議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 千代田区

2012.03.02




2012.03.02 : 平成24年駅及び駅周辺環境整備特別委員会 資料


          駅及び駅周辺環境整備特別委員会
                          平成24年3月2日

1 陳情審査
  送付23-19  「飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」に於ける
        「歩行者の安全性」を配慮した「歩道整備」の在り方への
        陳情書

2 報告事項
 (1)飯田橋駅及び駅周辺のまちづくりについて       [資料]


 (2)御茶ノ水駅及び駅周辺のまちづくりについて      [資料]


 (3)神田駅及び駅周辺のまちづくりについて        [資料]


3 その他


4 閉会中の特定事件継続調査事項について

-------------------------------------------------------------------------------

┌──────────────────────────────────────────┐
│         駅及び駅周辺環境整備特別委員会  送付23−19         │
│                                          │
├──────────────────────────────────────────┤
│                                          │
│   「飯田橋駅西口地区第一種市街地再開発事業」に於ける「歩行者の安全性」を    │
│   配慮した「歩道整備」の在り方への陳情書                    │
│                                          │
└──────────────────────────────────────────┘

受付年月日   平成23年8月24日

陳 情 者   **********
         **********
           **********
           ********** (他117名)
                追加署名( 9/22) 51名
                追加署名(10/11)  6名
                追加署名(10/12)  3名
                追加署名( 3/ 1) 31名
                          計208名

                     陳情書

(趣旨)
 「千代田区交通安全計画」には、「交通の安全と円滑化を図ると共に、高齢者や障害者を含む
全ての人々にとってバリアのない快適な歩行空間の創出を図るため、歩道幅員の狭い区間の拡幅
整備を進めます。尚、整備する歩道幅員は、車椅子のすれ違いや緑化整備の可能な幅員である
2.5m以上の確保に努めます」と明記されています。当事業に於ける道路整備計画についても、
限定された道路幅員内の車道部分を拡幅して無理な車両通行を強行するよりも、千代田区が決定
した「交通安全計画」で掲げている施策の、最低でも「整備する歩道幅員の2.5m以上の確保」
の実行により、歩行者の安全を優先するべきです。
 「千代田区都市マスタープラン」にも、262号区道は「コミュニティを育むふれあいの歩行
空間を整備する通り」と明記されています。
 相当の車両や歩行者が増えるこの大規模再開発事業に於いて、人命尊重の説明責任を求め、「千
代田区交通安全計画」を遵守した歩道幅員2.5m以上を実行すべく、区民代表の議会を通じ、
行政担当者に厳正なるご指導を、宜しくお願いいたします。

平成23年8月24日

千代田区議会議長 小林やすお 殿

*262号区道に関する、当該事業における交通量と道路整備の問題点(参考資料添付)
 平成21年4/23の「まちづくり特別委員会」では、現地調査を踏まえ、「非常に危険な道路で
あり・・・道路幅、歩道幅が大幅に広がるのと、歩行者に対する安全の配慮が大変重要というご答弁を
いただいた。(部分略)」と議事録にありますが、7/27「沿道整備懇話会」で千代田区は、沿道
住民の「歩行者の安全性」への切実な要望を「少数意見」とし、車両通行の利便性を優先して、
「262号区道は(全幅8mで)車道6mに拡幅し、歩道は片側2mのみ、全体を双方向通行化」
と宣告しました。何を根拠に何時、何処で決定したのかも不明のままです。262号区道は拡幅さ
れない部分を多く残し、下記の問題点に拠り、溢れる歩行者の死傷事故が発生する可能性大で、そ
の場合はまさしく千代田区行政に因る『人災』です

1)駐車場出入口が集中(3カ所)し、右折インアウトを可能とした為、周辺道路へ及ぶ全体車両
  交通量(発生集中交通量)が5100台/日(平日)の内、午前も午後もその96%が集中。
  262号は現在の8倍増の車両通行量です。右折インアウトにするならば、「一方通行」が事
  故を回避するためにも順当の筈です。(そうすれば歩道も拡幅が可能です。)
2)262号区道南側の歩行者量は1010人/hであり、歩道幅員から1m幅辺り8.4人/h。
  外堀公園通り側(歩道部分7mで3.1人/h/1m幅)の2.5倍の歩行者量です。一番歩
  行者量が多い歩道が一番狭い、という矛盾を露呈。
3)現在でも後背地の住宅・オフィスや法政大学への通行者が大変多く、園児達も手を引かれなが
  ら歩いています。逓信病院へ飯田橋・富士見地域からの通院者が利用する道で、車椅子のすれ
  違いが可能である歩道2.5m以上の「交通バリアフリー歩行空間整備構想」にも抵触します。
4)就業者約5000人に、夜間人口510世帯と現在人口の1.5〜2倍になり、車両通行量が
  大幅増(上記)の当該事業に於いて、「再開発等促進区」の「交通基盤整備」の適用条件には、
  「周辺道路に与える負荷の検証とその影響を考慮し、道路の位置付けに配慮し適切な水準の道
  路計画とする」とあり。適用条件のひとつである人口増加に対応する駅のインフラ整備は後回
  しになっており、また、早稲田通り車道(5.5m幅/一方通行)の荷捌き車の常時滞留と同
  じ状況にある262号道路を、例え車道を6m幅にしたところで、双方向通行化すれば、対向
  車両の接触事故も増えかねません。自転車が車道を走るのも大変危険で、2m歩道上(有効幅
  1.6m)を自転車は通れず、道路管理者の責任が問われます。

-------------------------------------------------------------------------------

飯田橋駅及び周辺のまちづくりについて

-------------------------------------------------------------------------------

飯田橋駅及び周辺のまちづくりについて

-------------------------------------------------------------------------------

御茶ノ水駅及び駅周辺のまちづくりについて

-------------------------------------------------------------------------------

御茶ノ水駅及び周辺のまちづくりについて

-------------------------------------------------------------------------------

茗渓通りの整備について

-------------------------------------------------------------------------------

神田駅及び駅周辺のまちづくりについて

-------------------------------------------------------------------------------

神田駅及び駅周辺のまちづくりについて

-------------------------------------------------------------------------------

                         ┌────────┐
                         │政策経営部資料1│
                         │平成24年3月2日 │
                         └────────┘
       下水道幹線整備事業に伴う区有地貸付について

1 下水道「千代田幹線」整備事業の概要
 (1) 区内下水道の現状(別紙1参照)
   千代田区内(秋葉原周辺地域を除く)東側の下水は、目白通り・内堀通
  り・日比谷通り・国道1号線の地下(深さ数m)に敷設されている飯田橋
  幹線・中段幹線・高段幹線等を通って、芝浦水再生センター(港区所在)
  で処理され、東京湾へ放流されている。
 (2) 千代田幹線の整備(別紙2参照)
   飯田橋から芝浦まで、目白通り・内堀通り・国道1号線の地下50mの
  深さに、内径5m、延長8.5kmの下水道幹線を新設し、芝浦水再生セン
  ターにポンプ棟を新設する。総事業費は1千億円程度。
   なお、千代田幹線稼動後は、既設の飯田橋幹線・中段幹線・高段幹線を
  再構築して併用することとなる。
 (3) 整備事業の効果
  1)既設幹線の耐震性向上
   ・既設の飯田橋幹線・中段幹線・高段幹線は、大正13・14年から供
    用されており、大地震時の管路損傷に伴う下水道機能の低下や道路
    陥没が懸念されている(敷設されている道路は緊急輸送道路)。
   ・千代田幹線を整備することにより、既設幹線の水位を下げることが可
    能となるため、千代田幹線整備後に既設幹線の耐震化を図る。
   ・これにより、下水道機能を将来にわたって確保するとともに、都市型
    水害対策にも寄与することとなる。
  2)外濠の水質改善(別紙3参照)
   ・千代田区内は、汚水と雨水を一緒に収容する合流式下水道となってい
    る。雨天時に容量を超えた下水は、吐口(ハケグチ)から放流される。
    外濠には8か所の吐口が設けられており、水質悪化の原因の一つと
    なっている。
   ・千代田幹線及びそれに繋がる貯留管を整備することにより、雨天時の
    放流量を削減し、外濠の水質改善に寄与することとなる。
  3)常盤橋地区再整備の推進
   ・下水道は下水管の高低差により自然に流れる仕組みになっており、高
    低差を確保するために下水を揚水するポンプ所が要所に設けられて
    いる(東京都下水道局の区部で84か所)。
   ・千代田区内には大手町二丁目の日本ビル内に「銭瓶町(ゼニガメチョウ)
    ポンプ所」が設けられているが、同ビルを含む常盤橋地区再整備が
    計画されており、同ポンプ所は街区内で移転更新され千代田幹線に
    放流するようになるとともに、地下には日本橋川の水質改善を目的
    に雨水貯留池(雨天時の初期降雨を貯留)を整備する計画となって
    いる。
   ・この常盤橋地区再整備を推進することにより、将来にわたって安定的
    にポンプ所機能を確保するとともに、都市型水害対策にも寄与する
    こととなる。
 (4) 整備スケジュール(案)
   ・別紙4のとおり

2 下水道局からの要請内容と区の対応
 (1) 東京都下水道局から千代田区への要請内容
   作業用地を確保するため、区有地を借用したい。(別紙5参照)
  1)用途
   ・発進立坑:用地と前面道路にまたがって開口部を設ける。
         掘削初期以外は覆工板を被せるので、通行は可能。
   ・防音ハウス:用地内に防音ハウスを設け、地上と地下を水処理設備・
          土砂ピット・資材置場・工事車両駐車場所等に使用する。
  2)位置・面積
   ・千代田幹線の起点となる飯田橋三丁目付近に、1,000m2程度の用
    地が必要。
  3)工事期間
   ・平成25年度〜平成34年度(約10年間)
  4)その他
   ・掘削した土砂の搬出等で、大型車約100台/日が通行する。
 (2) 千代田区の対応(別添図1−1参照)
   次の区有地を貸付候補地とし、合意形成を図っていく。
   ・所 在 地:飯田橋三丁目22番21[地番](図1−1のC)
   ・地  積:960.86m2
   ・台帳価格:924,010,942円(平成23年3月31日現在)
   ・財産区分:普通財産(政策経営部所管)
   ・現  況:時間貸駐車場として賃貸契約中(賃貸料29,064千円/年)
         現在、平成24年4月1日以降の貸付に向けて事業者を募集中

-------------------------------------------------------------------------------

区内下水道の現状(芝浦処理区)

-------------------------------------------------------------------------------

千代田区幹線整備事業整備図

-------------------------------------------------------------------------------

外濠・日本橋川の水質改善(合流改善事業)

-------------------------------------------------------------------------------

千代田幹線整備スケジュール(案)

-------------------------------------------------------------------------------

貸付(要請・候補)区有地

-------------------------------------------------------------------------------

飯田橋駅周辺地域平面図