議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 台東区

平成23年第1回定例会−03月16日-付録




平成23年第1回定例会

議案の部

第1号議案
  平成22年度東京都台東区一般会計補正予算(第4回)

 平成22年度東京都台東区の一般会計補正予算(第4回)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ295,067千円を減額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ89,918,323千円と定める。
2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の総額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
 (繰越明許費)
第2条 地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越して使用することができる経費は、「第2表 繰越明許費補正」による。
平成23年2月4日提出
                        東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算補正
  歳 入   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│1  特別区税    │           │17,929,061  │△431,617   │17,497,444  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  特別区民税    │14,775,683  │△353,931   │14,421,752  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  特別区たばこ税  │3,097,128   │△77,686   │3,019,442   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│2  地方譲与税   │           │393,855    │1       │393,856    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  地方道路譲与税  │0       │1       │1       │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│7  自動車取得税  │           │157,541    │4       │157,545    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│    交付金     │1  自動車取得税   │157,541    │4       │157,545    │
│           │           │       │       │       │
│           │   交付金     │       │       │       │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│9  特別区交付金  │           │28,900,000  │△2,143,734  │26,756,266  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  特別区財政調整  │28,900,000  │△2,143,734  │26,756,266  │
│           │           │       │       │       │
│           │   交付金     │       │       │       │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│12  使用料及び   │           │3,251,711   │△21,790   │3,229,921   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│    手数料     │1  使用料      │2,580,347   │△12,219   │2,568,128   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  手数料      │671,364    │△9,571    │661,793    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│13  国庫支出金   │           │19,016,561  │△98,920   │18,917,641  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  国庫負担金    │18,152,114  │△29,446   │18,122,668  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  国庫補助金    │830,625    │△69,474   │761,151    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│14  都支出金     │           │5,953,321   │△40,953   │5,912,368   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  都負担金     │4,067,388   │10,071    │4,077,459   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  都補助金     │1,231,767   │△48,104   │1,183,663   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  都委託金     │654,166    │△2,920    │651,246    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│16  寄附金     │           │85,831    │1,000     │86,831    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  寄附金      │85,831    │1,000     │86,831    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│17  繰入金     │           │3,283,777   │△173,151   │3,110,626   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  基金繰入金    │3,207,629   │△378,242   │2,829,387   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  特別会計繰入金  │76,148    │205,091    │281,239    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│18  繰越金     │           │1,498,231   │2,726,680   │4,224,911   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  繰越金      │1,498,231   │2,726,680   │4,224,911   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│19  諸収入     │           │4,707,132   │△112,587   │4,594,545   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  貸付金元利収入  │3,971,099   │△152,510   │3,818,589   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │7  障害福祉     │52,551    │10,423    │62,974    │
│           │           │       │       │       │
│           │   サービス収入  │       │       │       │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │8  雑入       │407,112    │29,500    │436,612    │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  入  合  計             │90,213,390  │△295,067   │89,918,323  │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

  歳 出   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│1  議会費     │           │588,948    │△12,228   │576,720    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  議会費      │588,948    │△12,228   │576,720    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│2  総務費     │           │9,872,654   │△281,461   │9,591,193   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  総務管理費    │7,516,779   │△202,461   │7,314,318   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  徴税費      │474,556    │△15,000   │459,556    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  戸籍及び     │588,668    │△51,000   │537,668    │
│           │           │       │       │       │
│           │   住民基本台帳費 │       │       │       │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │6  区民施設費    │1,004,190   │△13,000   │991,190    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│3  民生費     │           │33,753,610  │△311,188   │33,442,422  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  社会福祉費    │9,417,384   │△311,188   │9,106,196   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│4  衛生費     │           │7,780,210   │△218,410   │7,561,800   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  衛生管理費    │1,193,712   │△10,894   │1,182,818   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  保健所費     │936,142    │△38,000   │898,142    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  公衆衛生費    │1,363,602   │10,203    │1,373,805   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│            │4  環境衛生費    │282,410    │△5,240    │277,170    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │5  清掃費      │4,004,344   │△174,479   │3,829,865   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│5  文化観光費   │           │1,712,018   │△77,314   │1,634,704   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  文化費      │902,478    │△87,014   │815,464    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  観光費      │809,540    │9,700     │819,240    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│6  産業経済費   │           │5,781,231   │△361,060   │5,420,171   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  産業経済費    │5,781,231   │△361,060   │5,420,171   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│7  土木費     │           │6,335,498   │△278,880   │6,056,618   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  土木管理費    │1,022,426   │△60,630   │961,796    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  道路橋りょう費  │2,026,283   │△87,300   │1,938,983   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │4  公園費      │695,657    │△72,244   │623,413    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │5  建築費      │329,453    │△27,412   │302,041    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │6  都市整備費    │910,098    │△28,794   │881,304    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │7  住宅費      │1,350,511   │△2,500    │1,348,011   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│8  教育費     │           │12,214,518  │△249,906   │11,964,612  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  教育総務費    │1,463,397   │△68,030   │1,395,367   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  小学校費     │1,800,790   │△7,000    │1,793,790   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  中学校費     │857,398    │△5,000    │852,398    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │5  幼稚園費     │827,682    │△43,000   │784,682    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │6  児童保育費    │4,548,302   │△70,000   │4,478,302   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │7  こども園費    │480,613    │△26,000   │454,613    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │8  社会教育費    │1,672,013   │△10,876   │1,661,137   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │9  社会体育費    │478,000    │△20,000   │458,000    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│9  諸支出金    │           │12,024,703  │1,495,380   │13,520,083  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │4  特別会計繰出金  │7,035,741   │1,445,837   │8,481,578   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │5  財政調整基金   │29,435    │21,000    │50,435    │
│           │           │       │       │       │
│           │   積立金     │       │       │       │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │6  減債基金積立金  │222,203    │28,543    │250,746    │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  出  合  計             │90,213,390  │△295,067   │89,918,323  │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

 第2表 繰越明許費補正
  追 加   (単位:千円)
┌─────────┬───────────┬─────────────────┬───────┐
│款        │項          │事業名              │金額     │
├─────────┼───────────┼─────────────────┼───────┤
│5  文化観光費 │2  観光費      │浅草文化観光センターの整備    │58,500    │
├─────────┼───────────┼─────────────────┼───────┤
│7  土木費   │2  道路橋りょう費  │電線類地中化モデル実施      │10,025    │
├─────────┼───────────┼─────────────────┼───────┤
│8  教育費   │8  社会教育費    │図書館管理運営          │15,624    │
└─────────┴───────────┴─────────────────┴───────┘

 ──────────────────────────────────────────
第2号議案
      平成22年度東京都台東区国民健康保険事業会計補正予算(第1回)

 平成22年度東京都台東区の国民健康保険事業会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ259,310千円を増額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ21,103,310千円と定める。
2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の総額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算補正
  歳 入   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│4  国庫支出金   │           │4,852,662   │△244,907   │4,607,755   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  国庫補助金    │315,938    │△244,907   │71,031    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│6  前期高齢者   │           │3,005,709   │△2,106,132  │899,577    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│    交付金     │1  前期高齢者    │3,005,709   │△2,106,132  │899,577    │
│           │           │       │       │       │
│           │   交付金     │       │       │       │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│10  繰入金     │           │3,628,288   │1,414,510   │5,042,798   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  一般会計繰入金  │3,628,288   │1,414,510   │5,042,798   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│11  繰越金     │           │100,000    │1,195,839   │1,295,839   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  繰越金      │100,000    │1,195,839   │1,295,839   │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  入  合  計             │20,844,000  │259,310    │21,103,310  │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘
  歳 出   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│1  総務費     │           │463,780    │9,059     │472,839    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  総務管理費    │325,575    │9,059     │334,634    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│2  保険給付費   │           │13,919,280  │0       │13,919,280  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  療養諸費     │12,354,973  │0       │12,354,973  │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  高額療養費    │1,355,959   │0       │1,355,959   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│3  後期高齢者   │           │2,552,631   │0       │2,552,631   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│    支援金等    │1  後期高齢者    │2,552,631   │0       │2,552,631   │
│           │           │       │       │       │
│           │   支援金等    │       │       │       │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│5  老人保健拠出金 │           │54,135    │0       │54,135    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  老人保健拠出金  │54,135    │0       │54,135    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│6  介護納付金   │           │1,191,539   │0       │1,191,539   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  介護納付金    │1,191,539   │0       │1,191,539   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│9  諸支出金    │           │31,003    │250,251    │281,254    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  償還金及び    │31,002    │250,251    │281,253    │
│           │           │       │       │       │
│           │   還付金     │       │       │       │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  出  合  計             │20,844,000  │259,310    │21,103,310  │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

 ──────────────────────────────────────────
第3号議案
      平成22年度東京都台東区後期高齢者医療会計補正予算(第1回)

 平成22年度東京都台東区の後期高齢者医療会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ184,636千円を増額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ3,980,636千円と定める。
2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の総額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘


 第1表 歳入歳出予算補正
  歳 入                             (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│4  繰越金     │           │1       │184,636    │184,637    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  繰越金      │1       │184,636    │184,637    │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  入  合  計             │3,796,000   │184,636    │3,980,636   │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

  歳 出   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│2  広域連合納付金 │           │3,379,096   │9,344     │3,388,440   │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  広域連合納付金  │3,379,096   │9,344     │3,388,440   │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│5  諸支出金    │           │5,001     │175,292    │180,293    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  繰出金      │0       │175,292    │175,292    │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  出  合  計             │3,796,000   │184,636    │3,980,636   │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

 ──────────────────────────────────────────
第4号議案
       平成22年度東京都台東区老人保健医療会計補正予算(第1回)

 平成22年度東京都台東区の老人保健医療会計補正予算(第1回)は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算の補正)
第1条 歳入歳出予算の総額から、歳入歳出それぞれ6,930千円を減額し、歳入歳出予算の総額を、歳入歳出それぞれ44,070千円と定める。
2 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の総額は、「第1表 歳入歳出予算補正」による。
平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算補正
  歳 入   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│1  支払基金交付金 │           │25,034    │△24,073   │961      │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  支払基金交付金  │25,034    │△24,073   │961      │
└───────────┴───────────┴───────┴───────┴───────┘


┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│2  国庫支出金    │           │1       │2,141     │2,142     │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  国庫負担金    │1       │2,141     │2,142     │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│3  都支出金    │           │1       │534      │535      │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  都負担金     │1       │534      │535      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│4  繰入金     │           │15,865    │△2,666    │13,199    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  一般会計繰入金  │15,865    │△2,666    │13,199    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│5  繰越金     │           │10,000    │13,871    │23,871    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  繰越金      │10,000    │13,871    │23,871    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│6  諸収入     │           │99      │3,263     │3,362     │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  預金利子     │19      │△18     │1       │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │3  雑入       │78      │3,281     │3,359     │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  入  合  計             │51,000    │△6,930    │44,070    │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

  歳 出   (単位:千円)
┌───────────┬───────────┬───────┬───────┬───────┐
│款          │項          │補正前の額  │補正額    │計      │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│1  医療諸費    │           │40,997    │△36,729   │4,268     │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  医療諸費     │40,997    │△36,729   │4,268     │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│2  諸支出金    │           │3       │29,799    │29,802    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  償還金及び    │2       │0       │2       │
│           │           │       │       │       │
│           │   還付金     │       │       │       │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │2  一般会計繰出金  │1       │29,799    │29,800    │
├───────────┼───────────┼───────┼───────┼───────┤
│3  予備費     │           │10,000    │0       │10,000    │
│           ├───────────┼───────┼───────┼───────┤
│           │1  予備費      │10,000    │0       │10,000    │
├───────────┴───────────┼───────┼───────┼───────┤
│歳  出  合  計             │51,000    │△6,930    │44,070    │
└───────────────────────┴───────┴───────┴───────┘

 ──────────────────────────────────────────
第5号議案
            平成23年度東京都台東区一般会計予算

 平成23年度東京都台東区の一般会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ87,800,000千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
 (債務負担行為)
第2条 地方自治法第214条の規定により債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、「第2表 債務負担行為」による。
 (一時借入金)
第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、5,000,000千円と定める。
 (歳出予算の流用)
第4条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間とする。
  平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬────────────┐
 │款               │項               │金額          │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │1  特別区税          │                │17,829,931       │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  特別区民税         │14,574,541       │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  軽自動車税         │53,695         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │3  特別区たばこ税       │3,199,505        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │4  入湯税           │2,190          │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │2  地方譲与税         │                │382,414         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  地方揮発油譲与税      │105,198         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  自動車重量譲与税      │277,215         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │3  地方道路譲与税       │1            │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │3  利子割交付金        │                │262,415         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  利子割交付金        │262,415         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │4  配当割交付金        │                │65,266         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  配当割交付金        │65,266         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │5  株式等譲渡所得割交付金   │                │42,925         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  株式等譲渡所得割交付金   │42,925         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │6  地方消費税交付金      │                │3,144,802        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  地方消費税交付金      │3,144,802        │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │7  自動車取得税交付金     │                │213,648         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  自動車取得税交付金     │213,648         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │8 地方特例交付金        │                │251,626         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  地方特例交付金       │251,626         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │9  特別区交付金        │                │27,800,000       │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  特別区財政調整交付金    │27,800,000       │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │10  交通安全対策特別交付金   │                │34,500         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  交通安全対策特別交付金   │34,500         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │11  分担金及び負担金      │                │860,256         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  分担金           │30,481         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  負担金           │829,775         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │12  使用料及び手数料      │                │3,207,000        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  使用料           │2,580,886        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  手数料           │626,114         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │13  国庫支出金         │                │19,841,807       │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  国庫負担金         │18,943,888       │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  国庫補助金         │862,384         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │3  国庫委託金         │35,535         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │14  都支出金          │                │5,932,364        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  都負担金          │4,233,654        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  都補助金          │1,172,246        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │3  都委託金          │526,464         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │15  財産収入          │                │525,747         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  財産運用収入        │524,245         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  財産売払収入        │1,502          │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │16  寄附金           │                │80,421         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  寄附金           │80,421         │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │17  繰入金           │                │1,759,006        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  基金繰入金         │1,759,005        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  特別会計繰入金       │1            │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │18  繰越金           │                │1,000,000        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  繰越金           │1,000,000        │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │19  諸収入           │                │4,565,872        │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │1  延滞金、加算金及び過料   │23,002         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │2  特別区預金利子       │921           │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │3  貸付金元利収入       │3,824,620        │
 ├────────────────┼────────────────┼────────────┤
 │                 │4  受託事業収入        │224,911         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │5  収益事業収入        │1            │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │6  介護サービス収入      │1            │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │7  障害福祉サービス収入    │59,101         │
 │                ├────────────────┼────────────┤
 │                │8  雑入            │433,315         │
 ├────────────────┴────────────────┼────────────┤
 │歳  入  合  計                       │87,800,000       │
 └─────────────────────────────────┴────────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  議会費           │                │597,280        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  議会費           │597,280        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  総務費           │                │8,970,120       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  総務管理費         │7,152,085       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  徴税費           │421,325        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  戸籍及び住民基本台帳費   │523,999        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  選挙費           │165,752        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  統計調査費         │36,756        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │6  区民施設費         │600,084        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │7  監査委員費         │71,119        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  民生費           │                │33,507,053      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  社会福祉費         │8,489,022       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  児童福祉費         │4,513,971       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  生活保護費         │20,438,425      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  国民年金費         │65,620        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  災害救助費         │15          │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  衛生費           │                │7,276,334       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  衛生管理費         │1,057,530       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  保健所費          │902,433        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  公衆衛生費         │1,383,486       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  環境衛生費         │232,364        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  清掃費           │3,700,521       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  文化観光費         │                │2,338,258       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  文化費           │860,136        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  観光費           │1,478,122       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │6 産業経済費          │                │5,405,427       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  産業経済費         │5,405,427       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │7  土木費           │                │6,039,558       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  土木管理費         │909,644        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  道路橋りょう費       │1,921,494       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  河川費           │1,660         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  公園費           │749,688        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  建築費           │321,352        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │6  都市整備費         │791,406        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │7  住宅費           │1,344,314       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │8  教育費           │                │12,206,450      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  教育総務費         │1,397,426       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  小学校費          │1,808,172       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  中学校費          │849,159        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  校外施設費         │76,842        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  幼稚園費          │766,153        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │6  児童保育費         │4,742,725       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │7  こども園費         │469,675        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │8  社会教育費         │1,579,040       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │9  社会体育費         │517,258        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │9  諸支出金          │                │11,309,520      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  普通財産取得費       │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  公債費           │4,440,335       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  小切手支払未済償還金    │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  特別会計繰出金       │6,619,533       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  財政調整基金積立金     │37,613        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │6  減債基金積立金       │212,037        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │10  予備費           │                │150,000        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  予備費           │150,000        │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │87,800,000      │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘


 第2表 債務負担行為
    (単位:千円)
 ┌──────────────────┬──────┬───────────────────┐
 │事項                │期 間   │限度額                │
 ├──────────────────┼──────┼───────────────────┤
 │1  台東区土地開発公社に対する債務 │平成23年度 │台東区土地開発公社が協調融資団から借 │
 │   保証             │〜     │り入れる平成23年度に係る融資額及び利 │
 │                  │平成33年度 │子相当額               │
 ├──────────────────┼──────┼───────────────────┤
 │2  台東区土地開発公社からの用地取 │平成23年度 │台東区土地開発公社からの用地取得費  │
 │   得              │〜     │                   │
 │                  │平成33年度 │                   │
 ├──────────────────┼──────┼───────────────────┤
 │3  台東区町会事務所新築、増改築等 │平成23年度 │台東区町会事務所新築、増改築等資金融 │
 │   資金融資あっせん制度要綱に基づ│〜     │資あっせん制度要綱に基づく平成23年度 │
 │   く金融機関の融資額に対する損失│平成48年度 │に係る融資額1億円に対する借入元金及 │
 │   補償             │      │び利子相当額             │
 ├──────────────────┼──────┼───────────────────┤
 │4  台東区住宅修繕資金融資あっせん │平成23年度 │台東区住宅修繕資金融資あっせん制度要 │
 │   制度要綱に基づく金融機関の融資│〜     │綱に基づく平成23年度に係る融資額1億 │
 │   額に対する損失補償      │平成30年度 │円に対する借入元金の10%及び利子相当 │
 │                  │      │額                  │
 ├──────────────────┼──────┼───────────────────┤
 │5  庁舎老朽化対策(建築・電気・空 │平成24年度 │3,491,000          │
 │   調・給排水設備工事、工事監理委│〜     │                   │
 │   託)             │平成26年度 │                   │
 ├──────────────────┼──────┼───────────────────┤
 │6  書道博物館管理運営(重要文化財 │平成24年度 │6,499              │
 │   保存修理委託)        │〜     │                   │
 │                  │平成25年度 │                   │
 └──────────────────┴──────┴───────────────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第6号議案
         平成23年度東京都台東区国民健康保険事業会計予算

 平成23年度東京都台東区の国民健康保険事業会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ21,647,000千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
 (一時借入金)
第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、50,000千円と定める。
 (歳出予算の流用)
第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間とする。
  平成23年2月4日提出
                         東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  国民健康保険料       │                │5,759,728       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  国民健康保険料       │5,759,728       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  一部負担金         │                │2           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一部負担金         │2           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  使用料及び手数料      │                │18          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  手数料           │18          │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  国庫支出金         │                │5,143,204       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  国庫負担金         │5,094,120       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  国庫補助金         │49,084        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  療養給付費等交付金     │                │517,287        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  療養給付費等交付金     │517,287        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │6  前期高齢者交付金      │                │2,151,836       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  前期高齢者交付金      │2,151,836       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │7  都支出金          │                │1,036,747       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  都負担金          │99,395        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  都補助金          │937,352        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │8  共同事業交付金       │                │2,949,727       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  共同事業交付金       │2,949,727       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │9  財産収入          │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  財産売払収入        │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │10  繰入金           │                │3,455,164       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一般会計繰入金       │3,455,164       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │11  繰越金           │                │600,000        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  繰越金           │600,000        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │12  諸収入           │                │33,286        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  延滞金、加算金及び過料   │5           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  預金利子          │156          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  雑入            │33,125        │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  入  合  計                       │21,647,000      │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  総務費           │                │459,956        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  総務管理費         │333,066        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  徴収費           │126,890        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  保険給付費         │                │13,996,050      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  療養諸費          │12,410,862      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  高額療養費         │1,375,677       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  葬祭費           │28,000        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  移送費           │410          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  出産育児諸費        │168,000        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │6  結核・精神医療給付金    │13,101        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  後期高齢者支援金等     │                │2,966,125       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  後期高齢者支援金等     │2,966,125       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  前期高齢者納付金等     │                │8,581         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  前期高齢者納付金等     │8,581         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  老人保健拠出金       │                │2,609         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  老人保健拠出金       │2,609         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │6  介護納付金         │                │1,339,657       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  介護納付金         │1,339,657       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │7  共同事業拠出金       │                │2,228,389       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  共同事業拠出金       │2,228,389       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │8  保健事業費         │                │194,330        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  特定健康診査等事業費    │174,813        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  保健事業費         │19,517        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │9  諸支出金          │                │30,703        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  償還金及び還付金      │30,702        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  公債費           │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │10  予備費           │                │420,600        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  予備費           │420,600        │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │21,647,000      │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第7号議案
          平成23年度東京都台東区後期高齢者医療会計予算

 平成23年度東京都台東区の後期高齢者医療会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3,821,000千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
  平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  後期高齢者医療保険料    │                │1,819,083       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  後期高齢者医療保険料    │1,819,083       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  使用料及び手数料      │                │9           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  手数料           │9           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  繰入金           │                │1,899,511       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一般会計繰入金       │1,899,511       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  繰越金           │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  繰越金           │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  諸収入           │                │102,396        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  延滞金、加算金及び過料   │2           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  償還金及び還付加算金    │5,002         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  預金利子          │27          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  受託事業収入        │96,824        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  雑入            │541          │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  入  合  計                       │3,821,000       │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  総務費           │                │144,388        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  総務管理費         │144,362        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  徴収費           │26          │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  広域連合納付金       │                │3,463,997       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  広域連合納付金       │3,463,997       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  保健事業費         │                │73,573        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │                 │1  保健事業費         │73,573        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  保険給付費         │                │84,041        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  葬祭費           │84,041        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  諸支出金          │                │5,001         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  償還金及び還付加算金    │5,001         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │6  予備費           │                │50,000        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  予備費           │50,000        │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │3,821,000       │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第8号議案
           平成23年度東京都台東区介護保険会計予算

 平成23年度東京都台東区の介護保険会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ12,118,000千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
 (歳出予算の流用)
第2条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間とする。
  平成23年2月4日提出

                           東京都台東区長 吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  介護保険料         │                │2,060,492       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  介護保険料         │2,060,492       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  使用料及び手数料      │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  手数料           │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  国庫支出金         │                │2,640,162       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  国庫負担金         │2,005,499       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │                 │2  国庫補助金         │634,663        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  支払基金交付金       │                │3,441,774       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  支払基金交付金       │3,441,774       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  都支出金          │                │1,746,236       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  都負担金          │1,699,667       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  都補助金          │46,569        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │6  財産収入          │                │3,076         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  財産運用収入        │3,076         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │7  繰入金           │                │2,221,091       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一般会計繰入金       │1,909,001       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  基金繰入金         │312,090        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │8  繰越金           │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  繰越金           │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │9  諸収入           │                │5,167         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  延滞金及び過料       │241          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  預金利子          │82          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  雑入            │4,844         │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  入  合  計                       │12,118,000      │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  総務費           │                │411,799        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  総務管理費         │318,946        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  徴収費           │341          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  介護認定審査会費      │88,350        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  趣旨普及費         │4,162         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  保険給付費         │                │11,403,755      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  介護サービス等諸費     │10,075,198      │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  介護予防サービス等諸費   │664,431        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │3  その他諸費         │18,471        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │4  高額介護サービス等費    │239,766        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │5  高額医療合算介護      │31,637        │
 │                │                │           │
 │                │   サービス等費       │           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │6  特別給付費         │3,240         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │                 │7  特定入所者         │371,012        │
 │                │                │           │
 │                │   介護サービス等費     │           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  地域支援事業費       │                │260,660        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  介護予防事業費       │72,616        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  包括的支援事業・      │188,044        │
 │                │                │           │
 │                │   任意事業費        │           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  基金積立金         │                │3,076         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  基金積立金         │3,076         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │5  予備費           │                │34,415        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  予備費           │34,415        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │6  諸支出金          │                │4,295         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  償還金及び還付加算金    │4,295         │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │12,118,000      │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第9号議案
          平成23年度東京都台東区老人保健施設会計予算

 平成23年度東京都台東区の老人保健施設会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ50,428千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
  平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  使用料及び手数料      │                │360          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  手数料           │360          │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  繰入金           │                │50,066        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一般会計繰入金       │50,066        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  諸収入           │                │2           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │                 │1  預金利子          │2           │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  入  合  計                       │50,428        │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  施設管理費         │                │378          │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  施設管理費         │378          │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  諸支出金          │                │45,050        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  公債費           │45,050        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  予備費           │                │5,000         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  予備費           │5,000         │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │50,428        │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第10号議案
           平成23年度東京都台東区病院施設会計予算

 平成23年度東京都台東区の病院施設会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ352,547千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
  平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  使用料及び手数料      │                │8,290         │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  手数料           │8,290         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  都支出金          │                │100,715        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  都補助金          │100,715        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  繰入金           │                │243,539        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一般会計繰入金       │243,539        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  諸収入           │                │3           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │                 │1  預金利子          │3           │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  入  合  計                       │352,547        │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  施設管理費         │                │116,112        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  施設管理費         │116,112        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  諸支出金          │                │206,435        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  公債費           │206,435        │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  予備費           │                │30,000        │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  予備費           │30,000        │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │352,547        │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第11号議案
            平成23年度東京都台東区用地会計予算

 平成23年度東京都台東区の用地会計の予算は、次に定めるところによる。
 (歳入歳出予算)
第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4,000,003千円と定める。
2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。
 (特別区債)
第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる特別区債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 特別区債」による。
 (一時借入金)
第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、4,000,000千円と定める。
  平成23年2月4日提出
                          東京都台東区長  吉 住   弘

 第1表 歳入歳出予算
  歳 入   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  財産収入          │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  財産売払収入        │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  繰入金           │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  一般会計繰入金       │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │3  繰越金           │                │1           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  繰越金           │1           │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │4  特別区債          │                │4,000,000       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  特別区債          │4,000,000       │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  入  合  計                       │4,000,003       │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

  歳 出   (単位:千円)
 ┌────────────────┬────────────────┬───────────┐
 │款               │項               │金額         │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │1  用地費           │                │4,000,000       │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  用地費           │4,000,000       │
 ├────────────────┼────────────────┼───────────┤
 │2  諸支出金          │                │3           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │1  公債費           │2           │
 │                ├────────────────┼───────────┤
 │                │2  一般会計繰出金       │1           │
 ├────────────────┴────────────────┼───────────┤
 │歳  出  合  計                       │4,000,003       │
 └─────────────────────────────────┴───────────┘

 第2表 特別区債
    (単位:千円)
 ┌─────────┬──────┬───────┬───────┬───────┬──────┐
 │起債の目的    │限度額   │起債の方法  │利率     │償還の方法  │備考    │
 ├─────────┼──────┼───────┼───────┼───────┼──────┤
 │1  公共用地   │4,000,000  │証券発行又は普│6.5%以内   │起債のときから│金融事情その│
 │   先行取得  │      │通貸借の方法に│(ただし、利率│据置期間を含め│他の都合によ│
 │         │      │より政府その他│見直し方式で借│10年以内に元利│り、起債額の│
 │         │      │より起債する。│り入れる財政融│均等額、元金均│全部又はその│
 │         │      │証券発行の場合│資資金、地方公│等額、満期一括│一部を翌年度│
 │         │      │における発行価│共団体金融機構│額のいずれかの│に繰延起債す│
 │         │      │格は、額面100 │資金について、│方法で償還する│ることもある│
 │         │      │円につき98円以│利率の見直しを│。      │。     │
 │         │      │上とする。  │行った後におい│       │      │
 │         │      │       │ては、当該見直│       │      │
 │         │      │       │し後の利率) │       │      │
 └─────────┴──────┴───────┴───────┴───────┴──────┘

 ──────────────────────────────────────────
第12号議案
             東京都台東区従前居住者用住宅条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、従前居住者用住宅を設置するため提出します。

             東京都台東区従前居住者用住宅条例
(設置)
第1条 密集住宅市街地整備促進事業の施行に伴い、住宅に困窮することとなる者に対して住宅を提供することにより、区民生活の安定及び向上を図るため、東京都台東区従前居住者用住宅(以下「従前居住者用住宅」という。)を設置する。
(定義)
第2条 この条例において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
 (1)密集住宅市街地整備促進事業 東京都台東区(以下「区」という。)が施行する住宅市街地整備計画に基づく住宅市街地総合整備事業及び東京都知事の承認を受けた東京都木造住宅密集地域整備促進事業ガイドラインに基づく東京都木造住宅密集地域整備促進事業をいう。
 (2)収入 公営住宅法施行令(昭和26年政令第240号。以下「政令」という。)第1条第3号に規定する収入をいう。
 (3)付帯施設 従前居住者用住宅に付置した自転車置場、ごみ置場等をいう。
(名称、位置及び戸数)
第3条 従前居住者用住宅の名称、位置及び戸数は、東京都台東区長(以下「区長」という。)が別に定める。
(使用者の資格)
第4条 従前居住者用住宅を使用することができる者は、次の各号に掲げる要件を満たしている者でなければならない。
 (1)密集住宅市街地整備促進事業の施行に伴い、建替え又は除却となる住宅に引き続き2年以上居住していること。
 (2)密集住宅市街地整備促進事業の施行に伴い、住宅に困窮することが明らかであること。
 (3)収入が台東区規則(以下「規則」という。)で定める収入基準(以下「収入基準」という。)を超えないこと。
 (4)独立して日常生活を営むことができること。
 (5)暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)でないこと。
2 前項の規定にかかわらず、密集住宅市街地整備促進事業の施行に伴う住宅の建替えのために仮住居を必要とする当該住宅の所有者が、従前居住者用住宅を一時的に使用しようとするときは、同項第3号に掲げる要件を満たしていることを要しないものとする。
3 区長は、前2項に定めるもののほか、特に必要があると認めるときは、従前居住者用住宅を使用することができる者の資格について要件を加えることができる。
(使用許可)
第5条 従前居住者用住宅を使用しようとする者は、区長の許可を受けなければならない。
(使用申込み)
第6条 従前居住者用住宅の使用につき前条の許可を受けようとする者は、規則で定めるところにより、使用の申込みをしなければならない。
(使用予定者の決定等)
第7条 区長は、前条の使用の申込みをした者を使用予定者と決定する。ただし、同条の使用の申込みをした者の数が使用させるべき従前居住者用住宅の戸数を超えるときは、抽せんにより使用予定者を決定する。
2 区長は、前項の規定により決定された使用予定者について、第4条に規定する資格の有無を審査するものとする。
(使用手続)
第8条 前条第2項に規定する審査を受けた使用予定者は、区長が指定する日までに次の各号に掲げる手続をしなければならない。
 (1)規則で定める資格を有する連帯保証人が連署する誓約書を提出すること。ただし、区長が特別の事情があると認めるときは、連帯保証人の連署を必要としない。
 (2)第14条第1項の敷金を納付すること。
2 使用予定者は、やむを得ない事情により前項の区長が指定する日までに手続をすることができないときは、同項の規定にかかわらず、区長が別に指定する日までに同項の手続をすることができる。
3 区長は、第1項又は前項の規定に基づく手続を完了した者に対して、従前居住者用住宅の使用を許可し、その旨を通知する。
4 区長は、正当な事由がなく第1項又は第2項の区長が指定する日までに第1項の手続を行わない者に対しては、使用予定者の決定を取り消すことができる。
5 従前居住者用住宅の使用を許可された者(以下「使用者」という。)は、使用許可の日から20日以内に当該従前居住者用住宅の使用を開始しなければならない。ただし、区長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。
(使用期間)
第9条 従前居住者用住宅の使用期間は、当該従前居住者用住宅の借上げ期間を限度とする。
2 前項の規定にかかわらず、第4条第2項の規定に該当する使用者に係る従前居住者用住宅の使用期間は、2年間を限度とする。ただし、区長は、特別の事情があると認めるときは、使用期間を延長することができる。
(使用料の決定)
第10条 従前居住者用住宅の使用料は、毎年度、第22条第1項の規定により認定された収入(同条第3項の規定により更正された場合には、その更正後の収入。第24条において同じ。)に基づき、近傍同種の住宅の家賃(第3項の規定により定められたものをいう。以下同じ。)以下で政令第2条及び政令第15条第1項に規定する算定方法により算定した額とする。ただし、第21条の収入の申告がない場合において、収入の申告の請求を行ったにもかかわらず使用者がその請求に応じないときは、当該従前居住者用住宅の使用料は、近傍同種の住宅の家賃とする。
2 政令第2条第1項第4号に規定する事業主体が定める数値は、区長が別に定めるものとする。
3 第1項の近傍同種の住宅の家賃は、毎年度、政令第3条及び政令第15条第1項に規定する算定方法により算定した額とする。
(使用料の徴収)
第11条 使用料は、従前居住者用住宅の使用許可の日から徴収する。
2 区長は、前項の規定にかかわらず、特別の事情があると認めるときは、区長が指定する期日から使用料を徴収することができる。
3 使用者は、当月分の使用料を毎月末日までに納付しなければならない。ただし、当該期日が金融機関の休業日に当たるときは、当該期日後直近の金融機関の営業日までに納付するものとする。
4 従前居住者用住宅の使用許可の日若しくは第2項の規定により指定された期日の属する月又は従前居住者用住宅を返還した日の属する月における使用期間が1月に満たないときの使用料の額は、日割計算による。
5 区長は、使用者が第25条第1項に規定する手続を経ないで無断で従前居住者用住宅を使用しなくなったときは、その事実を認定し、使用許可を取り消した日までの使用料を徴収する。
(使用料の減免又は徴収猶予)
第12条 区長は、次の各号のいずれかに該当する場合において必要と認めるときは、使用料を減額し、若しくは免除し、又は使用料の徴収を猶予することができる。
 (1)使用者又は同居者が災害により著しい被害を受けたとき。
 (2)使用者又は同居者が失職、疾病その他の事由により著しく生活困難な状態にあるとき。
 (3)使用者及び同居者の収入が著しく低額であるとき。
 (4)使用者及び同居者の責に帰すべき事由によらないで引き続き10日以上従前居住者用住宅の全部又は一部を使用することができないとき。
 (5)前各号に準ずる特別の事情があるとき。
2 前項に規定する使用料の減額又は免除の額及び期間については、規則で定める。
3 第1項に規定する使用料の徴収の猶予期間は、6月を超えることができない。
4 使用者は、第1項の規定により使用料の減額若しくは免除又は徴収猶予を受けようとするときは、区長に申請しなければならない。
(使用料の督促)
第13条 区長は、使用料を第11条第3項に規定する納期限までに納付しない使用者があるときは、期限を指定して督促しなければならない。
(敷金)
第14条 区長は、使用予定者から入居時における使用料の3月分に相当する金額を敷金として徴収する。
2 区長は、従前居住者用住宅の返還の際、敷金を使用者に還付する。ただし、未納の使用料、共益費又は賠償金があるときは、敷金のうちからこれを控除した額を還付する。
3 使用者は、敷金の額が未納の使用料、共益費又は賠償金に満たないときは、区長が指定する日までに不足額を納付しなければならない。
4 敷金には利子を付けない。
(使用者の費用負担)
第15条 次の各号に掲げる費用は、使用者の負担とする。
 (1)使用者又は同居者の責に帰すべき事由によって生じた修繕等に要する費用
 (2)電気、ガス及び上下水道の使用料
 (3)じんかいの処理並びに排水管の清掃及び消毒に要する費用
 (4)エレベーターの使用及び維持に要する費用
 (5)前各号に掲げるもののほか、区長が指定する費用
2 区長は、前項第1号、第3号又は第4号の費用のうち、使用者に負担させることが適当でないと認めるものについては、その全部又は一部を使用者に負担させないことができる。
(共益費)
第16条 区長は、前条第1項各号の費用のうち、使用者の共通の利益を図るため、特に必要と認めるものを、共益費として使用者から徴収することができる。
2 使用者は、当月分の共益費を毎月末日までに使用料とともに納付しなければならない。
3 共益費の徴収及び減額若しくは免除又は徴収猶予については、第11条及び第12条の規定を準用する。
(使用者の保管義務)
第17条 使用者は、従前居住者用住宅及び付帯施設について必要な注意を払い、これらを正常な状態において維持しなければならない。
2 使用者は、自己又は同居者の責に帰すべき事由により、従前居住者用住宅又は付帯施設を滅失し、又はき損したときは、これを原形に復し、又はこれに要する費用を賠償しなければならない。
(使用者の禁止行為)
第18条 使用者は、次の各号に掲げる行為をしてはならない。
 (1)周辺の環境を乱し、又は他に迷惑を及ぼすこと。
 (2)従前居住者用住宅を他の者に貸し、又はその使用の権利を他の者に譲渡すること。
 (3)従前居住者用住宅を住宅以外の目的に使用すること。
 (4)前各号に掲げるもののほか、区長が従前居住者用住宅の管理上必要と認めること。
(許可事項及び届出事項)
第19条 使用者は、次の各号のいずれかに該当するときは、区長の許可を受けなければならない。
 (1)入居の際の同居者以外の者を新たに同居させようとするとき。
 (2)従前居住者用住宅の模様替その他従前居住者用住宅に工作を加える行為をしようとするとき。
 (3)従前居住者用住宅の敷地内に工作物を設置しようとするとき。
 (4)同居者の人数の増減により、使用する従前居住者用住宅を変更しようとするとき。
 (5)前各号に掲げるもののほか、区長が従前居住者用住宅の管理上必要と認めるとき。
2 区長は、前項第1号の新たに同居させようとする入居の際の同居者以外の者が暴力団員であるときは、同項の許可をしてはならない。
3 区長は、第1項の許可に当たり、必要な条件を付することができる。
4 使用者は、従前居住者用住宅を引き続き30日以上使用しないときは、規則で定めるところにより、届出をしなければならない。
(使用権の承継)
第20条 使用者が死亡した場合において、その死亡時に当該使用者と同居していた者が引き続き居住することを希望するときは、区長の許可を受けなければならない。
2 区長は、従前居住者用住宅の使用権の承継の許可を受けようとする者が次の各号に掲げる要件を満たし、かつ、従前居住者用住宅の管理上支障がないと認めるときは、当該従前居住者用住宅の使用権の承継の許可をすることができる。ただし、前項に規定する使用者及び当該従前居住者用住宅の使用権の承継の許可を受けようとする者が第26条第1項各号のいずれかに該当するときは、この限りでない。
 (1)当該使用者の配偶者(婚姻の届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)であること。
 (2)当該従前居住者用住宅の使用許可の日又は前条第1項第1号の規定による同居の許可を受けた日から引き続き当該従前居住者用住宅に居住していること。
 (3)収入が政令第9条第1項に規定する金額以下であること。
3 区長は、前項の規定にかかわらず、特別の事情があると認めるときは、同項に規定する要件を満たさない者に対しても、使用権の承継の許可をすることができる。
4 区長は、第2項に定めるもののほか、特に必要があると認めるときは、従前居住者用住宅の使用権を承継することができる者の資格について要件を加えることができる。
(収入の申告)
第21条 使用者は、規則で定めるところにより、毎年度、収入の申告を行わなければならない。
(収入額の認定等)
第22条 区長は、前条の収入の申告その他の資料に基づき、収入の額を認定し、使用者にその認定した額、収入基準の超過の有無その他必要な事項を通知する。
2 前項の規定による通知を受けた使用者は、その通知を受けた日の翌日から30日以内に、同項の規定による認定に対して、規則で定めるところにより、意見を述べることができる。
3 区長は、前項の意見の内容を審査し、必要があると認めるときは、第1項の規定により認定した収入の額を更正する。
(収入超過者の明渡努力義務)
第23条 使用者は、従前居住者用住宅を引き続き3年以上使用している場合において、前条第1項の規定により認定された収入が収入基準を超えるときは、当該従前居住者用住宅を明け渡すよう努めなければならない。
(収入超過者に対する使用料)
第24条 前条の規定に該当する使用者は、従前居住者用住宅を引き続き使用しているときは、第10条第1項の規定にかかわらず、次項に定めるところにより算定した額の使用料を納付しなければならない。
2 前項の使用料は、毎年度、第22条第1項の規定により認定された収入に基づき、近傍同種の住宅の家賃以下で、政令第8条第2項及び政令第15条第1項に規定する算定方法により算定した額とする。
3 第11条から第13条までの規定は、第1項の使用料について準用する。
(従前居住者用住宅の返還)
第25条 使用者は、従前居住者用住宅を返還しようとするときは、返還しようとする日の1月前までに区長に届け出て、当該従前居住者用住宅の検査を受けなければならない。
2 使用者は、前項に規定する場合において、第19条第1項第2号又は第3号の規定による許可を受けて従前居住者用住宅の模様替その他従前居住者用住宅に工作を加える行為をし、又はその敷地内に工作物を設置したときは、自己の費用でこれを撤去して原形に復さなければならない。
(従前居住者用住宅の明渡請求)
第26条 区長は、使用者が次の各号のいずれかに該当するときは、当該使用者に対して、使用許可を取り消し、従前居住者用住宅の明渡しを請求することができる。
 (1)不正の行為により入居したとき。
 (2)正当な事由がなく使用料を3月以上滞納したとき。
 (3)従前居住者用住宅又は付帯施設を故意にき損したとき。
 (4)正当な事由がなく30日以上従前居住者用住宅を使用しないとき。
 (5)第17条、第18条、第19条第1項から第3項まで又は第20条の規定に違反したとき。
 (6)住宅を取得したとき。
 (7)暴力団員であることが判明したとき(同居者が該当する場合も含む。)。
 (8)従前居住者用住宅の借上げの期間が終了したとき。
 (9)前各号に掲げるもののほか、区長が従前居住者用住宅の管理上必要があると認めたとき。
2 前項の規定により従前居住者用住宅の明渡しの請求を受けた使用者は、速やかに当該従前居住者用住宅を明け渡さなければならない。
(住宅の検査等)
第27条 区長は、従前居住者用住宅の管理上必要があると認めるときは、区職員のうちから区長が指定した者(以下「検査員」という。)に、従前居住者用住宅の検査をさせ、又は使用者若しくは同居者に対して適当な指示をさせることができる。
2 前項の検査を行う場合において、現に使用している従前居住者用住宅に検査員が立ち入るときは、あらかじめ当該従前居住者用住宅の使用者又は同居者の承諾を得なければならない。
3 検査員は、その身分を示す証票を携帯し、関係人の請求があったときは、これを提示しなければならない。
(罰則)
第28条 区長は、使用者が詐欺その他不正の行為により使用料の全部又は一部の徴収を免れたときは、その徴収を免れた金額の5倍に相当する金額以下の過料を科する。
(委任)
第29条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。
  付 則
(施行期日)
1 この条例は、規則で定める日から施行する。
(準備行為)
2 従前居住者用住宅の使用の申込みその他使用のために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。
 ──────────────────────────────────────────
第13号議案
               東京都台東区船着場条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、船着場の設置、管理及び使用について必要な事項を定めるため提出します。

               東京都台東区船着場条例
(目的)
第1条 この条例は、東京都台東区船着場(以下「船着場」という。)の設置、管理及び使用について必要な事項を定めることにより、船舶の安全かつ円滑な運航を図り、もって区民の利便に資することを目的とする。
(名称及び位置)
第2条 船着場の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。
(使用できる船舶)
第3条 船着場を使用できる船舶は、台東区規則(以下「規則」という。)で定める。
(使用の手続)
第4条 船着場を使用しようとする者は、規則で定めるところにより東京都台東区長(以下「区長」という。)に申請し、その承認を受けなければならない。
2 区長は、前項の承認に際し、管理上必要な条件を付けることができる。
(使用の不承認)
第5条 区長は、次の各号のいずれかに該当するときは、船着場の使用の承認をしない。
 (1)公益を害するおそれがあると認めたとき。
 (2)秩序を乱すおそれがあると認めたとき。
 (3)管理上支障があると認めたとき。
 (4)前3号に掲げるもののほか、区長が使用を不適当と認めたとき。
(使用料)
第6条 船着場の使用料は、別表第2のとおりとする。
(使用料の減額又は免除)
第7条 区長は、特別の理由があると認めたときは、前条の使用料を減額し、又は免除することができる。
(使用料の不還付)
第8条 既納の使用料は、還付しない。ただし、区長は、特別の理由があると認めたときは、その全部又は一部を還付することができる。
(使用権の譲渡等の禁止)
第9条 第4条第1項の規定により船着場の使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、使用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。
(設備の変更禁止)
第10条 使用者は、船着場に特別の設備をし、又は変更を加えてはならない。ただし、あらかじめ区長の承認を受けたときは、この限りでない。
(使用承認の取消し等)
第11条 区長は、次の各号のいずれかに該当するときは、船着場の使用の承認を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止することができる。
 (1)国又は地方公共団体が災害対策のため緊急に船着場を使用する必要があるとき。
 (2)この条例又はこの条例に基づく規則に違反したとき。
 (3)使用の目的に反し、又は使用の条件に違反したとき。
 (4)災害その他の事故により船着場の使用ができなくなったとき。
 (5)使用の承認をした後に、第5条各号のいずれかに該当することが判明したとき。
 (6)前各号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認めたとき。
(原状回復の義務)
第12条 使用者は、船着場の使用を終了したときは、直ちに原状に回復しなければならない。前条の規定により使用の承認を取り消され、又は使用を停止されたときも同様とする。
(行為の制限)
第13条 船着場では、次の各号に掲げる行為をしてはならない。ただし、あらかじめ区長の承認を受けたときは、この限りでない。
 (1)火気を使用し、又は危険物を持ち込むこと。
 (2)物品の販売その他の営業行為をすること。
 (3)前2号に掲げるもののほか、船着場の管理上支障があると認められる行為をすること。
(損害賠償)
第14条 使用者は、船着場に損害を与えた場合は、区長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、区長がやむを得ない理由があると認めたときは、その額を減額し、又は免除することができる。
(委任)
第15条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。
  付 則
(施行期日)
1 この条例は、規則で定める日から施行する。
(準備行為)
2 船着場の使用申請その他使用のために必要な準備行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。
別表第1(第2条関係)
┌─────────────────────┬─────────────────────┐
│名 称                  │位 置                  │
├─────────────────────┼─────────────────────┤
│東京都台東区浅草東参道二天門防災船着場  │東京都台東区花川戸二丁目1番地先     │
└─────────────────────┴─────────────────────┘
別表第2(第6条関係)
┌──────────────┬─────────────────────────────┐
│船舶の種類         │使 用 料                        │
│              ├──────────────┬──────────────┤
│              │1日1回使用する場合    │1日2回以上使用する場合  │
├──────────────┼──────────────┼──────────────┤
│旅客定員13人以上の船舶   │1回 5,000円        │1回 4,000円        │
├──────────────┼──────────────┼──────────────┤
│旅客定員12人以下の船舶   │1回 4,000円        │1回 3,000円        │
└──────────────┴──────────────┴──────────────┘

 ──────────────────────────────────────────
第14号議案
      東京都台東区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、建築基準法(昭和25年法律第201号)第68条の2第1項の規定に基づき、地区計画の区域内における建築物の制限に関し必要な事項を定めるため提出します。

      東京都台東区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例

(目的)
第1条 この条例は、建築基準法(昭和25年法律第201号。以下「法」という。)第68条の2第1項の規定に基づき、都市計画法(昭和43年法律第100号)第12条の4第1項第1号に規定する地区計画の区域内において、建築物の敷地、構造及び用途に関する制限を定めることにより、適切かつ合理的な土地利用を図り、もって適正な都市機能と健全な都市環境を確保することを目的とする。
(適用区域)
第2条 この条例の規定は、別表第1に掲げる地区整備計画区域に適用する。
(地区の区分)
第3条 この条例において地区計画の区域内における地区の区分は、当該地区計画に定めるところによる。
(建築物の用途の制限)
第4条 第2条に規定する区域(その区域に係る地区整備計画において、当該区域を2以上の地区に区分している場合にあっては、その区分されたそれぞれの地区の区域。以下「計画地区」という。)内においては、別表第2に掲げる計画地区の区分に応じ、それぞれ同表(い)欄に掲げる用途に供する建築物を建築してはならない。
(建築物の敷地面積の最低限度)
第5条 建築物の敷地面積は、別表第2に掲げる計画地区の区分に応じ、同表(ろ)欄に掲げる数値以上でなければならない。
2 前項の規定は、同項の規定の施行又は適用の際、現に建築物の敷地として使用されている土地で同項の規定に適合しないもの又は現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合しないこととなる土地について、その全部を一の敷地として使用する場合においては、適用しない。ただし、同項の規定に適合するに至った建築物の敷地又は所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合するに至った土地については、この限りでない。
3 第1項の規定は、法第86条の9第1項各号に掲げる事業の施行による建築物の敷地面積の減少により、当該事業の施行の際現に建築物の敷地として使用されている土地で第1項の規定に適合しなくなるもの及び当該事業の施行の際現に存する所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合しないこととなる土地について、その全部を一の敷地として使用する場合においては、適用しない。ただし、次の各号のいずれかに該当する場合は、この限りでない。
 (1)法第86条の9第1項各号に掲げる事業の施行により面積が減少した際、当該面積の減少がなくとも第1項の規定に違反していた建築物の敷地及び所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に違反することとなった土地
 (2)第1項の規定に適合するに至った建築物の敷地及び所有権その他の権利に基づいて建築物の敷地として使用するならば同項の規定に適合することとなるに至った土地
(建築物の壁面の位置の制限)
第6条 建築物の外壁又はこれに代わる柱の面から道路境界線その他の境界線又は道路中心線までの距離は、別表第2に掲げる計画地区の区分に応じ、同表(は)欄に掲げる数値以上でなければならない。ただし、地盤面(建築物が周囲の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面をいい、その接する位置の高低差が3メートルを超える場合においては、その高低差3メートル以内ごとの平均の高さにおける水平面をいう。)下の部分については、この限りでない。
(建築物の高さの最高限度)
第7条 建築物の高さは、別表第2に掲げる計画地区の区分に応じ、同表(に)欄に掲げる数値以下でなければならない。
2 前項に規定する建築物の高さには、階段室、昇降機塔、装飾塔、物見塔、屋窓その他これらに類する建築物の屋上部分の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の8分の1以内の場合においては、その部分の高さは、12メートルまでは、当該建築物の高さに算入しない。
(建築物の敷地が計画地区の区域の内外にわたる場合等の措置)
第8条 建築物の敷地が第2条に規定する区域の外と一の計画地区にわたる場合においては、その敷地の過半が当該計画地区に属するときは、その建築物又はその敷地の全部について、当該計画地区に係る第4条及び第5条第1項の規定を適用し、その敷地の過半が当該区域の外に属するときは、その建築物又はその敷地の全部について、これらの規定を適用しない。
2 建築物の敷地が計画地区の2以上にわたる場合においては、その建築物又はその敷地の全部について、当該敷地の過半の属する計画地区に係る第4条及び第5条第1項の規定を適用する。
3 建築物の敷地が前2条の規定による制限を受ける計画地区の2以上にわたる場合においては、これらの規定による制限を受ける区域内に存するその建築物の部分又はその敷地の部分について、これらの規定をそれぞれ適用する。
(一定の複数建築物に対する制限の特例)
第9条 一団地内に2以上の構えを成す建築物を総合的設計によって建築する場合又は一定の一団の土地の区域内に現に存する建築物の位置及び構造を前提として、総合的見地からした設計によって当該区域内に建築物を建築する場合において、東京都台東区長(以下「区長」という。)がその各建築物の位置及び構造が安全上、防火上及び衛生上支障がないと認めるものに対する第4条から第7条までの規定の適用については、これらの建築物は同一敷地内にあるものとみなす。
(既存の建築物に対する制限の緩和)
第10条 法第3条第2項の規定により第4条の規定の適用を受けない建築物について、台東区規則(以下「規則」という。)で定める範囲内において増築又は改築をする場合においては、法第3条第3項第3号及び第4号の規定にかかわらず、第4条の規定は適用しない。
2 法第3条第2項の規定により第6条の規定の適用を受けない建築物について、増築又は改築をする場合においては、当該建築物の既存部分のうち同条の規定に適合しない部分に対しては、法第3条第3項第3号及び第4号の規定にかかわらず、第6条の規定は適用しない。
3 法第3条第2項の規定により第6条又は第7条第1項の規定の適用を受けない建築物について、大規模の修繕又は大規模の模様替をする場合においては、法第3条第3項第3号及び第4号の規定にかかわらず、第6条又は第7条第1項の規定は適用しない。
(用途の変更に対するこの条例の準用)
第11条 法第3条第2項の規定により第4条の規定の適用を受けない建築物について、規則で定める範囲内において用途を変更する場合においては、同条の規定は準用しない。
2 法第3条第2項の規定により第6条又は第7条第1項の規定の適用を受けない建築物の用途を変更する場合においては、これらの規定は準用しない。
(特例による許可)
第12条 この条例の規定の適用に関して、区長が公益上必要な建築物で用途上又は構造上やむを得ないと認めて許可した建築物及びその敷地については、当該許可の範囲内において、当該規定は適用しない。
(建築審査会の同意)
第13条 区長は、前条の規定による許可をする場合においては、あらかじめ東京都台東区建築審査会の同意を得なければならない。
(委任)
第14条 この条例の施行について必要な事項は、規則で定める。
(罰則)
第15条 次の各号のいずれかに該当する者は、20万円以下の罰金に処する。
 (1)第4条又は第5条第1項の規定に違反した場合における当該建築物の建築主(建築物を建築した後において、当該建築物の敷地面積を減少させたことにより第5条第1項の規定に違反した場合においては、当該建築物の敷地の所有者、管理者又は占有者)
 (2)第6条又は第7条第1項の規定に違反した場合における当該建築物の設計者(設計図書を用いないで工事を施工し、又は設計図書に従わないで工事を施工した場合においては、当該建築物の工事施工者)
 (3)法第87条第2項において準用する第4条の規定に違反した場合における当該建築物の所有者、管理者又は占有者
2 前項第2号に規定する違反があった場合において、その違反が建築主の故意によるものであるときは、当該設計者又は工事施工者を罰するほか、当該建築主に対して同項の刑を科する。
(両罰規定)
第16条 法人の代表者又は法人若しくは人の代理人、使用人その他の従業者が、その法人又は人の業務に関して、前条の違反行為をした場合においては、その行為者を罰するほか、その法人又は人に対して同条第1項の刑を科する。
  付 則
 この条例は、公布の日から施行する。
別表第1(第2条関係)
┌────────────────┬───────────────────────────┐
│名称              │区域                         │
├────────────────┼───────────────────────────┤
│東京都市計画浅草六区地区地区計 │平成23年台東区告示第 号に定める東京都市計画浅草六区 │
│画地区整備計画区域       │地区地区計画の区域のうち、地区整備計画が定められた区 │
│                │域                          │
└────────────────┴───────────────────────────┘
別表第2(第4条−第7条関係)
東京都市計画浅草六区地区地区計画地区整備計画区域
┌─────────────────────┬────────────────┬───────┐
│計画地区                 │A地区             │B地区    │
├────┬────────────────┼────────────────┴───────┤
│(い) │建築物の用途の制限       │1 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関す  │
│    │                │る法律(昭和23年法律第122号)第2条第6項各   │
│    │                │号及び第9項に規定する性風俗関連特殊営業の   │
│    │                │用に供する建築物                │
│    │                │2 地上1階を店舗、飲食店、展示場等の商業施  │
│    │                │設以外の用に供する建築物。ただし、区長が公   │
│    │                │益上必要と認めた建築物については、この限り   │
│    │                │でない。                    │
│    │                │3 敷地面積300平方メートル以上の敷地において  │
│    │                │、興行場又はこれに類する用途に供する施設を   │
│    │                │設けない建築物                 │
├────┼────────────────┼────────────────┬───────┤
│(ろ) │建築物の敷地面積の最低限度   │300平方メートル         │       │
├────┼────────────────┼────────────────┼───────┤
│(は) │建築物の壁面の位置の制限    │建築物の外壁又はこれに代わる柱 │       │
│    │                │の面(ベランダ、バルコニーその │       │
│    │                │他これらに類するものを含む。) │       │
│    │                │から道路境界線までの距離は、計 │       │
│    │                │画図2に掲げる区分に応じ、それ │       │
│    │                │ぞれ定められた数値。ただし、区 │       │
│    │                │長が敷地の形態上又は土地の利用 │       │
│    │                │上やむを得ないと認めた建築物に │       │
│    │                │ついては、この限りでない。   │       │
├────┼────────────────┼────────────────┼───────┤
│(に) │建築物の高さの最高限度     │1 31メートル         │       │
│    │                │2 36メートル(計画図2に掲げ │       │
│    │                │る0.5メートル以上の壁面の位置の │       │
│    │                │制限を受ける場合。2以上の制限 │       │
│    │                │を受ける場合はその最大数値によ │       │
│    │                │る。)             │       │
├────┼────────────────┼────────────────┼───────┤
│    │                │3 53メートル(敷地面積3,000平 │       │
│    │                │方メートル以上で、敷地面積の  │       │
│    │                │100分の6以上の公共の用に供   │       │
│    │                │する空地(壁面の位置の制限を  │       │
│    │                │受ける区域を除く。)を設ける  │       │
│    │                │場合)             │       │
│    │                │                │       │
│     │                │4 建築物等の高さには、建築物 │       │
│    │                │の屋上を利用して設置する屋外  │       │
│    │                │広告塔、広告板及び看板を目的  │       │
│    │                │とする工作物の高さを含むもの  │       │
│    │                │とし、前3項に掲げる数値以内  │       │
│    │                │で設置するものとする。ただし  │       │
│    │                │、屋上に設置する4メートル以  │       │
│    │                │下のフェンス(目隠し用を含む  │       │
│    │                │。)については、この限りでな  │       │
│    │                │い。              │       │
└────┴────────────────┴────────────────┴───────┘
備考 この表において「計画図」とは、都市計画法第14条第1項に規定する計画図をいう。
 ──────────────────────────────────────────
第15号議案
   公益的法人等への東京都台東区職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、財団法人台東区芸術文化財団が公益財団法人に移行すること等に伴い、規定の整備を図るため提出します。

   公益的法人等への東京都台東区職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
 公益的法人等への東京都台東区職員の派遣等に関する条例(平成15年12月台東区条例第48号)の一部を次のように改正する。
 第2条第1項第1号を次のように改める。
 (1)公益財団法人台東区芸術文化財団
 第2条第1項第4号を次のように改める。
 (4)公益社団法人台東区シルバー人材センター
 第5条中「教頭、教諭、養護教諭、助教諭、養護助教諭及び講師(常時勤務の者及び地方公務員法第28条の5第1項又は第28条の6第2項に規定する短時間勤務の職を占める者に限る。)」を「副園長、教諭及び養護教諭」に改める。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第16号議案
   外国の地方公共団体の機関等に派遣される東京都台東区職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の給与の支給割合を改定するため提出します。

   外国の地方公共団体の機関等に派遣される東京都台東区職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例
 外国の地方公共団体の機関等に派遣される東京都台東区職員の処遇等に関する条例(昭和63年7月台東区条例第12号)の一部を次のように改正する。
 第4条第1項中「には」の次に「、人事委員会規則で定めるところにより、その派遣先の勤務に対して報酬が支給されないとき又は当該勤務に対して支給される報酬の額が低いと認められるときは」を加え、「100分の70を支給」を「100分の100以内を支給」に改め、同項ただし書を削り、同条第2項中「一般の派遣職員の」、「本文」及び「当該」を削り、「ことができる」を「ものとする」に改める。
   付 則
1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
2 この条例の施行の日(以下「施行日」という。)の前日から引き続き派遣されている職員(特別区人事委員会規則で定める職員を除く。)に係る施行日におけるこの条例による改正後の外国の地方公共団体の機関等に派遣される東京都台東区職員の処遇等に関する条例(以下「新条例」という。)第4条第1項の規定による給与の支給割合(以下この項において「新支給割合」という。)が、施行日の前日におけるこの条例による改正前の外国の地方公共団体の機関等に派遣される東京都台東区職員の処遇等に関する条例(以下「旧条例」という。)第4条第1項の規定による給与の支給割合(以下この項において「旧支給割合」という。)に達しないときは、旧支給割合から新支給割合を減じた割合に次の各号に掲げる期間の区分に応じ当該各号に定める割合を乗じて得た割合を新支給割合に加えた割合を、当該職員に係る新条例第4条第1項の規定による給与の支給割合とする。
 (1)施行日から平成24年3月31日まで 100分の100
 (2)平成24年4月1日から平成25年3月31日まで 100分の70
 (3)平成25年4月1日から平成26年3月31日まで 100分の40
3 施行日から平成23年9月30日までの間に、新たに派遣され、又は派遣の期間が更新された職員(特別区人事委員会規則で定める職員を除く。)に係る当該新たに派遣され、又は派遣の期間が更新された日における新条例第4条第1項の規定による給与の支給割合(以下この項において「新支給割合」という。)が、これらの日において旧条例第4条第1項の規定を適用したとした場合におけるこの規定による給与の支給割合(以下この項において「旧支給割合」という。)に達しないときは、旧支給割合から新支給割合を減じた割合に次の各号に掲げる期間の区分に応じ当該各号に定める割合を乗じて得た割合を新支給割合に加えた割合を、当該職員に係る新条例第4条第1項の規定による給与の支給割合とする。
 (1)施行日から平成24年3月31日まで 100分の100
 (2)平成24年4月1日から平成25年3月31日まで 100分の70
 (3)平成25年4月1日から平成26年3月31日まで 100分の40
 ──────────────────────────────────────────
第17号議案
       東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、職員の超過勤務手当の算定に関する規定を整備するため提出します。

       東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区職員の給与に関する条例(昭和26年9月台東区条例第13号)の一部を次のように改正する。
 第8条第4項中「第15条第5項及び」を削る。
 第15条第5項中「(週休日における勤務のうち人事委員会の承認を得て区規則で定めるものを除く。以下この項において同じ。)」を削る。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第18号議案
       東京都台東区職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、日当及び支度料を廃止する等のため提出します。

       東京都台東区職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区職員の旅費に関する条例(昭和26年9月台東区条例第14号)の一部を次のように改正する。
 第6条第1項中「、日当」及び「、支度料」を削り、同条第6項を削り、同条第7項中「、旅行に伴う雑費について」を削り、「実費額」の次に「又は旅行中の日数に応じ1日当たりの定額」を加え、同項を同条第6項とし、同条中第8項から第12項までを1項ずつ繰り上げ、第13項を削り、第14項を第12項とする。
 第9条第1項中「日当」を「旅行雑費(定額により支給する場合に限る。)」に改める。
 第11条中「、日当」を「、旅行雑費(定額により支給する場合に限る。)」に、「による日当」を「による旅行雑費」に改める。
 第15条第2号を次のように改める。
 (2)公務上の必要により、前号、次号又は第4号に規定する旅費のほか、臨時又は緊急に経費を要した場合には、当該経費の実費額の旅行雑費
 第19条中「日当」を「旅行雑費」に改める。
 第21条第1項中「はしけ賃及び桟橋賃を含む。」を削る。
 第24条の見出しを「(旅行雑費)」に改め、同条第1項及び第2項中「日当」を「旅行雑費」に改める。
 第28条中「日当定額」を「旅行雑費定額」に改める。
 第29条第1項第1号イ及びハ中「日当」を「旅行雑費」に改める。
 第30条ただし書中「日当額」を「旅行雑費定額」に改める。
 第31条ただし書中「日当」を「旅行雑費」に改める。
 第32条中「(これらのものに対する通行税を含む。)」を削る。
 第33条中「はしけ賃及び桟橋賃を含む。」及び「(これらのものに対する通行税を含む。)」を削る。
 第35条の見出し並びに同条第1項及び第3項中「日当」を「旅行雑費」に改める。
 第39条を削り、第39条の2を第39条とする。
 付則第4項中「日当、宿泊料及び支度料」を「旅行雑費及び宿泊料」に、「同表に定める額(日当及び宿泊料については、同表の甲地方について定める額とする。)」を「同表の甲地方について定める額」に改める。
 別表第1(1)日当、宿泊料及び食卓料の部中「日当」を「旅行雑費」に改める。
 別表第2(1)日当、宿泊料及び食卓料の部中「(1)日当、宿泊料及び食卓料」を「旅行雑費、宿泊料及び食卓料」に、「日当(」を「旅行雑費(」に、「日当の額」を「旅行雑費の額」に改め、同表(2)支度料の部を削る。
   付 則
(施行期日)
1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
(東京都台東区長等の給料等に関する条例の一部改正)
2 東京都台東区長等の給料等に関する条例(昭和30年3月台東区条例第2号)の一部を次のように改正する。
 第3条第3項中「、日当」及び「、支度料」を削る。
 別表第2(1)鉄道賃、船賃及び外国旅行の航空賃の部鉄道賃の款外国旅行の項中「(これらのものに対する通行税を含む。)」を削り、同部船賃の款内国旅行の項中「(はしけ賃及び桟橋賃を含む。)」を削り、同款外国旅行の項中「(はしけ賃及び桟橋賃を含む。)」及び「(これらのものに対する通行税を含む。)」を削り、同表(2)内国旅行の日当、宿泊料及び食卓料の部中「日当」を「旅行雑費」に改め、同部備考を次のように改める。
  備考
  1 宿泊料の甲地方及び乙地方の区別は、旅費条例の例による。
  2 旅費条例に規定する近接地内の旅行の場合における旅行雑費の額は、旅費条例の適用を受ける職員の例による。
 別表第2(3)外国旅行の日当、宿泊料及び食卓料の部中「日当」を「旅行雑費」に改め、同表(4)支度料の部を削る。
(東京都台東区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例の一部改正)
3 東京都台東区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例(昭和31年10月台東区条例第14号)の一部を次のように改正する。
  第3条第2項中「、日当」及び「、支度料」を削る。
(東京都台東区議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)
4 東京都台東区議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年12月台東区条例第19号)の一部を次のように改正する。
 第7条第3項中「、日当」及び「、支度料」を削る。
(東京都台東区行政委員会の委員及び非常勤の監査委員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)
5 東京都台東区行政委員会の委員及び非常勤の監査委員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年10月台東区条例第12号)の一部を次のように改正する。
  第5条第3項中「、日当」及び「、支度料」を削る。
(東京都台東区非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)
6 東京都台東区非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年12月台東区条例第21号)の一部を次のように改正する。
  第4条第2項中「、日当」を削る。
(東京都台東区附属機関の構成員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)
7 東京都台東区附属機関の構成員の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和31年12月台東区条例第20号)の一部を次のように改正する。
  第4条第2項中「、日当」及び「、支度料」を削る。
(選挙長等の報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正)
8 選挙長等の報酬及び費用弁償に関する条例(昭和34年3月台東区条例第4号)の一部を次のように改正する。
  第3条第2項中「日当」を「旅行雑費」に改める。
(東京都台東区議会等の求めにより出頭した者及び公聴会に参加した者の費用弁償に関する条例の一部改正)
9 東京都台東区議会等の求めにより出頭した者及び公聴会に参加した者の費用弁償に関する条例(平成2年9月台東区条例第19号)の一部を次のように改正する。
  第2条第1号中「第109条第5項」を「第109条第6項」に、「第109条の2第4項」を「第109条の2第5項」に、「第110条第4項」を「第110条第5項」に、「第109条第4項」を「第109条第5項」に改める。
  第3条第2項及び第3項ただし書中「日当」を「旅行雑費」に改める。
(経過措置)
10 この条例による改正後の東京都台東区職員の旅費に関する条例、付則第2項の規定による改正後の東京都台東区長等の給料等に関する条例、付則第3項の規定による改正後の東京都台東区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例、付則第4項の規定による改正後の東京都台東区議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例、付則第5項の規定による改正後の東京都台東区行政委員会の委員及び非常勤の監査委員の報酬及び費用弁償に関する条例、付則第6項の規定による改正後の東京都台東区非常勤職員の報酬及び費用弁償に関する条例、付則第7項の規定による改正後の東京都台東区附属機関の構成員の報酬及び費用弁償に関する条例、付則第8項の規定による改正後の選挙長等の報酬及び費用弁償に関する条例及び前項の規定による改正後の東京都台東区議会等の求めにより出頭した者及び公聴会に参加した者の費用弁償に関する条例の規定は、この条例の施行の日以後に出発する旅行から適用し、同日前に出発した旅行については、なお従前の例による。
 ──────────────────────────────────────────
第19号議案
      東京都台東区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、幼稚園の副園長の退職手当の特例を定めるため提出します。

      東京都台東区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区職員の退職手当に関する条例(昭和33年7月台東区条例第6号)の一部を次のように改正する。
 付則に次の1項を加える。
8 平成23年3月31日(以下「基準日」という。)に学校教育法(昭和22年法律第26号)第27条に規定する幼稚園の教頭(以下「教頭」という。)であつた職員(基準日に他の特別区において教頭であつた者を含む。)が同条に規定する幼稚園の副園長として平成23年4月1日から平成25年3月31日までの間に退職した場合の一般の退職手当の額が、その者が基準日に現に退職した理由と同一の理由により退職したとしたならば支給を受けることができた一般の退職手当の額(以下「仮の退職手当額」という。)に達しないときは、第4条の3の規定にかかわらず、仮の退職手当額をその者に対して支給する一般の退職手当の額とする。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第20号議案
   東京都台東区一般財団法人に対する助成等に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、財団法人台東区芸術文化財団が公益財団法人に移行することに伴い、規定の整備を図るため提出します。

   東京都台東区一般財団法人に対する助成等に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区一般財団法人に対する助成等に関する条例(平成3年6月台東区条例第18号)の一部を次のように改正する。
 別表中「財団法人台東区芸術文化財団」を「公益財団法人台東区芸術文化財団」に改める。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第21号議案
         東京都台東区社会福祉基金条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、小竹心身障害者福祉基金及びシモジマ地域活性化基金の額を改定するため提出します。

         東京都台東区社会福祉基金条例の一部を改正する条例
 東京都台東区社会福祉基金条例(昭和42年7月台東区条例第17号)の一部を次のように改正する。
 別表東京都台東区小竹心身障害者福祉基金の項中「18,000,000円」を「19,000,000円」に改め、同表東京都台東区シモジマ地域活性化基金の項中「6,000,000円」を「5,000,000円」に改める。
   付 則
 この条例中別表東京都台東区小竹心身障害者福祉基金の項の改正規定は公布の日から、同表東京都台東区シモジマ地域活性化基金の項の改正規定は平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第22号議案
         東京都台東区教育振興基金条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、池波社会教育振興基金の額を改定するため提出します。

         東京都台東区教育振興基金条例の一部を改正する条例
 東京都台東区教育振興基金条例(昭和44年12月台東区条例第31号)の一部を次のように改正する。
 別表東京都台東区池波社会教育振興基金の項中「215,000,000円」を「207,000,000円」に改める。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第23号議案
東京都台東区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、幼稚園教育職員の職に副園長を設置すること等に伴い、所要の改正を行うため提出します。

東京都台東区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例(平成12年3月台東区条例第2号)の一部を次のように改正する。
 第2条中「教頭、教諭、養護教諭、助教諭、養護助教諭及び講師(常時勤務の者及び地方公務員法第28条の5第1項又は第28条の6第2項に規定する短時間勤務の職を占める者(以下「再任用短時間勤務職員」という。)に限る。)」を「副園長、教諭及び養護教諭」に改める。
 第3条第3項中「再任用短時間勤務職員」を「地方公務員法第28条の5第1項又は第28条の6第2項に規定する短時間勤務の職を占める者(以下「再任用短時間勤務職員」という。)」に改める。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ──────────────────────────────────────────
第24号議案
     東京都台東区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、幼稚園教育職員の給料月額を改定する等のため提出します。

     東京都台東区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区幼稚園教育職員の給与に関する条例(平成12年3月台東区条例第3号)の一部を次のように改正する。
 第2条中「教頭、教諭、養護教諭、助教諭、養護助教諭及び講師(常時勤務の者及び地方公務員法第28条の5第1項又は第28条の6第2項に規定する短時間勤務の職を占める者に限る。)」を「副園長、教諭及び養護教諭」に改める。
 第9条第4項中「第20条第5項及び」を削る。
 第20条第5項中「(週休日における勤務のうち人事委員会の承認を得て教育委員会規則で定めるものを除く。以下この項において同じ。)」を削る。
 第27条第4項中「次に掲げる」を「職務の級が2級以上である」に改め、同項各号を削る。
 第30条第4項中「次に掲げる」を「職務の級が2級以上である」に改め、同項各号を削る。
 第31条第2項中「5,900円」を「4,150円」に改める。
 付則第5条を付則第7条とし、付則第4条の次に次の2条を加える。
(平成23年度から平成27年度までに支給する期末手当に関する経過措置)
第5条 平成23年度から平成27年度までに支給する期末手当に係る第27条第4項の規定の適用については、同項中「職務の級が2級以上である職員」とあるのは、「職務の級が1級である職員であって教育委員会規則で定めるもの及び職務の級が2級以上である職員」とする。
(平成23年度から平成27年度までに支給する勤勉手当に関する経過措置)
第6条 平成23年度から平成27年度までに支給する勤勉手当に係る第30条第4項の規定の適用については、同項中「職務の級が2級以上である職員」とあるのは、「職務の級が1級である職員であって教育委員会規則で定めるもの及び職務の級が2級以上である職員」とする。
 別表第1を次のように改める。
別表第1(第6条関係)
 幼稚園教育職員給料表
 ┌────┬─────┬────────┬────────┬────────┬────────┐
 │職員の │職務の級 │1 級     │2 級     │3 級     │4 級     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │区 分 │号 給  │給料月額    │給料月額    │給料月額    │給料月額    │
 ├────┼─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │     │円       │円       │円       │円       │
 │    │     │        │        │        │        │
 │    │1    │167,300     │265,000     │310,800     │349,200     │
 │    │2    │169,400     │267,200     │313,100     │351,800     │
 │    │3    │171,500     │269,400     │315,400     │354,400     │
 │    │4    │173,600     │271,600     │317,700     │357,000     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │5    │175,700     │273,800     │320,000     │359,600     │
 │    │6    │177,800     │276,000     │322,300     │362,100     │
 │    │7    │179,900     │278,200     │324,600     │364,600     │
 │    │8    │182,000     │280,400     │326,900     │367,100     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │9    │184,200     │282,600     │329,200     │369,600     │
 │    │10    │186,400     │284,800     │331,500     │372,000     │
 │    │11    │188,600     │287,000     │333,800     │374,400     │
 │    │12    │190,800     │289,200     │336,100     │376,800     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │再任用 │13    │193,000     │291,400     │338,400     │379,200     │
 │職員以 │14    │195,200     │293,600     │340,700     │381,500     │
 │外の職 │15    │197,400     │295,800     │343,100     │383,800     │
 │員   │16    │199,600     │298,100     │345,500     │386,000     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │17    │201,800     │300,400     │347,900     │388,200     │
 │    │18    │204,000     │302,700     │350,400     │390,300     │
 │    │19    │206,200     │305,000     │352,900     │392,400     │
 │    │20    │208,400     │307,300     │355,400     │394,400     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │21    │210,600     │309,600     │357,900     │396,400     │
 │    │22    │212,800     │311,900     │360,300     │398,300     │
 │    │23    │215,000     │314,200     │362,700     │400,200     │
 │    │24    │217,200     │316,500     │365,100     │402,000     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │25    │219,400     │318,800     │367,400     │403,800     │
 │    │26    │221,600     │321,100     │369,700     │405,500     │
 │    │27    │223,800     │323,400     │372,000     │407,200     │
 │    │28    │226,000     │325,700     │374,200     │408,800     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │29    │228,200     │328,000     │376,400     │410,400     │
 │    │30    │230,400     │330,200     │378,500     │411,900     │
 │    │31    │232,600     │332,400     │380,600     │413,400     │
 │    │32    │234,800     │334,600     │382,600     │414,800     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │33    │237,000     │336,800     │384,500     │416,200     │
 │    │34    │239,200     │338,900     │386,300     │417,500     │
 │    │35    │241,400     │341,000     │388,000     │418,800     │
 │    │36    │243,600     │343,000     │389,600     │420,000     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │37    │245,800     │345,000     │391,100     │421,200     │
 │    │38    │248,000     │346,900     │392,500     │422,300     │
 │    │39    │250,200     │348,800     │393,900     │423,400     │
 │    │40    │252,400     │350,600     │395,200     │424,400     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │41    │254,600     │352,400     │396,500     │425,400     │
 │    │42    │256,800     │354,100     │397,700     │426,300     │
 │    │43    │259,000     │355,800     │398,900     │427,200     │
 │    │44    │261,200     │357,500     │400,000     │428,100     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │     │45    │263,400     │359,100     │401,100     │428,900     │
 │    │46    │265,600     │360,700     │402,200     │429,700     │
 │    │47    │267,800     │362,300     │403,200     │430,500     │
 │    │48    │270,000     │363,800     │404,200     │431,200     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │49    │272,200     │365,300     │405,200     │431,900     │
 │    │50    │274,400     │366,800     │406,100     │432,600     │
 │    │51    │276,600     │368,200     │407,000     │433,300     │
 │    │52    │278,800     │369,600     │407,900     │433,900     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │53    │281,000     │371,000     │408,800     │434,500     │
 │    │54    │283,200     │372,300     │409,600     │435,100     │
 │    │55    │285,400     │373,600     │410,400     │435,700     │
 │    │56    │287,600     │374,900     │411,200     │436,300     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │57    │289,800     │376,100     │412,000     │436,900     │
 │    │58    │291,900     │377,300     │412,700     │437,500     │
 │    │59    │294,000     │378,500     │413,400     │438,100     │
 │    │60    │296,100     │379,600     │414,100     │438,700     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │61    │298,200     │380,700     │414,800     │439,300     │
 │    │62    │300,300     │381,800     │415,400     │439,900     │
 │    │63    │302,400     │382,800     │416,000     │440,500     │
 │    │64    │304,500     │383,800     │416,600     │441,100     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │65    │306,600     │384,800     │417,200     │441,700     │
 │    │66    │308,700     │385,700     │417,800     │442,200     │
 │    │67    │310,800     │386,600     │418,400     │442,700     │
 │    │68    │312,900     │387,500     │419,000     │443,200     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │69    │315,000     │388,400     │419,600     │443,700     │
 │    │70    │317,000     │389,200     │420,200     │444,200     │
 │    │71    │319,000     │390,000     │420,800     │444,700     │
 │    │72    │321,000     │390,800     │421,400     │445,200     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │73    │323,000     │391,600     │422,000     │445,700     │
 │    │74    │325,000     │392,300     │422,600     │446,200     │
 │    │75    │327,000     │393,000     │423,200     │446,700     │
 │    │76    │329,000     │393,700     │423,800     │447,200     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │77    │331,000     │394,400     │424,400     │447,700     │
 │    │78    │332,900     │395,000     │424,900     │448,200     │
 │    │79    │334,800     │395,600     │425,400     │448,700     │
 │    │80    │336,600     │396,200     │425,900     │449,200     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │81    │338,400     │396,800     │426,400     │449,700     │
 │    │82    │340,100     │397,400     │426,900     │450,200     │
 │    │83    │341,800     │398,000     │427,400     │450,700     │
 │    │84    │343,400     │398,600     │427,900     │451,200     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │85    │345,000     │399,200     │428,400     │451,700     │
 │    │86    │346,500     │399,800     │428,900     │452,100     │
 │    │87    │348,000     │400,400     │429,400     │452,500     │
 │    │88    │349,400     │401,000     │429,900     │452,900     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │89    │350,800     │401,600     │430,400     │453,300     │
 │    │90    │352,100     │402,200     │430,900     │453,700     │
 │    │91    │353,400     │402,800     │431,400     │454,100     │
 │    │92    │354,600     │403,400     │431,900     │454,500     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │93    │355,800     │404,000     │432,400     │454,900     │
 │    │94    │356,900     │404,500     │432,800     │455,300     │
 │    │95    │358,000     │405,000     │433,200     │455,700     │
 │    │96    │359,000     │405,500     │433,600     │456,100     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │     │97    │360,000     │406,000     │434,000     │456,500     │
 │    │98    │360,900     │406,500     │434,400     │456,900     │
 │    │99    │361,800     │407,000     │434,800     │457,300     │
 │    │100    │362,600     │407,500     │435,200     │457,700     │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │101    │363,400     │408,000     │435,600     │458,100     │
 │    │102    │364,100     │408,500     │436,000     │        │
 │    │103    │364,800     │409,000     │436,400     │        │
 │    │104    │365,400     │409,500     │436,800     │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │105    │366,000     │410,000     │437,200     │        │
 │    │106    │366,600     │410,500     │437,600     │        │
 │    │107    │367,200     │411,000     │438,000     │        │
 │    │108    │367,800     │411,500     │438,400     │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │109    │368,400     │412,000     │438,800     │        │
 │    │110    │368,900     │412,500     │439,200     │        │
 │    │111    │369,400     │413,000     │439,600     │        │
 │    │112    │369,900     │413,500     │440,000     │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │113    │370,400     │414,000     │440,400     │        │
 │    │114    │370,900     │414,400     │        │        │
 │    │115    │371,400     │414,800     │        │        │
 │    │116    │371,900     │415,200     │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │117    │372,400     │415,600     │        │        │
 │    │118    │372,900     │416,000     │        │        │
 │    │119    │373,400     │416,400     │        │        │
 │    │120    │373,900     │416,800     │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │121    │374,400     │417,200     │        │        │
 │    │122    │374,900     │417,600     │        │        │
 │    │123    │375,400     │418,000     │        │        │
 │    │124    │375,900     │418,400     │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │125    │376,400     │418,800     │        │        │
 │    │126    │376,800     │419,200     │        │        │
 │    │127    │377,200     │419,600     │        │        │
 │    │128    │377,600     │420,000     │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │129    │378,000     │420,400     │        │        │
 │    │130    │378,400     │        │        │        │
 │    │131    │378,800     │        │        │        │
 │    │132    │379,200     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │133    │379,600     │        │        │        │
 │    │134    │380,000     │        │        │        │
 │    │135    │380,400     │        │        │        │
 │    │136    │380,800     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │137    │381,200     │        │        │        │
 │    │138    │381,600     │        │        │        │
 │    │139    │382,000     │        │        │        │
 │    │140    │382,400     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │141    │382,800     │        │        │        │
 │    │142    │383,200     │        │        │        │
 │    │143    │383,600     │        │        │        │
 │    │144    │384,000     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │145    │384,400     │        │        │        │
 │    │146    │384,800     │        │        │        │
 │    │147    │385,200     │        │        │        │
 │    │148    │385,600     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │     │149    │386,000     │        │        │        │
 │    │150    │386,400     │        │        │        │
 │    │151    │386,800     │        │        │        │
 │    │152    │387,200     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │153    │387,600     │        │        │        │
 │    │154    │388,000     │        │        │        │
 │    │155    │388,400     │        │        │        │
 │    │156    │388,800     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │157    │389,200     │        │        │        │
 │    │158    │389,600     │        │        │        │
 │    │159    │390,000     │        │        │        │
 │    │160    │390,400     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │161    │390,800     │        │        │        │
 │    │162    │391,200     │        │        │        │
 │    │163    │391,600     │        │        │        │
 │    │164    │392,000     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │165    │392,400     │        │        │        │
 │    │166    │392,800     │        │        │        │
 │    │167    │393,200     │        │        │        │
 │    │168    │393,600     │        │        │        │
 │    ├─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │    │169    │394,000     │        │        │        │
 ├────┼─────┼────────┼────────┼────────┼────────┤
 │再任用 │     │234,600     │274,300     │297,100     │336,100     │
 │職 員 │     │        │        │        │        │
 └────┴─────┴────────┴────────┴────────┴────────┘

   付 則
(施行期日)
1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
(特定の職務の級の切替え)
2 次の各号に掲げる職員のこの条例の施行の日(以下「施行日」という。)における職務の級は、当該各号に定める職務の級とする。
 (1)施行日の前日においてその者が属していた職務の級(以下「旧級」という。)が2級であった職員のうち教諭であったもの 1級
 (2)旧級が2級であった職員のうち教頭であったもの 3級
 (3)旧級が3級であった職員 4級
(号給の切替え)
3 施行日の前日において給料表の適用を受けていた職員の施行日における号給は、付則別表に掲げる職員の区分及び施行日の前日においてその者が受けていた号給(以下「旧号給」という。)に応じて同表に定める号給(特別区人事委員会(以下「人事委員会」という。)が定める職員にあっては、人事委員会が定める号給)とする。
(給料の切替えに伴う経過措置)
4 施行日の前日から引き続き給料表の適用を受ける職員で、その者の受ける給料月額が同日において受けていた給料月額に達しないこととなるものの給料月額は、人事委員会が定める。
5 施行日以降に新たに給料表の適用を受けることとなった職員について、任用の事情等を考慮して前項の規定により給料月額を定められた職員との均衡上必要があると認められるときは、当該職員には、人事委員会の定めるところにより、同項の規定に準じて、給料月額を定める。
(委任)
6 付則第2項から前項までに定めるもののほか、この条例の施行に関し必要な事項は、人事委員会が定める。

付則別表(付則第3項関係)
              幼稚園教育職員の号給の切替表
付則第2項各号に掲げる職員の施行日における号給
 ┌──────────┬───────────┬───────────┬──────────┐
 │    職員の区分 │付則第2項第1号に掲げ│付則第2項第2号に掲げ│付則第2項第3号に │
 │旧号給       │る職員        │る職員        │掲げる職員     │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │1         │1          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │2         │1          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │3         │1          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │4         │1          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │5         │1          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │6         │2          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │7         │3          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │8         │4          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │9         │5          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │10         │7          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │11         │8          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │12         │9          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │13         │10          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │14         │11          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │15         │12          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │16         │13          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │17         │13          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │18         │14          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │19         │15          │1          │1         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │20         │16          │1          │2         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │21         │17          │1          │3         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │22         │18          │1          │4         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │23         │19          │1          │5         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │24         │20          │1          │5         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │25         │21          │1          │6         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │26         │22          │1          │7         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │27         │23          │1          │8         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │28         │24          │1          │9         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │29         │25          │1          │9         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │30         │26          │1          │10         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │31         │27          │1          │11         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │32         │28          │1          │12         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │33         │29          │1          │12         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │34         │30          │1          │13         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │35         │31          │1          │14         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │36         │32          │1          │15         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │37         │33          │1          │15         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │38         │34          │1          │16         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │39         │35          │1          │17         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │40         │36          │1          │18         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │41         │37          │1          │19         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │42         │38          │1          │19         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │43         │39          │1          │20         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │44         │40          │1          │21         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │45          │41          │1          │22         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │46         │42          │1          │23         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │47         │43          │1          │23         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │48         │44          │1          │24         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │49         │45          │1          │25         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │50         │46          │1          │26         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │51         │48          │1          │27         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │52         │49          │1          │28         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │53         │50          │1          │29         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │54         │52          │1          │30         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │55         │53          │1          │31         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │56         │54          │1          │32         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │57         │56          │1          │33         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │58         │57          │1          │34         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │59         │59          │1          │35         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │60         │60          │1          │36         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │61         │62          │1          │37         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │62         │63          │1          │38         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │63         │64          │1          │39         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │64         │66          │1          │40         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │65         │67          │1          │42         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │66         │68          │2          │43         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │67         │69          │3          │44         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │68         │70          │4          │46         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │69         │72          │5          │47         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │70         │73          │6          │48         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │71         │74          │7          │50         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │72         │75          │8          │51         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │73         │76          │9          │52         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │74         │77          │10          │53         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │75         │78          │11          │55         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │76         │79          │12          │56         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │77         │81          │13          │57         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │78         │82          │14          │59         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │79         │83          │15          │60         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │80         │84          │15          │61         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │81         │85          │16          │62         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │82         │86          │17          │64         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │83         │88          │18          │65         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │84         │89          │18          │66         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │85         │90          │19          │67         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │86         │92          │20          │68         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │87         │93          │21          │70         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │88         │95          │21          │71         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │89         │96          │22          │72         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │90         │98          │23          │74         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │91          │100          │23          │75         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │92         │102          │24          │76         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │93         │104          │25          │78         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │94         │107          │25          │79         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │95         │109          │26          │80         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │96         │112          │26          │82         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │97         │115          │27          │83         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │98         │117          │28          │84         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │99         │119          │28          │86         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │100         │122          │29          │87         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │101         │124          │29          │89         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │102         │127          │30          │91         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │103         │130          │30          │92         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │104         │133          │31          │94         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │105         │136          │31          │96         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │106         │139          │32          │97         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │107         │142          │33          │99         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │108         │144          │33          │100         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │109         │147          │34          │101         │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │110         │150          │34          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │111         │152          │35          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │112         │155          │36          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │113         │158          │36          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │114         │160          │37          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │115         │163          │38          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │116         │166          │38          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │117         │168          │39          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │118         │169          │40          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │119         │169          │40          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │120         │169          │41          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │121         │169          │42          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │122         │169          │43          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │123         │169          │44          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │124         │169          │45          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │125         │169          │45          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │126         │169          │46          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │127         │169          │47          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │128         │169          │48          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │129         │169          │49          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │130         │169          │49          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │131         │169          │50          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │132         │169          │51          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │133         │169          │52          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │134         │169          │52          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │135         │169          │53          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │136         │169          │54          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │137         │169          │54          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │138         │169          │55          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │139         │169          │56          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │140         │169          │56          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │141         │169          │57          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │142         │169          │58          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │143         │169          │59          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │144         │169          │59          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │145         │169          │60          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │146         │169          │61          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │147         │169          │61          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │148         │169          │62          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │149         │169          │63          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │150         │169          │64          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │151         │169          │65          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │152         │169          │66          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │153         │169          │66          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │154         │169          │67          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │155         │169          │68          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │156         │169          │68          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │157         │169          │69          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │158         │169          │70          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │159         │169          │71          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │160         │169          │72          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │161         │169          │72          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │162         │169          │73          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │163         │169          │74          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │164         │169          │75          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │165         │169          │75          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │166         │169          │76          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │167         │169          │77          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │168         │169          │78          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │169         │169          │79          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │170         │169          │80          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │171         │169          │81          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │172         │169          │82          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │173         │169          │83          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │174         │169          │84          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │175         │169          │85          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │176         │169          │86          │          │
 ├──────────┼───────────┼───────────┼──────────┤
 │177         │169          │86          │          │
 └──────────┴───────────┴───────────┴──────────┘

 ─────────────────────────────────────────
第25号議案
東京都台東区幼稚園教育職員の給与等に関する特別措置に関する条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、幼稚園教育職員の職に副園長を設置すること等に伴い、所要の改正を行うため提出します。

東京都台東区幼稚園教育職員の給与等に関する特別措置に関する条例の一部を改正する条例
 東京都台東区幼稚園教育職員の給与等に関する特別措置に関する条例(平成12年3月台東区条例第4号)の一部を次のように改正する。
 第1条中「第3及び第6条」を「第3条及び第6条」に改める。
 第2条中「教頭、教諭、養護教諭、助教諭、養護助教諭及び講師(常時勤務の者及び地方公務員法第28条の5第1項又は第28条の6第2項に規定する短時間勤務の職を占める者に限る。)」を「副園長、教諭及び養護教諭」に改める。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ─────────────────────────────────────────
第26号議案
         東京都台東区こどもクラブ条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、台東こどもクラブ及び寿こどもクラブ分室を廃止するため提出します。

         東京都台東区こどもクラブ条例の一部を改正する条例
 東京都台東区こどもクラブ条例(平成13年3月台東区条例第4号)の一部を次のように改正する。
 別表台東こどもクラブの項及び寿こどもクラブ分室の項を削る。
   付 則
 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
 ─────────────────────────────────────────
第27号議案
         東京都台東区国民健康保険条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、保険料の賦課方式を変更すること等に伴い、所要の改正を行うため提出します。

         東京都台東区国民健康保険条例の一部を改正する条例
 東京都台東区国民健康保険条例(昭和34年11月台東区条例第16号)の一部を次のように改正する。
 第4条中「施設給付決定保護者」を「入所給付決定保護者」に改める。
 第10条第2項中「第11条第2項」を「次条第2項」に改める。
 第15条を次のように改める。
(一般被保険者に係る基礎賦課額の所得割額の算定)
第15条 前条の所得割額は、一般被保険者に係る賦課期日の属する年の前年の所得に係る地方税法第314条の2第1項に規定する総所得金額及び山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得の金額(同法附則第33条の2第5項に規定する上場株式等に係る配当所得の金額、同法附則第33条の3第5項に規定する土地等に係る事業所得等の金額、同法附則第34条第4項に規定する長期譲渡所得の金額(租税特別措置法(昭和32年法律第26号)第33条の4第1項若しくは第2項、第34条第1項、第34条の2第1項、第34条の3第1項、第35条第1項、第35条の2第1項又は第36条の規定に該当する場合には、これらの規定の適用により同法第31条第1項に規定する長期譲渡所得の金額から控除する金額を控除した金額)、地方税法附則第35条第5項に規定する短期譲渡所得の金額(租税特別措置法第33条の4第1項若しくは第2項、第34条第1項、第34条の2第1項、第34条の3第1項、第35条第1項又は第36条の規定に該当する場合には、これらの規定の適用により同法第32条第1項に規定する短期譲渡所得の金額から控除する金額を控除した金額)、地方税法附則第35条の2第6項に規定する株式等に係る譲渡所得等の金額(同法附則第35条の2の6第11項若しくは第15項又は第35条の3第11項の規定の適用がある場合には、その適用後の金額)、同法附則第35条の4第4項に規定する先物取引に係る雑所得等の金額(同法附則第35条の4の2第7項の規定の適用がある場合には、その適用後の金額)、租税条約等の実施に伴う所得税法、法人税法及び地方税法の特例等に関する法律(昭和44年法律第46号。以下「租税条約等実施特例法」という。)第3条の2の2第10項に規定する条約適用利子等の額及び同条第12項に規定する条約適用配当等の額をいう。以下この条において同じ。)の合算額から地方税法第314条の2第2項の規定による控除をした後の総所得金額及び山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得の金額の合算額(以下「基礎控除後の総所得金額等」という。)に第15条の4の所得割の保険料率を乗じて算定する。
2 前項の場合における地方税法第314条の2第1項に規定する総所得金額若しくは山林所得金額又は他の所得と区分して計算される所得の金額を算定する場合においては、同法第313条第9項中雑損失に係る部分の規定を適用しないものとする。
 第15条の4第1項第1号中「100分の80」を「100分の6.13」に、「当該年度の住民税額」を「賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等」に、「第29条の7第2項第6号ただし書」を「第29条の7第2項第4号ただし書」に改め、同条第2項を削る。
 第15条の6中「当該年度分の住民税額」を「賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等」に改める。
 第15条の9中「になる」を「となる」に改める。
 第15条の11中「当該年度分の住民税額」を「賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等」に改める。
 第15条の12第1項第1号中「100分の23」を「100分の1.96」に、「100分の57」を「100分の59」に、「当該年度の住民税額」を「賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等」に、「第29条の7第3項第5号ただし書」を「第29条の7第3項第4号ただし書」に改め、同項第2号中「100分の43」を「100分の41」に改め、同条第2項を削る。
 第15条の14及び第16条の3中「当該年度分の住民税額」を「賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等」に改める。
 第16条の4第1項第1号中「100分の18」を「100分の1.60」に、「当該年度の住民税額」を「賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等」に、「第29条の7第4項第5号ただし書」を「第29条の7第4項第4号ただし書」に改め、同項第2号中「1万2,000円」を「1万3,200円」に改め、同条第2項を削る。
 第16条の6を削る。
 第19条第3項を削る。
 第19条の2第1号中「地方税法第703条の5の規定の例により算定した総所得金額及び山林所得金額」を「算定した地方税法第314条の2第1項に規定する総所得金額(同法第317条の2第1項第2号に規定する青色専従者給与額又は同法第313条第5項に規定する事業専従者控除額については、同条第3項、第4項又は第5項の規定を適用せず、また、所得税法(昭和40年法律第33号)第57条第1項、第3項又は第4項の規定の例によらないものとし、地方税法第314条の2第1項に規定する山林所得金額及び他の所得と区分して計算される所得の金額(同法附則第33条の2第5項に規定する上場株式等に係る配当所得の金額、同法附則第33条の3第5項に規定する土地等に係る事業所得等の金額、同法附則第34条第4項に規定する長期譲渡所得の金額、同法附則第35条第5項に規定する短期譲渡所得の金額、同法附則第35条の2第6項に規定する株式等に係る譲渡所得等の金額(同法附則第35条の2の6第11項若しくは第15項又は第35条の3第11項の規定の適用がある場合には、その適用後の金額)、同法附則第35条の4第4項に規定する先物取引に係る雑所得等の金額(同法附則第35条の4の2第7項の規定の適用がある場合には、その適用後の金額)、租税条約等実施特例法第3条の2の2第10項に規定する条約適用利子等の額及び同条第12項に規定する条約適用配当等の額をいう。以下この条において同じ。)の算定についても同様とする。以下この条において同じ。)及び山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得の金額」に、「同法」を「地方税法」に改め、同号ハ中「8,400円」を「9,240円」に改め、同条第2号中「山林所得金額」の次に「並びに他の所得と区分して計算される所得の金額」を加え、同号ハ中「6,000円」を「6,600円」に改め、同条第3号中「山林所得金額」の次に「並びに他の所得と区分して計算される所得の金額」を加え、同号ハ中「2,400円」を「2,640円」に改める。
 第19条の3中「都民税額及び特別区民税額」を「規定する総所得金額」に改め、「都民税及び特別区民税の課税標準である」を削り、「給与所得が」を「所得税法第28条第1項に規定する給与所得が」に、「を所得税法(昭和40年法律第33号)第28条第2項」を「については、同条第2項」に、「として計算した場合における都民税及び特別区民税の額に相当する額)」を「によるものとする。第2項において同じ。)」と、「所得の金額(同法」とあるのは「所得の金額(地方税法」に、「総所得金額」」を「総所得金額(同法」」に、「所得税法第28条第2項」を「同条第2項」に改め、「)」と、「同法」とあるのは「」を削る。
 付則第3条中「地方税法第703条の5の規定の例により算定した総所得金額」」を「総所得金額(同法」」に、「、「地方税法第703条の5の規定の例により算定した総所得金額」を「「総所得金額」に、「)」と、「同法」とあるのは「」を「によるものとし、」に改める。
 付則第4条から付則第9条までを削り、付則第10条を付則第4条とし、付則第11条を付則第5条とし、付則第12条を付則第6条とし、付則に次の1条を加える。
(平成23年度及び平成24年度における保険料の所得割額の算定の特例)
第7条 平成23年度及び平成24年度における第15条第1項、第15条の6、第15条の11、第15条の14及び第16条の3に規定する基礎控除後の総所得金額等の算出においては、次の各号の区分に従い、当該各号に掲げる金額を控除するものとする。
 (1)当該年度分の地方税法の規定による都民税及び特別区民税(同法の規定による道府県民税及び市町村民税を含むものとし、同法第50条の2及び同法第328条の規定によつて課する所得割の額並びに同法第24条第1項の規定によつて課する利子割額、配当割額及び株式等譲渡所得割額を除く。以下この号において同じ。)が課されない者(条例の定めるところにより当該都民税及び特別区民税が課されない者を含む。)賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等の100分の75に相当する金額
 (2)前号に該当しない者であつて、課税標準額(賦課期日の属する年の前年の所得に係る地方税法第314条の3第1項に規定する課税総所得金額、課税退職所得金額及び課税山林所得金額並びに他の所得と区分して計算される所得の金額(同法附則第33条の2第5項に規定する上場株式等に係る課税配当所得の金額、同法附則第33条の3第5項第1号に規定する土地等に係る課税事業所得等の金額、同法附則第34条第4項に規定する課税長期譲渡所得金額、同法附則第35条第5項に規定する課税短期譲渡所得金額、同法附則第35条の2第6項に規定する株式等に係る課税譲渡所得等の金額、同法附則第35条の4第4項に規定する先物取引に係る課税雑所得等の金額、租税条約等実施特例法第3条の2の2第10項に規定する条約適用利子等の額及び同条第12項に規定する条約適用配当等の額をいう。)の合算額(1,000円未満の端数があるとき又はその全額が1,000円未満であるときは、その端数金額又はその全額を切り捨てた額)をいう。以下この条において同じ。)が100万円以下で、賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等が課税標準額の100分の150の金額を超える者 賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等から課税標準額の100分の150の金額を控除した額の100分の50に相当する金額
 (3)第1号に該当しない者であつて、課税標準額が100万円を超え、賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等が課税標準額の100分の150の金額を超える者 賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等から課税標準額の100分の150の金額を控除した額の100分の25に相当する金額
2 世帯主又は当該世帯に属する被保険者が特例対象被保険者等であつて、当該者の賦課期日の属する年の前年の所得に係る基礎控除後の総所得金額等及び課税標準額に所得税法第28条第1項に規定する給与所得が含まれているときは、当該給与所得については、同条第2項の規定によつて計算した金額の100分の30に相当する金額を当該者の給与所得として前項の規定を適用する。
   付 則
(施行期日)
1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。ただし、第4条の改正規定は、平成24年4月1日から施行する。
(経過措置)
2 この条例による改正後の東京都台東区国民健康保険条例第15条、第15条の4、第15条の6、第15条の11、第15条の12、第15条の14、第16条の3、第16条の4、第19条の2、第19条の3、付則第3条及び付則第7条の規定は、平成23年度分の保険料から適用し、平成22年度分までの保険料については、なお従前の例による。
3 この条例による改正前の東京都台東区国民健康保険条例第16条の6、第19条第3項及び付則第4条から付則第9条までの規定は、平成22年度分までの保険料については、この条例の施行後も、なおその効力を有する。
 ─────────────────────────────────────────
第28号議案
     東京都台東区介護保険の保険給付に係る資金貸付条例を廃止する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、介護保険の保険給付に係る貸金貸付制度を廃止するため提出します。

     東京都台東区介護保険の保険給付に係る資金貸付条例を廃止する条例
 東京都台東区介護保険の保険給付に係る資金貸付条例(平成12年3月台東区条例第52号)は、廃止する。
   付 則
(施行期日)
1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。
(経過措置)
2 この条例による廃止前の東京都台東区介護保険の保険給付に係る資金貸付条例(以下「旧条例」という。)の規定により貸付けの申請をした者に係る資金の貸付け及び貸付金の償還については、旧条例は、この条例の施行後も、なおその効力を有する。
 ─────────────────────────────────────────
第29号議案
        東京都台東区景観まちづくり条例の一部を改正する条例

 上記の議案を提出する。
  平成23年2月4日
                      提出者 東京都台東区長  吉 住   弘
 (提案理由)
 この案は、景観法(平成16年法律第110号)の規定に基づく景観計画の策定、行為の規制等について必要な事項を定めるため提出します。

        東京都台東区景観まちづくり条例の一部を改正する条例
 東京都台東区景観まちづくり条例(平成14年10月台東区条例第43号)の一部を次のように改正する。
 題名を次のように改める。
   東京都台東区景観条例
 目次を次のように改める。
目次
 前文
 第1章 総則(第1条−第9条)
 第2章 景観計画の策定等(第10条・第11条)
 第3章 行為の規制等(第12条−第22条)
 第4章 景観重要建造物等(第23条−第28条)
 第5章 景観まちづくり協定等(第29条−第31条)
 第6章 景観形成団体(第32条・第33条)
 第7章 支援、助成等(第34条)
 第8章 表彰(第35条)
 第9章 景観審議会(第36条・第37条)
 第10章 雑則(第38条)
 付則
 前文中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改める。
 第1条中「台東区の景観まちづくりに関する基本的事項」を「景観法(平成16年法律第110号。以下「法」という。)の規定に基づく景観計画の策定や行為の規制等について必要な事項を定めるとともに、台東区(以下「区」という。)、区民等及び事業者の責務を明らかにするほか、届出対象行為に係る事前協議などについて必要な事項」に、「うるおい」を「潤い」に、「景観まちづくりを」を「良好な景観の形成を」に改める。
 第2条第1号中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改め、同条に次の1号を加える。
 (8)公共事業 国、東京都及び区が施行する土木建築に関する事業をいう。
 第4条を削る。
 第3条の見出し中「区長」を「区」に改め、同条第1項中「区長は、この条例の目的を達成するため、景観まちづくり」を「区は、法第2条に定める基本理念及び前条に定める基本理念(以下これらを「基本理念」という。)にのっとり、良好な景観の形成」に改め、同条第2項中「区長」を「区」に改め、同条第3項中「区長」を「区」に、「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改め、同条第4項中「区長」を「区」に、「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改め、同条を第4条とし、第2条の次に次の1条を加える。
(基本理念)
第3条 区、区民等及び事業者は、みどり、歴史的・文化的資源及び観光資源などを活かすとともに、地域の個性ある街並みを育み、区民等が愛着を持てる、潤いのある良好な景観の形成に向けて取り組まなければならない。
 第5条及び第6条を次のように改める。
(区民等の責務)
第5条 区民等は、基本理念にのっとり、良好な景観の形成に関する理解を深め、自ら良好な景観の形成に努めなければならない。
2 区民等は、区が実施する良好な景観の形成に関する施策に協力しなければならない。
(事業者の責務)
第6条 事業者は、基本理念にのっとり、良好な景観の形成に関する理解を深め、土地の利用等の事業活動に関し、自ら良好な景観の形成に努めなければならない。
2 事業者は、区が実施する良好な景観の形成に関する施策に協力しなければならない。
 第7条及び第8条を削る。
 第9条中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成の推進」に改め、第1章中同条を第7条とし、同条の次に次の2条を加える。
(国等に対する要請)
第8条 区長は、必要と認めるときは、国若しくは他の地方公共団体又はこれに準ずる団体に対し、区が推進する良好な景観の形成に関して協力を要請するものとする。
(東京都又は関係区市町村との協議)
第9条 区長は、良好な景観の形成を総合的かつ効果的に推進するために必要があると認めるときは、東京都知事又は関係区市町村の長に対し、協議を求めることができる。
2 区長は、東京都知事又は関係区市町村の長から、良好な景観の形成を推進するために必要な協議を求められたときは、これに応ずるものとする。
 「第2章 事前協議」を「第2章 景観計画の策定等」に改める。
 第10条及び第11条を次のように改める。
(景観計画の策定)
第10条 区長は、良好な景観の形成を推進するため、法第8条第1項に規定する景観計画(以下「景観計画」という。)を定めるものとする。
2 区長は、景観計画を定めようとするときは、あらかじめ第36条に規定する東京都台東区景観審議会(同条第1項を除き、以下「景観審議会」という。)の意見を聴かなければならない。
3 前項の規定は、景観計画の変更(規則で定める軽微な変更を除く。)について準用する。
(景観基本軸等)
第11条 区長は、景観計画の区域(法第8条第2項第1号の景観計画の区域をいう。以下同じ。)内において、次に掲げる地区を指定することができる。
 (1)景観基本軸
 (2)景観形成特別地区
2 前項第1号の景観基本軸(以下「景観基本軸」という。)は、次に掲げる特徴的な景観が連続する地域のうち、区における良好な景観の形成を推進する上で、特に重点的に取り組む必要がある地区とする。
 (1)河川に沿った地域
 (2)道路、鉄道等の交通施設に沿った地域
 (3)前2号に掲げるもののほか、別に区長が定める地域
3 第1項第2号の景観形成特別地区(以下「景観形成特別地区」という。)は、次に掲げる景観資源を含む地域のうち、区における良好な景観の形成を推進する上で、特に重点的に取り組む必要がある地区とする。
 (1)歴史的価値の高い施設及びその周辺地域
 (2)観光の振興を図る上で特に重要な地域
 (3)前2号に掲げるもののほか、別に区長が定める地域
4 景観基本軸及び景観形成特別地区における法第8条第2項第3号の良好な景観の形成のための行為の制限に関する事項は、景観基本軸又は景観形成特別地区ごとに定めることができる。
 第3章の章名を削る。
 第11条の次に次の章名を付する。
   第3章 行為の規制等
 第12条及び第13条を次のように改める。
(行為の届出)
第12条 法第16条第1項第1号から第3号までに掲げる行為をしようとする者は、規則で定めるところにより、区長に届け出なければならない。
2 法第16条第7項第11号の条例で定める行為は、次に掲げる行為とする。
 (1)仮設の建築物の新築、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
 (2)法第16条第1項第1号から第3号までに掲げる行為(同項第2号に掲げる行為にあっては、規則で定める工作物に係る行為に限る。)のうち、規則で定める規模以下のもの
3 前項第2号の規則で定める工作物及び規則で定める規模は、景観計画の区域内において定められた地区ごとに定めることができる。
(特定届出対象行為)
第13条 法第17条第1項の条例で定める行為は、次に掲げる行為とする。
 (1)建築物の新築、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
 (2)工作物の新設、増築、改築若しくは移転、外観を変更することとなる修繕若しくは模様替又は色彩の変更
 第15条から第18条までを削る。
 第14条第1項中「第10条第1項又は第2項に規定する行為」を「法第16条第1項第1号から第3号までに掲げる行為」に改め、同条第2項中「第10条第1項又は第2項に規定する行為」を「法第16条第1項第1号から第3号までに掲げる行為」に改め、「方法で」の次に「地域住民に」を加え、同条を第18条とし、同条の前に次の4条を加える。
(事前協議)
第14条 第12条第1項の規定による届出を行おうとする者は、あらかじめ規則で定めるところにより、区長に協議しなければならない。
2 東京都景観条例(平成18年東京都条例第136号)第20条の協議を要する場合については、前項の規定は、適用しない。
3 区長は、第1項の規定による協議があったときは、当該協議をした者に対し、必要な指導又は助言を行うことができる。
(景観計画の区域内における指導)
第15条 区長は、景観計画において法第8条第2項第3号の良好な景観の形成のための行為の制限に関する事項を定めたときは、当該行為の制限に適合しない行為をしようとする者又はした者に対し、当該行為の制限に適合させるため、必要な措置を講ずるよう指導することができる。
(勧告の手続等)
第16条 区長は、法第16条第3項の規定による勧告をしようとするときは、あらかじめ景観審議会の意見を聴かなければならない。
2 区長は、法第16条第3項の規定による勧告を受けた者が正当な理由なくその勧告に従わないときは、その旨を公表することができる。
3 区長は、前項の規定による公表をしようとするときは、当該勧告を受けた者に対し、意見を述べ、証拠を提示する機会を与えなければならない。
(変更命令等の手続)
第17条 区長は、法第17条第1項又は第5項の規定により必要な措置を命じようとするときは、あらかじめ景観審議会の意見を聴かなければならない。
 第19条から第22条までを次のように改める。
(行為完了の報告)
第19条 法第16条第1項又は第2項の規定による届出をした者は、当該届出に係る行為が完了したときは、規則で定めるところにより、区長に報告しなければならない。
(公共事業景観形成指針)
第20条 区長は、公共事業に係る良好な景観の形成のための指針(以下「公共事業景観形成指針」という。)を定めることができる。
2 区長は、公共事業景観形成指針を定めようとするときは、あらかじめ景観審議会の意見を聴かなければならない。
3 区長は、公共事業景観形成指針を定めたときは、これを公表しなければならない。
4 前2項の規定は、公共事業景観形成指針の変更(規則で定める軽微な変更を除く。)について準用する。
(公共事業景観形成指針への適合)
第21条 公共事業を施行する者は、公共事業景観形成指針に適合するよう努めなければならない。
(公共事業の施行に関する助言)
第22条 区長は、公共事業を施行する者から申出があり、かつ、良好な景観の形成のために必要と認めるときは、当該公共事業を施行する者その他規則で定める者に対し、助言をすることができる。
2 区長は、前項の助言をする場合において、必要と認めるときは、景観審議会の意見を聴くことができる。
 「第4章 景観資源の保全」を「第4章 景観重要建造物等」に改める。
 第34条を第38条とし、第33条を第37条とする。
 第32条中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改め、同条を第36条とする。
 第9章を削り、第10章を第9章とし、第11章を第10章とする。
 第30条第1項を削り、同条第2項中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に、「団体等」を「者」に改め、同項を同条第1項とし、同条第3項中「前2項」を「前項」に改め、同項を同条第2項とし、同条を第35条とする。
 第29条第1項及び第2項を削り、同条第3項中「前2項に定めるもののほか、景観まちづくり」を「良好な景観の形成の推進」に改め、同項を同条とし、同条を第34条とする。
 第28条第1項中「景観まちづくり団体」を「景観形成団体」に改め、同条を第33条とする。
 第27条の見出し中「景観まちづくり団体」を「景観形成団体」に改め、同条第1項中「景観まちづくりを目的」を「良好な景観の形成を目的」に、「景観まちづくりに寄与」を「良好な景観の形成に寄与」に、「景観まちづくり団体」を「景観形成団体」に改め、同条第2項中「景観まちづくり団体」を「景観形成団体」に改め、同項第1号中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改め、同条第4項中「景観まちづくり団体」を「景観形成団体」に改め、同条を第32条とする。
 「第6章 景観まちづくり団体」を「第6章 景観形成団体」に改める。
 第26条の見出し中「協定」を「景観まちづくり協定」に改め、同条第1項中「協定を締結」を「景観まちづくり協定を締結」に、「景観協定書」を「景観まちづくり協定書」に、「協定の認定」を「景観まちづくり協定の認定」に改め、同条第2項中「協定」を「景観まちづくり協定」に改め、同条第4項中「協定を締結」を「景観まちづくり協定を締結」に改め、同条第5項及び第6項中「協定」を「景観まちづくり協定」に改め、第5章中同条を第30条とし、同条の次に次の1条を加える。
(景観協定)
第31条 区長は、法第83条第1項の規定による景観協定の認可、法第84条第1項の規定による景観協定の変更の認可、法第88条第1項の規定による景観協定の廃止の認可及び法第90条第1項の規定による一の所有者による景観協定の認可をしようとするときは、景観審議会の意見を聴くことができる。
 第25条の見出し中「景観協定」を「景観まちづくり協定」に改め、同条第1項中「区域を」を「一定の区域を」に、「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に、「景観協定」を「協定」に、「協定」」を「景観まちづくり協定」」に改め、同条第2項各号列記以外の部分中「協定」を「景観まちづくり協定」」に改め、同項第3号及び第4号中「協定」を「景観まちづくり協定」に改め、同項第5号中「景観まちづくり」を「良好な景観の形成」に改め、同項第7号中「協定」を「景観まちづくり協定」に改め、同条を第29条とする。
 「第5章 景観協定」を「第5章 景観まちづくり協定等」に改める。
 第24条を第28条とする。
 第23条の見出し及び同条第1項中「景観まちづくり資源」を「景観形成資源」に改め、同条第2項中「所有者等」を「所有者」に改め、同条第4項及び第5項中「景観まちづくり資源」を「景観形成資源」に改め、同条を第27条とし、同条の前に次の4条を加える。
(指定等の手続)
第23条 区長は、法第19条第1項の規定により景観重要建造物を指定しようとする場合、法第22条第1項の規定により現状変更の許可をしようとする場合、同条第3項の規定により条件を付そうとする場合、法第23条第1項の規定により原状回復又はこれに代わるべき必要な措置を命じようとする場合、法第26条の規定により管理に関する命令又は勧告をしようとする場合及び法第27条第1項の規定により指定の解除をしようとする場合(法第19条第3項の建造物に該当するに至ったときを除く。)は、あらかじめ景観審議会の意見を聴かなければならない。
2 区長は、法第28条第1項の規定により景観重要樹木を指定しようとする場合、法第31条第1項の規定により現状変更の許可をしようとする場合、同条第2項において準用する法第22条第3項の規定により条件を付そうとする場合、法第32条第1項において準用する法第23条第1項の規定により原状回復又はこれに代わるべき必要な措置を命じようとする場合、法第34条の規定により管理に関する命令又は勧告をしようとする場合及び法第35条第1項の規定により指定の解除をしようとする場合(法第28条第3項の樹木に該当するに至ったときを除く。)は、あらかじめ景観審議会の意見を聴かなければならない。
(管理の方法の基準)
第24条 法第25条第2項の条例で定める管理の方法の基準は、次のとおりとする。
 (1)景観重要建造物の修繕は、原則として当該修繕前の外観を変更することのないようにすること。
 (2)消火器の設置その他の防災上の措置を講ずること。
 (3)景観重要建造物の滅失及びき損を防ぐため、その敷地、構造及び建築設備の状況を定期的に点検すること。
 (4)前3号に掲げるもののほか、景観重要建造物の良好な景観の保全のため必要な管理の方法の基準として規則で定めるもの
2 法第33条第2項の条例で定める管理の方法の基準は、次のとおりとする。
 (1)景観重要樹木について、病害虫を防除するための措置を講ずること。
 (2)景観重要樹木について、必要に応じ、枝打ち、整枝その他これらに類する措置を講ずること。
 (3)景観重要樹木が滅失し又は枯死する恐れがあると認めるときは、直ちに区長と協議して当該景観重要樹木の滅失又は枯死を防ぐ措置を講ずること。
 (4)前3号に掲げるもののほか、景観重要樹木の良好な景観の保全のため必要な管理の方法の基準として規則で定めるもの
(滅失等の届出)
第25条 景観重要建造物及び景観重要樹木(以下「景観重要建造物等」という。)の所有者は、当該景観重要建造物等の全部又は一部が滅失し又はき損(景観重要樹木にあっては、枯死)したときは、規則で定めるところにより、速やかにその旨を区長に届け出なければならない。
(所有者の変更等の届出)
第26条 景観重要建造物等の所有者が変更したときは、新たな所有者は、規則で定めるところにより、すみやかにその旨を区長に届け出なければならない。
2 景観重要建造物等の所有者は、氏名若しくは名称又は住所若しくは所在地を変更したときは、規則で定めるところにより、速やかにその旨を区長に届け出なければならない。
   付 則
(施行期日)
1 この条例は、台東区規則で定める日(以下「施行日」という。)から施行する。
(経過措置)
2 施行日からこの条例による改正後の東京都台東区景観条例(以下「新条例」という。)第10条の台東区の景観計画の効力が生じる日の前日までの間は、東京都が定めた景観計画(台東区の区域に係る部分に限る。)を台東区の景観計画とみなす。
3 施行日前に東京都景観条例(平成18年東京都条例第136号)第10条第1項の規定により東京都知事になされた届出(台東区の区域に係るものに限る。)は、新条例の相当規定により台東区長になされた届出とみなす。
4 この条例の施行の際、改正前の東京都台東区景観まちづくり条例(以下「旧条例」という。)第10条の規定による届出をした者についての当該届出に係る旧条例の規定の適用については、なお従前の例による。
5 施行日以後に旧条例第10条第1項に掲げる行為(景観法(平成16年法律第110号)第16条第1項の規定による届出を要するものを除く。)を行う者については、新条例第10条の台東区の景観計画の効力が生じる日の前日までの間は、旧条例第2章及び第31条の規定は、なおその効力を有する。
6 この条例の施行の際、旧条例第23条第1項の規定により選定された景観まちづくり資源は、新条例第27条第1項の規定により選定された景観形成資源とみなす。
7 この条例の施行の際、旧条例第26条第2項の規定により認定された景観協定は、新条例第30条第2項の規定により認定された景観まちづくり協定とみなす。
8 この条例の施行の際、旧条例第27条第2項の規定により認定された景観まちづくり団体は、新条例第32条第2項の規定により認定された景観形成団体とみなす。
 ─────────────────────────────────────────
諸報告の部
                                 22台総総第743号
                                 平成23年1月28日
東京都台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                       東京都台東区長  吉 住   弘

        平成23年第1回台東区議会定例会の招集について(通知)

 平成23年第1回台東区議会定例会を本日別紙写のとおり招集したので通知します。
 なお、区長提出に係る付議案件は、次のとおりです。
                    記
1 平成22年度東京都台東区一般会計補正予算(第4回)
2 平成22年度東京都台東区国民健康保険事業会計補正予算(第1回)
3 平成22年度東京都台東区後期高齢者医療会計補正予算(第1回)
4 平成22年度東京都台東区老人保健医療会計補正予算(第1回)
5 平成23年度東京都台東区一般会計予算
6 平成23年度東京都台東区国民健康保険事業会計予算
7 平成23年度東京都台東区後期高齢者医療会計予算
8 平成23年度東京都台東区介護保険会計予算
9 平成23年度東京都台東区老人保健施設会計予算
10 平成23年度東京都台東区病院施設会計予算
11 平成23年度東京都台東区用地会計予算
12 東京都台東区従前居住者用住宅条例
13 東京都台東区船着場条例
14 東京都台東区地区計画の区域内における建築物の制限に関する条例
15 公益的法人等への東京都台東区職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例
16 外国の地方公共団体の機関等に派遣される東京都台東区職員の処遇等に関する条例の一部を改正する条例
17 東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
18 東京都台東区職員の旅費に関する条例の一部を改正する条例
19 東京都台東区職員の退職手当に関する条例の一部を改正する条例
20 東京都台東区一般財団法人に対する助成等に関する条例の一部を改正する条例
21 東京都台東区社会福祉基金条例の一部を改正する条例
22 東京都台東区教育振興基金条例の一部を改正する条例
23 東京都台東区幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例
24 東京都台東区幼稚園教育職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
25 東京都台東区幼稚園教育職員の給与等に関する特別措置に関する条例の一部を改正する条例
26 東京都台東区こどもクラブ条例の一部を改正する条例
27 東京都台東区国民健康保険条例の一部を改正する条例
28 東京都台東区介護保険の保険給付に係る資金貸付条例を廃止する条例
29 東京都台東区景観まちづくり条例の一部を改正する条例
30 和解及び損害賠償の額の決定について
31 訴訟の提起について
 ─────────────────────────────────────────
台東区告示第68号
 平成23年第1回台東区議会定例会を次のとおり招集する。
平成23年1月28日
                          東京都台東区長  吉 住   弘
                    記
1 招 集 日  平成23年2月4日
2 招集の場所  台東区議会議事堂
 ─────────────────────────────────────────
                                 22台総総第573-2号
                                 平成23年1月31日
東京都台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                        東京都台東区長  吉 住   弘

「和解及び損害賠償額の決定に関する区長の専決処分の指定について」に基づく専決処分について(報告)

 台東区役所における物損事故による損害賠償について、平成22年11月9日別紙写しのとおり専決処分したので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第2項の規定に基づき報告します。

                専 決 処 分 書
 台東区役所における物損事故による損害賠償について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分する。

1 事故名       台東区役所における物損事故
2 事故発生年月日   平成22年10月27日
3 事故発生の場所   台東区東上野四丁目5番6号
4 被害者       個人
5 事故の概要     印鑑の一部損傷
6 損害賠償の額    92,400円

 平成22年11月9日
                          東京都台東区長  吉 住   弘
 ─────────────────────────────────────────
                                 22台総総第641-3号
                                 平成23年1月31日
東京都台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                        東京都台東区長  吉 住   弘

「和解及び損害賠償額の決定に関する区長の専決処分の指定について」に基づく専決処分について(報告)

 台東区上野一丁目36番5号地先路上における物損事故による損害賠償について、平成22年12月6日別紙写しのとおり専決処分したので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第2項の規定に基づき報告します。

                専 決 処 分 書
 台東区上野一丁目36番5号地先路上における物損事故による損害賠償について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分する。

1 事故名       台東区上野一丁目36番5号地先路上における物損事故
2 事故発生年月日   平成22年12月6日
3 事故発生の場所   台東区上野一丁目36番5号地先路上
4 被害者       個人
5 事故の概要     眼鏡の一部損傷
6 損害賠償の額    25,000円

 平成22年12月6日
                          東京都台東区長  吉 住   弘
 ─────────────────────────────────────────
                                  22台総総第774号
                                  平成23年2月4日
東京都台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                        東京都台東区長  吉 住   弘

「和解及び損害賠償額の決定に関する区長の専決処分の指定について」に基づく専決処分について(報告)の訂正について(依頼)

 平成23年1月31日付22台総総第641−3号により報告した「和解及び損害賠償額の決定に関する区長の専決処分の指定について」に基づく専決処分について(報告)に一部誤りがあったため、下記のとおり訂正いたしますので、よろしくお取り計らいくださるようお願いいたします。

                    記

 (正) 文京区湯島三丁目36番5号地先
 (誤) 台東区上野一丁目36番5号地先

                                    22台監第44号
                                    平成22年12月27日
台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                               台東区監査委員
                                   河 原 啓 介
                                   目 ? 平 吉
                                   小 菅 千保子

        平成22年度11月分例月出納検査の結果について(報告)

 地方自治法第235条の2の規定による標記検査の結果は、下記のとおりです。
                    記
1.検査の対象
  平成22年11月末日現在における一般会計、特別会計及び基金(用品調達基金、郵便料金基金、公共料金支払基金及び国民健康保険高額療養費資金貸付基金)ならびに歳入歳出外に属する現金の出納状況
2.検査年月日
  平成22年12月27日(月)
3.検査の結果
 (1)収支の計数について
    「歳入計算表」及び「歳出計算表」のとおり相違ありません。
 (2)現金出納状況及び現金保管状況
    「現金受払表」及び「現金保管状況表」のとおり相違ありません。
 (3)前渡金の処理状況について
    対象部課名…………教育委員会庶務課
    審査の結果、特に過誤を認めなかった。

【平成22年度】                                                                    平成22年11月30日現在
歳  入  計  算  表
                                                                         単位:円(収入率は百分率%)
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │合計      │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算現額    │89,857,801,000 │20,844,000,000 │3,796,000,000  │51,000,000 │11,652,696,000 │50,428,000 │452,771,000 │4,000,003,000  │130,704,699,000 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│調定済額    │62,041,121,640 │19,350,547,797 │3,191,842,407  │43,795,363 │10,590,079,085 │45,066,000 │392,767,500 │0        │95,655,219,792 │
├─────┬──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入済額 │本月│6,131,582,552  │1,441,791,769  │316,861,419   │6,400    │877,972,945   │0      │620,700   │0        │8,768,835,785  │
│     ├──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│     │累計│51,816,286,336 │11,950,163,401 │2,507,289,465  │43,457,817 │7,287,952,624  │45,078,000 │393,388,200 │0        │74,043,615,843 │
├─────┴──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│不納欠損額   │46,310     │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │46,310     │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│還付未済額   │0        │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │0        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入未済額   │10,224,788,994 │7,400,384,396  │684,552,942   │337,546   │3,302,126,461  │△12,000  │△620,700  │0        │21,611,557,639 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│対予算増(△)減 │△38,041,514,664│△8,893,836,599 │△1,288,710,535 │△7,542,183 │△4,364,743,376 │△5,350,000 │△59,382,800│△4,000,003,000 │△56,661,083,157│
├───┬────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入率│予算対比│57.7      │57.3      │66.1      │85.2    │62.5      │89.4    │86.9    │0.0       │56.6      │
│   ├────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│   │調定対比│83.5      │61.8      │78.6      │99.2    │68.8      │100.0    │100.2    │―       │77.4      │
└───┴────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┴────────┴────────┘

歳出計算表
                                                                         単位:円(収入率は百分率%)
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │合計      │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算現額    │89,857,801,000 │20,844,000,000 │3,796,000,000  │51,000,000 │11,652,696,000 │50,428,000 │452,771,000 │4,000,003,000  │130,704,699,000 │
├─────┬──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│支出額  │本月│4,967,669,774  │1,602,174,563  │338,422,293   │6,480    │898,311,323   │0      │84,097,125 │0        │7,890,681,558  │
│     ├──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│     │累計│53,039,498,245 │11,861,886,540 │1,934,633,851  │3,423,379  │6,703,249,575  │22,524,750 │300,621,226 │0        │73,865,837,566 │
├─────┴──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算残額    │36,818,302,755 │8,982,113,460  │1,861,366,149  │47,576,621 │4,949,446,425  │27,903,250 │152,149,774 │4,000,003,000  │56,838,861,434 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│執行率     │59.0      │56.9      │51.0      │6.7     │57.5      │44.7    │66.4    │0.0       │56.5      │
└────────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┴────────┴────────┘

現金受払票
                                                                                  単位:円
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │雑部分     │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│前月繰越高   │110,945,313   │248,499,655   │594,171,488   │40,034,518 │604,951,427   │22,553,250 │176,243,399 │0        │2,142,452,169  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│受入高     │△1,000,021,000 │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │0        │
│        │6,131,582,522  │1,441,791,769  │316,861,419   │6,400    │877,972,945   │0      │620,700   │0        │2,736,074,443  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│支払高     │4,967,669,774  │1,602,174,563  │338,422,293   │6,480    │898,311,323   │0      │84,097,125 │0        │1,747,216,344  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│残高      │274,837,061   │88,116,861   │572,610,614   │40,034,438 │584,613,049   │22,553,250 │92,766,974 │0        │3,131,310,268  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┴──────┴────────┴────────┘
│区分      │用品調達基金  │郵便料金基金  │公共料金    │国民健康保険│合計      │
│        │        │        │支払基金    │高額療養費資│        │
│        │        │        │        │金貸付基金 │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│前月繰越高   │14,094,305   │7,940,247    │80,364,631   │10,855,183 │4,053,105,585  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│受入高     │0        │0        │0        │0      │△1,000,021,000 │
│        │        │        │        │      ├────────┤
│        │1,539,322    │4,308,102    │99,090,302   │12,000   │11,609,859,924 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│支払高     │2,237,725    │7,961,990    │110,000,000   │291,000   │9,758,388,617  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│残高      │13,395,902   │4,286,359    │69,454,933   │10,576,183 │4,904,555,892  │
└────────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┘

現金保管状況表
                    単位:円
┌────┬──────┬──────────┐
│預金内訳│当座預金  │普通預金      │
│    ├──────┼──────────┤
│    │605,922   │3,903,000,000    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │通知預金  │大口定期預金    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │0      │1,000,000,000    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │定期預金  │譲渡性預金     │
│    ├──────┼──────────┤
│    │1,000,000  │0          │
│    ├──────┼──────────┤
│    │その他   │合計        │
│    ├──────┼──────────┤
│    │0      │4,904,605,922    │
└────┴──────┴──────────┘
                                    22台監第46号
                                    平成23年1月28日
台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                               台東区監査委員
                                   河 原 啓 介
                                   目 ? 平 吉
                                   小 菅 千保子

        平成22年度12月分例月出納検査の結果について(報告)

 地方自治法第235条の2の規定による標記検査の結果は、下記のとおりです。
                    記
1.検査の対象
平成22年12月末日現在における一般会計、特別会計及び基金(用品調達基金、郵便料金基金、公共料金支払基金及び国民健康保険高額療養費資金貸付基金)ならびに歳入歳出外に属する現金の出納状況
2.検査年月日
平成23年1月28日(金)
3.検査の結果
(1)収支の計数について
「歳入計算表」及び「歳出計算表」のとおり相違ありません。
(2)現金出納状況及び現金保管状況
「現金受払表」及び「現金保管状況表」のとおり相違ありません。
(3)前渡金の処理状況について
対象部課名…………区民部税務課
審査の結果、特に過誤を認めなかった。

【平成22年度】                                                                    平成22年12月31日現在
歳  入  計  算  表
                                                                         単位:円(収入率は百分率%)
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │合計      │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算現額    │90,609,265,000 │20,844,000,000 │3,796,000,000  │51,000,000 │11,652,696,000 │50,428,000 │452,771,000 │4,000,003,000  │131,456,163,000 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│調定済額    │66,317,740,747 │19,788,229,546 │3,321,665,858  │43,845,938 │10,593,842,635 │45,066,000 │393,388,200 │0        │100,503,778,924 │
├─────┬──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入済額 │本月│6,933,210,163  │1,470,531,633  │316,308,808   │61,705   │851,098,309   │0      │0      │0        │9,571,210,618  │
│     ├──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│     │累計│58,749,496,499 │13,420,695,034 │2,823,598,273  │43,519,522 │8,139,050,933  │45,078,000 │393,388,200 │0        │83,614,826,461 │
├─────┴──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│不納欠損額   │46,310     │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │46,310     │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│還付未済額   │ 0       │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │0        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入未済額   │ 7,568,197,938 │6,367,534,512  │498,067,585   │326,416   │2,454,791,702  │△12,000  │0      │0        │16,888,906,153 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│対予算増(△)減 │△31,859,768,501│△7,423,304,966 │△972,401,727  │△7,480,478 │△3,513,645,067 │△5,350,000 │△59,382,800│△4,000,003,000 │△47,841,336,539│
├───┬────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入率│予算対比│64.8      │64.4      │74.4      │85.3    │69.8      │89.4    │86.9    │0.0       │63.6      │
│   ├────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│   │調定対比│88.6      │67.8      │85.0      │99.3    │76.8      │100.0    │100.0    │―       │83.2      │
└───┴────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┴────────┴────────┘

歳出計算表
                                                                         単位:円(収入率は百分率%)
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │合計      │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算現額    │90,609,265,000 │20,844,000,000 │3,796,000,000  │51,000,000 │11,652,696,000 │50,428,000 │452,771,000 │4,000,003,000  │131,456,163,000 │
├─────┬──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│支出額  │本月│ 7,014,820,016 │1,681,262,845  │369,237,777   │31,192   │1,072,182,099  │0      │0      │0        │10,137,533,929 │
│     ├──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│     │累計│60,054,318,261 │13,543,149,385 │2,303,871,628  │3,454,571  │7,775,431,674  │22,524,750 │300,621,226 │0        │84,003,371,495 │
├─────┴──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算残額    │30,554,946,739 │7,300,850,615  │1,492,128,372  │47,545,429 │3,877,264,326  │27,903,250 │152,149,774 │4,000,003,000  │47,452,791,505 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│執行率     │66.3      │65.0      │60.7      │6.8     │66.7      │44.7    │66.4    │0.0       │63.9      │
└────────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┴────────┴────────┘

現金受払票
                                                                                  単位:円
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │雑部分     │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│前月繰越高   │ 274,837,091  │88,066,861   │572,610,614   │40,034,438 │584,613,049   │22,553,250 │92,766,974 │0        │3,131,310,268  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│受入高     │ 0       │200,000,000   │△200,000,000  │0      │0        │0      │0      │0        │0        │
│        │ 6,933,210,163 │1,470,531,633  │316,308,808   │61,705   │851,098,309   │0      │0      │0        │1,864,703,090  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│支払高     │ 7,014,820,016 │1,681,262,845  │369,237,777   │31,192   │1,072,182,099  │0      │0      │0        │2,891,344,918  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│残高      │ 193,227,238  │77,335,649   │319,681,645   │40,064,951 │363,529,259   │22,553,250 │92,766,974 │0        │2,104,668,440  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┴──────┴────────┴────────┘
│区分      │用品調達基金  │郵便料金基金  │公共料金    │国民健康保険│合計      │
│        │        │        │支払基金    │高額療養費資│        │
│        │        │        │        │金貸付基金 │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│前月繰越高   │13,395,902   │4,286,359    │69,454,933   │10,676,183 │4,904,605,922  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│受入高     │ 0       │0        │0        │0      │0        │
│        │        │        │        │      ├────────┤
│        │ 1,899,426   │5,740,665    │106,110,030   │505,000   │11,550,168,829 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│支払高     │ 1,680,981   │9,300,761    │69,000,000   │1,325,000  │13,110,185,589 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│残高      │13,614,347   │726,263     │106,564,963   │9,856,183  │3,344,589,162  │
└────────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┘

現金保管状況表
                     単位:円
┌────┬──────┬──────────┐
│預金内訳│当座預金  │普通預金      │
│    ├──────┼──────────┤
│    │ 589,162  │ 2,343,000,000   │
│    ├──────┼──────────┤
│    │通知預金  │大口定期預金    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │ 0     │ 1,000,000,000   │
│    ├──────┼──────────┤
│    │定期預金  │譲渡性預金     │
│    ├──────┼──────────┤
│    │ 1,000,000 │ 0         │
│    ├──────┼──────────┤
│    │その他   │合計        │
│    ├──────┼──────────┤
│    │ 0     │ 3,344,589,162   │
└────┴──────┴──────────┘
                                   22台総総第785-2号
                                  平成23年3月2日
東京都台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                          東京都台東区長  吉 住   弘

   「和解及び損害賠償額の決定に関する区長の専決処分の指定について」に基づく専決処分について(報告)

 台東区役所における物損事故による損害賠償について、平成23年2月10日別紙写しのとおり専決処分したので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第2項の規定に基づき報告します。

                専 決 処 分 書
 台東区役所における物損事故による損害賠償について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分する。

1 事故名       台東区役所における物損事故
2 事故発生年月日   平成22年12月10日
3 事故発生の場所   台東区東上野四丁目5番6号
4 被害者       個人
5 事故の概要     印鑑の一部損傷
6 損害賠償の額    103,215円

 平成23年2月10日
                          東京都台東区長  吉 住   弘
 ─────────────────────────────────────────
                                  22台総総第815号
                                  平成23年3月2日
東京都台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                         東京都台東区長  吉 住   弘

   「和解及び損害賠償額の決定に関する区長の専決処分の指定について」に基づく専決処
   分について(報告)

 台東区日本堤における物損事故による損害賠償について、平成23年2月28日別紙写しのとおり専決処分したので、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第2項の規定に基づき報告します。

                専 決 処 分 書
 台東区日本堤における物損事故による損害賠償について、地方自治法(昭和22年法律第67号)第180条第1項の規定により、次のとおり専決処分する。

1 事故名       台東区日本堤における物損事故
2 事故発生年月日   平成22年12月6日
3 事故発生の場所   台東区日本堤
4 被害者       個人
5 事故の概要     パソコンの一部損傷
6 損害賠償の額    31,500円

 平成23年2月28日
                          東京都台東区長  吉 住   弘
 ─────────────────────────────────────────
                                    22台監第49号
                                    平成23年2月23日
台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                                台東区監査委員
                                   河 原 啓 介
                                   目 ? 平 吉
                                   小 菅 千保子

           平成22年度工事監査の結果について(報告)

 地方自治法第199条第5項の規定に基づき標記監査を実施しましたので、この結果を同法第199条第9項の規定により、別紙のとおり報告いたします。
                                     【別 紙】
              平成22年度工事監査結果報告
1 監査期間
 平成22年12月1日(水)〜平成23年1月28日(金)
2 書面監査及び実地監査対象工事
 (1)北部区民事務所改築工事(電気、空調等、昇降機工事共)
3 監査の範囲
 当該工事にかかる財務に関する事務の執行状況及び工事の施行状況
4 監査の方法
 監査委員は現地で、対象工事の施行状況等の説明を関係課長から聴取し、質疑応答を行い、監査を実施した。事務局職員は、関係課から工事関係書類の提出を求め、調査及び事情聴取を実施し、監査委員に報告した。
 確認した工事関係書類
 設計起案書、設計図書、積算及び見積書、工事写真、諸検査結果報告書等
5 監査の結果
 提出された対象工事関係書類等を基に、財務に関する事務の執行状況及び工事の施行状況について書面監査、実地監査をしたところ、おおむね良好に行われているものと認められ、特に指摘・指示する事項はない。
6 実地監査実施日及び監査委員の主な質問事項
┌────────┬────────┬────────────┬───────────────┐
│監査対象部課  │実地監査実施日 │対象工事        │委員の主な質問事項      │
├────────┼────────┼────────────┼───────────────┤
│総務部     │1月28日    │北部区民事務所改築工事 │?入札状況について      │
│施設課     │        │            │?緑化について        │
│        │        │            │?保守管理について      │
└────────┴────────┴────────────┴───────────────┘
7 まとめ
 北部区民事務所改築工事は、1階事務所にローカウンター方式を全面的に採用したことにより、利用しやすい受付窓口になっている。さらに、昇降機が新設されたことにより、集会室・だれでもトイレの利便性を高めた建物になっている。また、緑化スペースを4・5階に設け、環境対策の配慮もなされている。
 今後とも区民、利用者の立場に立って、安全性・利便性・経済性を考慮すると共に、環境に配慮した施設づくりを推進されるように要望する。

                                    22台監第50号
                                    平成23年2月23日
台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                             台東区監査委員
                                   河 原 啓 介
                                   目 ? 平 吉
                                   小 菅 千保子

         平成22年度指定管理者監査の結果について(報告)

 地方自治法第199条第5項及び第7項の規定に基づき、標記監査を実施しましたので、この結果を同法第199条第9項の規定により、別紙のとおり報告いたします。
                                     【別 紙】
             平成22年度指定管理者監査結果報告
1 監査期間
 平成22年9月27日(月)〜平成22年12月15日(水)
2 監査対象
 「東京都台東区監査事務実施要領」に定める指定管理者監査対象選定基準に基づき選定し、指定管理者4団体について監査を実施した。
 指定管理者、施設及び主管課は、次のとおりである。
  ┌───────────────┬───────────────┬──────────┐
  │指定管理者名         │施設名            │主管課       │
  ├───────────────┼───────────────┼──────────┤
  │明治座・野村ビルマネグループ │浅草公会堂          │区民課       │
  ├───────────────┼───────────────┼──────────┤
  │公益社団法人 地域医療振興協 │台東病院           │健康課       │
  │               ├───────────────┼──────────┤
  │会              │老人保健施設千束       │高齢福祉課     │
  ├───────────────┼───────────────┼──────────┤
  │株式会社 ニッコクトラスト  │少年自然の家「霧ヶ峰学園」  │学務課       │
  ├───────────────┼───────────────┼──────────┤
  │特定非営利活動法人 子育て台 │ことぶきこども園       │学務課       │
  │               ├───────────────┼──────────┤
  │東              │寿子ども家庭支援センター   │子育て支援課    │
  └───────────────┴───────────────┴──────────┘
3 監査の範囲
 原則として、平成21年度における指定管理者の公の施設の管理に係る出納その他の事務の執行について実施した。
4 監査の観点
 年度計画の基本方針に基づき、指定管理者の公の施設の管理に係る出納その他の事務が、その目的に沿って適正かつ効率的に執行されているかどうか、また、主管課の指定管理者に対する指導・監督が適切に行われているかどうかを主眼として実施した。
5 留意事項
 協定等に則り、会計経理が適正かつ効率的に執行されているかに留意して監査を行った。
6 監査の方法
 監査委員は、指定管理者の出席を求め、あらかじめ提出を求めた監査資料に基づき、質疑応答を行うとともに、必要に応じ施設の管理運営状況について実地調査を行った。
 また、監査委員による監査に先立ち、事務局職員が関係資料や現地の調査等の予備監査を行い、基本的な事実関係を確認し、監査委員へ報告した。
(1)監査委員による監査及び予備監査日程
   ┌──────────────┬─────────────┬─────────────┐
   │指定管理者         │監査実施日        │予備監査日        │
   ├──────────────┼─────────────┼─────────────┤
   │株式会社ニッコクトラスト  │10月27日(水)      │9月27日(月)      │
   ├──────────────┼─────────────┼─────────────┤
   │明治座・野村ビルマネグループ│11月22日(月)      │11月2日(火)      │
   ├──────────────┤             ├─────────────┤
   │特定非営利活動法人子育て台東│             │10月29日(金)      │
   ├──────────────┼─────────────┼─────────────┤
   │公益社団法人地域医療振興協会│12月15日(水)      │11月10日(水)      │
   │              │             │11月11日(木)      │
   └──────────────┴─────────────┴─────────────┘
(2)予備監査における主な確認書類
  ア 主管課
  (ア)委託金等支出に関する書類(原議等)
  (イ)基本協定書、年度協定書等
  (ウ)事業報告書、決算報告書等
  イ 指定管理者
  (ア)関係諸規程
     (運営規程、経理規程、個人情報保護の基準等に関する規程等)
  (イ)設備・備品管理関係書類
     (建物設備関係書類、備品台帳等)
  (ウ)経理関係書類
     (総勘定元帳、伝票、契約書、領収書、現金出納帳、預金残高証明等)
  (エ)収入関係書類
     (区委託料等に関する書類、利用料収入に関する書類等)
7 監査結果
 各指定管理者の監査結果は、別紙のとおりである。
8 監査委員による主な質問事項
   ┌────────────────┬────────────────────────┐
   │指定管理者           │主 な 質 問 事 項             │
   │(施 設 名)         │                        │
   ├────────────────┼────────────────────────┤
   │明治座・野村ビルマネグループ  │・施設運営における課題について         │
   │(浅草公会堂)         │・利用者からの要望や意見に対する改善状況について│
   │                │・コスト節減に関する取組みについて       │
   ├────────────────┼────────────────────────┤
   │公益社団法人地域医療振興協会  │・病院の利用実績について            │
   │(台東病院)          │・医師、看護師の確保について          │
   │(老人保健施設千束)      │・医療検査機器の共同利用について        │
   │                │・地域の関係機関等との連携について       │
   ├────────────────┼────────────────────────┤
   │株式会社ニッコクトラスト    │・施設のPRについて              │
   │(少年自然の家「霧ヶ峰学園」) │・ファミリールームの稼働率について       │
   │                │・光熱水費の節減について            │
   ├────────────────┼────────────────────────┤
   │特定非営利活動法人子育て台東  │・関係機関との連携について           │
   │(ことぶきこども園)      │・収支状況について               │
   │(寿子ども家庭支援センター)  │・運営協議会について              │
   │                │・自主事業について               │
   └────────────────┴────────────────────────┘
9 まとめ
今回の監査対象とした4団体は、いずれも平成21年度から新たに指定管理者となった団体であるが、民間事業者としてのノウハウや他自治体の類似施設の運営を通じて培われた経験を活かしながら、区民サービスの向上に努めていることが認められた。
 各所管課においては、常に指定管理者の管理運営状況をチェックし、関係法令や協定等に沿ったサービスの提供が確実に行われているか等に留意しながら、適切な指導や助言をされたい。
 (個別意見)
(1)明治座・野村ビルマネグループ(浅草公会堂)
 同グループは、利用者本位の運営方針を掲げ、従前週1回休館していたものを通年開館に変更するとともに、警備・清掃等の充実を図るなど、区民等がより利用しやすくなるように配慮した運営を行っている。また、施設管理面においては、段階的に消費電力の少ないLED照明に切り換えるなど、光熱水費に節減に向けた取組みがなされていた。
 今後も人件費をはじめとするコストの見直しに努め、さらに効率性並びに施設の安全性に配慮した運営を図られるよう要望する。
(2)公益社団法人地域医療振興協会(台東病院・老人保健施設千束)
 開設初年度の平成21年度決算においては、病院の外来患者数が当初計画を下回ったことや、入院患者の受入体制整備の遅れ等の理由により、当初予測した収益が確保できなかったため、区からの指定管理委託料が増額されるなどの課題が見受けられた。
 良質な医療や介護保険サービスを継続的に提供していくためにも、健全で安定的な経営基盤を確立する必要があり、引続き人件費の縮減等、経営の効率化を図るとともに、この施設のもつ機能・役割について、より一層区民への広報や周知活動に努められたい。
 さらに、地域の関係機関との連携を推進し、高齢者の慢性期医療を担う拠点として、その役割を果たし区民の期待に応える施設となるよう望むものである。
(3)株式会社ニッコクトラスト(少年自然の家「霧ヶ峰学園」)
 同社は、教育施設として児童・生徒等利用者の安全性確保を最優先に取り組んでおり、緊急対応マニュアルを整備するなど、利用者の安全・安心の確保に努めている。
 また、良質な食事提供に努め、利用者満足度の向上に向けた取組みがなされていることが伺える。
 少年自然の家の利用者数はここ数年減少傾向にあり、あらためて区民に施設や施設周辺のPRを行うとともに、自主事業の企画等を通じて、利用者の増加に向けた取組みを推進していくことが必要であると考えられる。今後、利用者アンケート等で区民から寄せられた意見をもとに、より利用者満足度の高い施設運営を図られるよう要望する。
(4)特定非営利活動法人子育て台東(ことぶきこども園・寿子ども家庭支援センター)
 同法人は、行政・関係機関との連携を密に行っており、子育て支援に向けた協力体制がとられている。運営協議会を開催し利用者・地域住民と意見交換を行い、また利用者満足度調査を実施するなど、区民ニーズに対する姿勢は柔軟で、好ましいものである。また自主事業においても、民間事業者ならではの創意工夫・独自性が発揮され、区民満足のより一層の向上に寄与するものと見込まれる。
 今後は、預かり保育の利用率・子育て講座の参加人数等、改善の余地が見受けられる点について、より一層努力されたい。

                                     (別 紙)
            団体名 明治座・野村ビルマネグループ
第1 監査対象の概要
1 法人の概要
 グループの代表団体となる株式会社明治座は、昭和25年5月に株式会社として設立され、資本金は2億円である。
 本社は、中央区日本橋浜町に所在し、各種公演のほか俳優養成機関・明治座アカデミーの運営、外食産業などの事業を行っている。指定管理者としては、浅草公会堂が初の受託施設となる。
 また、構成団体となる野村ビルマネジメント株式会社は、昭和52年4月に設立され、資本金は1億円である。
 本社は、新宿区西新宿に所在し、ビル・マンションの総合管理会社として、企業や金融機関を中心にビルマネジメントや建築インテリア等の事業を行っている。
 指定管理者としては、中野区文化施設、国分寺市立いずみホール等の受託実績がある。
2 指定施設等
 同グループが台東区において指定管理者として管理している浅草公会堂の概要は、次のとおりである。
 (1)施設名等


  ┌──────────┬───────────┬──────┬──────────────┐
  │施設名       │設置条例       │指定期間  │設置目的          │
  ├──────────┼───────────┼──────┼──────────────┤
  │浅草公会堂     │東京都台東区立浅草公 │平成21年4月│区民の福祉を増進し文化の向 │
  │          │会堂の設置等に関する │から5年間 │上を図るため        │
  │          │条例(昭和52年台東区 │      │              │
  │          │条例第9号)     │      │              │
  └──────────┴───────────┴──────┴──────────────┘
 (2)施設概要
  ┌──────────┬───────────────────────────────┐
  │所在地       │浅草1−38−6                        │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │開設年月      │昭和52年10月                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │建物延面積     │12,185.69?                          │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │施設内容及び    │ホール(1,082席)、第1集会室(洋室70名)、第2集会室(和室50 │
  │利用定員      │名)、第3集会室(和室50名)、展示ホール           │
  └──────────┴───────────────────────────────┘
3 施設の収支決算状況等(平成21年度)
  収  入         235,336,635円
  支  出         231,568,794円
  区からの管理運営費交付金  99,000,000円
  21年度利用料金(預かり金) 32,404,910円
第2 監査の結果
 同グループは、施設の設置目的、区との協定等に沿って適切に管理運営を行っている。
 また、会計事務処理についても、おおむね良好に行われているものと認められ、特に指摘・指示する事項はない。

           団体名 公益社団法人 地域医療振興協会
第1 監査対象の概要
1 法人の概要
 公益社団法人地域医療振興協会は、昭和61年5月に設立され、平成21年12月に公益社団法人に移行した。
 本部は千代田区平河町に所在し、へき地を中心とした地域保健医療の調査研究及び地域医学知識の啓発と普及を行うとともに、地域保健医療の確保と質の向上を図ることにより、住民福祉の増進を図り、地域間での医療の不均衡の解消、地域の振興を目指した活動を行っている。
2 指定施設等
 同法人が台東区において指定管理者として管理している施設は、次のとおりである。
 (1)施設名等
  ┌──────────┬───────────┬──────┬──────────────┐
  │施設名       │設置条例       │指定期間  │設置目的          │
  ├──────────┼───────────┼──────┼──────────────┤
  │台東病院      │東京都台東区立病院条 │平成21年4月│区民の健康保持に必要な医療 │
  │          │例(平成20年台東区条 │から10年間 │の提供           │
  │          │例第52号)      │      │              │
  ├──────────┼───────────┤      ├──────────────┤
  │老人保健施設千束  │東京都台東区立老人保 │      │介護保健施設サービス、短期 │
  │          │健施設条例(平成12年 │      │入所療養介護、通所リハビリ │
  │          │台東区条例第15号)  │      │テーション等        │
  └──────────┴───────────┴──────┴──────────────┘
 (2)施設概要
   ●台東病院
  ┌──────────┬───────────────────────────────┐
  │所在地       │千束3−20−5                        │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │開設年月      │平成21年4月                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │建物延面積     │17,328?(うち病院部分9,275?)                │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │病床数       │120床(一般40床、療養80床(うち回復期リハビリテーション病棟40 │
  │          │床))                            │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │診療科目      │内科、整形外科、リハビリテーション科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚 │
  │          │科、泌尿器科                         │
  └──────────┴───────────────────────────────┘
   ●老人保健施設千束
  ┌──────────┬───────────────────────────────┐
  │所在地       │千束3−20−5                        │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │開設年月      │平成6年6月(平成21年4月に現在地へ機能移転)        │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │建物延べ面積    │17,328?(うち老人保健施設部分8,053?)            │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │入所定員      │150床(一般100床、認知症50床)                │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │通所リハビリ    │1日40人                           │
  └──────────┴───────────────────────────────┘
3 施設の収支決算状況等(平成21年度)
  ┌─────────────┬─────────┬─────────┬─────────┐
  │施  設  名      │収  入     │支  出     │区からの管理   │
  │             │         │         │運営費交付金   │
  ├─────────────┼─────────┼─────────┼─────────┤
  │台東病院         │1,335,004,409円  │1,385,049,297円  │410,757,415円   │
  ├─────────────┼─────────┼─────────┼─────────┤
  │老人保健施設千束     │641,211,791円   │652,962,270円   │113,143,100円   │
  ├─────────────┼─────────┼─────────┼─────────┤
  │計            │1,976,216,200円  │2,038,011,567円  │523,900,515円   │
  └─────────────┴─────────┴─────────┴─────────┘
第2 監査の結果
 同法人は、施設の設置目的、区との協定等に沿って適切に管理運営を行っている。
 また、会計事務処理についても、おおむね良好に行われているものと認められ、特に指摘・指示する事項はない。

            団体名 株式会社 ニッコクトラスト
第1 監査対象の概要
1 法人の概要
 株式会社ニッコクトラストは、昭和16年6月に株式会社として設立され、資本金は9,999万円である。
 本社は千代田区大手町に所在し、官公庁、企業、学校等の食堂や給食を中心に全国約1千箇所の給食施設を受託運営するとともに、全国の青少年教育施設等の管理・運営を行っている。
 指定管理者としては、北区立那須高原学園、荒川区立清里高原少年自然の家、足立区立日光林間学園等の受託実績がある。
2 指定施設等
 同社が台東区において指定管理者として管理している少年自然の家「霧ヶ峰学園」の概要は、次のとおりである。
 (1)施設名等
  ┌──────────┬───────────┬──────┬──────────────┐
  │施設名       │設置条例       │指定期間  │設置目的          │
  ├──────────┼───────────┼──────┼──────────────┤
  │少年自然の家    │東京都台東区立少年自 │平成21年4月│優れた自然環境の中で集団生 │
  │「霧ヶ峰学園」   │然の家条例(昭和58年 │から3年間 │活を通して、心身ともに健全 │
  │          │台東区条例第29号)  │      │な少年の育成を図るとともに │
  │          │           │      │区民の健康増進及び余暇活動 │
  │          │           │      │を促進するため       │
  └──────────┴───────────┴──────┴──────────────┘
 (2)施設概要
  ┌──────────┬───────────────────────────────┐
  │所在地       │長野県諏訪市大字上諏訪字角間沢東13338の100          │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │開設年月      │昭和59年4月                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │建物延面積     │7,236.70?                          │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │施設内容      │管理棟(ホール、事務室、食堂、研修室等)、宿泊棟、第1・第2 │
  │          │体育館、第1・第2・第3運動場、野外炊飯場及びキャンプ場   │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │利用定員      │?宿泊棟 230名(小中学校利用時は266名)           │
  │          │ 一般室24室、ファミリールーム4室              │
  │          │?管理棟  4名                        │
  │          │ バリアフリールーム1室                   │
  │          │?キャンプ場                         │
  │          │ テント場10箇所                       │
  └──────────┴───────────────────────────────┘
3 施設の収支決算状況等(平成21年度)
  収  入          85,943,833円
  支  出          86,149,922円
  区からの管理運営費交付金  69,263,041円
第2 監査の結果
 同社は、施設の設置目的、区との協定等に沿って適切な管理運営を行っている。
 また、会計事務処理についても、おおむね良好に行われているものと認められ、特に指摘・指示する事項はない。

           団体名 特定非営利活動法人 子育て台東
第1 監査対象の概要
1 法人の概要
 子育て台東は、平成18年11月に設立および東京都の認証を受けた、特定非営利活動法人である。
 同法人は、社会教育の推進及び子どもの健全育成に寄与することを目的として、広く子育て世代に対して、子どもの立場に立った子育て支援を行うという理念のもと、子育て支援事業、家庭と連携した保育事業及び0歳から5歳の一貫した教育・保育の運営事業等を実施している。
2 指定施設等
 同法人が台東区において指定管理者として管理している施設は、次のとおりである。
 (1)施設名等
  ┌──────────┬───────────┬──────┬──────────────┐
  │施設名       │設置条例       │指定期間  │設置目的          │
  ├──────────┼───────────┼──────┼──────────────┤
  │ことぶきこども園  │東京都台東区立保育所 │平成21年4月│就学前の子どもに関する教育 │
  │          │条例(昭和36年台東区 │から5年間 │、保育等の総合的な提供   │
  │          │条例第2号)     │      │              │
  │          │東京都台東区認定こど │      │              │
  │          │も園に関する規則(平 │      │              │
  │          │成19年教育委員会規則 │      │              │
  │          │第24号)       │      │              │
  ├──────────┼───────────┤      ├──────────────┤
  │寿子ども家庭支援セ │東京都台東区立子ども │      │子どもと家庭の相談及び指導 │
  │ンター       │家庭支援センター条例 │      │、子育て支援、情報提供等  │
  │          │(平成13年台東区条例 │      │              │
  │          │第5号)       │      │              │
  └──────────┴───────────┴──────┴──────────────┘
 (2)施設概要
   ●ことぶきこども園
  ┌──────────┬───────────────────────────────┐
  │所在地       │寿1−10−9                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │開設年月      │平成21年4月                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │建物延面積     │1,600.20?                          │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │屋外遊戯場     │1,018.97?                          │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │定員        │193名                             │
  └──────────┴───────────────────────────────┘
   ●寿子ども家庭支援センター
  ┌──────────┬───────────────────────────────┐
  │所在地       │寿1−10−10                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │開設年月      │平成21年4月                         │
  ├──────────┼───────────────────────────────┤
  │建物延面積     │592.62?                           │
  └──────────┴───────────────────────────────┘
3 施設の収支決算状況等(平成21年度)
  ┌─────────────┬─────────┬─────────┬─────────┐
  │施  設  名      │収  入     │支  出     │区からの管理   │
  │             │         │         │運営費交付金   │
  ├─────────────┼─────────┼─────────┼─────────┤
  │ことぶきこども園     │198,132,989円   │191,462,700円   │194,166,035円   │
  ├─────────────┼─────────┼─────────┼─────────┤
  │寿子ども家庭支援センター │28,501,947円   │26,542,813円   │28,500,000円   │
  ├─────────────┼─────────┼─────────┼─────────┤
  │計            │226,634,936円   │218,005,513円   │222,666,035円   │
  └─────────────┴─────────┴─────────┴─────────┘
第2 監査の結果
 同法人は、施設の設置目的、区との協定等に沿って適切な管理運営を行っている。
 また、会計事務処理についても、おおむね良好に行われているものと認められ、特に指摘・指示する事項はない。


                                    22台監第51号
                                    平成23年2月23日
台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
                               台東区監査委員
                                   河 原 啓 介
                                   目 ? 平 吉
                                   小 菅 千保子

        平成22年度1月分例月出納検査の結果について(報告)

 地方自治法第235条の2の規定による標記検査の結果は、下記のとおりです。
                    記
1.検査の対象
  平成23年1月末日現在における一般会計、特別会計及び基金(用品調達基金、郵便料金基金、公共料金支払基金及び国民健康保険高額療養費資金貸付基金)ならびに歳入歳出外に属する現金の出納状況
2.検査年月日
  平成23年2月23日(水)
3.検査の結果
 (1)収支の計数について
    「歳入計算表」及び「歳出計算表」のとおり相違ありません。
 (2)現金出納状況及び現金保管状況
    「現金受払表」及び「現金保管状況表」のとおり相違ありません。
 (3)前渡金の処理状況について
    対象部課名…………福祉部介護保険課
    審査の結果、特に過誤を認めなかった。
【平成22年度】                                                                     平成23年1月31日現在
歳  入  計  算  表
                                                                         単位:円(収入率は百分率%)
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │合計      │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算現額    │90,609,265,000 │20,844,000,000 │3,796,000,000  │51,000,000 │11,652,696,000 │50,428,000 │452,771,000 │4,000,003,000  │131,456,163,000 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│調定済額    │72,339,530,270 │20,928,468,071 │3,431,966,058  │44,018,875 │11,044,906,514 │45,066,000 │393,388,200 │0        │108,227,343,988 │
├─────┬──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入済額 │本月│ 5,631,707,840 │1,985,841,259  │203,737,758   │25,520   │1,038,855,472  │6,000    │347,550   │0        │8,860,521,399  │
│     ├──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│     │累計│64,381,204,339 │15,406,536,293 │3,027,336,031  │43,545,042 │9,177,906,405  │45,084,000 │393,735,750 │0        │92,475,347,860 │
├─────┴──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│不納欠損額   │46,310     │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │46,310     │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│還付未済額   │ 0       │0        │0        │0      │0        │0      │0      │0        │0        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入未済額   │ 7,958,279,621 │5,521,931,778  │404,630,027   │473,833   │1,867,000,109  │△18,000  │△347,550  │0        │15,751,949,818 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│対予算増(△)減 │△26,228,060,661│△5,437,463,707 │△768,663,969  │△7,454,958 │△2,474,789,595 │△5,344,000 │△59,035,250│△4,000,003,000 │△38,980,815,140│
├───┬────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│収入率│予算対比│71.1      │73.9      │79.8      │85.4    │78.8      │89.4    │87.0    │0.0       │70.3      │
│   ├────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│   │調定対比│89.0      │73.6      │88.2      │98.9    │83.1      │100.0    │100.1    │―       │85.4      │
└───┴────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┴────────┴────────┘

歳出計算表
                                                                         単位:円(収入率は百分率%)
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │合計      │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算現額    │90,609,265,000 │20,844,000,000 │3,796,000,000  │51,000,000 │11,652,696,000 │50,428,000 │452,771,000 │4,000,003,000  │131,456,163,000 │
├─────┬──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│支出額  │本月│ 6,005,954,724 │1,707,876,189  │313,746,416   │117,301   │919,942,387   │0      │0      │0        │8,947,637,017  │
│     ├──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│     │累計│66,060,272,985 │15,251,025,574 │2,617,618,044  │3,571,872  │8,695,374,061  │22,524,750 │300,621,226 │0        │92,951,008,512 │
├─────┴──┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│予算残額    │24,548,992,015 │5,592,974,426  │1,178,381,956  │47,428,128 │2,957,321,939  │27,903,250 │152,149,774 │4,000,003,000  │38,505,154,488 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│執行率     │72.9      │73.2      │69.0      │7.0     │74.6      │44.7    │66.4    │0.0       │70.7      │
└────────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┴──────┴──────┴────────┴────────┘

現金受払票
                                                                                  単位:円
┌────────┬────────┬────────┬────────┬──────┬────────┬──────┬──────┬────────┬────────┐
│会計      │一般会計    │国民健康保険  │後期高齢者   │老人保健  │介護保険会計  │老人保健  │病院施設会計│用地会計    │雑部分     │
│        │        │事業会計    │医療会計    │医療会計  │        │施設会計  │      │        │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│前月繰越高   │ 193,227,238  │77,335,649   │319,681,645   │40,064,951 │363,529,259   │22,553,250 │92,766,974 │0        │2,104,668,440  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│受入高     │ 500,000,000  │△200,000,000  │200,000,000   │0      │0        │0      │0      │0        │0        │
│        │ 5,631,707,840 │1,985,841,259  │203,737,758   │25,520   │1,038,855,472  │6,000    │347,550   │0        │1,667,254,547  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│支払高     │ 6,005,954,724 │1,707,876,189  │313,746,416   │117,301   │919,942,387   │0      │0      │0        │1,632,617,620  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┼──────┼────────┼────────┤
│残高      │ 318,980,354  │155,300,719   │409,672,987   │39,973,170 │482,442,344   │22,559,250 │93,114,524 │0        │2,139,305,367  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┼──────┴──────┴────────┴────────┘
│区分      │用品調達基金  │郵便料金基金  │公共料金    │国民健康保険│合計      │
│        │        │        │支払基金    │高額療養費資│        │
│        │        │        │        │金貸付基金 │        │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│前月繰越高   │        │        │        │      │3,213,827,406  │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│受入高     │        │        │        │      │500,000,000   │
│        │        │        │        │      ├────────┤
│        │        │        │        │      │10,527,775,946 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│支払高     │        │        │        │      │10,580,254,637 │
├────────┼────────┼────────┼────────┼──────┼────────┤
│残高      │ 0       │0        │0        │0      │3,661,348,715  │
└────────┴────────┴────────┴────────┴──────┴────────┘

現金保管状況表
                     単位:円
┌────┬──────┬──────────┐
│預金内訳│当座預金  │普通預金      │
│    ├──────┼──────────┤
│    │166,672   │2,752,000,000    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │通知預金  │大口定期預金    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │0      │1,000,000,000    │
│    ├──────┼──────────┤
│    │1,000,000  │譲渡性預金     │
│    ├──────┼──────────┤
│    │      │0          │
│    ├──────┼──────────┤
│    │その他   │合計        │
│    ├──────┼──────────┤
│    │0      │3,752,166,672    │
└────┴──────┴──────────┘
                 付      録

●平成23年第1回定例会に提出された陳情
 ┌─────────┬─────────────────────────┬─────────┐
 │番  号     │件     名                  │付託委員会    │
 │         │                         ├─────────┤
 │         │                         │付託月日     │
 ├─────────┼─────────────────────────┼─────────┤
 │陳情22−37  │B型肝炎訴訟の早期全面解決を求める意見書の提出を │保険福祉委員会  │
 │         │                         ├─────────┤
 │         │求める陳情                    │2月4日     │
 ├─────────┼─────────────────────────┼─────────┤
 │陳情23− 1  │議員年金制度廃止と破綻処理に公費負担・税金等の支 │付託せず     │
 │         │援をしないことについての陳情           │         │
 ├─────────┼─────────────────────────┼─────────┤
 │陳情23− 2  │谷中コミュニティセンターの改築にあたって、入浴施 │区民文教委員会  │
 │         │                         ├─────────┤
 │         │設及びトレーニング室、専門的な茶室の設置を求める │2月4日     │
 │         │陳情                       │         │
 ├─────────┼─────────────────────────┼─────────┤
 │陳情23− 3  │台東幼稚園の認定こども園公設民営化反対についての │子 育 て 支 援  │
 │         │陳情                       │特 別 委 員 会  │
 │         │                         ├─────────┤
 │         │                         │2月4日     │
 └─────────┴─────────────────────────┴─────────┘

●一般質問発言通告表(平成23年2月14日)

陳情22−37(写)
   B型肝炎訴訟の早期全面解決を求める意見書の提出を求める陳情
陳情の趣旨
 貴議会において、B型肝炎問題の早期全面解決について、衆参両議院並びに政府(内閣総理大臣・厚生労働大臣・法務大臣)に対し、以下の事項を内容とする意見書を提出していただくよう陳情します。
                    記
 日本では、法律により全ての国民・住民に集団予防接種が実施されていたが、その際の注射器の使い回しによって、数多くのB型肝炎ウイルス感染被害者を生んでいる。
 この問題については、平成18年6月に、最高裁判所が国に法的責任があることを明白に認め、平成21年12月に成立した肝炎対策基本法においては、国自身が、集団予防接種により肝炎ウイルス感染被害者を生んだことの責任を認めている。
 このような状況の中、集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染被害者の救済を求める訴訟が、全国10地方裁判所で係争中である。現在、国は裁判所の勧告に従って和解協議に応じるとしながら、増税論を突如公表したり、最高裁判所で法的因果関係が確定している集団予防接種とB型肝炎被害との因果関係を軽視するなどして、不誠実な対応をとり続け、全面解決を引き延ばしている。提訴後解決を待たずに亡くなった原告はすでに11名を超え、解決まで一刻の猶予も許されない。
 B形肝炎は慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行し、あるいは慢性肝炎を経ずして突然肝がんを発症することもある極めて深刻な病気である。原告のみならず、多くのB型肝炎患者は、今後の病状悪化に対する不安や、多額の治療費の自己負担額、そしていわれなき差別・偏見に苦しみながら日々生活している。
 よって、国におかれては、B型肝炎訴訟の速やかな解決を図るとともにB型肝炎対策を一層推進するため、下記事項に取り組まれるよう強く要望する。
1 集団予防接種による注射器の使い回しによって被害を受けた被害者が原告となったB型肝炎訴訟において、速やかに被害者に謝罪し、被害者全員を救済すること。
2 肝炎患者にとって経済的負担の心配のない医療費助成制度の整備をすすめること。
3 肝炎患者に対する差別・偏見をなくすための正しい知識の啓発活動をすすめること。
陳情の理由
1 我が国には、ウイルス性肝炎患者・キャリアは300万人を超え、この内B型肝炎患者がおよそ120万から140万人もいるといわれています。ウイルス性肝炎はまさに国民病であり、本自治体内でも多くの患者とその家族が苦しんでいます。しかも、その感染原因大半が、全国民・住民が幼少時に法律によって強制的にうけさせられた集団予防接種における注射器の針・筒の不交換、あるいは輸血、血液製剤の投与などの医療行為による感染、すなわち医原性によるものと言われています。
2 このうち、集団予防接種によるB型肝炎被害者が、国を被告として損害賠償を求めた訴訟の最高裁判決が平成18年6月16日に言い渡され、この判決で国の法的責任が確定しました。さらに、平成21年12月に成立した肝炎対策基本法においても、その旨が明文で述べられ、国自身の責任はより一層明確になっています。しかしながら、国は迅速に被害者全員を救済するための施策を採ることを怠り、被害者を放置しました。
  そこで、集団予防接種によるB型肝炎ウイルス感染被害者全員の救済を求めた訴訟が、全国10地方裁判所で提起されました。そして本年3月になって、札幌・福岡両地裁が相次いで和解勧告を行い、本年4月には、大阪地裁も和解による解決を促し、国は和解協議を始めることには応じました。しかしながら、国は増税論を突如公表したり、最高裁判所で法的因果関係が確定している集団予防接種とB型肝炎被害との因果関係を軽視するなどして、不誠実な対応をとり続け、全面解決を引き延ばしています。提訴後解決を待たずに亡くなった原告はすでに11名を超えており、解決まで一刻の猶予も許されません。
3 B型肝炎は、慢性肝炎から肝硬変、肝がんに進行し、あるいは慢性肝炎を経ずして突然肝がんを発症するという極めて深刻な病気です。原告のみならず、多くの肝炎患者は、今後の症状の悪化、治療費の自己負担で将来の大きな不安を感じながら日々生活しています。また、肝炎患者に対するいわれなき差別・偏見にも苦しんでいます。
4 このような事態に鑑みれば、政府は、B型肝炎訴訟において、早急に和解協議の中で被害者全員を救済する和解案を提示し、早期全面解決を実現すべきです。このことが国民の総意であることは、各地の地方議会で既に意見書が採択されていること、及び、全国5大紙を含む多くの新聞社が早期解決を求める社説を発表していることからも明らかです。そして、原告らのみならず、肝炎患者が今後安心して治療を受けることができるように、医療費助成制度の一層の整備と、肝炎患者に対する差別・偏見をなくすために正しい知識の啓発活動をすすめることが、国には強く求められています。
5 以上より、貴議会において、地方自治法第99条の規定により衆参両議院並びに政府(内閣総理大臣・厚生労働大臣・法務大臣)に対し意見書を提出していただくよう陳情します。
                                       以上
  平成22年11月24日

台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
 ―――──――――――――――――――――――――――――――――――――――――─――──
陳情23−1(写)
   議員年金制度廃止と破綻処理に公費負担・税金等の支援をしないことについての陳情
議員年金制度の破綻予測に伴い、平成22年12月に国は、今年6月に地方議員年金を事実上廃止する方向を示した。
議員年金制度の破綻は、市町村合併に於いて、議員の数が平成10年約6万人から平成19年約3万5千人に減少したことに、端を発した。(年金の原則は多数が少数を援助することで成立するが、少数が多数を援助することでは成立しない)地方議員数の大幅な減少により極端な資金不足におちいった。議員年金制度が破綻するのは当然のことである。
今まで私は、議員年金制度は、金額、議員報酬からの掛け金のみで行われていると思っていたが、事実は、議員掛け金と約同等金額を、長年、区が負担(約3,500万円)していることを知った。
一般区民は、国民年金だけ、また国民年金+厚生年金を受給している。しかし、議員は国民年金+厚生年金+議員年金の三本立てで受給することも出来る。
ここで問題なのは、議員年金の議員掛け金の凡そ半分は公費負担であること、三本立てでも受給できること、12年間で受給できることなどで、議員の特権として維持されてきた。議員年金制度破綻の噂が、数年前よりささやかれてきたが、国は今まで対応を先送りしてきた。今後は、公費負担・税金等を一切当てにせず、総て自己責任で解決すべきである。
台東区行政は、今後、議員年金制度の継続、廃止、または破綻処理のため、公費負担・税金等の支援をしないことを望む。
今、国民・区民の多くは経済的に大変な生活を余儀なくされている。これからの次世代を支える若者達の負担を、すこしでも少なくすることが、私達の役割ではないか。
                                        以上
  平成23年1月28日

台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
 ―――──――――――――――――――――――――――――――――――――――――─――──
陳情23−2(写)
   谷中コミュニティセンターの改築にあたって、入浴施設及びトレーニング室、専門的な茶室の設置を求める陳情
 この度は、コミュニティ委員会、各町会長をはじめ、谷中まちづくり協議会等の皆様の声を、台東区及び台東区議会でご理解頂き、いよいよコミュニティセンターの改築が現実のものとなったことに心より感謝申し上げます。谷中の住民として大変うれしく感謝申し上げます。
 ご承知のとおり、歴史的風土100選に選ばれた谷中地域には多くの方々が散策に訪れ賑わいを見せています。こうしたまちは、自然にできたわけではありません。先人の方々のご努力はもちろん、町会の役員の方々、コミュニティ委員会をはじめとした住民のみなさんの谷中を愛する熱い思いがあるからであります。
 谷中コミュニティセンターは、台東区のモデルとして、区民館、老人福祉館、図書館、児童館それぞれの「的」機能を有し、これまで多くの区民の憩いの場、学びの場、ふれあいの場として、文字通りセンター的役割を果たしてきました。
 にも拘らず、現状の改築計画にはこれまであった入浴施設が入っていません。谷中地域では、特に多くの人が集うコミュニティの役割をもつ銭湯が次々となくなり、現在は1ヶ所になってしまいました。高齢化がすすむ中でどうしても必要な施設であります。
 西部区民事務所谷中分室もコミュニティ施設に移転するとのことですが、現在あるトレーニング室も計画にはいっていません。また、谷中では文化的な要求も多く、谷中らしい専門的な茶室の設置も強い要望があります。
 これらの施設を計画から外した理由に財政問題を挙げているようですが、これまで、コミュニティ委員会の管理・運営によって、結果的には毎年1億円以上の経費を縮減してきたのであります。
 以上のとおり、コミュニティに欠かせない、入浴施設、トレーニング室、専門的な茶室を入れた基本計画に見直すよう強く要求するものです。
 是非ともご理解頂き、私達の願いを実現されますようお願いします。
  平成23年2月1日

台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿
 ―――──――――――――――――――――――――――――――――――――――――─――──
陳情23−3(写)
        台東幼稚園の認定こども園公設民営化反対についての陳情
陳情の趣旨
1、台東幼稚園の認定こども園公設民営化の反対。公設公営の幼稚園あるいは、公設公営のこども園であることを望む。
2、台東幼稚園の今後のあり方については、台東幼稚園PTAなどの関係者と慎重に協議の上、検討されることを望む。
理由
 社会の多様化したニーズの中で、待機児童の解消が喫緊の課題となっている今、育児・教育よりも就労支援に重点が置かれ、国をあげてこども園化が進む中、こども達に本当の意味で質の高い保育・教育が提供されるような施策を心から願います。
 幼稚園はこどもの教育の場だけでなく親育ちの場でもあります。親は公立幼稚園という初めてのPTA活動を経験することを通してやがて地域へ戻り力を発揮します。その原点でもある公立幼稚園が民営化されることに反対をします。
  平成23年2月2日

台東区議会議長
   鈴 木   茂 殿

               一般質問発言通告一覧表
                                〔平成23年2月14日〕
1.実 川 利 隆 議員
 (1) 区政のあり方について
 (2) 総合防災力の向上について
 (3) 子どもたちの教育における郷土の優れた文化の活用について

2.成 澤   敬 議員
 (1) 保健・医療の危機管理について
   ?院内感染対策について
   ?蚊の大量発生防止の取り組みについて
   ?区内水辺での鳥インフルエンザ対策について
 (2) 中小企業支援について
   ?支援施策の周知について
   ?販路の拡大・開拓支援について
 (3) 百歳の長寿のお祝いについて

3.小 菅 千保子 議員
 (1) 高齢者のすまいについて
 (2) HTLV−1(ヒトT細胞白血病ウイルス1型)について
 (3) 少子化対策「婚活」について
 (4) 待機児童対策について
 (5) ラジオ体操について
 (6) 携帯やネット被害から子どもたちを守ることについて
 (7) 台東区における自転車安全ルールの向上策について

4.秋 間   洋 議員
 (1) 消費税増税に対する姿勢について
 (2) 中小企業と地域経済対策について
 (3) 地域で孤立する高齢者をなくす対策について
 (4) 認定こども園について

5.堀 越 秀 生 議員
 (1) 区立台東幼稚園の存続を求める

6.高 柳 良 夫 議員
 (1) 区有施設の有効活用について
 (2) 南めぐりんについて
 (3) JR浅草橋駅のバリアフリーについて

7.木 村   肇 議員
 (1) 区長選挙への吉住弘区長の基本姿勢について
 (2) 平成23年度予算について
 (3) 東京メトロ入谷駅について
 (4) 靴産業について

8.和 泉 浩 司 議員
 (1) 財政について
   ?主要財源の減収について
   ?基金繰入金の減額について
   ?歳出予算について
   ?改選後の補正予算の財源について
   ?地方分権について
 (2)   子ども手当について