議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 江東区

平成23年企画総務委員会 本文




2011.10.20 : 平成23年企画総務委員会 本文


              午後2時15分 開会
    ◎開会の宣告
◯委員長  ただいまから、企画総務委員会を開会いたします。
 本日の委員会は、本会議休憩前に付託されました案件により、急ぎ開催いたしましたので、出席理事者につきましては関連部課長に限定をさせていただいております。
 また、委員会通知及び資料につきましても、席上配付させていただきましたので、あわせて御了承願います。
 ────────────────────────────────────
    ◎議題1 議案第48号 江東区庁舎耐震補強その他工事請負契約

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  それでは早速、委員会審査に入ります。
 議題1「議案第48号 江東区庁舎耐震補強その他工事請負契約」を議題といたします。
 理事者から、説明を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  恐れ入りますが、資料1、工事契約状況調書をごらんいただきたいと存じます。
 本工事は、耐震性能が不足している庁舎の耐震補強と本工事にあわせて実施したほうが有利と見込まれる施設の改修、設備機器の改修・更新等の附帯工事を行うもので、本年4月以降、請負業者の竹中工務店と工事内容を確認しながら設計作業を進めておりましたが、先般、附帯工事内容と金額を確定いたしました。今後、計画に基づき工事を進めてまいりたいと存じますので、よろしくお願いいたします。
 お手数ですが、資料1の2ページをごらんください。
 初めに、左側中ほどに記載いたしました工事概要でございますけれども、庁舎の耐震化につきましては、これまで御説明してまいりましたとおり、庁舎1階部分における中間階免震工法により行います。
 主な工事内容といたしましては、1階柱頭免震工事、免震工事に伴う照明や動力設備等の電気設備工事、空調・給排水設備工事のほか、液状化対策のための地盤改良工事、ピロティー部分及び2階南側ひさし部分のひび割れ補修等の外壁工事、来庁者の利用頻度が高いエレベーターホール脇の便所の改修及び8階食堂の改修工事など、記載の工事を行うものでございます。
 3ページをお開き願います。
 ページの左側、一番上に免震工事に使用する免震装置の仕様を記載いたしました。
 本工事に使用する免震装置は、高減衰ゴム系積層ゴム直径700ミリメートルから900ミリメートルまでの5種類、天然ゴム系積層ゴム直径850ミリメートルから950ミリメートルまでの3種類、すべり支承直径300ミリメートルと400ミリメートルの2種類、計97台を使用し、庁舎1階部分にあるすべての柱95本の上部を切断し、左ページ中ほどに記載した図面のとおり設置いたします。この図面のほぼ中央部分、太線で四角く囲った部分につきましては、エレベーターのある位置でございまして、この部分につきましては、エレベーターの下、地下の部分に免震装置を設置し、エレベーターがこれまでと同様、1階まで動くようにいたします。
 なお、それぞれの免震装置の特性でございますが、高減衰ゴム系積層ゴムは、建物を支持し、かつ地震のエネルギーを吸収することで、建物の揺れを早くとめる。天然ゴム系は高減衰ゴムより建物を支持する力に優れ、免震装置の大きさを抑えることができるため、駐車場の利用に支障が出ないよう、柱の寸法を抑える必要がある箇所に使用いたします。また、すべり支承につきましては、図面右側、右上角と左下隅の階段下に設置し、免震装置により下の部分と上の部分をすべらせることにより、建物の損傷を防止いたします。
 なお、免震装置とは別に、地震発生時に建物の揺れを早くとめるために、オイルダンパー20台を設置いたします。
 ページの左下に免震装置及びオイルダンパーの取り付けを示した断面図、免震化工事部分詳細図を記載してございますので、御参照いただきたいと存じます。
 次に、このページの右側をごらんください。
 庁舎1階部分の平面図でございますが、ただいま御説明しました免震装置とオイルダンパーの設置位置を示してございます。小さな四角の部分が柱で免震装置を設置する部分でございます。また、図面右側のD階段及び左下J階段にはすべり支承、見にくくて大変申しわけございませんけれども、細い斜線の部分がオイルダンパーの設置位置でございます。
 4ページをお開き願います。
 4ページの右側には本工事のメイン部分の1階部分及び追加附帯工事部分の食堂、便所、外壁等の内部仕上表と外部仕上表、同ページ右側以降につきましては、各フロアの工事箇所を網かけで示してございますので、御参照願います。
 なお、太い破線で表示しました部分につきましては、液状化対策のために格子状地盤改良工事箇所で、建設省土木研究所と竹中工務店、大林組など、ゼネコンが共同開発したTOFT工法という工法により行います。
 お手数ですが、1ページにお戻り願います。
 3の契約方法でございますけれども、本工事につきましては、公募型プロポーザルにより設計・施工一括で業者選定を行っており、随意契約でございます。
 契約年月日は、議決をちょうだいした後の本日10月20日を予定してございます。
 5の契約金額は18億7,320万円で、内訳は免震工事費が14億2,080万円、便所・外壁設備工事等の追加附帯工事費が3億6,320万円、消費税が8,920万円となってございます。
 工期は、本契約締結の日から平成25年3月29日まででございます。
 契約の相手方は、本区新砂一丁目にございます株式会社竹中工務店東京本店でございます。
 会社成立年月日、現在の資本金等の経歴につきましては、記載のとおりでございます。
 説明につきましては、以上でございます。
 御審議の上、御可決くださいますよう、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  本案について、質疑を願います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯榎本雄一委員  3点ほどお尋ねします。
 8階の食堂を改修するということですが、具体的にどのようなところに手をつけるのか。かなり、内装も含めて老朽化しているというのが率直な感想ですけれども、具体的な工事箇所を教えてください。
 それから、トイレの改修ですが、私は男性トイレしか知らないのですけれども、まだ和式がかなり見受けられると思いますが、今回の改修に関して、和・洋の割合はどのように変えていくのか。
 3点目は、1階の駐車場ですが、これだけ柱を何本も免震の構造にするための工事を行うので、先ほどの説明では、工事期間中に使用することは支障がないというお話がありましたが、ただでさえ駐車場が足りない中で、日々の業務に差し支えない、要するに駐車するのに差し支えない形で工事ができるのか、確認をさせてください。
 以上、3点です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  3点の御質問にお答えいたします。
 8階食堂の改修でございますけれども、基本的に床・壁・天井の内装工事が中心となります。ほかに照明器具の取りかえをするということでございます。食堂については、内装をきれいにするという内容になってございます。
 それから、トイレでございますけれども、節水型のものに変えます。和式・洋式でございますけれども、女性トイレにつきましては、和式1つを残してシャワーつきの洋式トイレにいたします。男性トイレにつきましては、基本的に和式・洋式1つずつでございますので、そのままという形で、トイレ自体はきれいにして、洋式についてはシャワートイレ、そしてお年寄り、障害者が使いやすいように、手すりをつけていきたいと考えてございます。
 それから、駐車スペースでございますけれども、やはり下の柱を切っていくということで、工事期間中、すべて今までどおり使えるということはございませんが、現在1階には107台の駐車スペースがございますけれども、工事期間中でも最低70台は確保するという計画で進めているところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯榎本雄一委員  ありがとうございました。あまり細かい注文はつけたくないですけれども、まず食堂については、すべて床・壁・天井・照明を変えるということですと、大分イメージが変わってくると思います。できれば、食器も変わると、もっとイメージチェンジができると思います。ただ、職員組合とのいろいろな問題があると思うので、これは感想だけにしておきます。
 それから、トイレですが、男性トイレに和式が必要ですか。学校ではないので、全部洋式にすればいいと思いますけれども、何か和式を残す理由があるのでしょうか。
 それから3点目、これは要望ですが、工期が平成25年3月29日までということで、御承知のように、毎年2月、3月は契約などの時期で駐車場が混む季節です。管理人の方とも十分意思の疎通をしていただいて、車が並ばないように整理をしていただきたいと思います。四ツ目通りにかなり並ぶ光景を毎年見ております。北側に一部駐車場つくりましたけれども、それでも足りないのではないかと懸念されますので、そこは要望しておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  男性トイレに和式が必要なのかということでございます。
 私も庁舎を管理する立場から使用状況を見ていますけれども、洋式があいていて和式を使われている方もいます。したがいまして、すべてを洋式に変えるのは、今の時点では無理かと考えて、このような形で進めさせていただくということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯榎本雄一委員  それでは、いろいろ細かい点を指摘させていただきましたが、本件につきましては、賛成ということで意見表明をさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯白岩忠夫委員  1点だけお願いします。
 8階の食堂の件ですけれども、この前の地震で水回りに問題があったとは聞いていないので大丈夫だと思いますけれども、水回りは意外と地震やその他の問題で大きな問題になると思いますが、この点は検討されたのか、全く問題がないとしたのか、その点だけ確認させてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  8階食堂の水回りにつきましては、手をつけると経費がかかるということが1つ。
 それから、本工事については、基本的に免震工法を採用いたしますので、完成すれば地震の揺れが上部に伝わりにくくなるということで、8階部分の給排水管が破損するようなことはないということで、今回は手をつけないと判断したところでございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯白岩忠夫委員  それは私も十二分に承知しています。だから、一番先に、今回の地震でも問題はなかったと思うけれどもということで、点検したところ、免震にすれば十二分に対応できるという考え方でよろしいですね。確認だけしておきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐竹としこ委員  賛成の立場で確認をさせていただきたいと思います。
 まず、工事の時間帯ですが、来庁者の方も多く見えている中、休むことなくするわけですから、時間帯は何時ごろなのかということ。
 また、工事車両はどのぐらいの規模になるのか、確認をしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  工事時間につきましては、朝は8時からでございます。夜につきましては、夜間にしかできない工事もあります。例えば、中央階段でございますけれども、1階まで昼間の動線を確保するために、夜間に行わなければならない工事があるということで、そういったものについては夜間の工事を行いますので、工事時間としてはかなり長くなるということでございます。ただ、音・振動が出る工事につきましては、執務時間中には避けるということで、竹中工務店とは打ち合わせをしているところでございます。基本的に、執務に支障がないという形で進めていくということでございます。
 それから、工事車両の台数でございますけれども、申しわけございませんけれども、台数につきましては、今の時点では確認していないところでございます。
 工事車両の出入りにつきましては、四ツ目通りを北から入って左折で入るということで、安全面には十分配慮し、きちんとした形でやっていきたいと考えてございます。
 以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐竹としこ委員  安全面ですごく心配なのですが、来庁者の方には安全ということが一番だと思います。
 それから、工事車両が夕方も出入りするようになりますと、今でも駐車場から出るときに、信号に対して全く関係なく歩道を歩いている方、また自転車も頻繁に通り、本当に危ないと思って、なかなか出られない状況になるときがたくさんあります。そこに人的配置をするなど、きちんとしていかないと来庁者だけではなくて、歩道を通っている方にも危険が及ぶようなことがあるのではないか心配しますので、その点、どのように考えていらっしゃるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  失礼いたしました。工事車両につきましては、朝8時までに入るということで、資材の搬入などにつきましても、建設工事ほどはございませんけれども、やはり免震装置等の搬入はございますので、これは8時まで、人の少ない時間に入れるということを確認してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐竹としこ委員  夕方もそうですが、安全対策をよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福馬恵美子委員  この議案に対しては賛成をいたします。
 先ほど、佐竹委員から音ということが出ましたけれども、文化センターは夜10時まで営業しておりますので、その辺の影響は最小限にしていただきたいということが1点。これは要望で結構です。
 免震工事ですけれども、江東区役所の玄関は1階なのか2階なのか。1階は全く玄関らしくなく、外部の人をお客さんとして迎えるのにふさわしいような明るさもないし、装飾や植栽もないという状態で、かといって2階を玄関と位置づけられているのかもわかりませんけれども、そうはいっても1階から入る方もたくさんいらっしゃるわけです。この工事を契機に、玄関らしいたたずまいを1階にも2階にも設置していただきたいと思いますが、その辺のお考えをお示しください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  玄関の問題でございますけれども、この庁舎につきましては、かつて水害に見舞われている地域でございますので、水害があったときのために、基本的に1階部分は執務室を置かずに駐車場にしていると認識しているところでございます。したがって、正面玄関としては、2階部分をメインに設計されていると考えてございます。
 1階部分につきましては、福馬委員御指摘のとおり、今使われている方も多いわけですけれども、とりあえずは安全性を確保した上で、今後の検討課題とさせていただきたいと考えてございます。よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯福馬恵美子委員  今後の検討課題ということですけれども、もちろん過去の経過で1階に執務室がないということで、この間の台風のときに、駐車場に水が出て大変だったということもお聞きしました。しかし、常時2階から出入りされている人と1階から出入りされている人を調査されていて、2階が正面玄関とおっしゃっているのかどうかよくわからないですけれども、車で来られる方、また、自転車があれだけ置かれているということを考えれば、一段上がったあのあたりはもう少し玄関らしく、今後の検討というのではなく、こういう工事が入るときに一緒にされるべきではないかと思います。駐輪場もシルバーさんがいらっしゃるようになって、置かれ方がきれいになりました。もう少し明るさをプラスするとか、そういう点は、今回の工事で検討していただきたいと思いますが、いかがですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯経理課長  これまで本工事につきましては、やはりこれだけ大きな工事でございますので、区民の利便性の向上も視野に入れて検討してまいりました。その中で、例えば宿直室をどこの部分に置いて、どれだけのスペースを確保するか、天井を外さなければならないけれども、どこまで天井を直さなければいけないかとか、いろいろ細かい部分まで調整して、この契約に固めてきたという中で、当然玄関をいじるとなれば、それなりの経費がかかるということで、金額を変更しなければならないということになりかねないと考えてございます。当面、人命、それから庁舎機能が維持できるような形のものにするためにしっかり工事を行った上で、福馬委員の御提案につきましては、今後検討させていただきたいと考えてございますので、御理解よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯菅谷俊一委員  本契約については、今回は私どもは反対したいと思います。
 理由ですけれども、本体工事の耐震化工事は非常に重要ですし、当然必要なものだと考えています。問題は、免震の耐震化工事のほかに、後からついた特に3つの附帯工事ですけれども、少なくとも外壁、食堂、トイレの3つについては、ぜひとも地元の業者に直接発注していただきたかったと思っています。
 やはり、本当に仕事がない中で大変な状況です。上に元請が入りますと、元請・下請間の契約というのは特殊な力が働きますので、どうしても下請は不利な状況になりがちです。そういうことを考えますと、少なくとも3つの工事については、区が配慮して地元業者に直接発注をすべきだったと考えます。
 それから、私個人として、もう1つのどにつかえている点があります。
 竹中工務店が施工者となったスカパーの問題がありました。実は3年前の建設委員会の中で、全会派一致してスカパーと竹中工務店に申し入れ書を出しました。申し入れの内容というのは、きちんと議会で説明していただきたいという申し入れを出しました。ところが、スカパーも竹中工務店も一切応じない。むしろ、逆に遺憾だという文書の回答を送りつけてきた。そういった経過もあって、私は大企業としてこのような対応はいかがなものか。やはり道義的な、社会的な責任をきちんと果たしてほしかったという点も考えますと、本工事には直接関係ないですけれども、そういった点も踏まえて、反対したいと思います。
 以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  ほかによろしいですか。
             (「はい」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  お諮りいたします。
 本案は、区長提案のとおり可決することに、御異議ございませんか。
         (「異議なし」「異議あり」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  本職の宣告に対し、御異議がありますので、これより挙手により採決いたします。
 本案は、区長提案のとおり可決することに賛成の方は、挙手願います。
               (賛成者挙手)

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  賛成多数であります。よって、本案は区長提案のとおり可決することに決しました。
 なお、その旨を議長あて報告いたします。
 ────────────────────────────────────
    ◎閉会の宣告

-------------------------------------------------------------------------------

◯委員長  本日予定されておりました案件は、すべて終了いたしました。
 これをもちまして、本日の委員会を閉会いたします。
              午後2時36分 閉会