議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 文京区

平成29年2月定例議会本会議(第5日) 本文




2017年03月07日:平成29年2月定例議会本会議(第5日) 本文

   午後二時開議
◯議長(白石英行)  ただいまから、本日の会議を開きます。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  まず、本日の会議録署名人の指名を行います。
 本件は、会議規則に基づき、議長において、
    十 三番  渡 辺 智 子  議員
    二十一番  名 取 顕 一  議員
を指名いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  この際、書記より、諸般の報告をいたします。
   〔議事調査係長朗読〕
二八文総総第一一六八号
平成二十九年三月七日
                  文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  白 石 英 行 様
   地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百八十条第一項の
   規定による議会の指定議決に基づき専決処分した契約変更の報告
   について
 このことについて、地方自治法第百八十条第二項の規定により、下記のとおり報告します。
         記
一 件   名 公園再整備工事(文京区立新大塚公園)
二 決定年月日 平成二十九年二月二十三日
三 変更事項  契約金額
         変更後 金二億三百七十九万三千八百四十円
         変更前 金一億九千九百八十万円
  ───────────────────────────
二八文監第一九一号
平成二十九年三月二日
               文京区監査委員  竹 澤 正 美
                  同     松 本 理惠子
                  同     橋 本 直 和
 文京区議会議長  白 石 英 行 様
  定期監査の結果に関する報告について(提出)
 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第百九十九条第一項、第二項及び第四項の規定に基づき監査を実施したので、同条第九項及び第十項の規定により、監査の結果に関する報告及び意見を決定し、別紙のとおり提出します。
                         〔別紙省略〕
  ───────────────────────────
二八文監第一八三号
平成二十九年二月二十四日
               文京区監査委員  竹 澤 正 美
                  同     松 本 理惠子
                  同     橋 本 直 和
 文京区議会議長  白 石 英 行 様
  平成二十八年度一月分例月出納検査結果の報告について(提出)
 地方自治法(昭和二十二年法律第六十七号)第二百三十五条の二第
一項の規定に基づく標記検査結果の報告を、同条第三項の規定により
下記のとおり提出します。
         記
一 検査の対象 会計管理者所管の一般会計及び特別会計に属する平
        成二十八年度一月分の現金の出納及び保管状況
二 検査年月日 平成二十九年二月二十三日、二十四日
三 検査の結果 (1) 現金出納状況及び現金保管状況については、別
         紙「現金出納保管表」のとおり相違ありません。
        (2) 収支の計数については、別紙「歳入計算表」及
         び「歳出計算表」のとおり相違ありません。
                         〔別紙省略〕
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、日程の追加について申し上げます。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十八  議案第五十一号   文京区建設事務手数料条例の
                   一部を改正する条例
追加日程第十九  請願受理第二十一号 場外馬券売り場(後楽園オフ
                   ト)の撤去を求める請願
追加日程第二十  請願受理第二十二号 消費税率一〇%への増税の断
                   念、撤回を求める請願
追加日程第二十一 請願受理第二十三号 区民が安心して利用できる介
                   護保険に関わる請願
追加日程第二十二 請願受理第十四号  建築計画の事前協議に関する
                   請願
追加日程第二十三 請願受理第二十四号 学校図書館への人的支援のさ
                   らなる拡充に関する請願
追加日程第二十四 請願受理第二十五号 特別支援教育における「個別
                   指導計画」作成に関する請願
追加日程第二十五 請願受理第二十六号 根津・千駄木地域の中学校へ
                   の特別支援学級設置に関する
                   請願
追加日程第二十六           教育委員会委員任命の同意に
                   ついて
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  以上九件を本日の日程に追加いたします。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  これより、日程に入ります。
 日程第一から第十一までの十一件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第一  議案第三十八号  文京区個人情報の保護に関する条例の
               一部を改正する条例
日程第二  議案第三十九号  文京区職員定数条例の一部を改正する
               条例
日程第三  議案第四十号   職員の育児休業等に関する条例の一部
               を改正する条例
日程第四  議案第四十一号  職員の勤務時間、休日、休暇等に関す
               る条例の一部を改正する条例
日程第五  議案第四十二号  職員の配偶者同行休業に関する条例の
               一部を改正する条例
日程第六  議案第四十三号  文京区特別区税条例等の一部を改正す
               る条例
日程第七  議案第四十四号  文京区空家等対策審議会条例
日程第八  議案第三十号   平成二十八年度文京区一般会計補正予
               算
日程第九  議案第三十一号  平成二十八年度文京区国民健康保険特
               別会計補正予算
日程第十  議案第三十二号  平成二十八年度文京区介護保険特別会
               計補正予算
日程第十一 議案第三十三号  平成二十八年度文京区後期高齢者医療
               特別会計補正予算
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本案に関し、総務区民委員会委員長の報告を求めます。
   〔総務区民委員会委員長「議長、二十一番」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  総務区民委員会委員長名取顕一議員。
   〔総務区民委員会委員長名取顕一議員登壇〕


◯総務区民委員会委員長(名取顕一)  ただいま議題となりました議案第三十八号から第四十四号まで及び第三十号から第三十三号までの十一議案につきまして、総務区民委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は、三月二日及び三月三日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第三十八号は、文京区個人情報の保護に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部改正に伴い、情報提供等記録の定義等を改めるほか、規定を整備するものです。
 次に、議案第三十九号は、文京区職員定数条例の一部を改正する条例です。
 本案は、職員配置の見直しに伴い、職員の定数を改めるものです。
 次に、議案第四十号は、職員の育児休業等に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、育児休業等に係る子の範囲の拡大等に伴い、規定を整備するものです。
 次に、議案第四十一号は、職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部改正等に伴い、職員の勤務時間及び休暇制度を改めるものです。
 次に、議案第四十二号は、職員の配偶者同行休業に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、配偶者同行休業の期間の再度の延長を可能とするものです。
 次に、議案第四十三号は、文京区特別区税条例等の一部を改正する条例です。
 本案は、地方税法の一部改正等に伴い、規定を整備するものです。
 次に、議案第四十四号は、文京区空家等対策審議会条例です。
 本案は、空き家等に関する施策の推進を図るための附属機関として、文京区空家等対策審議会を設置するものです。
 次に、議案第三十号は、平成二十八年度文京区一般会計補正予算で、総額十九億二千七百三十一万七千円を追加する、本年度第三回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条、歳入歳出予算の補正について、その概略を申し上げます。
 まず、歳入についてです。
 実績見込みにより、特別区税、国庫支出金、都支出金、財産収入等を追加するとともに、利子割交付金、配当割交付金、繰入金等の更正を行っています。
 次に、歳出についてです。
 まず、事業費は、私立保育園及び認証保育所の運営補助に要する経費、また、児童相談所用地取得に要する経費等を計上しました。
 そのほか、各特別会計への繰出金等を実績見込みにより追加又は更正するとともに、今後の財政需要に備え、財政調整基金、区民施設整備基金及び学校施設建設整備基金へ積立てを行うものです。
 給与関係経費では、退職手当の実績見込み、給与改定による追加のほか、現員現給差等による更正を行うものです。
 以上により、一般会計の総額は、八百七十四億三千七十八万四千円となります。
 次に、予算総則第二条は繰越明許費で、個人番号カード交付に係る住民基本台帳事務、再開発事業助成及び都市・地域再生緊急促進事業助成について、事業費を翌年度に繰り越すものです。
 次に、予算総則第三条は、債務負担行為の補正です。
 スポーツセンター改修工事等について、限度額を変更します。
 次に、議案第三十一号は、平成二十八年度文京区国民健康保険特別会計補正予算で、総額三億二千百六十五万四千円を更正する、本年度第二回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条、歳入歳出予算の補正について、その概略を申し上げます。
 歳入につきましては、繰入金等を追加するほか、療養給付費等交付金、共同事業交付金等を更正するものです。
 また、歳出は、保険給付費の更正等を行うものです。
 これにより、国民健康保険特別会計の総額は、二百三十億三千五百一万八千円となります。
 次に、議案第三十二号は、平成二十八年度文京区介護保険特別会計補正予算で、総額三億七千九百四十七万二千円を更正する、本年度第二回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条、歳入歳出予算の補正について、その概略を申し上げます。
 歳入につきましては、国庫支出金、支払基金交付金等の更正を行うものです。
 歳出は、保険給付費の更正等を行うものです。
 これにより、介護保険特別会計の総額は、百四十八億二千四百七十七万八千円となります。
 次に、議案第三十三号は、平成二十八年度文京区後期高齢者医療特別会計補正予算で、総額千六百五十六万八千円を更正する、本年度第二回の補正予算です。
 それでは、予算総則第一条、歳入歳出予算の補正について、その概略を申し上げます。
 歳入につきましては、後期高齢者医療保険料を追加し、繰入金等を更正するものです。
 歳出は、保険給付費等を更正するものです。
 これにより、後期高齢者医療特別会計の総額は、四十八億八百六十三万九千円となります。
 なお、議案第四十号から第四十二号までの三議案につきましては、地方公務員法第五条第二項の規定により、あらかじめ特別区人事委員会の意見を聴取し、異議ない旨の意見を得て、本委員会に付託されたものです。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第三十八号から第四十四号まで及び第三十号から第三十三号までの十一議案につきましては、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 しかしながら、この決定に際し、日本共産党委員より、議案第三十八号、第四十三号及び第三十号から第三十三号までについて、市民の広場委員より、議案第三十八号及び第三十号から第三十三号までについて、それぞれ反対する旨の意見が開陳されました。
 以上をもちまして、総務区民委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(白石英行)  以上をもって総務区民委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第三十八号から第四十四号まで及び第三十号から第三十三号までの十一議案につきましては、それぞれ起立により採決いたします。
 なお、この十一議案に対する総務区民委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第三十八号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、議案第三十八号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十九号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第三十九号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十一号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十一号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十二号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十二号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十三号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、議案第四十三号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十四号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十四号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、議案第三十号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十一号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、議案第三十一号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十二号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、議案第三十二号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第三十三号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、議案第三十三号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、日程第十二から第十四までの三件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第十二  議案第四十五号 文京区指定地域密着型サービスの事業
               の人員、設備及び運営等の基準に関す
               る条例の一部を改正する条例
日程第十三  議案第四十六号 文京区指定地域密着型介護予防サービ
               スの事業の人員、設備及び運営、指定
               地域密着型介護予防サービスに係る介
               護予防のための効果的な支援の方法等
               の基準に関する条例の一部を改正する
               条例
日程第十四  議案第四十七号 文京区精神障害者福祉手当条例
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本案に関し、厚生委員会委員長の報告を求めます。
   〔厚生委員会委員長「議長、三十三番」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  厚生委員会委員長板倉美千代議員。
   〔厚生委員会委員長板倉美千代議員登壇〕


◯厚生委員会委員長(板倉美千代)  ただいま議題となりました議案第四十五号から第四十七号の三議案につきまして、厚生委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は、二月二十四日及び二十八日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第四十五号は、文京区指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営等の基準に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準の一部改正に伴い、地域密着型通所介護の事業の人員、設備及び運営等の基準を定めるほか、規定を整備するものです。
 次に、議案第四十六号は、文京区指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営、指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法等の基準に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準の一部改正に伴い、介護予防小規模多機能型居宅介護従業者に関する基準を改めるほか、規定を整備するものです。
 次に、議案第四十七号は、文京区精神障害者福祉手当条例です。
 本案は、精神障害者福祉手当を支給することにより、精神障害者の福祉の増進を図るものです。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第四十五号、第四十六号及び第四十七号の三議案につきましては、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上をもちまして、厚生委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(白石英行)  以上をもって厚生委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第四十五号から第四十七号までの三議案につきましては、それぞれ起立により採決いたします。
 なお、この三議案に対する厚生委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第四十五号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十五号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十六号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十六号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十七号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十七号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、日程第十五及び第十六の二件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第十五  議案第四十八号 文京区自転車駐車場条例の一部を改正
               する条例
日程第十六  議案第四十九号 文京区立児童遊園条例の一部を改正す
               る条例
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本案に関し、建設委員会委員長の報告を求めます。
   〔建設委員会委員長「議長、十六番」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  建設委員会委員長高山泰三議員。
   〔建設委員会委員長高山泰三議員登壇〕


◯建設委員会委員長(高山泰三)  ただいま議題となりました議案第四十八号及び第四十九号の二議案につきまして、建設委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は、三月一日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第四十八号は、文京区自転車駐車場条例の一部を改正する条例です。
 本案は、一時利用制自転車駐車場を新設するものです。
 次に、議案第四十九号は、文京区立児童遊園条例の一部を改正する条例です。
 本案は、区立新江戸川児童遊園を廃止するものです。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第四十八号及び第四十九号の二議案につきましては、いずれも原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上をもちまして、建設委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(白石英行)  以上をもって建設委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第四十八号及び第四十九号の二議案につきましては、それぞれ起立により採決いたします。
 なお、この二議案に対する建設委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第四十八号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十八号は、原案のとおり可決と決しました。
 次に、議案第四十九号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第四十九号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、日程第十七を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
日程第十七  議案第五十号  幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休
               暇等に関する条例の一部を改正する条
               例
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本案に関し、文教委員会委員長の報告を求めます。
   〔文教委員会委員長「議長、十番」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  文教委員会委員長森守議員。
   〔文教委員会委員長森守議員登壇〕


◯文教委員会委員長(森守)  ただいま議題となりました議案第五十号につきまして、文教委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は、二月二十八日に開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第五十号は、幼稚園教育職員の勤務時間、休日、休暇等に関する条例の一部を改正する条例です。
 本案は、育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部改正等に伴い、幼稚園教育職員の勤務時間及び休暇制度を改めるものです。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第五十号につきましては、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上をもちまして、文教委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(白石英行)  以上をもって文教委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第五十号につきましては、起立により採決いたします。
 なお、この議案に対する文教委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第五十号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第五十号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第十八を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十八  議案第五十一号 文京区建設事務手数料条例の一部
                 を改正する条例
  ───────────────────────────
   〔議案の部に掲載〕
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本案に関し、提案理由の説明を求めます。
   〔瀧康弘副区長「議長、副区長」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  瀧康弘副区長。
   〔瀧康弘副区長登壇〕


◯副区長(瀧康弘)  ただいま上程されました議案第五十一号につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 議案第五十一号は、文京区建設事務手数料条例の一部を改正する条例でございます。
 本案は、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の施行等に伴い、手数料の徴収項目を追加するほか、規定を整備するため、提案するものでございます。
 施行期日は、平成二十九年四月一日でございます。
 以上御説明申し上げました議案につきまして、よろしく御審議の上、原案のとおり御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(白石英行)  お諮りいたします。
 議案第五十一号は、建設委員会に付託したいと思います。これに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(白石英行)  御異議なしと認めます。よって、議案第五十一号は、建設委員会に付託することに決しました。
  この際、委員会審査のため、会議を暫時休憩したいと思います。
 建設委員会委員の方々は、第一委員会室に御参集ください。
   午後二時二十七分休憩
  ───────────────────────────
   午後二時四十四分再開


◯議長(白石英行)  休憩前に引き続きまして、会議を再開いたします。
 この際、建設委員会から議案第五十一号について、議案審査報告書が提出されていますので、本日の日程に追加いたします。
 議案第五十一号、文京区建設事務手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。
 本案に関し、建設委員会委員長の報告を求めます。
   〔建設委員会委員長「議長、十六番」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  建設委員会委員長高山泰三議員。
   〔建設委員会委員長高山泰三議員登壇〕


◯建設委員会委員長(高山泰三)  ただいま議題となりました議案第五十一号につきまして、建設委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。
 本委員会は先刻開会し、議案の審査に当たりました。
 まず、議案の概要を申し上げます。
 議案第五十一号は、文京区建設事務手数料条例の一部を改正する条例です。
 本案は、建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律の施行等に伴い、手数料の徴収項目を追加するほか、規定を整備するものです。
 以上のとおり提案され、審査いたしました結果、議案第五十一号につきましては、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上をもちまして、建設委員会の報告を終わります。
 御清聴、誠にありがとうございました。


◯議長(白石英行)  以上をもって建設委員会委員長の報告は終わりました。
 議案第五十一号につきましては、起立により採決いたします。
 なお、この議案に対する建設委員会審査報告は、原案可決であります。
 お諮りいたします。
 議案第五十一号について、賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、議案第五十一号は、原案のとおり可決と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第十九及び第二十の二件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第十九  請願受理第二十一号 場外馬券売り場(後楽園オフ
                   ト)の撤去を求める請願
追加日程第二十  請願受理第二十二号 消費税率一〇%への増税の断
                   念、撤回を求める請願
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本件に関し、総務区民委員会から請願審査報告書が提出されていますので、書記より朗読いたします。
   〔議事調査係長朗読〕
平成二十九年三月七日
             総務区民委員会委員長  名 取 顕 一
文京区議会議長 白 石 英 行 様
     総務区民委員会請願審査報告書
 二月十三日、本委員会に付託された請願については、三月二日審査
の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
         記
一 請願受理第二十一号
 ・件   名 場外馬券売り場(後楽園オフト)の撤去を求める請願
 ・請 願 者 文京区本駒込五丁目十五番十二号
        新日本婦人の会文京支部
                     代表  榎 戸 忠 子
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────
二 請願受理第二十二号
 ・件   名 消費税率一〇%への増税の断念、撤回を求める請願
 ・請 願 者 文京区千石二丁目一番十二号
        消費税をなくす文京の会
                     代表  田 中   繁
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  これより、追加日程第十九及び第二十の二請願を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本件は、いずれも委員会の報告のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(白石英行)  御異議なしと認めます。よって、本件は、いずれも委員会の報告のとおり決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第二十一を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第二十一 請願受理第二十三号 区民が安心して利用できる介
                   護保険に関わる請願
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本件に関し、厚生委員会から請願審査報告書が提出されていますので、書記より朗読させていただきます。
   〔議事調査係長朗読〕
平成二十九年三月七日
               厚生委員会委員長  板 倉 美千代
文京区議会議長 白 石 英 行 様
     厚生委員会請願審査報告書
 二月十三日、本委員会に付託された請願については、二月二十四日
審査の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
         記
一 請願受理第二十三号
 ・件   名 区民が安心して利用できる介護保険に関わる請願
 ・請 願 者 文京区本駒込五丁目十五番十二号
        新日本婦人の会文京支部
                     代表  榎 戸 忠 子
 ・審査の結果 第一項及び第三項から第六項まで 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第二十一について、請願の概要を書記より朗読いたします。
   〔議事調査係長朗読〕
 請願受理第二十三号、区民が安心して利用できる介護保険に関わる請願。
 この請願は、区民が安心して介護保険の制度を利用するため、請願事項一、「要支援一・二の方の訪問介護と通所サービスの質を落とさないこと」、請願事項三「申請者の実態に合った認定結果となるよう介護認定審査を行うこと」、請願事項四、「紙おむつの支給等、介護保険以外の区の施策について、対象者を介護度で限定するのではなく、必要に迫られている方が利用できるようにすること」をそれぞれ区に求め、請願事項五「特別養護老人ホームの入所について、要介護一・二であっても、在宅生活困難等の実態に応じ、できるだけ入所できるよう考慮すること」、請願事項六「要介護一・二の生活援助サービスの低下、削減、利用料の引上げは行わないこと」をそれぞれ国に求めるものです。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  これより、請願受理第二十三号につきまして採決いたします。
 なお、この請願の請願事項一及び請願事項三から六までに対する厚生委員会審査報告は、不採択であります。
 まず、請願受理第二十三号、請願事項一及び請願事項三から五までにつきまして、それぞれ起立により採決いたします。
 お諮りいたします。
 請願事項一について、採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、請願事項一は、採択と決しました。
 次に、請願事項三について、採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、請願事項三は、採択と決しました。
 次に、請願事項四について、採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、請願事項四は、採択と決しました。
 次に、請願事項五について、採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  起立多数と認めます。よって、請願事項五は、採択と決しました。
 次に、請願事項六について、採決いたします。
 お諮りいたします。
 本件は、委員会の報告のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(白石英行)  御異議なしと認めます。よって、本件は、委員会の報告のとおり決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第二十二を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第二十二 請願受理第十四号  建築計画の事前協議に関する
                   請願
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本件に関し、建設委員会から請願審査報告書が提出されていますので、書記より朗読いたします。
   〔議事調査係長朗読〕
平成二十九年三月七日
               建設委員会委員長  高 山 泰 三
文京区議会議長 白 石 英 行 様
     建設委員会請願審査報告書
 平成二十八年九月六日、本委員会に付託された請願については、三
月一日審査の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
         記
一 請願受理第十四号
 ・件   名 建築計画の事前協議に関する請願
 ・請 願 者 文京区小石川二丁目二十番十号
                    中 山 代志子 外十一名
 ・審査の結果 不採択
 ・意   見 趣旨に沿い難い。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第二十二について、請願の概要を書記より朗読いたします。
   〔議事調査係長朗読〕
 請願受理第十四号、建築計画の事前協議に関する請願。
 この請願は、一定規模以上の開発事業及び建築計画についての早期の公開と、アドバイザー制ではなく申立てにより設置される専門家による委員会において、区と区民と事業者の三者が公開の場で協議することをそれぞれ義務付ける制度の創設を、文京区長に要請することを求めるものです。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  これより、請願受理第十四号につきまして、起立により採決いたします。
 なお、この請願に対する建設委員会審査報告は、不採択であります。
 お諮りいたします。
 請願受理第十四号について、採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  採択とすることに賛成の議員は十六名です。
 出席議員三十二名の半数となりましたので、不採択とすることに賛成の議員を確認するため、起立により採決させていただきます。
 お諮りいたします。
 請願受理第十四号について、不採択とすることに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  不採択とすることに賛成の議員は十六名です。
 可否同数でしたので、地方自治法第百十六条の規定により、議長において本件に対する可否を裁決いたします。
 請願受理第十四号について、議長は不採択と裁決いたします。よって、請願受理第十四号は、不採択と決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第二十三から第二十五までの三件を一括して議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第二十三 請願受理第二十四号 学校図書館への人的支援のさ
                   らなる拡充に関する請願
追加日程第二十四 請願受理第二十五号 特別支援教育における「個別
                   指導計画」作成に関する請願
追加日程第二十五 請願受理第二十六号 根津・千駄木地域の中学校へ
                   の特別支援学級設置に関する
                   請願
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本件に関し、文教委員会から請願審査報告書が提出されていますので、書記より朗読いたします。
   〔議事調査係長朗読〕
平成二十九年三月七日
               文教委員会委員長  森     守
文京区議会議長 白 石 英 行 様
     文教委員会請願審査報告書
 二月十三日、本委員会に付託された請願については、二月二十八日
審査の結果、下記のとおり決定したので報告いたします。
         記
一 請願受理第二十四号
 ・件   名 学校図書館への人的支援のさらなる拡充に関する請願
 ・請 願 者 文京区小日向三丁目七番三号
                         小 林 玲 子
 ・審査の結果 採択・・・執行機関送付
 ・意   見 趣旨は妥当である。
  ───────────────────────────
二 請願受理第二十五号
 ・件   名 特別支援教育における「個別指導計画」作成に関する
        請願
 ・請 願 者 文京区本郷四丁目八番十七‐八〇三号
                         古 市 理 代
 ・審査の結果 採択・・・執行機関送付
 ・意   見 趣旨は妥当である。
  ───────────────────────────
三 請願受理第二十六号
 ・件   名 根津・千駄木地域の中学校への特別支援学級設置に関
        する請願
 ・請 願 者 文京区千駄木二丁目二番九号
                         山 野 順一朗
 ・審査の結果 採択・・・執行機関送付
 ・意   見 趣旨は妥当である。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  これより、追加日程第二十三から第二十五までの三請願を一括して採決いたします。
 お諮りいたします。
 本件は、いずれも委員会の報告のとおり決することに御異議ございませんか。
   〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


◯議長(白石英行)  御異議なしと認めます。よって、本件は、いずれも委員会の報告のとおり決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  次に、追加日程第二十六を議題といたします。
   〔議事調査係長朗読〕
追加日程第二十六          教育委員会委員任命の同意につ
                  いて
  ───────────────────────────
二八文総総第一一六六号
平成二十九年三月七日
                   文京区長  成 澤 廣 修
 文京区議会議長  白 石 英 行 様
  教育委員会委員任命の同意について
 本区教育委員会委員に下記の者を任命いたしたいので、地方教育行政
の組織及び運営に関する法律(昭和三十一年法律第百六十二号)第四条
第二項の規定により、区議会の同意についてお取り計らい願います。
         記
  住  所  ・・・・・・・・・・
  氏  名  坪  井  節  子
  生年月日  ・・・・・・・・・・
       略          歴
昭和五十三年三月  早稲田大学第一文学部卒業

昭和五十五年四月  弁護士登録(東京弁護士会所属。現在に至る。)

昭和六十三年四月  文京区保護司(現在に至る。)

平成元年四月    東京弁護士会子どもの人権と少年法に関する特別
          委員会委員(現在に至る。)

平成三年六月    日本弁護士連合会子どもの権利委員会委員(現在
          に至る。)

平成十三年四月   東京都児童相談所非常勤弁護士(協力弁護士。現
          在に至る。)

平成十三年七月   児童養護施設若草寮評議員

平成十六年六月   NPO法人カリヨン子どもセンター理事長

平成二十年三月   社会福祉法人カリヨン子どもセンター理事長(現
          在に至る。)

平成二十五年三月  文京区教育委員会委員(現在に至る。)
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  本件同意を求める理由について、区長の説明を求めます。
   〔成澤廣修区長「議長、区長」と発言を求む。〕


◯議長(白石英行)  成澤廣修区長。
   〔成澤廣修区長登壇〕


◯区長(成澤廣修)  ただいま上程されました教育委員会委員の任命同意の案件につきまして、提案理由の御説明を申し上げます。
 教育委員会委員に、坪井節子さんを任命いたしたいと存じます。
 坪井さんは、人格が高潔であり、教育に関して高い識見を有しており、また、これまでの経歴や実績から申し上げましても、本区の教育委員会委員として最適任であると確信いたしております。
 何とぞ全員一致の御同意を賜りますようお願い申し上げます。


◯議長(白石英行)  お諮りいたします。
 本件について、区長の申出のとおり同意することに賛成の議員の起立を求めます。
   〔賛成者起立〕


◯議長(白石英行)  全員起立と認めます。よって、本件は、区長申出のとおり同意することに決しました。
  ───────────────────────────


◯議長(白石英行)  以上で本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、追って御通知申し上げます。
 本日はこれにて散会いたします。
   午後二時五十八分散会