議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 杉並区

平成23年 2月 3日議会運営委員会−02月03日-01号




平成23年 2月 3日議会運営委員会

                 目   次

委員会記録署名委員の指名 ……………………………………………………………… 3
定例会の提案事項について ……………………………………………………………… 3
予算特別委員会について
 (1) 設置及び構成について …………………………………………………………… 9
 (2) 日程及び質疑持ち時間について …………………………………………………10
議案の付託先について ……………………………………………………………………11
定例会の日程について ……………………………………………………………………11
本会議の会議録署名議員について ………………………………………………………12
一般質問について …………………………………………………………………………12
発言通告について …………………………………………………………………………13
本会議の説明員について …………………………………………………………………13



               議会運営委員会記録

 日   時 平成23年2月3日(木) 午前9時59分 〜 午前10時30分
 場   所 第2委員会室
 出席委員  委 員 長  小 川  宗次郎     副委員長  横 山  え み
 (11名) 委  員  安 斉  あきら     委  員  藤 本  なおや
       委  員  岩 田  いくま     委  員  原 口  昭 人
       委  員  鈴 木  信 男     委  員  大 泉  時 男
       委  員  島 田  敏 光     委  員  青 木  さちえ
       委  員  河 野  庄次郎
 欠席委員  委  員  関    昌 央
 (1名)
 委員外出席 議  長  小 泉  やすお     副 議 長  渡 辺  富士雄
 出席説明員 区長      田 中   良   副区長     松 沼 信 夫
       副区長     菊 池   律   財政課長事務取扱政策経営部参事
                                 関 谷   隆
       区長室長    与 島 正 彦   総務課長    内 藤 友 行
 事務局職員 事務局長    伊 藤 重 夫   事務局次長事務取扱区議会事務局参事
                                 佐 野 宗 昭
       事務局次長代理 高 橋 正 美   調査担当係長  鈴 木 眞理子
       議会法務担当係長杉 原 正 朗   議事係長    依 田 三 男
       担当書記    小 坂 英 樹



会議に付した事件
 所管事項調査
 1 報告聴取
  (1) 定例会の提案事項について
  (2) 一般質問について
  (3) 発言通告について
 2 予算特別委員会について
  (1) 設置及び構成について……………………………………………………原案了承
  (2) 日程及び質疑持ち時間について…………………………………………原案了承
 3 議案の付託先について………………………………………………………原案了承
 4 定例会の日程について………………………………………………………原案了承
 5 本会議の会議録署名議員について…………………………………………原案了承
 6 本会議の説明員について……………………………………………………原案了承



                            (午前 9時59分 開会)
○小川宗次郎 委員長  ただいまより議会運営委員会を開会いたします。
 なお、本日、関昌央委員より欠席との連絡を受けておりますので、お知らせをいたします。

 《委員会記録署名委員の指名》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、委員会記録署名委員の指名をさせていただきます。私のほか、岩田いくま委員にお願い申し上げます。

 《定例会の提案事項について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、定例会の提案事項について説明をお願いいたします。
◎区長 おはようございます。平成23年第1回区議会定例会にご提案申し上げ、ご審議いただきます案件の概要説明に上がりました。
 案件は、現在のところ、条例案件が15件、契約案件が4件、平成22年度の補正予算が5件、平成23年度の当初予算が4件、指定管理者の指定が1件、人権擁護委員候補者の推薦が3件、専決処分の報告が1件、合計33件でございます。これらの案件につきまして、区長室長及び財政課長からご説明いたします。
 よろしくお願いいたします。
◎区長室長 それでは私から、「平成二十三年第一回区議会定例会提案事項一覧」をもちましてご説明申し上げます。
 まず、議案第1号職員団体のための職員の行為の制限の特例に関する条例の一部を改正する条例でございますが、これは、議案第2号の改正に伴いましての規定整備でございます。
 続きまして、議案第2号杉並区職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例でございますが、労働基準法の改正に基づき、月60時間を超える超過勤務に係る超過勤務手当の支給割合を引き上げるとともに、引き上げ相当分の超過勤務手当の支給にかえて有給の休暇を取得する制度を導入することができることとされたことから、引き上げ相当分の超過勤務手当の支給にかえて超勤代休時間制度を設けることとしたため、この条例案を提出するものでございます。
 あわせて、議案第1号に関しても、休暇等の定めにおいて関連しますので、規定の整備を行いたいというふうに考えております。
 次に、議案第3号杉並区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例でございますが、この条例の改正につきましても、さきにご説明申し上げました議案第2号と同様に、超勤代休時間制度を、一般の職員と同様に幼稚園教育職員につきましても導入することとしたものでございます。
 また、特別区では、現行の教頭の職を学校教育法上の副園長に位置づけるなどの見直しを行ったことから、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第4号杉並区職員定数条例の一部を改正する条例でございますが、職員定数を3,709人から3,649人に60人減員することとしたため、この条例案を提出するものでございます。
 おめくりをいただきまして、裏面、議案第5号杉並区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例でございますが、現在、日曜日またはこれに相当する日の超過勤務につきましては、労働基準法上の法定休日に相当する日における勤務とみなし、月60時間の超過勤務時間の積算の基礎に含めないこととしておりますが、国におきましては、民間の実態を踏まえ、当該積算の基礎に含めることとしたことから、月60時間を超える日曜日またはこれに相当する日の超過勤務に係る超過勤務手当の支給割合を、当区におきましても、現行の100分の135から100分の150に改定することとし、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第6号杉並区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例でございますが、平成23年3月31日に教頭であった幼稚園教育職員で副園長として退職する者につきましては、教職調整額に係る退職手当が支給されなくなるため、平成24年度までの2年間に限り退職手当の特例を設けることとし、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第7号杉並区附属機関の構成員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例でございますが、附属機関の構成員の報酬につきましては、特に介護認定審査会に見られますように、審査件数の増加や審査内容の高度化、複雑化が見られるなど、社会環境の変化が激しい状況があります。こうした中で、昭和60年以降、一斉改定をしないことや、会長職と一般職との区分ができていない附属機関があることなどから、今般見直しをすることとし、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第8号外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例でございますが、これまで、外国派遣国家公務員に支給する給与と派遣先機関からの報酬との合計額が外務公務員の給与を上回る場合であっても、最低でも100分の70の給与が支給されるとしておりましたが、人事院規則の一部改正によりまして、100分の100以内に改め、調整ができることとなったため、区におきましても同様の見直しを行うこととし、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第9号杉並区国民健康保険条例の一部を改正する条例でございますが、これまで、保険料の算定につきましては、被保険者の住民税額に対して賦課する住民税方式を採用してきたところですが、このたび、税制改正の影響を受けにくく、より安定的で被保険者が所得に応じて広く負担することのできる所得に対して賦課する方式に改定することとしましたので、このことに伴いまして、保険料の賦課方式を変更するとともに、保険料率を改定する等の必要があるため、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第10号杉並区心身障害者福祉手当条例の一部を改正する条例でございますが、区ではこれまで、身体障害者及び知的障害者に対して心身障害者福祉手当を支給しているところでございますが、このたび、精神障害者につきましても、一層の福祉の増進を図るため心身障害者福祉手当を支給することとしたことに伴いまして、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第11号杉並区事務手数料条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例でございますが、障害者自立支援法による地域生活支援事業につきましては、自立支援給付との整合性を図ることから、地域生活支援手数料として費用を徴収しておりますが、関係法律の整備に関する法律によりまして、施行期日が平成24年4月1日までの間において政令で定める日とされたことから、区におきましても、平成23年4月以降も経過措置として引き続き1年間延長することとし、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第12号杉並区行政財産使用料条例の一部を改正する条例でございますが、区立ゆうゆう天沼館ほか2館の集会室を和室から洋室に改修することと、高齢者活動支援センターの改修に伴い実施しております事業を廃止することにより、集会室に係る目的外使用料を改定する等の必要があるため、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第13号杉並区立保健医療センター条例の一部を改正する条例でございますが、保健医療センターの機能に歯科保健及び歯科医療等の支援の場としての機能を加えることとしたことから、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第14号杉並区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例でございますが、現行の教頭を教頭の職務をあわせ持つ副園長として位置づけるとともに、主任教諭の職を設置するなど、これまでの3級制から4級制に改めるほか、議案第5号でご説明申し上げました一般職員と同様に、月60時間を超える日曜またはこれに相当する日の超過勤務に係る超過勤務手当の支給割合を、現行の100分の135から100分の150に改定すること等から、この条例案を提出するものでございます。
 次に、議案第15号杉並区学校教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例でございますが、区が採用を行います学校教育職員につきましても、議案第5号でご説明申し上げましたとおり、一般職員と同様に、月60時間を超える日曜またはこれに相当する日の超過勤務に係る超過勤務手当の支給割合を改定する等の必要があるため、この条例案を提出するものでございます。
 続きまして、提案事項を1枚おめくりいただきまして、議案第16号から議案第17号、18号、議案第19号までは、お手元に資料をご配付しておりますので、ごらんいただければと思います。
 これにつきましては、議案第16号杉並区立高井戸地域区民センター外三施設の耐震補強及び改修建築工事の請負契約の締結についてということで、記載の内容でのご提案でございます。
 同じように、議案第17号では空気調和設備工事の請負契約の締結について、同じく議案第18号では同施設の電気設備工事の請負契約の締結について、議案第19号では給排水衛生設備工事の請負契約の締結についてということで、内容につきましては記載のとおりでございます。
 続きまして、飛びまして議案第29号杉並区立大田黒公園の指定管理者の指定についてでございますが、これにつきましても、お手元に資料をご配付しておりますので、ごらんいただきたいと存じます。
 地方自治法第244条の2第6項の規定に基づき、公の施設の管理を行わせる者を議会の議決を経て指定するということになっておりますので、今回ご提案させていただくものでございます。議決内容及び候補者の概要、候補者の選定経過につきましては、記載のとおりでございますので、後ほどごらんいただければと存じます。
 続きまして、議案第30号、31号、32号でございますが、これもお手元に資料を配付しております。人権擁護委員候補者の推薦についてということで、候補者一覧をごらんいただければと存じますが、30号で白石光征さん、31号で三浦範子さん、32号、大川康徳さんということで、住所、生年月日等につきましては記載のとおりでございますので、後ほどごらんいただければと存じます。
 私からの最後になりますが、報告第1号ということで報告させていただく案件は、地方自治法第百八十条第一項の規定により指定された損害賠償額の決定の専決処分をしたことの報告について、報告させていただきたいと存じております。
 なお、内容につきましては、8件で91万8,718円ということになってございます。
 私からは以上でございます。
◎財政課長 私からは、議案第20号から24号までの、まず、平成22年度杉並区各会計補正予算についてご説明させていただきます。
 今回の補正は、各会計ごとに、平成22年度の予算で事業の進捗状況を踏まえた精算的要素を含む減額の補正を行うとともに、緊急を要する事業についての補正を行うものでございます。
 補正の案件は、各特別会計4本合わせて5本でございますけれども、一般会計補正予算(第5号)について若干ご説明をさせていただきます。別添の資料をお開きいただきたいと存じます。
 まず、1枚目の裏面でございますが、歳入の一般財源は前回と今回の差である7億円でございますが、利子割交付金、地方消費税交付金、自動車取得税交付金、特別区財政交付金について、合計して7億円の増収を見込んでおります。これに特定財源を加えた9億4,600万円に、前回までの財源保留額4億9,900万円を加えた14億4,500万円が今回の補正額となってございます。
 1ページ目の区議会議員の辞職等による減額補正から、多くは、さきに述べたように事業の進捗状況と実績による減額補正でございます。ここでは、増額補正を行うとするもののうち、主要なものについてご説明をさせていただきます。
 まず、2ページの総務費の財政調整基金積立金でございますけれども、これは、減額補正と増額補正の差を、今後の財政需要に備えるために財調基金に積み立てるものでございます。
 次に、飛びまして、6ページの民間母子生活支援施設の建設助成と、次の保育施設建設助成につきましては、サンライズ武蔵野、母子生活支援施設でございますけれども、それと併設施設であるむさしの保育園の工事着手に伴う助成でございます。
 同じく、6ページ下段の予防接種でございますが、これにつきましては、国の補正予算を受けまして、乳幼児のHib感染症、それから肺炎球菌の感染予防に関するワクチン接種の拡充と、子宮頸がん予防接種の対象者を、従来の中学校1年生に加えまして高校1年生までと対象を広げることで、予防接種の事業の充実を行うものでございますが、これにより、年度末には予算の不足が見込まれるということで、所要額を補正するものでございます。
 次の9ページで、教育費の特別支援教育でございますが、都のきめ細かな事業補助金を活用して、桃井第三小学校の特別支援学級の新入学児童増加に伴う教室の増設に係る所要の経費を補正してございます。
 次に、同じく9ページの小学校の運営管理と10ページの中学校の運営管理でございますけれども、小学校、中学校それぞれにつきまして、東京都の住民生活に光をそそぐ交付金を活用しまして、学校図書室の図書の充実を図るものでございます。
 なお、12ページと13ページには、それぞれ繰越明許費と債務負担行為の補正を掲載してございます。
 補正予算については以上でございます。
 続きまして、議案第25号でございますが、平成23年度杉並区一般会計当初予算につきましてご説明いたします。
 23年度の当初予算の考え方でございますけれども、非常に厳しい状況の中で今求められている課題を、杉並区の特性である住宅都市としての価値を高めていくということととらえまして、平成23年度予算を質の高い住宅都市杉並に向けてスタートする予算と位置づけてございます。
 次に、この予算の規模でございますけれども、一般会計と特別会計合わせた予算規模は2,414億1,203万8,000円と、前年度と比べ6,044万5,000円の減としてございます。
 説明は以上でございますけれども、新年度予算のあらましについては、現在、各会派へご説明に伺っているところでございますので、よろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○小川宗次郎 委員長  何か質疑ございますか。
◆鈴木信男 委員  詳しくはそれぞれの委員会で当然質疑になると思うんですけれども、一般会計補正予算(第5号)の、議案第20号なんですけれども、一般財源の7億円の項目だけ、利子割交付金とか地方消費税がどうのこうのという、その項目を示していただきましたけれども、その内容の数値というか、財源がどういうことで合計7億になったのかというところをちょっと示していただきたいなと。
◎財政課長 利子割交付金、地方消費税交付金、自動車取得税交付金は、当初見込んでいた数字よりも、12月の実績から見て増というような予想を立ててございます。若干の増収を見込んでございまして、合わせて7億円ということでございます。
◆鈴木信男 委員  その内容は、まだ余りあれですか。後から本当のほうを見ればわかるんだと思うんですけれども。
◎財政課長 内訳でございますけれども、利子割交付金が2億5,000万でございます。それから地方消費税交付金が1億5,000万、自動車取得税交付金が1億5,000万に特別区財政交付金が1億5,000万で、トータル7億でございます。
◆鈴木信男 委員  わかりました。
 それで、条例のそれぞれの案件のご説明をいただいたんですが、詳しくはそれぞれ付託された先でやるわけですが、議案第6号で、区の職員の退職手当にかかわるもので、退職手当の期日を延期を2年間するというような、そういう説明だったと思うんですけれども、これは、こうすることで退職者の、本来、今までの形でいくと出るものが途中でぷつんと切れちゃう、それで救う形にという理解でいいのかどうかということですね。
 それから、議案第12号で、ゆうゆう天沼館のほか2館というところだったんですが、その2館というところも、もしわかればお願いをしたいなということ。
 それから、報告第1号で、専決処分した内容が全部で8件あるんだということだったんですが、大体主にどういうようなことなのか、概略で結構ですけれども、説明していただければ。
◎区長室長 まず、第6号につきましては、ただいま委員ご理解いただいている内容で結構です。退職手当について、そのようなことでございます。
 それから12号、ゆうゆう天沼館のほかに2つのゆうゆう館、名前はちょっと記憶にございません。同じゆうゆう館でございます。そして、中身も全く同様な、和室から洋室にということでございます。
 それから、事故の報告ですが、庁有車が5件、清掃車両が3件、合計8件で、どれも軽微な事故で、この8件全部を足しても九十数万という内容で、本当に軽微な事故でございましたので、今回ご報告させていただければというふうに考えております。
○小川宗次郎 委員長  ほかにございますか。
      〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  なければ、提案事項の説明を終わります。
 理事者の方々は退席して結構でございます。

 《予算特別委員会について》
  (1) 設置及び構成について
○小川宗次郎 委員長  それでは続きまして、予算特別委員会について、設置及び構成について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 今回、予算特別委員会の設置及び構成についてでございますけれども、従来と同様に予算特別委員会を第1回区議会定例会で設置いたしまして、全議員を構成員とする委員会とするということで考えておりますけれども、いかがでございましょうか。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明のとおりでよろしいでしょうか。
      〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  ご異議がないようですので、そのように決定をさせていただきます。

  (2) 日程及び質疑持ち時間について
○小川宗次郎 委員長  続きまして、日程及び質疑持ち時間について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 日程につきましては、資料としてご配付してございます「平成23年予算特別委員会日程(案)」をごらんいただきたいと存じます。
 2月28日月曜日から予算審議が始まりまして、3月9日水曜日までの合計8日間の審査をいただきまして、10日木曜日に各会派意見開陳、採決という日程でございます。いかがでございましょうか。
 また、資料の次ページには各会派質疑持ち時間表(案)をお示ししてございます。時間表のとおり割り振りをさせていただきたいと思ってございます。1ブロックお一人6分という質疑時間をもって作成してございます。よろしくお願いいたします。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明でよろしいでしょうか。
◆鈴木信男 委員  この間も、持ち時間、予算は1人6分ということで、全員参加の問題とか全体の日程の長さとか、いろいろなことの関係でやってきたと思うんですが、それはそれで一定数理解ができるんですが、ちょうど今国会が始まっていますけれども、国会なんか、例えば朝9時から夜5時までびっしりという、しかも、見ていると、よくできるなと思うんですけれども、途中の休憩もないという形でしながら、びっちり時間を詰めてやったりもしていますね。
 私たちは、言うまでもなく、もう少し、生理的な問題もありますので休憩を入れたり、そんなことをやっていると思いますが、例えば、10時から始まっているのを9時ぐらいからするとか、あるいは9時半ぐらいからするということで、例えば0.5分とか、あるいは1分とか、そういうことでも、同じ日程の長さでも質疑の時間を、例えばそういうようなことをすると、若干でも持ち時間が長くなってできるのではないかというようなことも国会を見ていると思うんです。どう決めるのかはこちらのほうで議論をして決めることだと思うんですけれども、その辺なんかは、それを準備する事務方のほうとしてどうなのかなということだけ、きょうはこういう場所ですので、お聞きしておきたいなと。
◎議会事務局次長 事務方のほうの手続といたしましては、議会でお決めいただければ、それに沿った形でご用意をさせていただくということになるかと思います。審議時間につきましては、全体で2,760分というような時間を想定してございまして、ある意味では、午前10時から午後5時までびっちり8日間の日程を組ませていただいております。その中で、限られた時間ではございますけれども、理事者側にも答弁は簡潔にということを常々お願いしているところでございまして、なるべくそういう限られた時間の中で効率よくご審議を進めていただいて、充実したご議論をいただければというふうに考えてございます。
○小川宗次郎 委員長  ほかに何かございますか。
      〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  ご異議がないようですので、原案どおり決定させていただきますので、よろしくお願いします。

 《議案の付託先について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、議案の付託先について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 それでは、資料の提案事項一覧のほうをごらんいただきたいと存じます。
 先ほど理事者側からご説明がございましたけれども、まず、議案第1号、議案第2号につきましては総務財政委員会。議案第3号につきましては文教委員会。議案第4号から議案第15号まで、予算特別委員会。議案第16号から議案第20号につきましては総務財政委員会。議案第21号から議案第24号につきましては保健福祉委員会。議案第25号から議案第28号まで、予算特別委員会。議案第29号につきましては都市環境委員会。
 議案第30号から議案第32号、人権擁護委員候補者の推薦につきましては付託省略。
 最後に、報告第1号につきましては報告聴取ということでいかがでございましょうか。
 付託先につきましては以上でございます。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明のとおり付託することでよろしいでしょうか。
      〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  ご異議がないようですので、そのように決定させていただきます。

 《定例会の日程について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、定例会の日程について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 先ほどご決定いただきました予算特別委員会を含めまして、第1回定例会の日程につきましては、お手元の資料「平成23年第1回杉並区議会定例会日程(案)」をごらんいただきたいと存じます。
 会期は全体で28日間でございます。
 2月12日土曜日午前10時開会いたしまして、特別委員会委員長報告に続きまして、区長の予算編成方針説明、その後、代表質問。翌日曜日を休会といたしまして、14日、15日が一般質問。16日水曜日が中日となりますけれども、一般質問の残りがあった場合にはこれを行いまして、議案上程、委員会付託と続きます。
 なお、本会議終了後、議場におきまして、予算特別委員会の正副委員長互選をしていただくことになります。
 17日から23日までが各常任委員会。24日、25日が各特別委員会。
 続きまして、2月28日月曜日から予算特別委員会に入りまして、10日木曜日が意見開陳でございます。
 最終日は3月11日金曜日、午前10時から議会運営委員会、午後1時から本会議、議案上程、議決という日程で考えてございます。いかがでございましょうか。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明の日程でよろしいでしょうか。
      〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  ご異議がないようですので、原案のとおり決定をさせていただきます。

 《本会議の会議録署名議員について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、本会議の会議録署名議員について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 今回の会議録署名議員は、28番岩田いくま議員、32番富本卓議員のお二人にお願いしたいと存じます。よろしくお願いいたします。
○小川宗次郎 委員長  富本卓議員には、同じ会派の方からご連絡をお願いいたします。

 《一般質問について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、一般質問について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 一般質問の受け付けでございますけれども、本日、3日木曜日の午後1時から8日火曜日の午後5時までとさせていただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。
 また、本日午後1時の段階でご質問の予定者が2名以上の場合は抽せんとさせていただきますので、午後1時までに事務局にお集まりいただきますようによろしくお願いいたします。
 以上でございます。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明の通告期日でよろしいでしょうか。
      〔「はい」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  ご異議がないようですので、そのように決定いたします。
 続きまして、一般質問の予定人数につきまして、多数会派順にご報告をお願いいたします。
      〔各会派一般質問予定者数通告〕
        新しい杉並       2〜3名
        杉並区議会公明党    0〜2名
        自由民主党杉並区議団  0〜1名
        日本共産党杉並区議団  2〜3名
○小川宗次郎 委員長  少数会派については、事務局からお願いいたします。
◎議会事務局次長 生活者ネットが2、未来が2、革新が1、無所属が1、杉わが1、無所属区民派が1、みんなの党が1、以上でございまして、小計9でございます。
○小川宗次郎 委員長  そうしますと、13から18。よろしくお願いします。

 《発言通告について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、発言通告について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 会議規則に基づきまして、発言通告につきましてのお願いでございます。
 2月12日、定例会初日の発言通告につきましては、2月9日水曜日の午後5時まで、2月16日、中日の発言通告につきましては、14日月曜日の午後5時まで、3月11日、最終日の発言通告につきましては、3月9日水曜日午後5時でとさせていただきたいと存じますので、よろしくお願いいたします。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明のとおりご了承をお願いしたいと思います。

 《本会議の説明員について》
○小川宗次郎 委員長  続きまして、本会議の説明員について説明をお願いします。
◎議会事務局次長 本会議の説明員でございますけれども、今回は予算関連議案がございますので、財政課長の出席をご了承いただきたいと存じます。
○小川宗次郎 委員長  ただいまの説明のとおりご了承をお願いします。
 以上で日程は終了しました。
 ほかに何かございますか。
      〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○小川宗次郎 委員長  ないようですので、議会運営委員会を閉会いたします。
                            (午前10時30分 閉会)