議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 文京区

平成26年11月定例議会本会議(第1日) 本文




2014年11月21日:平成26年11月定例議会本会議(第1日) 本文

   午後二時二分開議
◯議長(渡辺雅史)  ただいまから、平成二十六年十一月文京区議会定例議会を開きます。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  まず、本日の会議録署名人の指名を行います。
 本件は、会議規則に基づき、議長において、
    十一番  山 本 一 仁  議員
    三十番  田 中 和 子  議員
を指名いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、本定例議会の議会期間は、本日から十二月十一日までの二十一日間といたします。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  この際、書記より、諸般の報告をいたします。
   〔議事調査係長朗読〕
二六文総総第九五九号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 文京区立第六中学校(向丘地域活動センター・アカ
        デミー向丘併設)改築電気設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金四億一千九百一万五千四百円
         変更前 金四億一千七百七十九万五千円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─二号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 文京区立第六中学校(向丘地域活動センター・アカ
        デミー向丘併設)改築給排水衛生設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金二億六千二百六十七万六千八百五十円
         変更前 金二億六千二百五十万円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─三号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 文京区立第六中学校(向丘地域活動センター・アカ
        デミー向丘併設)改築空気調和設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金三億八千四百六十三万九千六十円
         変更前 金三億八千四百三万七千五百円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─四号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 (仮称)新福祉センター建設電気設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金三億七千八百三十九万四千八百円
         変更前 金三億七千五百九十万円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─五号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 (仮称)新福祉センター建設給排水衛生設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金三億五千五百三十三万八千円
         変更前 金三億五千二百八十万円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─六号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 (仮称)新福祉センター建設空気調和設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金四億四千五百七十一万七千四百四十円
         変更前 金四億四千百万円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─七号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 文京区教育センター((仮称)青少年プラザ等併
        設)建設工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金十七億五千二百九十六万二千三百四十八円
         変更前 金十七億三千七百七十五万円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─八号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 文京区教育センター((仮称)青少年プラザ等併
        設)建設電気設備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金四億六百二十三万一千六百十四円
         変更前 金四億四百四十九万九千九百円
  ───────────────────────────
二六文総総第九五九─九号
平成二十六年十一月二十一日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
  について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
         記
一 件   名 新江戸川公園集会所「松聲閣」整備工事
二 決定年月日 平成二十六年十月二十一日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金二億六千七百三十二万六千九百六十七円
         変更前 金二億五千四百八十八万円
  ───────────────────────────
二六文教教庶第一八二四号
平成二十六年十一月二十日
                       文京区教育委員会
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  教育に関する事務の管理及び執行状況の点検及び評価に関する
  報告書について(提出)
 地方教育行政の組織及び運営に関する法律(昭和三十一年法律第百
六十二号)第二十七条の規定に基づき、教育に関する事務の管理及び
執行状況の点検及び評価を実施したので、同条第一項の規定により報
告書を作成し、別紙のとおり提出します。
                         〔別紙省略〕
  ───────────────────────────
二六文監第二四八号
平成二十六年十月二十三日
               文京区監査委員  竹 澤 正 美
                  同     野 上 信 泰
                  同     松 丸 昌 史
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
   平成二十六年度九月分例月出納検査結果の報告について(提出)
 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百三十五条の二第
一項の規定に基づく標記検査結果の報告を、同条第三項の規定により
下記のとおり提出します。
         記
一 検査の対象 会計管理者所管の一般会計及び特別会計に属する平
  成二十六年度九月分の現金の出納及び保管状況
二 検査年月日 平成二十六年十月二十二日、二十三日
三 検査の結果 (1) 現金出納状況及び現金保管状況については、別
         紙「現金出納保管表」のとおり相違ありません。
        (2) 収支の計数については、別紙「歳入計算表」
         及び「歳出計算表」のとおり相違ありません。
                         〔別紙省略〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程の追加について申し上げます。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十四 議員提出議案第十九号 文京区前期高齢者の医療費の助
                   成に関する条例
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  以上一件を本日の日程に追加いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  これより、日程に入ります。
 この際、日程の順序を変更し、追加日程第十四を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十四 議員提出議案第十九号 文京区前期高齢者の医療費の助
                   成に関する条例
  ───────────────────────────
   〔議案の部に掲載〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、提案理由の説明を求めます。
   〔国府田久美子議員「議長、三十二番」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  三十二番国府田久美子議員。
   〔国府田久美子議員登壇〕


◯国府田久美子議員  ただいま上程されました議員提出議案第十九号、文京区前期高齢者の医療費の助成に関する条例は、金子てるよし、萬立幹夫、板倉美千代、そして私、国府田久美子により提案させていただきます。提案者を代表いたしまして、私から提案理由を申し上げます。
 文京区前期高齢者の医療費の助成に関する条例は、前期高齢者の医療費の負担軽減を図るために提案しました。
 助成を受けるのは、区内に住所を有する七十歳から七十四歳の者で、文京区国民健康保険条例による被保険者である者です。
 助成の範囲は、平成二十六年四月一日以降に七十歳を迎え、窓口での医療費自己負担額が二割となった者について、一割に引き下げます。
 助成の方法は、医療費のうち、被保険者が負担すべき額を、対象者の請求に基づき区が助成します。
 年金削減の下で消費税増税や各種保険料の値上げ、介護の負担増などで暮らしが圧迫されている高齢者の生活を支援し、福祉の向上に資するものです。
 実施期日は、平成二十七年四月一日といたします。
 よろしく御審議の上、御可決くださいますようお願い申し上げます。


◯議長(渡辺雅史)  お諮りいたします。
 議員提出議案第十九号は、厚生委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡辺雅史)  御異議なしと認めます。よって、議員提出議案第十九号は、厚生委員会に付託することに決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程第一から第三までの三件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第一 議案第五十号  文京区災害に伴う応急措置の業務等に従
             事した者に対する損害補償に関する条例
             の一部を改正する条例
日程第二 議案第五十一号 文京区立交流館条例の一部を改正する条
             例
日程第三 議案第四十九号 平成二十六年度文京区一般会計補正予算
  ───────────────────────────
   〔議案の部に掲載〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、提案理由の説明を求めます。
   〔瀧康弘副区長「議長、副区長」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  瀧康弘副区長。
   〔瀧康弘副区長登壇〕


◯副区長(瀧康弘)  ただいま上程されました議案第五十号及び議案第五十一号並びに議案第四十九号の三議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案第五十号は、文京区災害に伴う応急措置の業務等に従事した者に対する損害補償に関する条例の一部を改正する条例でございます。
 本案は、児童扶養手当法の一部改正に伴い、規定を整備するため、提案するものでございます。
 施行期日は、公布の日でございます。
 議案第五十一号は、文京区立交流館条例の一部を改正する条例でございます。
 本案は、水道交流館、大塚北交流館、本郷交流館、本駒込南交流館を廃止するため、提案するものでございます。
 施行期日は、平成二十七年四月一日でございます。
 議案第四十九号は、平成二十六年度文京区一般会計補正予算で、総額一千五百四十一万三千円を追加する、本年度第四回の補正予算でございます。
 それでは、予算総則第一条歳入歳出予算の補正について、その概略を御説明申し上げます。
 今回の補正は、柳町小学校教室等増設の基本・実施設計に要する経費を計上するものでございます。
 なお、財源につきましては、全額、繰越金に計上いたしました。
 一般会計の補正額は、一千五百四十一万三千円で、これにより、一般会計の総額は、七百九十七億一千五十九万五千円となります。
 次に、予算総則第二条は、債務負担行為で、柳町小学校教室等増設基本・実施設計について、期間及び限度額を定めるものでございます。
 以上御説明申し上げました三議案につきまして、よろしく御審議の上、いずれも原案のとおり御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(渡辺雅史)  お諮りいたします。
 議案第五十号、第五十一号及び第四十九号の三件は、総務区民委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡辺雅史)  御異議なしと認めます。よって、議案第五十号、第五十一号及び第四十九号の三件は、総務区民委員会に付託することに決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程第四及び第五の二件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第四 議案第五十六号 (仮称)新福祉センター建設工事請負契
             約の一部変更について
日程第五 議案第五十八号 文京福祉センター江戸川橋の指定管理者
             の指定について
  ───────────────────────────
   〔議案の部に掲載〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、提案理由の説明を求めます。
   〔瀧康弘副区長「議長、副区長」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  瀧康弘副区長。
   〔瀧康弘副区長登壇〕


◯副区長(瀧康弘)  ただいま上程されました議案第五十六号及び議案第五十八号の二議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案第五十六号は、事件案で、「(仮称)新福祉センター建設工事請負契約の一部変更について」でございます。
 本件は、工事の内容の変更等に伴い、契約の一部を変更するため、提案するものでございます。
 契約金額は、金二十二億九千五百五十三万二百八十円、変更前の金額は、金二十億八千四百六十七万円でございます。
 契約の相手方は、大林・アサヒ・東京ウオール建設共同企業体でございます。
 議案第五十八号は、事件案で、文京福祉センター江戸川橋の指定管理者に、社会福祉法人武蔵野会を指定するものでございます。
 指定の期間は、平成二十七年四月一日から三年でございます。
 以上御説明申し上げました二議案につきまして、よろしく御審議の上、いずれも原案のとおり御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(渡辺雅史)  お諮りいたします。
 議案第五十六号及び第五十八号の二件は、厚生委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡辺雅史)  御異議なしと認めます。よって、議案第五十六号及び第五十八号の二件は、厚生委員会に付託することに決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程第六を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第六 議案第五十二号 文京区立児童遊園条例の一部を改正する
             条例
  ───────────────────────────
   〔議案の部に掲載〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、提案理由の説明を求めます。
   〔瀧康弘副区長「議長、副区長」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  瀧康弘副区長。
   〔瀧康弘副区長登壇〕


◯副区長(瀧康弘)  ただいま上程されました議案第五十二号につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案第五十二号は、文京区立児童遊園条例の一部を改正する条例でございます。
 本案は、区立白山一丁目第二児童遊園を廃止するため、提案するものでございます。
 施行期日は、平成二十七年一月九日でございます。
 以上御説明申し上げました議案につきまして、よろしく御審議の上、原案のとおり御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(渡辺雅史)  お諮りいたします。
 議案第五十二号は、建設委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡辺雅史)  御異議なしと認めます。よって、議案第五十二号は、建設委員会に付託することに決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程第七から第十三までの七件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第七  議案第五十三号 文京区立一時保育所条例の一部を改正す
              る条例
日程第八  議案第五十四号 文京区教育センター条例
日程第九  議案第五十五号 文京区立図書館条例の一部を改正する条
              例
日程第十  議案第五十七号 文京区立第六中学校(向丘地域活動セン
              ター・アカデミー向丘併設)改築工事請
              負契約の一部変更について
日程第十一 議案第五十九号 文京区男女平等センターの指定管理者の
              指定について
日程第十二 議案第六十号  文京区立小石川図書館等の指定管理者の
              指定について
日程第十三 議案第六十一号 文京区立本郷図書館等の指定管理者の指
              定について
  ───────────────────────────
   〔議案の部に掲載〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、提案理由の説明を求めます。
   〔瀧康弘副区長「議長、副区長」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  瀧康弘副区長。
   〔瀧康弘副区長登壇〕


◯副区長(瀧康弘)  ただいま上程されました議案第五十三号から議案第五十五号まで、議案第五十七号及び議案第五十九号から議案第六十一号までの七議案につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案第五十三号は、文京区立一時保育所条例の一部を改正する条例でございます。
 本案は、区立キッズルームかごまちを新設するほか、規定を整備するため、提案するものでございます。
 施行期日は、平成二十七年四月十六日等でございます。
 議案第五十四号は、文京区教育センター条例でございます。
 本案は、教育センターの位置を変更し、施設等を新設するとともに、開館時間等を改めるため、提案するものでございます。
 施行期日は、平成二十七年四月一日等でございます。
 議案第五十五号は、文京区立図書館条例の一部を改正する条例でございます。
 本案は、区立天神図書室を廃止するほか、規定を整備するため、提案するものでございます。
 施行期日は、平成二十七年四月一日でございます。
 議案第五十七号は、事件案で、文京区立第六中学校(向丘地域活動センター・アカデミー向丘併設)改築工事請負契約の一部変更についてでございます。
 本件は、工事の内容の変更等に伴い、契約の一部を変更するため、提案するものでございます。
 契約金額は、金二十億六千五百四十六万二千五百円、変更前の金額は、金二十億二千百五十三万三千五百円でございます。
 契約の相手方は、戸田・日本・ビッグルーフ建設共同企業体でございます。
 議案第五十九号は、事件案で、文京区男女平等センターの指定管理者に、文京区女性団体連絡会を指定するものでございます。
 指定の期間は、平成二十七年四月一日から五年でございます。
 議案第六十号は、事件案で、文京区立小石川図書館ほか三館一室の指定管理者に、株式会社図書館流通センターを指定するものでございます。
 指定の期間は、平成二十七年四月一日から五年でございます。
 議案第六十一号は、事件案で、文京区立本郷図書館ほか二館一室の指定管理者に、ヴィアックス・紀伊國屋書店共同事業体を指定するものでございます。
 指定の期間は、平成二十七年四月一日から五年でございます。
 以上御説明申し上げました七議案につきまして、よろしく御審議の上、いずれも原案のとおり御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(渡辺雅史)  お諮りいたします。
 議案第五十三号から第五十五号まで、第五十七号及び第五十九号から第六十一号までの七件は、文教委員会に付託いたしたいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡辺雅史)  御異議なしと認めます。よって、議案第五十三号から第五十五号まで、第五十七号及び第五十九号から第六十一号までの七件は、文教委員会に付託することに決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、請願の付託について申し上げます。
 受理いたしました請願十九件は、お手元に配付の請願文書表のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  以上で、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、十一月二十五日午後二時から開きます。
 本日は、これにて散会いたします。
   午後二時二十四分散会