議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 新宿区

平成15年  3月 予算特別委員会 03月24日−12号




平成15年  3月 予算特別委員会 − 03月24日−12号







平成15年  3月 予算特別委員会



          予算特別委員会会議概要記録 第12号

               日時 平成15年3月24日(月曜日)午前11時1分開会

                               午前11時3分散会

               場所 新宿区議会大会議室

出席委員(19名)

   委員長    久保合介      副委員長   小倉喜文

   副委員長   上 秀夫      理事     羽深真二

   理事     やはぎ秀雄     理事     山田敏行

   理事     松ヶ谷まさお           志田雄一郎

          小畑通夫             そめたに正明

          山添 巖             小野きみ子

          小沢弘太郎            内田幸次

          下村得治             新井康文

          田中のりひで           笠井つや子

          雨宮武彦

欠席委員(1名)

          松川きみひろ

委員外出席者(2名)

   議長     野口ふみあき    副議長    とよしま正雄

説明のため出席した者の職氏名

  区長       中山弘子     助役       高橋和雄

  企画部長     佐田俊彦     予算課長     野口則行

  総務課長     酒井敏男     収入役      永木秀人

職務のため出席した議会事務局職員

  局長       根岸紘一     次長       渡部優子

  議事係長     大川芳久     議事主査     谷部とき子

  議事主査     大岡 博     議事主査     西村 茂

  議事主査     松本謙治     議事主査     熊澤 武

  調査管理係主査  太田誠司     書記       喜多裕之

会議に付した事件

 一 予算特別委員会委員長報告(案)

   (予算特別委員会委員長報告案文について決定)



△開会 午前11時01分



○(久保委員長) ただいまから予算特別委員会を開会します。

 先ほど理事会で協議しましたが、本日の進め方についてお諮りします。

 本日は、議事に入りまして、本会議における予算特別委員会委員長口頭報告案をお諮りし、散会したいと思います。

 これに御異議ありませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(久保委員長) 異議なしと認め、さよう進めさせていただきます。

 これより議事に入ります。

 本会議における予算特別委員会委員長口頭報告の案文をお諮りいたします。案文はお手元に配付してありますので、朗読は省略させていただきますが、いいですか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(久保委員長) この案文については、先ほどの理事会でも十分協議申し上げたものでございます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

             予算特別委員会委員長報告(案)

 ただいま、一括議題とされております、第1号議案 平成15年度新宿区一般会計予算、第2号議案 平成15年度新宿区国民健康保険特別会計予算、第3号議案 平成15年度新宿区老人保健特別会計予算、第4号議案 平成15年度新宿区介護保険特別会計予算、第5号議案 平成15年度新宿区一般会計補正予算(第1号)、第6号議案 平成15年度新宿区介護保険特別会計補正予算(第1号)につきまして、予算特別委員会における審査の経過概要とその結果について、御報告申し上げます。

 本委員会は、去る2月27日の本会議におきまして、議長指名による20名の委員をもって設置され、第1号議案から第6号議案までの各会計予算及び補正予算の審査を付託されました。

 委員会は、2月28日から審査に入り、まず、区長より予算案の概要について発言を受け、次に、理事者より、第1号議案から第6号議案までの総括説明を受けた後、各会派を代表した7名の委員による総括質疑が3月4日まで行われました。総括質疑終了後、各款ごとに審査を行い13日の締めくくり質疑まで審査が行われました。

 15年度予算案は、「21世紀の新宿区その礎を築き、区民のための区政を確かなものとする予算」と位置づけ、「ヒト」・「ハコ」・「シゴト」の再構築と実施計画事業など施策の重点化により、「新たな区政運営の仕組みづくり」の第一歩を踏み出すことをテーマに編成されたものです。

 区長の区政の対する基本方針を初め、個々の施策を含む行財政全般にわたり、委員各位から積極的かつ活発な質疑が行われました。

 主な質疑内容を挙げますと、決算が連続して黒字のもとでの区政運営のあり方、財政健全化への努力、事業別行政コスト計算書の作成・公開、自治基本条例、土地信託事業の現状と見込み、大学やNPO等との協働、待機児解消など子育て支援策、元気高齢者など高齢者対策、旧四五小校庭の入口問題、新宿清掃工場建設、広告物収入におけるまちのバリアフリー化、区営住宅等の使用料の滞納、幼稚園・小学校・中学校普通教室の空調化などについて質疑がありました。

 また、12日には、第1号議案及び第5号議案に対する修正案が、雨宮武彦委員、松ヶ谷まさお委員から提出され、提案説明とそれに対する質疑を行いました。

 13日には、締めくくり質疑が終了しました後、第1号議案から第6号議案まで、修正案を含み一括して討論を行った後、順次起立により採決を行った結果、お手元に配付してあります予算特別委員会議案審査報告書のとおり、いずれも原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。

 この第1号議案から第6号議案までの委員会決定に対しまして5人の委員から、それぞれ原案に反対し、少数意見の留保がなされました。

 厳しい財政状況が続く中で編成された予算でありますが、各委員におかれましてはそれぞれの立場から、新規施策を含め各事業の着実な推進により区民の暮らしを支えていく区政運営が実現できるよう、連日熱心かつ慎重に御審議いただきましたことを、委員長として、厚くお礼を申し上げます。

 また、区長におかれましては、本委員会審査中に、各委員から出されました、貴重な意見につきましては、予算執行に当たりまして、十分に御留意くださいますことを強く望むところであります。

 最後に、会議の運営につきまして、委員各位、並びに理事者の皆さんから、特段の御協力をいただきましたことに対しまして、ここで改めて厚くお礼申し上げます。

 以上をもちまして、予算特別委員会における審査の経過概要と、その結果の報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 本日の本会議においては、お手元の案文のとおり報告したいと思いますが、これに御異議ありませんか。

             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○(久保委員長) 異議なしと認め、さよう決定いたしました。

 本日は、これをもって散会いたします。



△散会 午前11時03分