議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 渋谷区

平成27年  9月 定例会(第3回) 09月17日−12号




平成27年  9月 定例会(第3回) − 09月17日−12号










平成27年  9月 定例会(第3回)



        平成二十七年 渋谷区議会会議録 第十二号

 九月十七日(木)

出席議員(三十四名)

  一番  斉藤貴之      二番  藤井敬夫

  三番  一柳直宏      四番  近藤順子

  五番  松山克幸      六番  田中匠身

  七番  伊藤毅志      八番  治田 学

  九番  吉田佳代子     十番  須田 賢

 十一番  笹本由紀子    十二番  堀切稔仁

 十三番  斎藤竜一     十四番  佐藤真理

 十五番  下嶋倫朗     十六番  久永 薫

 十七番  沢島英隆     十八番  岡田麻理

 十九番  小柳政也     二十番  鈴木建邦

二十一番  秋元英之    二十二番  田中正也

二十三番  牛尾真己    二十四番  五十嵐千代子

二十五番  前田和茂    二十六番  丸山高司

二十七番  木村正義    二十八番  染谷賢治

二十九番  栗谷順彦     三十番  古川斗記男

三十一番  薬丸義人    三十二番  芦沢一明

三十三番  苫 孝二    三十四番  菅野 茂

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席説明員

    区長            長谷部 健

    副区長           千葉博康

    企画部長          久保田幸雄

    文化・都市交流担当部長   植竹ゆかり

    総務部長          藤本嘉宏

    施設整備担当部長      秋葉英敏

    庁舎総合対策部長      佐藤賢哉

    庁舎建設技術担当部長    秋葉英敏

    危機管理対策部長      柳澤信司

    区民部長          松澤俊郎

    福祉部長          安蔵邦彦

    子ども家庭部長       倉澤和弘

    健康推進部長        広松恭子

    都市整備部長        大澤一雅

    渋谷駅周辺整備担当部長   須藤憲郎

    土木清掃部長        黒柳貴史

    清掃担当部長        星野大作

    教育委員会教育長      森 富子

    教育振興部長        児玉史郎

    生涯学習・スポーツ振興部長 児玉史郎

    選挙管理委員会委員長    伊藤美代子

    選挙管理委員会事務局長   吉田恭子

    代表監査委員        竹田 穰

    監査委員事務局長      船本 徹

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員

事務局長  斉藤則行    次長    藤田暢宏

議事係長  松嶋博之    議事主査  根岸正宏

議事主査  真下 弘    議事主査  高木利樹

議事主査  武田真司    議事主査  石川研造

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

      平成二十七年第三回渋谷区議会定例会議事日程

               平成二十七年九月十七日(木)午後一時開議

日程第一 同意第五号 渋谷区副区長の選任の同意について

日程第二 議案第四十九号 渋谷区特別工業地区建築条例の一部を改正する条例

日程第三 議案第五十号 渋谷区地区計画等の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例

日程第四 議案第五十一号 平成二十七年度渋谷区一般会計補正予算(第二号)

日程第五 議案第五十二号 平成二十七年度渋谷区国民健康保険事業会計補正予算(第一号)

日程第六 議案第五十三号 旧代々木小学校複合施設(仮称)総合改修工事請負契約

日程第七 議案第五十四号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設電気設備工事請負契約

日程第八 議案第五十五号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設給排水衛生設備工事請負契約

日程第九 議案第五十六号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設空気調和設備工事請負契約

日程第十 報告第八号 健全化判断比率の報告について

日程第十一 報告第九号 株式会社渋谷都市整備公社の経営状況の報告について

日程第十二 報告第十号 株式会社渋谷サービス公社の経営状況の報告について

日程第十三 報告第十一号 渋谷区土地開発公社の経営状況の報告について

日程第十四 報告第十二号 一般財団法人渋谷区観光協会の経営状況の報告について

日程第十五 報告第十三号 公益財団法人渋谷区美術振興財団の経営状況の報告について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   開議 午後一時

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) ただいまから本日の会議を開きます。

 この際、会議規則に基づき、七番伊藤毅志議員、二十八番染谷賢治議員を本日の会議録署名議員に指名いたします。

 日程に先立ち、事務局長に諸般の報告をさせます。

   〔斉藤事務局長報告〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に欠席、遅刻の届け出の議員はありません。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の会議に出席を求めた説明員は、前回報告のとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) これから日程に入ります。

 日程第一を議題に供します。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第一 同意第五号 渋谷区副区長の選任の同意について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 提案理由の説明を求めます。

 長谷部区長。



◎区長(長谷部健) ただいま議題となりました同意第五号は、副区長として澤田 伸氏を選任するため提出するものであります。

 よろしく御同意くださいますようお願い申し上げます。



○議長(木村正義) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 本件は委員会付託を省略することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(木村正義) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これから日程第一を採決いたします。

 本件については、区長提案のとおり澤田 伸氏を渋谷区副区長として選任に同意することに賛成の方は御起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(木村正義) 起立者多数。

 よって、澤田 伸氏を渋谷区副区長として選任に同意と決定いたしました。

 議事進行上、日程第二及び日程第三を一括議題に供します。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第二 議案第四十九号 渋谷区特別工業地区建築条例の一部を改正する条例



△日程第三 議案第五十号 渋谷区地区計画等の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   区民環境委員会審査報告書

議案第四十九号 渋谷区特別工業地区建築条例の一部を改正する条例

議案第五十号 渋谷区地区計画等の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成二十七年九月十六日

                    区民環境委員会委員長 治田 学

渋谷区議会議長 木村正義殿

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 区民環境委員長の報告を求めます。

 治田委員長。



◆八番(治田学) ただいま一括議題となりました二議案につきまして、区民環境委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第四十九号 渋谷区特別工業地区建築条例の一部を改正する条例につきまして、本案は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部改正に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の改正により、客にダンスをさせる営業の一部が風俗営業から除外されたことに伴い、引用条項の整理を行うものであり、妥当である等の意見がありました。

 次に、議案第五十号 渋谷区地区計画等の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例につきまして、本案も、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の一部改正に伴い、規定の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。

 審査の中で、平成二十五年第一回定例会において、全会一致で決定した「ダンス規制(風営法)の見直しを求める意見書」に合致する法令改正に基づき、条例を改正するものであり、賛成する等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、区民環境委員会の報告といたします。



○議長(木村正義) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 本件については、討論の通告がありませんでした。

 これから日程第二及び日程第三を一括採決いたします。

 以上二件は、それぞれ原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(木村正義) 御異議ないと認めます。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 日程第四を議題に供します。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第四 議案第五十一号 平成二十七年度渋谷区一般会計補正予算(第二号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務委員会審査報告書

議案第五十一号 平成二十七年度渋谷区一般会計補正予算(第二号)

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成二十七年九月十六日

                      総務委員会委員長 斎藤竜一

渋谷区議会議長 木村正義殿

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 総務委員長の報告を求めます。

 斎藤委員長。



◆十三番(斎藤竜一) ただいま議題となりました議案第五十一号 平成二十七年度渋谷区一般会計補正予算(第二号)につきまして、総務委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成二十七年度渋谷区一般会計予算の総額に、歳入歳出それぞれ八億九千四百五十九万二千円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ八百六十八億三千八百五十七万八千円とするものであります。

 歳出の内容は、議会費で、自治権確立特別委員会、交通・公有地問題特別委員会、庁舎問題特別委員会、五輪・パラリンピック対策特別委員会設置にかかわるもの、総務費で、特別区税の還付金交付事務にかかわるもの、民生費で、児童福祉団体助成にかかわるもの及び公有財産取得事業にかかわるもの、諸支出金で、国庫支出金返還金にかかわるものとなっております。

 これらに要する歳入としての財源は、都支出金及び繰越金が計上されております。

 審査の中で、待機児童解消のために適確に予算計上された機敏な対応であり評価する。他の私立保育園事業者の運営も参考にして、園児と保護者が毎日通うのがわくわくするような、そして地域からも愛されるようなハード面、ソフト面を含めたより一層の充実、工夫を要望する等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務委員会の報告といたします。



○議長(木村正義) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 これから討論に入ります。

 事前に討論の通告がありますから、指名いたします。

 十二番堀切稔仁議員。



◆十二番(堀切稔仁) 議案第五十一号 平成二十七年度渋谷区一般会計補正予算(第二号)に二点の理由で反対をいたします。

 まず第一点目に、本予算は議会費、総務費、民生費への歳出がされるものでありますが、このうち総務費の土地取得費に関するものに疑義があるからでございます。

 当総務費のこの当区の重大な課題であります待機児対策に資するために、保育施設用地取得のために支出するものでございますが、議員の皆様は御存じのとおり、先週の十一日の総務委員会の全協スタイルで行われました本予算の説明に関しまして、私は、本予算の住所地の情報提供を求めさせていただきました。

 私は、文教委員会ということもありまして、同時刻に行われる総務委員会の傍聴もできない可能性もございますので、総務委員会の中の審議後ということになりました。

 翌週の月曜日に総務委員会の終了後に本取得地の住所について、情報提供を待ちました。総務委員会の当該議員の方から、取得地は上原二丁目の二四であったとのことでした。これ以上の情報提供、番地、号以降の説明というのはなかったようです。

 前期からいらっしゃる議員の皆様は御存じだと思いますけれども、桑原前区長のときの本会議前に議会へ配付される所信表明のときには、取得用地の予定地案と、それから予定地の番地、号までが記載されている資料が渡されております。

 これは桑原区長はその後、区民へ配布される区ニュースにも掲載するということから、つまり、取得用地の正確な住所は議会も住民も知ることができたということであります。しかしながら、本予算の予定地住所近くまで実際行ってみますと、約三十軒もの住宅が建ち並んでおり、どこを区は取得するのかははっきりしませんでした。

 また、本議会前の七日には、一部の会派の議員から一般区民に対して情報提供が行われ、数者からこれは土地を取得する。取得規模は百名程度の保育施設をつくる。近隣騒音に配慮して建物に囲まれる園庭をつくる。また、さらに別の会派の議員には、十一日よりも前に現地まで既に行ってきたとお聞きしました。

 しかしながら、それぞれの議員の方々の情報は、正確なのか正確でないのか、私は確かめようがないわけであります。本来、予算議案にかかわることは、皆様御存じのとおり、一番最初に所管委員会へ説明がされるものであり、不公平な特定の会派のみに情報提供があるのはゆゆしき問題であると思います。これらは明らかに私を差別をしているようだとしかいいようがありません。そのことで、本予算の予定地について、正確な審議がしかねます。

 第二点目は、先週の九日に本会議におきまして、本予算について長谷部区長に直接質問させていただきましたが、当該予定地の周辺住民への住民説明についてお聞きしましたが、既存程度の方法でしかお考えようがないようでした。

 振り返ってみますと、最近の渋谷区が計画した保育施設の西原一丁目、上原三丁目などの用地においては、公園利用者から、または施設近隣の住民からの説明が足らず、建設後、結局この保育施設の業務を請け負った業者と住民にあつれきができたり、区への疑義がいまだに持たれております。

 もちろん、待機児対策のために新たな保育施設は必要でありますが、今ないところに新たな施設を建てるということについては、早期の事前説明を議会並び、さらに当該近隣住民の方々へ丁寧にしなければならず、今渋谷区に必要なことは、住民に、より丁寧なアセスメントをすることだと私は思っています。

 今後、渋谷区長の長谷部区長が用地の議案に対して、議員や住民へ公平でより丁寧な対応をするように指摘をしておきます。

 残念ではございますが、今回の二元代表制を無視したような区長の情報提供や議会への答弁では、反対せざるを得ません。

 以上でございます。

   〔「いつでも話聞きにおいでって言ってるじゃん。みんなにはフェアに、議会のスケジュールに乗ってやってるんだよ。話聞きに来ないのが悪いんじゃん。俺はさ、扉開いてやってんだからさ」「そんなこと言っていいんですか」の声あり〕



○議長(木村正義) 静粛に。皆さん静粛に。

   〔「議長、区民の……」の声あり〕



○議長(木村正義) 発言は許可しません。

   〔「被害妄想だよ」の声あり〕



○議長(木村正義) 以上で通告による討論は終了いたしました。

 これをもって討論を終結いたします。

 これから日程第四を採決いたします。

 本件は原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(木村正義) 起立者多数。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 日程第五を議題に供します。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第五 議案第五十二号 平成二十七年度渋谷区国民健康保険事業会計補正予算(第一号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   区民環境委員会審査報告書

議案第五十二号 平成二十七年度渋谷区国民健康保険事業会計補正予算(第一号)

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成二十七年九月十六日

                    区民環境委員会委員長 治田 学

渋谷区議会議長 木村正義殿

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 区民環境委員長の報告を求めます。

 治田委員長。



◆八番(治田学) ただいま議題となりました議案第五十二号 平成二十七年度渋谷区国民健康保険事業会計補正予算(第一号)につきまして、区民環境委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、平成二十七年度渋谷区国民健康保険事業会計予算の総額に、歳入歳出それぞれ二億円を増額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ二百八十七億四千四百七十万九千円とするものであります。

 歳出の内容は、諸支出金で、療養給付費等負担金の返還にかかわるものとなっております。また、予備費につきましては、減額計上されております。

 これに要する歳入としての財源は、繰越金が計上されております。

 審査の中で、超過交付となった療養給付費等負担金について、利用実績に基づき返還するものであり、適切な予算措置である等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、区民環境委員会の報告といたします。



○議長(木村正義) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 本件については、討論の通告がありませんでした。

 これから日程第五を採決いたします。

 本件は原案のとおり決定することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(木村正義) 御異議ないと認めます。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 日程第六を議題に供します。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第六 議案第五十三号 旧代々木小学校複合施設(仮称)総合改修工事請負契約

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務委員会審査報告書

議案第五十三号 旧代々木小学校複合施設(仮称)総合改修工事請負契約

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成二十七年九月十六日

                      総務委員会委員長 斎藤竜一

渋谷区議会議長 木村正義殿

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 総務委員長の報告を求めます。

 斎藤竜一委員長。



◆十三番(斎藤竜一) ただいま議題となりました議案第五十三号 旧代々木小学校複合施設(仮称)総合改修工事請負契約につきまして、総務委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 本案は、升川建設株式会社東京支店と契約金額五億四千百八万円で、契約の日から平成二十八年三月二十五日までの工事請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の中で、本施設の活用については、待機児童解消のための保育園や地域の皆さんが待望されていた地域コミュニティの施設、また、発達障害の皆さんのための施設と、時宜を得た施設の展開であり評価する。施設の所管が三部にまたがることから、スムーズな運営、また施設利用が図られるよう、十分留意されたい等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、原案を可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務委員会の報告といたします。



○議長(木村正義) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 本件については、討論の通告がありませんでした。

 これから日程第六を採決いたします。

 本件は原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(木村正義) 起立者多数。

 よって、本件は原案のとおり可決されました。

 議事進行上、日程第七から日程第九までを一括議題に供します。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第七 議案第五十四号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設電気設備工事請負契約



△日程第八 議案第五十五号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設給排水衛生設備工事請負契約



△日程第九 議案第五十六号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設空気調和設備工事請負契約

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 委員会の報告書を事務局次長に朗読させます。

   〔藤田次長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   総務委員会審査報告書

議案第五十四号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設電気設備工事請負契約

議案第五十五号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設給排水衛生設備工事請負契約

議案第五十六号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設空気調和設備工事請負契約

 本委員会は、付託を受けた右議案を審査の結果、それぞれ原案を可決すべきものと全員一致をもって決定した。

 右報告する。

   平成二十七年九月十六日

                      総務委員会委員長 斎藤竜一

渋谷区議会議長 木村正義殿

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(木村正義) 総務委員長の報告を求めます。

 斎藤竜一委員長。



◆十三番(斎藤竜一) ただいま一括議題となりました三議案につきまして、総務委員会の審査経過並びに結果を報告いたします。

 初めに、議案第五十四号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設電気設備工事請負契約につきまして、本案は、協和・マキノ建設共同企業体と契約金額七億六千八百九十六万円で、契約の日から平成三十年一月三十一日までの工事請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の中で、認知症カフェ、医療ショートステイなど、これまでの特別養護老人ホームにはない施設も整備される地域にとって待望の施設であり、安全な施工を心がけ、事故のないよう留意されたい等の意見がありました。

 次に、議案第五十五号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設給排水衛生設備工事請負契約につきまして、本案は、協和日・東陽建設共同企業体と契約金額五億八千四百八十二万円で、契約の日から平成三十年一月三十一日までの工事請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の中で、この施設は地域の防災の拠点でもあり、災害用トイレの排水に、手こぎポンプ、D級ポンプを使用するとのことだが、災害時に適した、より現実的な手段を検討されたい等の意見がありました。

 次に、議案第五十六号 旧本町東小学校跡地複合施設(仮称)建設空気調和設備工事請負契約につきまして、本案は、川崎・富宇加建設共同企業体と契約金額四億八千百六十八万円で、契約の日から平成三十年一月三十一日までの工事請負契約を締結しようとするものであります。

 審査の中で、適切な契約であり賛成である等の意見がありました。

 本委員会は、慎重審査の結果、それぞれ原案のとおり可決すべきものと全員一致をもって決定いたしました。

 以上、総務委員会の報告といたします。



○議長(木村正義) これから質疑に入ります。質疑はありませんか。質疑なしと認めます。

 本件については、討論の通告がありませんでした。

 これから日程第七から日程第九までを一括採決いたします。

 以上三件は、それぞれ原案のとおり決定することに賛成の方は御起立願います。

   〔賛成者起立〕



○議長(木村正義) 起立者多数。

 よって、一括された議題はそれぞれ原案のとおり可決されました。

 お諮りいたします。

 本日の会議は、議事の都合により延会することに御異議ありませんか。

   〔「異議なし」の声あり〕



○議長(木村正義) 御異議ないと認めます。

 よって、本日の会議はこれをもって延会することに決定いたしました。

 次回の会議及び日程は、文書により御通知いたします。

 本日の会議はこれをもって延会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

   延会 午後一時二十四分

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

右会議の経過を記載し、その相違ないことを認め署名する。

渋谷区議会議長   木村正義

渋谷区議会議員   伊藤毅志

渋谷区議会議員   染谷賢治