議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 台東区

平成23年 予算特別委員会−02月10日-01号




平成23年 予算特別委員会

予算特別委員会会議録
(説明会)

1 開会年月日   平成23年2月10日(木)
2 開会場所    議会第3会議室
3 出 席 者   委員長 太 田 雅 久    副委員長 木 下 悦 希
  (17人)   委員  石 川 義 弘    委員   成 澤   敬
          委員  堀 越 秀 生    委員   水 島 道 徳
          委員  河 野 純之佐    委員   池 田 清 江
          委員  橋 詰 高 志    委員   高 柳 良 夫
          委員  実 川 利 隆    委員   清 水 恒一郎
          委員  杉 山 全 良    委員   茂 木 孝 孔
          委員  寺 井 康 芳    委員   木 村   肇
          議長  鈴 木   茂

4 欠 席 者
  (0人)

5 委員外議員
  (0人)

6 出席理事者   企画財政部長                新 井 幸 久
          財政課長                  ? ? 正 治
          総務部長                  岩 ? 政 行
          総務課長                  神 部 忠 夫
          世界遺産登録推進室長          (総務部長 兼務)

7 議会事務局   事務局長      矢 下   薫
          事務局次長     木 村 隆 明
          議事調査係長    行 田 俊 男
          書記        中 村 壽 秀
          書記        浅 見   晃

          午後 1時04分開会
○委員長(太田雅久) ただいまから予算特別委員会を開会いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 本日は、平成23年度東京都台東区各会計予算について、一括して理事者から説明を聴取するとともに、資料要求についてお伺いするため開会させていただきました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 それでは、本日の会議の進め方について申し上げます。
 本日は、理事者から各会計予算の説明を聴取するもので、質問は不明な点のみとし、質疑は行いませんので、よろしくお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、説明の聴取方法について申し上げます。
 初めに、一般会計の歳入全般について説明を聴取した後、質問をお受けいたします。
 次に、一般会計の歳出全般について説明を聴取した後、質問をお受けいたします。
 次に、特別会計について各会計ごとに説明を聴取した後、質問をお受けいたします。
 その後、資料要求についてお伺いいたします。
 以上のように進めたいと思いますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 なお、本日の説明はおおむね1時間を予定しておりますので、理事者におかれましては着席のままでお願いいたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 それでは、一般会計の歳入全般について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 それでは、各会計予算のご説明をさせていただきます。
 まず、平成23年度一般会計予算のご説明をさせていただきます。
 なお、説明は、議決科目でございます項を単位といたしまして、その内訳で大きく増減のあった目を中心にご説明させていただきます。
 平成23年度東京都台東区一般会計予算の3ページをお開きください。
 第5号議案 平成23年度東京都台東区一般会計予算でございます。
 平成23年度東京都台東区の一般会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ878億円と定めます。
 2項 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、4ページから9ページの「第1表 歳入歳出予算」によります。
 第2条 地方自治法第214条の規定により、債務を負担することができる事項、期間及び限度額は、10ページの「第2表 債務負担行為」によります。
 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、50億円と定めます。
 第4条 地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除きます。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間とします。
 それでは、22ページをお開きください。
 歳入でございます。
 1款特別区税、1項特別区民税145億7,454万1,000円でございます。これは個人所得の減による特別区税の減でございます。
 24ページをお開きください。
 2項 軽自動車税5,369万5,000円でございます。これは過去の登録台数実績を参考に推計し、台数の実績見込みによる減でございます。
 次ページをごらんください。
 3項特別区たばこ税31億9,950万5,000円でございます。これは税制改正による増と売り払い本数の減との相殺による増でございます。
 26ページをお開きください。
 4項入湯税219万円で、前年同で計上いたしました。
 28ページをお開きください。
 2款地方譲与税、1項地方揮発油譲与税1億519万8,000円でございます。なお、この地方揮発油譲与税及び2項の自動車重量譲与税、さらに3款利子割交付金から7款自動車取得税交付金までは国または東京都が徴収し、一定の基準に従い区に交付されるものでございまして、東京都の都区財政調整フレームを参考に計上してございます。
 次ページをごらんください。
 2項自動車重量譲与税2億7,721万5,000円でございます。
 30ページをお開きください。3項地方道路譲与税、1,000円でございます。この税は道路特定財源の一般財源化に伴い、1項の地方揮発油譲与税への組み替えとなりましたが、本年度は旧法による収入の可能性が見込まれるため、科目存置で計上したものでございます。
 32ページをお開きください。
 3款利子割交付金、1項利子割交付金2億6,241万5,000円でございます。
 34ページをお開きください。
 4款配当割交付金、1項配当割交付金6,526万6,000円でございます。
 36ページをお開きください。
 5款株式等譲渡所得割交付金、1項株式等譲渡所得割交付金4,292万5,000円でございます。
 38ページをお開きください。
 6款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金31億4,480万2,000円でございます。
 40ページをお開きください。
 7款自動車取得税交付金、1項自動車取得税交付金2億1,364万8,000円でございます。
 なお、2目の旧法による自動車取得税交付金は科目存置でございます。
 42ページをお開きください。
 8款地方特例交付金、1項地方特例交付金2億5,162万6,000円でございます。これは平成22年度交付実績額と同額で計上いたしました。
 44ページをお開きください。
 9款特別区交付金、1項特別区財政調整交付金278億円でございます。1目普通交付金は、都区財政調整の当初フレームの23区全体の交付金総額8,534億円と、本区の平成22年度のシェアを参考に見込額を計上してございます。2目特別交付金は、過去の実績等を考慮して、前年同で計上いたしました。
 46ページをお開きください。
 10款交通安全対策特別交付金、1項交通安全対策特別交付金3,450万円でございます。これは都区財政調整の当初フレームを参考に計上いたしました。
 48ページをお開きください。
 11款分担金及び負担金、1項分担金3,048万1,000円でございます。主な増減は、下段の3目土木費分担金で、項番5番の入谷南公園改造経費に伴う東京都分担金の増によるものでございます。
 続いて、50ページをお開きください。2項負担金8億2,977万5,000円でございます。主な増減は、次ページをごらんください。4目教育費負担金で、項番1番の保育費の実績見込みによる減でございます。
 54ページをお開きください。
 12款使用料及び手数料、1項使用料25億8,088万6,000円でございます。主な増減は、次ページをごらんください。下段の4目文化観光使用料で、恐れ入りますが56ページの5番の浅草文化観光センター駐車場使用料の実績見込みによる増でございます。
 59ページをお開きください。2項手数料6億2,611万4,000円でございます。主な増減は、60ページをお開きください。2目衛生手数料で、下段の項番11番有料ごみ処理券の実績見込みによる減でございます。
 少し飛びまして66ページをお開きください。
 13款国庫支出金、1項国庫負担金189億4,388万8,000円でございます。主な増減は、1目民生費負担金で、次ページ13番の生活保護費の実績見込みによる増でございます。
 69ページをお開きください。
 2項国庫補助金8億6,238万4,000円でございます。主な増減は、72ページをお開きください。4目土木費補助金で、項番1番の社会資本整備総合交付金のうち、浅草文化観光センターの整備に伴う浅草地域まちづくりに対する交付金の増でございます。
 74ページをお開きください。
 3項国庫委託金、3,553万5,000円でございます。主な増減は、1目総務費負担金で、2番の外国人登録事務費の実績見込みによる増でございます。
 76ページをお開きください。
 14款都支出金1項都負担金42億3,365万4,000円でございます。主な増減は、1目民生費負担金で、次ページの14番生活保護費の実績見込みによる増でございます。
 79ページをお開きください。
 2項都補助金11億7,224万6,000円でございます。主な増減は、少し飛びまして、87ページをお開きください。
 7目教育費補助金で、項番2番の子ども家庭支援区市町村包括補助事業費の千束児童館等大規模改修による増でございます。
 89ページをお開きください。
 3項都委託金5億2,646万4,000円でございます。主な増減は、1目総務費委託金で、国税調査費の調査終了による減でございます。
 94ページをお開きください。
 15款財産収入、1項財産運用収入5億2,424万5,000円でございます。主な増減は、次ページをごらんください。2目利子及び配当金で、17款の基金繰入金から各種基金の運用益基金をこの項に組み替えたことによる皆増でございます。
 少し飛びまして、104ページをお開きください。
 2項財産売払収入、150万2,000円でございます。主な増減は、2目物品売払収入で、出版物等の物品売払代金を19款諸収入に組み換えたことによる減でございます。
 106ページをお開きください。16款寄附金、1項寄附金8,042万1,000円でございます。主な増減は、1目一般寄附金で、有限会社共済企画センターからの寄附金の実績見込みによる増でございます。
 108ページをお開きください。
 17款繰入金、1項基金繰入金17億5,900万5,000円でございます。主な増減は、各基金の運用益基金を先ほどご説明いたしました15款の財産収入に組み替えたことによる減でございます。
 111ページをお開きください。
 2項特別会計繰入金1,000円でございます。これは、用地会計繰入金で科目存置でございます。
 114ページをお開きください。
 18款繰越金、1項繰越金10億円でございます。平成22年度歳計剰余金見込み額を前年同で計上いたしております。
 116ページをお開きください。
 19款諸収入、1項延滞金、加算金及び過料2,300万2,000円でございます。主な増減は、1目延滞金で、特別区税納付遅延分に対する延滞金の実績見込みによる増でございます。
 次ページをごらんください。
 2項特別区預金利子92万1,000円でございます。これは実績見込みによる減でございます。
 118ページをお開きください。3項貸付金元利収入38億2,462万円でございます。主な増減は、120ページをお開きください。9目社会福祉法人貸付金元金収入で、社会福祉法人貸付金返還金の実績見込みによる減でございます。
 続きまして、次ページをごらんください。
 4項受託事業収入2億2,491万1,000円でございます。主な増減は、2目土木費受託収入で、掘さく道路復旧費収入の実績見込みによる減でございます。
 122ページをお開きください。
 5項収益事業収入1,000円でございます。これは競馬組合配分金で、科目存置でございます。
 続いて、次ページをごらんください。
 6項介護サービス収入、こちらも科目存置でございます。
 124ページをお開きください。
 7項障害福祉サービス収入5,910万1,000円でございます。松が谷福祉会館における児童デイサービスの受け入れ枠拡充による増でございます。
 次ページをごらんください。
 8項雑入4億3,331万5,000円でございます。主な増減は、126ページをお開きください。7目雑入で、130ページになりますが、そちらの33番雑入の資源回収品売払代金の実績見込みによる増でございます。
 歳入予算の説明は以上でございます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 次に、一般会計の歳出全般について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 続きまして、歳出予算でございます。
 132ページをお開きください。
 歳出でございます。
 1款議会費、1項議会費5億9,728万円でございます。主な増減は、1目議会費で、区議会議員の減員数の増でございます。
 136ページをお開きください。
 2款総務費、1項総務管理費71億5,208万5,000円でございます。主な増減は、まず、1目一般管理費で、次ページ2番(7)の庁舎老朽化対策の工事着手による増でございます。
 次に、少し飛びまして148ページをお開きください。
 7目防災対策費で、項番1番の災害対策本部機能の充実で、防災行政無線デジタル化整備工事の終了による減でございます。
 飛びまして、160ページをお開きください。
 2項徴税費、4億2,132万5,000円でございます。主な増減は、162ページをお開きください。2目賦課徴収費で、項番2番の住民税課税事務の国税連携に伴うシステム改修費等の減でございます。
 次ページをごらんください。
 3項戸籍及び住民基本台帳費5億2,399万9,000円でございます。主な増減は、1目戸籍住民基本台帳総務費で、職員数の減による職員費の減でございます。
 167ページをお開きください。
 4項選挙費1億6,575万2,000円でございます。主な増減は、169ページをお開きください。3目選挙執行費で、昨年実施された参議院議員選挙の経費と23年度に行われます区長及び区議会議員選挙に要する経費の相殺による増でございます。
 170ページをお開きください。
 5項統計調査費3,675万6,000円でございます。主な増減は、172ページをお開きください。国勢調査費で、調査終了による廃目でございます。
 次ページをごらんください。
 6項区民施設費で、6億8万4,000円でございます。主な増減は、少し飛びまして178ページをお開きください。区民施設等建設費で、いきいきプラザ割賦金の終了及び北部区民事務所(馬道区民館併設)建設の改築工事の終了による廃目での減でございます。
 次ページをごらんください。
 7項監査委員費7,011万9,000円でございます。これは職員構成の変化等による職員費の減でございます。
 182ページをお開きください。
 3款民生費、1項社会福祉費84億8,902万2,000円でございます。主な増減は、少し飛びまして197ページをお開きください。社会福祉施設整備費で、小規模特別養護老人ホーム、身体障害者生活ホームの整備終了による廃目での減でございます。
 198ページをお開きください。
 2項児童福祉45億1,397万1,000円でございます。主な増減は、1目児童福祉総務費で、次ページ、4番の子ども手当の支給月数の平年度化による増でございます。
 204ページをお開きください。
 3項生活保護費204億3,842万5,000円でございます。主な増減は、次ページをごらんください。2目扶助費で、被保護世帯数の実績見込み等による増でございます。
 続きまして、207ページをお開きください。
 4項国民年金費6,562万円でございます。主な増減は、1目年金総務費で、期末・勤勉手当支給額等の減による職員費の減でございます。
 209ページをお開きください。
 5項災害救助費、1万5,000円で、科目存置でございます。
 212ページをお開きください。
 4款衛生費、1項衛生管理費10億5,753万円でございます。主な増減は、1目衛生総務費で、中核病院の産科・小児科充実支援の事業終了による減でございます。
 少し飛びまして、218ページをお開きください。
 2項保健所費9億243万3,000円でございます。これは、1番の職員数の減による職員費の減でございます。
 220ページをお開きください。
 3項公衆衛生費13億8,348万6,000円でございます。主な増減は、次ページをごらんください。2目予防費で、222ページ、4番(6)ヒブワクチン・小児肺炎球菌ワクチン接種費及び(7)子宮頸がん予防ワクチン接種費の全額助成による増でございます。
 230ページをお開きください。
 4項環境衛生費2億3,236万4,000円でございます。主な増減は、232ページをお開きください。3目環境保全費で、22年度に計上した、緑の実態調査の終了による減でございます。
 237ページをお開きください。
 清掃費37億52万1,000円でございます。主な増減は、1目清掃総務費で、238ページ、3番(1)清掃総務運営の東京二十三区清掃一部事務組合分担金の実績見込みによる減でございます。
 242ページをお開きください。
 5款文化観光費、1項文化費8億6,013万6,000円でございます。主な増減は、次ページをごらんください。2目文化行政費で、1番の台東区芸術文化財団運営の派遣職員の人件費を、前ページの1目文化総務費の職員費へ組み替えを行なったことによる減でございます。
 247ページをごらんください。
 2項観光費14億7,812万2,000円でございます。主な増減は、252ページをお開きください。3目観光施設整備費で、浅草文化観光センターの工事進捗等による整備費の増でございます。
 254ページをお開きください。
 6款産業経済費、1項産業経済費54億542万7,000円でございます。主な増減は、256ページをお開きください。2目産業振興費で、恐れ入りますが259ページになりますが、8番の中小企業融資の利子補給の実績見込みによる減でございます。
 264ページをお開きください。
 7款土木費1項土木管理費9億964万4,000円でございます。主な減は、22年度に計上いたしました、(仮称)浅草橋1丁目自転車駐車場等整備の事業終了による減でございます。
 266ページをお開きください。
 2項道路橋りょう費19億2,149万4,000円でございます。主な増減は、270ページをお開きください。4目街路照明費で、22年度に計上した、明るいまち整備の事業終了による減でございます。
 273ページをお開きください。
 3項河川費166万円でございます。これは、項番3の防災船着場維持管理の新規計上による増でございます。
 274ページをお開きください。
 4項公園費7億4,968万8,000円でございます。主な増減は、277ページをお開きください。3目公園・児童遊園新設改良費で、1番の緑と水辺を活かす隅田公園づくり(園地整備)の事業進捗による増でございます。
 278ページをお開きください。
 5項建築費3億2,135万2,000円でございます。主な増減は、次ページをご覧ください。7番の狭あい道路拡幅整備の実績見込みによる減でございます。
 280ページをお開きください。
 6項都市整備費7億9,140万6,000円でございます。主な増減は、1目都市整備総務費で、22年度に計上した、新防災船着場整備の工事終了による減でございます。
 284ページをお開きください。
 7項住宅費13億4,431万4,000円でございます。これは、次ページ11番の従前居住者用住宅の新規計上による増でございます。
 288ページをお開きください。
 8款教育費、1項教育総務費13億9,742万6,000円でございます。主な増減は、次ページをご覧ください。2目事務局費で、290ページ、項番3番の学校(園)非常勤職員の採用予定者数の減による減でございます。
 297ページをお開きください。
 2項小学校費18億817万2,000円でございます。
 主な増減は、300ページをお開きください。2目教育振興費で、1番の要保護・準要保護就学援助の被認定者数の実績見込みによる増でございます。
 303ページをお開きください。
 中学校費8億4,915万9,000円でございます。主な増減は、1目学校管理費で、304ページ、項番2番の(3)の学校施設管理の光熱水費及びエアコンリース料の減でございます。
 309ページをお開きください。
 4項校外施設費7,684万2,000円でございます。これは、少年自然の家運動場給水設備改修工事の終了による減でございます。
 310ページをお開きください。
 5項幼稚園費7億6,615万3,000円でございます。主な増減は、1目幼稚園総務費で、1番の職員数の減による職員費の減でございます。
 314ページをお開きください。
 6項児童保育費47億4,272万5,000円でございます。主な増減は、316ページをお開きください。2目保育所管理費で、次ページ、項番6番の千束保育園大規模改修の実施による増でございます。
 320ページをお開きください。
 7項こども園費4億6,967万5,000円でございます。主な増減は、1目こども園総務費で、1番の、職員構成の変化による職員費の減でございます。
 323ページをお開きください。
 8項社会教育費15億7,904万円でございます。主な増減は、328ページをお開きください。2目図書館費で、1番(2)の図書館情報システム更新終了による減でございます。
 333ページをお開きください。
 9項社会体育費5億1,725万8,000円でございます。主な増減は、335ページをお開きください。2目体育施設費で、1番(5)リバーサイドスポーツセンター施設の少年野球場グラウンド拡張等整備の実施による増でございます。
 338ページをお開きください。
 9款諸支出金、1項普通財産取得費は、科目存置でございます。
 次ページをご覧ください。
 2項公債費44億4,033万5,000円でございます。主な増減は、340ページをお開きください。2目区債償還金及び利子で、平成12年度、平成17年度発行分の元利償還の一部終了等による減でございます。
 342ページをお開きください。
 3項小切手支払未済償還金は、科目存置でございます。
 次ページをご覧ください。
 4項特別会計繰出金66億1,953万3,000円でございます。主な増減は、1目国民健康保険事業会計繰出金で、国庫支出金等の実績見込みの増による繰出金の減でございます。
 少し飛びまして、350ページをお開きください。
 5項財政調整基金積立金3,761万3,000円でございます。これは、基金運用益金の増でございます。
 次ページをご覧ください。
 6項減債基金積立金2億1,203万7,000円でございます。これは、満期一括償還分積立の減でございます。
 354ページをお開きください。
 10款予備費、1項予備費1億5,000万円でございます。これは、前年同で計上しております。
 以上、平成23年度東京都台東区一般会計予算のご説明をさせていただきました。よろしくご審議のうえ、可決賜りますようお願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、国民健康保険事業会計について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 それでは、引き続きまして、特別会計予算のご説明をさせていただきます。
 なお、説明につきましては、款を単位として、主なものを中心にご説明させていただきたいと存じますので、よろしくお願い申し上げます。
 こちらの別冊子の平成23年度東京都台東区各特別会計予算の3ページをお開きください。
 はじめに、第6号議案 平成23年度東京都台東区国民健康保険事業会計予算のご説明をさせていただきます。
 平成23年度東京都台東区の国民健康保険事業会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ216億4,700万円と定めます。
 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、4ページから7ページの、「第1表 歳入歳出予算」によります。
 第2条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、5,000万円と定めます。
 第3条 地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、各項に計上した給料、職員手当等及び共済費(賃金に係る共済費を除きます。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間とします。
 それでは、18ページをお開きください。歳入でございます。
 主な増減は、まず、1款国民健康保険料57億5,972万8,000円でございます。これは、保険料率の改定等による増でございます。
 飛びまして、32ページをお開きください。
 4款国庫支出金51億4,320万4,000円でございます。これは、一般被保険者に対する療養諸費の実績見込みなどによる、1目の療養給付費等負担金の増でございます。
 38ページをお開きください。
 6款前期高齢者交付金21億5,183万6,000円でございます。これは、実績見込みに基づく交付金見込額の減でございます。
 40ページをお開きください。
 7款都支出金10億3,674万7,000円でございます。主な増減は、次ページをご覧ください。2目財政調整交付金で、実績見込みによる保険給付費及び介護納付金等に対する交付金の増でございます。
 44ページをお開きください。
 8款共同事業交付金29億4,972万7,000円でございます。これは、実績見込みによる、2目保険財政共同安定化事業交付金の増でございます。
 48ページをお開きください。
 10款繰入金34億5,516万4,000円でございます。これは、国庫支出金などの歳入の増に伴う、5番のその他一般会計繰入金の減でございます。
 歳入の説明は以上でございます。
 続きまして、歳出でございます。
 60ページをお開きください。
 1款総務費4億5,995万6,000円でございます。主な増減は、64ページをお開きください。1番の期末・勤勉手当支給額等の減による職員費の減でございます。
 68ページをお開きください。
 2款保険給付費139億9,605万円でございます。主な増減は、実績見込みに基づく一般被保険者療養給付費の増でございます。
 少し飛びまして、84ページをお開きください。
 3款後期高齢者支援金等29億6,612万5,000円でございます。これは、実績見込みによる後期高齢者支援金の増でございます。
 92ページをお開きください。
 5款老人保健拠出金260万9,000円でございます。次ページをご覧ください。主な増減は、老人保健医療費拠出金の減でございます。
 96ページをお開きください。
 6款介護納付金13億3,965万7,000円でございます。これは、実績見込みによる介護納付金の増でございます。
 98ページをお開きください。
 7款共同事業拠出金22億2,838万9,000円でございます。
 主な増減は、101ページをお開きください。4目保険財政共同安定化事業医療費拠出金の実績見込みによる増でございます。
 104ページをお開きください。
 8款保健事業費1億9,433万円でございます。主な増減は、実績見込みによる、特定健康診査等事業費の減でございます。
 以上、平成23年度東京都台東区国民健康保険事業会計予算のご説明をさせていただきました。よろしくご審議のうえ、可決賜りますよう、お願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、後期高齢者医療会計について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 それでは、続きまして、平成23年度東京都台東区後期高齢者医療会計予算についてご説明させていただきます。
 125ページをお開きください。
 第7号議案 平成23年度東京都台東区後期高齢者医療会計予算でございます。
 平成23年度東京都台東区の後期高齢者医療会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ38億2,100万円と定めます。
 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、126ページから127ページの、「第1表 歳入歳出予算」によります。
 それでは、136ページをお開きください。歳入でございます。
 主な増減は、まず、1款後期高齢者医療保険料18億1,908万3,000円でございます。これは、実績見込みによる特別徴収保険料の増でございます。
 142ページをお開きください。
 3款繰入金18億9,951万1,000円でございます。主な増減は、7番の職員給与費等繰入金の期末・勤勉手当支給額等の減でございます。
 146ページをお開きください。
 5款諸収入1億239万6,000円でございます。
 主な増減は、149ページをお開きください。広域連合からの葬祭費受託事業収入の減でございます。
 歳入の説明は以上でございます。
 続きまして、歳出でございます。
 152ページをお開きください。
 1款総務費1億4,438万8,000円でございます。主な増減は、1番の職員費の期末・勤勉手当支給額等の減でございます。
 156ページをお開きください。
 2款広域連合納付金34億6,399万7,000円でございます。主な増減は、療養給付費負担金、保険料負担金の増でございます。
 160ページをお開きください。
 4款保険給付費8,404万1,000円でございます。これは、実績見込みによる葬祭費の減でございます。
 以上、平成23年度東京都台東区後期高齢者医療会計予算のご説明をさせていただきました。
 よろしくご審議のうえ、可決賜りますよう、お願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、介護保険会計について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 続きまして、平成23年度東京都台東区介護保険会計予算についてご説明させていただきます。
 177ページをお開きください。
 第8号議案 平成23年度東京都台東区介護保険会計予算でございます。
 平成23年度東京都台東区の介護保険会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ121億1,800万円と定めます。
 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、178ページから180ページの「第1表 歳入歳出予算」によります。
 第2条地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間とします。
 それでは、190ページをお開きください。
 歳入の主なものにつきましては、まず、1款介護保険料20億6,049万2,000円でございます。これは、第1号被保険者数の増による増でございます。
 196ページをお開きください。
 3款国庫支出金26億4,016万2,000円でございます。これは、実績見込みによる介護給付費負担金の増でございます。
 202ページをお開きください。
 5款都支出金17億4,623万6,000円でございます。これも、実績見込みによる介護給付費負担金の増でございます。
 206ページをお開きください。
 6款財産収入307万6,000円でございます。これは、平成22年度まで、7款繰入金に計上しておりました基金運用益金を新たに組み替えたことによる、款の新設でございます。
 208ページをお開きください。
 7款繰入金22億2,109万1,000円でございます。主な増減は、次ページをご覧ください。1目介護給付費準備基金繰入金の積立金とりくずしによる増でございます。
 歳入の説明は以上でございます。
 続いて歳出でございます。
 218ページをお開きください。
 歳出の主なものは、まず、1款総務費4億1,179万9,000円でございます。主な増減は、1番の期末・勤勉手当支給額等の減による職員費の減でございます。
 226ページをお開きください。
 2款保険給付費114億375万5,000円でございます。
 主な増減は、228ページをお開きください。3目施設介護サービス給付費の実績見込みによる増でございます。
 以上、平成23年度東京都台東区介護保険会計予算のご説明をさせていただきました。よろしくご審議のうえ、可決賜りますよう、お願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、老人保健施設会計について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 平成23年度東京都台東区老人保健施設会計予算についてご説明させていただきます。
 269ページをお開きください。
 第9号議案 平成23年度東京都台東区老人保健施設会計予算でございます。
 平成23年度東京都台東区の老人保健施設会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ5,042万8,000円と定めます。
 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、270ページの「第1表 歳入歳出予算」によります。
 それでは、280ページをお開きください。
 歳入の主なものは、2款繰入金5,006万6,000円でございます。これは、特別区債の償還等に対する繰入金を計上してございます。
 歳入は以上でございます。
 続きまして歳出でございます。
 286ページをお開きください。歳出でございます。
 1款施設管理費37万8,000円でございます。これは、老人保健施設千束の指定管理料を計上しております。
 288ページをお開きください。
 2款諸支出金4,505万円でございます。
 老人保健施設千束の整備にかかる特別区債の利子を計上いたしました。
 以上、平成23年度東京都台東区老人保健施設会計予算の説明をさせていただきました。
 よろしくご審議のうえ、可決賜りますよう、お願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、病院施設会計について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 平成23年度東京都台東区病院施設会計予算についてご説明いたします。
 297ページをお開きください。
 第10号議案 平成23年度東京都台東区病院施設会計予算でございます。
 平成23年度東京都台東区の病院施設会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ3億5,254万7,000円と定めます。
 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、298ページの「第1表 歳入歳出予算」によります。
 それでは、308ページをお開きください。
 歳入の主なものは、まず、2款都支出金1億71万5,000円でございます。台東病院整備の特別区債の償還に対する都補助金の交付額でございます。
 310ページをお開きください。
 3款繰入金2億4,353万9,000円でございます。これは、台東病院の指定管理料の減による減でございます。
 歳入は以上でございます。
 続きまして歳出でございます。
 314ページをお開きください。
 歳出の主な増減は、1款施設管理費1億1,611万2,000円でございます。これは、指定管理料の減による減でございます。
 316ページをお開きください。
 2款諸支出金2億643万5,000円でございます。台東病院の整備にかかる区債償還金及び利子を計上いたしました。
 以上、平成23年度東京都台東区病院施設会計予算のご説明をさせていただきました。よろしくご審議のうえ、可決賜りますようお願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、用地会計について説明を求めます。
 財政課長。
◎??正治 財政課長 続きまして、平成23年度東京都台東区用地会計予算についてご説明させていただきます。
 325ページをお開きください。
 第11号議案 平成23年度東京都台東区用地会計予算でございます。
 平成23年度東京都台東区の用地会計の予算は、次に定めるところによります。
 第1条 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ40億3,000円と定めます。
 2 歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、326ページの「第1表 歳入歳出予算」によります。
 第2条 地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる特別区債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、327ページの「第2表 特別区債」によります。
 第3条 地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借入れの最高額は、40億円と定めます。
 それでは、342ページをお開きください。
 歳入の主なものは、4款特別区債40億円でございます。これは、公共用地先行取得に対する起債予定額を計上してございます。
 歳入は以上でございます。
 続きまして歳出でございます。
 344ページをお開きください。
 歳出の主なものは、1款用地費40億円でございます。これは、公共用地先行取得に要する経費を計上してございます。
 以上、平成23年度東京都台東区用地会計予算のご説明をさせていただきました。よろしくご審議のうえ、可決賜りますよう、お願い申し上げます。
○委員長 ただいまの説明についてご質問がありましたらどうぞ。
          (「なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 以上で、各会計予算の説明を終わります。
 理事者におかれましては、長時間にわたりご説明をいただき、ありがとうございました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、資料要求について申し上げます。
 各会派より要求のありました資料項目については、お手元に配付の資料要求項目一覧表のとおりとなっております。
 本件については、一覧表に基づき、理事者に資料要求いたしたいと思いますがいかがでしょうか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 ご異議ありませんので、そのように決定いたしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 それでは、理事者におかれましては、ただいま決定した資料要求項目について、よくご検討いただき、可能なものについては、次回の委員会までにご用意いただきますようお願い申し上げます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 本日の予定は以上で終了いたしました。
 次回の委員会は、25日、金曜日、午前10時から開会いたしますので、よろしくお願いいたします。
 これをもちまして、予算特別委員会を閉会いたします。
          午後 1時55分閉会