議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 大田区

平成19年11月  交通問題調査特別委員会−11月15日-01号




平成19年11月  交通問題調査特別委員会

平成19年11月15日
                 13時31分開会
○丸山 委員長 ただ今から交通問題調査特別委員会を開会いたします。
 本日は、委員会終了後に、バス事業者とコミュニティバスの導入調査についての懇談
会を予定しておりますので、よろしくお願いいたします。
  でははじめに、継続調査事件を一括して上程いたします。
 所管事務報告をお願いたします。なお、質疑につきましては、次回委員会にて行いますので、ご協力をお願いいたします。
◎伊藤 交通事業課長 本日、行政評価結果報告書をお持ちいただいたと思いますので、まず、その報告からはじめたいと思います。
 交通事業本部にかかわる問題として、8番の車椅子対応のエレベーター又はエスカレーターのある鉄道駅の割合というのが、タウンデータとして載せてございます。それをご覧いただきたいと思います。
 そこには、結果として18年度実績82.6%、23駅が対象のうち19駅が、そして目標値も同じく82.6%ということで、これは18年度に流通センター駅が完了したということで、ご理解をいただきたいと思います。
 続きまして、事務事業評価の方でございますが、017ページをご覧いただきたいと思います。京急線の連続立体交差事業という事務事業評価が載ってございます。そこには、直接高架施工機による高架橋構築のための、事業協力並びに事業負担金の支出というところが、今年度の目標でございまして、進捗状況のところに進捗管理型ということもございまして、17年度以前は32.0%が、18年度は43.8%と、19年度以降は54.0%を目標とするということで、これは総合評価の段階を4ということで、現行を維持すべきレベルにあるということで評価をさせていただいているところでございます。
 次に、018ページでございますが、街路事業・街路受託事業でございます。今年度の目標としましては、用地取得率57.2%達成という目標を掲げまして、総合評価段階4、現状を維持すべきレベルにあるということの理解をしているところでございます。
 続きまして、019の?でございます。これは、まちづくり事業でございまして、京急蒲田駅周辺の課題でございます。今年度の目標としましては、地権者組織等活動支援・再開発事業計画案の作成、地区計画の都市計画決定ということを18年度の段階での目標に掲げてございます。これも、概ね順調にいったということで、現行を維持すべきレベルにある、評価4ということを確認させていただいております。
 続きまして019の?、同じく糀谷駅周辺地区でございます。糀谷の今年度目標、18年度目標でございますが、まちづくり重点地区内の地権者組織活動支援、事業化区域案の検討ということで、これについてもすでにご報告させていただいているとおり、現行を維持すべきレベルにあるとの評価をさせていただいているところでございます。
 次に019の?、まちづくり重点地区内の地権者組織活動支援、事業化区域案の検討ということで、全体についてみると、若干遅れているということでございますが、評価としては、現行を維持すべきレベルにあるという評価をさせていただいているところでございます。
 それから020、東西鉄道「蒲蒲線」の整備促進事業でございます。今年度の目標としましては、そこに掲げてあるとおり、促進事業として、整備関係機関への働きかけ、区民への事業効果等の周知を実施する。整備事業化には鉄道整備主体、営業主体、国、都などの合意が不可欠であり、整備促進活動を継続する、ということを目標に掲げてございまして、18年度実績のところ、「蒲蒲線」整備による区内移動、まちづくりへの波及効果に関する調査の実施、更には昨年度でございますけれども「整備促進区民協議会」の開催ということを実施してございます。評価としては4、現行を維持すべきレベルにあるということでございます。
 続きまして、今日の資料、「コミュニティバス導入検討会」運営支援業務委託についてというタイトルをつけさしていただいてございますが、前回いろいろとご議論いただきましたコミュニティバスの経過でございます。プロポーザルによって業者を選定するということを申し上げてきました。そのプロポーザルを実施しましたので、その結果を報告させていただくということです。委託事業名がそこに書いてあるとおりでございまして、支援業務の概要も5項目そこに挙げさしていただいてございます。3番がプロポーザル方式の選定、選定委員としましては交通事業本部長と6人の課長で選定委員会を開いて合議したものでございます。審査の日時は、10月29日、30日にプレゼンテーションの実施と、それから30日に選定会議を実施したものであります。応募業者数は6社ございました。審査の方法は、「技術力」400点と「必要経費見積額」200点、合計600点満点の総合評価実績といたしました。結果的には、そこに書かしていただいているとおり、株式会社アルメックというところでございますが、これは目黒区に本社がございます。そこの業者が、これは関東運輸局からご推薦をいただいたもので、コミュニティバスについては文京区や台東区での実績もございます。そういった意味で非常に現場主義を徹底する、あるいは費用負担に対する配慮等いい点もあり、総合的な視点で実施しまして、最高点427点を取ったということでございます。契約はまだ手続き中でございまして、このとおりいくかどうかわかりませんけれど、契約目途額として630万円を考えさせていただいているところでございます。
◎岡田 再開発担当課長 資料番号19番についてご説明させていただきます。横書きのパンフでございます。この資料は糀谷駅前地区の再開発準備組合が10月27日に反対する会との話し合いに出した資料でございます。
 内容は再開発準備組合が話したいことということで、準備組合が考えていること、再開発を考えるに至った理由・街づくりの五つの目標、また個人的な理由、9名の方の発言、それから話し合いに欠席した方からの手紙4通、4名分が話されております。この欠席した方の手紙は、ここには入ってございません。それから、準備組合が再開発を進める理由、それから権利者の方と話し合いの方針として、都市計画決定にむけて賛同をいただいた方の同意数、所有権並びに借地権、こういったものを反対する会との話しの中で、会を進めるにあたって、準備組合が準備したものでございます。報告をさせていただきたいと思いまして、準備をしました。
 なお、同意者数については、本委員会においても質問がありまして、区としましては準備組合と同意者の方との信頼関係があるので、総数をこれまで説明をしてまいりましたけど、この準備組合の出している資料の15ページを開けていただけるとわかりますとおり、所有権をお持ちの方の同意数、借地権をお持ちの方の同意数、総数の同意数が明記されておりまして、こういったことも全部出しながら、今後の話し合いに臨みたいということでございます。7月27日に反対する会と区との話し合いの中から、反対する会と準備組合がお話をしたいとうことで、区が呼びかけまして、9月8日、10月27日と開催してまいりました。今月は26日、月曜日に開催を予定しております。今後とも地権者同士の話し合いが続きますように、区としては更に努力してまいりたいと考えております。
◎金子 用地担当課長 資料番号20、土地収用法に基づく収用裁決の報告をさせていただきます。本年1月13日の当委員会でご報告いたしました土地収用法に基づく権利取得裁決申請、明渡裁決の申立てにつきまして、10月25日に東京都収用委員会の方から裁決が出されましたので、ご報告いたします。
 この地図の青で塗ってある部分ですが、ここに2件、土地の取得にご協力いただけないところがございました。平成13年から交渉をはじめまして、18年まで約5年間交渉を続けましたが、工事の支障になるために、昨年暮れに東京都収用委員会に申請を出したという内容でございます。図面に2本の線がございますが、上のオレンジ線が道路用地の境界線で、下のピンクの線が鉄道敷にかかる線でございます。特にピンクの線にかかる部分に高架線の柱が建つということで、そのために家屋が工事支障になるということで、裁決申請を出したところでございます。今後補償金をお支払いいたしまして、明渡期限までに建物を除却いただくように折衝してまいりたいと思っております。
◎赤阪 交通事業本部長 11月7日に蒲蒲線の整備促進区民協議会を開催させていただきました。他の委員会の関係で、ご視察になられる委員が多かったのですが、215名の参加をいただきまして、国会議員、都議会議員、顧問にも出席いただきまして、蒲蒲線の整備促進の確認をさせていただきました。後日、東京新聞と朝日新聞に掲載がございます。おかげさまで、改めて促進の確認をさせていただきましたので、これから一層まい進していきたいと思います。ありがとうございました。
○丸山 委員長 それでは、継続調査事件を一括して継続といたします。
 続きまして、継続審査事件の審査に入ります。
 委員の皆様、理事者の皆様、特に何もございませんね。
 (「はい」と呼ぶ者あり)
○丸山 委員長 それでは、継続審査事件を一括して継続といたします。
 次回の日程ですが、第4回定例会中の12月5日、水曜日、午前10時からの開催 を予定しておりますが、よろしいでしょうか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○丸山 委員長 では、そのようにさせていただきます。
 以上で、交通問題調査特別委員会を閉会いたします。
               13時43分閉会