議事ロックス -地方議会議事録検索-


東京都 千代田区

2011.03.31




2011.03.31 : 平成23年環境文教委員会 本文


                午後2時23分開会
◯小林たかや委員長 それでは、環境文教委員会を開会いたします。座らせてやらせていただきます。
 お手元に日程をお渡ししておりますので、このとおり進めたいと思います。よろしゅうございますか。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 まず、議案の審査から入りたいと思います。
 議案第26号、平成23年度千代田区一般会計補正予算第1号について、執行機関の説明を求めます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 それでは、議案第26号、平成23年度千代田区一般会計補正予算第1号の説明をさせていただきます。
 補正予算資料をごらんいただきたいと思います。環境安全部資料でございます。失礼しました。
 今回、補正をお願いしますのは、3月11日に発生しました東北太平洋沖地震に伴い、被災者の支援など緊急を要する対応に必要な経費を追加計上するものでございます。
 予算の規模は3億414万3,000円です。
 内容は、大きく分けまして5項目ございます。
 一つ目は、被災者の受け入れで、軽井沢少年自然の家と嬬恋自然休養村に被災者を無償で受け入れ、食事などの提供を行う予定でございます。これらの期間約6カ月に必要な経費を今回計上しているものでございます。
 二つ目は、救援物資の提供で、備蓄物資を被災地に提供するなどいたしましたけれども、これらを補充するため、防災備蓄物資の千代田の部分を補充するための経費でございます。
 それと三つ目は、これ、MCA無線とございますけれども、デジタル式の無線機に、今年度も実は今更新中でございますけれども、新たに追加するものを、実は平成23年度の当初予算にも計上しておりましたが、今回の反省を踏まえまして、少し初動体制の確保などに必要なものを追加配備する、そのための経費でございます。
 4点目は、被災地の廃棄物処理のために清掃車と職員を派遣するための経費でございます。
 5点目は、余震や計画停電の問題、あるいは福島原子力発電所の放射能漏れの問題など、また不測の事態が予測される中で、区の職員を確保するために区役所の近隣の宿泊施設を確保するための経費でございます。
 この緊急に必要な経費、事業に対する歳入としましては、財政調整基金の繰り入れを充てることとしてございます。
 補正予算の概要のご説明は以上でございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。委員の方の質疑、質問を受けます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 この中で、被災者の受け入れというところで、区内での受け入れを準備する。東京都がホテルにというようなこともお話も出ているようですけれども、それに関連をした、その場合、千代田区もお手伝いをするというふうなことになったら、それは新年度の予算という、そういう考え方でよろしいんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 受け入れ自体が今後のお話でございますので、新年度の予算で対応することになると思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 はい、わかりました。
 この補正予算第1号ということで、議案書が出されていますけど、この節のところでさまざまな区分がありますけれども、大まかでよろしいんですけれども、区分がそれぞれ具体的にはどんなものがここに、それぞれの区分の中に入っているのか。大ざっぱに説明をお願いしたいと思います。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 ちょっと順序が前後してしまうかもしれませんが、まず賃金からですけれども、賃金は清掃車を現地に派遣するための賃金でございます。それと報償費につきましては、軽井沢少年自然の家並びに嬬恋自然休養村への受け入れの際のものでございます。それと、旅費につきましては、軽井沢少年自然休養村あと嬬恋村、それと清掃車の派遣に伴う旅費が計上されてございます。需用費は、まずは軽井沢と嬬恋の光熱水費、あとはそちらで消耗するような消耗品、修繕料でございます。それと、大きなところでは、備蓄物資の補充が大きなところでして、5,400万円ほどがその経費となってございます。あと、役務費につきましては、嬬恋村、軽井沢の電信電話料、あとは清掃車の派遣に伴う運搬料でございます。委託料につきましては、これも軽井沢、嬬恋の施設の運営委託でございます。それと使用料賃借料につきましては、これも軽井沢と嬬恋の、(発言する者あり)はい、そうですね、往復する車両の運行を予定してございますので、それらの経費でございます。それと、区内の近隣の職員の対応用の宿泊施設の借り上げ費用、それとMCA無線の、これはリース料でございます。
 説明は以上です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 いいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 今回の地震で経験した中では、やはり電話が、全く、普通の一般加入電話も使えなかったし、もちろん携帯も使えなかったというのが大きな経験だったんだけども、そういう中でこのMCA無線の増配備というのは理解をされやすいかなと思っているんですけども、幾つか先に聞いちゃうね。
 MCA無線を導入しているのはいつから導入していたかということと、それから、今回のこの震災の中で、活躍したんだろうと思うけども、そのあたりを、どういうふうに活用したかということを、まず、ちょっと聞きます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 MCA無線につきましては、平成22年度予算に計上されておりまして、この2月から配置の準備をしておりまして、3月いっぱいかけて細かな調整を含めて設置する予定をしている、まさにこのさなかでございました。それで、施設によっては調整がうまくいかずに、今般の震災の際に、ちょっと時期的にぎりぎり間に合わずに、十分に通信ができなかった施設も実はございます。そうした中、通じる施設ももちろんあったわけでございまして、それらの施設との間には我々の災害対策本部との間でさまざまな情報交換を現場でもしてございました。頻繁に避難所の状況などを情報収集し、こちらからのまた適切な指示を与えるようなツールとして、完全ではなかったですけども、一部でそのような機能を発揮し、ある程度検証したところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 あれっ。これ、もっと前から配置していたんじゃなかったっけ、そのMCA無線というのは。平成22年度から初めて導入されたの。(発言する者あり)ああ、そうですか。そういうこと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 はい、そのとおりでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 この費用なんだけども、これ、リース、どういうふうな契約なのか。リースで買っちゃうわけじゃないんだ。買っちゃうんじゃなくて、リースの中に毎月の月々の利用料みたいなものが入るのか。ちょっと、料金の組み立てみたいのを教えてくれますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 機器のリースにつきましては、5年リースを想定した金額となってございまして、その中には、通話料、これ、特段かかりませんので、幾ら通話をしても、また従来、防災無線でありますと災害対策用の用途しか限られておりませんでしたが、さまざまな事務連絡に使えるという用途の広さもございますので、今後、日常業務の中でも使って、なれ親しんで災害時に対応できるような体制をとってまいりたいというふうに考えております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 ちょっと、僕も聞いたところによると、連合町会長にも皆さんにお渡しをするということなんですけども、そうすると、どうするのかね。日常的になれ親しんでもらうというのは、(発言する者あり)どういうイメージで連合町会長とやりとりするのかなというのは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 すみません。大変失礼しました。ちょっと説明不足で、申しわけございません。
 連合町会長につきましては、定時の月1回の通信訓練はやっておりますけれども、ちょっと、私が先ほど申し上げましたのは、職員の間でも、例えば災害時に各いろんな割り当ての班がございますけれども、そういったところに割り当てる無線機は災害時しか使えないわけでして、逆に日常業務で、例えば土木の作業の現場と区役所であったり、我々防災課も頻繁に外部に出て仕事をしますので、そういう通信手段として、日ごろの業務の中で使っていくということを想定したものでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 わかりました。ありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯はやお委員 被災者受け入れのところになるんですけれども、まず、軽井沢少年自然の家または嬬恋と、こういうことで受け入れるんですが、具体的に受け入れ先というのは決まっておるんでしょうか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 まず、軽井沢少年自然の家に関しましては、先ほどちょっとお話にもございました岩手県の大槌町の方にまずお声がけをし、よろしければ来ていただきたいということを、現在、災害対策本部を通じて、話をしてございます。それと、それ以外には、被災になった岩手、宮城、それと福島の3県の災害対策本部を通じ、そういった需要があるかどうかのお声がけをしていただいておりまして、呼びかけをしております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯はやお委員 来ていただくところの被災者の方の年齢構成とか、そういうことによって、先ほども話がありましたとおり、例えば保育園の必要性とか、それについてはこちらが持つのか、今言っている軽井沢なり嬬恋なりと連携をとりながらそういう対応というのが派生するというふうに考えているのか、その辺はどのように準備を考えているのか。6カ月ということになると、お子さんが多いとなると、例えば、そういう学校をどうするのとか、保育園どうするの。それはもう、6カ月の短期の話だからということで、この費用ということで押さえているのかどうかということなんです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐藤子ども施設課長 受け入れ先となっております軽井沢少年自然の家は教育委員会所管でございまして、特に学齢のお子さんの就学機会の保障については文科省から各自治体に通知が来ておりまして、私どもも、もし軽井沢のほうに学齢のお子さんが来た場合は、柔軟に受け入れてほしいということで町の教育委員会に申し入れをして、快く了承していただいております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯はやお委員 最後に。ちょっとしつこいようですけども、また区内での受け入れ準備というのは、この「区内」というのは、ここの施設に対して言っているのか、区内って、こっちの、区内、こっちのための受け入れ準備。具体的に言うと、どういうようなことを。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 既に発表してございます東京都の施設の受け入れや、あとは民間の施設の開放等が今後考えられるわけでございますけれども、そういった際に区としても何らかの援助が必要だということを我々考えてございまして、それは物的な支援もそうですし、さまざまな行政サービスを提供するような面もございます。そういった、区としての準備のための体制をとるとともに一定の予算を計上して、そういった受け入れに対して対応していきたいということでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯はやお委員 最後に。予算規模はどのぐらいかだけ、確認したいんですけど。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 委託料として、2,000万円を予定してございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯はやお委員 委託料として2,000万円。はい、いいです。これ以上はいいです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。
 荻原委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 これ、軽井沢のメレーズも嬬恋村もなんですが、地震の発生の場所ですよね、今。ここへ受け入れるというのはどういうことなんですかね。今、テレビなんかを見ていると、長野県の北部というのも一応地震地帯に入っていますよね。そこで受け入れるというのは、申し込みがあるんですか、大体。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐藤子ども施設課長 軽井沢現地、私どもも見てまいりましたけれども、被害は見たところございません。それで、あの地域は中部電力のエリアになっていまして、軽井沢に関しては計画停電もありませんし、そういう意味では安定しているところだと思います。申し込みに関しては、今問い合わせも含めて十二、三件ありますけれども、2件受け入れている状況です。

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 地震の、ほら、今何か軽井沢、浅間山が微動で動いているというのをニュースで出ていますよね。それについて、危険な場所へ誘導するというのはいかがなものかなと思ったんですけど。そのことは、電力は大丈夫かもしれないけど、一応、ほら、テレビを見ていると、そういうふうに出ていますよね、長野県北部という。北部というのはここのことじゃないですか。嬬恋村とか軽井沢のことなんじゃないですかね。どうなんですかね、これは。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 質問は、ここの被災者を受け入れるこの場所は……

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 危険地帯。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 地震を含めて安全確認はできているんですかと。

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 そうそうそう、そういうことだよね。(「地震はわからないな」と呼ぶ者あり)地震はわからない。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 原発からどのくらい離れているの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 原発からは離れているよ。だって、山越えだから。(「地震はわからないだろう」と呼ぶ者あり)でも、ほら、一応テレビに出ているからさ、長野県北部というあれが。そこへ連れていくというのはどういうものだろうね。危険地帯に連れていくということになっちゃうね。(発言する者あり)やめたほうがいいんじゃないか、そんな危険な場所にお連れするというのは。どうなんだろう。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐藤子ども施設課長 すみません。軽井沢北部、軽井沢町とか嬬恋村が浅間山の状況でどういう感じになっているかというのは今手元にはないんですけれども、平素から子どもたちの受け入れ──まあ、嬬恋は、所管は違うんですけれども一般のお客様を受け入れていますので、浅間山の状況でレベル幾つだとかという噴火の状況をあらわすようなお知らせがありまして、それについて余りレベルが高くなりますと一般客の方もお断りするような状況がありますけれども、今、現地からは、そのようなことは聞いておりません。

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 ああそうですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 よろしいですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯荻原委員 まあ、いいでしょう。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 ほかにございますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 救援物資の提供なんですけども、この中に防災倉庫の備蓄物資不足分を購入すると書いてあるんで、ちょっと確認なんですけども、今回、金町の浄水場で放射能汚染があって、緊急に東京都のほうが対応して、千代田区民も0歳児に水を配ったということで、そのときに千代田区もある一定程度の水は確保しているということなんですけども、そのあたりの従前の水の確保の量と、それから、今回の震災を機に、僕はもう少し、水の問題はちょっと心配が皆さんも……

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 水かけ論だね。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 大きくなっているんじゃないかなと思うんで、そのあたりの対応が変わってくるのか、ちょっと教えてください。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 従来の在庫数は8万本弱程度の全数でございました。(発言する者あり)そのうち、この前の3月11日の地震のときに、帰宅困難者の方や区民の方に配布したものが約7,000本ほどございました。残りの在庫のものを、本来でしたらば被災地に救援物資として一定の数量を届けようと思ったんですけれども、今般の東京での放射能問題が発覚いたしましたので、急遽その搬送を取りやめて、残りの在庫で、まずは出張所等を通じて区民の皆様にお配りをしようということを計画しました。
 具体的には、3月の23日木曜日から27日の日曜日の4日分の期間の中で、0歳児の方を対象に1人1日500ccのペットボトル3本分、計、最大で12本までの配付を、各出張所を通じて、しているところでございます。ちょっと、実際取りに来られた方の数、現時点で把握はしてございませんが、それらの残につきましてはしばらく出張所のほうに配備をしておいて、また今後の放射能の数値の推移を見守って、状況に応じて対応していきたいと思っております。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高山副委員長 結局、従前よりも量はふやすのかなということと、それからあわせてもう一点、ちょっと在庫している場所なんだけど、今回のところで、こういう事態なんで、今の時点で考えると、水が運べたりはする状況にはあったんだけども、場合によっては、今後の中では、やはり保育園なんかに運べないという状況もあるかなと思うんで、少し分散して水を保管しておいたほうがいいんじゃないかなと思うんですけども、そのあたりもちょっと、含めてご答弁お願いします。(「関連して」と呼ぶ者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 関連で。飯島委員。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 今、乳児に対するペットボトルの配給というのは、東京都も対応しているわけですよね。東京都は550ccでしたっけ、あれ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 はい、そうです。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 それは何本ぐらい来たんですか、千代田区に。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。あわせてご答弁をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 もとより、今回の地震がなくても、区の備蓄として最重要備蓄物資というふうに23年度掲げているものの一つが水でございます。約8万本弱の在庫から、ほぼ倍増の計画を立てているところでございました。(発言する者あり)その上で、在庫の場所につきましては、各避難所を在庫の保管場所の中心としてございましたけれども、今般、委員ご指摘のように、移動が非常に困難だったという教訓がございます。したがいまして、例えば施設によってはお客様が来るのに水の配置が全くないといったところもございましたので、そこに対しての一定程度の保管スペースの確保、それは例えば施設の中で難しくても、民間の協力をいただきながら確保するような方法もあわせて考えていきながら災害に備えたいと。いずれにしましても、ちょっと今回の検証をいろいろ踏まえた上で、全体のやはり計画をちょっと考えていくことが必要だというふうに思ってございます。
 それと、東京都からの水の供給につきましては、23日分、24日分、2日分が届いておりまして、一日当たり約1,000本でございますので、合計約2,000本が東京都から届いているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい、いいですか。(「はい」と呼ぶ者あり)
 ほかにございますか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 先ほど私が伺った、被災者の受け入れの中で、区内での受け入れを準備すると。これにかかる経費というのは、ここに出されている補正予算ではなくして、新年度の予算に組み込まれると考えていいのかと聞いたら、そうだというふうにおっしゃったんですが、今のはやお委員の質問に対しては、いや、委託としての2,000万円が組まれていると、もうここに既に入っているんだというご答弁だったんですけれども、そこがちょっと理解できないので、説明をお願いします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 申しわけございません。補正と通常経費と、私、よく分けずに答弁しまして、申しわけございませんでした。
 今回の補正予算の中に、この嬬恋と軽井沢以外の避難所の対応経費として委託料2,000万円を計上しているところでございます。今回の補正予算の中でございます。(「23年の中に入っている」と呼ぶ者あり)23年の、はい、本日ご提案の補正予算の中でございます。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 そうすると、ちょっと聞きたくなるんです。それはもう、補正予算の執行はきょうまで、(「あしたかな」と呼ぶ者あり)あした、えっ、(「23年度です」「23年度だから」と呼ぶ者あり)あ、ごめんなさい、ごめんなさい。23年度の補正予算だから、あしたからですね。それは具体的に2,000万というのは、何か積み上げというか積算の根拠というのはあるんですか。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 積算なんか……

-------------------------------------------------------------------------------

◯飯島委員 うん、おおよそでも。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 つかみで……

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 まだ、受け入れの状況やこれからのまた期間、そういったものも非常に流動的な中で、おおよその見積もりで今回予算計上させていただいたものでございます。今後の状況を見て、状況によっては、さらに委託料からの流用などを検討してまいります。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。ほかにございますか。いいですか。
 ちょっと教えてください。3番のMCA無線の配置というのがあるんですけど、この間に、連絡手段で、よく被災地との連絡で、電話で衛星電話というのが言われていたんですけど、千代田区はお持ちなんですか。それで、それについてどう考えているのかも。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小川防災課長 ことしの2月までは、連合町会長にお配りしていたのがまさに衛星電話でございます。衛星電話は、音質などは一定程度の音質があるわけですが、アナログ無線よりは少しいいのかなぐらいの音質はあるんですけれども、何分気候に左右されやすく、雲を電波が透過しにくいというような欠点もございます。そういったことで、連合町会長の皆様からも、入電しにくい、要は電波が通じなくて、非常にご不便な思いをさせた部分が実はございます。ということで、今般、完全に衛星電話の契約はもう終了させまして、すべてMCAのデジタル式の無線機に変えているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。よろしいですか。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 それでは、質疑を終了します。
 討論はいかがいたしますか。
               〔「省略」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。では、討論も省略します。
 これより採決に入りたいと思います。
 ただいま出席者は全員でございます。
 議案第26号、平成23年度千代田区一般会計補正予算1号に賛成の方の挙手を求めます。
                 〔賛成者挙手〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 賛成全員でございます。よって、議案第26号は可決すべきものと決定いたしました。
 議案の審査については終了します。
 その他。

-------------------------------------------------------------------------------

◯佐藤子ども施設課長 今、補正予算の中にありましたけれども、軽井沢少年自然の家の受け入れ状況でございます。先週いろいろお声がけをいたしまして、今のところ12件ほど問い合わせがありまして、うち2世帯の方ですね、いずれも福島県の双葉郡、原発の20キロ圏内の方ですけれども、こちらに、軽井沢のほうに避難してこられまして、2世帯6人、受け入れているところでございます。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 いいですか。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。
 その他、お手元に環境文教委員会の懸案事項をお配りしまして、確認をさせていただきたいと思います。
 先般──4ページを見てください。10番、教育関連施設についてというところで、(仮称)麹町地域認可保育所整備についてという中で、1番の下のほうですね。「新たに認可保育園を新設することとなっています」と。一方、「保護者から麹町保育園を公設公営で旧園舎敷地に戻すことを求める声もあります」ということで採択を、この意見については陳情を受けておりまして、皆さんのほうで議論していただいてそのようにということで進めていこうということになっておりますので、こういう書き方で入れております。
 よろしいですか。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 ほかにございますか。いいですね。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 それで、実は、こちらに付託されては──環境文教委員会に陳情が出ておりまして、新たに。同じ趣旨で前回の麹町保育園のもとの場所に戻してほしいという陳情が出ておりまして、前回皆さんで陳情の採択をしまして、お話をしました。同文の陳情が、形を変えて出てきておりました。ただ、今回、臨時会でございますので、付議案件となっていない継続審査は審議ができないことになっておりますので、ご報告だけをさせていただきたいと思います。
 よろしいですね。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。
 それでは、まだまだ続きます。任期は4月いっぱいございますので、まだまだ、(発言する者あり)きょうじゃないですね。それで、一応3月31日で、この、我々は4月30日まで任期があるんですけど、執行機関のほうは本日で異動、明日からは違う部署で働かれるんで、主要部長2名がかわられるということで、一言ごあいさつをいただいて終わりにしたいと思いますけれども、環境安全部長。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯大畠環境安全部長 いやいやいや、何も言わないですよ。(発言する者あり)
 環境安全部長として、3年間お世話になりました。この委員会のメンバーとしては丸2年ということで、いろんな課題がありましたけども、最後の最後に大震災が起きて、積み残したことを、特にこの防災関係についてはかなりあるのかなということと、温暖化の特別委員会もこちらに今度移ってきたということで、あんまり温暖化の議論はありませんでしたけど、CO2というよりもやっぱり省エネみたいな形になるのかなという、時代が大分変わってきたのかなと思いますけども、本当に2年間ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。私も区民生活部のほうに行きますけども、今後ともよろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい、どうも。
 子ども・教育部長の前に安全生活課長も異動になるんで、一言。(発言する者あり)失礼しました、主要課長。(発言する者あり)安全生活課長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋安全生活課長 安全生活課長を1年で異動するわけですが、その前に防災課長を4年やっておりました。したがいまして、この環境文教委員会には4年間お世話になって、いろいろとご指導いただきながらも、不十分な形で引き継いでしまったので、今日が来たというふうには思っておりません。やはり、今まで着実な積み重ねがあったので、今回も適切な対応ができたのかなというふうに、自慢はしませんけれども、(発言する者あり)引き継いでまいりたいと思います。4月からは教育委員会のほうに異動しますので……

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 どこ行くの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋安全生活課長 教育委員会のほうに異動しますので……

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 教育委員会のどこ行くの。

-------------------------------------------------------------------------------

◯高橋安全生活課長 教育総務課のほうに行きますので、よろしくお願いいたします。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。
 それでは、引き続き子ども・教育部長。

-------------------------------------------------------------------------------

◯立川子ども・教育部長 教育委員会もさまざまな懸案、課題がございましたが、環境文教委員会の委員の皆様方の慎重なご審議またご議論のもとで、一定の方向性が持てたと考えております。来年度からは区議会事務局のほうでお世話になります。どうぞよろしくお願いいたします。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 よろしくお願いします。だれが来るんだっけ、部長は。子ども・教育部長に。(発言する者あり)あ、高山部長。はい、すみません。(発言する者あり)はい。
 それでは、子ども総務課長も何かご栄転のようで……

-------------------------------------------------------------------------------

◯坂田子ども総務課長 栄転じゃないですけど。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 最後、ごあいさつを。(発言する者あり)

-------------------------------------------------------------------------------

◯坂田子ども総務課長 本当に、教育委員会人生、相当短かったんですけど、たったの1年間でございました。大変お世話になりました。また、ここに来る前にいたまちづくり推進部にすぐに戻されましたので、そちらでまた、皆さんともまたおつき合いいただきたいと思います。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい、どうも。
 あと、子ども支援課長は、また、(発言する者あり)いえいえいえ、最後のごあいさつをどうぞ。

-------------------------------------------------------------------------------

◯眞家子ども支援課長 本日付をもちまして、千代田区のほうから出ることになりました。千代田区で2年間、こちらの委員会では1年間の仕事をさせていただきました。この先は、ちょっと、税の、税金をかけるほうということで、(発言する者あり)全く別の仕事でやらせていただくことになっております。(発言する者あり)千代田のほうでいろいろと学ばせていただきましたことを生かしながら、仕事をしてまいりたいと考えております。どうもありがとうございました。

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 どうもご苦労さまでした。
 はい。それでは、新たに委員の方も、まだ我々任期4月いっぱいありますので、委員会が開かれるやもしれないので、3番目の閉会中の特定事件継続調査事項につきまして、いつでも委員会が開けるように議長のほうに申し入れたいと思いますけど、よろしゅうございますか。
               〔「はい」と呼ぶ者あり〕

-------------------------------------------------------------------------------

◯小林たかや委員長 はい。それでは、ただいまをもちまして、委員会を閉じさせていただきます。ご苦労さまでした。
                午後2時58分閉会