議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 目黒区

平成17年第1回臨時会(第1日 5月24日)




平成17年第1回臨時会(第1日 5月24日)





 





   平成十七年第一回臨時会


             目黒区議会会議録





  〇 第 一 日





一 日時 平成十七年五月二十四日 午後一時





一 場所 目黒区議会議場





一 出席議員(三十六名)


          一  番  戸  沢  二  郎


          二  番  工  藤  はる代


          三  番  栗  山  よしじ


          四  番  いその   弘  三


          五  番  坂  本  史  子


          六  番  佐久間   やす子


          七  番  須  藤  甚一郎


          八  番  増  田  宜  男


          九  番  石  川  恭  子


          十  番  橋  本  欣  一


          十一 番  伊  藤  よしあき


          十二 番  今  井  れい子


          十三 番  安  久  美与子


          十四 番  伊  藤     悠


          十五 番  中  島  ようじ


          十六 番  川  崎  えり子


          十七 番  岩  崎  ふみひろ


          十八 番  森     美  彦


          十九 番  高  品  吉  伸


          二十 番  雨  宮  正  弘


          二十一番  つちや   克  彦


          二十二番  鴨志田   リ  エ


          二十三番  寺  島  よしお


          二十四番  小  林  くにお


          二十五番  沢  井  正  代


          二十六番  野  沢  まり子


          二十七番  鈴  木  ?  道


          二十八番  石  山  京  秀


          二十九番  青  木  早  苗


          三十 番  つづき   秀  行


          三十一番  俵     一  郎


          三十二番  島  崎  たかよし


          三十三番  宮  沢  信  男


          三十四番  二ノ宮   啓  吉


          三十五番  木  村  洋  子


          三十六番  下  岡  こうじ





一 出席説明員


       区      長      青  木  英  二


       助      役      佐々木   一  男


       収入役           安  田  直  史


       企画経営部長        粟  田     彰


       区長室長          武  藤  仙  令


       財政部長          齋  藤     薫


       総務部長          横  田  俊  文


       区民生活部長        伊  藤  良  一


       産業経済部長(観光・雇用課長)


                     渋  谷  幸  男


       健康福祉部長        加  藤  芳  照


       健康推進部長(保健所長)  伊  藤  史  子


       子育て支援部長       清  野  久  利


       都市整備部長        鈴  木     勝


       街づくり推進部長      宮  本  次  男


       環境清掃部長        荒  井  英  雄


        ────────────────


       教育長           大  塩  晃  雄


       教育次長・生涯学習推進担当 小笠原   行  伸


        ────────────────


       常勤監査委員        大  竹     勲


       監査事務局長(事務局次長) 市  川  力  也





一 区議会事務局


       局     長       浅  沼  裕  行


       次     長       千  葉     登


       議事・調査担当係長     荒  井  孝  男


       議事・調査担当係長     星  野  俊  子


       議事・調査担当係長     南  沢  新  二


       議事・調査担当係長     田  中  祐  子


       議事・調査担当係長     星  野     正


       主     査       齊  藤  和  子





 第一回目黒区議会臨時会議事日程 第一号


         平成十七年五月二十四日 午後一時開議





日程第一   会期の決定


日程第二   行財政改革・自治権拡充調査特別委員会調査報告


日程第三   再開発・街づくり調査特別委員会調査報告


日程第四   環境整備対策調査特別委員会調査報告


追加日程第一 区議会議長辞職許可


追加日程第二 区議会議長選挙


追加日程第三 区議会副議長辞職許可


追加日程第四 区議会副議長選挙


追加日程第五 議案第四十号 目黒区議会委員会条例の一部を改正する条例


追加日程第六 区議会常任委員会委員選任


追加日程第七 区議会議会運営委員会委員選任


追加日程第八 議案第四十一号 目黒区監査委員の選任の同意について


追加日程第九 議案第四十二号 目黒区監査委員の選任の同意について





   〇午後一時開会





○石山京秀議長  ただいまから、平成十七年第一回目黒区議会臨時会を開会いたします。


 これより本日の会議を開きます。





   ◎会議録署名議員の指名





○石山京秀議長  まず、会議録署名議員を定めます。


 本件は、会議規則第百十七条の規定に基づき、議長から御指名申し上げます。


   十一番  伊 藤よしあき 議員


   二十五番 沢 井 正 代 議員


にお願いいたします。





   ◎諸般の報告





○石山京秀議長  次に、諸般の報告を申し上げます。


 区議会出席説明員につきましては、文書で配付いたしたとおりであります。


 次に、監査委員から、平成十七年三月分の例月出納検査の結果の報告がありましたので、文書をもって報告をいたしました。


 次に、特別区議会議長会の概要につきましては、文書により配付いたしました。


 以上で報告を終わります。


 これより日程に入ります。


 日程第一、会期の決定を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎会期の決定





○石山京秀議長  お諮りいたします。


 今期臨時会の会期は、本日二十四日の一日間といたしたいと思います。


 これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○石山京秀議長  御異議なしと認めます。会期は一日間と決定いたしました。


 次に、日程第二、行財政改革・自治権拡充調査特別委員会の調査報告を行います。





 ────────〇────────





 ◎行財政改革・自治権拡充調査特別委員会調査報告(委員長報告)





○石山京秀議長  本件に関し、委員長の報告を求めます。三十一番俵一郎委員長。





   〔俵一郎委員長登壇〕





○三十一番(俵一郎委員長)  平成十六年第一回臨時会におきまして、行財政改革・自治権拡充調査特別委員会が設置されてから今日まで、付託事項について調査検討をしてまいりましたので、これまでの調査の経過につきまして、ご報告を申し上げます。


 本委員会に付託された事項は、一、行財政改革に関する調査、二、都区制度(清掃事業、財調制度、事務移管、財源配分)に関する調査、三、地方分権、地方財源拡充(三位一体改革を含む)に関する調査、四、財源確保策等に関する調査、五、未利用地(国公有地を含む)の活用に関する調査、以上五項目であります。


 初めに、行財政改革に関する調査について、御報告申し上げます。


 平成十六年十月八日の委員会におきまして、第二次目黒区行財政改革大綱・年次別推進プランに基づく平成十七年度に向けた改革実施策(案)としまして、徹底した行革に取り組むとともに信頼と改革の区政の初年度としてより開かれた区政を一層推進すること、また約十二億円の財源確保を目標とすること、などの報告を受けました。これに対しまして委員から改革項目別の金額や事業見直しによるメリット・デメリットがわかるようにならないか、指定管理者制度にあたっては施設の役割や区民サービスに配慮すべきではないか、職員定数の一割削減の目標に比べて十七年度は過大になっているのではないか、削減だけが区民の目に触れるので施策の充実については区民が希望を持てるようにすべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 平成十七年三月十日の委員会におきまして、予算編成の結果、平成十七年度改革実施策については、財源確保額は約八億三千万円となり、計画に対して約三億五千万円不足するため、さらに経費縮減努力を行うこと、また、人員については、三十八人の増、九十三人の減としたことなどにつきまして報告を受け、十六年度に実施済みとなった項目についても合わせて報告を受けました。これに対しまして委員から、各部で努力した経費削減額がどのように使われていくのか、職員提案制度において事業決定プロセスを公開することや採用された事業に対し予算や人員などの応援体制を整備することが必要ではないか、子育て支援などに区民の声をどう反映させたか、目標による管理制度の施行の進め方はどうなっているか、などについて質疑がありました。


 次に、都区制度に関する調査について、御報告を申し上げます。まず、都区協議主要五課題については、六月二十八日の委員会におきまして、今後とも、大都市事務検討会、清掃関連経費検討会、小中学校改築等検討会の三つの検討会で検討していくこと、都知事あるいは都議会へ働きかけていくことなど当面の行動計画につきまして報告を受けました。これに対しまして委員から、都知事への要請行動の具体的な取り組み方はどうするか、小中学校の改築については国への予算要望も含めて考えるべきではないか、大都市事務の具体的な中身の検討を特別区側で主体的に検討すべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 九月十六日の委員会におきまして、主要五課題に係るPR資料を関係者および区民に配付すること、また第一回都区財政調整協議について、都は新たに「大都市行政」という概念を持ち出してきたが、区はあくまでも「大都市行政」という概念を入り口として大都市事務と財源の整理をするのであれば協議を前に進められると述べたこと、さらに七月二十三日に特別区長会会長名で都知事あて文書で要請行動を行ったことなどの報告を受けました。これに対しまして委員から、区民への周知方法は具体的にわかりやすくすべきではないか、都は「大都市行政」という概念を出してきた理由は何か、都区の財源配分のこれまでの考え方を検証をすべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 十一日二十六日の委員会におきまして、都が「大都市行政」の内容を今後明らかにしていくこと、小中学校の改築経費については平成十九年度から三十七年度まで急増することなどの報告を受けました。これに対しまして委員から、小中学校改築経費の推計については学校統合や児童生徒数などを見込んでいくべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 一月二十八日の委員会におきまして、都から提示された「大都市行政」及び大都市事務の考え方については、提示事業数は二百三十二、約一兆二千億円で、事業数は制度改革前の検討時の約三倍になったこと、政令指定都市の事務が多数含まれている等自治法の本来の考え方に沿っていないことなどにつきまして報告を受けました。これに対しまして委員から、都の主張に対して区側の反論はどこに基点をおいて行うか、都が提示した事業数が前回より三倍になった真意は何か、などにつきまして質疑がありました。


 二月九日の委員会におきまして、都の提示した大都市事務に対する区側の主張については、自治法上、都が行う大都市事務の範囲は限定されたものであるが拡大解釈していること、制度改正前に比べて都提示事業数を三倍増とすることは法的に問題があること、区の資産では今後検討が必要なものを含めても大都市事務経費は八千三百億円となること、などにつきまして報告を受けました。これに対しまして委員から、制度改革前からの議論の積み上げを前提に交渉すべきではないか、今後都区で検討すべき事務は整理されていくか、この際区側でも合併論議を盛り上げていくべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 三月十日の委員会におきまして、区側から都に対して大都市事務については自治法に基づいて都区の役割分担を行うことなどの主張を行うとともに積極的で前向きな協議を行ってほしい旨の申し入れを行い、都側も前向きに協議をしていくとの確認を行った、との報告がありました。


 四月二二日の委員会におきまして、大都市事務経費は都から提示された約一兆二千億円に対して区側の試算では約六千八百億円となること、また、今後の検討の進め方につきましては、今までの検討状況を踏まえた上で財調協議会において協議が行われることなどの報告がありました。これに対しまして委員から、協議のタイムリミットに向けた見通しはどうか、区の役割や権限委譲を都へ働きかけるべきではないか、小中学校の改築経費の問題については少人数制教育など区側の実態を具体的に示していくべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 五月十三日の委員会におきまして、二十三区共同で主要五課題に関する一般区民向けPR資料をつくったので、住区や自治会長に配布するともとに、地区サービス事務所など主要な施設に置いたり、各会合などでも積極的にPRに努めるとの報告がありました。これに対しまして委員から、PRについては区民生活への影響などわかるように行うとともに区の特色ある施策とあわせてやるべきではないか、区民に積極的にアピールし区民を巻き込んだ取り組みが必要ではないか、十七年度末までに結論が出ずに積み残すことはないか、清掃四経費の完全移管についての状況判断はどうか、小中学校の改築経費については目黒区独自の要素を取り入れた推計値を出すべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 次に、清掃事業につきましては、六月二十八日の委員会におきまして、理事者よりこれまでの経緯及び二十三区共通の検討課題につきまして報告を受けました。これに対しまして委員から、各区の分担金のあり方は再検討するべきではないか、清掃工場のガス化灰溶融炉の設置などについては区民との情報交換をもっとしていくべきではないか、地域処理としてのブロック化は固まったものか、などにつきまして質疑がありました。


 十一二十六日の委員会におきまして、今後区長会で検討していく清掃事業課題二十四項目のうち、清掃一組の抜本的なあり方については、経営体制や計画体系の整備が了承されたこと、抜本的な行政改革の推進や情報の透明性の確保は引き続き検討すること、また操業協定協定の見直しや最終処分場の延命及び確保について今後検討していくことが了承されたことなどの報告を受けました。これに対しまして委員から、ごみ焼却炉の改修など契約のあり方は見直すべきではないか、操業協定の見直しについては議会や地域住民と十分協議をするべきではないか、拡大生産者責任などの根本的な解決策を検討すべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 一月二十八日の委員会におきまして、清掃職員と技能系職員の給料表を一本化し、任用制度の職級に応じた四級構成の新たな業務職給料表をつくること、調整額は支給しないこと、技能系職員の統括技能長、技能長及び技能主任昇任選考に経過措置を設けることなどにつきまして報告を受けました。


 二月九日の委員会におきまして、家庭ごみの有料化に向けた住民との合意形成や手数料額の設定等の課題については基本的には各区で取り組むこととなったこと、一般廃棄物処理業の許可事務については清掃協議会から各区へ移行すること、清掃一組分担金などの公平性を図るため各区別の持ち込みごみ量の推計値の精度を高めること、雇上げ業者との随意契約を約した覚書の見直しをすることなどの報告がありました。これに対しまして委員から、三月十日の委員会におきまして、家庭ごみの有料化はどのくらいの期間で検討するのか、有料化しないでごみの減量に成功している自治体の例にならうことはできないか、ごみの減量に向けてコミュニティーを中心に取り組んできた目黒の特性を生かすべきではないか、家庭ごみの有料化より発生抑制ということに取りくむべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 四月二十二日の委員会におきまして、長期的なごみ量推計の手法については家庭系、事業系それぞれのごみの発生量から排出抑制量を引いたものとすること、廃棄物処理手数料は前回改定から十年以上たち、処理原価と大きく乖離しているため、改定時期や算定方法、額などにつきまして今後検討していく、との報告を受けました。これに対しまして委員から、建築廃材や残土等産業廃棄物の影響はどうか、二十三区の計画よりごみ量が大分下回っていることは評価すべきではないか、全体のごみ減量の目標値を高めるべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 五月十三日の委員会におきまして、清掃協議会の事務については各区等に移管し廃止すること、清掃一組分担金の算出方法については現在の人口割からごみ量割に改め、各区の減量努力が反映されるよう改めること、二十三区の清掃事業の統一ルールを検討した結果、全体百三十七項目のうち、各区対応とするもの百九項目、統一ルールに基づくもの十九項目、廃止が九項目となったことなどの報告を受けました。これに対しまして委員から、目黒区の分担金の増減はどうなるか、分担金の算出を人口割にしたことにより影響がある区との間に曲折はないか、ごみ焼却炉の改修に伴う契約は透明性を確保するため統一ルールからはずせないか、などにつきまして質疑がありました。


 八月二十七日の委員会におきまして、中央防波堤外側埋立処分場、粗大ごみ破砕処理施設、中防不燃ごみ処理センター等、十二月十日の委員会におきまして、多摩川清掃工場の視察を行いました。


 次に、地方分権、地方財源拡充に関する調査について、御報告を申し上げます。


 六月十一日の委員会におきまして、理事者から経過報告を受け、国による地方分権の経緯及び東京都の地方分権推進計画の経緯、また国の地方分権改革推進会議から出されている地方の自由度拡大等の意見について報告を受けました。これに対しまして委員から、国や都と議論する際は区議会と一緒になって行動すべきではないか、地方分権を具体的に施策化していくための庁内体制はどのようになっているか、都による事務の移譲についての検討状況はどうなっているか、などについて質疑がありました。


 また、国による三位一体改革については、国庫補助負担金の改革、税源移譲、交付税の改革を一体で行うものであるが、十六年度においては、国庫補助負担金の改革で約一兆円削減され、約六千五百億円の税源移譲が行われること、それによる目黒区への影響額については、約三千七百万円の減額となるとの報告がありました。これに対しまして委員から、福祉や教育など住民に直接関係する財源は確保するべきであるが、区は国庫補助負担金の削減をどうとらえているか、などにつきまして質疑がありました。


 二月九日の委員会におきまして、平成十七年度予算案における三位一体改革の影響については、国庫補助負担金が約三億八百万円削減される一方で財源移譲が約四億六千百万円行われるため、約一億五千三百万円が余剰財源となるが、この分は財調で調整されることとなるとの報告がありました。これに対して委員から、二十三区それぞれで影響が異なってくると思うが財調との関係はどうなるか、国民健康保険国庫負担金の都へ移譲に伴う調整交付金の扱いについてはどうなるか、などにつきまして質疑がありました。


 次に、財源確保策等に関する調査について、御報告を申し上げます。


 九月十六日の委員会におきまして、印刷物等広告掲載の平成十五年度の実施結果として、防災活動マニュアル外二種類の印刷物に広告を掲載し、百十三万八千円の収入があったこと、また、十六年度は高齢者保健福祉サービスのしおりの他五種類の印刷物へ広告を掲載し、百八十二万六千円を見込んでいる、との報告を受けました。これに対しまして委員から、収入額と作成経費の関係はどうかなどにつきまして質疑がありました。


 次に、未利用地の活用に関する調査について、御報告を申し上げます。


 六月二十八日の委員会におきまして、区が管理する未利用地及び暫定利用地について報告を受けました。これに対しまして委員から、菅平の用地の立地条件はどうか、伊東保養所区有地の売却の検討はどうか、などにつきまして質疑がありました。


 なお、本特別委員会の付託事項に関連して、本年一月三十一日、二月一日に行政視察を行い、名古屋市では清掃工場へのPFI活用とごみ減量状況について、岐阜市では民間活力戦略会議の設置と市政への反映について調査をいたしました。


 以上が、本委員会でこれまで行ってまいりました調査の報告であります。


 以上で報告を終わります。





○石山京秀議長  以上で、行財政改革・自治権拡充調査特別委員長の報告を終わります。


 次に、日程第三、再開発・街づくり調査特別委員会の調査報告を行います。





 ────────〇────────





 ◎再開発・街づくり調査特別委員会調査報告(委員長報告)





○石山京秀議長  本件に関し、委員長の報告を求めます。三十四番二ノ宮啓吉委員長。





   〔二ノ宮啓吉委員長登壇〕





○三十四番(二ノ宮啓吉委員長)  平成十六年第一回臨時会におきまして、再開発・街づくり調査特別委員会が設置されてから今日まで、議会において認められました本委員会の調査期間が満了いたしましたので、これまでの調査の経過並びに結果について、御報告を申し上げます。


 本委員会に付託された事項は、一、中目黒再開発に関する調査、二、自由が丘地区整備(中心市街地活性化事業を含む)に関する調査、三、大橋地区整備に関する調査、四、複合施設の建設に関する調査、の四項目であります。


 各付託事項別に調査の経過について、御報告申し上げます。


 初めに、中目黒再開発に関する調査について、御報告申し上げます。


 平成十六年六月十一日の委員会におきまして、上目黒一丁目地区市街地再開発事業の経過、事業施設建築物実施設計及び今後のスケジュールについて、報告を受けました。これに対しまして委員から、区を含めた権利変換計画の進捗状況、再開発ビルの風対策は検討されているのか、再開発区域の商業の活性化についてどのようなコンセプトを持っているのか、などにつきまして質疑がありました。


 六月二十八日の委員会におきまして、上目黒一丁目地区市街地再開発事業予定地区の視察を行い、七月十二日の委員会におきましても、経過並びに現状についての報告を受けました。


 七月二十三日の委員会におきまして、再開発組合からの権利変換承諾書の提出依頼のあった件について、財産価格審議会、公有財産管理運用委員会を経て、区政運営会議において組合の評価が適正であると判断したため、承諾書を提出した旨、情報提供を受けました。


 八月二十七日の委員会におきましては、公共施設整備等に係わる説明会の開催についての情報提供がありました。


 本年二月九日の委員会におきまして、再開発組合では、区営住宅の解体工事に備えて仮設交番の設置工事を行っていること、テレビ電波障害対策を検討するための電波障害調査を実施していること、当初の予定より約半年程度の遅れはあるものの約八割の関係権利者から承諾を得ていること、などの報告を受けました。これに対しまして委員から、交番の移転費用を再開発組合が負担する理由は何か、関係利権者の承諾状況は件数だけではなく敷地面積でも把握すべきではないか、などにつきまして質疑がありました。


 四月二十二日の委員会におきまして、再開発組合の理事長が変更となったこと、関係権利者の承諾率が九十一パーセントとなり、現在、二十数名の方と調整を行っており、今後、権利変換計画の縦覧、認可申請等の手続きを経て、七月に既存建物の解体に着手すること、などの今後の予定について報告を受けました。


 また、三月十日の委員会では、「上目黒一丁目地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例の一部を改正する条例」を審査いたしまして、本条例について、これを原案どおり可決すべきものと議決いたしました。


 なお、平成十六年六月二十八日、九月十六日の各委員会におきまして、「上一再開発に関する陳情」について審査いたしました。


 次に、自由が丘地区整備に関する調査について、御報告申し上げます。


 平成十六年六月十一日の委員会におきまして、自由が丘駅周辺地区整備事業の概要及び経過についての報告を受け、六月二十八日の委員会におきまして、自由が丘駅周辺地区の視察を行いました。さらに、七月十二日の委員会におきましても、現状及び今後の予定、などについて報告を受けました。


 また、七月十二日の委員会におきましては、自由が丘地区のまちづくり会社株式会社ジェイ・スピリットにより、平成十六年度国土交通省受託調査として、「トランジットモールと楽しく、安全に歩ける歩行空間の創出実験をテーマに、歩行者専用時間帯のバス・トランジットモール化、ひのき通りの交通バリアフリー対策、駅南口商店街を対象に路上荷さばき車対策、駅前広場周辺の放置自転車を減らす不法駐輪対策、などを一定期間実験し、その効果を検証することによって、誰もが安全で快適に歩け移動できるまちの実現につなげていくことを目的とする、自由が丘駅周辺交通社会実験の実施について、情報提供を受けました。


 この交通社会実験につきましては、十月四日の委員会におきまして、具体的な実験内容について情報提供を受け、十一月二十六日の委員会におきまして、現地の視察を行い、本年三月十日及び四月二十二日の委員会におきまして、この結果について情報提供を受けました。


 この実験に対しまして、委員から、行政と協働で行った今回の実験は評価できる、この実験で抽出された問題点や課題については、今後、地元と協議を行って、所期の目的を達してほしい、などの意見が述べられました。


 五月十三日の委員会におきまして、平成十六年度国の制度改正により、「まちづくり総合支援事業」が廃止され、「まちづくり交付金」制度が新設されたため、地元と協議のもと、「自由が丘地区まちづくり事業計画(案)」の再構成の作業を進めていること、今後、地元や関係機関との協議・調整を経て、新たな制度に即した「都市再生整備計画」をまとめ、事業展開を図っていくこと、また、自由が丘駅前西地区について、早期の再開発準備組合設立及び事業が円滑に進められるよう引き続き支援していくこと、さらに、自由が丘東地区まちづくり勉強会の活動を引き続き支援し、関係者の意向に沿ったまちづくり方針を定めていく予定であること、などについて報告を受けました。


 これに対しまして、委員から、都市計画道路と関連している北西地区の動きはどのような状況なのか、設立が予定されている再開発準備組合と株式会社ジェイ・スピリットの役割分担並びに区のかかわり方はどのようになるのか、大井町線・東横線の地下化・高架化にどう対応するのか、また、住宅地でもある自由が丘地区に暮らしている人々の発想も取り入れるべきではないか、などについて質疑がありました。


 自由が丘地区整備に関しては、これ以外にも、自由が丘駅構内のバリアフリー化に伴う昇降機等設置工事について、情報提供を受けました。


 次に、大橋地区整備に関する調査について、御報告申し上げます。


 平成十六年六月十一日の委員会におきまして、大橋一丁目地区整備事業の概要並びに経過についての報告を受け、六月二十八日の委員会では、再開発予定地区の視察を行いました。


 七月十二日の委員会におきまして、引き続き大橋一丁目地区整備事業の経過並びに現状について、報告を受けました。これに対しまして、委員から、日照問題について事業主体である東京都に対し区として具体的にどのような軽減が図られるか、働きかけを行っているのか、などにつきまして質疑がありました。


 八月二十七日の委員会におきまして、平成二十一年度の事業完了を目途に、東京都は本年度中の事業計画決定に向け、施設建築物の基本設計や事業計画図書の作成などの諸作業を行うとともに、地権者との権利調整や補償問題の協議、公共施設管理者との協議調整が行われていること、都市高速道路中央環状新宿線大橋ジャンクションの建設については、十八年度の供用を目指し、敷地内にループの南側半分を掘削工事が終了したこと、また、一部周辺住民からの超高層ビルの計画変更要望については、事業計画段階で日影軽減に努めることとしていること、商店街関係者等からは、国道二四六号線玉川通りの環境改善を求められていること、さらに、区に直接かかわる公共公益施設については、関係所管と協議調整を行っていること、などについて情報提供を受けました。


 これとあわせて、大橋ジャンクションループ部北側工事説明会の開催について、情報提供を受けました。


 十一月五日の委員会におきまして、東京都の事業計画決定に向け、区の実施計画に基づく大橋一丁目公共公益施設の整備について関係所管と協議調整を行ったところ、再開発地区内に整備される広場は約二千九百二十平方メートルとなり、一か所は新たに公園として整備すること、区画道路は既存区道を拡幅して整備すること、再開発ビル内には、大橋図書館、北部地区サービス事務所、北部保健福祉サービス事務所、集会施設が入居する予定であること、大橋ジャンクション内に備蓄倉庫を整備する方向で協議していくこと、施設規模はあわせて実施計画どおりの延べ二千平方メートルであること、などを主な内容とする大橋地区再開発事業における公共公益施設の取り扱いについて報告を受けました。


 これに対しまして、委員から、再開発ビル内の公共施設は既存施設と同等程度の面積を確保できているのか入居予定の公共施設の売却・処分などにかかわる財政計画を立てているのか、また、図書館の九階設置については十分な検討が行われているのか、などにつきまして質疑がありました。


 十一月二十六日の委員会におきまして、大橋一丁目周辺地区整備構想を具体化するための地区整備方針づくりに当たり、街づくりの検討及び意見交換の場として、整備構想区域内の住区住民会議、町会・自治会、商店街から選出された住民を構成員とする「大橋一丁目周辺地区街づくり懇談会(仮称)」の設置について、報告を受けました。


 これに対しまして、委員から、懇談会での意見・要望等の取り扱い方法、検討期間が短くはないか、参加者は男女比に配慮しつつもっと幅広い層から選出すべきではなかったか、などの質疑がありました。


 なお、同日の委員会におきまして、大橋二丁目首都高速道路公団用地の視察を行いました。その後、「首都高速道路公団に対し公団取得用地の一部を地域住民の意向を踏まえ提供することを要請することについての陳情」の審査をいたしました。


 さらに、再開発区域内の地権者等を対象に、事業計画案の内容や今後のスケジュール、意見書の提出方法などについて周知するための、大橋地区第二種市街地再開発事業にかかわる事業計画案の説明会の開催について、情報提供を受けました。


 十二月十日の委員会におきまして、「大橋一丁目周辺地区街づくり懇談会」を開催したところ、女性三名、男性十一名の計十四名の参加があったこと、住民から、再開発事業によって新たに生ずる問題と従前からの問題が混在しており整理が必要である、ループ内の芝生の管理は適切になされるのか、などの意見・質疑があったことについて、報告を受けました。あわせて、東京都において東京都市計画事業大橋地区第二種市街地再開発事業施行規程案が上程された旨、情報提供を受けました。


 本年三月十日の委員会におきまして、大橋地区第二種市街地再開発事業の事業計画内容について、国土交通大臣の認可を受けたことについて、情報提供を受けました。


 四月二十二日の委員会におきまして、東京都が平成十七年三月二十二日付けで大橋地区第二種市街地再開発事業の事業計画を決定したのに伴い、同日付で関連図書の縦覧について告示したことについて、報告を受けました。


 大橋地区整備に関しましては、これ以外にも、大橋地区第二種市街地再開発事業に係る事業協力者の公募・決定、などについて情報提供を受けました。


 なお、再開発及び街づくり全般に関する調査として、本年一月三十一日及び二月一日に行政視察を行い、高岡駅前西第一街区地区の第一種市街地再開発事業、福井市の中心市街地活性化に向けたトランジットモール等社会実験について調査いたしました。


 最後に、複合施設の建設に関する調査について申し上げます。


 本委員会が所管する複合施設につきましては、校舎改築にあわせて、地区プール及び地区・保健福祉サービス事務所の整備が予定されている目黒区立碑小学校が調査対象とされておりますので、これについて申し上げます。


 平成十六年六月十一日の委員会におきまして、「くすのき」・「碑の森」の保存、屋上緑化の推進、普通教室におけるセミオープン方式の導入、不審者対策として学校と地区施設の出入り口の分離及び正門への電気錠の設置、などを内容とする碑小学校校舎改築等工事基本設計(案)について、報告を受けました。工事完了予定が一年繰り上げられたこと、地上四階建から五階建に規模を変更したこと、延べ床面積が増加していること、などもあわせて報告を受けました。


 これに対しまして、委員から、職員室を校舎の端に配置した理由は何か、学校と地区保健サービス事務所との関連、などにつきまして質疑があったのに対しまして、職員室については、子どもの安全確保を最優先して、学校正門及び校舎出入り口に一番近いところに配置したこと、学校と地区・保健サービス事務所との仕切り部分は一部ガラス張りにして、お互いの動きは見えるものの、直接の往来はできないようにすること、敷地周辺にフェンスを廻らせて開放性を保ちつつ地域住民が見守る中で安全を十分確保する、との答弁がありました。


 六月二十八日の委員会におきまして、現地の視察を行いました。その後、委員から、地区プールのユニバーサルデザインはどのように取り入られるのか、樹木の移植・再利用計画の内容、上層部にプールを設けその下層に第二体育館を設置することによる構造体の耐震性の問題、職員室の位置変更及び体育館の練習用コート整備などについて基本設計(案)の修正は可能なのか、につきまして質疑がありました。


 こうした経緯を受け、七月二十三日の委員会におきまして、児童の安全性対策を強化するため、職員室の位置は変更しないものの廊下を直線として見通しを良くするとともに、校長室を南側から、校庭を見渡せる北側に変更したこと、柱・はり等の構造及び体育館関連事業については、実施設計の中で再検討すること、防災倉庫の出入口を拡張すること、などを含む基本設計(案)の修正案について、報告を受けました。


 これに対しまして、委員から、仮設校舎の設置場所及び工事費などについて質疑があった後、この修正案により地元説明会を行うことについて、了承いたしました。


 この基本設計(案)地元説明会については、八月二十七日の委員会におきまして、七月に三回開催したところ、合計三十八人の参加があり、シックスクール対策、校舎解体工事の子どもの安全確保、校庭の材質等について質疑応答がなされ、その結果、理解が得られたとする報告を受けました。これにあわせて、碑小学校校舎改築等工事に伴う仮設校舎の配置図、各階の平面図及び工程表について、報告を受けました。


 本年一月十四日の委員会におきまして、建物の構造について、安全・経済性、さらに将来の改修も視野に入れて見直しを行ったこと、体育館に新たなミーティングルームを設置すること、防災倉庫を校庭側へ移設すること、などを内容とする碑小学校校舎改築等実施設計(中間のまとめ)について、報告を受けました。


 これに対しまして、委員から、屋上緑化の維持管理方法、省資源・省エネルギー対策などの環境への配慮について具体的な検討はなされているのか、安全な避難路・非常口は確保されているのか、防災倉庫への車の出入りは可能か、などについて質疑がありました。


 三月十日の委員会におきまして、これらを受けて変更・追加されました碑小学校校舎改築等工事実施設計(案)について、報告を受けました。その際、委員から、敷地内のネットフェンスの高さと形状では不審者の侵入を防げないのではないか、屋外に非常階段を増設できないか、家庭科室の調理台配置は適切か、などについて質疑があった後、この案により地元説明会を行うことについて了承いたしました。


 なお、実施設計(案)の一部手直しについては、再度、報告を受けることとしました。


 実施設計(案)の一部修正については、四月二十二日の委員会におきまして、敷地周辺のメッシュフェンスは、高さをすべて一・八メートルとして「しのび返し」をつけ、足がかからないように形状も変更すること、非常階段の屋外設置は難しいが、内部階段に排煙窓を設けることにより、より一層の安全性を確保すること、家庭科室はランチルームと兼用する設計にはなっていないため調理台の配置は従前どおりとすること、などの報告を受けました。


 五月十三日の委員会におきまして、実施設計(案)の説明会の実施状況について、三回開催したところ、合計八十二人の参加があり、学校内での児童の安全対策、既存樹木の保存状況、周辺道路の交通安全対策等について質疑応答がなされた結果、理解が得られたとする報告を受けました。


 以上が、本委員会でこれまで行ってまいりました、調査の経過並びに結果であります。


 報告を終わります。(拍手)





○石山京秀議長  以上で、再開発・街づくり調査特別委員長の報告を終わります。


 次に、日程第四、環境整備対策調査特別委員会の調査報告を行います。





 ────────〇────────





 ◎環境整備対策調査特別委員会調査報告報告(委員長報告)





○石山京秀議長  本件に関し、委員長の報告を求めます。十八番森美彦委員長。





   〔森美彦委員長登壇〕





○十八番(森美彦委員長)  平成十六年第一回臨時会におきまして、環境整備対策調査特別委員会が設置されてから今日まで、議会において認められました本委員会の調査期間が満了いたしましたので、これまでの調査経過並びに結果について御報告申し上げます。


 本委員会に付託されました事項は、一、環境、公害、美化対策に関する調査のうち、ISO14001に関すること、ポイ捨て防止等まちの環境美化に関すること、大気汚染に関すること、二、放置自転車等に関する調査、三、中央環状品川線等に関する調査、四、東急目黒線(駅周辺整備を含む)に関する調査の四項目であります。


 各付託事項別に調査の経過についてご報告申し上げます。


 まず初めに、ISO14001について申し上げます。


 六月十一日の委員会で、五月に改定されたISO14001環境方針全般について報告があり、八月二十七日の委員会では、職員研修の実施状況と研修体制、内部監査の結果について、また、外部審査機関による更新審査の結果と指摘事項について報告がありました。


 その際委員から、職員研修について環境マネジメントの実施の目的や手順の理解が十分でない面が指摘されているが、研修の見直しが必要ではないか、また、公共事業は多くのエネルギーや資源を使うものだが、現場でどのような指導をしているのか、エレベーターの運転方法の見直しでは、庁舎の階段を使いやすくする方策は考えているのか、ISOの施策としては総合庁舎を中心に行っているが、今後はどのように地域や学校に広げ、連携をしていくのかとの質疑がありました。


 三月十日の委員会では、エコオフィスの十六年度の実績報告と、平成十七年度に、二〇〇四年のISO規格改定にあわせた見直しを行い、各所管の主体性を発揮させていくために部門管理制度を導入し、区内事業者や区関連事業者・団体には引き続き環境への配慮を求めていきたいとの報告がありました。


 次に、ポイ捨て防止等まちの環境美化について申し上げます。


 六月二十八日の委員会で、ポイ捨て防止キャンペーンの実施について、九月十六日の委員会では、十月から区内の主要六駅を中心としたポイ捨て防止駅頭啓発活動を委託により実施するとの報告がありました。


 その際委員から、ポイ捨て防止策としては、条例の周知と罰則の徹底が効果的だが、罰則の実績はあるのか、周知方法の工夫は検討されているのか、また、ボランティアや商店街等、地域との連携について、目黒線等他の駅への拡大予定はあるのか、キャンペーンと啓発活動は、どう違うのか等の質疑がありました。


 一月十四日の委員会では、権之助・大鳥スイーパーズの発足について報告があり、委員から、区の支援、連携体制と、今回参加の私立の学校の取り組み体制について、ボランティア登録のアダプト制度導入は検討されているのか、との質疑がありました。


 次に、大気汚染に関する調査について申し上げます。


 十月八日に中央環状品川線換気所予定地、及び京浜島低濃度脱硝技術実験施設、十一月二十六日に大坂橋大気浄化実験施設を、本年一月に兵庫県尼崎市の国道四十三号線沿道等大気汚染対策の視察を行っております。


 三月十日の委員会では、ディーゼル車走行規制により、大坂橋の自動車排出ガスの成分であるカーボンが、対十五年比で二十パーセント、対十三年比で四十四パーセント減となり、効果があったとの情報提供がありました。


 次に、放置自転車等について申し上げます。


 十月八日の委員会では、駅前放置自転車クリーンキャンペーン実施について報告がありました。


 また、十二月十日に下目黒自転車集積所上棟視察を、三月十日に竣工視察を行いました。


 七月二十三日の委員会では、上目黒一丁目再開発施設に自転車駐輪場を五百台整備するとの情報提供があり、本年二月九日の委員会では、駐輪場用地として都立大学駅近くに一〇二平方メートル、購入金額七千五百七万円余で土地開発公社が取得し、区で取得後十七年度に設計、十八年度後半に供用開始を予定しているとの情報提供がありました。


 その際委員から、立体駐車場にした場合にかかる経費についてはどうか、深沢マンションの建築では、駐輪場の確保は近隣住民と行政との申し合わせにあるが、行政は指導をしているのか等の質疑がありました。


 先の五月十三日の委員会では、区の放置自転車対策基本計画(案)がまとまり、自転車を交通手段の一つとして位置づけた上で、適正利用の推進と放置自転車のない安全なまちづくりを目的とすること、計画の期間は十カ年であること、撤去の強化を図るため、棄損集積場の高度利用や区内・区外の未利用地を活用した方策を検討していくこと、駅別駐輪場整備計画についての報告がありました。


 その際委員から、モラルの向上をどう図っていくのか、保管場所取得の見通し、最近見かける大型バイクの放置は道路交通法違反だが、警察に撤去の要請をしているのかとの質疑がありました。


 なお、指定管理者制度につきましては、二月九日の委員会で、公の施設である駐輪場十一施設については、該当施設となることから、検討した結果、公募するとの実施方針(案)の報告があり、五月十三日の委員会で、導入にあたっての基本的な考え方と今後の手続き、概要について報告がありました。


 これに対し委員から、現行受託団体の評価・選定の前に、行革推進本部で公募か継続かを既に決定しているが、手続き的に問題ではないのか、なぜ公募としたのか、なぜ利用料金制をとるのか、現在委託しているシルバー人材センターを民間企業と同列に競争させることは、高齢者の雇用確保という区の施策と矛盾しないのか、評価が低い場合、期間内での変更はあり得るか、応募状況や評価基準の報告はあるのか、個人情報保護をどう担保するのか、自転車駐輪業というのは東京ではなじみがないようだが、業態についても選定基準に入れるべきではないのか等の質疑があったのに対しまして、公募としたのは、民間のノウハウも積極的に導入しサービスの向上を図るためであり、また、駐輪場の支出は収入とほぼ同額であることから利用料金制が適用しやすい等により決定した。応募状況や選定基準は適宜報告していく。個人情報保護については、公募に当たって、協定書に個人情報の保護に関する規定を定めるなど、個人情報保護に努めていくとの答弁がありました。


 なお、一月に兵庫県西宮市の放置自転車対策の視察を行いました。


 次に、中央環状品川線等について申し上げます。


 六月十一日の委員会で、先に提出した区の意見が、都知事の意見書にどう反映されたのかについて情報提供がありました。


 七月二十三日の委員会では、品川線を中央環状線に追加する都市計画決定への区の意見として、都市計画審議会の答申を踏まえ、区として基本的には異議のないものとしながらも、附帯意見として、安全対策と周辺環境対策、地域住民への理解と協力に努めること、中目黒換気所には最新の開発技術を導入すること、環境負荷の低減、トンネル内の防災・換気等設備の設置、事後調査の徹底等を付け、提出するとの報告がありました。


 その際委員から、五反田の出入り口付近での交通量が増加するとの認識はあるか、都市計画審議会ではどのような意見が出されたのか、トンネル内の事故対策について都と協議しているのか等の質疑がありました。


 十一月十二日の委員会で、環境影響評価書についての報告があり、区としては、大気質、騒音、振動、地盤沈下、景観等概ね妥当であると評価し、今後工事説明会等があるので実施するに当たって反映されているかどうかについて確認していきたい。なお、十一月十五日から環境影響評価書と都市計画決定の告示・縦覧を行うとの報告がありました。


 その際委員から、区内を通る環状線であり、この評価書と、区の考えをホームページ等で公表すべきではないか、全体的には、区の意見や住民要望が盛り込まれたと理解していいのか、換気所の脱硝装置の設置については、この評価書の段階では検討するという文言だが、今後、具体的な折衝の場はあるのか、大鳥神社の交差点から五反田の方は、地盤変化、流動化の危険性が非常に高い地域で、区の防災計画にも危険地域ということで図示されているが、都市計画審議会や環境評価の中で検討はされたのかとの質疑がありました。


 四月二十二日の委員会では、品川線の事業実施に先立ち、五反田・中目黒の換気所及び出入り口付近の局地的な大気の状況を把握するため、首都高速道路公団が調査するとの情報提供がありました。


 なお、十月八日の委員会で、五反田等換気所予定地と京浜島で実施している低濃度脱硝技術実験施設を、十一月二十六日に大坂橋交差点での大気浄化実験施設の視察を行っております。


 次に、駅周辺整備を含む東急目黒線につきましては、六月二十八日の委員会で、駅及び高架下利用状況と西小山駅地下化工事状況の視察を行いました。


 以上が、本委員会でこれまで行ってまいりました調査の経緯並びに結果であります。報告を終わります。(拍手)





○石山京秀議長  以上で、環境整備対策調査特別委員長の報告を終わります。


 お諮りいたします。


 この際、追加日程九件を上程いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○石山京秀議長  御異議なしと認めます。


 追加日程九件を上程することに決定いたしました。


 議事の都合により、暫時休憩いたします。





   〇午後一時五十六分休憩





   〇午後一時五十七分開議





○島崎たかよし副議長  休憩前に引き続き会議を開きます。


 追加日程第一、区議会議長辞職許可を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎区議会議長辞職許可





○島崎たかよし副議長  石山京秀議長から辞職願が提出されておりますので、これを朗読いたします。





 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


    辞  職  願


 今般都合により議長を辞職いたしたいので許可されるようお願いいたします。


  平成十七年五月二十四日


        目黒区議会議長


        石 山 京 秀


 目黒区議会副議長様


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


 以上であります。


 お諮りいたします。石山京秀議長の議長辞職を許可することに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○島崎たかよし副議長  御異議なしと認めます。石山京秀議長の議長辞職を許可することに決定いたしました。





   ◎前議長のあいさつ





○島崎たかよし副議長  石山京秀前議長にごあいさつをお願いいたします。





   〔石山京秀前議長登壇〕





○二十八番(石山京秀前議長)  議長退任に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げたいと思います。


 二年間にわたります議長職に対しまして、皆様方から御指導、御協力を賜りまして、まことにありがとうございます。


 区政を取り巻く環境は大変厳しいものがございます。都区制度改革におきます主要五課題の早期解決などいろいろな課題がございますが、この主要課題に対する早期解決は、基礎自治体としての本区にとって大変重要な案件であると思うのであります。この案件に対しまして、都区間協議でいろいろやっておりますが、この進捗状況は大変憂慮すべき状況であると強く感じているところでございます。どうか今後、皆様方とともにこの主要五課題を初め、目黒区の発展のために一生懸命努力してまいりたいと思います。


 二年間におきまして皆様方に本当にお世話になりましたことを、重ねて御礼申し上げまして、簡単ではございますが、議長退任に対してのごあいさつと御礼の言葉といたします。


 ありがとうございました。(拍手)





○島崎たかよし副議長  次に追加日程第二、区議会議長選挙を行います。





 ────────〇────────





 ◎区議会議長選挙





○島崎たかよし副議長  議場の閉鎖を命じます。





   〔議場封鎖〕





○島崎たかよし副議長  ただいまの出席議員数は三十六人であります。


 次に、投票用紙を配付いたさせます。





   〔投票用紙配付〕





○島崎たかよし副議長  投票用紙の配付漏れはございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○島崎たかよし副議長  配付漏れなしと認めます。


 投票箱を改めさせます。





   〔投票箱点検〕





○島崎たかよし副議長  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙は被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 事務局長をして点呼をいたさせます。





   〔氏名点呼・投票〕





○島崎たかよし副議長  投票漏れはございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○島崎たかよし副議長  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 これより開票を行います。


 お諮りいたします。会議規則第三十条第二項の規定により、立会人として、二十六番野沢まり子議員、三十一番俵一郎議員、三十三番宮沢信男議員、三十五番木村洋子議員を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○島崎たかよし副議長  御異議なしと認めます。立会人は以上の議員に決定いたしました。


 開票の立ち会いをお願いいたします。


 それではこれより開票いたします。





   〔開票点検〕





○島崎たかよし副議長  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数      三十六票


  有効投票     三十五票


  無効投票       一票


有効投票中


  宮沢信男議員   二十五票


  野沢まり子議員    五票


  須藤甚一郎議員    五票


 以上のとおりであります。


 投票の多数を得られました宮沢信男議員が議場に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。





   〔議場開鎖〕





○島崎たかよし副議長  ただいま議長に当選されました。宮沢信男議員が議場におられますので、本席から会議規則第三十一条第二項の規定による告知をいたします。





   ◎新議長のあいさつ





○島崎たかよし副議長  宮沢信男議長にごあいさつをお願いいたします。





   〔宮沢信男議長登壇〕





○宮沢信男議長  ただいま目黒区議会議長選挙におきまして、再度議長に当選をさせていただきましたことを心から御礼申し上げたいと存じます。


 選挙結果によりまして、私に寄せられた多くの議員の皆様、本当にありがとうございます。また、目黒区議会の伝統と見識をもってこれから議会運営等に尽力していきたいと思っております。さらにまた、先ほど前石山議長が申されたとおり、都区制度改革については大きな課題になっておりますので、議員各位の皆様方と協力をして、よりよい自治体における都区制度改革に向けて、私も前進をしてまいりたいと思っております。さらにまた、青木新区長が誕生いたしまして丸一年になったわけでありますが、この一年間において、それぞれの議会の議員の皆様方がその立場で意見や発言をしてまいりました。


 そしてまた今日まで、区長初め各理事者の皆様方に議会に対するご理解もいただいたことを、私もこれから努力してまいりたいと思いますし、さらにまた、今後とも御指導、御鞭撻をお願い申し上げたいと思います。


 簡単でございますけれども、議長就任に当たってのごあいさつにさせていただきます。


 本日はありがとうございました。(拍手)





○島崎たかよし副議長  それでは議長、議長席にお願いいたします。





   〔副議長退席、議長席に新議長着席〕





○宮沢信男議長  次に、追加日程第三、区議会副議長辞職許可を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎区議会副議長辞職許可





○宮沢信男議長  島崎たかよし副議長から辞職願が提出されておりますので、これを朗読いたします。





 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


    辞  職  願


 今般都合により副議長を辞職いたしたいので許可されるようお願いいたします。


  平成十七年五月二十四日


        目黒区議会副議長


        島 崎 たかよし


 目黒区議会議長様


 ―――――――――――――――――――――――――――――――――


 以上であります。


 お諮りいたします。島崎たかよし副議長の副議長辞職を許可することに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認め、島崎たかよし副議長の副議長辞職を許可することに決定いたしました。





   ◎前副議長のあいさつ





○宮沢信男議長  島崎たかよし前副議長にごあいさつをお願いいたします。





   〔島崎たかよし前副議長登壇〕





○三十二番(島崎たかよし前副議長)  副議長退任に当たりまして、一言皆様に御礼のごあいさつを申し上げます。


 昨年の臨時議会におきまして、副議長という重積を担わせていただくことになりました。この一年間は、新区長・青木体制の出発の一年でもありましたし、大変あわただしい一年でありましたが、私にとりましては、実のある充実した大変貴重な経験を持たせていただきましたこの一年でございました。


 今後とも区政運営、そしてまた議会活動、一生懸命取り組んでまいりますし、また、区民の皆様方の生活を守るこの議会運営に全力で取り組んでまいりたい、このような決意をいたしまして、皆様に御礼のご挨拶にかえさせていただきます。


 大変にありがとうございました。(拍手)





○宮沢信男議長  次に、追加日程第四、区議会副議長選挙を行います。





 ────────〇────────





 ◎区議会副議長選挙





○宮沢信男議長  議場の閉鎖を命じます。





   〔議場封鎖〕





○宮沢信男議長  ただいまの出席議員数は三十六人であります。


 次に、投票用紙を配付いたさせます。





   〔投票用紙配付〕





○宮沢信男議長  投票用紙の配付漏れはございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  配付漏れなしと認め、投票箱を改めさせます。





   〔投票箱点検〕





○宮沢信男議長  異状なしと認めます。


 念のため申し上げます。


 投票は単記無記名であります。


 投票用紙は被選挙人の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票願います。


 事務局長をして点呼いたさせます。





   〔氏名点呼・投票〕





○宮沢信男議長  投票漏れはございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  投票漏れなしと認めます。


 投票を終了いたします。


 これより開票を行います。


 お諮りいたします。会議規則第三十条第二項の規定により、立会人として、十一番伊藤よしあき議員、二十六番野沢まり子議員、三十一番俵一郎議員、三十五番木村洋子議員を指名いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。立会人は以上の議員に決定いたしました。


 開票の立ち会いをお願いいたします。


 開票いたします。





   〔開票点検〕





○宮沢信男議長  選挙の結果を報告いたします。


 投票総数      三十六票


  有効投票      三十票


  無効投票       六票


有効投票中


  つづき秀行議員   三十票


 以上のとおりであります。


 投票の多数を得られましたつづき秀行議員が副議長に当選されました。


 議場の閉鎖を解きます。





   〔議場開鎖〕





○宮沢信男議長  ただいま副議長に当選されました、つづき秀行議員が議場におられますので、本席から会議規則第三十一条第二項の規定による告知をいたします。





 ◎新副議長のあいさつ





○宮沢信男議長  つづき秀行副議長にごあいさつをお願いいたします。





   〔つづき秀行副議長登壇〕





○つづき秀行副議長  ただいま、副議長御推薦をいただきまして、まことにありがとうございました。


 皆様御存じのように、本会議にいろいろな問題が山積しておりますけれども、武者小路実篤さんの言葉ではございませんが、「君は君、我は我なり、されど仲よき」というのがございます。それぞれの人格を尊重しながら、区民の方々に御期待にこたえるよう、副議長という立場で努力したいと思いますので、どうぞよろしくお力添え賜りますようお願い申し上げます。


 まことにありがとうございました。(拍手)





○宮沢信男議長  次に、追加日程第五を上程いたします。





 ────────〇────────





 ◎議案第四十号 目黒区議会委員会条例の一部を改正する条例





   〔事務局長朗読〕





○宮沢信男議長  提出者から提案理由の説明を求めます。三十五番木村洋子議員。





   〔木村洋子議員登壇〕





○三十五番(木村洋子議員)  ただいま上程になりました追加日程第五、議案第四十号、目黒区議会委員会条例の一部を改正する条例につきまして、提出者を代表して提案理由の説明を申し上げます。


 本案は、子供や子育てについて福祉と教育の両面から総合的、横断的に審議するため、区議会の常任委員会の名称及び所管を変更するため、条例改正の必要を認め、提出した次第であります。


 条例案の内容は議案記載のとおりでありますが、以下その概要について御説明申し上げます。


 議案添付資料、目黒区議会委員会条例の一部を改正する条例案、新旧対照表をごらん願います。上欄が現行条例、下欄が改正案であり、傍線を引いた箇所が改正点であります。


 生活福祉委員会につきましては、健康福祉部及び福祉事業所が所管する事項から、子育て支援課及び保育課が所管する事項を除くものであります。


 現行の文教委員会につきましては、委員会の名称を文教・子ども委員会に改めるとともに、その所管事項を健康福祉部子育て支援課及び保育課福祉事務所子育て支援課及び保育課並びに教育委員会とするものであります。


 附則について申し上げます。


 第一項は、本条例を平成十七年五月二十四日から施行する旨、定めるものであります。


 第二項は、条例の改正に伴う経過措置を定めるものであります。


 よろしく御審議の上、可決くださいますよう、お願い申し上げます。


 提案理由の説明を終わります。





○宮沢信男議長  本案について御質疑はございませんか。





   〔「なし」「十三番安久」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  十三番安久美与子議員。





○十三番(安久美与子議員)  ただいま提案されましたことについて一点だけ伺います。


 この改正のところに、順番ですけれども、健康福祉とその他が先にもってきて、教育委員会というのが後に来ておりますが、最初、文教・子ども委員会となっておりますから、教育委員会が先に来るのが順当ではないかと私は考えますが、これに関しては、何か御議論、あるいは検討がなされたのかどうか、伺います。





○三十五番(木村洋子議員)  この件につきましては、そういった御議論もございましたけれども、各所管するところ、区長部局からの流れということでございまして、そういった議論の中でもございましたが、それを尽くした後に、今申し上げました文教・子ども委員会に定めることとなりました経緯でありますので、御理解いただきたいと思います。





○十三番(安久美与子議員)  文教委員会、今まで所管は教育委員会となっておりましたね。それに今回、この提案によって「子ども」をつけるわけですから、私は、考える筋としては、教育委員会が先にあって、それに追加というのが筋ではないかと考えますが、皆さんいかがお考えになるのか。


 今のお答えでは、私もちょっと納得しませんが、いろいろ検討した結果こうなったというわけですが、そうではないでしょうか。教育委員会のお考えもお伺いしたいと思います。





   〔発言する者あり〕





○宮沢信男議長  安久議員、先ほど提案者の朗読の中にありましたけれども、今、改めて提案者から答弁をさせていただきましたけれども、今、安久議員の教育委員会からという話は、ちょっと質疑が適切でないかというふうに思いますので、御了解をいただきたいと思います。





   〔「そんなことないよ、はっきり言ってあげればいいじゃない」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  よろしいですね。ほかに御質疑ありませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。本案は会議規則第三十七条第二項の規定により、委員会会付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。本案は、委員会付託を省略することに決定いたしました。


 これより採決を行います。


 議案第四十号につきましては、原案のとおり可決することに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。本案は、原案のとおり可決いたしました。


 次に、追加日程第六、区議会常任委員会委員選任を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎区議会常任委員会委員選任





○宮沢信男議長  お諮りいたします。常任委員会委員の選任につきましては、委員会条例第五条の規定により、次の議員を指名いたしたいと思います。


  企画総務委員会


   四  番  いその 弘 三 議員


   七  番  須 藤 甚一郎 議員


   八  番  増 田 宜 男 議員


   十七 番  岩 崎 ふみひろ議員


   二十八番  石 山 京 秀 議員


   三十一番  俵   一 郎 議員


   三十四番  二ノ宮 啓 吉 議員


   三十五番  木 村 洋 子 議員


   三十六番  下 岡 こうじ 議員


  生活福祉委員会


   三  番  栗 山 よしじ 議員


   五  番  坂 本 史 子 議員


   九  番  石 川 恭 子 議員


   十一 番  伊 藤 よしあき議員


   十四 番  伊 藤   悠 議員


   二十一番  つちや 克 彦 議員


   二十四番  小 林 くにお 議員


   二十六番  野 沢 まり子 議員


   三十二番  島 崎 たかよし議員


  都市環境委員会


   六  番  佐久間 やす子 議員


   十三 番  安 久 美与子 議員


   十五 番  中 島 ようじ 議員


   十九 番  高 品 吉 伸 議員


   二十 番  雨 宮 正 弘 議員


   二十二番  鴨志田 リ エ 議員


   二十五番  沢 井 正 代 議員


   二十七番  鈴 木 ? 道 議員


   二十九番  青 木 早 苗 議員


  文教・子ども委員会


   一  番  戸 沢 二 郎 議員


   二  番  工 藤 はる代 議員


   十  番  橋 本 欣 一 議員


   十二 番  今 井 れい子 議員


   十六 番  川 崎 えり子 議員


   十八 番  森   美 彦 議員


   二十三番  寺 島 よしお 議員


   三十 番  つづき 秀 行 議員


   三十三番  宮 沢 信 男 議員


 以上であります。


 これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 ただいま指名いたしました議員をそれぞれの常任委員会委員に選任することに決定いたしました。


 なお、私は、議長の職にある間、委員として委員会の会議に参加しないことを御了承願います。


 次に、追加日程第七、区議会議会運営委員会委員の選任を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎区議会議会運営委員会委員選任





○宮沢信男議長  お諮りいたします。区議会議会運営委員会委員の選任につきましては、委員会条例第五条の規定により、次の議員を指名いたしたいと思います。


  議会運営委員会


   三  番  栗 山 よしじ 議員


   四  番  いその 弘 三 議員


   十七 番  岩 崎 ふみひろ議員


   二十 番  雨 宮 正 弘 議員


   二十一番  つちや 克 彦 議員


   二十六番  野 沢 まり子 議員


   三十一番  俵   一 郎 議員


   三十二番  島 崎 たかよし議員


   三十四番  二ノ宮 啓 吉 議員


   三十六番  下 岡 こうじ 議員


 以上であります。


 これに御異議ございませんか。





    〔「異議なし」「議長」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  五番坂本史子議員。





○五番(坂本史子議員)  私どもの会派は、議会運営委員会にはなおオブザーバー参加ということの扱いだと思うんですけれども、先日来、議会運営委員会への正式参加問題について議論をしていただいておりました。その結論として、なお、この問題については継続してやるという結論に達したと思います。


 この議会運営委員会の議長よりのメンバーの指名ですけれども、オブザーバー参加とはいえ、私どもも午前中の議運の中で名前も挙げておりますし、オブザーバー参加ということで位置づけられておりますので、その位置づけがある限りにおいては、名前をオブザーバーということで、ここにおいても紹介をしていただきたいと思います。





○宮沢信男議長  ただいまの質疑に対しまして、議会運営委員会の委員会条例第五条に基づいて、議長が指名をいたしたところであります。したがって、ただいまの坂本議員の発言については、議会運営委員会ではそういう諮りをされておりますけれども、議場での諮り方は、私が今申し上げたとおりだというふうに御理解をいただきたいと思います。以上です。


 ほかにございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 ただいま指名いたしました議員を議会運営委員会委員に選任することに決定いたしました。


 各常任委員会及び議会運営委員会で正副委員長を互選していただくため、暫時休憩いたします。





   〇午後二時四十五分休憩





   〇午後三時二十分開議





○宮沢信男議長  休憩前に引き続き開議を開きます。


 ただいま四常任委員会及び議会運営委員会の正副委員長が決定いたしましたので、御報告申し上げます。


  企画総務委員会


   委員長   木 村 洋 子 議員


  副委員長   いその 弘 三 議員


 生活福祉委員会


   委員長   野 沢 まり子 議員


   副委員長  島 崎 たかよし議員


  都市環境委員会


  委員長    高 品 吉 伸 議員


  副委員長   青 木 早 苗 議員


 文教・子ども委員会


  委員長    今 井 れい子 議員


  副委員長   森   美 彦 議員


 議会運営委員会


  委員長    二ノ宮 啓 吉 議員


  副委員長   下 岡 こうじ 議員


 以上であります。


 次に、追加日程第八を上程いたします。





 ────────〇────────





 ◎議案第四十一号 目黒区監査委員の選任の同意について





   〔事務局長朗読〕





○宮沢信男議長  助役から提案理由の説明を求めます。





   〔佐々木英和助役登壇〕





○佐々木英和助役  ただいま上程になりました追加日程第八、議案第四十一号、目黒区監査委員の選任の同意について御説明申し上げます。


 本区監査委員のうち、区議会議員の中から選任されております雨宮正弘氏には、議案添付資料二のとおり、このたび都合により退職いたしたい旨の退職願が本日付をもちまして区長に提出されましたので、これを受理し、承認いたしました。


 そこで、後任者につきまして種々検討いたしました結果、鴨志田リエ氏を適任者と認め、同氏を区議会議員の中から選任する監査委員として、議会の同意をいただいた上で選任いたしたいと存じます。


 鴨志田リエ氏の略歴は、議案添付資料一のとおりでございます。


 以上で説明を終わります。


 よろしく御審議の上、御同意くださいますようお願い申し上げます。





○宮沢信男議長  本案について御質疑はございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 これより議案第四十一号を採決いたします。


 本案は原案に同意することに御賛成の議員の起立を求めます。





   〔賛成者起立〕





○宮沢信男議長  起立多数と認めます。御着席願います。


 本案は原案に同意いたしました。


 次に、追加日程第九を上程いたします。





 ────────〇────────





 ◎議案第四十二号 目黒区監査委員の選任の同意について





   〔事務局長朗読〕





○宮沢信男議長  助役から提案理由の説明を求めます。





   〔佐々木英和助役登壇〕





○佐々木英和助役  ただいま上程になりました追加日程第九、議案第四十二号、目黒区監査委員の選任の同意について御説明申し上げます。


 本区監査委員のうち、区議会議員の中から選任されております川崎えり子氏には、議案添付資料二のとおり、このたび都合により退職いたしたい旨の退職願が本日付をもちまして区長に提出されましたので、これを受理し、承認いたしました。


 そこで、後任者につきまして種々検討いたしました結果、寺島よしお氏を適任者と認め、同氏を区議会議員の中から選任する監査委員として、議会の同意をいただいた上で選任いたしたいと存じます。


 寺島よしお氏の略歴は、議案添付資料一のとおりでございます。


 以上で説明を終わります。


 よろしく御審議の上、御同意くださいますようお願い申し上げます。





○宮沢信男議長  本案について御質疑はございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。


 本案は直ちに採決に入りたいと思います。これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 これより議案第四十二号を採決いたします。


 本案は原案に同意することに御賛成の議員の起立を求めます。





   〔賛成者起立〕





○宮沢信男議長  起立多数と認めます。御着席願います。


 本案は原案に同意いたしました。





   ◎新監査委員のあいさつ





○宮沢信男議長  次に、選任に同意いたしました議員、または退任される議員から、順次ごあいさつをいただきます。


 まず、ただいま選任の同意をいたしました二十二番鴨志田リエ議員からごあいさつをいただきます。





   〔鴨志田リエ議員登壇〕





○二十番(鴨志田リエ議員)  ただいま議員の多くの方々に同意いただきました鴨志田リエでございます。監査という重責を担わせていただきましたことへ、心よりの感謝を申し上げます。


 監査は財務の流れ、そして行政運営全体のチェック、そして近年では特別監査、行政監査等がふえ、非常に内容が多岐にわたっております。ぜひこの機会を生かしまして、監査及びチェック機関を充実させまして、この経験を必ず区政運営、そして議会活動に生かしていくことをお誓い申し上げて、私の就任のあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。(拍手)





○宮沢信男議長  次に、二十三番寺島よしお議員からごあいさつをいただきます。





   〔寺島よしお議員登壇〕





○二十三番(寺島よしお議員)  議員の皆様には選任御同意をいただきまして、大変にありがとうございます。


 議会選出監査委員として、自覚も新たに公平、公正に職務を全うしてまいりたいと思いますので、何とぞよろしくお願いいたします。


 ありがとうございました。(拍手)





   ◎前監査委員のあいさつ





○宮沢信男議長  次に、監査委員を退任されます二十番雨宮正弘議員からごあいさつをいただきます。





   〔雨宮正弘議員登壇〕





○二十番(雨宮正弘議員)  退任するに当たりまして、一言御礼のごあいさつをさせていただきます。


 昨年五月に監査委員にご指名いただきましてありがとうございました。この一年間、行政のさまざまな面を側面から見ることができました。大変貴重な経験を積ませていただきました。この貴重な経験をもとに、これからの議員活動等の中に生かしていきたいと、このように考えておりますので、よろしくお願いいたします。


 ありがとうございました。(拍手)





○宮沢信男議長  次に、監査委員を退任されました十六番川崎えり子議員からごあいさついただきます。





   〔川崎えり子議員登壇〕





○十六番(川崎えり子議員)  一年間、微力ではございましたが、監査委員を務めさせていただきました。


 今後も、この経験を生かしまして、区政の発展のために働かせていただきます。皆様の御同意いただきまして、大変ありがとうございました。(拍手)





   ◎各常任委員会及び議会運営委員会特定事件の継続調査について





○宮沢信男議長  次に、お手元に配付いたしました特定事件について、各常任委員長及び議会運営委員長から閉会中の継続調査の申し出がありました。





 常任・議会運営委員会特定事件継続調査事項





(平成十七年第一回臨時会)


 ◎ 企画総務委員会


  1 長期計画及び行財政運営について


  2 広報、広聴について


  3 人権政策、国際交流について


  4 防災対策について


  5 契約事務について





 ◎ 生活福祉委員会


  1 地域振興について


  2 社会福祉(子育て支援課及び保育課の所管事項を除く)について


  3 保健衛生について





 ◎ 都市環境委員会


  1 都市計画及び都市整備について


  2 環境保全、清掃事業及びリサイクル推進について





 ◎ 文教・子ども委員会


  1 生涯学習について


  2 学校教育について


  3 社会教育について


  4 社会福祉(子育て支援課及び保育課の所管事項)について





 ◎ 議会運営委員会


  1 議会の運営について


  2 議会の会議規則、委員会に関する条例等について


  3 議長の諮問に関すること





○宮沢信男議長  お諮りいたします。各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、調査終了の日まで閉会中の継続調査に付することに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 各常任委員長及び議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。





   〔「議長、十九番」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  十九番高品吉伸議員。





○十九番(高品吉伸議員)  この際、行財政改革・自治権拡充調査特別委員会設置について動議を提出いたします。


 賛成者は、鈴木、木村、伊藤、岩崎、高品、小林、野沢、俵、下岡の各議員であります。


 よろしく議題に供されますようお願いいたします。





○宮沢信男議長  ただいま、高品吉伸議員から、行財政改革・自治権拡充調査特別委員会設置に関する動議が提出されました。


 所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。


 お諮りいたします。この際、行財政改革・自治権拡充調査特別委員会設置の動議を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 本動議を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 本動議を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎行財政改革・自治権拡充調査特別委員会の設置





○宮沢信男議長  動議提出者の提案説明を求めます。十九番高品吉伸議員。





   〔高品吉伸議員登壇〕





○十九番(高品吉伸議員)  ただいま議題に供されました行財政改革・自治権拡充調査特別委員会の設置につきまして、提案説明を行います。


 行財政改革、都区制度、地方分権、地方財源拡充、財源確保策、未利用地の活用等に関して調査を行う必要があると考え、本動議を提出いたした次第であります。


 本特別委員会の名称、付託事項等につきましては、お手元に配付してあります設置要綱案のとおりにしたいと思います。


 それでは、設置要綱案を朗読いたします。





 行財政改革・自治権拡充調査特別委員会設置要綱(案)


  一 名    称 行財政改革・自治権拡充調査特別委員会とする。


  二 設置の根拠  地方自治法第百十条及び目黒区議会委員会条例第四条による。


  三 付託事項 1 行財政改革に関する調査


         2 都区制度(清掃事業、財調制度、事務移管、財源配分)に関する調査


         3 地方分権、地方財源拡充(三位一体改革を含む)に関する調査


         4 財源確保策等に関する調査


         5 未利用地(国公有地を含む)の活用に関する調査


  四 委員会の組織 委員は十二名とし、委員長及び副委員長一名を置く。


  五 調査期間 一年間とし、閉会中も継続調査するものとする。


 以上であります。


 よろしく議決くださいますようお願いいたします。





○宮沢信男議長  ただいまの動議について御質疑はございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御質疑なしと認めます。


 お諮りいたします。本動議のとおり決するに御賛成の議員の起立を求めます。





   〔賛成者起立〕





○宮沢信男議長  起立多数と認めます。御着席願います。


 本件については、動議のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま設置されました行財政改革・自治権拡充調査特別委員会委員の選任については、委員会条例第五条の規定により、次の議員を指名いたしたいと思います。


  行財政改革・自治権拡充調査特別委員会


   二  番  工 藤 はる代 議員


   五  番  坂 本 史 子 議員


   九  番  石 川 恭 子 議員


   十一 番  伊 藤 よしあき議員


   十二 番  今 井 れい子 議員


   十四 番  伊 藤   悠 議員


   十六 番  川 崎 えり子 議員


   二十四番  小 林 くにお 議員


   二十六番  野 沢 まり子 議員


   三十四番  二ノ宮 啓 吉 議員


   三十五番  木 村 洋 子 議員


   三十六番  下 岡 こうじ 議員


 以上であります。


 これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 ただいま、指名いたしました十二名の議員を行財政改革・自治権拡充調査特別委員会委員に選任することに決定いたしました。





   〔「議長、三十五番」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  三十五番木村洋子議員。





○三十五番(木村洋子議員)  この際、再開発・街づくり調査特別委員会の設置について動議を提出いたしたいと思います。


 賛成者は、鈴木、伊藤、岩崎、高品、小林、野沢、俵、下岡の各議員であります。


 よろしく議題に供されますようお願いいたします。





○宮沢信男議長  ただいま、木村洋子議員から、再開発・街づくり調査特別委員会設置に関する動議が提出されました。


 所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。


 お諮りいたします。この際、再開発・街づくり調査特別委員会設置の動議を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 本動議を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 本動議を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎再開発・街づくり調査特別委員会の設置





○宮沢信男議長  動議提出者の提案説明を求めます。三十五番木村洋子議員。





   〔木村洋子議員登壇〕





○三十五番(木村洋子議員)  ただいま議題に供されました再開発・街づくり調査特別委員会の設置につきまして、提案説明を行います。


 中目黒再開発、自由が丘地区整備、大橋地区整備、複合施設の建設等に関して調査を行う必要があると考え、本動議を提出した次第であります。


 本特別委員会の名称、付託事項等につきましては、お手元に配付してあります設置要綱案のとおりといたしたいと思います。


 それでは、設置要綱案を朗読いたします。





 再開発・街づくり調査特別委員会設置要綱(案)


  一 名    称 再開発・街づくり調査特別委員会とする。


  二 設置の根拠  地方自治法第百十条及び目黒区議会委員会条例第四条による。


  三 付託事項 1 中目黒再開発に関する調査


         2 自由が丘地区整備(中心市街地活性化事業を含む)に関する調査


         3 大橋地区整備に関する調査


         4 複合施設の建設に関する調査


  四 委員会の組織 委員は十二名として、委員長及び副委員長一名を置く。


  五 調査期間 一年間とし、閉会中も継続調査するものとする。


 以上であります。


 よろしく議決くださいますようお願いいたします。





○宮沢信男議長  ただいまの動議について御質疑はございませんか。





   〔「なし」「六番」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  六番佐久間やす子議員。





○六番(佐久間やす子議員)  昨年度のこの委員会に所属していましたけれども、相対的に分量的にも案件は少なかったと思います。


 それから、「再開発・街づくり」となっていますが、出てくる案件というものは、ここに掲げられた三件の、それぞれ担当課のある開発事案なんですね。今、こういうふうに行政の方にも再開発の一つ一つに対して担当課があり、しかも、議会の方もいまだに再開発というのを掲げて特別委員会を延々と何年もやっているということ、再開発ということが今、行政が掲げるべきことかと考えると、区民の関心は防災とか安全とか、もう少し緊急課題に対してきちんと議会が対応して、即断をして、その問題にかかるという姿勢を示すべきだと思うんです。


 今回、この三つの特別委員会の中でも再開発をまた継続するということについては、これは都市環境委員会で十分に行えることであり、非常に疑問を感じるのですが、その辺はどういう検討がされたのか、お答えをいただきたいと思います。





  〔「議長、議事進行、二十七番」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  鈴木?道議員。





○二十七番(鈴木?道議員)  佐久間議員の見解でありますが、前議会運営委員会で、三月から各会派に、オブザーバーといえども特別委員会に関し意見があれば述べて、またはそれぞれの会派から見解をまとめて提出することをお願いをしてきました。


 今日まで数回にわたる議会運営委員会の中で、一度も独歩からはそういう見解が述べられたことはありません。私は議運の委員長として、二つ、三つ、四つ、特別委員会のあり方そのものも含めて意見をくださいということを何度も申してきました。


 今のような意見があるならば、そこのところできちんと、会派の代表から議会運営委員会で言うべきであり、見解を述べるということは、ここでは慎むべきであると思います。





   〔発言する者あり〕





○宮沢信男議長  五番坂本史子議員。





   〔発言する者あり〕





○五番(坂本史子議員)  今の鈴木議員の動議に対して、私から議事進行をいたしたいと思います。


 私は、確かに議運の中で会派の代表として意見を述べてまいりました。この再開発の問題についても、まちづくり全体の中でやるべきであって、特別委員会としてやるのは、むしろふさわしくないという意見も言ってまいりました。


 それで、三月から意見を求められていたということについても、おっしゃるとおりのところではありますけれども、それはそのときの議運の中で述べておりますし、そういう意見が全く同じようなダブった意見であるならば、そういうご意見もあろうかと思いますが、この本会議の中で、だからといって質疑をしてはならぬということであってはならないというふうに思います。





   〔「議長、議事進行」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  鈴木?道議員。





○二十七番(鈴木?道議員)  私は、議会運営委員会の中で、各会派に意見を求め、その上で提案があればきちんと提案をしてくださいということを何度も言っています。意見はありました。それならばどういう提案をなさるのか、そこまでなければ、特別委員会を幾つにするのか、または特別委員会の、今言いました付託事項または案件をどうするのか。それを具体的に提案しない限り、議会運営委員会の議題にはなりません。それをきちんとしてこそ会派です。それで、その上で議論をして、本来、目黒区の特別委員会がどうあるべきかという議論をしようということでありました。


 そのことに対してきちんとした会派としての見解を述べてきていません。そのことを議長、きちんとして、今の議事進行に対してのここでの差配をしてください。





○宮沢信男議長  ただいま坂本議員からの議事進行でございますけれども、今、前議会運営委員会委員長の発言で、きちんと仕切られておると判断しております。したがいまして、議事進行については、以上でございますので、御理解をいただきたいと思います。





   〔発言する者あり〕





○宮沢信男議長  ほかに御質疑ございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  なしと認めます。


 お諮りいたします。本動議のとおり決するに御賛成の議員の起立を求めます。





   〔賛成者起立〕





○宮沢信男議長  起立多数と認めます。御着席願います。


 本件については、動議のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま設置されました再開発・街づくり調査特別委員会委員の選任については、委員会条例第五条の規定により、次の議員を指名いたしたいと思います。


  再開発・街づくり調査特別委員会


   一  番  戸 沢 二 郎 議員


   三  番  栗 山 よしじ 議員


   八  番  増 田 宜 男 議員


   十  番  橋 本 欣 一 議員


   十五 番  中 島 ようじ 議員


   十八 番  森   美 彦 議員


   十九 番  高 品 吉 伸 議員


   二十三番  寺 島 よしお 議員


   二十五番  沢 井 正 代 議員


   二十七番  鈴 木 ? 道 議員


   二十九番  青 木 早 苗 議員


   三十 番  つづき 秀 行 議員


 以上であります。


 これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 ただいま指名いたしました十二人の議員を再開発・まちづくり調査特別委員会委員に選任することに決定いたしました。





   〔「議長、三十一番」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  三十一番俵一郎議員。





○三十一番(俵一郎議員)  この際、環境整備対策調査特別委員会の設置について、動議を提出いたします。


 賛成者は、鈴木、木村、伊藤、岩崎、高品、小林、野沢、下岡の各議員であります。


 よろしく議題に供されますようお願いいたします。





○宮沢信男議長  ただいま、俵一郎議員から環境整備対策調査特別委員会設置に関する動議が提出されました。


 所定の賛成者がありますので、動議は成立いたしました。


 お諮りいたします。この際、環境整備対策調査特別委員会設置の動議を日程に追加し、議題とすることに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 本動議を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。


 本動議を議題といたします。





 ────────〇────────





 ◎環境整備対策調査特別委員会の設置





○宮沢信男議長  動議提出者の提案説明を求めます。三十一番俵一郎議員。





   〔俵一郎議員登壇〕





○三十一番(俵一郎議員)  ただいま議題に供されました環境整備対策調査特別委員会の設置につきまして、提案説明を行います。


 環境、公害、美化対策、放置自転車、中央環状品川線、東急目黒線等に関して調査を行う必要があると考え、本動議を提出した次第であります。


 本特別委員会の名称、付託事項等につきましては、お手元に配付してあります設置要綱案のとおりにいたしたいと思います。


 それでは、設置要綱案を朗読いたします。





 環境整備対策調査特別委員会設置要綱(案)


  一 名    称 環境整備対策調査特別委員会とする。


  二 設置の根拠  地方自治法百十条及び目黒区議会委員会条例第四条による。


  三 付託事項 1 環境、公害、美化対策に関する調査


           ア ISO14001に関すること


           イ ポイ捨て防止等まちの環境美化に関すること


           ウ 大気汚染に関すること


         2 放置自転車等に関する調査


         3 中央環状品川線等に関する調査


         4 東急目黒線(駅周辺整備を含む)に関する調査


  四 委員会の組織 委員は十一名として、委員長及び副委員長一名を置く。


  五 調査期間 一年間とし、閉会中も継続調査するものとする。


 以上であります。


 よろしく議決くださいますようお願いいたします。





○宮沢信男議長  ただいまの動議について御質疑はございませんか。





   〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御質疑なしと認めます。


 本動議のとおり決するに御賛成の議員の起立を求めます。





   〔賛成者起立〕





○宮沢信男議長  起立多数と認めます。御着席願います。


 本件については、動議のとおり可決されました。


 お諮りいたします。ただいま設置されました環境整備対策調査特別委員会委員の選任については、委員会条例第五条の規定により、次の議員を指名いたします。


  環境整備対策調査特別委員会


   四  番  いその 弘 三 議員


   六  番  佐久間 やす子 議員


   七  番  須 藤 甚一郎 議員


   十三 番  安 久 美与子 議員


   十七 番  岩 崎 ふみひろ議員


   二十 番  雨 宮 正 弘 議員


   二十一番  つちや 克 彦 議員


   二十二番  鴨志田 リ エ 議員


   二十八番  石 山 京 秀 議員


   三十一番  俵   一 郎 議員


   三十二番  島 崎 たかよし議員


 以上であります。


 これに御異議ございませんか。





   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○宮沢信男議長  御異議なしと認めます。


 ただいま指名いたしました十一名の議員を環境整備対策調査特別委員会委員に選任することに決定いたしました。


 各特別委員会の正副委員長を互選していただくため、暫時休憩いたします。





   〇午後三時五十六分休憩





   〇午後四時十五分開議





○宮沢信男議長  休憩前に引き続き会議を開きます。


 ただいま、各特別委員会の正副委員長が決まりましたので、報告いたします。


  行財政改革・自治権拡充調査特別委員会


   委員長   小 林 くにお 議員


   副委員長  伊 藤 よしあき議員


  再開発・街づくり調査特別委員会


   委員長   沢 井 正 代 議員


   副委員長  橋 本 欣 一 議員


  環境整備対策調査特別委員会


   委員長   石 山 京 秀 議員


   副委員長  つちや 克 彦 議員


 以上であります。





   ◎区長あいさつ





○宮沢信男議長  次に、区長から発言の申し出がありましたので、これを許します。





   (青木英二区長登壇)





○青木英二区長  議員の皆様には、新たに議会の人事が決定されましたので、お許しをいただきまして、一言ごあいさつを申し上げます。


 まずは、三月の第一回定例会におきましては、数多くの議案を的確な御審議の上、議決いただきましたこと心より御礼申し上げます。


 私が区長に就任して以来、初めての本格予算でございます。平成十七年度各会計予算案を提案いたしましたところ、早速に予算特別委員会を設置の上、慎重かつ御熱心に御審議いただきました。


 予算執行に当たりましては、区民の皆様が安全で安心して暮らすことができるよう、財政の健全化を図りながら、さまざまな区政の課題に適切に対応してまいりたいと存じます。


 さて、この一年を顧みますと、石山京秀議長、島崎たかよし副議長の適時的確な御判断のもと、円滑な議会運営がなされました。


 また、区議会における議会運営委員会、各常任委員会及び特別委員会の正副委員長並びに各委員の皆様には、都区制度改革の主要五課題にかかわる都区協議、区政の透明性の向上、安全・安心のまちづくり、指定管理者制度、次世代育成支援行動計画や子ども条例(仮称)等を通じての子育て支援、さらには保健福祉、環境、教育など、さまざまな分野での数多くの重要課題に対しまして、それぞれのお立場から絶えず的確な御審議をいただき、区政は着実にその歩みを進めることができました。


 ここに皆様の御尽力に改めて心より感謝を申し上げる次第でございます。


 石山京秀前議長、島崎たかよし前副議長におかれましては、公正にして円滑な議会運営を通じ、区政の推進に多大な御指導、御鞭撻をいただきました。ここに改めて心から敬意を表し、感謝を申し上げる次第でございます。


 また、雨宮正弘前監査委員、川崎えり子前監査委員には、御就任以来厳正な財務監査を通じ、適切な御指導、御指摘をいただきました。厚く御礼を申し上げます。


 新たに就任されました宮沢信男議長並びにつづき秀行副議長には、目黒区議会のよき伝統のもと、円滑な議会運営の要として御活躍を期待申し上げるとともに、区政発展のためにお力添えをいただきますよう、お願いを申し上げる次第でございます。どうぞよろしくお願いいたします。


 また、議会運営委員会を初め常任委員会、特別委員会の各正副委員長並びに各委員の皆様には、改めて御指導をお願いするとともに、新監査委員として御就任されました鴨志田リエ議員並びに寺島よしお議員には前任者同様、御指導、御審査をよろしくお願い申し上げたいと思います。


 本日、新たに議会の人事が決定されましたが、我が国の経済は景気の先行きがいまだ不透明であることなどから、今後の区財政を取り巻く環境は引き続き厳しいものと見込まれます。区民に身近な自治体として区民の期待にこたえるために、これまでの御指導を十分に踏まえ、今後とも信頼と改革の区政を区政運営の基本姿勢とするとともに、区民の皆様が安全で安心して暮らせるまちづくりの実現に向けて、チャレンジをしてまいる決意でございます。


 議員の皆様には、より一層の御指導、御協力を心からお願い申し上げまして、私のごあいさつとさせていただきます。


 ありがとうございました。(拍手)





○宮沢信男議長  以上で全日程を議了いたしました。


 会議を閉じます。


 これをもって平成十七年第一回目黒区議会臨時会を閉会いたします。





   〇午後四時二十二分閉会