議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 千代田区

2009.03.19




2009.03.19 : 平成21年まちづくり特別委員会 本文


               午後1時44分開会
◯戸張委員長 皆様、こんにちは。ただいまからまちづくり特別委員会を開会いたします。座らせてやらせていただきます。
 欠席届が1名出ております。区民生活部、北昌広課長、病気療養中のため、欠席ということでございます。
 続きまして、出席理事者でございますが、3月12日の当委員会で確認されました神田東松下町計画についてのプロジェクトチームの正副総括者であります副区長、政策経営部長に出席を求めておりますので、ご了承いただきたいと思います。よろしいでしょうか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 はい。それでは、日程に入りたいと思います。
 日程をお手元にお配りしてございます。日程に従って進めたいと思いますが、よろしいですか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ありがとうございます。
 それでは、1番、まちづくり推進部(1)神田東松下町計画に関する検討の方向性について、まず理事者のほうから説明をいただきたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯大山副区長 具体的な議論に入る前に、最初に私のほうからごあいさつをさせていただきます。
 まず、この東松下町計画につきましては、昨年来、議会におきまして、常任委員会はもとより特別委員会を設置し、桜井委員長のもとで広範な議論をさせていただきました。その際、議会のほうから、いろんな問題点、指摘事項を受けたところでございます。
 これらを私どもとしては真摯に受けとめて、そして、今後、本計画の進め方に関しまして、現在一時ストップしております本計画につきましては、区営住宅とあるいは民間地権者との共同住宅の一体開発という計画について、着実に議論を進めていきたいというふうに思っておりますので、ぜひともお願い申し上げます。
 そして、この問題につきましては、この1月の年初めに、この東松下町計画に関する具体的な庁内的な検討組織といたしまして、私をトップにいたしますプロジェクトチームを発足をさせていただきました。今後この計画に関する議会との議論につきましては、このメンバーで対応させていただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。
 本日は、1月に発足したプロジェクトチームの中で、数回にわたり、去年の議会における委員会のまとめに従って、それぞれ内部的な議論をしてまいりましたので、その到達点等をご報告し、皆様方のご意見をいただきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 それでは、資料、前回出したものと同じ、日付が変えています資料、同じでございますが、これに基づきまして担当課長のほうから説明をしていただきたいと思います。(発言する者あり)はい、中村委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 プロジェクトチームをつくりましたよというのは、中の、執行機関の中での話で、それは別に全然問題ないんですが、対議会の関係でこういうのは初めてなんですか。この内容はまちづくり推進部ということでなっているんですけども、これは正常な形。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 プロジェクトチームをつくって……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 プロジェクトチームというのは、組織というよりも、一過性のものですよね、特定の課題に対する。寄せ集めでしょ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 そうですね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 寄せ集めが議会に対して説明できるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ただこのプロジェクトチームに関しては、東松下町計画は今後プロジェクトチームが……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 いやいや、それはいいんだよ。プロジェクトチームで、中でやっていただくのは全然問題ないんです。それはこちらが口を出すことじゃないんだけど、対議会で、委員会の構成メンバーが変わっちゃったわけでしょう、ここの部分については。

-------------------------------------------------------------------------------

◯大山副区長 委員長、よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 いやいや、これは委員長のほうの話です。こうすべきだというのは、執行機関が口出すことではないんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ただ、東松下町計画には、このプロジェクトチームが今度議会との対応をしていくということは、了解しているというふうに、また僕のほうは理解していましたけども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 えっ。あ、そうなんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ええ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 理解しているなら、そういう確認していますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 前回の委員会の中でも、東松下町計画に関しては、プロジェクトチームの総括、正副が出席して議論していくというふうにお諮りしたと思うんですけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 そうですか。じゃあ、当然説明いただけますよね、委員長から。もし、そういうことであれば。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ええ。どのような説明をですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 ですから、なぜそういうことができるか。プロジェクトチームができるというのがちょっと理解できないんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ちょっと、暫時休憩します。
               午後1時49分休憩
               午後2時32分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 それでは、委員会を再開いたします。
 改めて出席理事者についてお諮りしたいんですが、東松下町計画については、必要に応じて、内容によっては、副区長、政策経営部長に出席を求めたいと思いますが、よろしいでしょうか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ありがとうございます。
 それからまた、当まちづくり委員会の中で、報告事項等になくて、東松下町計画の話が出る場合もございます。その辺も、また正副で含めて、改めて検討してまいりたいと思いますので。(発言する者あり)報告事項にない場合に、そういう、東松下町計画が出た場合は、副区長、政策経営部長が出られない場合もありますので、ご了承いただきたいと思います。よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯鳥海委員 ……。だから、できれば、報告事項等で東松下町とか、ほかの件もあるんでしょう、飯田橋なり。あれば、頭のほうで報告をするような形をとるようにいたしますでいいんじゃないの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 そうですね。日程的に東松下町計画が入っている場合は、冒頭、最初に東松下町計画から審議をしたいというような形で今後進めたいと思いますけれども、よろしいでしょうか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ありがとうございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小枝委員 ……、きょうのその他項目があって、きょうはこれ1本でと委員長は思ったんでしょうけれども、理事者の配置としては、基本的には他のまちづくり推進部の部長さんにも、本当はここにいていただいて、委員会として一つちゃんと完結できるような理事者の手配をしないと、形式的なその他になってしまうんじゃないかということになりますので。余りにも、ただ区の報告はこれがありますから、これだけですというふうな配置になっているのはちょっとまずいかなというふうに思うんですけども。

-------------------------------------------------------------------------------

◯桜井委員 今の、逆だよね、だから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小枝委員 そう。設定矛盾になるから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯桜井委員 きょうは、だから、ごめんなさいと……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯鳥海委員 委員長は、きょうはこれしかやる気がないんだから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯桜井委員 きょうのところはしょうがないんじゃないですか。(発言する者あり)次回からそういうふうに、(発言する者あり)だから、次回からそういうふうにしていただければいいんじゃないですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯鳥海委員 きょうも必要なら自席待機してもらっているんだからさ……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯桜井委員 整理がされたんだから、その裏側のことを言っているんだから、簡単なことを言っているんだから。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 きょうのところは、東松下町計画1本で、報告事項でお願いできればというふうに思いますので、よろしいですか。(発言する者あり)
 それでは、すみません、資料に基づきまして、理事者のほうから説明をいただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 それでは、お手元に配付をさせていただいております神田東松下町計画に関する検討の方向性ということで、これは前回、3月12日付で出しました資料と同じものでございます。本日は3月19日付ということで再度お配りさせていただいております。
 それでは、まちづくり推進部資料1に基づきまして、説明をさせていただきます。
 当計画につきましては、昨年、特別委員会のまとめということでまとめていただいておりますので、まず全体のこの表の構成でございますが、今の特別委員会のまとめをベースにいたしまして、大きく四つの柱に大別してございます。表の一番左側をごらんいただければと存じます。主な指摘事項ということで、大きく四つ、区営住宅及び民間住宅の配置計画について、2番目がデベロッパーの選定について、それと、定期借地権の基本スキームについて、一番下は、地権者、周辺住民との関係についてということで、四つに大きく大別してございます。
 その右側でございますが、特別委員会のまとめということで、本文を全体に分類したものがこちらの欄でございます。一番上から説明をさせていただければと存じます。
 区有地の利活用に対しまして、その建ぺい率もしくは建ぺい率そのものに余裕を持たせた中で、区民住宅棟の空地のとり方ですとか緑地のとり方、これを検証、検討することというのが1点目。2点目につきましては、区営住宅棟の基本計画、基本設計ですね、基本設計の再確認と実施設計へ向けての内容の反映というのが2点目でございます。3点目につきましては、区営住宅棟の一体的管理、管理の側面ですね、一体的管理体制や、また、民間住宅棟への導入する事業の再検討につきまして、ご指摘をいただいてございます。これにつきましては、特別委員会を含めまして、これまで区の考え方につきましてお示しさせていただいておりますのは、真ん中の中ほどの欄でございます。まず、区営住宅棟の基本設計案につきましては、説明をさせていただいてございます。その中で、主な内容といたしまして、敷地面積を約1,350平米とりまして、高さ約60メートル、区営住宅につきましては99戸、それと、低層階に高齢者向け優良賃貸住宅を31戸設置するという計画でございます。
 共同住宅棟につきましては、主な条件といたしまして、中堅所得者向け住宅150戸程度、また、広場の位置としましては、西側に防災的機能を有する広場を設置する。また、コミュニティの核ということで、スーパーマーケットの誘致を過去説明させていただいてきてございます。これにつきまして、プロジェクトチームで検討する課題としまして、区営住宅棟のまず敷地の境界線、区営住宅と民間住宅棟の敷地の境界線につきましては、現計画案をベースに再検証をしてまいりたいというのが1点でございます。さらには、広場の計画、これは配置の計画でございますけれども、現段階では、現計画、西側のパターンをまず中心といたしまして、複数のパターンにつきまして、比較検証してまいりたいという考えでございます。これが大きく1点目でございます。
 さらに下段、デベロッパーの選定につきましてでございます。これにつきましては、区有地だけが定期借地の対象であるということで、区が主体性を持って開発事業者、いわゆるデベロッパーの選定を行っていくべきというご指摘をいただいてございます。これにつきまして、これまでの考え方を述べさせていただいておりますのは、まず現段階で、千桜小隣地共同建替え協議会、いわゆる協議会がデベロッパー選定を実施してきた経緯がございます。さらには、区が、当時、協議会が選定しましたデベロッパー選定の候補、第1候補、第2候補等の具体的な定期借地権等の条件を協議した上で承認する予定だったこと。さらには、こうした協議会の選定結果を尊重しながらしつつ、区は区として責任を持って選定を行うということで、議論をしてまいりました。この点につきましては、プロジェクトチームの検討課題といたしまして、当然のことながら、ご議論を踏まえ、区が主体的にデベロッパー選定を行うという考えが一つございます。
 さらには、この、進めるに当たりまして、区として求める要求水準、区有地の活用と視点から、提案事項等の検討を幾つか例を挙げさせていただきますと、例えば、最低地代の設定ですとか、もしくは、共同化住宅棟の販売価格帯、これは中堅所得者向け住宅を導入するという視点からしますと、例えば販売価格帯の設定をすべきなのかどうか。さらには、定期借地権の終了後の事業スキーム、これは後ほどまた下段で説明をさせていただきますが、こういったもの。さらには、定期借地の期間につきまして、等々、こういった、区が求めるものの要求水準につきまして、検討を重ねてまいりたいというふうに考えてございます。
 その下、下段でございますが、今の内容に関連いたしますけれども、定期借地権の基本スキームといたしましてご指摘いただいておりますのは、いわゆる一般的な仕組みにつきましては、共通の理解となった上で、定期借地権に関しまして、基本的な、例えば今回のケースの内容ですとか、また、定期借地権の期間満了後、終了後を見据えた仕組みづくりと、基本的な枠組みづくりについて整理をすることという課題をいただいてございます。
 これにつきましては、これまでの議論の中で、民有地につきましては、定期借地権の期間終了後につきましては、いわゆる民地部分そのものが今の地権者プラス購入者ということで、160人以上の方々の土地所有、いわゆる区分所有ということで、持ち分の共有となるという点。また、区有地につきましては、定期借地権の期間終了後には、当然のことながら区へ返還されるという点につきまして、議論をいただいていた経緯がございます。これにつきましては、プロジェクトチームの検討課題といたしまして、定期借地権に関しての基本的な枠組みづくりについて、2パターンを検証するということで、全国的にもいろんなケース、事例がかなり出てきているものがございます。こういったものを踏まえながら、複数のパターンについて検証してまいりたいというふうに考えてございます。
 一番下の下段でございますが、地権者、周辺住民との関係ということで、十分な説明と合意形成を図ることという課題をいただいてございます。これにつきましては、これまでの考え方、ご議論の中で、区と協議会について共同事業を進めるための覚書を締結してきた事実、また、周辺住民に対しましての説明会につきましては、平成19年10月、これは3年半ぶりの説明会ということで、その後、昨年の4月、5月と、開催してきた経緯がございます。現段階ではその後開催はできていない状況でございます。さらにこういった点につきましては、周辺住民への十分な説明を丁寧に行うということで、議論をしてきました経緯がございます。これにつきましては、プロジェクトチームは当然のことながらの検討課題としまして、今後、区が主体となって実施するデベロッパー選定のまず内容案を固めさせていただくとともに、議会とすり合わせを行いながら、建替え協議会と協議をしながら、また、地元の町会ですとか連合町会並びに周辺住民への説明会を実施してまいると。これはその都度、進捗の都度、議会とすり合わせを行いながら、慎重に対応してまいりたいというふうに考えてございます。
 資料の説明は以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ありがとうございました。昨年の段階でも長時間にわたりました特別委員会のまとめがこの一番左側に載っていますけれども、これからこの委員会の中では、この委員会のまとめに至ったところに戻らないで、このまとめを尊重しながら、あくまで新たなスタートという形で論議していきたいというふうに思っていますので、よろしくお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 特別委員会の整理というのは、必ずしも全部100%そのままやる責任は形式的にはないんですよね、執行機関は。尊重する必要はありますけど、できないものもあるかもしれないけども。しかし、経過からすると、やっぱり、ちゃんと最低限それに沿ってやるという責任はあるんだろうと思うんですね。
 そこで、特別委員会──特別委員会のまとめ、イコール、この執行機関の内容にならないんですよ、形式的に言うと。したがって、執行機関としては、こうしますというふうに改めて打ち出していただかないと、あ、それは議会の特別委員会の整理でしょというふうになるおそれがありますので、そこは今後の文書化なりするときには配慮いただければ、お互いに、言ったの、言わない、どっちの責任だというずれが出ないでしょうということですね。これは、一応、比較みたいな形で選んでいますけど、実はそこの整理が必要だということです。
 そこで、それが前提なんですが、これだと、プロジェクトチームの検討課題、いろいろ、こうします、ああしますというふうに言われてきたんですが、今まで説明いただいているどこが生きてどこが見直しになるかというのは、これだけだと、ちょっとよくわからないね。きょうのところはいいんですが、もう少しそこは、今はこういう状況ですというものを、先ほど委員長、過去に戻らないでとおっしゃいましたが、これだと戻って聞かなくちゃいけなくなっちゃうでしょう。現時点でこれはこうです、あれはこうですというふうに言わないと、この中のどこが生きてどこが消えたのかわからない、これまでのやつが。今の話だけですと。例えば、デベロッパー選定の場合には、もう、それはないよと、従来のやり方は、区でやりますよとかいうふうに紹介していたけど、これはもう、わかりやすいですね。そのほか、どうなんだろうかというふうに思うところがあるんですね。
 基本的に、私は区みずから、内容の検討を引き続きやっていただくのと、うちでやって──うちというのは議会のほうとやっていただくということは大事なんですが、基本的なスタンス、大事にしなければいけないスタンスがあるんだろうと思うんですよ。一つは、やっぱり、これまでの経緯からすると、周辺住民との合意形成。それから、区民の、といっても区民というのは実際に皆さんに聞くわけにいかないところがありますから、議会との合意形成ということになるんだと思います。それから、敷地内といいますか、隣接土地所有、地権者との合意形成、これが最低ないと、先に進みませんよね。さらに、透明性が確保されなくちゃいけないだろうと。これは基本的なスタンスとして持っていないと、何かまた、よくわからなかったというのが、またなっちゃったら、困るわけでしょ。これまでは、対議会、対区民を含めて、何をやっているかわからないところでずっと来たところでおかしくなっちゃったから。もしそれがよかろうと思って、また結果的によくても、だめなんですよ、役所の仕事というのは。そこはきちんと見えるようにしなくちゃいけないということ。
 それで大事なのが、今一つ、やっぱり、対立を避けるべきなんだと。極力その努力をしなければいけない。怨念が残っちゃって、10年、20年たっても、あのやろう、このやろうみたいな、気持ちの上でのね、残ってはこれはだめなんだろうと思うんですよ。先ほどの合意形成と絡むんですけど、その歩み寄りといいますか可能性を最大限図ること。これまでは、やっぱり乱暴でした、やっていることが。そこが原因だったんだから、そうならないような、ふだんのやり方が大事なので、そこは肝に銘じて取り組んでいただかないと、幾らきれいなものができてもだめです。そこが明らかになっていないんですが、大丈夫かなと思うところですね。中身はまた、具体的にやりとりしたいとは思いますけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 今、中村委員にご指摘いただきました点につきましては、いわゆる基本的なスタンスといいますか、基本的な心構えといいますか、そういったものだというふうに考えます。当然のことながら、今、(「スタンスと順序でしょ」と呼ぶ者あり)スタンスと手順、手続の順序のお話だというふうに受けとめます。当然のことながら、今、周辺住民の方々に対しましては、去年の5月から、一切、正式な情報提供はまだされていない。こういったことにつきましても、周辺の住民の方々から、早く、今、混乱している状況をおさめるべく区のほうが主体となって、何がしかのアクションを起こしてくれというお話もいただいておりますし、また、去年の11月以降、地権者との協議会につきましても、区が参加して、状況説明をできていない状況もございます。こういったことも踏まえながら、今のお話の整理を受けとめまして、今後しっかりと対応していきたいというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 確認していただきます。それは明らかに、みずから、しなくちゃだめなんだ。聞かれないと言わないというのはね。こういう状況のもとに。
 加えて、もう一つお願いがありますが、決まってからこうなりました、さあどうだと言わないでもらいたい。複数の案を検討するのに、うちの役所って、よくそういうことが多いですよ。親切に、内部検討を相当詰めていただいて、もう直せないみたいなところでやるので、これは勘弁してもらいたい。もっと親切なのは、議会報告しないで、実施設計まで出しちゃうという組織ですから、危なくてしょうがない。そこはちゃんとしていただきたいんですが、大丈夫かな。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 十分心してまず対応したいというのと、また、先般、3月9日に繰越明許費ということで、実施設計につきましては、繰り越しをまずさせていただいております。これは議会の議論を踏まえて、反映しなければいけないがために、21年度に契約そのものを繰り越すものでございます。この納期を延ばす、例えば納期をいつにするとか、そういった議論も踏まえまして、今、21年度も実施設計のこの契約が続くような形で手続をとってまいりたいというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 すべてね。実施設計というのは例に出したんだけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 例えば実施設計も含めまして、今後、そういった対応をきちんと整理してまいりたいというふうに考えてございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 決定してからの報告はだめですよということですね。はい。
 ほかにご質疑ございますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 3月に入って、新たにまた不動産鑑定士、鑑定をお願いをされるように契約されていますよね。これはどこの部分でこれが必要になったんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 この議論の中で、区有地を定期借地として貸し出す、今この欄で言いますと、例えばデベロッパー選定の一つの条件として、最低地代を設定するという議論が1点ございます。この地代につきましては、現段階で、今の定期借地として貸す部分が幾らになるのかという設定をまずしていかないと、先に進まない点がございます。これにつきましては、シミュレーションとしまして、一体幾らなのか、一体幾らを設定すればいいのかという中で、今、不動産鑑定評価の契約をしている経過がございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 これは、初めてそういう鑑定をしたということ。それとも、今、いろいろ動いているから、前にもやったけれども、そことどうかというような評価でもって、また、新たに契約をされたのか。どうなんでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 そもそも、この地につきましては、区有財産として、いわゆる旧千桜小学校の用地として、財産台帳ですか、台帳に登録されていた経緯がございます。それを今回は分筆をして、一部は区営住宅棟として使い、残りの部分につきましては定期借地という契約をもってしてお貸しをするという。このお貸しをする部分について、改めて今の地代を設定するために、不動産鑑定評価をしたということございますので、今ご質問の、過去にしたかどうかということであれば、私の承知している範囲内では、その部分について不動産鑑定評価をしたということはないというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 はい。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 確認。どこから目指すのかなというのがわからないところがあるんですが、今の話ですと、区営住宅部分の敷地と民間の皆さんと一緒にやるという敷地は、もう、確定したという意味なの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 あくまで仮定でございまして、今、1,350平米程度で、今、議論をしてございますので、それをベースにした場合に幾らになるかということで、それが例えば動けば、その分換算ができるスタイル……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯中村委員 動くことがあり得る。(「境界線が動くかという」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯小栗開発担当課長 境界線が。まだ、これからの、いわゆる隣地の境界確定等をこれからする形になりますので、非常に微妙かもしれませんが、動く可能性はございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小枝委員 今の件もちょっとあるんですけれども、ちょっと、大本、副区長の最初のあいさつというのがすっごい気になっているんですよ。きれいにおっしゃるんだけれども、その中に、区営住宅あるいは民間部分の一体開発を着実に進めたいというふうにおっしゃったんですよね。委員長は先ほど、この委員長報告、桜井委員長報告ですよね。これをまず踏まえてということで、区の側も、まあ100%じゃないけれども踏まえますよということですよね。そうすると、あのときのこの内容は、ここにまとめられたものになお書きがありまして、「委員会において委員から、神田東松下町計画の見直しも含めて検討すべきではないかとの意見があり、執行機関の検討内容によっては見直しもあり得るとの見解を申し上げました。(拍手)」と、こうなっているんですね。(発言する者あり)だから、そういうまとめ、まだそこの段階から出ていないし、その検討内容いかんについてもご説明がないのに、着実に進めたいというのは、住民の声を聞きますよといいながら、何をいっても進めさせていただきますというふうに聞こえますよね。というか、言っていますよね。それは、現段階では、ちょっと、横暴なごあいさつだったんじゃないかというふうに思うので。私の聞き違いだったでしょうかね。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 いや、その一体開発というのは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯大山副区長 私どもといたしましては、この東松下町計画に関するこれまでの経過がずっと長い間、地権者や近隣住民との関係でやってまいりました。それで、去年の議会における議論も十分踏まえつつ、私どもの計画としては、やはりあそこを一体のものとして開発するということを目指して、議会とこれからいろいろご議論をいただきたい、そういう意味でございますから、前回の委員長集約の中のなお書きの取り扱いも、私ども承知しております。その上で、我々としては、執行機関としては、できる限り、あそこの一体開発を進め、その活性化につなげていくとか、そういったことを実現していくということを目指しているということについては変わっていないわけでございまして、それを皆さん方と一緒に議論をし、最終的な結論を議会と合意形成の上で得ていきたいと、そういうふうに思っていますので。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小枝委員 議会と住民ですよね、周辺の。

-------------------------------------------------------------------------------

◯大山副区長 議会もそうですし、先ほどの地権者の関係あるいは近隣住民の関係、こういった方々との合意形成をきちっととった中で結論を出していくということでございますから。そういうことです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯寺沢副委員長 今ご答弁をいただきましたけれど、先ほどの中村委員の説明に対しても、今の副区長のご答弁にしても、地権者の方あるいは周辺住民の方たちとも、意見を、合意形成を図りつつ、行政としては、先ほどおっしゃったようなところを目指すというお考えなんですよね。ただし、行政がそれを目指されるのは行政としての課題があるんでしょうけれども、どこでこの東松下町計画がとまっているかということを考えたときに、それから、前の特別委員会の中で議論になったところもあるんですけれども、要するに周辺の方々に対する説明が、先ほどもご説明がありましたけれども、ここにありますよね。20年の4月、5月でとまってしまっているという話でしたね。ですから、そのいろいろな課題を整理する中で、どこを最初に突破口といいますか、取り組んでいったらいいか、私はそれで先ほど、時系列にそれを整理していただけたらいいなというふうに思ったんですよ、時系列にね。いろいろ案件が並んでいらっしゃいますよね。それで、あれもこれも、あれもこれもというのではなくて、どこでストップをしてしまったのかというところをかんがみますと、この周辺説明会を3年半ぶりにやって、その後20年の4月、5月に開催したと。その後、全く説明がない、と。そのあたりのところをどういうふうにお考えになって、どういうふうに説明をなさっていくのか。(発言する者あり)過去に戻らないんじゃなくて……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 だって……。

-------------------------------------------------------------------------------

◯寺沢副委員長 いや、ここに、そういうふうに整理してありますよ、ここにね。(発言する者あり)だから、時系列にどこ、(発言する者あり)うん、合意形成ということをおっしゃいましたよね。だから、どこから取り組んでいかれるのか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 ちょっと、暫時休憩します。
               午後3時00分休憩
               午後3時13分再開

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 それでは、委員会を再開いたします。
 先ほど副委員長の質問もございましたが、きょうのところは、先ほど冒頭中村委員から基本的に質疑をいただきました。いわゆる現時点でどう改善されたのか、きょうの資料だと少しざっくりし過ぎていてもう一つわかりにくいと。それから、これに当たっての基本姿勢的なことに対してのご指摘もありました。あるいはまた、物事を決定して動かないところでの報告事項ということはもう絶対だめですよということに対して、改めて執行機関、副区長、総合的にご答弁いただきたいと思いますが。再確認。

-------------------------------------------------------------------------------

◯大山副区長 ただいま委員長のほうからご指摘いただきまして、各委員からいただきました指摘事項等につきましては、十分踏まえて、私どもも議会と十分連携する中で議論を進めていきたい、そういうふうに思っておりますので、ひとつよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 はい。
 それでは、前回の委員会でも視察に行こうということでは共通認識になっておりますが、またこの視察をした後、さっきありました検討課題がどこまで改善されているか、もう少し細かく出していただいて、また次の委員会で議論していきたいと思います。したがいまして、きょうのところはよろしいでしょうか、この件に関しまして。よろしいですか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 はい。ということで、その他はきょうはよろしいですね。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 はい。ありがとうございます。
 それでは、閉会中といえども、当委員会が開催できるよう議長に申し入れたいと思いますが、よろしいですか。
              〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯戸張委員長 それでは、本日はこの程度で閉会いたします。お疲れさまでした。
               午後3時15分閉会