議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 長生村

平成18年第1回定例会(第3日) 本文




2006.03.09 : 平成18年第1回定例会(第3日) 本文


◯議長【柴崎正臣君】 皆さん、おはようございます。御苦労さまです。
 ただいまの出席議員数は16名であります。定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 日程第1、議案第1号 長生村認可地縁団体印鑑条例制定についてから、日程第31、議案第31号 平成18年度長生村介護保険特別会計予算について、質疑、討論、採決を順次行います。
 議案第1号 長生村認可地縁団体印鑑条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第1号 長生村認可地縁団体印鑑条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第1号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第2号 長生村城之内開発地公園の設置及び管理に関する条例制定について質疑を行います。4番田島君。


◯4番【田島弘雄君】 この公園指定につきまして確認の意味で御質問させていただきます。公園指定の定義はどういうことなのか、ちょっとお話しいただきたいと思います。
 それから、現在の設備と将来の設備をどういうふうな方向に持っていくのか、その辺を明確にしたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


◯議長【柴崎正臣君】 4番田島議員の質問に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 城之内開発地内の公園の定義ということと現在の公園、今回制定された公園、将来はどうするかという2点かというふうに思います。
 まず、この公園につきましては、開発が行われた場合においては、これは都市計画法におきまして開発が行われて、その場合には一定の用件をもって緑地を設けなくちゃならないということになっております。その中で、公園としての定義ということになろうかと思いますが、その公園というものは、不特定多数の者が憩えるというか休めるというものが整備されていれば、特に何々がなくてはならないということではありません。それと、それらのものは必然的に開発地で管理をされた、きのうもちょっとお話し申し上げましたけれども公共施設、いわゆる今回の公園であり道路でありというものについては、完了後速やかに関係ある地元の市町村に移管されることになっているということでございます。
 定義の1つに入るかどうかわかりませんが、面積的な要件については、これは県の自然公園の指定区域になっておりますので、県の自然保護課の管轄します県の諮問機関に図って一定の緑地、緑の部分を確保しなくちゃならないということで、たしか25%以上は確保されているというものの一部になります。
 また、次の現在から将来に向けてということですけれども、今現在では村の公園、村が管理する公園ということで、今現在では将来とも公園として維持管理をしていくというふうに考えております。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 ほかに質疑ございませんか。5番米倉君。


◯5番【米倉 保君】 今の公園の場所を認識しているんですけれども、あそこにお手洗いが設置されているかと思います。これは24時間開放するという公園になるのでしょうか、それとも現在の段階ですと管理人等を置く考え方は無論ないと思うんですが、その管理人がなかった場合の、中に大きな池があろうかと思います、そういう危険性も伴う部分が十二分に予想されるんですが、24時間開放というあそこですとほとんど夜になると人通りがないというような場所だと思うんですが、そこら辺の管理体制、24時間開放の場合の管理体制とトイレの管理も含めた中でどのように考えているか。あるいは、トイレが公衆用トイレになろうかと思うんですが、そこら辺の管理をどのように今後的確に行っていくように考えているのか、そこら辺をお聞きしたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの5番米倉君の質問に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 今回設置されます公園につきましては、この条例が制定後、4月からは施行されますので、担当課が建設課ということで決まってくるかと思います。その中で管理がされておりますけれども、必然的に24時間は開放されます。締め切りというか、どこからでも入れるような状態になっておりますので24時間開放されるという状況になろうかと思います。
 今まではトイレについては使えないというか、使えるような状態にはしておりませんでしたので、移管された後はトイレも使える状態にはしたいというふうに思っております。また、下水道に接続されておりますので水洗トイレとして利用できるようになります。
 池があるのでその管理体制は危ないんじゃんないかということでございますけれども、周りには池があるのは第2公園、北側の方に幸福の科学の方に隣接している公園の方が池があるということになります。周りに防護柵、転落防止柵というか、それが一応はつけられております。
 それと橋というか、小さい横断する橋があるんですけれども、そこには特に防護柵はありませんけれども、下はごくわずかな水深でございますので、必ず危険が伴わないというふうには思いませんが、ある面での防護柵は備えられているというような状況でございます。
 また、トイレの管理体制でございますけれども、必然的に村の方が管理するということになりますので、定期的に掃除したりというようなことはやっているような形になろうかというふうに思っております。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。


◯5番【米倉 保君】 年間の維持費はどのぐらい見込んでいるんですか。


◯議長【柴崎正臣君】 企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 今回の18年度予算の中に計上させていただいておりますけれども、全体で148万7,000円ほどの経費を見込んでおります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか。7番植草君。


◯7番【植草義明君】 今の予算の関係で一応委託費で予算化してあると思いますが、その委託のおそらく草刈りとかだと思いますけれども、それらの委託の内容、わかれば教えていただきたいと思います。
 それから、よく公園なんかでゴルフ等をやっている人がおりますが、それらについては、禁止条項にはっきりと書いていないからそれらのものも禁止されるかどうかということをお伺いします。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの7番植草君の質疑に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 土木費の6項の都市計画費の中に委託料ということで、緑地管理委託料ということで計上がされております。必然的に今議員おっしゃったように草刈りであり小枝切りでありというようなことがメインな維持管理というような形になろうかと思います。
 それと、ゴルフの練習が公園でなされるのでそれらの規制があるかということですが、これはお手元に条例案がいっているかとは思います。その中で行為の禁止ですとか利用の禁止の制限ということで、公園の損壊、その他危険であると認めた場合はというような項目が入っております。必然的に公園は適正な保全、不特定の子供も老人もいろんな方が入ってきますので、それらについては当然それらがやられないような管理もしていかなくちゃならないというふうには思っております。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ほかに質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第2号 長生村城之内開発地公園の設置及び管理に関する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第2号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第3号 長生村防災行政無線個別受信機設置事業分担金徴収条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 まず、これ防災行政無線の関係なんですが、これ機種の選定の経緯と分担金の単価の設定された経緯について、ちょっと御説明をいただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの13番中村君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 この防災行政無線の機種の選定というのが第1点、それと分担金を定めたその経緯というのが第2点、この2点の御質問だと思います。
 まず、機種についてですけれども、これは今本局という、その局がやはり正直言ってナショナルのメーカーのものであります。この電波に関する詳しいことはよくわからないんですが、それぞれの会社によって本局と子局が一緒でないと使えないという、そういうのが現実であります。したがいまして、この機種を選んだのは、もちろん本局と付随しているものでナショナルというようなものを選んでおります。ただ、この中には千葉県の中にはナショナルの代理店もかなりありますので、そういうところから見積もり、あるいは書類をとってそれで選定したという、そういう経緯があります。
 それと分担金の関係ですが、これについては大きい2つの要因がありまして、それで分担金を徴収するというような、そういう結論に達しております。
 まず、1つとしては、村と住民が負担を共有するということによりこの事業をできるだけ長くとにかく継続したいと、継続させるべきだというようなことが大きい1つであります。そしてもう一つとしては、災害基本法の第7条第2項に、住民はみずから災害に備えるための手段を講ずるというような、こういう項目もあります。この大きい2つがそうですけれども、最終的には1月30日に防災行政無線運営委員会、これを開きましてそこで承認を得て上がったものが今回の条例制定であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 これ村と住民が負担を共有するということなんですが、防災無線の設置目的としましては、これは非常緊急事態、災害時に対する通報手段というのが本来の設置目的であって、これ1万5,000円の分担金を支払ってまで防災無線の子機は必要ありませんよということで住民側から断られた場合、まして今回はデジタル化に変えるということなんですが、これは災害によって通信手段が途切れてしまった場合、その機能を果たさなかった場合、こういった場合の危機管理体制はどういうふうになるのか、この辺についてお伺いしたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君の再質問に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 御存じのように長生村で災害が発生した場合には、長生村で定めたる災害基本法によって対処するようになっておりますが、現実的に今議員がおっしゃるようにそれが使えなくなる場合も、これはないとは言えません。今千葉県の中でも、これは町村も含めてですけれども、あらゆるメディアを利用して通報するというような、そういう契約もなされております。したがいまして、今考えられるのは、防災行政無線はもちろんですけれども、テレビ、ラジオ、こういうようなもので市町村からの要請があった中でメディアが放送するように、そういうようなことになっております。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 ほかのメディアがどういうふうに報道しようか、これはあくまでも村の危機管理体制なので、村として村内の通信手段が途切れたときにどういった対処をするのかと、全く可能性がないとは言い切れないということなんですが、可能性があるということを想定してやるのが危機管理体制だと思うんだけれども、その辺についての対策は全く講じてはいないということで解釈してよろしいんですか。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君の最後の質問に答弁願います。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 ですから、今申し上げましたように、テレビ等を使ったものも1つの住民に対する手段というふうに考えております。


◯13番【中村秀美君】 ですから、それは村がテレビを使ってマスコミを使って報道するのではなくて向こう側から報道されるものであって、村としての危機管理体制はどうなっているのかということを聞きたいんですけれども。


◯議長【柴崎正臣君】 総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 ですから、村がマスコミに依頼するようになります。


◯13番【中村秀美君】 それで危機管理体制は十分とれるんですか。


◯総務課長【中村時美君】 ですから、それも1つだということです。


◯議長【柴崎正臣君】 中村君に申し上げます、3回終わりましたので。


◯13番【中村秀美君】 私は、今回のこの防災行政無線の個別受信機、これはデジタル化に変更することによってどういった問題が生じるのかというのが、まず村の危機管理体制の中で十分考察ができていないということが1点。本来この危機管理体制というのは、これは非常緊急事態に備えて本来これ村側が行うべきものであって、それについて1万5,000円の個別受信機の負担を求めるのはいかがなものかというのが、私の個人的な考えでございますので、この辺を最後に申し上げて質疑を終わります。


◯議長【柴崎正臣君】 ほかに質疑ございませんか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 我が家には1台必要だよという家庭も当然これはあると思いますので、その際に何だよ1万5,000円取るのと聞かれたときに、どうしてその値段に落ち着いたのか、あるいは一括で受信機がきたときに相対で1万5,000円を払わなくちゃいけないのか。それから、これは本来は3万円するものなんだけれども、村と個別に受けている方で半々でお願いしたいといって1万5,000円に落ち着いたものか、その辺私も住民に説明する必要がありますので教えていただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの9番小高君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 まず、1点目の1万5,000円になった経緯ですけれども、個別受信機は今の中ですと、現在は定価が5万5,000円から6万円の範囲であります。それで、村で1万5,000円という定めは、先ほども2つの大きい要因ということを申し上げましたけれども、そういうものが一番大きい中でその1万5,000円、それをできるだけ、もちろん購入するときは交渉しますけれども、3分の1を一応限度としております。確かに3分の1ですと、5万5,000円ですと1万8,000何がしになるかと思いますが、交渉を重ねる中でおおよそ1万6,000円強になり、したがって1万6,000円というものもいかがかなと思って1万5,000円。この1万5,000円というのは、ちなみに隣の白子町、ここはデジタルではありません、アナログですけれども、これは当初から1万5,000円ということで徴収しております。したがいまして、そういう近隣の動向もありますけれども、今申し上げたことで1万5,000円というふうにさせていただきました。
 2点目の一括でということでありますが、できればというか一括で今考えております。防災行政無線は、御存じのようにおおよそ15年、あるいは20年持つと思われます。そういう中で、1万5,000円という数字は一括であればちょっと骨かなという嫌いもしますけれども、15年、20年に換算してもらえればありがたいと思っております。
 それと、半々の負担というようなことが3点目だったと思いますけれども、一応半々ではなくて、先ほど冒頭申し上げましたように3分の1を限度としたいというようなことであります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 次は要望になりますが、第4条で分担金の減免ということで村長の権限で減免することができるとありますので、独居老人とか、どうしてもそういうところは経済的に厳しいところもあると思いますので、しかもそういうところほど個別受信機が必要になるということにも行き着くと思いますので、その辺村の援助等も十分考えて進めていただきたいと思います。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 御意見でよろしいですね。


◯9番【小高陽一君】 はい。


◯議長【柴崎正臣君】 ほかに。17番久我君。


◯17番【久我純也君】 この件につきましては、今中村議員、小高議員からも今質疑がございましたけれども、この附則の中に最後の2に、施行は平成18年4月1日ということでありますけれども、確認しておきたいと思いますが、それ以降に新規に村側に移り住むとか、色々な方があろうかと思いますが、その人がこれらの受信機を欲しいと言った場合は、この1万5,000円を納入したことによってその器具を購入するという形になるかどうか、当初予算に今までどおり貸し与える予算化してあるかどうか、それまでは見てありませんが、確認までにお聞きしておきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの17番久我君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今村の中にはおおよそ3,800台防災無線が行き渡っております。ちなみに、18年度予算の中では30機購入したいと思っております。これも新しく転入してくる方々が大半かなと見ております。ただ、現在使用しておりますのも、前にちょっと御説明申し上げましたように、もちろんアナログとデジタルの両方の電波を発信しておりますので、当分の間は現在のものはそのまま使っていただきたいと思っております。4月1日からの新しい転入者については、1万5,000円を村の方に払っていただき使っていただくというようなことであります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 私の方からは、この条例の第2条で貸与を受ける者からこれを徴収する、こうしてありますけれども、貸与を受ける者、これは先ほど新しく長生村に越してこられた新しく住むようになられた方を予定して30機購入と言っておりましたけれども、任意ということだと思うんですけれども、本人が希望しない場合はつけないということに、もちろん支払いもしないということになると、強制ではないということなのかということが1点。
 それと、結構高価な子機だということになりますね、これは。機能としてはただ知らせるだけ、村からの情報を知らせるだけという機能なのか、ほかに機能があるのかということは一応お聞きしたいと。
 あと第3条で、指定期限までに納入通知書により納入しなければいけないと、こうなっておりますけれども、指定期限というのはどの程度を考えているのか。
 第4条では、先ほども意見の中でありましたけれども、分担金を減免することができる、この分担金の減免については一応どういう場合を想定していらっしゃるのかということについて答弁をいただきたい。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 4点の御質問だと思います。
 まず、1点の任意かということですけれども、まさしくそのとおりであります。村の中には子機というのが27カ所あります。外で農作業等をやっている方々については、そういうもので知らせるようになっております。
 そして、2番目の新しい機器が一方通行だけですかというような、そういうことでありますけれども、まさしくそのとおりであります。村からの放送のみであります。
 3点目の指定期限、要するに分担金を支払う指定期限の御質問だと思いますが、これについては、工事が終わった後30日を納期限としたいと思っております。あくまでも工事が終わった後、30日を納期限としたいと思っております。
 4点目の分担金の減免の関係ですが、これについては生活保護世帯は最優先というか、これは今どうしてもやらなきゃいけないというふうに思っております。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 ほかに質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 先ほどのを聞いていますと、結局3分の1の部分は村民に負担していただきながら任意で個別受信機をつけていただくということだと思いますけれども、実際外で放送するものと中の個別受信機とそれぞれ区分けをして大事な役割があると思うんですけれども、その辺の役割の違いを一応答弁いただきたいということと、あと直接関係しない部分もあるかもしれないんですが、特に海岸の方の方については津波が非常に心配だと、最近地震が起きますのでね。先ほど危機管理体制というふうに言っておりましたけれども、やはり災害の起きる可能性があるときにできるだけ早く村民に知らせる。特に津波なんかは知らせる時間によって被害が全然変わってきますので、そういうできるだけ早い対応、特に津波被害に対する村の対応についてはどういうふうな考えをしていらっしゃるかと、それについて、この防災無線も利用してということもあるかもしれませんけれども、答弁いただきたいと。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の再質問に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 1点目の、外の子局と家庭内の個別受信機の違いはということですけれども、関議員も御存じだと思いますけれども、長生村の主たる産業というのは農業であります。したがって、この農業に携わる方々が非常に多い中、やはり外で仕事をしている、そういう者も非常に多いわけです。そういうものを伝達するのがまず1つの外の子局の無線。だから、外の子局の無線はただそれだけに限りません。家の中にいる方ももちろん聞き取りは可能ですけれども、個別受信機を設置するというのは、より一層また家の中にいた場合明確に判断をしてもらうというような、そういうものであります。
 そして、津波が発生した場合はということですけれども、もちろん議員おっしゃるようなそれはごもっともであります。とにかく長生村は海に面しておりますので、地震が発生した場合、今それこそ非常にメディアが発達した中で放送が早くなっております。ですから、津波が発生した場合には、とにかく感じたらもう海と反対の方に避難してもらうというのが、今の私の方で申し上げられる最大のものだと思います。これは今の中では、長生村に大きい建物があれば別ですけれども、そういうものがあればそこと契約してそこに避難場所というのが設置できるんですけれども、現実としてはそれは、強いて言えば今太陽の里だけですけれども、太陽の里はどっちかというと一番海に近いところですから、水に向かっていくようなことはやはりできませんので、それも現実的には今やはり非常に難しいというふうに考えております。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 14番関君。


◯14番【関 克也君】 何度も私この間別の場でも言ってきたんですけれども、特に海岸の方は都市計画で住宅専用地域ということにもなっておりますし、そこで安全に過ごせる、危険があったら避難もちゃんとできるということが極めて大事な地域、特に一松は大事な地域になってくると思います。そのことで実際に体制として、例えば気象庁で伝わってくる、それこそパソコンでわかるわけですから、そういう情報が伝わってきたときに外部の外での作業をしている方、あるいは海の近くにいる方がすぐその情報がわかると、テレビを見ないでもわかると、そういうふうに防災無線で知らせるというのは仕組みとしてなっていてほしいんです。そのことについてどうかということなんです。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 14関君の再々質問に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 もちろんそのとおりであります。行政無線はそういうためが第一でありますので、それはそのとおりにさせていただきます。


◯議長【柴崎正臣君】 ほかに質疑ございませんか。16番小泉君。


◯16番【小泉 勝君】 この件については、これからデジタル化を進めていくということでございますが、現在のアナログで何か不都合があるのかどうか、その辺を。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの16番小泉君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今のアナログよりもデジタルの方がずっと声が鮮明になります。したがいまして、聞きやすいというのがやっぱり最大のポイントであります。
 それが1つと、今国の方でも、テレビも同じですけれども、近い将来ほとんどというか、デジタルの方に移行されるというのが今現実であります。そういうものを考えた中で、もう耐用年数が早いものについては15年経過しておりますので、今現在の子局も非常に老朽化が進んでおります。スピーカーが4つある中で3つがだめになったとか、そういうような老朽化に伴う、そういう時期も合わせてここがもう限度だということで今の改修であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。ほかに質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第3号 長生村防災行政無線個別受信機設置事業分担金徴収条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第3号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第4号 村長等の給料の特例に関する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。1番高仲君。


◯1番【高仲 茂君】 議案第4号について若干つじつまの合わないところを質問させていただきます。この条文を読めばわかるんですが、村長の給与を10%、1割カットですね。これは平成18年4月1日から19年3月31日までの1年間となっております。これに関して新聞紙上、村長の言葉と思いますが、騒がしている問題で、村長や助役、教育長の給与、これは読売新聞に書いてあるものですけれども、村長の10%カットを提案し、村長交際費の150万円から20万円減額する中で、乳幼児医療対策費などに回すことにしているということを書いてあるんですが、乳幼児医療対策はこれは経常経費となるもので1年では終わらないと思うんです。それが1年限りというように書いてあるので、その辺次年度もまた出すのかどうか、それをお聞きします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの1番高仲君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 確かに議員おっしゃるように3月31日までということで、さっき言った乳幼児医療等の関係でつじつまが合わないというような、そういう御指摘でありますが、やはり条例の制定する方法としてこういうものは1年で区切るのが一般的であります。あるいは、任期中まで区切る方法もあります。いずれにしましても今回の条例は特例的な条例であります。したがいまして、この1年過ぎるときにはもちろん経済状況等を勘案し、村長等のまた意見もあるだろうし、今の中では延ばす考えはあります。少なくとも石井村長の方については、自分の任期ということも当初言われておりましたけれども、事務方の方で、中にはどういうことがあるのかわからないのでとにかく1年ずつで更新をお願いしたいというようなことで申し上げたのが今の条例制定であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。17番久我君。


◯17番【久我純也君】 特別職報酬等の審議会があるかと思いますけれども、この審議会にこの1年間に限りの村長、助役、教育長の引き下げのことにつきまして、これは審議会にかけてあるのかどうか、協議された内容なのかどうか、ひとつまず伺います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの17番久我君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 結論的に申し上げます、諮っておりません。この条例については2つの考え方があろうかと思います。まず1つとしては、審議会に諮ってそういう額を決める、あるいは条例を制定する、そういう方法が1つ。そしてもう一つが、特例的な条例であるので本則はいじらないのでかけなくていいだろうというようなこと、この2つの考え方があります。ちなみに、長生村は今申し上げました後者の方の考え方をとったわけですが、ちなみに郡内の中でもかけたところが1町、かけないところが3町村、まだ決まっていないのが2町、そういうような状態であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 17番久我君。


◯17番【久我純也君】 特例であるからそういう考え方をしたということでありますけれども、先ほどの防災無線の件につきましても、防災無線の運営委員会にも諮って協議した内容であるというようなことを総務課長は答弁されておりましたし、国保の運営委員会にいたしましても、総合開発、都市計画、その他の色々審議会、審査会、協議会がありますけれども、介護保険でもそうだと思います、そういった審議会、協議会にかけて色々協議した内容を議会に提案しているわけでありまして、この条例を見ますと、特例であるとはいうものの議会に改正の条例案を提出するときには審議会の意見を聞くと、これが条例の内容でありますから、それは考え方の違いかと思いますが、この後の議案でも申し上げたいなと思っておりましたけれども、村長は二言目には住民参加の行政であると、それを進めておるという考えであれば、有識者の皆さん方で組織しておるこういう審議会にかけて、こういう考え方で時限立法であるけれどもこうなんだよというような提案をして意見を求めるのが住民参加の行政じゃないんですか。村長、これはどう考えているか、お願いします。


◯議長【柴崎正臣君】 17番久我君の再質問に対する当局の答弁を求めます。石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 確かにより丁寧な特例の条例の持っていき方、つくり方から言えば、久我議員からの御指摘のとおりに進めることも1つかと思います。しかし、今回は本条例の制定ではございませんでしたので今回のやり方でやらせていただきました。したがって、今後本条例を変えるときにはそういう形で審議会に諮って進めていきたいと、つくっていきたいと、そのように思っております。


◯議長【柴崎正臣君】 御納得できますか。17番久我君。


◯17番【久我純也君】 色々な、これに限らず私ども議会にはいろんな問題、事前に話があってもなくても提案して、それを審議するのが議会と言われればそれまででありますけれども、事あるごとにそういったことが多いんですよね、非常に。こういった答弁、村長の答弁ですと今後そういうことがないようにしてまいりますということでありますけれども、村の条例で決めてあるものは、少なくとも村で行政執行上必要なものの決まりなんです。それをその行政を預かる者として長としてそれらを、私はあえて冒すといいますか、先ほどの住民参加のもとの行政であるということが基本的な考え方であれば、それはただ口先だけになっちゃうんです。それはそういった基本的な考え方に背いているから私はあえて申し上げているんです。それは10%がいいのか5%減がいいのか、それは審議会の中ではいろんな意見があろうかと思います。そういうことをあえて申し上げていますので今後そういうことの、3回目になりますからこれで終わりますけれども、強く申し上げて終わりたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 他に。4番田島君。


◯4番【田島弘雄君】 特例であるからと。では、またこの10%をもとに戻すときも特例でやるから勝手に戻すんだと、こういう考えでよろしいんですか。審議会にかけないでもとへ戻すのか、その辺をきちっとしていただきます。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの4番田島君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今の田島議員の御質問ですが、条例の中に19年3月31日までの間というように明確に期日が記載されております。したがいまして、その日にちをもってこの条例は効力を失います。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 4番田島君。


◯4番【田島弘雄君】 1年1年でまた、先ほどの答弁では村長の任期中は10%カットでいくようなお話だったと思いますけれども、それは私の聞き間違いですか。また、景気動向色々あると思いますけれども、本条例をいじらないから特例でやるから、特例特例ということで何か流されているような感じがいたします。その辺村民が納得できるのかどうか、きちっと答弁いただきたいと思うんですけれども、よろしくお願いします。


◯議長【柴崎正臣君】 4番田島君の再質問に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 村長の10%削減の期日ですけれども、1年経過した後になれば再度また延伸するようになると今考えております。そして、特例は要するに審議会の方に諮らなくていいかということだと思いますけれども、村としてはその考え方は2つある中でその片方をとったというのが今の現実、現状であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。4番、最後ですから田島君。


◯4番【田島弘雄君】 まとめます。特例の扱い方、これ非常に問題があると思うんです。本当こういうことは10%カットしたのかということに対しては、また三役に関しては5%カットしたのかということは、村民が財源の確保からいっても一歩前進だということの評価は高いと思うんです。それに伴ってこれが1年で時効になってしまう。そうすると、特例で上げたから時効ということはもとへ自然に戻るということだと、私は解釈するんです。ですから、何か小手先だけで勝手に上げ下げをできるというふうに感じられてなりませんので、その辺を最後きちっとお答えいただかないとどうしても納得いきませんので、よろしくお願いいたします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの4番田島君の質疑に対する答弁を求めます。鵜沢助役。


◯助役【鵜沢 誠君】 ただいまの御質問にお答えいたします。
 村長は、条例は1年でありますが、1年後さらなる削減等について検討すると、常々こう申しております。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 他に。16番小泉君。


◯16番【小泉 勝君】 今この件について、報酬審議会の委員の設置をしてあるのかどうか。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの16番小泉君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今現在は設置しておりません。任期切れになっております。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ありませんか。7番植草君。


◯7番【植草義明君】 本案について、一応村、合併が多くて村はあと3つぐらいしかないと思いますが、一応他の村はどうなるのか、それから郡内はどうなるのか、県内ではどのぐらいに当たるのか。いわゆる村は印旛と本埜しかないと思いますが、それと長生村、そのうちで3つのうちしかないからパーセントでもいいし金額でもいいから、一応長生村の場合は今回から幾らになって、郡内では昨今のあれだと思いますけれども幾らになったとか、県内では幾らになって何番目なのか、これは町村だけでいいですから、市は別にして。
 それから、先ほどから大分特別職の報酬審議会が出ておりますが、一応特例でもやはり私は当初予算に組んであるし、できれば委員会を開催してそれで諮って、他のものは全部諮ってあるようですからできるだけ諮るようにしたほうがいいと思いますので、その村、あるいは郡内では県内での金額が何番目なのか、それから審議会は開催したほうがよろしいのではないかという考え方をお聞きします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの7番植草君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 植草議員の3点の質問だったと思います。
 まず、印旛村、あるいは本埜村が幾らかというような、そういうことでありますが、今私の方の手元には平成17年4月1日現在ということでお願いしたいと思います。印旛村については、村長の給与は70万円であります。月額70万円の給料であります。本埜村は69万円ということであります。長生村は御存じだと思います。
 そして、郡内の市町村の状況ということでありますが、郡内の市町村も、この3月定例会で一宮を除く市町が減額を提案しているというように聞いております。
 それと、県内の市町村の状況ということですが、これはやはり17年4月1日でお願いしたいと思います。まず、千葉県の中で44町村の中で、長の給与を3〜5%引き下げているというところが2町、5〜10%が4、10〜20が6、20以上が5、トータルで17町村が4月1日現在市長の給与を今申し上げました率で下げているというような状況であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 あと報酬審議会の件は今後どうするのかと。植草君、よろしいですね。


◯7番【植草義明君】 特例でも報酬審議会をどうするのかということを聞いておきます。


◯議長【柴崎正臣君】 執行部、答弁願います。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 それこそ今後議員の皆さんを初め、御理解を得られるように再度検討したいと思っております。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 他に。7番植草君。


◯7番【植草義明君】 今の村内、あるいは郡内、県内の状況を聞いたんですけれども、長生村の場合は何か非常に予算的に苦しいような方向も聞きました。そういう関係で、何か話を聞くと一宮を除いた郡内が大体10%ぐらいですから、長生村がもし苦しければ10%以上私は村長の給料を引くなりしてもいいような感じがします。というのは、茂原市あたりでは非常に財政が苦しく25%にしてあります。そういう関係で、新聞等の報道によりますと、一般職、教育長等が少ないというところもあります。そういうところもありますので、まずこういうパーセント的にもう少し下げてはどうかということを、これは村長に聞きます。
 それから、報酬審議会を今後検討するのではなくて、一応条例をつくって条例が承認されているんですから、検討するのではなくてすぐ任命をしていただきたいと思いますし、特例をしたということでありますが、報酬審議会に特例ということで開催しなくてもいいよということはおそらく書いてないと思います。2条には、村長は議会の議員の報酬の額、あるいは村長、助役、収入役の額等を審議会で検討しなさいということがあります。それで諮りなさいということを書いていますから、至急にお願いしたいと思います。1点だけ答えていただきたい。


◯議長【柴崎正臣君】 7番植草君の再質問に対する当局の答弁を求めます。石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 長生郡市の財政状況の中で長生村は大変厳しいという御指摘を今伺いましたけれども、それは事実ではございません。財政力指数で申し上げますと、茂原市を除いて長生村が一番いい状況であります。そして、自由に使える財政調整積立金の残額金を申し上げますと、長生郡市の中で長生村がトップであります。そういう意味で、植草議員からの御指摘には事実とは違う私は見解を述べさせていただきます。そういうことを踏まえて、私は今回の場合は給料10%でいきたいという考え方を持っております。
 それから、特例であっても報酬審議会の設置ということでやったらどうかということでありますけれども、先ほど総務課長が答弁をいたしましたとおりでございます。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 他に。7番植草君、最後であります。


◯7番【植草義明君】 今の長生村は裕福だということですが、何か予算を見ると大分少なくなっているような感じもします。その辺はどうなのか、もう一度お聞きします。


◯議長【柴崎正臣君】 7番植草君の最後の質疑に対する当局の答弁を求めます。石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 厳しいという言葉を表現を使ってきたのは相対的な意味であります。例えば長生村で言えば、平成13年度の財調の積み立てが13億円ありました。それが今3億2,000万円ぐらいになってきている。それはもう全体の、長生郡市を含めて全国的な地方交付税の削減によって厳しい財政状況がつくられている、そうなっていますということの意味です。しかし、長生郡の郡市の中での現状を申し上げますと、先ほど申し上げましたように確かに財政力指数は茂原市が0.8ぐらいで一番いいですけれども、それ以外の財政の状況を申し上げますと、1点だけ申し上げましたけれども、財政調整積立金の残高を見ますと我が長生村が一番持っております。そして、学校の教育関係のインフラを含めてほとんど建設事業も進んできましたので、そういったことを含めて、長生村が郡内の中で一番厳しいという認識は私はしておりません。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
            (「ありません」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 ここで暫時休憩といたします。なお、開催は35分からといたします。
              午前10時20分 休憩

              午前10時35分 再開


◯議長【柴崎正臣君】 休憩前に引き続き会議を開きます。
 再度報酬審議会について色々議論がございましたので、執行部から報酬審議会についての答弁を求めます。鵜沢助役。


◯助役【鵜沢 誠君】 ただいまの議長の報酬審議会について御答弁申し上げます。議員の皆様がおっしゃるとおり、さまざまな人の意見を聞いて、それらを取り入れながら検討していくということは大変大事なことだと思っております。今回の村長の特例でございますが、1年という時限を切って村長みずから、三役みずから削減するという方向で検討したものであります。しかしながら、さまざまな人々の意見を聞くということも大変大事でありますので、審議会の設置については設置の方向で検討してまいりたいと思いますので、御理解のほどをよろしくお願いします。委員を選任し、開催の方向で検討してまいります。


◯議長【柴崎正臣君】 次に討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第4号 村長等の給料の特例に関する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第4号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第5号 議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第5号 議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第5号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第6号 特別職の職員で非常勤のものの職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 先般の説明で、自治会長さんが13万1,000円から11万8,600円、農家組合長さんが4万6,400円から4万4,000円の減額だよという説明を聞きましたが、やはり両役とも非常に地元住民の代表ということで、また日ごろの役も大変だと聞き及んでおります。確かに財政的には削減せざるを得ないような背景もわかるんですが、ともに両会議に御説明をされて、例えば何かそこで意見があったようであれば御紹介していただきたいと。どういう経緯で御了解を得たのか、御説明いただければと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいま9番小高君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 自治会長の件について私の方から答弁させていただきます。自治会長は、今議員もおっしゃったように13万1,800円から11万8,600円、年額報酬が引き下げになります。自治会長の主な職務、役場の方でお願いしている中で、主な中で一番大きいのが体育祭関係だったと私は今記憶しております。その体育祭の選手選考が非常に自治会長さん方骨を折ったというような、そういう経緯がありまして、昨日担当課の方から御説明がありましたように、体育祭が当面取りやめというか中止になりました。そういうものを受け、あるいは村からのお願いする仕事が若干減っております。ちなみに、広報が昔は自治会長さん配布だったものが新聞折り込みになり、そういうものを考えた中で兼ね合わせた中で、やむを得ず引き下げさせていただきましたのが自治会長であります。
 なお、一緒に日当等についても廃止しております。これは1,700円、議員の方々と一緒ですけれども、これについても昨日御説明申し上げましたような理由であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 産業課長。


◯産業課長【内山義博君】 私の方から、農家組合長の報酬について答弁させていただきます。農家組合長の仕事関係ですけれども、一番大きなものは水稲防除等生産調整の関係の調査依頼が主なものになっているんですけれども、その中でも仕事の量はそんな大きな増もないし減もありませんけれども、ただ生産調整関係が16年度から方法も変わりまして、今まで決算関係全部のカード等も配布を依頼していたんですけれども、そういうものについては今度は転作者のみで、50件か60件ぐらいの件数ですけれども、1件しかない農家組合長には役場の職員が届けて、数枚のところは組合長さんにお願いしているという現状もあって、仕事の量もそんなに増えていませんので、申しわけありませんけれども減額をお願いしたいと。
 ちなみに、他町村の状況なんですけれども、農家組合長さんについては、それこそ自分達のためというものもある程度ありますので御協力願うということで、長柄町については報償はなしと、その他の町村については、せいぜい1万円から2万円ぐらいという報償になっております。長生村の場合は大分恵まれているという言い方はちょっとおかしいかもわかりませんけれども、それなりの報酬の手当は払っていると思いますので、申しわけありませんけれども、この際財源というものも色々考えて削減をさせていただきました。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第6号 特別職の職員で非常勤のものの職員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第6号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第7号 長生村一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 1点だけ。給料表が変わるということでありますけれども、この給料表を変えることによって、現在よりも月額の給料が減額されるというような職員が生まれるかどうか。もし生まれるとすればどんな待遇の職員かということについてだけ。減額が生まれなければそれはそれでいいんですけれども、以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 結論的に申し上げます。もらう金額は当面は同じであります。というのは、この給料表の平均の下げ率が4.8%というようになっておりますが、今の18年の3月31日の給料は保証されると、減給保証というのがついております。したがいまして、もらう金額が少なくなる方はおりません。よっぽどのことがない限りはおりません。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第7号 長生村一般職の職員の給与等に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方の挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第7号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第8号 長生村課設置条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。13番中村君。


◯総務課長【中村時美君】 まず、長生村課の設置条例の改正ですが、先に行われました当初予算の説明の段階では、全員協議会で行われました当初予算の説明の段階では、これらが入っておらなかったように私は認識しているんですが、今回ちょっと場当たり的に課の設置条例が出てきたようなニュアンスで受けとめているんですけれども、これは急な案件でこれで4月1日からの施行ということで、部内での周知とあと住民の方々への周知、これら準備期間が非常にないように思うんですが、この辺がどうなっているのかということが1点。
 あともう一つ、これ後で関連してきます当初予算に関連するんですが、これ今回この課の設置条例案で廃止される都市計画課の職員の人件費は当初予算に入っておったり、予算との整合性に欠ける部分が見受けられるんですが、これらを見ますとどちらかの案件に瑕疵があるというふうに言わざるを得ないというふうに思うんですけれども、この辺についてはどうなんでしょうか、ちょっとお伺いします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの13番中村君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 それでは、中村議員の御質問に御答弁させていただきます。
 まず、課設置条例の改正に伴う今までの検討経緯でありますけれども、議員御存じのように、今国、あるいは県の方もしかり、色々な面で経費削減というのが待ったなしということで色々言われております。そういう中で、村でもできるところからとにかく手をつけようというのが今の行革の進みであります。そして、この課の統廃合については、村の中で第一線で担当している係長のクラス、この係長のクラスを組織した行財政部会というのがあります。その行財政部会で練っていただき、このようにするのが一番いいだろうという、そういう答申を受けたものを、今度は課長で組織する行財政改革推進本部、ここに提案をし、それでやはりこれが最大だろうというようなことで出てきて今回ここに提案させてもらった、そういう課の統廃合が今お示ししてあるそのものであります。ですから、一番やはりその仕事を今現在やっている人達で組織するそのものの考えを取り入れた、そういうような経緯であります。
 それと、当初予算にはないんじゃないか、要するにこの課設置、統廃合の関係と当初予算が相反しているんじゃないかというような御指摘であろうかと思います。御存じのように人件費については、予算書の頭にも明記しておりますが、款の中では動くというか、流用が効くように議決されております。したがいまして、この人件費の関係については、予算の積算が12月、あるいは1月になります。そういう中では、その当時の現状で積算するのが一般的であります。したがいまして、最終的にはこれは認められた範囲ですけれども、補正予算とか、そういう形で最終的な金額を調整する、そういうような形になっております。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君、再質問ですね。


◯13番【中村秀美君】 質問の回答がいただけていないようなんですが、私も機構改革は一般質問で取り上げましたようにやるべきことだというふうに認識しておりますので、ただ、今回のこの条例案は業務量の多い課を2つに分けて、新課を1つ増やして都市計画課を廃止したというものなんです。そのポスト自体は減らない、経済的な効果がどれだけあるのかということも問題なんですが、質問の中身はそれは問うていません。先ほど伺ったのは、準備期間が非常に不足しておって部内での周知と住民への周知をどのように、何て言うのかな、4月1日から施行しちゃってから今度新しい広報でおそらく流すんだろうと思うんですけれども、その辺についての混乱がないのかどうかというのが1点。
 あともう一つは予算との整合性なんですが、確かに同一款内での予算の流用は可能なんですが、これは予算を見てみますと、都市計画課4名分の職員については土木費か何かで計上してあったというふうに認識しているんですが、これが今度担当としては企画財政の方に移るわけですね。予算執行の中でこれ執行しない給与が当初予算の中に発生してしまうと思うんですけれども、これらについての考え方が同一款内の流用ということで認識してよろしいのかどうか、その辺について再度確認させてください。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君の再質問に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 それこそ課設置に関する件で住民に混乱が起きるんじゃないかというような、そういう御質問でございます。正直申し上げまして、今回統廃合した中でも要するに健康福祉課を2つに分けております。今までも健康福祉課の一部が保健センターでありました。それで、この4月1日から障害関係の仕事が非常に介護の方と強く連携しなければならなくなります。そういうものがあった中でこういうふうにやったわけなんですけれども、直接住民の皆さんに与える不便は非常に少ないと思っております。それはなぜかというと、今までも介護の方にきて本庁の方に来たり逆になったり、そういうようなことが今まで非常にありましたので、であれば住民の方々の利便を考えた中では一緒にしたほうがいいというような結論がありましたので、周知期間が若干少ないんですけれども、影響が少ないと思い今回提案させていただきました。
 周知方法については、ホームページ、あるいは広報の4月号で行いたいと思っております。以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 給料の支払いの関係かと思いますが、確かに今回の課の条例の統廃合の関係ですと、当初予算には同じ7款の土木費の中に都市計画総務費ということで計上されております。ですから、その都市計画総務費は執行されないんじゃないかというような御指摘かとは思うんですが。


◯13番【中村秀美君】 流用が可能なのかどうか。


◯企画財政課長【田中孝次君】 予算書の1ページの18年度予算、一般会計予算の一番下の欄、歳出予算の流用という欄にあろうかと思いますが、給料職員手当といわゆる職員の人件費にかわるものについては、括弧に計上したものについては過不足の場合は流用ができる、同じ課の中であれば流用ができるよということであります。ただし、款を超えてはできませんので、そのときは過不足が生じた場合、必然的に補正を行い、議会の承認を得るというような形になろうかと思います。といいますのは、6月まで当初計上したものがすべて支出されるというわけではありません。1年間の給料の計算がされておりますので、必然的に4月なり7月なり10月なり、適宜必要に応じて人事異動等がなされるかと思います。それらに応じた予算の組みかえというか、特に人件費についてはそういう組みかえをお願いするというようなことになりますので、当面については何ら支障はないというふうに理解しております。


◯議長【柴崎正臣君】 中村議員よろしいですか。13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 これで最後ですが、一応当初予算については、課の設置条例は想定していなくて予算を計上したということで認識してよろしいわけですね。どちらを優先させるかといえば、これは住民の生活に直轄した予算についてはこれは遅滞なく執行されるべきでありますので、予算は認めるべきだろうと思うんですが、先ほども冒頭申し上げましたように、課の設置条例の提案の仕方が非常に行き当たりばったりであって、本来はこれは当初予算とセットで提案されなきゃいけないものだろうというふうに、私は認識しているんです。当然4月1日からの施行で両方とも同時にスタートしたいということであれば、予算というのは住民のために行う事業の積み重ねが予算であって、これを誰が執行するかというのが村課の設置条例なんです。予算とその課が整合性がとれていないというのは本来あり得ない話だというのが私の認識であって、これ確かに同一款内であれば流用できるという規定はあるんですね。あるけれども予算の組み方はそういうふうには組んでいないわけですよ。当然これは減額補正して再度また増額補正するとか、そういった形になるわけです。だから、あらかじめ欠陥商品を出すような形になってきちゃうので、本来であれば議案第8号の村課の設置条例はもう少し先送りして、例えば6月の定例会なりというような時期を見た中で提案すべきだったんじゃなかろうかなというのを最後申し上げまして、質疑を終わります。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。17番久我君。


◯17番【久我純也君】 ただいまの部内での行革推進委員会の進め方、担当係長クラスの人達によっての部会を設置して、その答申をもらって課長職にある方々の推進本部で協議した内容であるというようなことでありまして、私はこの内容にどうのこうのじゃありませんが、先ほどの議案の第4号と同様にこれは要項であります。条例は議会で議決してありますけれども、要項は部内でつくられたものかと思いますけれども、行財政推進について必要な事項を調査審議し、その結果を村長に報告し必要な助言を行うと、こうなっております。委員は11名で組織されているということでありますけれども、私は先ほど申し上げましたように、開かれた村政を目指すのであれば、再度申し上げますけれども、行財政推進委員会に諮問して助言をいただいてあるのかどうか。そして17年度は委員会の予算が22万2,000円ですか、18年度の予算書を見ますと18万1,000円、多少の減でありますけれども、そういう形の中でこの推進委員会に諮ってあるのかどうか。そして、もし諮っていないということであれば、先ほど申し上げましたとおり今後その対応を、これからもこういう村の財政状況でありますから改革は進めなくちゃならないわけでありますから、今後どう対応していくのか。それと、その委員会を設置されて委嘱してあるのかどうか、ひとつお聞きしておきます。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの17番久我君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 3点の御質問であります。今のこのものは諮っておりません。委嘱もしてありません。早速委嘱して今月中に開きたいと思っております。それこそこの行財政改革については、目標が21年まででありますので、それに向かって委嘱をし早速始めたいと思っております。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 17番久我君。


◯17番【久我純也君】 くどいようですけれども、この行革というのはこれからさらにまた進めなくちゃならないことでありますので、ぜひひとつお願いしたいなと思いますし、それらが開かれた村政だろうと思いますし、いろんな情報が有識者の会合があれば皆さんに周知できている、そんないろんな人達の多くの人達の意見が聞かれるわけでありますから、よりよい行革ができるだろうと思ってあえて申し上げておりますので、その方向で検討するということでありますのでひとつぜひお願いしたいと思います。村長、何か考えがありましたらお願いします。


◯議長【柴崎正臣君】 石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 総務課長が答弁いたしましたけれども、早速そういう体制をつくって、今月中に体制を整えますのでよろしくお願いいたします。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。7番植草君。


◯7番【植草義明君】 今全部もう行革関係の委員会とかも質問しましたからないんですけれども、行政改革というものはやはり課の職員等を減らすことが第一の目的だと思う。何かこれを見ると1つの課はなくなるけれどももう1つは増える、結局最後同じ課の数だと思いますので、その辺の考えをお聞きしたいと思います。
 それから、もう一つは、今も話がありましたけれども、行政改革推進委員会の会議はこれからだということですから、それから委員会に諮ってから出しても私はおそくはないと思うんですけれども、どっちが先でどっちが早くかと、鶏と卵になっちゃいますけれども、できれば改革推進委員会を開いてから議員の皆さんにお願いしたほうがいいような気もしますし、それから周知ですけれども、大きい小さいは別として、やはり今までがこうだから、じゃ、こうなんだよということではなくて、やはり課が1つできるんですから、それから1つなくなるんですから、住民に周知が必要だと思います。その周知期間というものはやはり長いほうがいいんですが、ちょっと短いように感じます。その3点をひとつお願いします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの7番植草君の質疑に対する当局の答弁を求めます。鵜沢助役。


◯助役【鵜沢 誠君】 御答弁申し上げます。機構改革につきましては、まず我々、村民にとってわかりやすく、より効果的、効率的な行政運営とするためにその整備に努めているところでございます。今の体制についても、平成9年に村民の皆さんの利便性を考え機構改革整理をしたところでございます。今後につきましても、大変変化の激しい時代でございますが、村民ニーズに柔軟に対応できるよう、また村民の皆さんにサービスができるよう改革が必要であるというように考えておりますので、今後も鋭意検討を進めてまいりたいと考えておりますので、御理解のほどをお願いいたします。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか、7番植草君。他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第8号 長生村課設置条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第8号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第9号 職員の分限に関する手続き及び効果に関する条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 議案第9号については、私はよくわからないところがあって1点質疑をさせていただきます。
 休職者の休職期間中における給与ということですが、3年間休職、病気等によることになると思いますけれども、休職ができると。その間の給料が一定の保障がされるということなんですけれども、一応説明ですと1年間は8割、2年から3年までについては、共済組合の方から8割の支給があるということのように聞きました。わからないのは、共済組合でない、村の方から3分の1を支給できるというふうなことをちょっと聞いていたような気がするんですけれども、つまり1年間は8割は村から支給で、2年目に入って3分の1の給料を村からも支給できると、今まではそうだったということなんでしょうか、それをなくすということなんでしょうか。そのことによって何か影響があるのどうか。私よくわからなくて、もう一度その辺のところを説明いただけないでしょうか。


◯議長【柴崎正臣君】 14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今関議員の御理解でいいと思いますが、3分の1というものを全面的に廃止するというのが今回の中身であります。なぜかといいますと、職員については、御指摘のように1年については80%支給、それで2年目以降については、共済組合の方からやはり80%支給されます。この3分の1という条項については郡内はどこにもないわけです。そういうものをやはり考えたならば、調査した中で条例整備をするというようなことであります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第9号 職員の分限に関する手続き及び効果に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第9号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第10号 長生村国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第10号 長生村国民健康保険税条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第10号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第11号 長生村介護保険条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 この長生村介護保険条例の一部改正なんですが、私は第1点目に、今回の介護保険料の改定、高齢者の部分ですけれども、この改定が基準額と言っていいんですか、今までの3段階のところで、所得階層でどれだけの率の引き上げになるのかということについて答弁いただきたいということと、第1段階、第2段階のところで、今までの第3段階が新しく第4段階になってということになると私は思うんですけれども、低所得者の部分でかなりの引き上げになる部分とそうでない部分があるように見受けられるんですけれども、この低所得者の部分でどういう引き上げの状態になるのかということについて、一応答弁いただきたいということです。これが第1点。
 第2点目で、やはり介護保険料の引き上げになりますので、年金で暮らしている方はなかなか大変になってくる。全国同じようなんですけれども、その中でも長生村は周りと比べると上げ幅を抑えているという話もちょっと聞きました。しかしながら、実際に世帯で非課税になっているような方達が、生活保護に準ずるような所得であるのにもかかわらず介護保険料の月額、今回ですと1,600円ぐらいの介護保険料を支払うということになると思います。これはやはり村として低所得者の方の介護保険料の減免の規定をきちっとつくっていく必要があると私は思います。これは茂原市は規定そのものがあります。ただ、利用されている方はまだ少ないですけれども、介護保険料の減免の規定は、村として低所得者をどうやって高い保険料から保険料を払わないで済むように、本当に困っている方に対してちゃんと手を差し伸べるという、そのための要項は必要だと思います。村としてそういう介護保険料の減免規定をつくるという考えがあるか、あるいはその準備をしているかどうかについて答弁いただきたいと思います。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 4点ばかり質問があったと思うんですけれども、まず第1点、基準保険料、これは第4段階になるわけなんですけれども、どのぐらい引き上げになったのかという質問だと思うんですけれども、これは40%でございます。
 次に低所得者の部分、どういう引き上げの状態になっているかというような御質問ですけれども、低所得者につきましては、第1段階が生活保護受給者、老齢福祉年金の受給の方、新しく新第2段階ができまして、これが住民税世帯全員非課税で年金収入等80万円以下の方、それと第3段階の方が、住民税世帯全員非課税で年金収入等80万円を超える方、次の第4段階が基準保険料ということであります。
 次に3点目の御質問で、年金で暮らしている方の生活保護に準ずる方の保険料がちょっと高いんじゃないかというような御質問だと思いますけれども、先ほども説明しましたように、従前の第2段階、これが今回第2段階と第3段階に分かれました。それで、第2段階の方は、2万1,100円の保険料が今回1万9,700円と引き下げになっております。もう一つ、第2段階が分かれまして、今度新第3段階の方は2万1,100円が2万9,600円と。生活保護に準ずる方の保険料は引き下げになっております。
 次に低所得者の方の規定ですね。これにつきましては、今回低所得者の保険料引き上げる手段を検討したわけなんですけれども、質問とちょっと違いますけれども、所得の高い人の段階をもう1つ、第6段階から第7段階を追加することも検討させていただきました。しかしながら、長生村には所得の高い人が少なく効果が少ないということで、国の示す基準であります第6段階の基準とさせていただきました。
 要項の制定ですけれども、災害に遭われた場合の、そういう救うような要項はつくってあるんですけれども、今後そういう低所得者のための要項をつくることは今のところ考えておりません。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 関君、よろしいですか。


◯14番【関 克也君】 わかりました。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第11号 長生村介護保険条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第11号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第12号 重度心身障害者の医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第12号 重度心身障害者の医療費助成に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第12号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 ここで暫時休憩といたします。なお、開会は11時30分とします。
              午前11時17分 休憩

              午前11時30分 再開


◯議長【柴崎正臣君】 休憩前に引き続き会議を開きます。
 議案第13号 長生村下水道条例の一部を改正する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第13号 長生村下水道条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第13号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第14号 村長の専決処分事項の指定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第14号 村長の専決処分事項の指定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第14号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第15号 長生村青年館設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第15号 長生村青年館設置及び管理に関する条例を廃止する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第15号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第16号 千葉県自治センターを組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第16号 千葉県自治センターを組織する地方公共団体の数の減少に関する協議について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第16号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第17号 千葉県自治センターの解散に関する協議について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第17号 千葉県自治センターの解散に関する協議について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第17号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第18号 千葉県自治センターの解散に伴う財産処分に関する協議について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第18号 千葉県自治センターの解散に伴う財産処分に関する協議について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第18号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第19号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、千葉県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第19号 千葉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少、千葉県市町村総合事務組合の共同処理する事務の変更及び市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第19号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第20号 九十九里地域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び九十九里地域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第20号 九十九里地域水道企業団を組織する地方公共団体の数の減少及び九十九里地域水道企業団規約の一部を改正する規約の制定に関する協議について、原案のとおり賛成の方の挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第20号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第21号 村道の路線認定及び変更について、質疑を行います。質疑ございませんか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 路線変更部分の村道3189号線と3190号線の2本について、私も地元にいながらこういう村道があったのを認識しておりませんで、図面を見て再確認しているところですが、まず3189号線で、ここの県道からの入口付近に住宅が何軒も建ち始めまして、道路を整備したいという要望があったのかどうか、まずどういう要望があって3189号線が延伸されて整備されるようになったのか、その経緯と、それから当然子供達が、県道になかなか歩道をつけられないという要望が前からここはあったんですが、とうとう両側に家が建ち並びましてなかなか歩道がつけられない状況で、薮塚、あるいは水口地先から八積保育所に来る道を拡幅して、それを歩道として子供達に歩いてもらおうという代替え案も聞いているんですが、これが延びまして県道にぶつかりますと、当然子供達はここを通って今度は、もう閉めましたが有賀商店の方に向かって歩く道になるんじゃないかなと私もちょっと気にしております。そうなると、当然県道にぶつかった地点に横断歩道等が必要になるのではないかなと考えられますので、その経緯も御説明願いたいと思います。
 それから、3190号線、これもおそらく私の認識では林の際に田んぼに沿ってあった道なのかなと認識しているんですが、どういう経緯でこれが整備されることになったのか、それもお聞かせ願いたいと思います。
 それから、3190号線は途中までこの3189にぶつかった先が廃止される予定になっているみたいですが、この廃止された後の土地の権利はどうなっていくのか、その辺についてもいきさつをお聞かせ願いたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいま9番小高君の質疑に対する当局の答弁を求めます。建設課長。


◯建設課長【田邉 渡君】 ただいま小高議員の御質問でございますけれども、1点目の要望と経緯ということでございますが、小高議員御承知だと思いますけれども、八積停車場線の県道に歩道を設置する要望が以前から出ております。私の来る前の前後、課長の方からも話がありましたように、一応隣接の方々に色々お聞きしたところ、なかなか話的に進展しないというふうな現状でございました。そこで村の方にお願いしまして、ここに歩道のバイパスといいましょうか、そういったもので小高議員がおっしゃったように石塚接骨医院がございますが、そこに民間が開発した6メートルの突っ込みの道路がございまして、その道路と一部土地の用買をお願いしたいということで、そこに協力いただいたんですが、そこに通じる道を6メートルの幅の道路をつくって、そこに歩道を1.5メートルをつくって車道も通すということで、そういう経緯で今回この計画を立てさせていただいたところでございます。
 次のその路線について、当然3189、民間の寄附していただいたものがございますので、そこと接続をしてもともとある3189号線に接続して、有賀商店から保育所に入る2−12号線の道路がございますが、そこに接続をして、その道路の保育所側といいましょうか南側といいますか、そちらの方に歩道を県道まで設置しまして、そこから今度は七井土の信号の方に行くのは学校の方に向かうんですが、そういう経路で歩道が一部できることについては、県道については一部お願いしておりまして、そういう経路でしてございます。
 そこで、今歩道の設置ということでありますが、今後当然歩道の設置、あるいは住民の方々、議員の中からも信号機の設置の要望も来ておりますので、それも警察の方には既に要望としてお願いしてございますので、そこができた時点でまた警察と関係団体と協議して生徒、通行者の安全確保に努めてもらいたいというふうに考えております。
 それと3190の排水の関係でございますが、これについては、もともと赤道があるんですが、そこに路線の認定をして今回どうして廃止するんだという形になるんですが、原則的といいますか、路線認定については、道路の共同する部分において路線の認定をさせていただいておりまして、それについては今回変更という形でしたんですが、色々重複したりということで複雑というか、そういう形もあるので、道路としての形態そのものはそのまま残します。ただ、路線の認知で言えば名前を一部廃止をさせていただきたいということの理由でございます。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第21号 村道の路線認定及び変更について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第21号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第22号 長生村公共下水道施設建設工事(管渠)委託契約の変更について、質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第22号 長生村公共下水道施設建設工事(管渠)委託契約の変更について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第22号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 ここで暫時休憩といたします。なお、再開は午後1時といたします。
              午前11時42分 休憩

              午後 1時00分 再開


◯議長【柴崎正臣君】 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 議案第23号 平成17年度長生村一般会計補正予算(第8号)から、議案第26号 平成17年度長生村介護保険特別会計補正予算(第3号)までを一括質疑、討論を行います。
 質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 一般会計の補正予算案についてですが、1点だけ質疑させていただきます。衛生費の老人保健費の中で健康診断、検診の事業ですけれども、これは240万円ほど減額となっているということで、説明の中でも慢性疾患の方の検診予定されていた方を、ちょっと言い方があれですけれども、除外をしたというようなことが大きな影響のように聞きました。実際に慢性疾患で医者にかかっている方で、今回検診を病院で受けてくれということで、村の検診を受けられなかった方が何人程度いらっしゃるのかということについて、答弁をいただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 ただいまの御質問の住民基本検診の中で治療中の方が、今回検診を受けなかった人の数、これは何人ぐらいかというような御質問だと思うんですけれども、住民基本検診につきましては、当初見込みから266人分を減額してございます。このうち慢性疾患で治療中の方が大部分だと思いますが、詳しい内容の調査をしてございませんので特定はできません。
 以上です。


◯14番【関 克也君】 わかりました。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。17番久我君。


◯17番【久我純也君】 補正は、行政は動いておりますので年度途中の補正はやむを得ないことかなと思いますけれども、大きな数字が若干変わっているところがありますのでお聞きしておきたいと思いますが、都市計画総務費の中の水口地先、18年度工事に取り組もうという用地の買収がありますけれども、これは面積と平米当たりの単価を教えてもらいたいと思います。
 それと、防災無線のことにつきましては、当初予算を見ますと3,600余の予算を計上してある中で1,100万円分の減額がされておりますが、3割強になります。非常に減額が大きいのでありますけれども、これはどういう理由なのかひとつお聞きしておきます。
 それから、歳入で地方交付税が、当初は11億4,000万円が1億100万円増額されております。それは交付税の算定が非常に難しいというか、細かい数字の計算式があろうかと思いますけれども、増額の数字が非常に大きいので当初の見込みというか、それらがどういうふうに変わってこういう結果になったものかということをお聞きします。
 それから、村税の収入の中で村民税につきましては、これは経済情勢が動いていますから当初見込みは非常に難しい面があろうかなと思いますが、固定資産税が7億4,800万円、それが1,870万円余の補正がされておりますが、固定資産というのは税率は全国どこでも同じだと思いますので、特にこれは何か特別な課税客体がこの年度途中にあったのかどうなのか、その点をお聞きしておきます。
 これらは今までの決算委員会での当初見込み十分見込んだ中で、過大見積もりをしてはいけませんけれども、そういった指摘がされておるかと思います。決算委員会もその都度これらが指摘されておるわけでありますので、この大きな額が出ているというのは、私どもちょっと当初予算を審議して認め、それを執行されている中でこういう形が出てきているのはどうなのかなと思いますのでお聞きしておきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの17番久我君の質疑に対する当局の答弁を求めます。都市計画課長。


◯都市計画課長【野口和男君】 水口の2号水路の用地買収の件ですけれども、面積については462平米、単価につきましては、平米当たり1万3,000円で予定しております。


◯議長【柴崎正臣君】 総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 2点目の防災無線の関係ですが、入札差金であります。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 交付税が増となった要因ということでございますが、御存じのように需要額と収入額の差ということになろうかと思います。この額で最終的に確定してきたということで1億余りの増ということになります。いわゆる需要額と収入額の差というようなことで御理解いただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 税務課長。


◯税務課長【渡邉隆夫君】 固定資産税の増額補正に関する件ですけれども、当初見込んだよりも新築家屋が増加したためと、景気回復によりまして償却資産が若干増えたということでございます。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。都市計画課長。


◯都市計画課長【野口和男君】 先ほど水口の2号水路の用地買収の面積の訂正をさせていただきます。320.5平米でした。


◯議長【柴崎正臣君】 17番久我君。


◯17番【久我純也君】 この防災無線が入札の差金であるということになりますけれども、どういう形の中で入札されたのか、その内容をお聞きしておきたいと思いますが、私が申し上げたいのは、当初見込んだ他にも若干ありますね。非常に執行残というか、これは入札のいろんな職員の皆さん方の努力の中で差金が出たということは、考えによっては結構であるということになりますけれども、あまりにも金額が大きいということは、当初の見込みが見込み違いであったのかということにも考えざるを得ないところがあります。当初予算を審議している中で見込みで執行してそれらが、私どもはそれまではわかりませんので質疑の中で聞く範囲でありますけれども、あまりにもこの数字が大きいので今お聞きしているところであります。その入札がどういうふうな状況だったのか、伺いたいと思います。
 水口地先の要望については、これは土地関係者ですか、これら入れてあるの。それだけ1点。


◯議長【柴崎正臣君】 17番久我君の再質問に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今長生村の中では入札に際して最低制限価格というのを設けてあるのが土木と建築であります。この防災行政無線については、そういうものに該当しないという判断で最低制限価格を設けませんでした。その設計したのは日本防災技術センター、そこで設計したものを予算で計上させていただきやったんですけれども、結果的に最低制限価格を設けない、要するに60%ぐらいで落札されました。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 都市計画課長。


◯都市計画課長【野口和男君】 2号水路の用地買収の関係で不動産鑑定を入れてあるかということですが、この場所についてだけでは不動産鑑定は入れてありませんが、建設課の不動産鑑定したところ、またその近傍類似の価格を勘案しまして単価を決定しました。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。その他質疑ございませんか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 私の方は、それでは3点ほど質問させていただきます。
 まず、22ページ、コミュニティセンター維持管理費で18万6,000円の減額補正ということになっています。おかげさまで警備員がいるおかげであそこにたむろする若者もどこかへ行っちゃったらしくて、それがいいのかどうか私もわかりませんが、駅前も整然とされていると思っておりますが、まず警備委託料が年間幾らで、今年度予算を見ると同じ額であれば168万円という予算みたいですが、年間幾らで、週のうち何曜日から何曜日までで何時から何時までで幾らだよと。18万6,000円の減額ができたのがこういう理由だよというふうに御説明いただければ結構です。
 2点目に26ページ、ただいま久我議員が聞きました防災行政無線のことを私も聞こうと思ったんですが、それは結構です。その下の教育施設整備基金5,000万円、これは村長の口癖で、将来の長生中学校の本校舎の建てかえも見なくちゃいけない、それから中央公民館も大分老朽化してきたということで積み立てますという何かお約束だったので、その分かなと思っているんですが、一応内容の説明をいただきたいと思います。そして、現存の中学校が何年たっているのか、中央公民館が何年たっているのか、そして何年ごろを見込んで建てかえを見込んでこの積み立てを行うという計画に至っているのか、御説明を願いたいと思います。
 続いて、同ページの一番下でアスベスト対策事業で42万5,000円の減額補正をしておりますが、これはたしか村長の専決処分で、補正の第7号でアスベストの調理器具があったので500数十万円、新規に買いかえる、そうした中ですぐ次の補正でまた42万5,000円の減額補正があったということはどういうことなのか、御説明願いたいと思います。
 以上3点。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの9番小高君の質疑に対する当局の答弁を求めます。産業課長。


◯産業課長【内山義博君】 コミュニティセンターの警備料の減額の理由ですけれども、コミュニティセンターの警備については、過去1年間を通してお願いしたんですけれども、色々な実績とか状況を見て、土曜、日曜、祝祭日についてはそういう影響がないだろうという判断で、その部分をカットしました。当初予算では全部したんですけれども、一応内容まで色々精査しまして、土曜、日曜、祝日の分をカットしたものですから18万6,000円分減額されました。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 それでは、私の方から、基金と建設費の方だけは今議員おっしゃるとおりの中学校及び中央公民館の建て替えを予測しての積立金でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 学校教育課長。


◯学校教育課長【市東秀行君】 それでは、長生中学の経過年数でございますけれども、長生中学につきましては昭和38年ごろできたと思います。だから、40年以上たっております。それで、あと何年かという問題は、非常に私からはなかなか答えづらいんですけれども、その辺のところは今後検討してから、基金の状況とか建物の傷みぐあいとか、そういうことを総合的に判断した中で、いつごろ建てるということをまた協議するということでお願いします。
 それから、アスベスト対策の減額の理由でございますけれども、12月の専決を受けまして既に入札といいますか、契約を結んでございまして、そういう結果でございますので、588万円に対してこれだけの減額でもう既に契約が済んで執行しているということでございます。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。討論ございますか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第23号 平成17年度長生村一般会計補正予算(第8号)、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第23号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 次に、議案第24号の採決をします。議案第24号 平成17年度長生村国民健康保険特別会計補正予算(第3号)は、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第24号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 次に、議案第25号の採決をします。議案第25号 平成17年度長生村公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第25号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 次に、議案第26号の採決をします。議案第26号 平成17年度長生村介護保険特別会計補正予算(第3号)、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第26号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第27号 平成18年度長生村一般会計予算の質疑を行います。質疑ございませんか。4番田島君。


◯4番【田島弘雄君】 何点か質問させていただきます。
 まず、村長にお伺いいたします。3月1日の記者会見で3月2日の新聞を見ますと5社において見解が大分違いますので、どのようなお話をされましたか。また、そのとき村長の他にどなたが立ち会っておりましたか、よろしくお願いします。
 まず、村長の話されたことが正しく新聞各社に伝わっていないようなのでお願いしたいと思いますので、新聞報道と村長の発表にずれが生じて7日の日の朝の説明になったと思いますが、訂正記事があったとは見られませんが、この記事を見た村民の読者に対してどのような釈明と責任をとるおつもりか、お伺いします。
 以上のことに立って、平成18年度予算にも絡んでいるところがありますので、何点かまたお尋ねします。
 収入役を置かないと宣言されていますが、議会で否決された以上置くべきだと思いますが、議会制民主主義を無視して置かないつもりなのか、お伺いいたします。
 乳幼児医療費の助成については、私は賛成です。一般歳入から予算化されるのであって、予算化された後で収入役その他村長、助役等のカットを充てるのではないと私は思いますが、見解はその辺違いますので回答をお願いします。
 村長、収入役等の歳費のカットがなければ乳幼児医療費の助成はなさらないのか、それともこのことがなくても村長として助成をすると決めておられたのか、その点もお聞きしたいと思います。
 次に日曜開庁についてですけれども、日曜開庁に徹するまでの職員等の了解を得るまでの手続きはどのようになされたのか、お聞きいたします。
 住民課と税務課を開設するようですが、証明書等の発行で具体的に何ができて何ができないのか、一覧表にしていただけたらと思いますがどうでしょうか。
 納税率アップを目指すと言われていますが、収入役室、または料金収納窓口を開設しなければならないと思いますが、どのような形でお金を扱うのかお伺いします。
 また、担当職員を数人置くとしておりますが、予算はどのような計算で幾ら計上しておりますか、お伺いいたします。
 また、18年度予算のどこの項目の所属に入りますか、教えていただきたいと思います。できれば私も開庁は賛成ですので、土日の開庁と思いますが、その辺のお考えもお尋ねします。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの4番田島君の質疑に対する当局の答弁を求めます。石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 最初に、3月1日に新聞社5社と会談、あるいは取材を受けました。そして、中身は18年度の予算編成が固まったと、そういう説明、お話をしたわけですけれども、翌日読売新聞の報道が、私が報告、話をしていない内容が出ましたので、つまり今回の3月定例議会に収入役の廃止条例を出すと、そういう報道が出されましたので、早速これは事実とは違うということで、読売新聞社の方と連絡をとりましてファックスで記事の訂正を要望というか要求をいたしました。そして、併せて議会運営委員会でしょうかね、皆さんの方からお話はどうなっているんだということで皆さんから呼ばれまして、事実経過をお話をし、先ほど言いましたように読売新聞の方にそういうことは言っていないですよということで即刻記事の訂正文を出してください、そういうことを言いました。
 それで、後ほどその2日ぐらい後に、3日後でしたかね、読売新聞の方から、私も連絡をとったんですけれども、誤報の記事を書いてしまったということで申しわけなかったと、そういう連絡を私が電話したときに向こうから言われたんですけれども、そういう話をもらいました。その内容は議会の議長の方にも同じことを伝えたと、そういうことで読売新聞から聞きました。
 それらしきことを言ったんじゃないかということで、田島議員の方からお話がありましたけれども、そういう誤った認識、受け取られ方をしては困るので私としては紙を活字にして渡してあります。もう一回それを自分も何回も読み返したんですけれども、3月の定例議会で収入役の廃止条例を提案するということはどこにも書いていません。そういったことを含めて、その記事というか、紙は議長さんのところにありますから、ぜひ田島議員の方から議長の方に見せていただいたらいいのかなと思っています。
 そのとき同席した職員の方ですけれども、企画財政課長、そして詳細の乳幼児のことを聞かれたときの数値がわからなかったので健康福祉課長、米倉課長ですね、その二方あたりが同席したと、加わったと、そのように記憶しております。
 続きまして、収入役の廃止条例が通らなかったんだから収入役を配置すべきではないかと、そういう田島議員からの御指摘でございますけれども、私は今国からの地方交付税約4億円、5億円減らされておりますから、人件費の削減を含めてとにかく収入役を配置すれば1,400万円年間で経費がかかるわけですから、本当に議会の皆さんには申しわけないですけれども、否決を受けて大変申しわけないですけれども、これ以降も収入役を置かないでお金を節約して、その部分の色が別についているわけじゃありませんけれども、その部分を見越して乳幼児医療の助成の方に持っていきたい、そういうふうに思っているところであります。
 そして、もしも収入役が否決されてもされなくてもどうなんだということでお伺いを受けましたけれども、乳幼児医療の助成年齢の引き上げは、私が村長選挙に立候補したときの公約の1つに入っております。したがって、本来であれば17年度に就学前まで引き上げたかった、引き上げるつもりでした。それを総合的に自分の判断でとりあえず2歳、17年度に、8月からですけれども実施をしたということであります。したがって、これは村民にお約束をした公約の部分でありますので、ぜひ御理解をいただきたいと思っています。
 それから、日曜の開庁の問題については、役場を開く問題については、担当課長の方から答弁させますのでひとつよろしくお願いいたします。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 日曜開庁について、私どもの方からお答えさせていただきます。
 まず、具体的な一覧表を配れないかというような御質問ですけれども、この4月の広報に具体的な発行できる証明等、それを1つ1つ記入して村全体に広報の中に入れたいと思っております。
 それと納税の関係ですが、税務課の職員は分任出納員の命を受けておりますので、税務課の職員に諸証明関係の料金を徴収していただく、そのように考えております。
 それと予算の関係ですが、予算は全くいじってはおりません。要するに今やろうとしているのは、試行的な中で第4日曜日を開庁したいと考えております。その第4日曜日の出勤者については代休で対応していただく、そういうように話を詰めてあります。
 私の方からは以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。4番田島君。


◯4番【田島弘雄君】 まず、記者会見の内容を聞いているんです。私の聞き方がまずかったのかな。収入役の廃止、それから長生村の第4日曜日の開庁の手続き、それも返事がない。それから、乳幼児医療に関しては大体わかりましたけれども、その2点で。


◯議長【柴崎正臣君】 田島君の再質問に対する当局の答弁を求めます。石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 先ほども申し上げましたけれども、柴崎議長の方に当日新聞記者にお渡しした紙、資料をお渡ししてあります。したがって、その資料を田島議員の方から議長の方にいただいて見ていただければ、客観的な私が伝えたものがわかるかと思います。
 併せて申し上げるならば、千葉日報の記事をぜひ読んでいただきたいと思います。私の方から言いたいことは、千葉日報の記事の表現がほぼ間違いのない、大体私がお話をした内容が載っておりますので、より正確さということでつかんでいただくのであれば千葉日報の記事を参考にしていただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 日曜開庁の件で大変失礼しました。職員等の手続きの関係を申し上げてありませんでした。実は先ほどの行財政改革等に関する中でも申し上げましたけれども、その行財政の中に部会という係長クラスで組織している部会があります。そこからわき上がってきた声が、日曜開庁をやったら住民の皆さんも便利じゃないかというようなことであります。したがいまして、その意見を尊重し、だったら最終的にどういうところを開けばいいんだということ、これも部会の方で協議していただきました。その中で当面は住民課と税務課、これでまずやってみようというようなことであります。それが決定されてから住民課、あるいは税務課の職員と話を詰めていったのが今までの経緯であります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。最後ですので。


◯4番【田島弘雄君】 3回目ですのでまとめます。この朝日新聞には、見出しに合併協議会参加なら住民投票実施もということは、合併の話もしたのかなということですね。この5紙の見出しが全部違うので私は聞いたわけであって、議長に差し出したと言われても、後で見ろ、じゃ、この会議は要らないじゃないですか。何で発表できないんですか。


◯議長【柴崎正臣君】 4番田島君の最終まとめに対して答弁ございますか。石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 困りましたね。議会の皆さんのまとめ役は議長なわけでしょう。その議長さんにお渡ししてあるということは、当然田島議員にも伝わるものと常識で考えたときには私は考えられますよ。それが1つ。だから、それをきちっと後で見ていただきたいというふうに言っているわけですよ。もしなんだったらそれを今から読み上げますか。


◯議長【柴崎正臣君】 石井村長に申し上げます。議員の質問に対して議員がここで答えてくれと、確かに私はいただいて皆さんに配ってありますけれども、本人の口から聞きたいということなので御答弁願います。


◯村長【石井俊雄君】 今議長の方からお話を聞きました。配ってあるということですね、議長の方から。それを見ているわけですから、私があえてその紙を新聞記者に渡してあるということで言っているわけですから、ぜひそこは田島議員さん御理解していただきたいと思うんですよ。もっと結論的に言えば、私は3月の議会で収入役の廃止条例について提案するということは言っていませんということです。これが1つ。
 もう一つ、朝日新聞の方に合併の問題についての記事が出ましたけれども、これは18年度の予算編成を説明をしていく過程の中で合併の問題については質問をされましたので、そのときに自分がしゃべったことが記事になったと、そういうことであります。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 一応規則ですので、この件については後ほどお話をさせていただきたいと思います。
 他に質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 私の方からは一般会計の予算の中身で、大きく言って4つばかり質疑をさせていただきます。
 1つ目は全般の問題なんですけれども、これは昨日の一般質問でも伺ったことではあるんですが、これは企画財政課長か、あるいは村長に考え方を答弁していただきたいと思う内容です。自立を目指す、長生村として住民サービスをできるだけ守りながら自立を目指す、これにあたって住民が参加する村づくり、町づくり、そのかなめはやはり情報の公開だと私は思います。財政シミュレーションということですけれども、企画財政課の方では既にシミュレーション、あるいは財政見通しが作成されているようですけれども、この本予算の議決の前になぜ議員に示されないのか、まだ示されていませんので、なぜ示されないのかについて考え方をお聞きいたします。
 それと、これは全般的な問題の1つで、この18年度の新年度の予算の中身全体で普通建設事業費の額は全体で幾ら程度となるのか。その額というのは、財政シミュレーションの中で先の見通しを考えたときにこのくらいの規模でいこうという、そういう考え方なのかということについて答弁をいただきたい。これが全般的な問題での最初の1番目であります。
 次に大きい2点目として、これは健康福祉の関係なんですけれども、乳幼児医療対策事業、これは前進をして、これはなかなか村民から喜ばれる中身ですけれども、千葉県が今年の8月から入院費の補助を就学前まで拡大する。1日目からの入院の費用について県が金を出すということを発表しています。この中身は今年度の予算に反映されているのかどうか。いなければ幾らか村の予算も浮くことになろうかと思いますけれども、反映されているのかどうかという点。
 それと長生村の身障者福祉会補助金、予算書を見ますと67ページに載っているんですけれども、身障者福祉会補助金は、前年が90万円だったのが今回57万円に減額をされていますけれども、下げた理由と、どういう話し合いの中でどういう根拠で減らしたのかという点。
 あと、もう一つは母子寡婦福祉会補助金、これも11万4,000円昨年だったのが5万円に減額されているんですけれども、この中身はどういうふうな経過でなったのかということです。
 大きく言って3つ目ですが、これもそのままですけれども、たしか議案説明の中で、小学校のチームティーチングの予算は含まれているというように聞いたんですけれども、予算書の中でチームティーチングというような名前では書いていないようですので、臨時職員の賃金として計上されているのかどうかわかりませんが、どういう形で計上されているのかということと、あともう一つ、最後の4点目として七五三の祝いなんですけれども、これも質問の中で前に、昨日ですか、七五三祝いそのものを全体ではやらないということのようですけれども、各保育所で七五三の祝いをやるということになったときに七五三祝いの形態がとれるような、それなりの予算がつけられているのかということについて答弁いただきたい。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 まず、うちの方からは、財政シミュレーションはなぜ示さないかということでございますが、これは以前から申し上げておりますように、総合計画の後期分と、もうお話ししたと思いますが、この3月議会を終了したら近々に皆さんに提示しますということを昨日もお話ししたとおりでございます。ですから、そういうことで、終了後には近々に皆さんの方には、まず議員の皆さん方の方に提示し、その後何らかの形で住民にわかるような形で提示したいというふうに考えております。
 次に普通建設事業はどのぐらいかということですが、約3億5,000万円でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 それでは、私の方から2点ばかり答弁させていただきます。
 まず初めに、乳幼児医療の関係でございますけれども、千葉県で就学前まで1日から入院を対象とするということで改正となります。これを予算に反映されているかどうかというようなことですけれども、これにつきましては、2月中旬に担当課長会議がございまして県から説明がありました。内容につきましては、小児慢性特定疾患の特に喘息患者を救うには乳幼児医療費助成を充実していくことが必要であるということで、改正をするとのことでございました。
 なお、この入院分の県の年間所要額については、1億6,000万円ということでございます。なお、県の決定がおそかったことがありまして、新年度予算には県補助金の増額は計上しておりません。
 次に補助金の関係でございますけれども、今年の補助金に関しましては、当該団体と十分協議して予算化しなさいというような企画財政課からの指示がありまして、これに沿いまして団体の会長と十分協議をいたしまして予算化したものでございます。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 学校教育課長。


◯学校教育課長【市東秀行君】 村独自の学校に対する運営の臨時賃金の関係だと思いますけれども、その形としましては、昨年と同様に各小学校に学習支援員という形で月額17万4,000円、それでその金額掛ける11ヶ月分の賃金を各学校1名ずつ計上してございます。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 七五三祝いの関係でございますけれども、予算的なものについては計上されてございません。これは保育所の創意工夫によりまして事業を展開するということで今回実施する予定でございますので、何分よろしくお願いしたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 関議員、よろしいですか。


◯14番【関 克也君】 福祉会補助金、これはさっき言いませんでしたか。


◯議長【柴崎正臣君】 それは補助金の関係は一括して答えてくれていると思いますから。他に質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 考え方が違って申しわけないんですけれども、財政見通しを示すということについては、後期基本計画とはまた別問題なんですよ。一緒だと思っていらっしゃるかもしれませんけれども、これはもう始まっていますから、大体去年、先の見通しをつけてどういうふうに切り盛りしていくかというのはもう始まっている問題なんですよ。その腹づもりに基づいて新年度の予算も計上しているはずです。というのは、先ほど話がありました3億5,000万円の普通建設事業ですから、企画財政課が約2年前に公表した財政シミュレーションですと、毎年8億円の普通建設事業を組むという計画になっています。これが3億5,000万円になっているということは、もう先の見通しをどう計画するのかという一定のプランに基づいてつくっていると。新年度の予算もそういうことで計上されていると思われます。ですから、今の新年度、18年度の予算を説明する際に、財政見通しをこういう見通しでつけるんだという下地があって初めて新年度の予算も計上されると私は思っています。そういう意味で、できるならば今財政見通しはシミュレーションは議員に配ってほしい。もし今できなくても、この会議が終わった後すぐにでも配っていただきたいと思いますけれども、近々に配るということはこの会議の後すぐ配るという意味ですか、答弁いただきます。


◯議長【柴崎正臣君】 14番関君の再質問に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 今日、本日の議会が終了後に準備ができれば提示したいとは思いますが、上層部の決裁を仰いだ後になろうかと思いますので、それこそ近々のうちに皆さんにまず提示するということを再三申し上げておきたいと思います。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 関議員、よろしいですね。他に質疑ございませんか。6番高瀬君。


◯6番【高瀬美智子君】 18年度の予算書の中のページ、69ページ、措置事業の中の老人ホーム入所措置委託料1,841万円の予算を計上してありますが、この内訳を教えていただきたいと思います。これが1点です。
 2点目なんですが、ページが141ページ、文化会館イベント事業の中の550万7,000円の予算計上されている中で、文化会館イベント事業、文化祭、演芸まつり、映画館、ポピュラーコンサートとございますが、このポピュラーコンサートの開催の中で具体的にどんなものを考えていらっしゃるのか、わかれば教えていただきたいと思います。この2点をお願いいたします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいま6番高瀬君の質疑に対する当局の答弁を求めます。健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 老人ホーム入所措置費委託料でございますけれども、これにつきましては、過去の実績によりまして月額を出して、それを12ヶ月掛けたもので計上してございますけれども、入所措置費委託料については、所得によりまして個人負担もございます。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 生涯学習課長。


◯生涯学習課長【古山 誠君】 ただいまの高瀬議員の御質問の中の文化会館のイベント事業550万7,000円ということでございますが、その内容でございますが、今議員おっしゃったとおり演芸まつり等も入っておりますが、この中で一番大きいのがコンサートなんですが、今考えているのはポピュラーコンサートということで、テレビ等を中心に活躍してある程度名の通った人を今考えております。時期的には6月から9月ぐらいがよかろうかということで今担当の方とも詰めている、そういう状況でございます。それがここに載っていますけれども、約400万円程度ということで大きなものでございます。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。6番高瀬君。


◯6番【高瀬美智子君】 第2質問に入りますけれども、委託されている老人ホームがあると思いますが、その委託されている老人ホームの中に長生村から何名ぐらいの方が各ホームに入所されているのか教えていただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 1点でいいですか。


◯6番【高瀬美智子君】 それと、昨年の7月に東京混声合唱団を呼んでいただきましたけれども、この中で長生中の生徒達が本当に本物の芸術に触れることができ大変喜んでおります。これは最低年に1回ぐらいは子供達に本物の芸術を聞かせてあげたい、また見せてあげたいと思っておりますので、これはぜひ要望しておきたいと思います。この2点。


◯議長【柴崎正臣君】 6番高瀬君の再質問に対する当局の答弁を求めます。健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 養護老人ホームの既に入所している数でございますけれども、8名でございます。入所先の詳しい内訳がわかるものを持ってきておりませんので、人数だけ8名ということで、すみませんがよろしくお願いします。


◯議長【柴崎正臣君】 6番高瀬君。


◯6番【高瀬美智子君】 私のある知り合いの方なんですけれども、老人ホームになかなか入れないということで非常に悩んでいらっしゃいます。やはり委託料を払っているわけですので、優先的に長生村の方々は入れるような処置をしていただきたいなと思っております。いかがでしょうか。


◯議長【柴崎正臣君】 6番高瀬君の最後の質問に対して当局の答弁を求めます。健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 ここに計上されております老人ホーム入所措置費につきましては、有料老人ホームとちょっと性格が違いまして、身寄りのない方とかホームに入れない方が村のお金で入所させてやるような委託料でございます。そのようなことで、老人ホームとはちょっと性格が違います。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか、17番久我君。


◯17番【久我純也君】 行財政改革の中で先ほど村長の話ですと、職員の定数管理の話し合いがされているというようなことから、特にいつかの全協の中でも協議会の中でも申し上げましたけれども、その定数のことについてお伺いしておきたいと思いますが、その中で臨時職員が相当数採用されております。この臨時職員が一昨年、昨年あたりからまた今年にかけて臨時職員の採用がどういう形になっているのか、まずそれをひとつ教えてください。
 それから、ちょっと細かくなって恐縮なんですが、51ページの徴税事務費の臨時職員、221万1,000円、昨年が200万円ぐらい、それとページ、3ページの児童福祉費の中の保育所の臨時職員が、昨年より大幅にアップしているかと思いますが、私の計算ですと1,500万円余のアップがされておりますが、これらの理由をひとつ。
 それから、ページにしますと80ページになりますが、保健衛生事務費の臨時職員が100万円ありますけれども、昨年は私が見たところ、見受けられませんけれども、私の見間違いなのかとも思わないでもありませんけれども、どうなっているのか。
 それから、小学校の、中学校もそうでありますが、給食関係の臨時職員がおりますが、これらが今何名であるのか、どういうような形で今対応しているのかを伺っておきます。
 それから、公民館でも臨時職員がおりますね。67万余の予算がありますし、昨年度ということは実施年度になりますが、どうなのかを伺っておきたいと思います。
 それから、臨時職員の賃金、それと普通賃金がございますね。普通賃金というとコミュニティセンターとか尼ヶ台の夜間等が、昼間のあそこにおられる方の賃金なのかなとは思っておりますけれども、その額が今いかほどぐらいになっているのかをお聞きしておきたいと思います。
 それと、今村の定数の定めですと、村長部局、議会を含めて選管、監査委員、農業委員会、これを足しますと138名になります。教育委員会の所属する職員が今30名で、168名で、教育委員会を除きますと138名でありますけれども、今現状はどうなっているのか。退職職員の不補充という中で今その定数の管理が、いつか全協の協議会の中の意見を集約した中で、執行部あてに議長の方から定数管理のことについての要望といいますか、意見書か出ているかと思いますので、その点をひとつお聞きしておきます。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいま17番久我君の質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 申しわけありませんが、定数については時間をいただいて、今現在村の方で最終的に全部の数を今調べさせていただきたいと思いますが、申しわけありません。
 それと臨時職員の件ですが、一応総務課の方で臨時職員の常勤的な臨時職員、ちょっと語弊があるかもわかりませんけれども、調査した中ですと、今保育士と用務員さん、あるいは調理員、文化会館にいる事務員、あるいは税務課の収税をしている方、これを全部合わせて31人というように記憶しております。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 税務課長。


◯税務課長【渡邉隆夫君】 税務課では臨時職員としては、ただいま総務課長の方からも話しましたが、徴収補助職員を1名採用しております。これは昨年度の実績によりまして、細かい話をしますと基本給は月額5,600円で134万4,000円と、応能報酬ということで、過年度分と現年度分を合わせまして、過年度分が実質徴収額に対して3%ということで、現年度分が実質2%という割合でそれぞれ支給することになっております。相対的には昨年度若干増えておりますが、210万6,000円という数字で今回組ませていただきました。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 保育所臨時賃金という形のもので、臨時職員がどのぐらいかという形のものでございますけれども、今現在、保育士及び調理員を含めまして16名雇用させていただいてございます。18年度予算につきましては、今年1名退職者がございますのでその補充と、入所者の増によります1名補充という形のもので、総勢で18名の予算要求をさせていただいているところでございます。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 学校教育課長。


◯学校教育課長【市東秀行君】 学校関係の臨時職員でございますけれども、まず用務員関係におきましては、来年の4月1日から4校中正職員が1人だけになりますので、臨時は3名ということの形になります。それから、調理員はちょっと入り組んでいますので学校ごとに説明させていただきますけれども、一松小においては臨時職員2名、高根小学校におきましては、3名で交代でローテーションを組みますので人数的には3名でございます。ただし、ローテーションを組んで2人ずつ出勤という形をとります。八積小におきましては臨時職員4名で、これもローテーションを組みますので、その組み方も少し複雑になっておりますけれども、実質2名から3名常に臨時職員が出るという形になります。長生中におきましては、臨時職員5名の体制になるかと思っております。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 それでは、私の方から保健衛生総務事務運営費の臨時職員賃金について御説明申し上げます。この臨時職員につきましては、新たに計上したものでございます。内容につきましては、平成18年度から介護保険の地域支援事業が入ってきます。この関係で介護予防を保健師が担当するようになるんですけれども、保健師がこちらの方に仕事を割かれるということで臨時職員、月に7日から8日程度でございますけれども、時間給で職員を雇いたいというような内容でございます。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 生涯学習課長。


◯生涯学習課長【古山 誠君】 それでは、生涯学習関係の臨時職員の内容について御説明いたします。私どもの方の臨時職員はすべて管理人という形でお願いしております。
 まず、公民館でございますが、公民館、夜の管理人2名。この2名、常時1名ということで交代で行っております。それから、文化会館でございますが、文化会館につきましても、夜1名のみです。これも夜事業があったときということでございます。それから、図書室でございますが、図書室につきましては、土日私の方手薄になる関係上、土日の図書整理員1名と、あとは現在昼間の図書整理員を1名お願いしております。それから、尼ヶ台公園でございますが、これも管理人でございますが、これは365日動いていますが、年末年始は除きますが、2名で交代でお願いしております。それから、あと体育館でございますが、これも昼間2名、これも交代、夜やはりクラブ等がありますから夜も2名、これも交代でございます。延べでございますと11名になります。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 ここでお諮りします。久我さんの再質問から他にも質問があるようですけれども、ここで暫時休憩といたします。休憩後にお受けいたします。なお、再開は2時20分からということにいたします。
              午後 2時03分 休憩

              午後 2時20分 再開


◯議長【柴崎正臣君】 休憩前に引き続き会議を開きます。
 その前に執行部にお願いいたします。質問に対しては正確に簡単にお願いいたします。
 総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 先ほど答弁漏れがありましたので、久我議員さんの質問の中でお答えします。職員の定数ですけれども、今現在は168人、実際の職務についてる職員は今150人であります。なお、22年の4月1日を目標に140人と目標を持っております。
 それともう1点、さっき臨時職員の件で31名と申し上げましたけれども、その31人は保育師と調理員、学校の用務員、学校の調理員プラス生涯学習課の1人、それと徴税員、それだけで学校、保育所、税務課、それと生涯学習課、それで31名と申し上げました。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 17番久我君。


◯17番【久我純也君】 私は細かく申し上げましたけれども、これはいいといたしまして、この保育所の今一度児童福祉で1,500万円の増なんですよ。それが先ほどの答弁ですと、16名が18名になったからということの答弁だったと思いますけれども、1,500万円ですから、150万円であればとにかく1,500万円ですから、私はそれはちょっと数字的に合いませんので、最後ひとつ詳しくお願いしたいと思います。
 それから、定数関連につきましては、私のこの計算ですと臨時職員賃金だけで、これは私の見た範囲ですから数字的に間違っていれば訂正しなくちゃなりませんが、4,820万円近く臨時職員賃金があるんです。一般職の賃金が11億4,400万円ぐらい。当初予算に占める割合が29%、もう30%近くなった。これは当初予算の規模が下がっておりますから前年度に比して上がっているのが当然かと思いますけれども、そういった中で私が申し上げたいのは、普通賃金になりますと5,000万円出ると思います。そうした中で村長は不補充だと、補充しないよということでありますので、17年度は何人退職されるかわかりませんが、16年度もそうだったと思いますが、例えばその中でも3名退職して全部で1名とか、そういった補充をすることによって長期的な定数の管理ができるのかなと私は申し上げたいんです。そういうことで私は協議会でも申し上げておったんですけれども、今この数字だけ見ましても5,000万円でいいと思いますので、普通選挙もありましたので、それこそこの数字が確かなものであるかどうかは定かではありませんけれども、私の足し算したところですとこういう数字が出ておりますので、そういった中で定員管理のことについて村長の見解を伺っておきたいと思います。
 それと、臨時職員の賃金の時給といいますか、それらの基準といいますか、決まりというか、何か部内でそれらのものを持っているのかどうか。それらが数年前から変わっていないのかどうか。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。17番久我君の再質問に対する当局の答弁を求めます。住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 大変失礼しました。それこそ先ほどの質問の中でそのような質問だったかと思いますけれども、今回の予算につきましては、従来各保育所に賃金を設けてあったものでございますけれども、今回一括して1つの目のところに予算を寄せたという形のものでこのような金額に繰り上がったというものでございます。


◯議長【柴崎正臣君】 石井村長。


◯村長【石井俊雄君】 職員の人員配置、数の問題でありますけれども、基本的には退職不補充でいかざるを得ないというふうに考えております。理由は何回も申し上げておりますけれども、財源の歳入が減ってくる中でどうしても人件費の削減をせざるを得ないということで、当面退職不補充で頑張っていきたいというふうに思っています。特殊的な事情が出てくれば別ですけれども、基本的には退職不補充で乗り切っていきたいというふうに考えておりますので、御理解いただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 賃金の時給の話だと思いますけれども、最低賃金、厚生労働省が示したと思いますが、最低賃金を下回らないというようなことで年度ごとに見直しをしているところであります。ただ、保健センター等、いわゆる特別技能職というか、あれは医師会か何かの方の統一時給単価ということで、あそこだけは1,450円、特別な技能職ということでそれとは別個の時給単価を使用しております。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか、村長に求めますか。17番久我君。


◯17番【久我純也君】 質問の回数が制限されておりますので、十分な回答がいただけなくてもそれで引き下がらなくてはならないと思いますが、ちゃんと今の保育所の職員のことにつきましては、昨年度は私が調べた限りだと1,300万円まとまって出ておりますが、保育所は3つ確かにありますけれども、予算は児童福祉費の中で一括して計上してあるかと思います。そうした中で2,818万3,000円、昨年は1,300万円だったと思います。その中で、先ほどの説明で私はちょっと理解ができませんけれども、これらが何か通常の給料といいますか、他にいろんなもの、手当とかそういうものが臨時職員にはあるのかどうか、それらを考えているのかどうかということにも私は考えざるを得ないのかなと思いますけれども、いかがでしょうか。それこそ制限されておりますので確かな答弁をお願いします。


◯議長【柴崎正臣君】 総務課長。


◯総務課長【中村時美君】 今の議員質問は臨時職員の割り増し賃金ということを、この18年度は村が考えております。さっき申し上げました31名のこの方々については、一応割り増し賃金というのを、一応予算は積算してありますけれども、その金額としてはおおよそ340万円ほど予算措置してあります。ただ、これは年2回、6月と12月に支給したいというふうに考えておりますが、確かにその割り増し賃金については、今申し上げました340万円ほど予算措置をしてあります。
 以上であります。


◯議長【柴崎正臣君】 住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 大変失礼しました。それこそ18年度につきましては、17年度から2名ほど産休が発生しておりまして、その分を臨時職員の追加という形のものでお願いしていまして、その部分を併せて増加という形のもので対応させていただきました。


◯議長【柴崎正臣君】 質問の回数が終わりましたので、久我議員には後で精査して報告をさせます。
 次ございますか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 私は2点質問させていただきます。
 まず、87ページ、ここに一番上に不法投棄防止対策事業で報償費に不法投棄監視員報償費36万円、それから中ほどより下に環境美化活動事業の中で報償費、環境美化推進員報償費、おそらく仕事の内容は違うと思うんですが、一般村民から見ますと同じような仕事じゃないのかという質問を私されまして、答えようがありませんでしたので、この2つの報償費に対する人数、それから活動内容、そして報償金の支払い状況というか、予算に対する報償金の支払いの仕方を教えてほしいということです。
 それから2点目、106ページ、道路維持費が205万円の減額、そして同じく108ページ、道路新設改良費が1,308万6,000円の減額、その下の交通安全施設費、前年度6,281万7,000円と、道路関係、交通安全関係の予算が大分減額されておりまして、交通安全施設費に関しては3分の1もカットというような数字になっておりますので、ここに至った経緯を御説明願います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの9番小高君の質疑に対する当局の答弁を求めます。下水環境課長。


◯下水環境課長【田辺善治君】 ただいま小高議員の御質問についてでございますけれども、不法投棄監視員及び環境美化推進員の活動状況、人数、その報償費の支払い状況ということでございますけれども、それでは、まず不法投棄監視員でございます。これは平成3年に長生村不法投棄監視員制度設置要項を制定いたしまして、現在村内に6名の方を委嘱しております。任期は2年ということで、活動状況でございますけれども、村内をパトロールして廃棄物等の不法投棄、あるいは不法埋め立てなどの不適正行為の監視及び報告をしていただいております。なお、この報償費でございますけれども、これは月額6,000円が今度18年度で約5,000円となりました。
 なお、この不法投棄監視員制度でございますけれども、これは県の補助金を受けて行っております。上限が13万円ということで補助金を受けて行っております。なお、長生郡市内におかれましては、これは不法投棄監視員は全町村設置しております。
 続きまして環境美化推進員でございますけれども、これは平成10年に長生村環境美化推進員設置要綱を制定いたしまして、現在村内47名の方に委嘱をしております。また、任期は1年ということで、今年も皆さんに環境美化推進員を選任していただくということで大変御迷惑をおかけしておりますけれども、よろしくお願いします。
 なお、活動状況でございますけれども、自治会のごみ集積所の整理整頓及びごみの分別収集のための現地指導、これは資源、不燃、粗大ごみ等がございますけれども、それぞれの指導をしていただいております。
 報償費でございますけれども、17年度は2万円でございましたけれども、18年度から年額1万円ということでお願いしております。
 なお、郡内の状況でございますけれども、この制度を設けておりますのは長生村と白子町だけでございますので、それぞれ環境美化に御尽力いただいておるということでございます。
 以上、活動状況ということでよろしくお願いします。以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 建設課長。


◯建設課長【田邉 渡君】 道路関係の予算の減額の関係ですが、1点目の維持費の205万円の減額と、この原因でございますが、これにつきましては、私どもの方で道路補修用の人夫賃ということで、年間240万円計上してあったものを18年度はその分はなくしたという形で、できるだけ職員の中で対応という形で努力していきたいという形にしております。
 次に、道路改良の関係で新設改良の関係でございますが、これにつきましても金額が大きいんですが、今までのよりもメーター数が減っておるという点と、新規のものもありますが、その分についてはメーター数が非常に少ないというような状況でのもので、単価に多少の差はあるかもしれませんけれども、それが主な理由でございます。
 それと最後に安全施設の関係でございますが、これは国庫補助事業の関係で、あと残り770メートル余りのものという形で18年度予算化させていただいた、それが大きな減額の要因でございます。あと残りの計画事業、そういった部分についても、残りが100メートルということもありますし、こういう形でそういう面積的なものも要因というふうなことです。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 それでは、要望を兼ねた第2質問をお願いします。
 まず、不法投棄監視員と環境美化推進員の関係につきましては、私が相談を受けたのは、環境美化推進員が年2万から1万円に減額されたということで、正直仕事の内容は違うとは思うんですが、やっている本人に関しては、地域の環境をきれいにすると、しかもごみ集積所の周りがあのようにいつもいつもきれいでいられるのはこの人達のおかげなのかなと思っております。そうした中で、報償に若干といいますか大分といいますか差があるのはちょっと不満だという声が実は私に届きまして、私の方の部落ではなり手がいないというような声もちょっと聞きましたので、私課長さんのもとにどういうふうになっているのかと事前に聞いたことがあるんですが、その辺ある程度はボランティアでやっていただかなきゃならない部分もあるのかなと。すなわち村長が言います自立の村づくりにはこういうものは欠かせない、おそらく地域の理解がなくちゃいけないんじゃないかと思っておりますので、その辺担当課による地域への説明もさることながら、やはり出せるものがあれば少しでも出して御協力いただくという姿勢が必要じゃないかなということで、あえて質問させていただきました。
 それから、今の道路関連の関係ですが、減額した理由はよくわかるんですが、全体の予算の中で私が言いたいのは、歳入が少なくなる以上歳出は抑えなくちゃいけないと。すなわちどこかを削らなきゃいけないんですが、今回の質問、あるいは村長の答弁の中に出てきました7歳児までの乳幼児の医療費無料化というのは、1年までは国の事業としてなるんじゃないかということもちょっと聞きました。村長の公約であるからということは、これは誰だって、もし私が村長になれば当然約束したことはやりたくなるのが当たり前のことでわかるんですけれども、こういう時代だからからこそもう1年待てば国の補助が得られるのであれば、他の予算を生かしつつバランスのとれた予算配分が必要だったんじゃないかなと。特に交通安全施設につきましては、要望はあるないにかかわらずまだまだ危険箇所はたくさんありますし、また舗装が端から芝草で割れて補修しなければならない場所はいくらでもあります。これはたしか村長が議員の時代に一般質問でもされていたと思うんですけれども、少子化対策もしなければいけないし、交通安全も見ないと1人の児童がけがをする、もしくは死に至る危険もあるわけで、そうしたいろんな点に配慮を置いた予算配分をということで、私はそういう意見が言いたくて今回の質問に立ったわけですけれども、配慮されまして、答弁は結構でございますので、よろしくお願いいたします。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。7番植草君。


◯7番【植草義明君】 時間が大分過ぎておりますので、18年度の予算で村長に聞いても大した答えがないからやめますけれども、一応各課の予算を企画財政課がつくったと思いますが、それらを中心にします。というのは、昨年よりもおそらく事業そのものが、何か予算書を見ると昨年と比べてみるとそんなに変わらないというか、昨年よりかえって少なくなっているような気がします。そういうことを踏まえて質問しますが、まず、私は2点だけ、一応参考までに聞いてみます。
 これは企画財政課の関係だと思います。財政会計システム、その前に使用料及び賃借料につきましては、大分皆さんが努力して少なくなったり同じになったりしていますが、総務費の財務会計システム運営費の使用料、財政会計システム料は昨年度よりわずかですけれども増えています。その理由をひとつお願いいたします。これは43ページです。
 それから、69ページの民生費の国民年金制度普及事業の中での使用料及び賃借料、国民年金システムの使用料が105万9,000円となっております。17年度には備品を購入して、これが21万6,000円計上してありますが、それに対する収納かなと思いますけれども、それらについてお聞きします。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの7番植草君の質疑に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【田中孝次君】 まず、財務会計の方の質問で委託料が増えているということですが、逆に財務会計システムの委託料、使用料については50万円ほど増えています。これは当初見積もり計上するようにとしているわけですけれども、そこでの予算の計上であります。約50万円ほど上がっておりますけれども、特に大きな理由はありません。


◯議長【柴崎正臣君】 住民課長。


◯税務課長【渡邉隆夫君】 国民年金のシステム使用料ということでございますけれども、これにつきましては、それそこ17年度に新しく機種を導入したというものは、社会保険庁の方から機種の新しいものを導入していいですよという形のもので、全額社会保険庁の方からいただきまして新しいものを入れたわけでございますけれども、国民年金の被保険者の状況を把握するためのシステム、それを稼動させるためのシステム使用料という形になります。それは日本電算からの借り入れの分でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか、7番植草君。


◯7番【植草義明君】 一応村長の答弁では、長生郡では別に長生村は金がないんじゃないんだということでありますから、おそらく今質問があった道路関係も、そういうことであればひとつまた何かそれでやるようにしていただきたいと思いますし、それから財務システムですけれども、できれば見積書ということですけれども、その見積書をちょっと下げて同じ課ではそれ以下に、他のものは何か大分努力して下げてあるようですから、下げる課は同じようにしてほしいと思います。それは要望です。
 それから、もう一つ要望を申し上げますが、おそらく4月になるとまた議員の選挙があると思います。その前にいろんな問題が起こって、家庭訪問とかいろんな公共施設の近くに看板を出す人もいるようですが、推進協議会の費用が4万5,000円しかありませんが、これはひとつ選管の方で十分見ていただき、予算じゃなくて回り回ってよく違反があるかどうかを見てほしいと思います。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。16番小泉君。


◯16番【小泉 勝君】 予算書の73ページですが、このあたり臨時職員賃金として2,918万3,000円を計上してございます。これはおそらく先ほどの説明だと、保育所臨時職員の給与だというやに説明を受けましたけれども、昨年の17年度の保育所臨時職員は1,300万円ですね。この差額は1,600万円あるわけです。先ほどの説明だと、2名が産休で対応ということであるので、仮に2名の賃金としてはあまりにも差額があり過ぎていると。これは賃金だけじゃなくて、昨年は出していなかったかもしれないけれども今年あたりからこの中に期末手当とか何か、そういうものを含んでいるのではないかというふうにも考えられるということですけれども、その辺はどうなんですか。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいま16番小泉君の質疑に対する当局の答弁を求めます。住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 ただいまの質問でわかりますけれども、それこそ先ほど申したように賃金を集めたという形のもので説明させていただいたと思うんですけれども、当初こちらの方に計上させていただいたのは保育士のみの賃金でございます。今回につきましては、保育士並びに調理員もすべてこちらの方に計上させていただいてございます。そのために増えている状況でございまして、それに加えて特別賃金等も加算されたという形のもので、これだけの金額が増えたという形のものであると考えています。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第27号 平成18年度長生村一般会計予算、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって議案第27号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、議案第28号 平成18年度長生村国民健康保険特別会計予算の質疑を行います。質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 国民健康保険特別会計については、昨年の6月に税率の改正がありまして幾らか引き上げがされたと思います。約ですけれども5%弱の引き上げということがありました。国保については、なかなか国民健康保険税が高いということで滞納が多くなっているというのが現状で、おそらく今年度税率を据え置くということだろうと思いますが、税率の引き上げを考えているということを前提に予算を組んでいるということではないと思いますが、据え置くつもりなのかということについて今回まずは質疑を1つさせていただきたい。
 それと、短期保険証の発行も国保の保険証についてやられていて、短い期間の保険証で役場に来ると請求されるんじゃないかというふうに心配で、役場にもなかなか来られないという方もいらっしゃって、今生活が苦しい方というのはなかなか大変な思いをしているというのが現状です。資格証明書の発行はこれはしないという方針は変わらないと思うんですけれども、資格証明書になると医療機関に医者にかかったときに全額1回払わなきゃいけませんから医者にも行けなくなります。資格証明書の発行はこれはしないというふうに考えていらっしゃるのかどうか、この2点について答弁をいただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 まず1点目の、税率を引き上げるものなのか据え置くものかという形のもので御質問かと思いますけれども、全員協議会のときにも御説明させていただいたとおり、今回は一応据え置きということで私どもは考えてございます。ただ、方向としては据え置きという考え方でございますけれども、それだけの応分の負担をいただかなきゃいけないという形の中では、今後税が確定次第どれだけ保険税が集まるかという、そんな中での議論になるかと思いますので、またそのときは6月のときに再度皆様方にお示しをできるんじゃないかと思っています。
 それから、資格証明書の発行という形のものでございますけれども、資格証明書につきましては、国の方ではぜひ発行しろというような形のもので、これにつきましては、特別交付税についても算定根拠にあるよという形のものでございますけれども、現段階ではうちの方は短期被保険者証に基づきまして、滞納者の顔を見ながら保険証を交付するというような形のものに進めさせていただきます。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 関君よろしいですか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 最近の状況を見ますと、他町では国保の財政がなかなか大変で一般会計からの繰り入れを行うということが出て、そういう町も出てきたようであります。長生村でなかなか大変でも万が一なかなか財政的に厳しいという場合に、今の税率は少なくとも値上げはしないという強い考え方のもとに、一般会計からの繰り入れも幾らかでも行うという腹づもりを持って村民の暮らしを支えていっていただきたいというふうに思いますが、それだけではなくてもう一つ、これは国保税の申請減免の制度のことなんですけれども、所得が著しく減少した、実際リストラにあったりして、あるいは倒産にあったりして、国保に入らざるを得なくなって収入が途絶えてきたという方が最近多いんですけれども、所得に注目して、所得の減少も対象にした申請減免ということは村では考えていらっしゃらないのか、これについても、今時点での考え方を答弁いただきたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 村長に聞きますか。担当でいいですか。ただいまの関君の再質問に対する当局の答弁を求めます。住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 1点目の、一般会計からの繰り入れというような話ではないかと思うんですけれども、これにつきましては、私どもとしてもいただけるものだったら幾らでもいただいても結構ではないかなとは考えるんですけれども、本来の国保の制度からいきますと独立採算制でございますので、それにつきましてはその趣旨に沿っていきたいということで考えておりまして、一般会計からの繰り入れについては、繰り入れというものは拒みませんけれども、国保の方からという形のものは考えてございません。
 それから、申請減免につきましては、今のところ現状維持という形のもので私どもの方は考えてございますので、御理解のほどをお願いしたいと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですね。他に質疑ございませんか。13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 22ページの保険給付費出産一時金の関係なんですが、これ国保から一時金が30万円、これ計算しますと約35名分という計算だと思うんですけれども、これは当初予算の一般会計の中で、少子化対策を含めながら国保の方は子供さんは増えないという当初の見込みということで解釈してよろしいんでしょうか。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの13番中村君の質疑に対する当局の答弁を求めます。住民課長。


◯住民課長【小高周一郎君】 出産一時金の35名という予算計上でございますけれども、これは過去の実績を踏まえまして35名程度しか産まれていないと、そこまで産まれてきていないということです。これは国民健康保険の加入者にかかわるものでございますので、その程度しか産まれてきていないという形のもので計上させていただいております。


◯議長【柴崎正臣君】 13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 わかりました。これは国保ばかりじゃなくて社会保険等もありますでしょうから、国保に該当する部分については35名で、これだけの大金をつぎ込んで少子化対策を行っているにもかかわらず国保については増えないという解釈をさせていただきたいと思いますが、もう少しせっかく少子化対策を組んだんですから、将来減額するにしても何か見込みとして増えるようなものがないと予算投下した意味がないんだろうというふうに認識しておりますので、その辺について、今長生村で直近の出生率がたしか1.24とかって伺っておりますけれども、こうした予算の形態についてももう少し配慮が必要なのかなということをお願い申し上げまして、質疑を終わります。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。14番関君。


◯14番【関 克也君】 国民健康保険特別会計の予算、18年度の予算については、これは反対の立場から討論させていただきます。
 この予算では、今のところ一般会計からの独自の繰り入れがゼロという状態であります。高い国保税を実際に村民に押しつけるという中身になってしまっております。この間見てみますと、過去下々ではやはり過去最悪の不況、そしてリストラの影響もあり、増加している国保加入者に対して滞納の増加に歯どめをかける施策が残念ながらありません。不況による所得の減少なども対象にした国保税の申請による減免制度のこの充実が残念ながらないと。こういうもとで、今の国の悪政と不況のもとで苦労している村民を十分支えるという内容となっていない今回の国保特別会計予算案については、反対を表明いたします。


◯議長【柴崎正臣君】 10番長谷川君。


◯10番【長谷川和吉君】 賛成討論を行います。
 国民健康保険制度は医療の根幹を成すものであり、医療費の高騰による国保財政の厳しい状況は今後も続くことが予想されます。このような厳しい状況ではありますが、保険者ニーズの環境変化に迅速、効率的に対応し、診療報酬の適正かつ公正な審査支払事業、各種共同事業の充実強化並びに健康増進や疾病予防の保険事業の推進等を重点に所要の予算を計上した本案に、私は賛成いたします。


◯議長【柴崎正臣君】 他に討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 反対討論、賛成討論おのおの出ましたので採決いたします。
 議案第28号 平成18年度長生村国民健康保険特別会計予算、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第28号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第29号 平成18年度長生村老人保健特別会計予算の質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 議案第29号 平成18年度長生村老人保健特別会計予算、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第29号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第30号 平成18年度長生村公共下水道事業特別会計予算の質疑を行います。質疑ございませんか。9番小高君。


◯9番【小高陽一君】 2点伺います。
 1点は、これは説明があったと思いますが、私はちょっと聞き逃しました。国庫支出金の下水道事業費国庫補助金が、1億2,500万円から2,590万円に減額されたわけをもう一度説明を、すみません、お願いいたします。
 それから、ある私の地域の一住民から、先般村長にお会いしまして、村長はきっと誰だったか認識しないかもわかりませんが、下水道がなかなか来ないと、岩沼の方なんですけれども、私は地元の議員から平成20年ごろ届くと聞いていると。確かに私はそう説明したんですけれども、どうなっているんだと、こういうお話をしましたところ、村の現状もこのようになっているから凍結も含めて考えなくちゃいけないという言葉だったけれども、小高さん本当かいと、私詰め寄られまして、いや、議会では下水道を進めようということで皆さん一致した意見ですということで、共産党さんは一部反対しておりますが、そういうふうに説明しておいたんですが、今回約8,500万円減額されておりまして、全体の予算のマイナスとかしていたし方ないのかなと思うんですが、恒常的にこれが減らされてきまして最終的には凍結ということになりますと、私の約束も反故になってしまいますので、その辺の見解は村長は併せてお話しいただければと思います。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいま9番小高君の質疑に対する当局の答弁を求めます。下水環境課長。


◯下水環境課長【田辺善治君】 それでは、小高議員の御質問でございます1点目でございますけれども、国庫補助金、これが2,590万円になったということの質問でございますけれども、これにつきましては、平成18年度に対する汚水処理施設整備交付金ということでございます。これは地域再生計画に基づきまして平成17年度、今年度ですけれども、5年間の事業費に対する交付金の枠を国からいただいております。その関係で、国の予算配分の関係でございますけれども、平成17年度に前倒しで交付金の追加配分を受けております。その関係で18年度はその前倒しした分を差し引いた分ということで2,590万円ということになります。それで、前年度に対して9,910万円の減ということでございます。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 鵜沢助役。


◯助役【鵜沢 誠君】 公共下水道の今後の進め方はという御質問だと思います。前議会でも私は答弁させていただきましたが、村は公共下水道をシビルミニマムとしてとらえております。つまり、村が最低限村民の皆さんの生活環境の向上、それから広い意味で福祉に公共下水道は最適であると考えております。事業の内容の見直しは当然していきますが、現在のところそういう考えで公共下水道を進めてまいるということでございます。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか。他に質疑ございませんか。13番中村君。


◯13番【中村秀美君】 今小高さんの質問に関連するんですが、正直私どもの地域が今下水道の管渠の建設工事に入っておりまして、そうした中で何軒かの家庭の中から、お互い距離が離れているので下水道に加入しないでもらいたいということで役場の方から言われたというような、正直そんなことがありました。この辺については、事実関係がどうのこうのとかいうのではなくて、先ほど助役が答弁されたように行政で始めたことですから、例えば社長が変わったからといってまるっきり今度は合併浄化槽で対応するとか、そういった一貫性のないことでは正直困ってしまいますので、この辺住民に不安を感じさせることのないように、ひとつ一貫性を持って対応していただければと思います。
 以上です。


◯議長【柴崎正臣君】 よろしいですか、方針か何か聞かなくていいですか。


◯13番【中村秀美君】 結構です。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。14番関君。


◯14番【関 克也君】 反対討論をさせていただきます。
 私の方としては、この公共下水道の工事は当面一時ストップをしながら、どうやったら合理的な排水処理ができるのか、生活排水処理ができるのか、そのことを十分研究をし情報を提供した上で、村民の意見を聞き、これは説明会を十分開く必要があると思います。そして、下水道事業については再検討することを求めます。特にこの間見ますと、茂原の3倍はかかると見られる管渠の建設工事、これは1件当たりの費用が3倍はかかるということです。管渠建設事業の拡大は現実に村の財政を圧迫しています。特に今後建設してから5年で償還が始まるという下水道債、これは返済をもうやっておりますけれども、現在つくったものは5年後から元金の返済が始まる。この返済の一部を地方交付税で補てんするというのが国の約束ですけれども、この国の補助が全くあてにならないということがこの間わかってまいりました。理由は、交付税そのものの総額が減らされているからであります。国が見てくれるという約束は実際は空手形だというふうに私は見ております。
 全域公共下水道建設の方針というのは今後どうしても、本当に自立していこうと思ったら転換が必要であります。下水道の接続率を引き上げるための施策、住民への援助もまだまだ不十分であります。今本当に必要なのは、考え方を整理してどうやって合理的な生活排水整備をしていくのか、できるだけコストを安く整備を進めていくのか、そういう調査研究を行うことこそ必要で、さらに整備済みの地域への人口増加を誘導することなどは必要であります。これがそういう方針転換がもし諮られるとすれば、遠いからといって本来整備すべき地域の整備をしないということは起こらないと私は思います。
 以上から、今必要なのは十分な調査研究と村民への説明、そして十分住民に理解していただいた上で、全域公共下水道という形でない方向を模索することが必要だという観点から、本予算案に反対を表明いたします。


◯議長【柴崎正臣君】 賛成討論ございませんか。11番麻生君。


◯11番【麻生勘一君】 11番麻生です。議案第30号について、賛成討論を行います。
 下水道事業は社会資本の整備の1つとしてぜひとも進めなければならない事業であります。下水道の普及率は文化のバロメーターとされているくらいでございます。快適な生活環境の実現、そして公共用水域の水質保全を推進する上で合併浄化槽という方法もありますが、これはあくまでも一時的なものでありまして、年次計画により計画性を持って積極的に区域の拡大を図る本案に、私は賛成いたします。


◯議長【柴崎正臣君】 他に討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 反対、賛成両討論が出ましたので採決をします。
 議案第30号 平成18年度長生村公共下水道事業特別会計予算、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第30号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 議案第31号 平成18年度長生村介護保険特別会計予算の質疑を行います。質疑ございませんか。14番関君。


◯14番【関 克也君】 1点だけ質疑をさせていただきます。
 介護保険の保険料については、高齢者の保険料については先ほど補正のところで質疑を行いましたけれども、利用料の軽減の問題であります。特に村民の利用が多いホームヘルプサービスの利用料、この軽減策はぜひ低所得者の方の利用料の軽減として検討、そしてその軽減の中身を整備していただきたいなというふうに私は思います。その利用料軽減、特にホームヘルプサービスについてですが、村の考え方が今あるかどうかをお聞きします。


◯議長【柴崎正臣君】 1点ですか。


◯14番【関 克也君】 はい、1点です。


◯議長【柴崎正臣君】 ただいまの14番関君の質疑に対する当局の答弁を求めます。健康福祉課長。


◯健康福祉課長【米倉誠一君】 ただいまのホームヘルプサービスの軽減策についてお答えいたします。中身の整備をお願いしたいというような内容でございますけれども、現在のところ軽減策の中身の検討はしておりません。
 以上のとおりです。


◯議長【柴崎正臣君】 他に質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。14番関君。


◯14番【関 克也君】 短く反対討論をさせていただきます。
 高齢者の介護保険料については、今回の改定で基準額で1.4倍に引き上げられるという、なかなか高齢者、特に年金暮らしの方は大変になってくる問題です。新しい18年度の介護保険特別会計の予算案を見ますと、私から見れば最低限行うべき利用料の低所得者対策、ホームヘルプサービスですけれども、こういうものはぜひ行っていただきたいと思っています。こういうことが行われず、実際低所得の方で暮らしが大変だという村民を苦しめてしまうという中身の予算となっているために、今回の18年度介護保険特別会計予算案に反対を表明し、討論といたします。


◯議長【柴崎正臣君】 6番高瀬君。


◯6番【高瀬美智子君】 6番の高瀬でございます。賛成討論を行わせていただきます。
 高齢化社会が進む中、相互扶助の精神に沿い、7年目を迎えようとしている現在、村は第2期介護保険計画にて積極的に事業を推進していると思います。介護保険は老後を支える制度の1つとして定着しつつあり、本年度においても適切に予算配分がなされた本案に私は賛成いたします。
 以上でございます。


◯議長【柴崎正臣君】 他に討論ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をいたします。
 議案第31号 平成18年度長生村介護保険特別会計予算、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手多数。よって議案第31号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 ここで事務局から追加日程を配布させますのでしばらくお待ちください。
                (追加日程配布)


◯議長【柴崎正臣君】 お諮りいたします。追加議事日程1、発議案第1号 長生村議会委員条例の一部を改正する条例制定について及び議会運営委員長から会議規則第75条の規定により閉会中の継続審査の申し出がありました。この際これを日程に追加して議題としたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 御異議なしと認めます。よって発議案第1号及び閉会中の継続審査について、日程に追加して議題とすることに決定いたしました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 日程第1、発議案第1号 長生村議会委員会条例の一部を改正する条例制定についてを議題といたします。
 提案者の提案理由の説明をお願いいたします。11番麻生君。
             [11番 麻生勘一 登壇]


◯11番【麻生勘一君】 11番麻生、議長のお許しをいただきましたので、私から提案理由の説明をさせていただきます。発議案第1号について、提案理由の説明を申し上げます。
 まず、発議案を朗読いたします。
発議案第1号
       長生村議会委員会条例の一部を改正する条例制定について
 地方自治法第112条第1項及び長生村議会会議規則第14条の規定により、長生村議会委員会条例の一部を改正する条例を次のとおり提出する。
 平成18年3月9日提出
                     提出者 長生村議会議員 麻生 勘一
                         長生村議会議員 長谷川和吉
                         長生村議会議員 高瀬 美智子
          長生村議会委員会条例の一部を改正する条例
 長生村議会委員会条例(昭和63年長生村条例第13号)の一部を次のように改正する。
 第2条第2号中「6人」を「5人」に改め、「、都市計画課」を削り、同条第3号中「6人」を「5人」に改め、「、健康福祉課」を「、福祉課、健康推進課」に改める。
 附則
 この条例は、公布の日から施行し、次の一般選挙から適用する。ただし第2条第2号及び第3号の改正規定中、課に関する部分の規定については、平成18年4月1日から施行する。
 本案は、去年12月の定例議会において長生村議会の議員定数条例が改正され、定数が18人から16人になりました。そこで、地方自治法では1人1常任委員会に所属することが規定されていること、議員定数と常任委員会の委員総数がイコールでなければならないことから、委員定数を変更するものでございます。
 また、先ほど長生村課設置条例の一部改正が可決され、常任委員会が所掌する課に変更が生じましたので、今回併せて提案するものでございます。
 まず、第2条第2号中、これは産業土木常任委員会関係ですが、委員定数「6人」を「5人」に改め、都市計画課をなくします。次に、同条第3号中、これは教育民生常任委員会関係ですが、委員定数「6人」を「5人」に改め、「健康福祉課」を「福祉課、健康推進課」に改めます。この委員定数の変更について、議員定数同様次の一般選挙から適用し、課の変更については、村の課設置条例同様本年4月1日から施行いたします。
 以上、提案理由の説明といたします。よろしく御審議の上御可決いただきますようお願いいたします。終わります。


◯議長【柴崎正臣君】 御苦労さまでした。これより発議案第1号の質疑を行います。質疑ございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 討論なしと認めます。採決をします。
 発議案第1号 長生村議会委員会条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【柴崎正臣君】 挙手全員。よって発議案第1号は原案のとおり可決されました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 続きまして、日程第2、閉会中の継続審査についてをお諮りいたします。
 議会運営委員長からの申し出のとおり、次期議会定例会の会期、日程等議会運営に関する事項について、議会運営委員会に付託し、閉会中の継続審査にしたいと思いますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【柴崎正臣君】 異議なしと認めます。よって議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査とすることに決定いたしました。
      ─────────────────────────────


◯議長【柴崎正臣君】 本定例会の会議に付された案件の審議はすべて終了しました。
 なお、会議録の作成に際し、会議規則第45条により、字句、数字等の整理については、議長に委任されたく御了承願います。
 以上をもちまして会議を閉じます。これにて平成18年第1回長生村議会定例会を閉会します。御苦労さまでした。
              午後 3時21分 閉会


   地方自治法123条2項の規定により署名する。

議 会 議 長

署 名 議 員

署 名 議 員