議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 墨田区

平成17年  議会運営委員会 05月30日−05号




平成17年  議会運営委員会 − 05月30日−05号







平成17年  議会運営委員会



          議会運営委員会記録

1 開会、閉会について

  平成17年5月30日午後2時04分、第2委員会室において開会し、同日午後2時13分閉会した。

2 出席委員氏名

   中村光雄君    広田充男君    樋口敏朗君

   千野美智子君   出羽邦夫君    木内 清君

   西原文隆君    西 恭三郎君

3 出席理事者職氏名

   区長          助役         収入役

   山崎 昇君       田中 進君      小嶋眞一郎君

   教育長         企画経営室長     総務部長

   久保孝之君       岡田 貢君      深野紀幸君

4 特別出席者職氏名

   議長

   沖山 仁君

5 協議事項

  中村委員長会議に諮り次のとおり取り扱うこととした。

(1)第2回定例会について

   今定例会に区長から提出を予定されている案件について、理事者から説明を聴取した後、協議の結果、次のとおり決定した。

  ア 請願・陳情の受理状況について

    27日までに受理した請願・陳情はない。

  イ 招集日と会期について

    6月6日(月)招集、会期は6月22日(水)までの17日間とする。

  ウ 提出予定案件の委員会付託について

    説明のとおり、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託する。

  エ 定例会日程について

    別表のとおり、予定することとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

          会議の概要は、次のとおりである。

     午後2時04分開会



○委員長(中村光雄君) 

 ただいまから議会運営委員会を開会する。

 早速、協議事項に入る。

 第2回定例会について協議願う。

 まず、今定例会に区長から提出を予定されている案件について、理事者から説明を聴取する。



◎助役(田中進君) 

 条例案が4件、契約案件が5件である。

 まず、条例である。

 最初に、墨田区手数料条例の一部を改正する条例である。建築基準法の一部改正に伴い、手数料を新設するほか、所要の規定整備をするものである。四つあり、そのうちの二つは、景観法の施行に伴うものである。景観地区という地区を設けることが可能になり、建築物の高さ、壁面の位置、敷地面積に関する制限を設けることができることになったが、その適用除外に係る許可申請手数料を設けるものである。手数料の金額は16万円としている。同様に、建築物の各部分の高さに関する制限の適用除外に係る認定申請手数料については2万8,000円としている。

 次の二つは、建築基準法の建築基準に不適合の、いわゆる既存不適格建築物について増改築を行う場合に、建築基準に適合することが必要であるが、あらかじめ最終的に建築基準に適合するという全体的な計画について認定を受けておけば、費用等の都合で工期を二つ以上に分け、建築基準に順次適合させていくことが可能になる措置が導入されたが、その認定申請の手数料を新設するものである。手数料額は2万8,000円である。

 エについては、その全体計画の変更に係る認定申請手数料であり、同額の2万8,000円である。

 施行期日は、公布の日としている。

 2番目が、災害に際し応急措置の業務に従事した者等に係る損害補償に関する条例の一部を改正する条例である。本条例が準拠している非常勤消防団員等に係る損害補償の基準を定める政令の一部が改正された。障害補償等に係る障害の等級の改定、傷病等級表等についての用語の整理がされたことに伴い、同様の改正をするものである。

 (ア)として、障害の等級の改定であるが、手指の障害に係る等級を次のように改める。aが、1手の示指を失ったものについては第10級から第11級に引き下げる。bについては、1手の小指を失ったものについては第13級から第12級に引き上げる。また、cについては、これらの改定に準じて、その他の障害の等級を改定する内容である。

 (イ)が、複視に係る障害について規定を新設するとともに、等級を引き上げるものである。aが、正面視で複視を残すものについては12級相当から10級に引き上げる。bとして、正面視以外で複視を残すものについては14級相当を13級に引き上げる。

 イとして、傷病補償表、障害補償表の用語の整理を行うものである。これは根拠法である労働者災害補償保険法の改正に伴うものであり、表記のとおり改める改正をする。

 施行期日については、公布の日から施行し、平成16年7月1日から適用する。

 3番目が、墨田区浄化槽清掃業の許可及び浄化槽保守点検業者の登録に関する条例の一部を改正する条例である。これは、浄化槽法の一部改正に伴い、用語の整理のため、所要の規定整備をするものである。施行期日は、公布の日としている。

 4番目が、墨田区特別区税条例の一部を改正する条例である。地方税法の一部改正に伴い、年齢65歳以上の者に適用される非課税限度額の廃止及び特定管理株式が価値を失った場合の株式等に係る譲渡所得等の課税の特例の創設をするものである。内容は別紙をご覧いただきたい。

 まず、年齢65歳以上の者に適用される非課税限度額の廃止である。これは、65歳以上の者のうち、前年の合計所得金額が125万円以下の者に対して非課税措置を講じているが、これを廃止する。ただし、経過措置を設けており、平成17年1月1日において65歳に達していた者であり、前年の合計所得金額が125万円以下の者については、平成18年度分については税額の3分の2を減額し、19年度分については3分の1を減額する。施行期日は、平成18年1月1日としている。

 2番目が、特定管理株式が価値を失った場合の株式等に係る譲渡所得等の課税の特例の新設である。これは、特定管理株式について、発行会社の清算結了等による無価値化損失が生じた場合には、従来は損金扱いとしていなかったが、株式等の譲渡損失とみなすという趣旨の改正である。施行期日は、平成18年1月1日としている。

 次に、契約案件である。5件ある。最初の3件が両国中学校にかかわるものである。

 1が、両国中学校校舎改築工事請負契約である。4業者による入札を行った結果、14億700万円で坂田・岡本建設共同企業体が落札した。工期は413日間である。

 2番目が、両国中学校の改築に伴う空調設備工事請負契約である。5業者による入札を行った結果、4億7,880万円で一工・本多建設共同企業体が落札している。工期は413日間としている。

 3番目が、同じく両国中学校の改築に伴う電気設備工事請負契約である。5業者による入札の結果、2億6,250万円で東武・山中建設共同企業体が落札している。工期は413日間である。

 4番目が、第四吾妻小学校屋内運動場改築工事請負契約である。10社による入札を行った結果、2億475万円で岡建工事株式会社が落札している。工期は167日間である。

 5番目が、中平井橋架け替え整備工事(その2)請負契約である。5業者による入札の結果、6億1,425万円で前川・大峰建設共同企業体が落札している。工期は491日間である。

 以上が、第2回定例会で提出予定の案件である。よろしく取り計らいのほど願う。



○委員長(中村光雄君) 

 ただいまの説明について、何か質疑、意見はあるか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、以上で質疑を終わる。

 次に、請願・陳情についてであるが、27日までに受理した請願・陳情はない。

 次に、具体的事項の協議に入る。

 招集日と会期について諮る。

 招集日は6月6日月曜日、会期は6月22日水曜日までの17日間といたしたいが、いかがか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 次に、提出予定案件の委員会付託について、事務局長から説明させる。



◎区議会事務局長(織田雄二郎君) 

 手元の提出予定案件をご覧いただきたい。

 まず、条例である。1の墨田区手数料条例の一部を改正する条例は企画総務委員会、2の災害に際し応急措置の業務に従事した者等に係る損害補償に関する条例の一部を改正する条例及び3の墨田区浄化槽清掃業の許可及び浄化槽保守点検業者の登録に関する条例の一部を改正する条例は地域都市委員会、4の墨田区特別区税条例の一部を改正する条例は区民文教委員会に付託する。

 次に、契約である。1の両国中学校校舎改築工事請負契約から5の中平井橋架け替え整備工事(その2)請負契約までの5件は、いずれも企画総務委員会に付託する。



○委員長(中村光雄君) 

 ただいまの説明どおり、それぞれ所管の常任委員会に審査を付託することといたしたいが、いかがか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 次に、定例会日程についてであるが、別表のとおり予定しているが、いかがか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、別表のとおり予定することとする。

 以上で協議事項を終わる。

 ほかに何かあるか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 以上で、議会運営委員会を閉会する。

     午後2時13分閉会