議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 墨田区

平成17年  議会運営委員会 09月30日−01号




平成17年  議会運営委員会 − 09月30日−01号







平成17年  議会運営委員会



          議会運営委員会記録

1 開会、閉会について

  平成17年9月30日午前11時01分、第2委員会室において開会し、同日午前11時12分閉会した。

2 出席委員氏名

   中村光雄君    広田充男君    樋口敏郎君

   千野美智子君   出羽邦夫君    木内 清君

   西原文隆君    西 恭三郎君

3 出席理事者職氏名

   区長       助役       収入役

   山崎 昇君    田中 進君    小嶋眞一郎君

   教育長      企画経営室長   総務部長

   久保孝之君    岡田 貢君    深野紀幸君

4 特別出席者職氏名

   議長

   沖山 仁君

5 協議事項

  中村委員長会議に諮り、次のとおり取り扱うこととした。

(1)追加議案について

  ア 墨田区教育委員会委員任命の同意議案について、区長から高林眞理氏を再任したい旨の発言があり、直ちに議案を送付願うこととした。

  イ 墨田区基本構想について、区長から説明があり、直ちに議案を送付願うこととした。

  ウ 墨田区基本構想審議会条例を廃止する条例及び平成16年度各会計歳入歳出決算4件の報告議案について、助役から説明があり、直ちに議案を送付願うこととした。

(2)議員提出議案について

   中村光雄君ほか7人から議員提出議案第7号「アスベスト対策の抜本強化に関する意見書」が提出された。

(3)本日の議事運営について

  ア 諸般の報告後、日程に入る。

    日程第1・議案第54号から日程第17・議案第68号までの17議案を一括して議題に供し、委員会審査報告後、採決に入る。

    採決の方法は、日程第1から日程第4までの4議案を一括して簡易表決、日程第5及び日程第6の2議案を一括して起立表決、日程第7から日程第10までの4議案を一括して簡易表決、日程第11から日程第14までの4議案を一括して起立表決、日程第15を簡易表決、日程第16を起立表決、日程第17を簡易表決とする。

  イ 企画総務委員会に審査が付託され、閉会中の継続審査となっていた「郵政事業民営化に関する陳情(第12号)」について、9月27日付けで、陳情者本人から取下願が提出されたため、本陳情の取下げについて、議長が報告し、簡易表決で承認することとする。

  ウ 日程第18・議案第69号を議題に供し、理事者の説明を聴取し、質疑があれば行った後、企画総務委員会に審査を付託する。

  エ この段階で、議案第69号の委員会審査のため、本会議を暫時休憩する。

    この間に、企画総務委員会を開会し、付託された議案の審査を行う。

    その後、企画総務委員長から、委員会審査報告書が提出された段階で、本会議を再開して審議することとなるが、その議事運営については、改めて議会運営委員会を開会して協議願う。

  オ 日程第19・議案第70号を議題に供し、理事者の説明を聴取し、質疑があれば行った後、議長発議により、16人の委員をもって構成する基本構想審査特別委員会を設置し、これに審査を付託することを簡易表決により決定する。

    なお、委員の選任については、別紙のとおり各会派から推薦のあった者を委員会条例第5条第1項の規定に基づき、会議に諮って議長から指名することとする。

  カ 日程第20・報告第3号から日程第23・報告第6号までの決算4件を一括して議題に供し、理事者の説明を聴取し、質疑があれば行った後、議長発議により、16人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに審査を付託することを簡易表決により決定する。

    なお、委員の選任については、別紙のとおり各会派から推薦のあった者を委員会条例第5条第1項の規定に基づき、会議に諮って議長から指名することとする。

    また、閉会中の継続審査とすることを併せて諮る。

  キ 日程第24・議案第71号「墨田区教育委員会委員任命の同意について」を議題に供し、理事者の説明を聴取した後、動議により委員会付託を省略し、即決することとする。

  ク 日程第25・議員提出議案第7号を議題に供し、議案朗読後、動議により委員会付託を省略し、原案どおり決定することとする。

  ケ 日程第26を議題に供し、議長発議により簡易表決で申出どおり承認することとする。

(4)本日の開議時刻について

   午後1時開会とする。

(5)閉会中の継続調査について

   当委員会設置目的の調査事項については、閉会中も引き続き調査することとし、会議規則第72条の規定に基づき閉会中の継続調査申出をすることとする。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     会議の概要は、次のとおりである。

     午前11時01分開会



○委員長(中村光雄君) 

 ただいまから議会運営委員会を開会する。

 早速協議事項に入る。

 まず、今定例会に区長から提出を予定されている追加案件について、理事者から説明を聴取する。



◎区長(山崎昇君) 

 まず、1点目は、教育委員任命の同意案件についてである。

 現教育委員の高林眞理さんは、本日をもって任期満了となる。その後任について人選を進めてきたが、現在の教育行政を取り巻く状況は、開かれた教育の推進、児童・生徒の学力向上など課題が山積している。従って、これまでの経験を生かし、適切に対処していただくため高林さんを再任したい。皆様の了承をいただけるならば、早速追加の人事案件として提案するので、よろしく願う。

 2点目は、墨田区基本構想である。

 承知のとおり、現行の墨田区基本構想は昭和55年に策定したものであるが、25年を経過し、この間、本区を取り巻く社会・経済状況は大きく変化している。本件は、このような変化を踏まえ、新たな時代に対応した基本構想を策定するため、地方自治法第2条第4項の規定に基づき、議会の議決をいただこうとするものである。

 この新たな基本構想の策定に当たっては、区長の附属機関として設置した基本構想審議会において、昨年7月以降、20回の会議で活発かつ熱心な審議をいただいた。そして、今月20日に同審議会から答申をいただいたので、これを最大限尊重し、基本構想として提案する。

 内容としては、基本構想の構成は大きく4章から成っていて、まず、第1章では、基本構想の役割を示している。墨田区の将来の姿を各方面と一緒になって協治(ガバナンス)を基本に進めていこうとしている。

 第2章では、期間を定めていて、基本構想の期間を20年後、2025年としている。

 第3章は、墨田区のまちづくりの基本理念と基本目標を掲げている。5点にわたって掲げていて、「すみだ」らしさの息づくまちをつくる、地域で快適に暮らせる「すみだ」をつくる、新しい事業が起き、人が集まる「すみだ」をつくる、安心して暮らせる「すみだ」をつくる、区民と区が協働で「すみだ」をつくる、としている。

 私としては、この新たな基本構想を決定いただいた暁には、この基本構想に描かれた「すみだ」の将来の姿の実現に向けて、区民とともに全力で取り組んでまいりたい。よろしく審議願う。



◎助役(田中進君) 

 引き続いて、私から2件提案する。

 1件目が、墨田区基本構想審議会条例を廃止する条例である。

 これは、ただいま区長から説明があったとおり、本年9月20日付けで墨田区基本構想について答申がなされて、墨田区基本構想審議会の目的が達成されたことに伴い、墨田区基本構想審議会条例を廃止する必要があるということで廃止をするものである。

 施行期日は、公布の日としている。

 2件目が、平成16年度の各会計決算である。

 これは、9月20日の本議会運営委員会で概要について説明したが、その後、監査委員の審査に付して、この度意見書が提出された。その意見書を添付し、報告するものである。

 審査の上、認定を願うものであるので、よろしく願う。



○委員長(中村光雄君) 

 ただいまの説明について、何か質疑、意見はあるか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 以上で質疑を終わる。

 本件については、直ちに議案を送付願うこととする。

 なお、本件の本会議における取扱いについては、後ほど協議願う。

 次に、先ほど中村光雄君ほか7人から議員提出議案第7号 アスベスト対策の抜本強化に関する意見書が提出された。本件の本会議における取扱いについては、後ほど協議願う。

 次に、本日の議事運営について協議願う。

 本日の議事日程等を事務局に配布させるので、しばらくお待ち願う。

     〔議事日程及び議案配布〕



○委員長(中村光雄君) 

 議事日程をご覧願う。

 本会議は、諸般の報告後、日程に入る。

 日程第1・議案第54号から日程第17・議案第68号までの17議案を一括して議題に供し、委員会審査報告後、採決に入る。

 採決の方法は、日程第1から日程第4までの4議案を一括して簡易表決、日程第5及び日程第6の2議案を一括して起立表決、日程第7から日程第10までの4議案を一括して簡易表決、日程第11から日程第14までの4議案を一括して起立表決、日程第15を簡易表決、日程第16を起立表決、日程第17を簡易表決としたいが、いかが。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 次に、企画総務委員会に審査が付託され、閉会中の継続審査となっていた「郵政事業民営化に関する陳情(第12号)」について、9月27日付けで陳情者本人から取下願が提出されたため、本陳情の取下げについて議長が報告し、簡易表決で承認することとする。

 次に、日程第18・議案第69号を議題に供し、理事者の説明を聴取し、質疑があれば行った後、所管の企画総務委員会に審査を付託することとする。

 この段階で、企画総務委員会に審査を付託することとした議案の委員会審査のため、本会議を暫時休憩する。

 この間に、企画総務委員会を開会し、付託された議案の審査を行うこととなるので、了承願う。

 その後、企画総務委員長から、委員会審査報告書が提出された段階で、本会議を再開して審議することとなる。その議事運営については、改めて議会運営委員会を開会して協議願うこととするので、承知おき願う。

 次に、日程第19・議案第70号を議題に供し、理事者の説明を聴取し、質疑があれば行った後、議長発議により、16人の委員をもって構成する基本構想審査特別委員会を設置し、これに審査を付託することを簡易表決により決定したいが、いかが。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 なお、委員の選任については、別紙のとおり、各会派から推薦のあった者を委員会条例第5条第1項の規定に基づき、会議に諮って議長から指名することになるので、承知願う。

 また、閉会中の継続審査とすることを併せて諮るので、了承願う。

 次に、日程第20・報告第3号から日程第23・報告第6号までの決算4件を一括して議題に供し、理事者の説明を聴取し、質疑があれば行った後、議長発議により、16人の委員をもって構成する決算特別委員会を設置し、これに審査を付託することを簡易表決により決定したいが、いかがか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 なお、委員の選任については、別紙のとおり、各会派から推薦のあった者を委員会条例第5条第1項の規定に基づき、会議に諮って議長から指名することになるので、承知願う。

 また、閉会中の継続審査とすることを併せて諮るので、了承願う。

 次に、日程第24・議案第71号 墨田区教育委員会委員任命の同意についてであるが、本件の本会議における取扱いについて、事務局長から説明させる。



◎区議会事務局長(織田雄二郎君) 

 教育委員の任命同意であるが、教育委員の人事案件については、従前の例によると、動議により委員会付託を省略して即決する取扱いとなっている。



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、ただいまの説明のとおり、日程第24・議案第71号を議題に供し、理事者の説明を聴取した後、動議により委員会付託を省略し、即決することとしたいが、いかがか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 次に、日程第25・議員提出議案第7号を議題に供し、議案朗読後、動議により委員会付託を省略し、原案どおり決定することとしたいが、いかがか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 次に、日程第26を議題に供し、議長発議により、簡易表決で申出どおり承認することとしたいが、いかがか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、そのように取り扱うこととする。

 次に、本日の開議時刻についてであるが、午後1時としたいが、いかがか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、午後1時開会とする。

 次に、当議会運営委員会の閉会中継続調査についてであるが、当委員会設置目的の調査事項については、閉会中も引き続き調査することとし、会議規則第72条の規定に基づき、閉会中の継続調査申出をしたいと思うが、いかがか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 それでは、閉会中の継続調査手続をとらせていただく。

 以上で協議事項を終わる。

 ほかに何かあるか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(中村光雄君) 

 以上で議会運営委員会を閉会する。

     午前11時12分閉会