議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 文京区

平成26年9月定例議会本会議(第5日) 本文




2014年09月30日:平成26年9月定例議会本会議(第5日) 本文

   午後二時開議
◯議長(渡辺雅史)  ただいまから、本日の会議を開きます。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  まず、本日の会議録署名人の指名を行います。
 本件は、会議規則に基づき、議長において、
   九  番  金 子 てるよし  議員
   三十二番  国府田 久美子   議員
を指名いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  この際、書記より、諸般の報告をいたします。
   〔議事調査係長朗読〕
二六文総総第七四二号
平成二十六年九月三十日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
  規定による議会の指定議決に基づき専決処分した和解及び損害賠
  償額の決定に関する報告について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下
記のとおり報告します。
          記
 和解及び損害賠償額の決定について
┌──────┬─────┬─────┬─────┬─────┐
│ 件  名 │決定年月日│和解の内容│損害賠償額│相 手 方│
├──────┼─────┼─────┼─────┼─────┤
│清掃小型プ │平成二十六│区の被害者│二万五千五│・・・・・│
│レス車によ │年九月四日│に対する損│百二十八円│・・・・・│
│る物損事故 │     │害賠償  │     │・・・・・│
│      │     │     │     │     │
│      │     │     │     │     │
│      │     │     │     │     │
└──────┴─────┴─────┴─────┴─────┘
  ───────────────────────────
二六文監第二一七号
平成二十六年九月二十四日
               文京区監査委員  竹 澤 正 美
                  同     野 上 信 泰
                  同     松 丸 昌 史
 文京区議会議長  渡 辺 雅 史 様
  平成二十六年度八月分例月出納検査結果の報告について(提出)
 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百三十五条の二第
一項の規定に基づく標記検査結果の報告を、同条第三項の規定により
下記のとおり提出します。
          記
一 検査の対象 会計管理者所管の一般会計及び特別会計に属する平
        成二十六年度八月分の現金の出納及び保管状況
二 検査年月日 平成二十六年九月二十二日、二十四日
三 検査の結果 (1) 現金出納状況及び現金保管状況については、別
         紙「現金出納保管表」のとおり相違ありません。
        (2) 収支の計数については、別紙「歳入計算表」及
         び「歳出計算表」のとおり相違ありません。
                         〔別紙省略〕
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程の追加について申し上げます。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十五  請願受理第二十一号 場外馬券売り場(後楽園オフ
                   ト)の撤去を求める請願
追加日程第十六  請願受理第二十四号 固定資産税及び都市計画税の軽
                   減措置の継続について意見書の
                   提出に関する請願
追加日程第十七  請願受理第二十五号 固定資産税及び都市計画税の軽
                   減措置の継続について意見書の
                   提出に関する請願
追加日程第十八  請願受理第二十六号 「Bーぐる」の運用改善に関す
                   る請願
追加日程第十九  請願受理第二十七号 特別養護老人ホームの増設を求
                   める請願
追加日程第二十  請願受理第二十八号 公衆浴場の確保に関する請願
追加日程第二十一 請願受理第二十九号 「七十~七十四歳高齢者の医療
                   費窓口負担一割の継続を求め
                   る」請願
追加日程第二十二 請願受理第三十号  手話言語法制定を求める意見書
                   の提出に関する請願
追加日程第二十三 請願受理第三十一号 シルバーパス制度の改善を東京
                   都に要望するよう求める請願
追加日程第二十四 請願受理第三十二号 介護保険改定にあたり介護給付
                   改善等を求める請願
追加日程第二十五 請願受理第三十三号 年金制度の改善を国に要望する
                   よう求める請願
追加日程第二十六 請願受理第三十五号 小、中学校の全学年に三十五人
                   学級を拡大し、「三十人学級」
                   を実施するように、都及び国に
                   要請することを求める請願
追加日程第二十七 請願受理第三十六号 安心して預けられる認可保育園
                   の増設を要望する請願
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  以上十三件を本日の日程に追加いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  これより、日程に入ります。
 日程第一から第七までの七件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第一 議案第三十九号 文京区立地域活動センター条例の一部
             を改正する条例
日程第二 議案第四十号  文京区立アカデミー文京及び文京区立
             地域アカデミー条例の一部を改正する
             条例
日程第三 議案第四十七号 文京区立アカデミー向丘の指定管理者
             の指定の期間の変更について
日程第四 議案第三十五号 平成二十六年度文京区一般会計補正予
             算
日程第五 議案第三十六号 平成二十六年度文京区国民健康保険特
             別会計補正予算
日程第六 議案第三十七号 平成二十六年度文京区介護保険特別会
             計補正予算
日程第七 議案第三十八号 平成二十六年度文京区後期高齢者医療
             特別会計補正予算
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、総務区民委員会委員長の報告を求めます。
   〔総務区民委員会委員長「議長、二十三番」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  総務区民委員会委員長品田ひでこ議員。
   〔総務区民委員会委員長品田ひでこ議員登壇〕


◯総務区民委員会委員長(品田ひでこ)  ただいま議題となりました、議案第三十九号、第四十号、第四十七号及び第三十五号から第三十八号までの七議案につきまして、総務区民委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は九月二十五日及び二十六日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第三十九号は、「文京区立地域活動センター条例の一部を改正する条例」です。
 本案は、区立礫川地域活動センター及び区立向丘地域活動センターの位置を変更するとともに、施設等を改めるものです。
 次に、議案第四十号は、「文京区立アカデミー文京及び文京区立地域アカデミー条例の一部を改正する条例」です。
 本案は、区立アカデミー向丘の位置を変更し、施設等を改めるとともに、管理方法を変更するものです。
 次に、議案第四十七号は、「文京区立アカデミー向丘の指定管理者の指定の期間の変更について」です。
 本案は、区立アカデミー向丘の指定管理者の指定の期間を変更するものです。
 次に、議案第三十五号は、「平成二十六年度文京区一般会計補正予算」で、総額二十七億一千百七十九万七千円を追加する、本年度第三回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条歳入歳出予算の補正について、その概要を申し上げます。
 まず、歳入について申し上げます。
 一般財源は、平成二十五年度一般会計の繰越額の確定に伴う剰余金と、特別会計からの繰入金を財源として、二十六億五千八百六十三万六千円を計上しています。
 特定財源は、都支出金、諸収入など、五千三百十六万一千円を計上しています。
 次に、歳出について申し上げます。
 財政調整基金への積立金として、十四億三千四百万円を計上しています。このほか、水痘、高齢者肺炎球菌ワクチンの定期予防接種化等に伴う経費一億三百二十六万六千円、不燃化推進特定整備地区事業に要する経費九百四十万円、学校施設快適性向上に要する経費四千三十三万八千円等を計上しています。
 以上により、一般会計の総額は、七百九十六億九千五百十八万二千円となります。
 次に、予算総則第二条は、債務負担行為の補正です。
 コミュニティ道路整備については、債務負担行為の設定を変更し、新江戸川公園集会所「松聲閣」整備については、限度額を変更しています。
 また、区民センター改修工事、向丘保育園・育成室耐震補強その他改修工事等については、新たに期間及び限度額を定めるものです。
 次に、議案第三十六号は、「平成二十六年度文京区国民健康保険特別会計補正予算」で、総額八億一千五百五十四万一千円を追加する、本年度第一回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条歳入歳出予算の補正について、その概要を申し上げます。
 今回の補正予算は、国庫支出金及び都支出金の清算に要する経費一億四千七百四十七万五千円等を計上しています。また、その財源には繰越金等を計上しています。
 これにより、国民健康保険特別会計の総額は、百九十七億四千四百五十四万一千円となります。
 次に、議案第三十七号は、「平成二十六年度文京区介護保険特別会計補正予算」で、総額三億三千四百九万六千円を追加する、本年度第一回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条歳入歳出予算の補正について、その概要を申し上げます。
 今回の補正予算は、介護給付費準備基金の新規積立五千五百三十万円、国庫支出金及び都支出金の清算に要する経費七千三百七万円等を計上しています。また、その財源には繰越金等を計上しています。
 これにより、介護保険特別会計の総額は、百四十二億六千七百九万六千円となります。
 次に、議案第三十八号は、「平成二十六年度文京区後期高齢者医療特別会計補正予算」で、総額七千四百四十五万九千円を追加する、本年度第一回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条歳入歳出予算の補正について、その概要を申し上げます。
 今回の補正予算は、東京都後期高齢者医療広域連合への追加納付に要する経費五十万四千円等を計上しています。また、その財源には繰越金等を計上しています。
 これにより、後期高齢者医療特別会計の総額は、四十七億五千六百四十五万九千円となります。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第三十九号、第四十号、第四十七号及び第三十五号から第三十八号までの七議案につきましては、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上で総務区民委員会の報告を終わります。


◯議長(渡辺雅史)  以上をもって、総務区民委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第三十九号、第四十号、第四十七号及び第三十五号から第三十八号までの七議案につきましては、それぞれ起立により採決いたします。
 なお、この七議案に対する総務区民委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第三十九号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第三十九号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第四十号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十七号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第四十七号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十五号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第三十五号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十六号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第三十六号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十七号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第三十七号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十八号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第三十八号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程第八から第十までの三件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第八 議案第四十一号    文京区立障害者福祉施設条例の一部
                を改正する条例
日程第九 議案第四十二号    文京区保健衛生事務手数料条例の一
                部を改正する条例
日程第十 議員提出議案第十二号 文京区後期高齢者の医療費の助成に
                関する条例
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、厚生委員会委員長の報告を求めます。
   〔厚生委員会委員長「議長、十九番」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  厚生委員会委員長高畑久子議員。
   〔厚生委員会委員長高畑久子議員登壇〕


◯厚生委員会委員長(高畑久子)  ただいま議題となりました議案第四十一号及び第四十二号並びに議員提出議案第十二号の三議案につきまして、厚生委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は、九月二十二日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第四十一号は、「文京区立障害者福祉施設条例の一部を改正する条例」です。
 本案は、区立本郷福祉センターにおいて、障害のある中・高生の居場所対策事業を、児童福祉法に基づく放課後等デイサービスに関する事業として実施するものです。
 次に、議案第四十二号は、「文京区保健衛生事務手数料条例の一部を改正する条例」です。
 本案は、薬事法及び薬事法施行令の一部改正に伴い、規定を整備するものです。
 次に、議員提出議案第十二号は、「文京区後期高齢者の医療費の助成に関する条例」です。
 本案は、後期高齢者の医療費の負担軽減を図るものです。
 次に、審査の過程におきまして、意見が開陳されましたので、その概要を申し上げます。
 議員提出議案第十二号について、改革の意見として、医療費や薬代が増える懸念があり、他の施策との見合いで、本施策だけに一般会計から五億円を繰り入れることは適切ではないと考えるので、反対である。
 自民党の意見として、財源の問題をしっかり認識する必要があり、また、東京都後期高齢者医療広域連合との関係から、制度設計の仕組みにも疑問があることから、反対である。
 市民の広場の意見として、医療費を無料化した国では、税負担が高額になっており、日本の財政状況や医療資源の有効活用の観点から、現時点では時期尚早と考えるので、反対である。
 公明党の意見として、高齢者が増え続ける中で、区民の負担が増えていくことに理解が得られるか疑問であり、医療費の増加にもつながると考えるので、反対である。
 みんなの党の意見として、世の中全体は、医療になるべくかからないための予防対策を望んでおり、また、制度ができることに不透明な部分があるので、反対である。
 日本共産党の意見として、高齢者の暮らしの大変な状況を直していく必要があり、財政的に大変な非課税世帯の医療費を無料にする大変良い制度であると考えるので、賛成である。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議員提出議案第十二号につきましては、原案を否決すべきものと決定いたしました。
 また、議案第四十一号及び第四十二号の二議案につきましては、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上をもちまして、厚生委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(渡辺雅史)  以上をもって、厚生委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第四十一号及び第四十二号並びに議員提出議案第十二号につきましては、それぞれ起立により採決いたします。
 なお、厚生委員会審査報告は、議案第四十一号及び第四十二号の二議案については原案可決、議員提出議案第十二号については原案否決であります。
 お諮りいたします。
 議案第四十一号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第四十一号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十二号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第四十二号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議員提出議案第十二号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  起立少数と認めます。よって、議員提出議案第十二号は、原案否決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、日程第十一から第十四までの四件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第十一 議案第四十三号 文京区育成室運営条例の一部を改正
              する条例
日程第十二 議案第四十四号 文京区放課後児童健全育成事業の設
              備及び運営の基準に関する条例
日程第十三 議案第四十五号 文京区特定教育・保育施設及び特定
              地域型保育事業の運営の基準に関す
              る条例
日程第十四 議案第四十六号 文京区家庭的保育事業等の設備及び
              運営の基準に関する条例
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本案に関し、文教委員会委員長の報告を求めます。
   〔文教委員会委員長「議長、十二番」と発言を求む。〕


◯議長(渡辺雅史)  文教委員会委員長田中としかね議員。
   〔文教委員会委員長田中としかね議員登壇〕


◯文教委員会委員長(田中としかね)  ただいま議題となりました議案第四十三号から第四十六号までの四議案につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は、九月十九日及び二十二日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第四十三号は、「文京区育成室運営条例の一部を改正する条例」です。
 本案は、児童福祉法の一部改正等に伴い、規定を整備するものです。
 次に、議案第四十四号は、「文京区放課後児童健全育成事業の設備及び運営の基準に関する条例」です。
 本案は、児童福祉法の一部改正に伴い、放課後児童健全育成事業の設備及び運営に関する基準を定めるもので、新規制定です。
 次に、議案第四十五号は、「文京区特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営の基準に関する条例」です。
 本案は、子ども・子育て支援法の施行に伴い、特定教育・保育施設及び特定地域型保育事業の運営に関する基準を定めるもので、新規制定です。
 次に、議案第四十六号は、「文京区家庭的保育事業等の設備及び運営の基準に関する条例」です。
 本案は、児童福祉法の一部改正に伴い、家庭的保育事業等の設備及び運営に関する基準を定めるもので、新規制定です。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第四十三号から第四十六号までの四議案につきましては、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 しかしながら、この決定に際し、日本共産党委員より、議案第四十四号から第四十六号までについて、それぞれ反対する旨の意見が開陳されました。
 以上をもちまして、文教委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(渡辺雅史)  以上をもって、文教委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第四十三号から第四十六号までの四議案につきましては、それぞれ起立により採決いたします。
 なお、この四議案に対する文教委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第四十三号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  全員起立と認めます。よって、議案第四十三号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十四号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  起立多数と認めます。よって、議案第四十四号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十五号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  起立多数と認めます。よって、議案第四十五号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十六号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(渡辺雅史)  起立多数と認めます。よって、議案第四十六号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  次に、追加日程第十五から第二十七までの十三件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十五  請願受理第二十一号 場外馬券売り場(後楽園オフ
                   ト)の撤去を求める請願
追加日程第十六  請願受理第二十四号 固定資産税及び都市計画税の軽
                   減措置の継続について意見書の
                   提出に関する請願
追加日程第十七  請願受理第二十五号 固定資産税及び都市計画税の軽
                   減措置の継続について意見書の
                   提出に関する請願
追加日程第十八  請願受理第二十六号 「Bーぐる」の運用改善に関す
                   る請願
追加日程第十九  請願受理第二十七号 特別養護老人ホームの増設を求
                   める請願
追加日程第二十  請願受理第二十八号 公衆浴場の確保に関する請願
追加日程第二十一 請願受理第二十九号 「七十~七十四歳高齢者の医療
                   費窓口負担一割の継続を求め
                   る」請願
追加日程第二十二 請願受理第三十号  手話言語法制定を求める意見書
                   の提出に関する請願
追加日程第二十三 請願受理第三十一号 シルバーパス制度の改善を東京
                   都に要望するよう求める請願
追加日程第二十四 請願受理第三十二号 介護保険改定にあたり介護給付
                   改善等を求める請願
追加日程第二十五 請願受理第三十三号 年金制度の改善を国に要望する
                   よう求める請願
追加日程第二十六 請願受理第三十五号 小、中学校の全学年に三十五人
                   学級を拡大し、「三十人学級」
                   を実施するように、都及び国に
                   要請することを求める請願
追加日程第二十七 請願受理第三十六号 安心して預けられる認可保育園
                   の増設を要望する請願
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  本件に関し、それぞれの委員会から請願審査報告書が提出されておりますので、書記より朗読いたします。
   〔議事調査係長朗読〕
平成二十六年九月三十日
             総務区民委員会委員長  品 田 ひでこ
文京区議会議長 渡 辺 雅 史 様
     総務区民委員会請願審査報告書
  九月五日、本委員会に付託された請願については、九月二十五日審
 査の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
          記
一 請願受理第二十一号
 ・件   名 場外馬券売り場(後楽園オフト)の撤去を求める請願
 ・請 願 者 文京区本駒込五丁目十五番十二号
        新日本婦人の会文京支部
                     代表  榎 戸 忠 子
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

二 請願受理第二十四号
 ・件   名 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続について
        意見書の提出に関する請願
 ・請 願 者 文京区本駒込一丁目二番五号 ルネ文京白山
        一般社団法人 本郷青色申告会
                     会長  松 本   正
 ・審査の結果 採択・・・・関係機関送付
 ・意   見 趣旨は妥当である。

三 請願受理第二十五号
 ・件   名 固定資産税及び都市計画税の軽減措置の継続について
        意見書の提出に関する請願
 ・請 願 者 文京区小日向一丁目一番八号
                  藤和小日向ホームズ一〇一号
        一般社団法人 小石川青色申告会
                     会長  赤 司 幸 勇
 ・審査の結果 採択・・・・関係機関送付
 ・意   見 趣旨は妥当である。

四 請願受理第二十六号
 ・件   名 「Bーぐる」の運用改善に関する請願
 ・請 願 者 文京区千駄木二丁目十番一号
        全日本年金者組合 文京支部
                    支部長  清 水 眞 吉
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────
平成二十六年九月三十日
               厚生委員会委員長  高 畑 久 子
文京区議会議長 渡 辺 雅 史 様
     厚生委員会請願審査報告書
  九月五日、本委員会に付託された請願については、九月二十二日審
 査の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
          記
一 請願受理第二十七号
 ・件   名 特別養護老人ホームの増設を求める請願
 ・請 願 者 文京区本駒込五丁目十五番十二号
        新日本婦人の会文京支部
                     代表  榎 戸 忠 子
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

二 請願受理第二十八号
 ・件   名 公衆浴場の確保に関する請願
 ・請 願 者 文京区千駄木一丁目二十二番二十二号
                         藤 代 東洋夫
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

三 請願受理第二十九号
 ・件   名 「七十~七十四歳高齢者の医療費窓口負担一割の継続
        を求める」請願
 ・請 願 者 文京区大塚三丁目三十六番七号 健商ビル五階
        文京区社会保障推進協議会
                     会長  武 市 和 彦
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

四 請願受理第三十号
 ・件   名 手話言語法制定を求める意見書の提出に関する請願
 ・請 願 者 文京区千石四丁目四十番二十号五〇二号室
        文京区聴覚障害者協会
                     会長  芝 崎 博 武
 ・審査の結果 採択・・・・関係機関送付
 ・意   見 趣旨は妥当である。

五 請願受理第三十一号
 ・件   名 シルバーパス制度の改善を東京都に要望するよう求め
        る請願
 ・請 願 者 文京区千駄木二丁目十番一号
        全日本年金者組合 文京支部
                    支部長  清 水 眞 吉
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

六 請願受理第三十二号
 ・件   名 介護保険改定にあたり介護給付改善等を求める請願
 ・請 願 者 文京区千駄木二丁目十番一号
        全日本年金者組合 文京支部
                    支部長  清 水 眞 吉
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

七 請願受理第三十三号
 ・件   名 年金制度の改善を国に要望するよう求める請願
 ・請 願 者 文京区千駄木二丁目十番一号
        全日本年金者組合 文京支部
                    支部長  清 水 眞 吉
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────
平成二十六年九月三十日
               文教委員会委員長  田 中 としかね
文京区議会議長 渡 辺 雅 史 様
     文教委員会請願審査報告書
  九月五日、本委員会に付託された請願については、九月十九日審査
 の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
          記
一 請願受理第三十五号
 ・件   名 小、中学校の全学年に三十五人学級を拡大し、「三十
        人学級」を実施するように、都及び国に要請すること
        を求める請願
 ・請 願 者 文京区本駒込五丁目十五番十二号
        新日本婦人の会文京支部
                     代表  榎 戸 忠 子
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。

二 請願受理第三十六号
 ・件   名 安心して預けられる認可保育園の増設を要望する請願
 ・請 願 者 文京区本駒込五丁目十五番十二号
        新日本婦人の会文京支部
                     代表  榎 戸 忠 子
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  これより、追加日程第十五から第二十七までの十三請願を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本件は、いずれも委員会の報告のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(渡辺雅史)  御異議なしと認めます。よって、本件は、いずれも委員会の報告のとおり決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(渡辺雅史)  以上で、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、追って御通知申し上げます。
 本日は、これにて散会いたします。
   午後二時三十分散会