議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 文京区

平成27年総務区民委員会 本文




2015年12月09日:平成27年総務区民委員会 本文

         午後 2時28分 開会
◯名取委員長 それでは、ただいまより総務区民委員会を開会いたしたいと思います。
 委員等の出席状況ですが、委員、区長を始め関係理事者の出席をお願いしてございます。
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 理事会についてですが、必要に応じ協議し、開催することといたしたいんですが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 本日の委員会運営についてですが、付託議案審査4件、その他、本会議での委員会報告について、委員会記録について、閉会、以上の運びにより本日の委員会を運営してまいりたいと思いますが、よろしくお願いいたします。
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 それでは、付託議案審査4件に入らせていただきます。
 議案第66号、文京区長及び副区長給与条例の一部を改正する条例でございます。
 議案集(三)の1ページを御覧ください。
 それでは、提案理由の御説明をお願いいたします。
 渡部総務部長。


◯渡部総務部長 ただいま議題とされました、議案第66号、文京区長及び副区長給与条例の一部を改正する条例について、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案集(三)の1ページ及び委員会資料第1号をお開きください。
 本案は、文京区特別職報酬等審議会の答申を踏まえ、区長、副区長の給料月額を改定するため提案するものでございます。
 改正内容でございますが、給料月額を区長125万2,400円、副区長101万3,500円に改めるものでございます。
 条例の施行期日は、平成平成28年1月1日でございます。
 よろしく御審議の上、原案のとおり御可決くださいますようお願い申し上げます。


◯名取委員長 ありがとうございました。
 それでは、御質疑のある方。
 萬立委員。


◯萬立委員 2点伺います。
 一つは、昨年に続いて今年も特別職報酬等審議会からの答申を受けまして、値上げということで条例案が出されましたが、やはり同じ時期に他区が改定を行っているというふうに思います。昨年もこの時期に伺ったときに、足並みがきちんとそろっていなくて、それぞれの区で独自に考えられて判断を下されているということでありましたが、今年、今回の状況について伺います。
 二つ目は、特別職の報酬等の額についてという審議会の答申の中で、審議会における議論の2番目のところに、このところ景気は緩やかな回復基調を続けているとのことだが、区内の業種によっては、必ずしもそれとは一致しない状況があるというふうな指摘がございます。
 文京区の中小企業の景況というものを見てみますと、最新の情報でも来期の、次の期の業況というのは、今期並みの悪化幅が続くと予想している。売上額、収益、いずれも今期並みの減少が続く見込みである。これは中小企業のところでこのような見方をしておりますし、サービス業のところでも、来期の業況は悪化幅が大きく拡大すると予測しているなどというふうになっておりますが、ここで審議がされた内容も含めて、区として現在の区民や区内で営業する方々の現況をどのように捉えているか、簡潔にお答えください。


◯名取委員長 石嶋総務課長。


◯石嶋総務課長 1点目の23区の状況でございますが、12月3日現在で、私どもで各区に調査したところ、未定、まだ審議会そのものが開かれていない、これから開催するところが9区、引上げのところが12区、据置きが2区ということでございます。
 なお、据置きの2区につきましては、特例措置として減額をしている特別職、あるいは時期を限って特例措置をしているところが2区据置きという状況でございます。
 それから、区内の景況状況ということでございますが、報酬等審議会の中でも、冒頭、新しい会長のほうから、地場産業である印刷製本業は7割程度が赤字であるという、そのような景気の状況を踏まえた上で、この報酬等審議会として審議をしていただきたいという発言もあった中で、そういった区内の景況状況、それから区の財政状況等も、資料により説明しながら審議をしていただいたという状況でございます。ただ、一定この給与改定の勧告そのものは尊重すべきだという意見が多数を占め、この答申に至ったものでございます。


◯名取委員長 萬立委員。


◯萬立委員 分かりました。
 答申の中で、先ほど区の財政状況ということを言われましたが、この中には着実な財政運営を行っており、特別区税収入も堅調に推移しているという区の財政評価を行いながら、先ほど総務課長も言われたように、審議会委員、会長のほうから厳しい経済状況が続いているということについては、報告があったということでありました。
 勧告やこの答申にもありますように、言われることは本当にもっともなことだと思います。多くの労働者、働く者のところでは賃金は増えていないということが言えると思いますし、改善したと言われている雇用の状況というのも、多くは派遣やパートなど、非正規雇用の労働者が増えたということが中心だと思います。その結果、政府の家計調査でも、勤労世帯の収入は増えない、消費支出もこの2回にわたる四半期、連続して実質減少という状況となっております。一方で、一部大企業のもうけが史上空前の一方でGDPが下がるというのは、従来、日本ではなかったような現象が起きている異常な状況ではないかと思っております。
 ですから、先ほどの現況にありましたように、働く皆さんや営業される皆さんの家計を、懐を温めて消費を高めていくということが、正に大事になっているというふうに思います。そういうときに、特別職の報酬というのは、昨年に続きプラスの改定ということであります。計算しますと、区長、副区長のところでも、年間に4万円から5万円の値上げになると思います。現在でも区長給与は年間で約1,500万円、一時金を含めますと1,900万円余りとなるわけでありますから、確かに特別職の仕事、任務の大きさということは、当然勘案しなければいけない問題でありますけれども、しかし先ほど言いましたように、区民の置かれた状況などを考えた場合には、これ以上の給与の値上げは妥当ではないというふうに私は思います。
 以上です。


◯名取委員長 ほかには。よろしいですか。
         (「はい」と言う人あり)


◯名取委員長 それでは、態度表明をお願いいたします。
 未来さん。


◯山本委員 未来は、議案第66号、報酬等審議会の決定を受けたということでございますので、尊重して賛成いたします。


◯名取委員長 自民党。


◯海老澤委員 自民党も賛成でございます。


◯名取委員長 公明党さん。


◯岡崎委員 報酬等審議会におきましても、社会経済情勢を踏まえた上で、この改定が妥当であるというふうに結論されておりますので、公明党も議案第66号、賛成です。


◯名取委員長 日本共産党さん。


◯萬立委員 日本共産党は先ほど意見を申し上げましたように、この66号については反対をいたします。


◯名取委員長 市民の広場さん。


◯田中(和)副委員長 市民の広場、報酬等審議会の一定の議論、これを読ませていただきました。妥当な判断だと思います。賛成いたします。


◯名取委員長 それでは、審査結果を報告いたします。
 賛成6、反対2、よって原案を可決すべきものと決定いたします。
 続きまして、議案第67号、文京区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例の一部を改正する条例です。
 提案理由の御説明をお願いいたします。
 渡部総務部長。


◯渡部総務部長 ただいま議題とされました、議案第67号、文京区教育委員会教育長の給与及び勤務に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案集の3ページ及び委員会資料第1号をお開きください。
 本案は、文京区特別職報酬等審議会の答申を踏まえ、教育長の給料月額を改定するため提案するものでございます。
 改正内容でございますが、給料月額を92万6,200円に改めるものでございます。
 条例の施行期日は、平成28年1月1日でございます。
 よろしく御審議の上、原案のとおり御可決くださいますようお願い申し上げます。


◯名取委員長 それでは、御質疑のある方。
         (「ありません」と言う人あり)


◯名取委員長 よろしいでしょうか。
 それでは、態度表明をお願いいたします。
 日本共産党さん。


◯萬立委員 日本共産党は、先ほど議案第66号で申し上げました意見と同じで、この67号につきましても、反対をさせていただきます。


◯名取委員長 公明党さん。


◯岡崎委員 議案第67号、先ほどの同じ理由を持ちまして、賛成でございます。


◯名取委員長 自民党。


◯海老澤委員 自民党、議案第67号、賛成でございます。


◯名取委員長 未来さん。


◯山本委員 未来も、先ほどと同様に第67号、賛成いたします。


◯名取委員長 市民の広場さん。


◯田中(和)副委員長 市民の広場、第67号、賛成です。


◯名取委員長 審査結果を報告いたします。
 議案第67号につきましては、賛成6、反対2、よって原案を可決すべきものと決定をいたします。
 続きまして、議案第68号、文京区議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例でございます。
 提案理由の説明をお願いいたします。
 渡部総務部長。


◯渡部総務部長 ただいま議題とされました、議案第68号、文京区議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案集の5ページ及び委員会資料第1号をお開きください。
 本案は、文京区特別職報酬等審議会の答申を踏まえ、区議会議員の報酬月額を改定するため提案するものでございます。
 改正内容でございますが、報酬月額を議長92万200円、副議長78万8,800円、委員長64万7,300円、副委員長62万200円、議員59万8,100円に改めるものでございます。
 条例の施行期日は、平成28年1月1日でございます。
 よろしく御審議の上、原案のとおり御可決くださいますようお願い申し上げます。


◯名取委員長 それでは、御質疑のある方。
 山本委員。


◯山本委員 すみません、質疑というか、文京区議会議員の報酬の平均月額なんですが、23区で今まで最後だったと思うんですけれども、これで何番目ぐらいになるんでしょうか。間違えていたら最後ではないとか言ってください。


◯名取委員長 石嶋総務課長。


◯石嶋総務課長 値上げの状況については、23区まだそろっていませんので、確定的なことは申し上げられませんが、10月1日、値上げ前の状況で23番目ということでございますが、ほかの区の状況を考えますと、大きな変化はないんではないかなというふうに思っております。


◯名取委員長 ほかには御質疑よろしいでしょうか。
         (「なし」と言う人あり)


◯名取委員長 それでは、態度表明をお願いいたします。
 未来さん。


◯山本委員 議案第68号、こちらも報酬等審議会の決定を踏まえまして、尊重しまして、賛成いたします。


◯名取委員長 自民党。


◯海老澤委員 自民党、議案第68号、賛成です。


◯名取委員長 公明党さん。


◯岡崎委員 公明党、議案第68号、賛成です。


◯名取委員長 日本共産党さん。


◯萬立委員 日本共産党は、これ以上の議員報酬の値上げというのも、先ほど申し上げましたように、区民の置かれている状況に考えて、また区民目線や感覚から見ても妥当ではなく、大きな隔たりがあると思っております。よって、第68号、反対をいたします。


◯名取委員長 市民の広場さん。


◯田中(和)副委員長 市民の広場、第68号、賛成いたします。


◯名取委員長 それでは、審査結果を御報告いたします。
 賛成6、反対2、よって原案は可決すべきものと決定をいたします。
 それでは続きまして、議案第69号、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例であります。
 提案理由の説明をお願いいたします。
 渡部総務部長。


◯渡部総務部長 ただいま議題とされました、議案第69号、職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由の御説明を申し上げます。
 本案は、特別区人事委員会の給与に関する勧告に基づき、必要な改正を行うものでございます。
 議案集の7ページ及び委員会資料第2号を御覧ください。
 本条例の第1条は、公民較差解消のための月例給と特別給の改正を行うものでございます。
 第11条の改正は、扶養親族である子等に係る扶養手当の月額を500円引上げ、5,500円から6,000円とするものでございます。
 第27条の改正は、平成27年12月の勤勉手当の支給月数を年間0.1月引き上げるものでございます。
 続いて、8ページから26ページまでは、別表第1及び別表第2に定める全ての給料表の改正で、給料月額を勧告のとおり引き上げるものでございます。
 次に、27ページ、本条例の第2条を御覧ください。
 第10条の2は、医師及び歯科医師に係る初任給調整手当の月額最高限度額を17万5,100円から26万8,500円に引き上げるものでございます。
 第27条の改正は、本改正条例第1条により改正した勤勉手当の支給月数について、平成28年度以降の6月及び12月の支給月数が均等となるよう、規定を整備するものでございます。
 最後に付則でございます。
 本条例の施行期日は、公布の日でございます。
 ただし、第2条及び付則第7項の規定については、平成28年4月1日から施行いたします。
 なお、第1条の扶養手当及び給料表の改正については、平成27年4月1日から、第1条の勤勉手当の改正については、平成27年12月1日からそれぞれ遡って適用するものでございます。
 また、付則の第3項から第6項までについては、条例改正により給料月額に不均衡が生じないよう必要に応じて調整を行うことができる旨等を定めるものでございます。
 最後に、付則第7項でございますが、行政職給料表2の適用を受ける技能系、労務系職員の勤務成績を適切に昇給に反映させ、士気の維持・向上を図るため、昇給切替措置における切替調整号数の調整を行うことができる旨を定めるものでございます。
 以上よろしく御審議の上、原案のとおり御可決くださいますようお願い申し上げます。


◯名取委員長 ありがとうございます。
 それでは、御質疑のある方。
 関川委員。


◯関川委員 今回、扶養手当の支給額が500円アップをしたということでありますけれども、この対象になる人数はどれくらいなのかということと、医師と歯科医師のところの初任給が、今まで17万5,100円ということでは、やっぱり医学部とか歯学部をお出になられて、この初任給だと私は安いなというふうに思っていたんですが、この度、改正になりましたけれども、その改正の根拠を教えていただきたい。それから任期付き職員の対象を、マイナンバー制度対応業務とオリンピック・パラリンピック関連業務に限り一般職に拡大をするということが新聞でありましたが、それについては文京区の中で適用になる職員の方がいらっしゃるのかどうかということ。あと最後の質問で私もちょっとよく分からないんですが、地方公務員法の改正に伴って、各区では等級別基準職務表を条例化するということが、これは新聞紙上でありましたけれども、この条例化をすることによってどのように変わってくることがあるのかというのをお聞きしたいと思います。


◯名取委員長 辻職員課長。


◯辻職員課長 まず、扶養手当のこの人数については、後ほど回答いたします。まずこの第2条関係の医師についての話ですが、こちらのほうは、これから新しい感染症ですとか、オリンピック・パラリンピック等で公衆衛生医師のいわゆる需要が増加するという中で、現状でもこの公衆衛生医師のいわゆる確保、採用というのが非常に困難で、欠員が生じているという状況の中で、安定的な確保を図るために、国や他の地方公共団体の動向を踏まえて見直しを行うというものでございます。
 それから、オリンピック・パラリンピック絡みで、一般任期付き職員の採用といったところについて、一応道が開かれてはおりますけれども、文京区の場合は、こちらのほうでの一般任期付きの採用というのは、現時点では予定してございません。
 それから、職務級の条例化というところですけれども、これは今回の地方公務員法の改正の関係でございますが、いわゆるそれぞれ職務について、あるいは職責、職層について、それぞれの果たす役割といったものをしっかり条例の中で定めると。その定めた職責に応じて適切な評価をするという中で、その規定を条例に定めるということが求められているために採用するというところです。
 扶養手当については、すみません、ちょっと今見ます。


◯名取委員長 関川委員。


◯関川委員 扶養手当の人数については後であれですけれども、500円のアップということですが、500円でもアップをすることによって、扶養されている方にとっては助かるなというふうに思います。医師については、今でも欠員が生じているということでは、限度額が26万8,500円という、この26万8,500円でも私は低いんではないかなというふうに思いますが、医師をきちんと確保するという意味では、今回、組合の要求でもありましたけれども、このように初任給を引き上げられたことは良かったというふうに思います。
 職員の方の給与は、昨日、萬立委員が申し上げましたが、1999年以来ずっとこの間、上げられておりませんで、昨年1回上げられて12万円、それから今年が6万円上げられたということで、18万円ということなんです。この間ずっと減らされてきて、90万円が減らされているというところでは、職員の皆さんは大変な中でやりくりをしている中で上がってこなかったということで、消費税も上がりましたし、暮らし向きが一層大変になっている中で、今回、人事委員会勧告を受けて、このような改定がなされたということは、妥当かなというふうに思っております。


◯名取委員長 辻職員課長。


◯辻職員課長 すみません、先ほどの扶養手当の対象人数でございますけれども、概数になりますが、約400人程度というふうに見てございます。


◯名取委員長 あと先ほどの医師の分ですけれども、あれは給料ではなくて、手当ですよね。上乗せ分だという手当。初任給ではないですよ。いいですか、関川委員。
 ほかに御質問は。
         (「なし」と言う人あり)


◯名取委員長 よろしいですか。
 それでは、態度表明に入らせていただきます。
 日本共産党さん。


◯関川委員 この議案第69号に対しましては、先ほど申し上げた意見のとおり、日本共産党は賛成いたします。


◯名取委員長 公明党さん。


◯岡崎委員 議案第69号、賛成です。


◯名取委員長 自民党。


◯海老澤委員 これからも有能な人材を是非確保していただきたいなと思いますので、それはきちんとやっていただきたいなと思いますし、今回の総務区民委員会でも出ていましたが、人事評価制度については、今後も検証を是非続けていただきたいと思います。
 それから、ワークライフバランスの実現を更に図っていただいて、女性の管理職も増やしていただきたいし、女性が活躍する場ももっと与えていただきたいと思います。そして、中長期的な人材育成に取り組んでいただいて、より職員の方がもっとモチベーションを、今も十分あるとは思うんですけれども、モチベーションを上げて働きやすい環境づくりに努めていただきたいと思いますので、自民党は賛成いたします。


◯名取委員長 未来さん。


◯山本委員 未来は特に何も付け加えることはありませんが、第69号、賛成いたします。


◯名取委員長 市民の広場さん。


◯田中(和)副委員長 市民の広場も、総務区民委員会で一定の議論が終わっておりますので、賛成いたします。


◯名取委員長 それでは、審査結果を御報告いたします。
 議案第69号につきましては、賛成8、反対ゼロ、よって原案可決でございます。
 以上で、付託議案審査は終わらせていただきます。ありがとうございました。
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 その他といたしまして、本会議での委員会報告について、文案作成について、委員長に御一任願いたいんですが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)


◯名取委員長 委員会記録についても御一任いただきたいんですが、よろしいでしょうか。
         (「はい」と言う人あり)
  ────────────────────────────────────


◯名取委員長 それでは、以上で総務区民委員会を閉会いたします。
         午後 2時53分 閉会