議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 長生村

平成24年定例会1月会議(第1日) 本文




2012.01.06 : 平成24年定例会1月会議(第1日) 本文


◯議長【中村秀美君】 皆様、こんにちは。御苦労さまでございます。
 ただいまの出席議員数は15名であります。定足数に達しておりますので、これから平成24年長生村議会定例会を開会します。
 直ちに本日の会議を開きます。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 本定例会の議事日程及び議案等説明のため出席を求めた職員等はお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、御了承を願います。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 3番増子君、5番矢部君の両名を指名します。
 なお、両名には本1月会議の会議録署名議員をお願いします。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第2、会期の決定を議題とします。
 本件については、議会運営委員会委員長の報告を求めます。議会運営委員会委員長。


◯議会運営委員会委員長【小高陽一君】 皆さん、こんにちは。ただいま、議長のお許しがありましたので、報告をさせていただきます。
 平成24年長生村議会定例会に関する件について、さきに議会運営委員会を開催し、協議、決定しました内容につきまして、御報告を申し上げます。
 平成24年長生村議会定例会の会期は通年議会実施要綱第2条第1項の規定により、本日から翌年の招集日前日までの会期としたところでございます。
 なお、本1月会議に付議されている案件等は2件、これらの内容を検討しました結果、本1月会議は本日1日で行う予定としております。
 議事の進め方につきましては、日程第3、諸般の報告を行います。
 日程第4、議案第1号、日程第5、議案第2号については、それぞれ提案理由の説明後、質疑、討論、採決を行います。
 以上、よろしく御協力のほどをお願い申し上げまして、議会運営委員会からの報告といたします。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
 お諮りします。ただいま委員長から議会運営委員会の決定事項について報告がありました。本定例会の会期は委員長報告のとおり、本日から翌年の招集日前日までといたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から翌年の招集日前日までと決定しました。
 なお、本1月会議の議事は議会運営委員会の意思を尊重しまして、議会運営委員長から報告がありましたように進めてまいります。
 ここで、村長より発言の許可を求められておりますので発言を許します。村長。
             [村長 石井俊雄君 登壇]


◯村長【石井俊雄君】 ただいま議長のお許しをいただきましたので、平成24年長生村議会定例会1月会議が開催されるに当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 皆様、改めまして、平成24年の年頭に当たりまして、謹んで新年のごあいさつを申し上げます。議員の皆様には日ごろより、村政に対する温かい御理解と格段の御支援を賜り、厚く御礼を申し上げます。おかげをもちまして、昨年計画をいたしました各事業は順調に進捗をしており、ここに新年を迎え、心新たにより一層の努力を傾注する所存でございます。どうか本年もよろしくお願いを申し上げます。
 昨年を振り返りますと、3月11日に発生をいたしました東日本大震災は大地震とそれに伴って発生した津波と福島原発事故により、東北地方から関東地方にわたり、甚大なる被害をもたらしました。被災されました皆様に対し、心からお見舞いを申し上げますとともに、一日も早い復旧、復興と平穏な生活が戻られることを切に願う次第でございます。
 本村におきましては、かねてから建築中でありました長生中学校の本校舎が関係者各位の御協力のおかげをもちまして、立派に完成をし、10月には記念すべき落成式が挙行され、また、11月には同校の体育館におきまして、創立50周年記念式典が盛大に行われましたことに対し、衷心より感謝とお礼を申し上げる次第であります。
 平成23年度も残り3ヶ月となりましたが、引き続き、よりよい村づくりを実現するために役場職員と村民との協働を基本的な考えと位置づけ、その推進に取り組んでまいります。また、現在、村は平成24年度当初予算の編成を行っているところでありますが、編成にあたりましては、現状の経済情勢、村の財政状況を考慮した中で、以前にも増して無駄をなくし、一層の効率化を図りつつ、施策の実効性を最大限に高める取り組みを徹底して行うことを基本方針として、第5次総合計画の基本計画、実施計画に沿い、職員一丸となって、鋭意取り組んでいるところでございます。今後、予算案につきましては、議員の皆様にお示し、御審議をお願いしたいと考えておりますので、いましばらくの御猶予を賜りますようお願い申し上げる次第でございます。
 本会議におきましては、条例案2件の御審議をお願い申し上げるものでございます。議案の内容につきましては、後ほど説明をさせていただきたいと存じます。
 何とぞよろしく御審議くださいまして、原案を御可決賜りますようお願いを申し上げます。
 簡単ではございますが、開会に当たりましてのあいさつといたします。よろしくお願いいたします。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第3、諸般の報告を致します。
 地方自治法第235条の2に関する例月出納検査11月分については、別紙報告書のとおりでありますので、報告します。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第4、議案第1号 長生村課設置条例の一部を改正する条例制定についてを議題とします。提案者の提案理由の説明を求めます。総務課長。
            [総務課長 田中孝次君 登壇]


◯総務課長【田中孝次君】 それでは、ただいま議題となりました議案第1号 長生村課設置条例の一部を改正する条例制定について御説明を申し上げます。
 まず、提案理由でございますけれども、本案については、行政改革推進本部にて決定した福祉課及び健康推進課の係の再編を実施するに当たり、変更を講じる必要がありますから、提案するものでございます。
 これは住民の利便性等を最大に考慮いたしまして、再編するものでございます。皆さん、お手元にあります参考資料を見ていただいた方がよりわかりやすいかなというふうに思います。現行ですと、福祉課の中に児童福祉に関すること、健康推進課の中には介護保険、障害者支援ということで入っておりますけれども、今度は右側の改正で、児童福祉の関係については児童に関することが健康推進課の方へ、介護と障害に関係するものが福祉課の方へということになるわけでございます。
 また、めくっていただきますと、裏側に障害者福祉計画等の関係が入っております。これも先ほどと同様に、それぞれの課で変更しますので、障害者福祉計画及び障害者福祉計画策定委員会の関係については福祉課で取り扱う、その関係を取り扱うということになります。また、介護保険運営協議会設置についても、従来健康推進課だったものが福祉課で処理するというような内容のものでございます。
 先ほども申し上げましたように、住民の利便性と効率性ということから、このように再編するものでございますので、何分御理解いただきまして、御承認賜りますようお願い申し上げまして、説明を終わります。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
 提案理由の説明が終わりました。
 これより質疑に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第1号 長生村課設置条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第5、議案第2号 長生村税条例の一部を改正する条例制定についてを議題とします。
 提案者の提案理由の説明を求めます。税務課長。
            [税務課長 内山義博君 登壇]


◯税務課長【内山義博君】 それでは、議案第2号 長生村税条例の一部を改正する条例の制定について提案理由の御説明を申し上げます。
 今回の改正は特例により、平成19年度からこれまで課税されていなかった日帰りの入湯者について1人70円を平成24年度より入湯税を課税するために提案するものであります。改正の内容は附則第34条を削り、平成24年4月1日から施行するものであります。
 以上で、説明を終わりますが、慎重御審議の上、御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
 提案理由の説明が終わりました。
 これより質疑に入ります。15番関君。


◯15番【関 克也君】 日帰り客についても入湯税を徴収するということで、これは村の権限として当然のことだと思うんですけれども、この間、某企業の経営との関係もあったんだと思いますが、今回、日帰り客も徴収することができますよというふうになった経過といいますか、変化といいますか、そういうものについて、当事者との関係ですけども、どのように変化があったのかということについては、こう変わりましたよとか経営が好転しましたよということだろうとは思うんですけども、その辺のところをまず説明をいただきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 15番関君に対する御質疑に対する当局の答弁を求めます。税務課長。


◯税務課長【内山義博君】 ただいまの質問についてですけども、それこそ平成19年度から課税しておりますけども、毎年業者には最低でも一度はそういう日帰りの課税については、その都度協議してまいりますけども、制定してから5年たちますので、事業の方も順調に来ているんじゃないかということで、お願いしてきたわけですけども、若干、去年の震災の関係で、事業の方へ影響しておりますけども、5年経過しましたので、24年度からは課税したいという旨をお願いして、了承はされております。


◯議長【中村秀美君】 15番関君。


◯15番【関 克也君】 5年程度で課税をする方向で協議をしてきたということがあって、今回課税ということだろうというふうに、今のこの答弁ですと、そのようなことなんだと、一応、判断をするところですけれども、今回、今までのこの決算の状況を私はよく認識してなかったんですが、入湯税の徴収としては二、三百万円の収入であったんでないかなと私は思っているんですけども、23年度がどのくらいの入湯税が入る予定で、今回の改正で日帰り客も含めてということになると、それがどの程度の増収になる計画であるのか、その辺のところを大ざっぱでいいですから、答弁いただきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 税務課長。


◯税務課長【内山義博君】 入湯税の税額ですけども、それこそ先ほどお話ししたとおり、去年の震災の影響で大分入湯者が約3割ぐらい減っているというようなことも聞いておりますので、今年よりは宿泊については減るだろうと予想しております。日帰りについても、一応、聞き取り調査でやりますと、年間そんな多くは見込めないというようなことは言われておりますので、そんな大きな税額は納税されないだろうということは思っております。
 以上です。


◯議長【中村秀美君】 15番関君。


◯15番【関 克也君】 大体大ざっぱでいいんですが、わかればですけども、腹づもりとして、見込みとして、泊まりのお客さんと日帰りのお客さんと両方の入湯税の徴収した場合に、年間、予算の今、関係、新年度の予算を考えていらっしゃると思うんですけども、どのくらいの税収を見込めるということを判断しているか、その点について大ざっぱにわかれば、答弁をお願いします。


◯議長【中村秀美君】 税務課長。


◯税務課長【内山義博君】 宿泊については24年度今、予算をやっている最中ですけども、一応、135万から140万ぐらいというふうに想定しております。日帰りについては事業者の聞き取りによりますと、年間大体2,400人ぐらい、今の経緯だと、そのくらいだということでありますので、16万8,000円というふうに見込んでおるところでございます。合計で、151万8,000円ということで一応、見積もりはしております。
 以上です。


◯議長【中村秀美君】 よろしいですか。


◯15番【関 克也君】 いいです。


◯議長【中村秀美君】 他に質疑はございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ、以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。討論はございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。議案第2号 長生村税条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 本1月会議に付された案件の審議は、全て終了しました。
 以上をもちまして、平成24年長生村議会定例会1月会議を終了します。御苦労さまでした。
               午後2時15分 閉会


   地方自治法123条2項の規定により署名する。

議 会 議 長

署 名 議 員

署 名 議 員