議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 渋谷区

平成17年  3月 定例会(第1回) 03月14日−03号




平成17年  3月 定例会(第1回) − 03月14日−03号










平成17年  3月 定例会(第1回)



           平成十七年 渋谷区議会会議録 第三号

 三月十四日(月)

出席議員(三十三名)

  一番  前田和茂         三番  小林清光

  四番  松岡定俊         五番  沢島英隆

  六番  栗谷順彦         七番  芦沢一明

  八番  平田喜章         九番  金井義忠

  十番  薬丸義朗        十一番  東 敦子

 十二番  水原利朗        十三番  丸山高司

 十四番  岡本浩一        十五番  伊藤毅志

 十六番  吉野和子        十七番  古川斗記男

 十八番  伊藤美代子       十九番  鈴木建邦

 二十番  長谷部 健      二十一番  牛尾真己

二十二番  森 治樹       二十三番  新保久美子

二十四番  五十嵐千代子     二十五番  木村正義

二十六番  齋藤一夫       二十七番  染谷賢治

二十八番  座光寺幸男      二十九番  広瀬 誠

 三十番  植野 修       三十一番  小林崇央

三十二番  岡野雄太       三十三番  苫 孝二

三十四番  菅野 茂

欠席議員(一名)

  二番  奈良明子

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席説明員

    区長            桑原敏武

    助役            神山隆吉

    収入役           内山卓三

    企画部長          星宮正典

    総務部長          山内一正

    区民部長          菊池 淳

    福祉部長          池山世津子

    厚生部長          松崎 守

    保健衛生部長        上間和子

    都市整備部長        古川満久

    土木部長          三浦惟正

    環境清掃部長        田中泰夫

    安全対策本部長       佐戸幸弘

    防災担当部長        柴田春喜

    都市基盤整備調整担当部長  小笠原通永

    教育委員会委員長      原 秀子

    教育委員会教育長      足立良明

    教育委員会事務局次長    北村奈穂子

    選挙管理委員会委員長    石井治子

    選挙管理委員会事務局長   坂井正市

    代表監査委員        倉林倭男

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員

事務局長  諸岡 博  次長    小湊信幸

議事係長  倉澤和弘  議事主査  松嶋博之

議事主査  岩橋昭子  議事主査  鈴木弘之

議事主査  中山俊幸  議事主査  宮本 勇

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   平成十七年第一回渋谷区議会定例会議事日程

           平成十七年三月十四日(月)午後一時開議

日程第一         議案第十三号の一部訂正について

日程第二   議案第三号 渋谷区人事行政の運営等の状況の公表に関する条例

日程第三   議案第七号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

日程第四   議案第十号 渋谷区新たな商業振興のための条例

日程第五   議案第十一号 渋谷区立敬老館条例の一部を改正する条例

日程第六   議案第八号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例

日程第七   議案第十三号 渋谷区保育料等徴収条例の一部を改正する条例

日程第八   議案第十四号 渋谷区ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例

日程第九   議案第二十四号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例

日程第十   議案第二十五号 渋谷区立松濤美術館条例の一部を改正する条例

日程第十一  議案第二十九号 渋谷区スポーツ施設条例の一部を改正する条例

日程第十二  議案第三十号 渋谷区文化財保護条例の一部を改正する条例

日程第十三  議案第十二号 渋谷区女性福祉資金貸付条例の一部を改正する条例

日程第十四  議案第十七号 渋谷区結核診査協議会条例の一部を改正する条例

日程第十五  議案第三十一号 平成十六年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)

日程第十六  議案第三十二号 平成十六年度渋谷区老人保健医療事業会計補正予算(第一号)

日程第十七  議案第三十八号 特別区人事及び厚生事務組合規約の変更について

日程第十八  議案第三十九号 東京二十三区清掃一部事務組合規約の変更について

日程第十九  議案第四十号 東京二十三区清掃協議会規約の変更について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   開議  午後一時

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) ただいまから本日の会議を開きます。

 この際、会議規則に基づき、十番薬丸義朗議員、二十五番木村正義議員を本日の会議録署名議員に指名いたします。

 日程に先立ち、事務局長に諸般の報告をさせます。

   〔諸岡事務局長報告〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に欠席の届け出の議員を報告します。

 奈良明子議員から欠席の届け出がありました。

 遅刻の届け出の議員はありません。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に出席を求めた説明員は前回報告のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) これから日程に入ります。

 日程第一を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 議案第十三号の一部訂正について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 本件については、区長から議案の一部訂正について申し出がありましたから、これを事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

渋総総発第八十九号

   平成十七年三月十一日

 渋谷区議会議長 丸山高司殿

                  渋谷区長 桑原敏武

   平成十七年第一回渋谷区議会定例会提出議案の一部訂正について(依頼)

 平成十七年二月二十四日付渋総総発第七十五号で送付しました、議案第十三号 渋谷区保育料等徴収条例の一部を改正する条例の一部を下記のとおり訂正願います。

              記

議案第十三号 渋谷区保育料等徴収条例の一部を改正する条例

P6別表第一の改正規定中



訂正位置




D21の階層区分の欄
1,200,000円未満でである世帯
1,200,000円未満である世帯


D22の階層区分の欄
2,000,000円未満でである世帯
2,000,000円未満である世帯


D23の階層区分の欄
4,000,000円未満でである世帯
4,000,000円未満である世帯



P9別表第二の改正規定中



訂正位置




D21の階層区分の欄
1,200,000円未満でである世帯
1,200,000円未満である世帯


D22の階層区分の欄
2,000,000円未満でである世帯
2,000,000円未満である世帯


D23の階層区分の欄
4,000,000円未満でである世帯
4,000,000円未満である世帯



 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 本件については、これを承認することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、本件はこれを承認することに決定いたしました。

 議事進行上、日程第二から日程第五までを一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第二 議案第三号 渋谷区人事行政の運営等の状況の公表に関する条例



△日程第三 議案第七号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例



△日程第四 議案第十号 渋谷区新たな商業振興のための条例



△日程第五 議案第十一号 渋谷区立敬老館条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務区民委員会審査報告書

議案第三号 渋谷区人事行政の運営等の状況の公表に関する条例

議案第七号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

議案第十号 渋谷区新たな商業振興のための条例

議案第十一号 渋谷区立敬老館条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              総務区民委員会委員長 座光寺幸男

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 総務区民委員長の報告を求めます。

 座光寺委員長。



◆二十八番(座光寺幸男) ただいま一括議題となりました議案第三号 渋谷区人事行政の運営等の状況の公表に関する条例、議案第七号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例、議案第十号 渋谷区新たな商業振興のための条例及び議案第十一号 渋谷区立敬老館条例の一部を改正する条例の四議案につきまして、総務区民委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第三号 渋谷区人事行政の運営等の状況の公表に関する条例について。

 本案は、人事行政の運営等の状況の公表に関し必要な事項を定めるため、条例を制定しようとするものであります。

 審査の中で、区民に人事行政の運営等の状況を公表することは、行政の公正・透明性を高めるものである。公表の内容については、職員の勤務状況等にかかるものであり、その公表方法については十分配慮をされたい。また、地方公務員だけでなく、国家公務員についても同様に公表を行うよう、国に要望されたい等の意見がありました。

 次に、議案第七号 職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について。

 本案は、職員の給与の改定等を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、寒冷地手当は、燃料費等、寒冷地の生活実態に対応したものであり、手当の減額が支給対象職員の生活に影響を及ぼさないよう、経過措置の中で十分配慮されたい等の意見がありました。

 次に、議案第十号 渋谷区新たな商業振興のための条例について。

 本案は、新たな商業振興を促進し、地域経済のさらなる発展のため、条例を制定しようとするものであります。

 審査の中で、地域の景観整備や防犯活動、美化清掃など、地域の発展に寄与し、子ども、高齢者にも優しい商店会づくりに努められたい。また、商店会の組織強化に関しては、未加入事業者の把握等が重要であるため、実態調査を実施されたい等の意見がありました。

 次に、議案第十一号 渋谷区立敬老館条例の一部を改正する条例について。

 本案は、敬老館の休館日の変更及び渋谷区立幡ケ谷敬老館の廃止をするため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、敬老館の浴室の利用時間が四時三十分まで延長となり、区民会館との併設館については、夜間開放も実施される。これからも利用者の利便性の向上に配慮されたい。また、幡ケ谷敬老館が廃止となり、「高齢者センター」に生まれ変わるが、他の敬老館についても、建て替え、所管替えを含めて、改善を検討されたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務区民委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第二から日程第五までを一括採決いたします。

 以上四件は、それぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 日程第六を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第六 議案第八号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務区民委員会審査報告書

議案第八号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              総務区民委員会委員長 座光寺幸男

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 総務区民委員長の報告を求めます。

 座光寺委員長。



◆二十八番(座光寺幸男) ただいま議題となりました議案第八号 職員の特殊勤務手当に関する条例の一部を改正する条例につきまして、総務区民委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、特殊勤務手当の見直しに伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、職員の特殊勤務手当については、引き続き見直しを行われたい。新設する清掃業務特別手当が、現行の特別手当との二本立てになることは、清掃事業移管の経緯の中でやむを得ないが、将来、手当の一本化を図るべきである等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務区民委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第六を採決いたします。

 本件は、原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(丸山高司) 起立者多数。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 議事進行上、日程第七から日程第十二までを一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第七 議案第十三号 渋谷区保育料等徴収条例の一部を改正する条例



△日程第八 議案第十四号 渋谷区ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例



△日程第九 議案第二十四号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例



△日程第十 議案第二十五号 渋谷区立松濤美術館条例の一部を改正する条例



△日程第十一 議案第二十九号 渋谷区スポーツ施設条例の一部を改正する条例



△日程第十二 議案第三十号 渋谷区文化財保護条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   文教厚生委員会審査報告書

議案第十三号 渋谷区保育料等徴収条例の一部を改正する条例

議案第十四号 渋谷区ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例

議案第二十四号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例

議案第二十五号 渋谷区立松濤美術館条例の一部を改正する条例

議案第二十九号 渋谷区スポーツ施設条例の一部を改正する条例

議案第三十号 渋谷区文化財保護条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

               文教厚生委員会委員長 森 治樹

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 文教厚生委員長の報告を求めます。

 森委員長。



◆二十二番(森治樹) ただいま一括議題となりました六議案につきまして、文教厚生委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第十三号 渋谷区保育料等徴収条例の一部を改正する条例について報告いたします。

 本案は、保育料等の見直しに伴い、条例の一部を改正しようとするものです。

 本案に対しては、苫委員より修正の動議が提出されました。

 修正の内容は、原案の内容に加えて、困難を抱えている低所得世帯の保育料及び延長保育料を軽減するものであります。

 審査の中で、修正案に反対し、原案に賛成する立場から、修正案については、原案が中間所得層への子育て支援の趣旨であり、賛成できない。原案については、中間所得層の保育料・延長保育料を三割から五割引き下げるもので大いに評価できる。また、D十八からD二十一の階層に対する配慮などを含め、今後も子育て支援をさらに推進し、この水準を持続されたい等の意見がありました。

 また、修正案に賛成し、原案に賛成する立場から、修正案は、低所得層にも負担を軽減するため、C階層の保育料も九八年以前の水準に引き下げるべきものである。原案については、区民の要求にこたえた保育料及び延長保育料の減額の改正であり評価できる等の意見がありました。

 この修正案は、賛成少数により否決をされました。

 次に、議案第十四号 渋谷区ひとり親家庭等の医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例について報告いたします。

 本案は、児童福祉法の一部改正に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、昨年十月の児童福祉法の改正に伴う文言整理であり、適切な改正である。また、この助成制度について、対象者に、漏れなく周知を徹底されたい等の意見がありました。

 次に、議案第二十四号 渋谷区立図書館条例の一部を改正する条例について報告いたします。

 本案は、図書館の休館日及び閲覧時間を変更するため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、図書館の開館日、開館時間の拡大は、区立図書館の一斉休館を避ける配慮がされ、図書館利用者のニーズにこたえたものであり、大いに評価できる。また、さらなる開館時間延長等、利用者へのサービス向上に努められたい等の意見がありました。

 次に、議案第二十五号 渋谷区立松濤美術館条例の一部を改正する条例について報告いたします。

 本案は、入館料の免除が受けられる者の範囲を拡大するため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、精神障害者保健福祉手帳所持者への免除を明文化したことと、年齢の引き下げは評価できる。また、小中学生の無料を拡大することや高齢者に対する介助者の免除も対応されたい等の意見がありました。

 次に、議案第二十九号 渋谷区スポーツ施設条例の一部を改正する条例について報告いたします。

 本案は、使用料の免除が受けられる者の範囲を拡大するため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、高齢者の使用料免除を六十五歳以上から六十歳以上に引き下げたことは、高齢者の利用拡大につながり、高く評価できる。また、福祉部と連携をし、介護予防を目的とした高齢者や障害者への施設利用の拡大を促進されたい等の意見がありました。

 最後に、議案第三十号 渋谷区文化財保護条例の一部を改正する条例について報告いたします。

 本案は、文化財保護法の一部改正に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、文化財保護法の一部改正による文言整理であり、適切な改正である。また、区が管理を予定している旧朝倉邸や、史跡の玉川上水など、文化遺産としての有効活用を図られたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、文教厚生委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第七から日程第十二までを一括採決いたします。

 以上六件は、それぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 議事進行上、日程第十三及び日程第十四を一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十三 議案第十二号 渋谷区女性福祉資金貸付条例の一部を改正する条例



△日程第十四 議案第十七号 渋谷区結核診査協議会条例の一部を改正する条例

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   福祉保健委員会審査報告書

議案第十二号 渋谷区女性福祉資金貸付条例の一部を改正する条例

議案第十七号 渋谷区結核診査協議会条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              福祉保健委員会委員長 古川斗記男

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 福祉保健委員長の報告を求めます。

 古川委員長。



◆十七番(古川斗記男) ただいま一括議題となりました二議案につきまして、福祉保健委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第十二号 渋谷区女性福祉資金貸付条例の一部を改正する条例につきまして報告いたします。

 本案は、女性福祉資金の貸付限度額の引き上げを行うため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、制度の周知徹底を図るとともに、区民にとってより借りやすい制度となるよう検討されたい等の意見がありました。

 次に、議案第十七号 渋谷区結核診査協議会条例の一部を改正する条例につきまして報告いたします。

 本案は、結核予防法等の一部改正に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものです。

 審査の中で、結核患者は年々減少しているものの、いまだに集団発生もあることから、今後とも検診の充実に努められたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、福祉保健委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第十三及び日程第十四を一括採決いたします。

 以上二件は、それぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 日程第十五を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十五 議案第三十一号 平成十六年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務区民委員会審査報告書

議案第三十一号 平成十六年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              総務区民委員会委員長 座光寺幸男

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 総務区民委員長の報告を求めます。

 座光寺委員長。



◆二十八番(座光寺幸男) ただいま議題となりました議案第三十一号 平成十六年度渋谷区一般会計補正予算(第三号)につきまして、総務区民委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成十六年度渋谷区一般会計予算の総額に歳入歳出それぞれ三十一億四千七百三十五万五千円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ八百九十二億六千八十九万七千円とするものであります。

 歳出の内容は、民生費では、老人保健医療事業会計繰出金と、諸支出金では、財政調整基金積立金にかかわるものとなっております。これらに要する財源として、繰越金が歳入に計上されております。

 審査の中で、老人保健医療事業会計への繰り出しは、医療給付費の不足によるものであるが、これは、国の負担減が影響しているので、国に対し、増額を要望されたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務区民委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第十五を採決いたします。

 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 日程第十六を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十六 議案第三十二号 平成十六年度渋谷区老人保健医療事業会計補正予算(第一号)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   福祉保健委員会審査報告書

議案第三十二号 平成十六年度渋谷区老人保健医療事業会計補正予算(第一号)

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              福祉保健委員会委員長 古川斗記男

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 福祉保健委員長の報告を求めます。

 古川委員長。



◆十七番(古川斗記男) ただいま議題となりました議案第三十二号 平成十六年度渋谷区老人保健医療事業会計補正予算(第一号)につきまして、福祉保健委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成十六年度渋谷区老人保健医療事業会計予算の総額に歳入歳出それぞれ五億八千九百三十四万三千円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ百六十五億百二十二万二千円とするものです。

 歳出の内容は、医療諸費で、医療給付費及び医療費支給費にかかわるものとなっております。また、これらに要する財源として、支払基金交付金、都支出金及び繰入金が歳入に計上されております。

 審査の中で、老人保健医療費の予測が困難であることは理解できるものの、引き続き多額の差異が発生しないよう努力されたい。また、利用者及び区の負担増となっている現在の制度のあり方については、国に対し意見を上げられたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、福祉保健委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第十六を採決いたします。

 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 日程第十七を議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十七 議案第三十八号 特別区人事及び厚生事務組合規約の変更について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務区民委員会審査報告書

議案第三十八号 特別区人事及び厚生事務組合規約の変更について

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              総務区民委員会委員長 座光寺幸男

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 総務区民委員長の報告を求めます。

 座光寺委員長。



◆二十八番(座光寺幸男) ただいま議題となりました議案第三十八号 特別区人事及び厚生事務組合規約の変更についてにつきまして、総務区民委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、特別区人事及び厚生事務組合の事務所の位置の変更に伴い、規約の一部を変更しようとするものであります。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務区民委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第十七を採決いたします。

 本件は、原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 議事進行上、日程第十八及び日程第十九を一括議題に供します。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第十八 議案第三十九号 東京二十三区清掃一部事務組合規約の変更について



△日程第十九 議案第四十号 東京二十三区清掃協議会規約の変更について

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔小湊次長朗読〕

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   都市環境委員会審査報告書

議案第三十九号 東京二十三区清掃一部事務組合規約の変更について

議案第四十号 東京二十三区清掃協議会規約の変更について

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成十七年三月十一日

              都市環境委員会委員長 新保久美子

渋谷区議会議長 丸山高司殿

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(丸山高司) 都市環境委員長の報告を求めます。

 新保委員長。



◆二十三番(新保久美子) ただいま一括議題となりました二議案につきまして、都市環境委員会の審査経過並びに結果を御報告いたします。

 初めに、議案第三十九号 東京二十三区清掃一部事務組合規約の変更についてにつきまして御報告いたします。

 本案は、東京二十三区清掃一部事務組合の事務所の位置の変更に伴い、規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第二百九十条の規定により、当区議会の議決を求めようとするものです。

 審査の中で、新しくなることで、東京二十三区清掃一部事務組合の機能も充実すると思われる。区民に身近な清掃行政を担う機関として、運営、事業等、さらに努力をされたい等の意見が出されました。

 次に、議案第四十号 東京二十三区清掃協議会規約の変更についてにつきまして御報告いたします。

 本案は、東京二十三区清掃協議会の事務所の位置の変更に伴い、規約の一部を変更する必要があるので、地方自治法第二百五十二条の六の規定により、当区議会の議決を求めようとするものです。

 審査の中で、清掃は、区民の関心ある事業であり、さらなる協議会運営に努力されたい等の意見が出されました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、都市環境委員会の報告といたします。



○議長(丸山高司) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。討論はありませんか。討論なしと認めます。

 これから日程第十八及び日程第十九を一括採決いたします。

 以上二件は、それぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(丸山高司) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 本日の日程は全部終了いたしました。

 次回の会議及び日程は文書により御通知いたします。

 本日の会議はこれをもって散会いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   散会  午後一時三十五分

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

右会議の経過を記載し、その相違ないことを認め署名する。

渋谷区議会議長   丸山高司

渋谷区議会議員   薬丸義朗

渋谷区議会議員   木村正義