議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 千代田区

2008.03.11




2008.03.11 : 平成20年第1回定例会(第5日) 資料


議案第35号

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

 上記の議案を提出する。
  平成20年3月11日

       提出者  千代田区長  石  川  雅  己

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
 人権擁護委員候補者として下記の者を推薦したいので、議会の意見を求める。

                記

           金  丸   精  孝

(説明)
 人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める必要があります。



               経  歴  書


氏  名    金 丸 精 孝

生年月日    昭和24年8月5日

本  籍    東京都

現 住 所    東京都千代田区五番町3番地1 五番町グランドビル9階

最終学歴    立教大学法学部法学科卒業
        立教大学大学院法学研究科博士課程前期課程中退

職歴等     自 昭和46年3月
                   金丸鋼業有限会社監査役
        至 昭和49年4月

          昭和48年10月   司法試験合格

        自 昭和49年4月
                   司法修習生
        至 昭和51年4月

          昭和51年4月   弁護士登録(東京弁護士会所属)

        自 昭和51年4月
                   濱法律事務所
        至 昭和60年3月

        自 昭和60年4月
                   金丸法律事務所開設
        至 平成6年3月

        自 昭和61年4月
                   立教大学法学部非常勤講師
        至 平成16年3月

        自 昭和61年4月
                   千代田区立永田町小学校PTA会長
        至 平成元年3月

        自 平成元年7月
                   人権擁護委員
        至 現    在

        自 平成2年1月   千代田区公共施設適正配置検討懇談会
                   委員
        至 平成3年6月

        自 平成5年5月
                   財団法人末延財団理事
        至 現    在

        自 平成6年3月
                   柳瀬・金丸法律事務所開設
        至 平成8年5月

        自 平成6年8月
                   子どもの人権専門委員
        至 現    在

        自 平成8年5月
                   金丸法律事務所開設
        至 現    在

        自 平成11年1月
                   千代田区個人情報保護審議会委員
        至 現    在

        自 平成11年4月
                   千代田区感染症診査協議会委員
        至 現    在

        自 平成12年7月
                   千代田区男女平等推進区民会議委員
        至 現    在

        自 平成16年4月
                   立教大学大学院法務研究科教授
        至 現    在

-------------------------------------------------------------------------------

議案第36号

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

 上記の議案を提出する。
  平成20年3月11日

       提出者  千代田区長  石  川  雅  己

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
 人権擁護委員候補者として下記の者を推薦したいので、議会の意見を求める。

                記

           久 保 田  富 三 郎

(説明)
 人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める必要があります。



               経  歴  書


氏  名    久保田 富三郎

生年月日    昭和21年1月26日

本  籍    東京都

現 住 所    東京都千代田区外神田五丁目6番9号

最終学歴    慶応義塾大学経済学部卒業

職歴等     自 昭和44年4月
                   有限会社久保田商店専務取締役
        至 現    在

        自 平成2年4月
                   千代田区立練成中学校PTA会長
        至 平成5年3月

        自 平成6年4月
                   千代田区青少年委員
        至 平成16年3月

        自 平成8年4月
                   千代田区生涯学習推進委員
        至 平成12年3月

        自 平成12年7月
                   青少年問題協議会委員
        至 現    在

        自 平成14年7月
                   人権擁護委員
        至 現    在

-------------------------------------------------------------------------------

議案第37号

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

 上記の議案を提出する。
  平成20年3月11日

       提出者  千代田区長  石  川  雅  己

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
 人権擁護委員候補者として下記の者を推薦したいので、議会の意見を求める。

                記

           小  松   一  枝

(説明)
 人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める必要があります。


               経  歴  書


氏  名    小 松 一 枝

生年月日    昭和17年5月6日

本  籍    東京都

現 住 所    東京都千代田区五番町12番地 ドミール五番町2-073号

最終学歴    早稲田大学教育学部卒業

職歴等     自 昭和40年4月
                   女子美術大学図書館司書
        至 昭和42年3月

        自 平成8年5月
                   千代田区保護司
        至 現    在

        自 平成14年7月
                   人権擁護委員
        至 現    在

-------------------------------------------------------------------------------

議案第38号

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて

 上記の議案を提出する。
  平成20年3月11日

       提出者  千代田区長  石  川  雅  己

   人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて
 人権擁護委員候補者として下記の者を推薦したいので、議会の意見を求める。

                記

           杉  本   昭  子

(説明)
 人権擁護委員法(昭和24年法律第139号)第6条第3項の規定に基づき、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める必要があります。



               経  歴  書


氏  名    杉 本 昭 子

生年月日    昭和21年10月25日

本  籍    東京都

現 住 所    東京都千代田区九段南三丁目2番15号

最終学歴    明治学院大学文学部卒業

職歴等     自 平成15年4月
                   東京都立日比谷高等学校PTA副会長
        至 平成17年3月

        自 平成15年4月
                   千代田区九段三丁目町会婦人部副部長
        至 現    在

        自 平成16年4月
                   千代田区更生保護女性会会員
        至 現    在

-------------------------------------------------------------------------------

議案第39号

   千代田区行政監察員の選任の同意について

 上記の議案を提出する。
  平成20年3月11日

       提出者  千代田区長  石  川  雅  己

   千代田区行政監察員の選任の同意について
 千代田区行政監察員に下記の者を選任したいので、議会の同意を求める。

                記

           内 野  経 一 郎

(説明)
 千代田区行政監察員を選任するため、千代田区職員等公益通報条例(平成15年千代田区条例第13号)第7条第2項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。



               経  歴  書

氏  名    内 野 経 一 郎

生年月日    昭和11年10月15日

本  籍    東京都

現住所     東京都中野区中野二丁目13番21号

事務所     東京都千代田区九段北四丁目1番5号
所在地     市ヶ谷法曹ビル505号室

最終学歴    中央大学大学院修士課程修了

職歴等       昭和37年10月   司法試験合格

        自 昭和38年4月
                   司法修習生
        至 昭和40年3月

          昭和40年4月   弁護士登録(東京弁護士会所属)

        自 昭和40年3月
                   前田知克法律事務所
        至 昭和41年4月

        自 昭和41年5月
                   東京第一法律事務所開設
        至 現    在

        自 平成11年1月
                   中野区人権擁護委員
        至 平成16年12月

        自 平成13年4月
                   中野区感染症診査協議会委員
        至 現    在

        自 平成15年8月
                   千代田区行政監察員
        至 現    在

-------------------------------------------------------------------------------

議案第40号

   千代田区行政監察員の選任の同意について

 上記の議案を提出する。
  平成20年3月11日

       提出者  千代田区長  石  川  雅  己

   千代田区行政監察員の選任の同意について
 千代田区行政監察員に下記の者を選任したいので、議会の同意を求める。

                記

           内  山   忠  明

(説明)
 千代田区行政監察員を選任するため、千代田区職員等公益通報条例(平成15年千代田区条例第13号)第7条第2項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。



               経  歴  書

氏  名    内 山 忠 明

生年月日    昭和21年8月19日

本  籍    東京都

現 住 所    東京都北区王子三丁目10番5号

事務所等
        東京都千代田区三崎町二丁目3番1号
所 在 地

最終学歴    一橋大学法学部卒業

職歴等     自 昭和48年4月
                   東京都建設局勤務
        至 昭和49年3月

          昭和48年9月   司法試験合格

        自 昭和49年4月
                   司法修習生
        至 昭和51年3月

        自 昭和51年4月   特別区人事・厚生事務組合法務部法務
                   主査
        至 昭和54年3月

        自 昭和54年4月   特別区人事・厚生事務組合法務部法務

        至 平成元年3月   副主幹

        自 平成元年4月
                   特別区人事・厚生事務組合法務部長
        至 平成12年3月

          平成12年4月   弁護士登録(東京弁護士会所属)

        自 平成12年4月
                   日本大学法学部教授(行政法)
        至 現    在

        自 平成15年4月   千代田区情報公開・個人情報保護審査
                   会委員
        至 現    在

        自 平成15年8月
                   千代田区行政監察員
        至 現    在

        自 平成16年4月
                   日本大学法科大学院教授
        至 現    在

        自 平成17年11月
                   東京都収用委員会会長
        至 現    在

-------------------------------------------------------------------------------

議員提出議案第1号


   介護サービス従事者の待遇改善を求める意見書


上記の議案を提出する。

  平成20年3月11日



提出者 千代田区議会議員

       飯 島 和 子     木 村 正 明
       福 山 和 夫     野 沢 けいすけ
       高 澤 秀 行     荻 原 秀 夫
       はやお 恭 一     林   則 行
       嶋 崎 秀 彦     下 田 武 夫
       小 林 たかや     寺 沢 文 子
       大 串 ひろやす    山 田 ながひで
       中 村 つねお     河 合 良 郎
       松 本 佳 子     小 林 やすお
       小 枝 すみ子     市 川 宗 隆
       桜 井 ただし     高 山 は じめ
       戸 張 孝次郎     鳥 海 隆 弘
       石 渡 伸 幸


  介護サービス従事者の待遇改善を求める意見書


 介護に携わる人たちは、人間の尊厳にかかわる崇高な仕事をしているにも関わらず、低賃金、長時間重労働など、その劣悪な労働環境から離職率も高く、待遇改善が待ったなしの課題となっています。早朝から深夜までの重労働の上、人手不足で疲れても休暇も取れない。こうした厳しい現実に直面して、このままでは生活できない、将来に希望が持てないと、耐え切れず退職していくケースが多発しております。
 団塊世代の高齢化などにより、少なくとも今後10年間で、40万人から60万人もの介護職員の確保が必要とされておりますが、介護に携わる人たちが足りなくなれば介護保険制度も立ち行かなくなり、まさに介護保険制度の根幹を揺るがす問題です。
 介護に携わる人たちが誇りと自信を持って仕事をできるよう、また安心して暮らせるよう、政府においては、以下の点について特段の取り組みを行い、労働条件や福利厚生の向上に全力を挙げるよう強く要望します。

                 記
1 全労働者の平均を大きく下回っている給与水準の実態を職種や勤務形態ごと
  に把握し、低賃金の原因とその是正策を早急に検討すること。その上で、そ
  れぞれの介護事業者がキャリアと能力に見合った適切な給与体系が構築で
  きるよう介護報酬の在り方を見直し、次期介護報酬改定で適切に措置するこ
  と。

2 昨年8月示された福祉人材確保指針について、福祉・介護サービスを担う人
  材確保のため、労働環境の整備やキャリアアップの仕組みの構築など早急な
  取り組みを進め、福祉・介護現場における指針の実現を図ること。

3 小規模事業所などにおける職場定着のための取組み支援や労働時間短縮のた
  めの事務負担軽減策、さらには、事業所の労働条件等労働環境に関する情報
  開示など介護労働者の待遇改善のための総合的な取り組みを進めること。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出いたします。

    年  月  日

                           千代田区議会議長名
内閣総理大臣
厚生労働大臣 あて


-------------------------------------------------------------------------------

議員提出議案第2号


      道路財源の適正な執行を求める意見書


上記の議案を提出する。

  平成20年3月11日



提出者 千代田区議会議員

       高 澤 秀 行     荻 原 秀 夫
       大 串 ひろやす    山 田 ながひで
       中 村 つねお


    道路財源の適正な執行を求める意見書


 道路特定財源を巡り、相次いで発覚した無駄遣いの実態に、区民は驚きを禁じえない。原油高騰や輸入食料価格の高騰など家計を直撃しているなか、CD制作やミュージカル上演の費用が安易に捻出され、「福利厚生費」でマッサージチェアやアロマセラピーの器具、カラオケセットが購入されるなど、常識を逸脱した支出がなされた。また、旅行費用の丸抱えの問題など、道路特定財源の支出についてムダ遣いが指摘されている。
 よって、道路財源からの支出の適正を検証するなど、道路関係業務の執行のあり方を徹底的に見直し、国民の税に対する信頼回復を目指すべきである。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。

   年  月  日

                           千代田区議会議長名

総務大臣
財務大臣    あて
国土交通大臣


-------------------------------------------------------------------------------

議員提出議案第3号


      道路特定財源の堅持を求める意見書


上記の議案を提出する。

  平成20年3月11日



提出者 千代田区議会議員

       荻 原 秀 夫     はやお 恭 一
       林   則 行     嶋 崎 秀 彦
       大 串 ひろやす    山 田 ながひで
       河 合 良 郎     松 本 佳 子
       小 林 やすお     高 山 はじめ
       戸 張 孝次郎     鳥 海 隆 弘
       石 渡 伸 幸


     道路特定財源の堅持を求める意見書

 本年1月11日に閣議決定された平成20年度税制改正要綱では、道路特定財源について、税率の特例措置の適用期限を10年延長することとされている。
 一方、反対意見として、自動車関係諸税の特定財源全ての一般財源化や暫定税率の廃止が示され対立した主張となっている。
 本区は、100万人ともいえる昼間人口が集積する正に日本の心臓部であり、人口・企業の極度の集中による交通渋滞の緩和、災害時の避難路の確保など、交通、都市基盤等の面で大都市特有の膨大な行政需要を抱えている。
 このような状況の中で、道路特定財源の暫定税率が廃止され財源の確保ができなくなれば、道路整備をはじめとする膨大な都市基盤整備に対応できなくなるばかりではなく、本区にとっても現状8億円の税収が半減し、4億円となり、様々な区民サービスにも甚大な影響をもたらすことになる。
 よって、千代田区議会は、国及び政府に対し、暫定税率を維持し、道路特定財源を堅持するための関連法案を確実に年度内に成立させるよう強く要請する。
 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出する。

   年  月  日

                           千代田区議会議長名

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣  あて
総務大臣
財務大臣
国土交通大臣


-------------------------------------------------------------------------------

議員提出議案第4号


    道路特定財源の一般財源化及び道路関係諸税の
    暫定税率廃止を求める意見書


上記の議案を提出する。

  平成20年3月11日



提出者 千代田区議会議員

       下 田 武 夫     小 枝 すみ子


 道路特定財源の一般財源化及び道路関係諸税の暫定税率廃止
 を求める意見書


 道路特定財源制度は、道路整備のための「緊急措置」として、昭和29年に創設されて以来、54年も継続されてきました。また、暫定税率は、道路整備をさらに加速するために昭和49年に暫定税率が設けられて以来、34年も継続されてきました。
 地方においては、生活道路を中心に、道路整備は今でも非常に重要な施策の一つです。しかし、杜会保障や教育などの重要性も飛躍的に増大し、地域において二一ズに応じた政策判断を行うことが求められるようになっています。杜会経済の変化の観点からも、地方分権促進の観点からも、道路以外への歳出を認めない特定財源制度は廃止して一般財源とし、地方の自主財源として、その使い道を地方が自主的に判断でき
るようにするべきです。
 暫定税率については、道路整備のためという約束で基本税率に上乗せして国民に負担してもらっているものであり、一般財源化にあたっては、当然廃止するべきです。
 自動車は生活に不可欠であり、住民の負担も多額となっております。暫定税率廃止により、世帯あたりの負担を軽減させ、生活の格差を是正することができます。
 また、燃料価格の高騰が他の様々な物価上昇の要因ともなっており、ますます厳しさを増している国民生活の現状を見た時、暫定税率廃止により、燃料価格を少しでも引き下げ、これ以上の物価上昇を抑えるようにすることも重要であります。
 よって、道路特定財源の一般財源化及び道路関係諸税の暫定税率廃止を行うよう、強く求めるものであります。
 以上、地方白治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。

   年  月  日
                           千代田区議会議長名

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣  あて
総務大臣
財務大臣
国土交通大臣


-------------------------------------------------------------------------------

議員提出議案第5号


       自衛隊イージス艦と漁船衝突事件の
       真相究明などを求める意見書


上記の議案を提出する。

  平成20年 3月11日



提出者 千代田区議会議員

       飯 島 和 子     木 村 正 明
       福 山 和 夫     寺 沢 文 子
       小 枝 すみ子


  自衛隊イージス艦と漁船衝突事件の真相究明などを求める意見書
  を求める意見書


 海上自衛隊のイージス艦が千葉県沖で、漁船に衝突・沈没させた事件に、国民の大きな怒りが集中しています。漁船の二人の乗組員は未だに行方不明であり、事故の原因解明も進んでいません。
 防衛省の発表によっても、イージス艦は衝突直前まで何ら回避措置をとりませんでした。加えて、防衛省・自衛隊からの発表は二転三転しています。
 いま大切なことは、政府が行方不明者の捜索のために万全の措置を講ずること、そして真相の徹底究明を図り、二度とこのような事故を起こさないようにすることです。
 よって、千代田区議会は以下の項目を強く求めるものです。
 1)行方不明者の捜索と家族の支援にあらゆる努力を尽くすこと。
 2)事故の真相を徹底的に究明すること。
 3)漁を休んで、衝突直後から仲間の救援・捜索にあたった地元漁協に対して適切な補償を行うこと。

 以上、地方自治法第99条の規定に基づき意見書を提出します。

   年  月  日

                           千代田区議会議長名

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣  あて
防衛大臣


-------------------------------------------------------------------------------

議員提出議案第6号


      米兵による暴行事件に対する意見書


上記の議案を提出する。

  平成20年 3月11日



提出者 千代田区議会議員

       飯 島 和 子     木 村 正 明
       福 山 和 夫


       米兵による暴行事件に対する意見書

 在日米軍人による事件・事故が相次いでいます。去る2月10日にも、沖縄本島において在沖米海兵隊隊員による少女暴行事件が発生しました。
 女性に対する暴行・性犯罪は、肉体的・精神的な苦痛をあたえるだけでなく、人問の尊厳を踏みにじる極めて悪質な犯罪です。ましてや、被害者が無抵抗な少女であることを考えれば、断じて許すことができません。
 沖縄では米軍構成員などによる犯罪検挙数は復帰後から昨年度末までで5451件にも及んでいます。なかでも、女性や無抵抗な子どもが被害者になる事件も多く、被害届が出されるのは氷山の一角とも言われています。
 全国、米軍基地の周辺ではどこでもこのような危険が日常的にあり、度重なる事件・事故を繰り返させないために、抜本的改善策が痛切に求められています。
 よって、千代田区議会は、在日米軍に起因する相次ぐ事件・事故に関し、米軍当局並びに、関係機関に対して厳重に抗議するとともに、再発防止等にむけて、下記事項の徹底と実現を強く要請いたします。

                   記
1 在日米軍・軍属による事件・事故の被害者と家族に対する謝罪及び誠意を持った対応を行うこと。
2 在日米軍人・軍属等による事件・事故の根絶に向けて実効性ある施策を講じること、
3 日米地位協定の抜本的な見直しを図ること。
4 在日米軍基地の縮小と海兵隊の撤退を求めること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出いたします。

   年  月  目

                           千代田区議会議長名
参議院議長
衆議院議長
内閣総理大臣 あて
外務大臣
防衛大臣


-------------------------------------------------------------------------------

                         ◇ 議案の審議結果など(平成20年第1回定例区議会) ◇
                                                             可…可決、否…否決、○…賛成、×…反対、欠…欠席、退
┌────────────────────────────────────┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬───┐
│                                    │ │ │ │ │ │1 │2 │3 │4 │5 │6 │7 │8 │9 │10│11│12│13│14│15│16│17│18│19│20│21│22│23│24│25│   │
│                                    │ │ │ │ │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤   │
│                                    │出│投│賛│反│議│飯│木│福│野│高│荻│は│林│嶋│下│小│寺│大│山│中│河│松│小│小│市│桜│高│戸│鳥│石│   │
│                           議 員 名    │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │や│ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ 議 │
│                                    │席│ │ │ │決│島│村│山│沢│澤│原│お│ │崎│田│林│沢│串│田│村│合│本│林│枝│川│井│山│張│海│渡│   │
│                                    │ │票│ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ 決 │
│                                    │者│ │ │ │結│和│正│和│け│秀│秀│恭│則│秀│武│た│文│ひ│な│つ│良│佳│や│す│宗│た│は│孝│弘│伸│   │
│                                    │ │ │ │ │ │ │ │ │い│ │ │ │ │ │ │か│ │ろ│が│ね│ │ │す│み│ │だ│じ│次│ │ │ 月 │
│                                    │数│数│成│対│果│子│明│夫│す│行│夫│一│行│彦│夫│や│子│や│ひ│お│郎│子│お│子│隆│し│め│郎│隆│幸│   │
│    議 案 名 等                         │ │ │ │ │ │ │ │ │け│ │ │ │ │ │ │ │ │す│で│ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ 日 │
│                                    │ │ │ │ │ ├─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┤   │
│                                    │ │ │ │ │ │共│共│共│維│ │未│自│自│自│声│ │ │公│公│ネ│自│自│自│声│区│自│自│自│自│自│   │
│                                    │ │ │ │ │ │ │ │ │ │風│ │ │ │ │ │声│声│ │ │ッ│ │ │ │ │民│ │ │ │ │ │   │
│                                    │ │ │ │ │ │産│産│産│新│ │来│民│民│民│2│ │ │明│明│ト│民│民│民│2│ク│民│民│民│民│民│   │
├───┬────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │平成20年度千代田区一般会計予算                 │25│24│21│3 │可│×│×│×│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │平成20年度千代田区国民健康保険事業会計予算           │25│24│21│3 │可│×│×│×│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │平成20年度千代田区老人保健特別会計予算             │25│24│21│3 │可│×│×│×│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │平成20年度千代田区介護保険特別会計予算             │25│24│21│3 │可│×│×│×│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 区 ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │平成20年度千代田区後期高齢者医療特別会計予算          │25│24│21│3 │可│×│×│×│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 長 ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │平成19年度千代田区一般会計補正予算第5号            │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 提 ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │土地及び建物の購入について                   │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 出 ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │(仮称)障害者福祉センター・御茶の水キリストの教会新築工事請負 │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 案 │契約について                          │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │   │
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│ 件 │(仮称)障害者福祉センター・御茶の水キリストの教会電気設備工事 │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│   │請負契約について                        │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │   │
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │(仮称)障害者福祉センター・御茶の水キリストの教会給排水・空調 │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│   │設備工事請負契約について                    │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │ │   │
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │人権擁護委員候補者の推薦につき意見を求めることについて(4件) │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │千代田区行政監察員の選任の同意について(2件)         │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
├───┼────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │介護サービス従事者の待遇改善を求める意見書           │25│24│24│0 │可│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 議 ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │道路財源の適正な執行を求める意見書               │25│24│15│9 │可│×│×│×│×│○│○│○│○│○│×│×│×│○│○│○│○│○│○│×│×│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 員 ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│   │道路特定財源の堅持を求める意見書                │25│24│14│10│可│×│×│×│×│×│○│○│○│○│×│×│×│○│○│○│○│○│○│×│×│○│- │○│○│○│ 3/11│
│ 提 ├────────────────────────────────┼─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴───┤
│   │道路特定財源の一般財源化及び道路関係諸税の暫定税率廃止を求める │ ※参考 「道路特定財源の堅持を求める意見書」が可決したことに伴い、「一時不再議」として議決を要しないものとした。      │
│ 出 │意見書                             │                                                               │
│   ├────────────────────────────────┼─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬─┬───┤
│ 案 │自衛隊イージス艦と漁船衝突事件の真相究明などを求める意見書   │25│24│11│13│否│○│○│○│○│○│×│×│×│×│○│○│○│×│×│○│×│×│×│○│○│×│- │×│×│×│ 3/11│
│   ├────────────────────────────────┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼─┼───┤
│ 件 │米兵による暴行事件に対する意見書                │25│24│9 │15│否│○│○│○│×│×│×│×│×│×│○│○│○│×│×│○│×│×│×│○│○│×│- │×│×│×│ 3/11│
└───┴────────────────────────────────┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴─┴───┘
   ※ 千代田区議会議員 上限数26名 条例定数25名 現員数25名
   ※ 議長は採決に加わりませんので、「−」で表示してあります。(議長 議席番号22番 高山はじめ)


-------------------------------------------------------------------------------

   常任委員会の特定事件継続調査事項表
                第1回定例会継続会 平成20年3月11日


企画総務委員会

 1) 政策経営部に関する事項
 2) まちづくり推進部に関する事項
 3) 会計管理者、選挙管理委員会及び監査委員に関する事項並びに他の常任委
  員会の所管に属さない事項


生活福祉委員会

 1) 区民生活部に関する事項
 2) 保健福祉部に関する事項
 3) 福祉事務所に関する事項


環境文教委員会

 1) 環境安全部に関する事項
 2) 教育委員会に関する事項

-------------------------------------------------------------------------------

  議会運営委員会の特定事件継続調査事項表
                第1回定例会継続会 平成20年3月11日


調査事項
 今後の議会運営に関する事項

-------------------------------------------------------------------------------

   特別委員会の特定事件継続調査事項表
                第1回定例会継続会 平成20年3月11日


まちづくり特別委員会
 市街地再開発事業、地区計画等による住み続けられるまちづくりに関する事項、区内JR駅舎及び駅周辺環境整備に関する事項、大規模公共未利用地の活用に関する事項


観光施策特別委員会
 観光ビジョンの推進及び観光まちづくりに関する事項


子ども施策特別委員会
 子どもの育成に関する事項及び子どもの安全・安心に関する事項


交通バリアフリー特別委員会
 旅客施設、周辺の道路、駅前広場等のバリアフリー化に関する事項


地球温暖化対策特別委員会
 千代田区における地球温暖化対策に関する事項


広報広聴特別委員会
 区議会における広報・広聴に関する事項及び議会図書室の整備に関する事項