議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 台東区

平成22年11月企画総務委員会−11月30日-01号




平成22年11月企画総務委員会

企画総務委員会会議録

1 開会年月日   平成22年11月30日(火)
2 開会場所    議会第3会議室
3 出 席 者   委員長 田 口 治 喜    副委員長 成 澤   敬
  (8人)    委員  石 塚   猛    委員   堀 越 秀 生
          委員  和 泉 浩 司    委員   橋 詰 高 志
          委員  木 下 悦 希    委員   杉 山 全 良

4 欠 席 者
  (0人)

5 委員外議員
  (0人)

6 出席理事者   区長                    吉 住   弘
          副区長                   神 子 雅 行
          総務部長                  岩 ? 政 行
          総務課長                  神 部 忠 夫
          人事課長                  加 藤 克 典

7 議会事務局   事務局長      矢 下   薫
          議会担当係長    曲 山 裕 通
          書記        松 浦 和 子

8 案件
 ◎審議調査事項
  案件第1 第69号議案 東京都台東区長等の給料等に関する条例の一部を改正する条例
  案件第2 第70号議案 東京都台東区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例の一部を改正する条例
  案件第3 第71号議案 東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
  案件第4 第72号議案 東京都台東区議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例
 ◎理事者報告事項
【総務部】
  1 台東区長等及び議員の期末手当の改正について………………………資料1 総務課長
  2 平成22年 特別区人事委員会勧告等について………………………資料2 人事課長
          午後2時10分開会
○委員長(田口治喜) ただいまから、企画総務委員会を開会いたします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 初めに、区長からあいさつがあります。
◎吉住弘 区長 どうぞよろしくお願いします。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 本日は卓上マイクのスイッチを必ず押してからご発言願います。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、傍聴についておはかりいたします。
 本日提出される傍聴願いについては、許可いたしたいと思いますが、いかがでしょうか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 ご異議ありませんので、そのように決定いたしました。
 それでは、審議に入らせていただきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 案件第1、第69号議案 東京都台東区長等の給料等に関する条例の一部を改正する条例から案件第4、第72号議案 東京都台東区議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例までの4議案はいずれも関連する案件でありますので、一括して議題といたします。
 本案は、理事者報告事項の台東区長等及び議員の期末手当の改正について、及び平成22年 特別区人事委員会勧告等についてと関連いたしますので、説明と一括して報告を聴取し、審議を行いたいと思いますが、いかがでしょうか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 ご異議ありませんので、そのように決定いたしました。
 それでは、第69号議案から第72号議案までの4議案及び報告事項について、理事者の説明を求めます。
 人事課長、お願いします。
◎加藤克典 人事課長 それでは、報告事項の平成22年 特別区人事委員会勧告等について、及び第71号議案、東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてご説明申し上げます。
 まず、はじめに、平成22年 特別区人事委員会勧告等について、ご報告させていただきます。
 勧告は10月12日に区長及び議長あてに出されております。それでは、お手元の資料2をご覧ください。
 まず、項番1.給与の改定についてでございます。民間給与との格差解消のため、1,259円(0.3%)給料月額を引き下げるとしております。
 次に、項番2.地域手当につきましては、平成18年の特別区人事委員会の勧告により、国に準じて平成22年度までに段階的に18%まで引き上げることになっておりました。今回の改正で支給割合を1%引き上げ、本則どおり18%となります。なお、この地域手当の引き上げに伴い、同率程度の給料月額を引き下げるとしており、給料月額は1.給与の改定のマイナス0.3%とあわせて、約1.2%の引き下げとなります。
 次に、項番3.期末・勤勉手当でございます。年間の支給月数を0.2月引き下げ、3.95月とするとしております。なお、平成22年4月から改定の実施前日までの期間にかかる公民格差相当分については、本年度中に支給される期末手当の額において所要の調整を行うことが適当であるとしております。
 この特別区人事委員会の勧告を受け、区長会では勧告どおりに実施することとし、鋭意、職員団体等と交渉を行い、去る11月18日の深夜に妥結したところでございます。
 最後に、資料には記載してございませんが、その他の主な勧告における意見についてでございます。
 超過勤務手当の支給割合等についてでございますが、国の動向を踏まえ、日曜日またはこれに相当する日の勤務の時間について、月60時間の超過勤務時間の積算基礎に含めることが適当としておりますので、この点につきましては、平成23年の第1回定例会に必要な条例改正をお願いしたいと考えております。
 以上で、平成22年 特別区人事委員会勧告等についてのご報告を終わらせていただきます。
 続きまして、第71号議案、東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、ご説明申し上げます。お手元の資料は、一部を改正する条例と給与条例の新旧対照表となっておりますが、今回の改正内容は複雑な点がございますので、報告資料2のほうでご説明させていただきますのでよろしくお願いいたします。
 資料2の項番4.台東区職員の給与に関する条例の一部改正条例の内容でございますが、今回の条例は、第1条と第2条及び付則で構成されております。(1)改正条例の第1条は、平成22年度支給の期末手当・勤勉手当の支給月数の改正等を規定しておりまして、?第21条関係で期末手当、?第21条の4関係で勤勉手当について、今年の12月と来年の3月支給分から先ほどご報告しました0.2月を引き下げて支給するための改正でございます。
 なお、この期末手当と勤勉手当は12月支給に間に合わせるため、本日可決賜りますれば、直ちに公布するものでございます。
 ?付則第11項関係は地域手当の本則化に伴い削除し、?付則第12項関係は、昨年度6月期の期末・勤勉手当の支給に限定したところであるため削除いたします。
 施行日は資料記載のとおりでございます。
 裏面をご覧ください。
 ?別表第1、2及び別表第4、5関係は給料表の改定を行うものでございます。
 次に(2)第2条は、平成23年度以降支給の期末手当・勤勉手当の支給月数を改正するもので、施行日は平成23年4月1日でございます。この期末手当と勤勉手当の具体的な期別の支給月数は、資料の下段の表のとおりでございます。いずれも現行の4.15月から3.95月に0.2月分削減するものでございます。なお、再任用職員につきましては、2.20月から2.10月へ0.1月分の削減となっております。
 次に(3)付則についてでございますが、改正条例の付則第1項は、各改正規定の施行日を定めるものでございます。第2項から第5項までの規定は施行日前の異動者の号級の調整を定めるものでございます。第6項は人事委員会に施行のために必要な事項の規定を委任するものでございます。
 以上で、東京都台東区職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてのご説明をさせていただきました。よろしくご審議の上、可決賜りますようよろしくお願い申し上げます。
 以上です。
○委員長 総務課長。
◎神部忠夫 総務課長 続きまして、第69号議案、東京都台東区長等の給料等に関する条例の一部を改正する条例、第70号議案、東京都台東区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例の一部を改正する条例、第72号議案 東京都台東区議会議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。
 それではまず、報告案件の台東区長等及び議員の期末手当の改正についてからご説明いたします。資料1をごらんください。
 まず、項番1、改正の趣旨でございますが、先ほど人事課長から報告のあった特別区人事委員会の勧告及び台東区特別職議員報酬及び給料審議会の意見を踏まえ、区長・副区長・教育長・議員の期末手当の年間支給月数を3.35月から3.20月へ0.15月引き下げるものでございます。
 次に、項番2、改正の内容でございますが、第1条は、平成22年12月支給の期末手当支給月数の改正についてでございます。これは、平成22年12月支給の期末手当を0.1月引き下げ、1.40月に、平成23年3月支給の期末手当を0.05月引き下げ0.30月に改正するもので、本日可決賜れば直ちに公布するものでございます。
 次に、第2条は平成23年度以降支給の期末手当支給月数の改正についてでございます。
 これは、現行の6月支給の期末手当を0.05月引き下げ、12月支給の期末手当を0.05月引き上げ、それぞれ1.45月に改め、年間の支給月数を3.20月とするもので、施行は平成23年4月1日でございます。
 以上が報告案件のご説明でございます。
 次に、第69号議案、第70号議案、第72号議案につきましては、ただいまご説明した内容の条例改正でございます。改正内容につきましては、それぞれの新旧対照表のとおりでございます。
 よろしくご審議のうえ、いずれの議案も可決賜りますよう、お願いいたします。
 以上でございます。
○委員長 それでは、本案についてご審議願います。
 橋詰委員。
◆橋詰高志 委員 今回の条例改正のもとになっているのが人事委員会勧告ということで、公民格差ということで、民間の給与ベースが下がっているということが基本になっているということですが、私は人事委員会の勧告ではあるんですけれども、とりわけ公務員の職員の皆さんの仕事の内容とか、それはまったく民間の利益追求のそういう職場とは違うわけですし、ましてや公務員の職員さんが、特にこの台東区の場合もずっとこの間職員の数が減らされてきている中で区民のために一生懸命仕事をされている方ばっかりだというふうに思います。そういう中で、仕事に対して情熱というか、いかにやる気を持ってやるかという点では、私は特にこの職員の部分の給与の改定というのは非常に納得がいかないというふうに思います。
 ちょっと伺いますが、一般職員の場合、定期昇給とかというのはもう全然、ここ10年くらいないんですよね。
○委員長 人事課長。
◎加藤克典 人事課長 いわゆるベースアップということだと思うんですけれども、本給を上げるというのは確かにそういう形で去年も今年も引き下げておりますのでそういうことはありません。ただ勤続年数に応じて1年やれば勤務成績が良好であれば昇給というのはありますので、そういう形での昇給ということで給料が上がるという形はございます。
○委員長 橋詰委員。
◆橋詰高志 委員 それと、職員の人が上に上がるというと言葉が変ですけど、級を上げるということで係長になるとか、上級を目指して頑張るという中で、こういう給料の削減という中で職員の皆さんが本当に、例えば係長試験に挑戦しようとかという部分が非常に低下してきているというのがこの間、決算特別委員会の審議の中でもやられてきているし、それから自治体によっては昇格の予定者の数が出るんですけれども、それに対して受験をする、昇格の係長試験とかにチャレンジする人がそれにも及ばないというような自治体もあるということでは、私はどう仕事にやる気を持っていくかという点で、確かにこういうふうに一般職員の給料が減らされていくという中では、この改定は非常に、これからもさらに職員の皆さんの――頑張ってはいるんですけれども現実はこうなるというのは職場でのやる気をどう作っていくかという点で非常に問題だと思いますので、私は職員の給与に関する条例の改正については、納得いかないということでこれは反対をいたします。その他については、反対はいたしません。
○委員長 木下委員。
◆木下悦希 委員 ちょっと実態を聞いておきたいんですけど。職員給与が改正されてずっとここのところ右肩下がりということになっている。例えば台東区の職員の中で、住宅ローンとかいろいろ長期的に抱えてますよね。そういうような部分で今、影響というのはあるのですか。
○委員長 人事課長。
◎加藤克典 人事課長 基本的に給料、また期末手当については厳しい情況ですけれども、それによってそういうローンとか負債について支払えないというケースは特に人事課の方ではそういう事実についてはございません。
○委員長 木下委員。
◆木下悦希 委員 その辺は人事委員会勧告のときに論議されているのですか。
○委員長 人事課長。
◎加藤克典 人事課長 基本的に、ローンとかの反映は難しいのですけれども、その辺の生活実態、そういうのは人事委員会の方で把握している。例えば住居費とかそういう点での把握は人事委員会で行っているということでございます。
○委員長 木下委員。
◆木下悦希 委員 たしかに、前は大企業ならびで公務員の給料を平均年収みたいなものでやっていたのを中小企業まで下げて、その基本給料が違うということで今下がっているという現状があることは致し方ないことだなと思っていますけれども、やはりどこかで、働いていれば皆さん計画を持って生活をしているのでしょうから、そこら辺のことも含めて論議してほしいなということだけは言っておきたいと思ったので発言させていただきました。
○委員長 和泉委員。
◆和泉浩司 委員 人事委員会勧告で外堀も内堀も埋めた後の審議ですから、当然賛成をせざるを得ない、まあ賛成でしょうというところなんですが。
 1点だけお伺いをしておきたいんですが、隣で今審議している部分も含めて、今回の改正によって22年度の人件費、執行残といいますか、当初予算からどこまで、総額で大体どのくらい減額できるかというのは出ていますか。
○委員長 人事課長。
◎加藤克典 人事課長 1人当たりの平均しました削減額は約10万8,000円となってございまして、区全体では約1億8,800万円程度を削減できると見込んでございます。
○委員長 和泉委員。
◆和泉浩司 委員 それは議会も何も全部含めて2億円弱ということですか。
○委員長 人事課長。
◎加藤克典 人事課長 基本的に人事課で把握しているのは、職員の、一般職員プラス……の給与でございます。
○委員長 和泉委員。
◆和泉浩司 委員 自分で割り返せば、計算しなさいと言われるかも知れないけど、その辺、せっかく我々台東区も頑張っているんだというところもあるので、何かのついでのときに、人事課で把握したくない部分もあるでしょうけれども、勢いで、総務課長でも誰でもいいですから、今度計算したのを見せてください。全体で執行残がどれだけ出るかというのを、うんと先に行けば決算のときにわかるんだろうけど、できたら教えて欲しいなということだけ言っておきます。
○委員長 総務課長。
◎神部忠夫 総務課長 議員1人当たり年間で約13万円ですので、31名を掛けて約400万円でございますが、今、和泉委員がおっしゃったように、まとめてあとでご報告させていただきます。
◆和泉浩司 委員 幼稚園職員のほうも含めてね。
◎神部忠夫 総務課長 はい。
○委員長 それでは、採決する前に私から1点伺いたいのですが、先ほどの人事課長の説明の中で、職員組合との交渉が何月何日の深夜に妥結したと、そういうセリフが。あえて、深夜と入れましたね。深夜に及んだと。それだけ大変なのかな、ご苦労様でしたという気持ちはもちろんあります。その一方で、深夜に及ぶ交渉の中で、かつてあったような悪しき慣行というのは、今はどうなのですか。ないのですか。
◎加藤克典 人事課長 基本的に交渉事項になっていますので、組合からの交渉の申し出があったときは応じていくということで、基本的にそういう、今回の給与改定の交渉につきましても、ある程度条例改正をもとにスケジュールを組んで組合の方とやってきたということです。そこで基本的には組合要求はいろいろ出ていましたけれども、私も人事課長として交渉会議の前に専門部会というのがありまして、そこで課長級と向こうの組合団体との折衝をやったんですけれども、そこでの要求については、基本的にはすべてのんでいないという形で言っていますので、そこで何かの条件が付くとか、そういう妥結のための何かプラスのことがあったということは、今年度につきましてはございません。
○委員長 そこら辺までにしておきますけれども、これからもその辺はやはり注意をしながら進めていただきたいと、それだけ要望をしておきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 これより採決いたします。
 初めに、第69号議案について採決いたします。
 本案については原案どおり決定することにいたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 ご異議ありませんので、原案どおり決定をいたしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、第70号議案について採決いたします。
 本案については原案どおり決定することにいたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 ご異議ありませんので、原案どおり決定をいたしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、第71号議案について採決いたします。
 本案については挙手により採決いたします。
 本案について原案どおり決定することに賛成の方の挙手を求めます。
          (賛成者挙手)
○委員長 挙手多数であります。
 よって、本案は原案どおり決定いたしました。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 次に、第72号議案について採決いたします。
 本案については原案どおり決定することにいたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
          (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○委員長 ご異議ありませんので、原案どおり決定をいたしました。
 なお、報告事項についてもご了承願います。
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 以上で案件の審議を終了いたしましたので、事務局書記に委員会報告書を朗読させます。
 なお、年月日、委員長名及び議長名の朗読については省略をいたします。
          (曲山議会担当係長朗読)
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
○委員長 これをもちまして、企画総務委員会を閉会いたします。
          午後2時29分閉会