議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 世田谷区

平成17年  6月 議会運営委員会−06月17日-01号




平成17年 6月 議会運営委員会
世田谷区議会議会運営委員会会議録第二十三号
平成十七年六月十七日(金曜日)
 場  所 議会運営委員会室
 出席委員(十三名)
   委員長         山内 彰
   副委員長        市川康憲
   理事          川上和彦
   理事          畠山晋一
   理事          山木きょう子
   理事          増田信之
   理事          大庭正明
   理事          中里光夫
               小畑敏雄
               宍戸教男
               あべ力也
               羽田圭二
               板井 斎
 委員外出席者
   議長          菅沼つとむ
   副議長         岩本?昌
               下条忠雄
               木下泰之
               上川あや
               青空こうじ
 欠席
               上島よしもり
 事務局職員
   局長          長原敏夫
   次長          霜越 收
   庶務係長        長谷川哲二
   議事担当係長      星 正彦
   議事担当係長      岡本守広
   議事担当係長      望月敬行
   議事担当主査      渡部弘行
   調査係長        荒井洋子
 出席説明員
  総務部
   部長          齋藤 泰蔵
   総務課長        河上二郎
  ◇ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◇
本日の会議に付した事件
 1.姉妹都市交流について
 2.第二回区議会定例会継続本会議について
 3.ノーネクタイ運動の実施について
 4.閉会中の特定事件審査(調査)事項について
 5.次回の委員会
  ◇ 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ◇
    午前十時開議
○山内彰 委員長 ただいまから議会運営委員会を開会いたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 大庭委員、木下議員より遅参の届けが、上島議員より欠席の届けが出ておりますので、ご報告いたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 それでは、1姉妹都市交流について、局長、どうぞ。
◎長原 区議会事務局長 姉妹都市交流におきますウィニペグ市への議員派遣については、去る五月二十日の議会運営委員会でご報告申し上げたとおり、準備会を設けまして、この間、日程、内容等について検討を行ってまいりました。その結果、準備会といたしましては、お手元に「ウィニペグ市姉妹都市提携三十五周年記念親善訪問議員団の派遣について(案)」という資料をおつけしてございますが、このとおり実施することでまとまったところでございます。
 この案の内容でございますが、まず1の派遣目的でございますけれども、記念式典に参加し姉妹都市との交流を図るとともに、近隣都市や経由地での視察研修を行うためでございます。
 2の派遣期間は、七月二十六日火曜日に出発をいたしまして、八月四日木曜日に帰国するこの十日間でございます。
 3の構成員は、自民が大場議員、小畑議員、新田議員、畠山議員、区民連は桜井純子議員と山木議員、公明は高橋議員と長谷川議員、政策が富永議員、そして虹の上川議員の十名でございます。
 4の派遣場所と内容でございますが、派遣場所につきましては、ウィニペグ市と、それから経由地であるカナダのバンクーバー市及びその周辺都市、アメリカ合衆国のシアトル市及びその周辺都市でございます。
 派遣内容につきましては、ウィニペグ市では姉妹都市提携三十五周年記念式典等の友好親善行事に参加、それから経由地及びその周辺都市では、安全安心の確保に向けた取り組み、人権擁護施策、子ども施策、IT政策、地域コミュニティー活動、環境政策などをテーマに視察研修を行うものでございます。
 最後に、5の経費でございますが、予算の範囲内でございまして、裏面をちょっとごらんいただきたいと思いますが、一人当たりの予算額の内訳といたしましては、旅費として六十五万円、委託費として十五万円でございます。
 案の内容は以上でございますけれども、既に五月十一日の議会運営委員会におきまして実施の方針は決定されていることを踏まえまして、理事会ではこの案のとおり実施することでまとまったところでございます。この内容で実施することでよろしいか、お諮りをお願いいたします。
○山内彰 委員長 ただいまの局長の説明に対し何かございますか。
◆中里光夫 委員 私どもは従前から言っていましたけれども、海外の姉妹都市との交流そのものには賛成をしています。大いに交流を進めていくことはいいんですけれども、議会からの代表ということでは、十名もの代表団を送るというのではなくて、議長だけの最小限にすべきだということをこれまでも言ってきました。
 それから、今回、この海外親善にあわせて視察をくっつけるという提案がきょう出されているわけですけれども、私たちはこの海外視察は、財政が厳しいという中で、これは見直すべきだということもずっと言ってきました。ですから、私は、こういった今回の視察を行うということに対して反対します。
○山内彰 委員長 それでは、反対ということでございますので、採決は挙手によって行いたいと思います。
 本案のとおり実施することに賛成の方の挙手を求めます。
   〔賛成者挙手〕
○山内彰 委員長 挙手多数と認めます。よって本案のとおり実施することに決定いたします。
◎長原 区議会事務局長 ただいまご決定いただきましたので、議員派遣につきましては、会議規則第百五十六条第一項の規定によりまして、本会議において議決をいただくことになります。後ほど進行次第の中でご説明申し上げますが、本日の継続本会議に追加日程として議題とすることとなりますので、ご承知おきをお願いいたします。
○山内彰 委員長 それでは、2第二回区議会定例会継続本会議について、(1)日時及び(2)進行次第について、局長、どうぞ。
◎長原 区議会事務局長 レジュメをごらんいただきたいと思います。
 日時は、本日の午後一時でございます。
 進行次第についてご説明申し上げます。
 開議の後、まず諸般の報告が行われます。お手元に「諸般の報告」という資料をおつけしてございますが、全部で十四件でございます。これに関しまして、現時点では質疑の通告は受けてございません。諸般の報告について質疑なしで進めることでよろしいか、お諮りをお願いいたします。
○山内彰 委員長 ただいまの局長の説明のとおり質疑なしで進めていくことでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしと認め、さよう決定いたします。
◎長原 区議会事務局長 引き続き議事案件に入ります。資料として、お手元に「議事日程」と「本日の会議に付する事件」、その後に「議案賛否一覧表」をおつけしてございますが、この「議案賛否一覧表」でご説明をさせていただきたいと思います。
 まず、日程第一から第五が一括上程されます。条例改正二件、契約の締結一件、請負契約二件の計五件でございます。企画総務委員長の報告を受けた後、表決となりますが、無党派の木下議員から、議案第五十七号及び第五十八号、第六十号及び第六十一号について反対の立場で意見の申し出がございます。意見につきましては、一委員長報告当たり一会派十分以内でございます。意見は壇上で行われます。終了一分前にベル音を一回、終了時にベル音二回でお知らせいたします。
 この五件についての賛否でございますけれども、議案第五十七号については、無党派が反対で、その他の会派は賛成でございます。次に、議案第五十八号については、共産党と無党派が反対で、その他の会派は賛成でございます。次に、議案第五十九号につきましてはすべての会派が賛成でございます。そして議案第六十号及び第六十一号につきましては、反政党と無党派が反対で、その他の会派は賛成でございます。したがいまして、この企画総務委員会関連の採決につきましては四回に分けて決することとなります。採決は、まず議案第五十七号を起立採決で行います。次に、議案第五十八号を起立採決で行います。次に、議案第五十九号を簡易採決で行います。そして議案第六十号及び第六十一号の二件を一括して起立採決でお諮りすることとなります。
 次に、日程第六から第八が一括上程されます。条例改正三件でございます。区民生活委員長の報告を受けた後、表決となります。
 この三件についての賛否でございますが、議案第六十二号から第六十四号につきましてはすべての会派が賛成でございます。したがいまして、この区民生活委員会関連の採決につきましては一括して簡易採決でお諮りすることとなります。
 次に、日程第九から第十三が一括上程されます。条例改正五件でございます。福祉保健委員長の報告を受けた後、表決となります。
 この五件についての賛否でございますが、議案第六十五号から第六十九号について、すべての会派が賛成でございます。したがいまして、この福祉保健委員会関連の採決につきましては一括して簡易採決でお諮りすることとなります。
 それから、裏面をごらんいただきたいと思います。次に、日程第十四から第二十三が一括上程されます。条例改正七件、指定管理者の指定一件、路線認定一件、路線変更一件の計十件でございます。都市整備委員長の報告を受けた後、表決となりますが、共産党の岸議員から、議案第七十六号及び第七十九号について反対の立場で意見の申し出がございます。意見につきましては、一委員長報告当たり一会派十分以内でございます。意見は壇上で行われます。終了一分前にベル音を一回、終了時にベル音二回でお知らせいたします。
 この十件についての賛否でございますが、議案第七十号から第七十五号、第七十七号及び第七十八号についてはすべての会派が賛成でございます。次に、議案第七十六号につきましては、共産党と無党派が反対で、その他の会派は賛成でございます。そして議案第七十九号につきましては、共産党が反対で、その他の会派は賛成でございます。したがいまして、この都市整備委員会関連の採決につきましては三回に分けて決することとなります。採決は、まず議案第七十号から第七十五号、それから第七十七号及び第七十八号の八件につきまして一括して簡易採決で行います。次に、議案第七十六号を起立採決で行います。そして議案第七十九号を起立採決でお諮りすることとなります。
 次に、日程第二十四から第二十六が一括上程されます。条例改正三件でございます。文教委員長の報告を受けた後、表決となりますが、無党派の木下議員から、議案第八十号及び第八十一号について反対の立場で意見の申し出がございます。意見につきましては、一委員長報告当たり一会派十分以内でございます。意見は壇上で行われます。終了一分前にベル音を一回、終了時にベル音二回でお知らせいたします。
 この三件についての賛否でございますが、議案第八十号及び第八十一号につきましては、反政党と無党派が反対で、その他の会派は賛成でございます。そして議案八十二号につきましてはすべての会派が賛成でございます。したがいまして、この文教委員会関連の採決につきましては二回に分けて決することとなります。採決は、まず議案第八十号及び第八十一号については一括して起立採決で行われます。そして議案第八十二号を簡易採決でお諮りすることとなります。
 次に、レジュメの方へお戻りいただきたいと思います。次に、日程第二十七、世田谷区農業委員会の選任委員の推薦が上程されます。農業委員の推薦につきましては、平成十五年五月二十三日、今期当初の議会運営委員会で、今期を通じてその取り扱いが決定されてございます。その内容は二点ほどございまして、一つ目は、農業委員会の選任委員の推薦は、議長が候補者を指名し会議に諮る。二番目は、全会派とも異議がなければ、表決は簡易採決とするというものでございます。
 なお、予定者は、自民党の小畑議員、原田議員、平山議員というふうに伺っております。予定者三名の方は、日程上程後、直ちに自主退席をされます。
 それから、レジュメの裏面をごらんいただきたいと思います。次に、日程第二十八、世田谷区監査委員選任の同意が上程されます。本件は人事案件でございますので、やはり既に平成十五年五月二十日の議会運営委員会で確認されているとおり、委員会付託を省略することとなります。
 なお、議案は、本日の議会運営委員会の席上に会派分をまとめて配付してございます。
 それでは、進行についてご説明申し上げます。
 上程後、区長による提案理由の説明がございます。説明の後、採決となります。採決は起立によって行います。同意が得られましたら、新旧監査委員は演壇前に並びまして、旧委員及び新委員からそれぞれごあいさつがございます。
○山内彰 委員長 次に、先ほど実施が決定されました議員の派遣についてのことですが……。
◆下条忠雄 委員外議員 今の農業委員の件と監査委員の件についての質疑はどこでやるんですか。今、ここでちょっと聞きたいことがあるんだ。
○山内彰 委員長 どこで受けるかですか。
◆下条忠雄 委員外議員 いや、先に進んじゃっているから。
○山内彰 委員長 下条議員、その内容につきまして、どうぞ。
◆下条忠雄 委員外議員 農業委員会の選任委員の推薦だけれども、三人一括してやるのはおかしいんじゃないの。一人一人、その人が適格かどうかを判断するわけだから、一人一人でしょう。
○山内彰 委員長 一回でやるのがおかしいということですね。
◆下条忠雄 委員外議員 三人まとめてやるのはおかしい。
◎霜越 区議会事務局次長 いろいろやり方があります。これは選挙ではなく、あくまでも推薦ということになっておりまして、議事案件ということになっておりますので、世田谷区議会としては、今までこういう形で、三人を一括して推薦するという形で来ております。
◆下条忠雄 委員外議員 だって、これは人を推薦するんだから、議会で推薦するかどうか、それぞれ適格かどうかを判断するんでしょう。それを一括してやるという、そんなばかなことはないと思うよ。一人一人やりなさいよ。
◎霜越 区議会事務局次長 先ほども申しましたように、これは選挙という形ではなくて、あくまでも農業委員を推薦するという議事の案件でございまして、それはやり方はそれぞれの議会で決定されるべき事柄だと認識しておりまして、当議会では、従前よりこういう形で三人を一括して推薦する。現に十四年のときも、三人をご推薦した上で、ご意見があれば、そこでご意見を賜って、採決というふうに進めさせていただいたところでございます。
◆下条忠雄 委員外議員 前のときは、それは気がつかなかったわけだから、これは人間の問題だよ。推薦すると法律にもちゃんと書いてある。その人が推薦に値するかどうかということは、一人一人やらなくちゃ、それはおかしいよ。あなた、そんな三人を十把一からげでやるなんていうのは、人間のことだから、それはおかしいよ。
◆木下泰之 委員外議員 農業委員会というのは独立行政機関だよね。だから、ある意味では教育委員会とか監査委員会と同じような権能を持っているわけで、そこの人員というのは非常に大事だから、やはり一人一人やるべきなんじゃないですか。今まで気がつかなかったということはあるけれども、今、下条先輩の提起というのは正しいと思いますよ。
◆下条忠雄 委員外議員 選挙で選ばれる人もいるんですよね。同じ委員でも、片や選挙だよ。あなた、そういう人は、これは一人一人公選法が適用されて、大変厳しい選挙だよね。それを議会の方の選出は、三人全部を十把一からげでやるなんていう、そんなのは非常に問題だよ。それは何といったって一人一人ですよ。一人一人適格かどうか意見を言ってやるなんていうのは当然のことじゃないの。今までのやり方がおかしかったんだ。おかしかったら、それは直す、そういうことです。
○山内彰 委員長 委員の皆様で何かご意見はありますか。
   〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 それでは、局長の説明のとおりでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしということでしたので、次に参ります。
 木下議員、どうぞ。
◆木下泰之 委員外議員 やはりおかしいと思うよ。だって、これは一括してしか言えないことになったら、この人はいいけれども、あの人はだめだということについてどうするんですか。
○山内彰 委員長 それでは、ご意見としてお伺いしておきます。
◆大庭正明 委員 一点だけ関連で確認。あれはほかに一括というのはありますか。人権擁護委員とか、ずらっと、あれは何人でしたっけ。ほかに一括でという推薦の仕方というのがあったと思いますけれども、何がありましたか。わかるだけ、ちょっと確認しておきたいんですけれども。
◎霜越 区議会事務局次長 今記憶にあるのは、今ご紹介していただいた人権擁護委員の推薦の諮問だと思います。あと、ほかにはちょっと例がないのではないかと思います。
◆大庭正明 委員 複数ですよね、何人ぐらい。
◎霜越 区議会事務局次長 欠員があるに伴って推薦ということで、当然、今までですと複数の人数を一括して推薦してございます。
◆中里光夫 委員 せっかくの提案ですので、人権委員とかほかのものも含めて、今後検討を進めていくべきだと私は思います。
○山内彰 委員長 では、ご意見としてお伺いしておきます。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 それでは、次に進みます。
 先ほど実施が決定されました議員の派遣についてですが、本会議場において配付することになる案件を、ここで事務局に配付させます。よろしくお願いいたします。
 それでは、局長、説明願います。
◎長原 区議会事務局長 それでは、ウィニペグ市への議員の派遣についてでございますが、先ほど実施が決定されたことから、追加日程第一として、ここで日程に追加し議題とすることでよろしいか、お諮りをお願いいたします。
○山内彰 委員長 ただいまの局長の説明どおり決定することでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしと認め、さよう決定いたします。
◎長原 区議会事務局長 それでは、進行についてご説明いたします。
 議員派遣につきましては、確認事項によれば、議長発議で提案することとなっております。日程に追加することが決定されましたら、上程後、議長発議となり、引き続き採決となります。採決は、既に反対を表明されている会派もあるので、起立採決で行われます。
 なお、これまで説明してきた案件につきましてご意見等がございましたら、本日の午前十一時三十分までに発言通告をご提出いただきたいと思います。
 まず、午前十一時四十分ごろに理事会、それから議会運営委員会を順次開催いたしまして、進め方について決定することでよろしいか、あわせまして、もし発言通告がなければ、意見なしで進めることでよろしいか、お諮りをお願いいたします。
○山内彰 委員長 ただいまの局長の説明どおり進めていくことでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしと認め、さよう決定いたします。
◎長原 区議会事務局長 それでは、もう一度レジュメの方へお戻りいただきたいと思います。
 次に、日程第二十九、請願の処理が上程されます。お手元に「請願処理件名表」をお配りしてございますので、ごらんいただきたいと思います。陳情一件につきまして、委員会での結論が出されたところでございます。本件につきまして、委員会決定どおりでよろしいか、簡易採決でお諮りをいたします。
 次に、日程第三十、請願の付託が上程されます。お手元に「請願受理件名表」をお配りしてございますので、ごらんいただきたいと思います。六月十日に締め切りまして、陳情一件を受理しているところでございます。議長におきまして、件名表のとおり、福祉保健委員会に付託が予定されてございます。
 次に、日程第三十一、閉会中の審査付託が上程されます。お手元に「特定事件審査(調査)事項表」をお配りしてございますので、ごらんいただきたいと思います。この事項表のとおり、本会議にお諮りいたします。
 なお、中ほどの当議会運営委員会の分につきましては、後ほどご協議をいただくことになります。
 以上で第二回定例会が閉会となります。終了予定時刻は、おおむね午後二時三十分ごろを見込んでございます。
 以上が本日の継続本会議の進行次第でございますが、全体を通してこのとおり進めることでよろしいか、お諮りをお願いいたします。
○山内彰 委員長 本日の進行次第について、ただいま局長の説明どおり進めていくことでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしと認め、さよう決定いたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 3ノーネクタイ運動の実施について、局長、お願いいたします。
◎長原 区議会事務局長 ノーネクタイ運動につきましては、先日の幹事長会で、例年と同様に七月一日から九月九日までの予定で実施する旨の報告が区長部局の方からございました。幹事長会では、各議員の判断にもよるけれども、例年どおり、議会として協力することとなりまして、委員会等の対応につきましては、議会運営委員会の理事会、それから議会運営委員会で協議することとなっておりました。
 ノーネクタイ運動につきましては、これは一昨年から実施をされておりますが、一昨年の六月四日の議会運営委員会で二点ほど申し合わせをされてございます。一点目が、議会関係の会議等での出席理事者の服装につきまして、本会議は従来どおりとし、委員会はノーネクタイでも差し支えない。二点目は、議員の服装につきましては、理事者の服装に合わせ、極力協力するということで確認をされておりまして、一昨年、それから昨年、このような取り扱いで来たところでございます。
○山内彰 委員長 それでは、ただいまの局長の説明のとおり、これまでと同じように取り扱うということでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしと認め、さよう決定をいたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 それでは、当委員会の閉会中の特定事件審査(調査)事項について
1.議会の運営について
とすることでよろしいでしょうか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○山内彰 委員長 異議なしと認め、さよう決定をいたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 それでは、次回の委員会は六月二十九日水曜日午前十一時より開催いたします。
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━
○山内彰 委員長 以上で議会運営委員会を散会いたします。
    午前十時二十六分散会
   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 署名
  議会運営委員会
   委員長