議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 文京区

平成28年総務区民委員会 本文




2016年06月22日:平成28年総務区民委員会 本文

          午後 2時17分 開会
◯名取委員長 ただいまより総務区民委員会を開会いたしたいと思います。
 委員等の出席状況ですが、委員につきましては全員御出席、理事者についても区長を始め関係理事者の出席をお願いしております。
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 理事会についてですが、必要に応じ、協議して開催することといたしますが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 本日の委員会運営ですが、付託議案審査1件、その他、本会議での委員会報告について、委員会記録について、閉会、以上の運びにより本日の委員会を運営していきたいと思いますが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 それでは、付託議案審査1件に入らせていただきます。
 議案第11号、平成28年度文京区一般会計補正予算であります。
 説明及び質疑については、歳入歳出一括で行うことといたしたいと思います。
 提案理由の説明をお願いいたします。
 大川財政課長。


◯大川財政課長 補正予算について御説明申し上げます。
 議案第11号は、平成28年度文京区一般会計補正予算で、本年度第1回の補正でございます。
 その内容は、本年7月31日に執行する東京都知事選挙に要する経費でございます。
 5ページの予算総則を御覧ください。
 予算総則を読み上げさせていただきます。
 平成28年度文京区一般会計補正予算。
 平成28年度文京区の一般会計の補正予算は、次に定めるところによる。
 第1条、歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ9,922万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ825億8,722万8,000円と定める。
 2、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、第1表歳入歳出予算補正による。
 以上でございます。
 内容につきましては、事項別明細書の14ページ以降に記載のとおりでございますが、歳出につきましては、18ページに記載のとおり、東京都知事選挙に係ります投票所、開票所、公営ポスター掲示場などの経費を計上するものでございます。
 なお、歳入につきましては、特定財源として全額都支出金を計上しております。
 議案第11号の説明は以上でございます。よろしく御審議の上、原案のとおり御決定賜りますようお願い申し上げます。


◯名取委員長 ありがとうございます。
 それでは、御質疑のある方。
 山本委員。


◯山本委員 都知事選挙ということで、障害者ですとか、成年後見人ということで、平成26年に公職選挙法が改正され、投票所におけるハンディキャップのある方たちに対しての対応ということが、これまでもやってきていただいてきたというふうに思っているんですが、障害者の種別によっても、対応の仕方がいろいろあるというふうに思っておりますが、例えば、知的障害ですとか、視覚障害ですとか、あとは聴覚障害ですとかということで、介助犬のことですとかということもありますけれども、私は、出くわしたことは今まで一度もないんですけれども、投票所の対応として、これまでそういった障害者に対する対応の仕方で、大きな問題はあってはいけないんですけれども、何もなくこれまでやってきたと思うんですが、その辺は今までどんな対応になっていて、主にどういうことをやってきたかという、ちょっと御紹介というか、教えていただいていいですか。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 全ての投票所におきまして、まず車椅子を置いてございまして、あとコミュニケーションボードというのがございます。指を指して何をおっしゃっているのかということ、あとは、筆談で対応したりとかいうことがございます。また、代理投票制度というのもございますので、その辺は筆談なり、コミュニケーションボードを活用しながら、特に問題というのは今までないということで認識しております。
 投票所の事務提要というのを、投票所の業務に従事する全員の方にお配りしているんですね。大体24ページ、25ページぐらいのものですけれども、その中に障害者の対応について3ページ立てでマニュアル的な形で説明をしてございます。
 以上でございます。


◯名取委員長 山本委員。


◯山本委員 今、後段におっしゃっていたマニュアルは職員に向けて出しているんですか。
         (「はい」と言う人あり)


◯山本委員 先進事例として、狛江市のほうでは結構な分厚いマニュアルがあるみたいなんですけれども、その辺、マニュアルが3ページということですけれども、今まで特に問題はないということなので、それでいいんですけれども、今後そういった他自治体のそういった事例なども踏まえて、今後更に発展させていくようなマニュアルの見直しだとか、狛江市なんか1年ぐらいで3回ぐらい見直しているみたいなんですけれども、その辺はどのように今後やっていくのかと思って、それを教えてください。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 今定例議会の厚生委員会でも、前田議員からそういった質問もあったと思うんですね。今後、障害福祉課とその辺を連携しながら、どうするかということは対応していきたいと考えております。


◯名取委員長 山本委員。


◯山本委員 ちょっと重なっちゃいました。すみません。一つ障害者に対しての配慮、また更なる対応をよろしくお願いいたします。


◯名取委員長 品田委員。


◯品田委員 開票事務の時間短縮については、私ずっとこの間お願いしているんですが、都知事というか、都の関係の選挙があるときには、割と機械化が進むというか、そのときに配布されて、結構後の選挙に有効になるというふうに思うんですけれども、今回はそういうことを狙っているのかどうかとか、計算するやつありますよね。あと仕分けする機械。ちょっと名前、ごめんなさい忘れちゃった、それが来るのか。それから、都知事選挙の最終の開票が確定した時間で、前回と比べて、今回はどのぐらいの時間を目指しているのか。
 あと経費節減のために、よく民間の人も使うというふうに思うんですけれども、理事者の皆さんだと結構費用が掛かってしまうので、そういった開票事務の経費の削減にはどういうことが取り組まれるのかお答えください。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 前回の都知事選挙の確定の時刻は、22時57分でございました。
 読み取り分類機という、あれが非常に効果を発揮するものでございまして、特に今回は1票選挙でございますので、具体的に何分短縮というのは、今この場ではちょっと言えないんですけれども、とにかく短縮はさせていきたいと思っております。
         (「機械が入るのかということです」と言う人あり)


◯下笠選挙管理委員会事務局長 今回、増設ユニットというものを設置します。読取分類機本体がございまして、それは4分けなんですね。増設ユニットというのは8分けなんです。それが幾つでも増設できるんです。今回は本体1の増設ユニット2、二重分けの形でやっていきます。そういった形で、増設ユニットが非常に効果を発揮すると思います。
         (「機械本体は」と言う人あり)


◯下笠選挙管理委員会事務局長 本体は、今回は購入いたしません。増設ユニットを考えてございます。


◯名取委員長 萬立委員。


◯萬立委員 一つ伺っておきます。
 参議院議員選挙が終わって、4日後から都知事選挙が始まる。都知事選挙が始まると学校については休みに入って、先ほど全員協議会でも言われていたように、快適性の向上の工事が始まって、そのために投票所等従来使っていたところが、そのまま使えるか使えないかの検討をされるということでした。そうなった場合には、日曜日の投票日はいいんですが、土曜日辺りから会場づくりが始まるいうようなことを考えた場合に、工事者への対応として、何かする必要性が出てくるのか。
 それと、参議院議員選挙での投票所とちょっと仕様を変えて、どこかに特設的に作るというようなことになった場合に、もし経費が掛かったらば、これは先ほど歳入については都の支出金で全て賄うというふうに言っていましたけれども、これも含めて追加で東京都から出てくるのかというところの2点伺います。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 まず、考えなければいけないのは、安全対策ですね。それはまず絶対に考えなければいけないと。今できれば同じ場所で投票場所としたいんですけれども、それがちょっとまだ調整中ということでございますが、選挙のための工事ということはないかと思うんですね。ですので、その分のプラスということはないかと思います。
 以上です。


◯名取委員長 渡辺委員。


◯渡辺(雅)委員 では、私も2点まとめて。
 さっき執行計画の説明の中で、不在者投票のアートサロンの話があって、確定しているのかしていないのか、分からないようなちょっと曖昧な感じだったので、その辺どんな状況なのかということをちょっと1点詳しく聞かせていただきたいのと、あとは掲示板の話で、今日、正に始まって、ポスターが貼られるわけだけれども、貼る側からして、候補者サイドからして、非常に貼りにくいというか、危険というか、そういう箇所があるのかないのか。それについて二百何箇所、実際に見られているのか。
 具体的に19投票区の確か3か4か、千駄木駅前のNTTの塀の上、あれ元々高いよねというふうに、いろいろ話は出ていたと思うんだけれども、今あそこの下、コインパーキングになっているんだよ。毎回行っているんだけれども、ほとんど足の踏み場がないんだよ。一番下の列がこのくらいで、2段目になるとこうでしょう。一番上の列になったら、脚立を置かないと貼れないのね。その脚立が下に置けないという状況なんです。これちょっと確認していただきたいんだけれども、そういう見る側からすれば、きっと非常に見やすいということがあるんだろうけれども、実際に候補者サイドとして、貼る側として課題がある。危険なところがあっちゃいけないと思うし、ましてやポスター貼りは多分ペアというよりも1人で行くところが多いので、行って貼れなかったなんていうケースもきっと出てくるんじゃないかなというふうに思って、もう少し候補者サイドに優しい掲示板であってもらいたいなということも含めて、そういうところというのは確認をされているのかどうか。もしされていないんだったら、是非200か所を一回ちょっと点検していただいて、御検討いただきたいなというふうに思います。その2点。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 まず、アートサロンでございますけれども、アートサロンは6か月前から予約できますので、全て塞がっていたんですけれども、一つの団体以外は譲っていただけました。その一つの団体だけが、まだ御了承いただいていないという状況でございます。
         (「大丈夫なの、それは」と言う人あり)


◯下笠選挙管理委員会事務局長 何とかしないといけないと思います。


◯名取委員長 渡辺委員。


◯渡辺(雅)委員 その団体が了承しないとできないの。開設できないの。ちょっとそれだけ。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 何とか目途が付きそうだという、今ちょっと情報が入りました。一度、障害者会館で都知事選挙の期日前投票をやったことがあるんですけれども、やはり非常にいろんな御意見をいただいているということで、1階の、できればギャラリーシビックかアートサロン、あそこしかないかと思いますので、何とかアートサロンでやらせていただきたいと思います。
 掲示板の件なんですけれども、検査には職員が行っています。危険なところは一応ないという認識ではいるんですけれども、その千駄木駅前の件はちょっと確認させていただきます。
 以上でございます。


◯名取委員長 田中副委員長。


◯田中(和)副委員長 私も掲示板のことは、今の御意見も、何も背の高い男性が貼りに行くばかりではありませんので、いろいろ本当に実際見ていただけるといいと思っています。
 それから、掲示場が200とか201とか203とか増えてきて、これは人口で指定されてくるということをお伺いしているんですけれども、そうすると区の基準というか、ルールとしては、人口が増えた地域に増やしているんですか。そうではない。どういうルールなんでしょうか。どうしてこんなに近いところにあるのとか、いろんなこともあるんですけれども、ちょっとそのルールというか。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 掲示板につきましては、有権者の数で、法律で決まっているんですね。区の条例とかではなくて、法律で決まっているわけです。
 どこに付けるかというのは区で検討するんですけれども、なかなかどこに付けるかというのは非常に難しく、了承をいただく必要があるんですね。というところで、いろいろと苦労しているところではあるんですね。できれば同じようなところには付けたくないという思いはあるんですけれども、やむを得ずというか、数は確保しないといけないんです。何とか話すような形で、今後は工夫していきたいと思います。
 以上でございます。


◯名取委員長 田中副委員長。


◯田中(和)副委員長 そうすると、特に基準というのはなくて、この辺に適当な場所があるし、そこら辺の有権者が増えたからとか、そういう感じで増やしていらっしゃるということなんですね。できるだけ近くというか、同じ通りを通るときに、ここにあって、すぐ何十メートル離れたところにあっても余り意味がないことなので、それもトータル的に考えていらっしゃるということでよろしいんですね。ほかの人に説明するときにはそれで。


◯名取委員長 下笠選挙管理委員会事務局長。


◯下笠選挙管理委員会事務局長 できれば大きい通り沿いに付けたいとか、目立つ通りに付けたい、そういう希望はあるんですけれども、しかし、やはり御了承いただけない場合もあるんです。適切な場所を探して、視察をして、交渉をしていると、そんな状況でございます。


◯名取委員長 田中副委員長。


◯田中(和)副委員長 もう1点は、ちょっと区長にお伺いしたいと思っているんですけれども、残念ながら二代続けて辞任ということが続いて、なかなか選挙の費用のお金が掛かるんですけれども、舛添知事誕生のために、特別区の区長会有志で応援をされたという経緯があると思うんですね。それはそれなりに23区と都の間の連携を今まで以上に深めたいであるとか、児童相談所の問題であるとか、オリンピック・パラリンピックも来るよとか、いろんなことがあって、有志が支援されたというふうには思いますけれども、今、途中で辞任されるに当たって、様々な思いを込めて支援をされたんでしょうけれども、それは道半ばでしょうけれども、どのように達成できたと思っていらっしゃるのか。
 それと辞任に当たる感想であるとか、それから例えば、オリンピックで文京区が野球の会場になるのかどうかいろいろ分かりませんけれども、直近のことで何か困るようなことは、起きるようなことはないのかとか、その辺をちょっとお伺いしたいと思います。


◯名取委員長 成澤区長。


◯成澤区長 当補正予算の審査には直接の関係はないと思いますが、関連をしているということでお答えをしたいと思います。
 先般、区長会が開かれまして、その話にもなりました。都政が現在停滞をしているということについては、例えば、待機児童の解消に向けて、各課が全力で取り組んでいる中、都側から新たな支援策等が出てこない等を始めとして、都政が停滞をしている現状というものは、このままではいけないのだろうというのは、その日、区長会に参加をした区長の共通認識だったというふうに思っております。
 また、児童相談所の移管についても、知事就任当初の発言内容とその後の発言に、結果から言えばブレが出ていたということもあって、今後、国が先んじて法改正をしてくれたということで、今後、都との協議についても、新しい知事の下で、更に強く我々は運動を展開していく必要があるだろうということについても、共通認識を持ったところでございます。
 なお、これらの状況を踏まえて、それぞれの区長が、知事不在というような都政の空白状態にあっても、それぞれの自治体の中において全力を尽くして、区民の生活の安定に努力をしていくことが、それぞれの務めであるということで、それぞれが認識を新たにするということでまとめたところでございます。


◯名取委員長 田中副委員長。


◯田中(和)副委員長 支援なさって、辞任に対する御感想というものは、特に何もないんですか。


◯名取委員長 成澤区長。


◯成澤区長 特別区長会としての意思決定をしたわけではございません。ですから、区長会としてのそのことについての意思表示は、特に改めてしたわけではございません。
 特別区長会としては、知事不在という空白状態の中にあっても、それぞれの特別区が区民の利益のために最善を尽くすということを確認し合ったということでございます。
 なお、有志の会というものは、そのとき作られたわけでありますが、その有志の会が推薦をした候補者が、このようなことになったということについては、大変遺憾なことだろうというふうに思っています。


◯名取委員長 それでは、態度表明に入らせていただきます。
 未来さん。


◯品田委員 この補正予算については、賛成をいたします。
 ただ、いろいろと公営掲示板の今の渡辺委員のお話とか、それから開票事務も今度有権者が増えるということで、確定の時間が恐らく遅くなる可能性が高いので、時間短縮や効率性、それから公平性をもって事務に当たっていただきたい。それから、なるべく予算が削減できるような方法をとっていただくようにお願いをいたします。


◯名取委員長 自民党さん。


◯海老澤委員 先日の総務区民委員会の一般質問で、他の会派の方からも質問があり、節約といいますか、できるだけ節約して行うということもお伺いしておりますので、そして二つ大きな選挙が続いて大変だと思いますが、よろしくお願いいたします。
 自民党は、議案第11号、賛成でございます。


◯名取委員長 公明党さん。


◯岡崎委員 参議院議員選挙が終わってすぐの都知事選挙ということで、関係所管の方は大変な御苦労になると思いますけれども、無事故で遂行されるように要望いたしまして、賛成いたします。


◯名取委員長 日本共産党さん。


◯萬立委員 政治とカネの問題が二代にわたって問題となりまして、辞職をしての選挙ということであります。本当に都民の立場から見れば、清潔で信頼の置ける都民の代表を選んでいかなければいけない選挙だというふうに思っているところであります。
 参議院議員選挙に続いての立て続けでありますけれども、関係者の皆さんは大変だと思いますが、事務執行のほうよろしくお願いをするということで、議案第11号、一般会計補正予算を賛成いたします。


◯名取委員長 市民の広場さん。


◯田中(和)副委員長 市民の広場、賛成いたします。
 なかなか大変でしょうけれども、混乱が起きることがないよう、無事に済みますことを祈っております。


◯名取委員長 それでは、審査結果を申し上げます。
 議案第11号につきましては、賛成8、反対ゼロ、よって原案を可決すべきものと決定しました。
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 それでは、その他でございます。
 本会議での委員会報告について、文案作成について委員長に御一任願いたいんですが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)


◯名取委員長 委員会記録についても委員長に御一任願いたいんですが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 以上で総務区民委員会を閉会いたします。
 お疲れさまでございました。
          午後 2時39分 閉会