議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 大田区

平成19年 9月  決算特別委員会−09月26日-01号




平成19年 9月  決算特別委員会

平成19年9月26日
               午後2時58分開会
○安藤 委員長 これより、決算特別委員会を開会いたします。
 本委員会の審査案件は、去る9月14日の本会議で付託されました、第68号議案から第72号議案に至る平成18年度一般会計及び各特別会計決算の5件であります。まず、先に配付してあります、決算特別委員会審査日程表(案)及び申し合わせ事項(案)についてお諮りいたします。9月14日に開催した理事会で協議した結果、審査日程表(案)に従い、本日から審査を行うことといたしました。
 また、その他の事項につきましては、申し合わせ事項(案)のとおりであります。
 以上の理事会協議結果についてご異議ありませんか。
 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
 ご異議なしと認め、そのように決定いたしました。
 なお、ただ今決定いたました日程等につきましては、ご着席の皆様には改めて通知はいたしませんので、そのようにご了承願います。
 それでは、審査に先立ち区長からごあいさつがあります。
◎松原 区長 平成18年度の一般会計ならびに特別会計の決算につきご審査を願うため委員会を構成し長時間にわたりご審議を賜りますことを厚く御礼を申し上げたいと思います。本委員会における審議を通じまして、私ども皆さま方のご要望・ご意見を真摯に承りながら、区民福祉の充実にさらに努力してまいりたいと考えています。また平成20年度の予算編成のためにも、より有益なご質問・ご意見をちょうだいできますよう心からご期待申し上げて簡単ではございますが、ご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○安藤 委員長 これより、付託議案の審査に入ります。第68号議案 平成18年度大田区一般会計歳入歳出決算ほか4件を一括して議題といたします。議案の説明は、五件をまとめて行いたいと思います。
 それでは、第68号議案ほか四件について、理事者の説明を求めます。
◎高橋 会計管理者 ただいま上程されました平成18年度各会計決算についてご説明申し上げます。本日各会計歳入歳出決算書議案のほかに、資料といたしまして各会計歳入歳出決算事項別明細書・各会計実質収支に関する調書・財産に関する調書を提出しております。また決算書283ページ以降に各基金運用状況調書・歳入歳出決算概要説明書3ページ以降に、主要施策の成果を記載してございます。その他7月30日から8月3日まで監査委員による決算概要説明聴取が行われ、それに基づきます監査委員からの意見書を添付させていただいております。これは地方自治法第233条第3項の監査委員の意見を付けて議会の認定に付さなければならないことに基づくものでございます。それでは、一般会計歳入歳出決算について、説明させていただきます。
 決算書の様式につきましては、地方自治法施行令第166条第3項で施行規則第16条に定める様式を基準としなければならないと具体的に定められており、それにそって作成しております。まず、決算書の7ページをお開き願います。ここは、平成18年度大田区一般会計歳入歳出決算の総括でございます。歳入決算額は、2272億75万7526円でございます。歳出決算額は、2189億329万4859円でございます。歳入歳出差引残額は、82億9746万2667円うち財政基金繰入額は、41億4758万4千円でございます。9ページから11ページにわたりましては、歳入の款項別に特別区税から特別区債まで予算現額、収入済額等を記載してございます。詳細につきましては、事項別明細書総括で行います。つづいて、12ページ、13ページをお開きください。歳出につきましては、款項別に議会費から予備費まで予算現額、支出済額等を記載してございます。歳入、歳出ともに、前年度と科目の変更等はございません。歳入の事項別明細書の総括が40ページから43ページに記載されてございます。43ページをお開きください。右下の表のとおり収入済額が前年度と比べ6.8%の増、額にいたしまして144億7100万351円の増でございます。これは前年度に比べ特別区税が73億6千万円余、特別区交付金が64億8千万円余、繰入金が26億円余増加している一方、特別区債が28億6千万円余減少していることが主な理由でございます。収入率は前年比0.26ポイントの減でございます。平成18年度収入済額の構成比につきましては、特別区税、特別区交付金、国庫支出金の順となっております。44ページ、45ページをお開き願います。歳出の総括でございます。右下の表のとおり、支出済額が前年度と比べ6.56%の増、額にいたしまして134億7832万2293円の増でございます。執行率は前年比0.48ポイントの減となってございます。支出済額の構成比につきましては、福祉費、総務費、教育費の順となっており前年と変わりませんが、第4位が前年土木費から平成18年度は公債費となっております。歳入歳出差引残額は82億9746万2667円、うち財政基金繰入額は41億4758万4千円、翌年度繰越額が41億4987万8667円となっております。なお、繰越額には、繰越明許費229万6千円が含まれております。次に決算書の268ページから282ページにわたりましては、大田区における財産を記載してございます。土地及び建物につきましては268ページから271ページにかけまして、行政財産と普通財産に分けて記載してございます。次に272ページでございます。有価証券につきましては、国債の満期返戻によりまして、1億5千万円の減でございます。274ページから279ページにかけまして、取得価格100万円を超える物品が記載されてございます。280ページ、281ページは一般会計、特別会計における債権を記載してございます。282ページをごらんください。基金につきまして、積立基金と運用基金に分けて記載しております。積立基金については、このページの中ほどの小計欄にありますように、18年度末現在高は609億6665万1741円で、前年末と比較して、147億5637万2205円の増加となっており、主な基金は、公共施設整備資金積立基金、財政基金でございます。平成18年度で500万円以上の不用額のある事業につきましては、先ほどお配りいたしました資料番号の10番、主な収入における未済額につきましては、同じく資料番号11番にございますので、説明は省略させていただきます。平成18年度の主要施策の成果についてご説明させていただきます。主要施策の成果歳入歳出決算概要説明書の3ページから10ページをお開きいただきたいと思います。平成18年度は、実施計画を中心に主要施策の遂行に努めた結果について記載してございます。前年度に引き続き主要施策について、分野ごとに事業名・内容・決算額について、わかりやすい記載につとめたつもりでございます。一般会計についてのご説明は以上でございます。引き続きまして、平成18年度特別会計決算についてのご説明をもうしあげます。各会計歳出歳入決算書に戻らせていただきます。174ページ、175ページをご覧いただきたく思います。平成18年度大田区職員厚生資金特別会計事項別明細書総括の歳入でございます。予算現額1億175万5千円、収入済額9502万2979円、右下の表にございますように前年度に比べ収入済額13.4%の減、収入率6.49ポイントの減となっております。175ページ、176ページをご覧いただきたく思います。歳出の総括でございます。予算現額1億175万5千円、支出済額9502万2979円、前年度に比べ支出済額7.36%の減、執行率0.02ポイントの増となっております。歳入総額、歳出総額が同額のため、歳入歳出差引金額はございません。次に190、191ページをご覧ください。平成18年度大田区国民健康保険事業特別会計事項別明細書総括の歳入でございます。予算現額666億5247万7千円、収入済額655億4729万6992円、右下の表にございますように前年度に比べ6.01%の増、収入率3.39ポイントの減となっております。一般会計からの繰入金は99億5482万円余、不納欠損額は14億6515万円余、収入未済額は65億8969万円余となっております。192、193ページをご覧ください。歳出の総括でございます。予算現額666億5247万7千円、支出済額648億5037万4653円、前年度に比べ支出済額8.36%の増、執行率1.16ポイントの減となっております。歳入歳出差引額6億9692万2339円は翌年度へ繰越となっております。次に216、217ページをご覧ください。平成18年度大田区老人医療特別会計事項別明細書総括の歳入でございます。予算現額525億9920万8千円、収入済額505億7804万6074円、前年度に比べ収入済額7.92%の減、収入率1.36ポイントの減となっております。218、219ページをご覧ください。歳出の総括でございます。予算現額525億9920万8千円、支出済額503億170万6506円、前年度に比べ支出済額7.16%の減、執行率0.57ポイントの減となっております。歳入歳出差引額2億7633万9568円は翌年度へ繰越となっております。次に234、235ページをご覧ください。平成18年度大田区介護保険事業特別会計事項別明細書総括の歳入でございます。予算現額301億3058万2千円、収入済額301億2553万4934円、前年度に比べ収入済額3.27%の増、収入率0.02ポイントの増となっております。不納欠損額は7588万円余、収入未済額は2億7806万円余となっております。236、237ページをご覧ください。歳出の総括でございます。予算現額301億3058万2千円、支出済額294億4639万3073円、前年度に比べ支出済額2.48%の増、執行率0.73ポイントの減となっております。歳入歳出差引額6億7914万1861円は翌年度へ繰越となっております。
 私の説明は以上でございます。よろしくお願いいたします。
○安藤 委員長 以上をもって、説明を終わります。本日は、これをもって委員会を閉会いたします。
               午後3時12分閉会