これからすぐろ委員長を支えながら頑張っていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 《閉会中の所管事項調査について》
○すぐろ奈緒 委員長  当委員会の所管事項につきましては、閉会中の継続調査といたします。
 以上で区民生活委員会を閉じます。
                            (午後 4時33分 閉会)