議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 千代田区

2006.03.14




2006.03.14 : 平成18年第1回定例会(第5日) 本文


    午後1時36分 開議
◯議長(戸張孝次郎議員) ただいまから平成18年第1回千代田区議会定例会継続会を開会します。
 日程第1を議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議案第35号 千代田区教育委員会委員の任命の同意について
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 執行機関より提案理由の説明をお願いします。
    〔区長石川雅己君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯区長(石川雅己君) 議案第35号、千代田区教育委員会委員の任命の同意についてご説明申し上げます。
 本区教育委員会委員堀口雅子氏の任期が3月24日をもって満了となります。つきましては、引き続き同氏を教育委員として任命いたしたく存じます。
 同氏は、平成14年3月、本区教育委員にご就任以来、教育を取り巻く様々な環境の変化の中で、中等教育学校の開設や在来小・中学校のあり方等多くの課題を抱えている教育委員会において、長年の豊富なご経験とご高潔な見識のもと、本区教育行政の円滑な運営に多大な貢献をいただいたところであり、引き続き教育委員として任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定に基づき、区議会の同意を求めるものであります。
 何とぞご同意賜りますようよろしくお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) これより議案第35号、千代田区教育委員会委員の任命の同意についての採決を行います。この採決は無記名投票をもって行います。
 議場の出入り口を閉鎖します。
    〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) ただいまの出席者は25名です。
 お諮りします。投票につきましては、議長指名による開票立会人4名を置くことに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、指名します。
 3番河合良郎議員、7番小山みつ子議員、12番大串ひろやす議員、23番飯島和子議員、以上の方にお願いします。
 なお、念のため投票の方法について申し上げます。投票は無記名、1人1票です。本案に賛成の方は緑票を、反対の方は赤票を投票して下さい。
 本件について議長は投票をしませんので、ご了承願います。投票カードは、ただいまお手元にお配りします。
    〔投票カード配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 投票カードの行き渡らない方はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認めます。
 これより投票を行います。
 投票箱を改めさせます。
    〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異常なしと認めます。
 三柳事務局長が点呼しますから、順次投票して下さい。
    〔局長 氏名点呼〕
    〔各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 投票漏れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認めます。
 投票を終了します。
 投票箱を閉じます。
 これより開票します。
 立会人の立ち会いをお願いします。
    〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 投票の結果を報告します。
 投票総数24票、緑票21票、赤票3票。
 ただいま報告したとおり緑票が多数です。よって、本案は原案どおり可決しました。
 投票カードの残りを回収しますから、しばらくお待ち下さい。
    〔投票カード回収〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 議場の出入り口の閉鎖を解きます。
    〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 日程第2を議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議案第36号 千代田区監査委員の選任の同意について
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 執行機関より提案理由の説明をお願いします。
    〔区長石川雅己君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯区長(石川雅己君) 議案第36号、千代田区監査委員の選任の同意についてご説明申し上げます。
 本区監査委員工藤裕子氏の任期が3月24日をもって満了となります。つきましては、引き続き同氏を監査委員として選任いたしたく存じます。
 同氏は、現在、中央大学の法学部教授としてご活躍をされておりますが、平成14年3月、本区監査委員に就任以来、行政のチェック機能だけではなくて、成果を踏まえた経営評価が求められる中で、行政経営の専門家として本区の適正で効率的な行政運営の確保に多大なご貢献をいただいているところであり、引き続き監査委員として選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、区議会の同意を求めるものであります。
 何とぞご同意賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) これより議案第36号、千代田区監査委員の選任の同意についての採決を行います。この採決は無記名投票をもって行います。
 議場の出入り口を閉鎖します。
    〔議場閉鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) ただいまの出席者は25名です。
 お諮りします。投票につきましては、議長指名による開票立会人4名を置くことに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、指名します。
 3番河合良郎議員、7番小山みつ子議員、12番大串ひろやす議員、23番飯島和子議員、以上の方にお願いします。
 なお、念のため投票の方法について申し上げます。投票は無記名、1人1票です。本案に賛成の方は緑票を、反対の方は赤票を投票して下さい。
 本件について議長は投票をしませんので、ご了承願います。投票カードは、ただいまお手元にお配りします。
    〔投票カード配付〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 投票カードの行き渡らない方はありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認めます。
 これより投票を行います。
 投票箱を改めさせます。
    〔投票箱点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異常なしと認めます。
 三柳事務局長が点呼しますから、順次投票して下さい。
    〔局長 氏名点呼〕
    〔各員投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 投票漏れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認めます。
 投票を終了します。
 投票箱を閉じます。
 これより開票します。
 立会人の立ち会いをお願いします。
    〔投票点検〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 投票の結果を報告します。
 投票総数24票、緑票21票、赤票3票。
 ただいま報告したとおり緑票が多数です。よって、本案は原案どおり可決しました。
 投票カードの残りを回収しますから、しばらくお待ち下さい。
    〔投票カード回収〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 議場の出入り口の閉鎖を解きます。
    〔議場開鎖〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 日程第3及び第4を一括して議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議案第37号 千代田区行政監察員の選任の同意について
 議案第38号 千代田区行政監察員の選任の同意について
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 執行機関より提案理由の説明をお願いします。
    〔区長石川雅己君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯区長(石川雅己君) 議案第37号及び議案第38号、千代田区行政監察員の選任の同意についてご説明申し上げます。
 2議案は、いずれも千代田区行政監察員を選任するため、千代田区職員等公益通報条例第7条第2項の規定に基づき、議会の同意を求めるものであります。
 千代田区職員等公益通報制度におきましては、平成15年の制度発足以来、議会の同意を得て行政監察員を内野経一郎、内山忠明の両弁護士にお願いしているところであります。引き続きお2人にお願いすることにより、公益通報制度の適切な運営にご尽力いただけると存じます。
 ご審議の上、よろしくご同意賜りますようお願いを申し上げます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) お諮りします。ただいまの議案は、いずれも石川区長の提案理由説明どおり満場一致決定したいと思いますが、異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、ただいまの議案は、いずれも原案どおり可決しました。
 日程第5及び第6を一括して議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議案第34号 千代田区介護保険条例の一部を改正する条例
 議員提出議案第5号 千代田区乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例
                         (保健福祉文教委員会審査報告)
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 山田ながひで保健福祉文教委員長より審議経過及び結果について報告をお願いします。
    〔山田ながひで議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯13番(山田ながひで議員) 保健福祉文教委員会に審査を付託されました条例2議案につきまして、審査結果をご報告いたします。
 まず、議案第34号、千代田区介護保険条例の一部を改正する条例ですが、本議案は、介護保険法が改正され、住み慣れた地域での生活を支えるため地域密着型サービス、地域支援事業が創設されたことに伴い、保険給付として地域密着型介護サービス費、地域密着型介護予防サービス費等の支給を追加するほか、地域支援事業の介護予防事業を本区の介護保険のメニューとして追加規定するものです。
 なお、従来、介護保険法上の保健福祉事業としておりました居宅介護サービス利用者負担額軽減事業につきましては、一般事業として整理することとし、規定を削除します。
 また、第3期介護保険事業計画策定に伴い、保険料率を改定します。基準保険料額は月額3,600円から4,100円(年額では4万3,200円から4万9,200円)に改め、所得等に応じた保険料段階は6段階から8段階に改めます。
 さらに、地方税法改正により老年者非課税措置が廃止されたことに伴い、保険料段階が上昇した方に対し、平成18年度及び19年度の2年間の激変緩和措置を実施いたします。
 本条例は本年4月1日から施行するものです。
 質疑の結果、一般施策として行ってきたパワーリハビリテーションなどの事業は、地域支援事業として運動機能を向上させるための訓練を目的とする介護予防事業に移行すること。また、地域支援事業については、地域包括支援センターが利用者の介護予防の目標・計画を立て、高齢者在宅サービスセンターなどが実施すること。その際、保健所が行ってきた当該モデル事業の経験を踏まえ、本区は指導・支援を行うこと。介護予防給付、介護予防事業等の目標値等を高齢者在宅サービスセンターなどに提示し、その到達状況を把握することで、地域包括支援センターのケアプランの点検等を本区が実施すること。介護保険料については、住民税課税対象者の段階を任意に設定することができることから、各自治体でその違いが生じること。本区では、保険料の上昇を少しでも抑えるため高額所得者に基準保険料の2倍の保険料を設定するなど、都心隣接区でも最も低い月額4,100円の保険科となったことなどが明らかになりました。
 質疑を終了し、討論に入りましたところ、反対の立場から、これまで保健所などが行ってきた介護予防事業を介護保険の予防給付に移行されることはサービス低下につながるのではないか。新予防給付に数値目標などを設定することは要介護者に配慮するものとはならないこと。保険料については、さらに高額所得者に負担していただくことでさらなる低所得者への配慮ができたのではないかなどの意見がありました。
 一方、賛成の立場から、介護予防事業を介護保険で行うことで社会的負担の軽減を目指すことは大変評価できること。国・都・区の一定の枠組みの中で、本区は関係事業者などの工夫を引き出す方策を含め継続性のある制度としたものと評価できること。保険料については、現行6段階から8段階へときめ細かい所得段階設定をすることで十分低所得者に配慮するものとなっていることなどの意見がありました。
 討論を終了し、採決した結果、議案第34号は賛成多数により可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議員提出議案第5号、千代田区乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例ですが、本議案は、児童福祉の増進を図ることを目的に現行の乳幼児医療費助成の対象年齢を6歳(就学前年齢)から15歳(中学校卒業年齢)まで拡大すること。名称を「乳幼児」から「子ども」に改めること。また、現行では助成の範囲から除かれている入院時食事療養費を新たな対象とするため当該除外規定を削除するなど規定を整備するもので、本年10月1日から施行するものです。
 質疑の結果、施行された場合の予算規模は、拡充対象年齢の小学校1年生から中学校3年生までの人数3,078人に他区及び本区の1人当たりの平均年間医療費3万円を掛けた9,234万円程度が食事療養費を含め新たに必要となること。現行の本区などの医療費助成手続については、区内の一部医療機関、遠隔地の医療機関については償還払いで対応していること。なお、区内には小児科標榜診療所29カ所(小児科医師数約60人)、休日医科診療の輪番に参画している医療機関13カ所があり、駿河台日大病院において休日・全夜間診療事業を既に行っていることなどが明らかになりました。
 質疑を終了し、討論に入りましたところ、賛成の立場から、区の汎用性のある次世代育成手当は評価するものの、教育費など大きな負担のある子育て世代には常に医療にかかれる安心感のある医療費助成の拡充は必要であるなどの意見がありました。
 一方、反対の立場から、次世代育成手当は医療費をも包含しているものであること。今後実施していく小児初期救急平日準夜間診療など区民ニーズにかなう経済的支援以外の事業を本区は用意していることなどの意見がありました。
 討論を終了し、採決した結果、議員提出議案第5号は賛成少数により否決すべきものと決定いたしました。
 以上、当委員会に付託されました2議案の審査結果の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) お諮りします。ただいま報告にありました議案第34号、千代田区介護保険条例の一部を改正する条例、議員提出議案第5号、千代田区乳幼児医療費助成条例の一部を改正する条例は、いずれも投票システムにより採決したいと思いますが、異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、決定します。
 初めに、議案第34号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議案第34号は、賛成多数により原案どおり可決しました。
 次に、議員提出議案第5号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議員提出議案第5号は、賛成少数により否決されました。
 日程第7から第11を一括して議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議案第33号 平成17年度千代田区一般会計補正予算第4号
 議案第 3号 平成18年度千代田区一般会計予算
 議案第 4号 平成18年度千代田区国民健康保険事業会計予算
 議案第 5号 平成18年度千代田区老人保健特別会計予算
 議案第 6号 平成18年度千代田区介護保険特別会計予算
                           (予算特別委員会審査報告)
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 高山はじめ予算特別委員長より審議経過及び結果について報告をお願いします。
    〔高山はじめ議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯10番(高山はじめ議員) 予算特別委員会に審査を付託されました議案第33号、平成17年度千代田区一般会計補正予算第4号、議案第3号、平成18年度千代田区一般会計予算、議案第4号、平成18年度千代田区国民健康保険事業会計予算、議案第5号、平成18年度千代田区老人保健特別会計予算、議案第6号、平成18年度千代田区介護保険特別会計予算の5議案について審査結果を報告いたします。
 委員会は延べ5日間にわたり精力的かつ活発な議論を行い、平成18年度予算調査は、多岐にわたる分野の調査をする必要があることから3つの分科会を設置し、調査を行うことにしました。
 初めに、議案第33号、平成17年度千代田区一般会計補正予算第4号について報告いたします。
 今回の補正予算の内容は、神田淡路町二丁目12番2号の旧神田消防署跡を取得する経費として6億2,200万円を追加計上するものです。なお、取得に当たっては3割の公共減額を受けることとしているものです。
 議案第33号について、質疑の後、討論の省略を諮り、採決を行った結果、全員一致で可決すべきものと決定をいたしました。
 次に、平成18年度各会計予算案の4議案について報告いたします。
 平成18年度予算は、区政が区民に最も身近な基礎的自治体であることを踏まえ、区民生活の安全・安心を守ることを基本とし、特に「子育て支援」、「介護予防」、「住まいの安全」、「学校教育の充実」を重点に編成されたものです。
 当初予算については、2月28日と3月1日に3つの分科会で調査を行い、その調査報告を受けて8日と9日の2日間にわたり総括質疑を行った後、意見発表に入りました。
 賛成の立場から、平成18年度予算編成の4本の柱である「子育て支援」、「介護予防」、「住まいの安全」、「学校教育の充実」は、いずれも区民が「住んでいて良かった」と思える千代田区の実現に大きく寄与する事業と期待する。特に、全国にも例を見ない子育て育成世代に配慮した大胆な次世代育成手当の創設をはじめ、マンションの安全・安心居住助成及び民間住宅のアスベスト調査工事助成や、障害者自立支援法の施行に伴う受益者負担軽減、肺炎球菌ワクチン接種助成など、いずれも高く評価できるものと認識し、賛成する。次に、次世代育成手当に関しては、単に産めよ増やせよという視点で制定したものではなく、すばらしい千代田の未来を担う人材を築き、つくり上げるメッセージとして受け止めている。また、次世代育成支援特別委員会の中で提起されている課題については、優先順位をつけることなく、できることから実施していくべきであると考えている。さらに、今後展開される課題への対応に職員体制も含め区民に示すことを希望し、賛成するとの意見がありました。
 一方、反対の立場から、2006年度予算の中では、次世代育成手当は4億円近い額を所得制限をなくして18歳まで支給するという趣旨だが、区民要望の高い医療費助成の拡充をはじめ障害児及び病児保育などの充実が先だと考える。また、新庁舎のアートに関して1億円が計上されているが、公平性・透明性に欠けるため予算案に反対する。また、2006年度各会計予算案は、給食調理の委託を拡充し、図書館まで指定管理者制度を導入しようとするなど、官から民への流れを加速するものと認識する。さらに、生活保護世帯への対応など低所得者への配慮が欠けていること。米軍の戦争に自治体と区民を強制的に動員するための国民保護計画は国際平和都市千代田区宣言と対立するものと指摘し、各会計予算案に反対するとの意見がありました。
 意見発表を終了し、採決を行った結果、議案第3号、第4号、第5号、第6号の4議案は、いずれも賛成多数で可決すべきものと決定をいたしました。
 以上、当委員会に審査を付託された5議案の審査経過と結果の報告を終わります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) ただいま報告にありました議案のうち、議案第33号、平成17年度千代田区一般会計補正予算第4号は、高山はじめ予算特別委員長の審査報告どおり決定し、議案第3号、平成18年度千代田区一般会計予算、議案第4号、平成18年度千代田区国民健康保険事業会計予算、議案第5号、平成18年度千代田区老人保健特別会計予算、議案第6号、平成18年度千代田区介護保険特別会計予算については、投票システムにより採決したいと思いますが、異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、決定します。
 初めに、議案第3号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議案第3号は、賛成多数により原案どおり可決しました。
 次に、議案第4号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議案第4号は、賛成多数により原案どおり可決しました。
 次に、議案第5号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議案第5号は、賛成多数により原案どおり可決しました。
 次に、議案第6号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議案第6号は、賛成多数により原案どおり可決しました。


-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 日程第12を議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議員提出議案第6号 21世紀の世界平和に貢献する第31回オリンピック競技大会・東京
           招致に関する決議
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 提出者を代表して、鳥海隆弘議員より提案理由の説明をお願いします。
    〔鳥海隆弘議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯18番(鳥海隆弘議員) 議員提出議案第6号、21世紀の世界平和に貢献する第31回オリンピック競技大会・東京招致に関する決議について、提出者を代表して提案理由の説明を行います。
 オリンピックは、スポーツを通じて世界中の人々が感動を分かち合い交流するとともに、友好親善と相互理解を深めることにより、世界平和の確立にむけて貢献する人類最大のスポーツ・文化の祭典であります。
 1964年の第18回東京オリンピック大会は、我が国の戦後復興の象徴として開催され、平和都市として生まれ変わった日本の首都東京の姿を世界の人々に示し、これを契機に政治、経済、文化が集積する大都市に発展をしてまいりました。
 東京オリンピックから約半世紀を経た現在、再び東京でオリンピックを開催することは、江戸400年の歴史とともに、平和のうちに今日の東京に育まれてきた多様な文化・芸術、先端技術などを世界の人々に知ってもらう絶好の舞台となるものです。
 千代田区では、国際平和都市千代田区宣言を行い、世界の恒久平和を希求するとともに、あらゆる施策を貫く基本的な思想として、共に生きる「共生」を掲げています。本区として、東京オリンピックの開催は、民族・宗教の違いを乗り越えて国際平和、国際交流の促進、環境問題の克服、ユニバーサルデザインの街づくりなど、共生社会の実現を目指すためにまたとない契機となるものです。
 先日閉幕しましたトリノオリンピックでは世界のアスリートたちの活躍に胸を熱くしました。また、現在、同じトリノでは障害を持つ人々のオリンピックであるパラリンピックが開催されており、開会式典のテーマであった「すべての限界を破り、すべての障壁を破る。」そのままに熱戦が繰り広げられております。
 アスリートたちの崇高な競い合いは、世界の未来を担う子どもたちに感動を与え、目標に向かって努力する大切さ、すばらしさを実感してもらうことができるものと信じます。
 よって、千代田区議会は、区民とともに首都東京の筆頭区として世界平和と繁栄を目指して、2016年開催の第31回オリンピック競技大会の東京招致を強く求めるものです。
 決議の案文につきましてはお手元に配付のとおりであります。
 満場一致ご議決いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) ただいま報告にありました議員提出議案第6号、21世紀の世界平和に貢献する第31回オリンピック競技大会・東京招致に関する決議について、討論の通告がありますので、発言を許可します。
    〔飯島和子議員登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯23番(飯島和子議員) 第31回オリンピック競技大会の東京招致に関する決議に対して反対の立場から討論を行います。
 オリンピックは、スポーツの国際的な交流、技術を競い合うだけのものでなく、民族・宗教・政治的立場を超えた友好・平和の祭典として行われており、大会そのものに反対するものではありません。
 しかし、石原都知事は、次回オリンピックを東京で開催することについて、第1回定例都議会の施政方針演説や本会議質問への答弁の中で、大会に向けて首都圏三環状道路など幹線道路網の集中整備、羽田空港の再拡張、横田基地の軍民共用を進めることなどを表明しています。オリンピック誘致を理由に大型開発なる公共事業をさらに促進することにほかならず、第18回東京大会における反省を繰り返しかねません。1兆3,000億円の事業費が予想されている外環道の前倒しなど、三環状道路を建設すれば、これまで以上に巨額の税金投入は避けられません。都財政への影響、そして環境への負荷の点からも、都民の犠牲は大きなものになるに違いありません。このような位置付けで行うならば、1,000億円の五輪基金も、結局、大型開発のための積立金になってしまいます。
 新年度の都予算案は、税収増にもかかわらず公共料金を25件も値上げするなど、都民負担増を行っています。その一方で五輪を口実に不要不急の大型事業には大盤振る舞いすることを都民が納得できるでしょうか。
 さらに、東京五輪基本構想懇談会の議事録や提出資料、開催経費の試算など、招致の是非を検討する上で不可欠の資料提出も拒み続けるなど、都民に秘密裏に進める姿勢も問題です。
 また、五輪は、「平和の祭典」と呼ばれるように、五輪憲章の平和の基本理念の実現や国際交流、とりわけ東アジアの平和と連帯に貢献できるものでなければなりません。しかし、石原都知事は、これまで五輪憲章や五輪の根本精神である平和について一言も触れておらず、従来のアジア蔑視の発言からは友好・平和に真っ向から背を向けているとしか思えません。これではオリンピックの精神が生かされるとは思えません。
 このように問題点が幾つもある中では、区民の意見を良く聞き、区議会としても慎重に検討することが必要だと思います。
 以上の理由から、十分な論議を行わないまま第31回オリンピック競技大会の東京招致に関する決議を提出することに反対をいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 以上で討論を終わります。
 お諮りします。議員提出議案第6号、21世紀の世界平和に貢献する第31回オリンピック競技大会・東京招致に関する決議は、投票システムにより採決したいと思いますが、異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、決定します。
 議員提出議案第6号に賛成の議員は緑のボタンを、反対の議員は赤のボタンをそれぞれ押して下さい。
    〔賛成・反対者ボタンにより投票〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 押し忘れはありませんか。
    〔「なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) なしと認め、確定します。
 議員提出議案第6号は、賛成多数により原案どおり可決しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 日程第13を議題にします。
──────────────────────────────────────────
 議員派遣について
──────────────────────────────────────────

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) お諮りします。本件は、お手元に配付したとおり、平成18年4月16日より4月29日まで、国外都市行政調査団として松本佳子議員、小林やすお議員、大串ひろやす議員、鳥海隆弘議員、石渡伸幸議員、竹田靖子議員をそれぞれ派遣したいと思います。
 なお、本件につきまして、参加者等の変更については議長にご一任いただきたいと思いますが、異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、決定します。
 次に、区民生活環境委員長から、お手元に配付の「請願継続審査一覧表」のとおり、会議規則第71条の規定により、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りします。本件は、申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、本件は、申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定しました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 次に、企画総務委員長、保健福祉文教委員長、区民生活環境委員長、議会運営委員長、観光施策推進特別委員長、まちづくり特別委員長、次世代育成支援特別委員長、中小企業支援対策特別委員長、新庁舎特別委員長、広報広聴特別委員長から、委員会において調査中の事件につき、会議規則第71条の規定により、お手元に配付の「特定事件継続調査事項表」のとおり、それぞれ閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りします。本件は、申し出のとおり、いずれも閉会中の継続調査に付することに異議ありませんか。
    〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 異議なしと認め、本件は、申し出のとおり、いずれも閉会中の継続調査に付することに決定します。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 以上で本日の日程をすべて終了しました。
 石川区長より閉会のあいさつをお願いいたします。
    〔区長石川雅己君登壇〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯区長(石川雅己君) 平成18年第1回区議会定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。
 今回ご提案いたしました議案は、平成18年度予算をはじめ条例の制定・改正、人事案件など合計38件でございましたが、いずれも原案どおりご議決、ご同意を賜り、厚く御礼を申し上げます。
 特に、主要案件でありました予算関係議案の審議に当たりましては、全議員をもって構成されました予算特別委員会が設置され、さらに分科会方式によりまして長時間にわたって熱心かつ精力的にご審議をいただきました。高山はじめ委員長、鳥海隆弘副委員長、山田ながひで副委員長、小林やすお副委員長のご労苦に対して心から感謝を申し上げます。
 さて、今回の定例区議会は、平成18年4月から平成19年3月までの1年間、区政が区民の皆様にどのような内容のサービス等を提供するかをお示しする予算などのご審議をいただく重要な場であります。予算の主な内容は、招集挨拶でも申し上げましたが、第1は「子育て支援」、第2は高齢者がいつまでも安心して暮らせる「介護予防」等、第3は安全に暮らせる「住まいの安全」、第4は「学校教育の充実」の4つの分野を特に重点として取り組んだところであります。
 第1の「子育て支援」につきましては、第1に、23区で唯一平成14年以来実施しております、区内のどこかの保育園に確実に入所できるいわゆる「待機児ゼロ」の実施であります。第2は、区民のご両親等が働いているご家庭の小学3年生までを最大限7時までお預かりする学童クラブも確実に入所できる「待機児ゼロ」を目指します。第3は、子育ての社会化という意味から千代田区から発信することが重要と考え、全国で初めて、すべての区民の子育て家庭へ、妊娠5カ月から18歳までに支給される次世代育成にかかわる手当であります。4つ目は、子どもさんが下校時など安全に帰宅できる地域づくりの実現や平日準夜間小児初期救急医療制度など、子育て事業を大幅に拡充したことであります。
 第2は高齢者の生活への安心対策であります。その1は、標準月額介護保険料は、様々な工夫をして、都心部で最も低い4,100円といたしました。2点目は、特に特別養護老人ホーム等の介護保険施設に入所している方々に対しまして、昨年10月から居住費や食事代のほか利用料を別途自己負担していただくことになりましたが、急激な負担増を避けるため概ね自己負担の増額分の半額程度にしてまいりましたが、平成18年度1年間、さらに概ね4分の1の負担軽減策を講じることといたしました。こうした施設で介護を受けている高齢者の方々への措置は全国的にも珍しいものであります。
 3点目は、敬老祝金につきましては、平成17年度まで77歳以上の方々の節目で支給させていただきましたが、平成18年度からは従来の支給対象者に加えて75歳、85歳、90歳以上の方々すべてに支給することなど、高齢者への施策の充実も図ってきたところであります。
 第3の「教育の充実」といたしましては、1点目は来月4月開校の区立九段中等教育学校の経費や、2点目は在来中学校の特色ある教育を実施するための費用など、教育に関する施策の充実を図ってまいりました。
 第4の「住まいの安全」といたしましては、1点目は、耐震偽装事件を踏まえて、全国的にも類例のないすべての区内のマンション等へ耐震調査費用の助成費用の計上や、2点目は区内の公共施設及び民間施設等へのアスベスト除去費用など、区民の生活の場の安全・安心のための事業費を計上いたしました。
 予算等にかかわる区議会での賛否では、ちよだの声、日本共産党区議団、千代田区民クラブが反対され賛成をいただけなかったことを私は記憶にとどめておきます。
 さて、新年度予算の執行に当たりまして、審議の過程で賜りましたご意見、ご指摘事項を踏まえるとともに、さらなる創意工夫に努めるなど、より効率的・効果的な行財政運営に徹し、区民福祉の向上に全力を傾注してまいります。
 さらに、審議を通じていただきましたご意見のうち、ソフト・ハードを含め、区政はサービス業として、電話や窓口対応のあり方、苦情等は区民満足度を把握する源泉であり、さらに一段と全職員の意識改革を図っていく必要性を痛感いたしましたので、区議会におかれましても引き続き叱咤激励のほどお願い申し上げます。
 以上をもちまして平成18年第1回区議会定例会のご挨拶といたします。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯議長(戸張孝次郎議員) 以上で本年第1回定例会を閉会します。
 散会します。
    午後2時16分 閉会