議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 渋谷区

平成17年  9月 定例会(第3回) 10月11日−12号




平成17年  9月 定例会(第3回) − 10月11日−12号










平成17年  9月 定例会(第3回)



           平成十七年 渋谷区議会会議録 第十二号

 十月十一日(火)

出席議員(三十三名)

  一番  前田和茂         二番  奈良明子

  三番  小林清光         四番  岡本浩一

  五番  沢島英隆         六番  栗谷順彦

  七番  芦沢一明         八番  平田喜章

  九番  金井義忠         十番  薬丸義朗

 十一番  東 敦子        十二番  水原利朗

 十三番  松岡定俊        十四番  丸山高司

 十六番  吉野和子        十七番  古川斗記男

 十八番  伊藤美代子       十九番  鈴木建邦

 二十番  長谷部 健      二十一番  牛尾真己

二十二番  森 治樹       二十三番  新保久美子

二十四番  五十嵐千代子     二十五番  木村正義

二十六番  齋藤一夫       二十七番  染谷賢治

二十八番  座光寺幸男      二十九番  広瀬 誠

 三十番  植野 修       三十一番  小林崇央

三十二番  岡野雄太       三十三番  苫 孝二

三十四番  菅野 茂

欠席議員(なし)

  欠番  十五番

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席説明員

    区長            桑原敏武

    助役            神山隆吉

    収入役           内山卓三

    企画部長          星宮正典

    総務部長          松井 裕

    区民部長          山内一正

    福祉部長          池山世津子

    子ども家庭部長       松崎 守

    保健衛生部長        吉村伸子

    都市整備部長        古川満久

    土木部長          坂井正市

    環境清掃部長        中島豊六

    安全対策本部長       佐戸幸弘

    防災担当部長        柴田春喜

    都市基盤整備調整担当部長  小笠原通永

    教育委員会委員長      青木宣昭

    教育委員会教育長      足立良明

    教育委員会事務局次長    北村奈穂子

    選挙管理委員会委員長    甲斐孝喜

    選挙管理委員会事務局長   田中泰夫

    代表監査委員        倉林倭男

    監査委員事務局長      菊池 淳

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員

事務局長  石川民雄  次長    小湊信幸

議事係長  倉澤和弘  議事主査  岩橋昭子

議事主査  中山俊幸  議事主査  宮本 勇

議事主査  太田 晃  議事主査  友永伸二

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   平成十七年第三回渋谷区議会定例会議事日程

            平成十七年十月十一日(火)午後一時開議

日程第一 議案第八十号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例

日程第二 議案第八十一号 職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例

日程第三 議案第八十八号 渋谷区防災従事者損害補償条例の一部を改正する条例

日程第四 議案第八十五号 渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例

日程第五 議案第八十九号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例

日程第六 議案第八十二号 渋谷区営住宅条例の一部を改正する条例

日程第七 議案第八十三号 渋谷区特定疾病患者福祉手当条例の一部を改正する条例

日程第八 議案第九十号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)

日程第九 議案第九十四号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第四号)

日程第十 報告第六号 株式会社渋谷都市整備公社の経営状況の報告について

日程第十一 報告第七号 株式会社渋谷サービス公社の経営状況の報告について

日程第十二 報告第八号 渋谷区土地開発公社の経営状況の報告について

日程第十三 報告第九号 財団法人渋谷区美術振興財団の経営状況の報告について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   開議 午後一時

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) ただいまから本日の会議を開きます。

 この際、会議規則に基づき、四番岡本浩一議員、三十二番岡野雄太議員を本日の会議録署名議員に指名いたします。

 日程に先立ち、事務局長に諸般の報告をさせます。

   〔石川事務局長報告〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に欠席、遅刻の届け出の議員はありません。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に出席を求めた説明員は前回報告のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

渋監発第二十六号

   平成十七年九月三十日

 渋谷区議会議長殿

               渋谷区監査委員 倉林倭男

               渋谷区監査委員 浅生博介

               渋谷区監査委員 広瀬 誠

   平成十七年八月末日現在における例月出納検査の結果について

 地方自治法第二百三十五条の二の規定により執行した出納検査の結果を下記のとおり報告する。

   〔「記」以下の朗読を省略いたします〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) これから日程に入ります。

 議事進行上、日程第一から日程第三までを一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 議案第八十号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例



△日程第二 議案第八十一号 職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例



△日程第三 議案第八十八号 渋谷区防災従事者損害補償条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務区民委員会審査報告書

議案第八十号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例

議案第八十一号 職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例

議案第八十八号 渋谷区防災従事者損害補償条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年十月七日

              総務区民委員会委員長 座光寺幸男

渋谷区議会議長 芦沢一明殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 総務区民委員長の報告を求めます。

 座光寺委員長。



◆二十八番(座光寺幸男) ただいま一括議題となりました議案第八十号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例、議案第八十一号 職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例及び議案第八十八号 渋谷区防災従事者損害補償条例の一部を改正する条例の三議案につきまして、総務区民委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第八十号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の一部を改正する条例について、本案は、寒冷地手当の見直しにより規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、寒冷地手当の該当職員の激変緩和の措置であり、評価できる等の意見がありました。

 次に、議案第八十一号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、本案は、市町の合併に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 最後に、議案第八十八号 渋谷区防災従事者損害補償条例の一部を改正する条例について、水防法の一部改正に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、今後も非常勤消防団員に係る地位の向上については意を用いていただくよう要望する等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務区民委員会の報告といたします。

 ただいまの委員長報告の中で、議案第八十一号 職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例が正しい報告事項でございますので、どうか御了解のほどお願いいたします。あとは関係ございません。



○議長(芦沢一明) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第一から日程第三までを一括採決いたします。

 以上三件はそれぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(芦沢一明) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 日程第四を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第四 議案第八十五号 渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   都市環境委員会審査報告書

議案第八十五号 渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年十月七日

              都市環境委員会委員長 鈴木建邦

渋谷区議会議長 芦沢一明殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 都市環境委員長の報告を求めます。

 鈴木委員長。



◆十九番(鈴木建邦) ただいま議題となりました議案第八十五号 渋谷区建築物の解体工事計画の事前周知に関する条例につきまして、都市環境委員会の審査経過並びに結果を御報告いたします。

 本案は、建築物の解体工事について、近隣住民等への事前周知及びアスベスト等の適正処理等を義務づけることにより、健全な生活環境の維持・向上を図るため、条例を制定しようとするものであります。

 審査の中で、全国自治体に先駆け、制定に着手したことを高く評価できる。実施に当たっては、近隣との感情的な行き違いが起こらないよう、また区民の不安をあおらないよう配慮されたい。除去工事に関しても対象とするよう検討されたい等の意見が出されました。

 本委員会では、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定をいたしました。

 以上、都市環境委員会の報告といたします。



○議長(芦沢一明) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第四を採決いたします。

 本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(芦沢一明) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 日程第五を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第五 議案第八十九号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   文教委員会審査報告書

議案第八十九号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年十月七日

              文教委員会委員長 五十嵐千代子

渋谷区議会議長 芦沢一明殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 文教委員長の報告を求めます。

 五十嵐委員長。



◆二十四番(五十嵐千代子) ただいま議題となりました議案第八十九号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例につきまして、文教委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、臨川みんなの図書館を設置するため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、地域に開かれた施設として、学校図書室と地域図書館が一体利用できる初めての運営方法をとるものであり、児童の安全確保に万全を期すとともに、柔軟な対応に努められたい。また、施設整備に当たっては、照明、採光、色遣いなど図書館にふさわしい施設となるよう関係部署と連携し、地域に根づいた特色ある図書館とされたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、文教委員会の報告といたします。



○議長(芦沢一明) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第五を採決いたします。

 本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(芦沢一明) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 議事進行上、日程第六及び日程第七を一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第六 議案第八十二号 渋谷区営住宅条例の一部を改正する条例



△日程第七 議案第八十三号 渋谷区特定疾病患者福祉手当条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   福祉保健委員会審査報告書

議案第八十二号 渋谷区営住宅条例の一部を改正する条例

議案第八十三号 渋谷区特定疾病患者福祉手当条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年十月七日

              福祉保健委員会委員長 菅野 茂

渋谷区議会議長 芦沢一明殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 福祉保健委員長の報告を求めます。

 菅野委員長。



◆三十四番(菅野茂) ただいま一括議題となりました二議案につきまして、福祉保健委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第八十二号 渋谷区営住宅条例の一部を改正する条例につきまして、報告をいたします。

 本案は、高齢者対象の区営住宅の増設を行うため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、今回増設される住宅は、住宅に困窮している高齢者にとって大変期待される施設である。今後とも、区内の高齢者の実態を踏まえ、引き続き区営住宅の増設を図られたい等の意見がありました。

 次に、議案第八十三号 渋谷区特定疾病患者福祉手当条例の一部を改正する条例につきまして報告をいたします。

 本案は、特定疾病の追加を行うため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、現在福祉手当の対象に指定されていない難病についても、患者数にとらわれず、指定について幅広く検討されたい。また、当該手当額の引き上げとともに、平成十四年十月に指定から外された慢性肝炎など、三疾病についての復活を図られたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定しました。

 以上、福祉保健委員会の報告といたします。



○議長(芦沢一明) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第六及び日程第七を一括採決いたします。

 以上二件はそれぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(芦沢一明) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 議事進行上、日程第八及び日程第九を一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第八 議案第九十号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)



△日程第九 議案第九十四号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第四号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務区民委員会審査報告書

議案第九十号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)

議案第九十四号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第四号)

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年十月七日

              総務区民委員会委員長 座光寺幸男

渋谷区議会議長 芦沢一明殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(芦沢一明) 総務区民委員長の報告を求めます。

 座光寺委員長。



◆二十八番(座光寺幸男) ただいま一括議題となりました議案第九十号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)及び議案第九十四号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第四号)の二議案につきまして、総務区民委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第九十号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)について、本案は平成十七年度渋谷区一般会計予算の総額に、歳入歳出それぞれ八千四百六十万九千円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ七百六十四億八百八十万円とするものであります。

 歳出の内容は、災害対策にかかわるものを総務費で、公衆浴場助成、心身障害者福祉センター運営にかかわるものを民生費で、アスベスト対策にかかわるものを民生費、衛生費、環境費、土木費、教育費でそれぞれ計上しております。

 これに要する財源として、都支出金及び繰越金が歳入に計上されております。

 審査の中で、公衆浴場の健全な運営に資するものであり、震度計については区民の安心、安全の見地から、速やかに正確な情報が伝達できるものである。また、アスベストについては時宜にかなう措置であり、早急な対策を評価できる。今後、国・都の施策とそごのないよう施策を展開されたい等の意見がありました。

 次に、議案第九十四号 平成十七年度渋谷区一般会計補正予算(第四号)について、本案は平成十七年度渋谷区一般会計予算の総額に、歳入歳出それぞれ一億四千三十九万円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ七百六十五億四千九百十九万円とするものであります。

 歳出の内容は環境費及び土木費で、アスベスト対策にかかわるものとなっております。

 これに要する財源として、繰越金が歳入に計上されております。

 審査の中で、アスベスト対策について、緊急の対応が速やかに行われたことを評価する。区民の不安解消を図るため、調査について区民への周知徹底を図り、調査結果については、まとまり次第早急に公表されたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務区民委員会の報告といたします。



○議長(芦沢一明) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第八及び日程第九を一括採決いたします。

 以上二件はそれぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(芦沢一明) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 本日の会議は議事の都合により延会することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(芦沢一明) 御異議ないと認めます。

 よって、本日の会議はこれをもって延会することに決定いたしました。

 次回の会議及び日程は、文書により御通知いたします。

 本日の会議はこれをもって延会いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   延会 午後一時二十二分

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

右会議の経過を記載し、その相違ないことを認め署名する。

渋谷区議会議長   芦沢一明

渋谷区議会議員   岡本浩一

渋谷区議会議員   岡野雄太