議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 千代田区

平成24年環境文教委員会 資料




2012.03.12 : 平成24年環境文教委員会 資料


                   環境文教委員会

                                 平成24年 3月12日



1 報告案件
 [環境安全部]
(1)秋葉原公園における分煙スペースの設置について(安全生活課)         [資料]
(2)放射線量測定器の貸出しについて(安全生活課)                [資料]
(3)平成22年度 環境モデル都市の取組評価について(環境・温暖化対策課)
                                         [資料]
(4)千代田区グリーンストック作戦の進捗状況について(環境・温暖化対策課)
                                         [資料]

 [子ども・教育部]
(1)九段中等教育学校校舎間連絡通路について (子ども総務課)          [資料]
(2)子ども・子育て新システム基本制度の概要について (子ども支援課)      [資料]


2 その他


3 閉会中の特定事件継続調査事項について

-------------------------------------------------------------------------------

                              ┌────────┐
                              │環境安全部資料1│
                              │平成24年3月12日│
                              └────────┘
         秋葉原公園における分煙スペースの設置について

1 設置経緯
  秋葉原公園については、駅側の広場に絶えず喫煙者がおり、吸殻が散乱している
 状況があるため、公園環境の改善、分煙化の徹底を図るため、喫煙スペースを設置
 することとした。


2 設置概要
 (1)設置箇所  区立秋葉原公園 (公園面積 704.99m2)
        (千代田区神田佐久間町1−18)
         公園北側広場部分(別紙1)
 (2)規  模  約40m2(25名程度)
 (3)設  備  灰皿(大6)、パーテーション(間仕切り)、マナー広告
         案内標示等 (別紙2、別紙3)
 (4)設置時期  平成24年3月末(予定)


3 その他
  設置後、当面は巡回指導員が立ち寄り、喫煙者を喫煙スペース内へ誘導し分煙の
 徹底を図る。

-------------------------------------------------------------------------------

(資料1)別紙1 秋葉原公園地図

-------------------------------------------------------------------------------

(資料1)別紙2 秋葉原公園図面

-------------------------------------------------------------------------------

(資料1)別紙3 秋葉原公園図面

-------------------------------------------------------------------------------

                            ┌──────────┐
                            │環境安全部資料2  │
                            │平成24年3月12日│
                            └──────────┘
             放射線量測定器の貸出しについて

1 目  的
   区民が身近な場所における放射線量を把握することができるよう、放射線量測
  定器を貸し出す。

2 対  象
   区民

3 貸出開始日
   平成24年4月2日(月) ※3月21日(水)から予約受付開始

4 貸出機器
   クリアパルス株式会社 A2700型 Mr.Gamma(シンチレーション式
   サーベイメータ、エネルギー補償型) 3台(うち1台は土日貸出専用に使用)

5 貸出概要
(1)予約方法
  1)事前予約制(申込順)
  2)予約受付窓口は安全生活課(電話及び窓口)
  3)予約は利用希望日の前月の初日から受け付ける。
(2)貸出台数
    1人につき1回1台(ただし、1世帯につき1回1台を限度とする。)
(3)貸出期間
  1)平日貸出 月曜日から金曜日までの1日(午前9時から午後4時)を単位(祝
        日・年末年始を除く。)
  2)土日貸出 金曜日の午前9時から月曜日の正午までを単位

6 測定場所
  機器を使用して放射線量を測定できる場所は、区内で、自己が所有する土地、
 建物又は自己が管理する土地、建物とする。
  測定を他の者が所有する土地、建物又は他の者が管理する土地、建物において
 測定する場合は、自己の責任において、当該土地、建物の所有者又は管理者の許
 可を受けた上で測定を行うものとする。

7 区の対応
   区は、以下の場合は借受者から測定結果の報告を受けるととともに、測定値及
  び測定場所の状況に応じて対応する。
(1)地表から1m高さの空間線量率が周辺より毎時1マイクロシーベルト以上高い
  数値が測定された場合
(2)道路、公園等公共の場所で地表から1m高さの空間線量率が毎時0.23マイ
  クロシーベルト以上の数値が測定された場合

8 周  知
   広報千代田(3月20日号)、区ホームページほか

-------------------------------------------------------------------------------

(資料2)射線測定機器貸出ローテーション

-------------------------------------------------------------------------------

(資料3)平成22年度 環境モデル都市の取組評価について

-------------------------------------------------------------------------------

(資料3)別紙 環境モデル都市取組評価

-------------------------------------------------------------------------------

(資料4)千代田区グリーンストック作戦の進捗状況について

-------------------------------------------------------------------------------

                                ┌────────┐
                                │教育委員会資料1│
                                │平成24年3月12日│
                                └────────┘
           九段中等教育学校校舎間連絡通路について

1 連絡通路の必要性
 (1)良好な教育環境の確保
  九段校舎は1年生から4年生までの教室のほか、校庭をはじめ体育館、音楽室・化学実
 験室等の特別教室、図書室、及び職員室等を配置し、富士見校舎には、静謐な環境で学
 業に専念させる趣旨で5年生及び6年生の教室と少人数指導用教室を配置している。

  こうした環境の中で、生徒が毎日両校舎間を移動して授業を受けており、その移動数は
 1週間で延7,400人にのぼる。

  この頻繁な校舎間移動に時間を要してしまうことが中等教育学校設置以来の大きな課
 題となっている。中等教育学校では各授業間に10分準備時間を有するが、校舎間移動に
 15分から20分の時間を要し、天候等の状況によっては50分授業が実質40分程度に縮
 減される場合も発生している。

  九段中等教育学校で、1年間に44週授業がある前提で試算していくと、延べ32万5600
 人もの移動数となる。
  移動時間による逸失時間が毎回5分発生するとして、試算すると年間で187時間、授業
 コマ数に置き換えると約224コマ分が移動によって消失してしまう計算になる。

  このため、効率的な移動の手段の確保を学校サイド、保護者サイドのいずれからも求め
 られている。

 (2)生徒の安全確保
  現在、校舎間の移動は両校舎間を挟む区道を横断しており、移動中の交通事故を防ぐ
 ため、警備員及び職員を毎日配置し、安全対策を講じている。これまでの6年間は無事故
 であったが、一日平均1,200人を超える生徒等が移動する中で将来的にも安全が確保
 される保証は無く、教職員は日常的に事故を危惧しながら教育活動を行っており、安全確
 保の観点からの課題解決が求められている。

 (試算)
  生徒移動数: 7,400人*44週=325,600人
  逸失時間:5分*51コマ*44週=11,220分=187時間 (授業時間224.4コマ)

  以上の理由から、教育委員会では両校舎間を繋ぐ連絡通路の設置が急務と判断してお
 り、保護者や中等教育学校経営評議会からも連絡通路整備への強い要望が寄せられて
 きた。


2 地下通路の検討
 (1)現行の富士見校舎は地階の無い構造であり、新たに地下構造物を設置する場合、現
 存校舎の基礎部分の躯体変更が必要だが、現実には不可能である。校舎とは別に地下
 階段建設工事を行い、地下通路を施工することとなるが、経費概算で8億円以上、工事期
 間18月以上、その間の富士見の仮校舎が必要となる。

 (2)九段校舎と富士見校舎を挟む区道には、GL−4.2mに下水道管が埋設されており、
 地下通路を造る場合にはGL−7m程度まで掘削する必要が生じる。

 (3)7mある高低差の移動をバリアフリーの視点から考慮すれば、エレベータ設備が当然
 必要となり、地下通路完成後にも維持管理にかかる後年度負担が継続発生する。

 (4)富士見校舎側の地下階段幅は1.4mで、昇降は窮屈なものとなる。九段校舎側にも
 同様に地下階段建設工事を行い、校舎1階からの移動となる。従前の平面的な移動から
 上下移動が加わることとなり、現行よりも移動に時間を要してしまい、そもそもの効率的な
 移動手段確保という目的を達成できない。

3 景観について
 (1)建築確認申請(計画通知)の段階では、建築基準法上の工作物として区景観まちづく
 り条例に定める届出を行っていく中で意見を聞くとともに、計画段階から近隣の方々から
 連絡橋の色彩、形態、プライバシーの保護等についてご意見・ご要望を伺いながら進めて
 いく。
 (2)当該連絡通路の設置に当たっては、今後、景観について専門的な知識を有する者の
 意見を聞いていく。

※区景観審議会は東京都環境影響評価条例(高さ100m以上かつ述べ床面積10万m2以
 上、ただし、一部地域は除く)に該当する建築物について意見を聞くこととされており、当
 該工作物は審議会の対象とはならない。

-------------------------------------------------------------------------------

(参考)連絡通路図

-------------------------------------------------------------------------------

九段中等教育学校連絡橋の設置反対の要望について

-------------------------------------------------------------------------------

子ども・子育て新システム基本制度の概要について

-------------------------------------------------------------------------------

子ども・子育て新システムの基本制度について

-------------------------------------------------------------------------------

子ども・子育て新システムに関する基本制度(別添1)

-------------------------------------------------------------------------------

子ども・子育て新システムに関する基本制度(別添2)