議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 長生村

平成23年定例会11月会議(第1日) 本文




2011.11.09 : 平成23年定例会11月会議(第1日) 本文


◯議長【中村秀美君】 皆様、おはようございます。御苦労さまです。
 ただいまの出席議員数は15名です。定足数に達しておりますので、これから平成23年長生村議会定例会11月会議を開会します。
 直ちに本日の会議を開きます。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 本定例会の議事日程及び議案等説明のため出席を求めた職員等はお手元に配付の印刷物のとおりでありますので、御了承を願います。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 12番高山君、13番小高君を指名します。
 なお、両名には会期中の会議録署名議員をお願いします。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第2、会期の決定を議題とします。
 本11月会議の会期は、本日1日といたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定しました。
 ここで村長より発言の許可を求められておりますので、発言を許します。村長。
             [村長 石井俊雄君 登壇]


◯村長【石井俊雄君】 皆さん、おはようございます。ただいま議長のお許しをいただきましたので、11月会議が開かれることに当たりまして、一言御挨拶を申し上げます。
 本日、ここに平成23年長生村議会定例会11月会議の開催を議長にお願いをいたしましたところ、議員の皆様におかれましては、時節柄何かと御多用の中を、御出席をいただきまして厚く御礼を申し上げるところであります。また、日ごろより村の行政執行に御支援、御協力をいただいておりますことに、重ねて御礼を申し上げます。
 本日の会議におきましては、下水道工事の契約案件について御審議をお願いを申し上げるものでございます。本村の下水道事業につきましては、健康で快適な生活を送り、自然環境を守るために欠くことのできない生活環境整備として、事業を進めてきたところでございますが、引き続き、下水道計画に基づき処理区域の整備を進めてまいる所存でございます。議案の内容につきましては、後ほどご説明させていただきたいと存じますが、何とぞよろしく御審議くださいまして、原案を御可決賜りますようお願いを申し上げます。
 簡単ではございますが、御挨拶といたします。よろしくお願いします。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第3、諸般の報告を致します。
 地方自治法第235条の2に関する例月出納検査7月、8月分については、別紙報告書のとおりでありますので報告します。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第4、議案第42号 工事請負契約の締結についてを議題とします。
 提案者より提案理由の説明を求めます。下水環境課長。
           [下水環境課長 芝崎正信君 登壇]


◯下水環境課長【芝崎正信君】 改めまして、皆さん、おはようございます。下水環境課の芝崎と申します。
 それでは、私の方から議案第42号について御説明申し上げます。
 議案第42号 工事請負契約の締結について、提案理由を御説明いたします。本議案は、既定予算に基づく長生村管渠建設工事(その48)長生村宮成地先について、指名競争入札の結果、落札者との間に工事請負仮契約を締結したので、議会の議決に付すべき契約及び財産の取得、または処分に関する条例第2条の規定により提案するものでございます。今回、提案いたします工事案件は1件ですが、平成23年度の公共下水事業の管渠建設工事の概要について御説明を申し上げます。
 参考資料をお配りしてございますので、参考資料のその2、A3の図面になりますが、今年度の工事の位置図及び工事概要でございます。今年度の工事につきましては、工期短縮を図るための効率的な施行、及び地元業者への受注機会の増大に努める観点から、管渠建設工事区域を4つの工区、その45からその48に分けて実施をいたします。下村地先から信友交差点に向かう村道1の12号線に布設する2号幹線管渠、そこに近接する下村、大村、信友地域の一部を整備区域として、管渠を布設し面整備を実施するものでございます。
 管渠の総延長につきましては、2578.3メートル、整備面積は約4.9ヘクタールでございます。なお、工事の発注契約は村が行い、工事の設計、積算業務及び監督管理業務については、財団法人千葉県下水道公社に委託しております。
 それぞれの工事概要を御説明いたします。
 まず、管渠建設工事(その45)についてですが、図面の青色に着色している場所でございます。下村地域の一部に、口径200ミリの下水道用硬質塩化ビニル管の布設を、720メートル、開削工法により実施いたします。先の入札により有限会社諸岡組が落札し、契約を締結しております。
 続きまして、管渠建設工事(その46)についてですが、図面の緑色で着色している場所です。同じく下村地域の一部に、口径200ミリの下水道用硬質塩化ビニル管の布設を、532メートル、開削工法により実施いたします。先の入札により、有限会社松崎工務店が落札し契約を締結しております。
 管渠建設工事(その47)についてですが、図面の黄色に着色している場所です。下村地域の一部、大村地域の一部に口径200ミリの下水道用硬質塩化ビニル管の布設を、723.5メートル、開削工法により実施いたします。先の入札により、大昌建設株式会社が落札し契約を締結しております。
 続きまして、管渠建設工事(その48)についてですが、図面の赤色に着色した場所です。宮ノ台交差点から信友交差点に向かう村道1の12号線に口径300ミリの下水道推進工法用硬質塩化ビニル管を、推進工法により258.7メートル布設し、隣接する住宅地からの流入のため、口径200ミリの同じく推進工法用塩化ビニル管を、推進工法により12メートル布設します。あわせて、隣接する住宅地の面整備のため、口径200ミリの下水道用硬質塩化ビニル管を、開削工法により332.1メートル布設いたします。推進工法、開削工法を合わせて、延長602.8メートルの工事であります。先の入札により、大成ロテック株式会社千葉事業所が落札し工事請負仮契約を締結しております。
 また、図面の黒の二重丸で表示しましたマンホールポンプ設備工事を1ヶ所として、マンホール内に、汚水水中ポンプ2基、制御板を下村地域の用水路脇に設置いたします。先の入札により、株式会社酉島製作所東京支社が落札し契約を締結しております。
 以上が、平成23年度の4つの工区の管渠建設工事と、マンホールポンプ設置工事の概要でございます。工事区域の供用開始は、平成24年4月1日の予定としております。
 今回は、長生村管渠建設工事(その48)の契約の締結について提案するものでございます。参考資料その1を御覧ください。入札結果と落札者の経歴を記載してございます。契約の方法につきましては、先ほど提案理由の説明の際に申し上げましたが、指名競争入札により、10月26日入札を執行しました結果、大成ロテック株式会社千葉事業所が落札し、10月31日に仮契約を締結したところでございます。契約金額につきましては6,157万5,360円で、落札率は80%でございます。契約の期間は、議会の議決をいただいた日の翌日から平成23年3月20日までといたします。
 以上、雑駁ではございますが、議案第42号の説明とさせていただきます。御審議の上、御可決くださいますようよろしくお願いを申し上げます。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
 提案理由の説明が終わりました。
 これより質疑を行います。9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 ちょっとお聞きしておきますけども、14社が指名をされたということで、これは指名競争入札で業者指名をして、入札をされてますけども、そのうち3分の2以上の業者は、これ、一目瞭然でわかりますけども、入札辞退という形なんですね。4社で入札をしているということなんですけど、何で、この入札辞退者がこんなに出て、4社で入札しなければならなかったのか、それをちょっとお聞きしておきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 ただいまの御質問でございますが、14社のうち10社が辞退したという内容について伺いたいということでございます。
 これについては、まず10社のうち6社が、技術者の確保が困難であるというのが6社、後は会社の事情というのが4社、都合10社ということでございますが、その主たる理由といたしましては、やはり東日本大震災の関連事業が非常に多くあると、発注されているというようなことから、技術者の確保ができないというのが主たる原因のようでございます。よって、10社が辞退されているという状況でございます。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 一般競争入札ではなくて、指名競争入札なわけですよね。ですから、指名するときに、技術者が何人いて、こういう仕事は、もし落札したときできるのか、できないのか、この辺は、私は十分調査をして指名をすべきじゃないかなと思います。
 それから、会社の都合で辞退というのは、その真意はわかりませんけども、こんな、ある程度上場会社、あるいは中堅どころですから、こんな小さな仕事はできないよと、指名してきてもできないよということで辞退したのかわかりませんけど、そういう会社は、今後、指名から外すべきではないかなと。それと、こういうふうに4社で競争入札をしなきゃいけないという事態のときには、これは、こういう入札を中止して、メンバーを組みかえてやるということは考えられないのか。その辺もちょっと伺っておきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 2点かと思いますが、まず、今回辞退されたものについての次回の入札の参加については、これは、指名審査会の中で決定すべき事項になろうかと思いますので、それは、その中での協議ということになろうかと思います。
 それと、もう1点は何だったっけな。4社で、他の会社を入れかえてということでございますが、現制度の中ですと、複数社ございますので、入札を執行するということになっておりますので執行しております。今後、見直すべき事項については、こういう事態、必ずしもいい結果ではございませんので、それらを踏まえて見直すべきところは見直していく必要があるというふうには認識しております。


◯9番【阿井市郎君】 わかりました。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。13番小高君。


◯13番【小高陽一君】 本件の入札物件でありませんが、その前に説明されました参考資料その2の中で、村内業者が請け負っております3工区のうち、その46の松崎工務店が請け負った工事につきましては、同じ開削工法で532と延長メートル数が、他の2件に比べてちょっと少ないのに、単価的には請負額が似たような金額になっておりますが、何か特別な理由がありましたでしょうか。


◯議長【中村秀美君】 13番小高君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。下水環境課長。


◯下水環境課長【芝崎正信君】 単純に請負額と延長で見ますと、随分の差がございます。先ほど御説明しましたように、黒の二重丸のところにマンホールポンプがございます。そこまで到達するこの緑の区間が、掘削深さが深いもんですから、おのずとして単価も高くなるというような事情で、このような延長と請負金額の関係になっております。


◯13番【小高陽一君】 はい、結構です。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第42号 工事請負仮契約を締結について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第42号は原案のとおり可決されました。
 ここで暫時休憩します。
 なお、会議の再開は10時ちょうどといたします。
              午前 9時46分 休憩

              午前10時00分 再開


◯議長【中村秀美君】 休憩前に引き続き、会議を開きます。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第5 山口裕之君に対する処分要求の件を議題といたします。
 門口昭君から、地方自治法第133条の規定によって、山口裕之君に対する処分の要求が提出されております。地方自治法第117条の規定によって、山口裕之君の退場を求めます。
             [8番 山口裕之君 退場]


◯議長【中村秀美君】 門口昭君から説明を求めます。6番門口君。


◯6番【門口 昭君】 処分要求書を議長の方に提出してありますので、それ、ちょっと、私、今、どこか置いてきちゃいましたね。
 はい、どうもありがとうございます。
 長生村議会議長中村秀美様、長生村議会議員門口昭。処分要求書、去る10月20日に開催された議会改革特別委員会において、次のとおり侮辱を受けたので、地方自治法第133条の規定により処分を要求します。記1、侮辱を与えた者の氏名山口裕之、2、侮辱を受けた事実または事情、議会改革特別委員会において、議事録の取り扱いについて、10月4日の委員会での発言が虚偽であったことが判明し、そのことにより著しく侮辱を受けた。
 以上でございます。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。山口君からは、本件について一身上の弁明をしたいとの申し出はありませんでした。
 これより質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ質疑を終結します。
 お諮りします。懲罰の議決については、議会会議規則第110条の規定によって、委員会の付託を省略することができないことになっております。本件については、8人の委員で構成する懲罰特別委員会を設置し、これに付託して審議することにいたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、山口裕之君に対する処分要求の件については、8人の委員で構成する懲罰特別委員会を設置し、これに付託して審議することに決定しました。
 ただいま設置されました懲罰特別委員会の委員を選任したいと存じますが、ここで休憩をしまして、正副委員長並びに委員の選考を休憩中にお願いをいたします。
 ここで暫時休憩します。
              午前10時03分 休憩

              午前10時08分 再開


◯議長【中村秀美君】 休憩前に引き続き、会議を再開します。
 休憩中に選考されました正副委員長並びに委員を発表します。
 懲罰特別委員会委員長に13番小高君、副委員長に15番関君、委員に1番井下田君、3番増子君、9番阿井君、10番片岡君、12番高山君、14番東間君。
 以上の8人の方を選任することに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、8人の方を選任することに決定しました。
 委員の方々は、よろしくお願いをいたします。
 ここで、山口君の入場を許します。
             [8番 山口裕之君 入場]


◯議長【中村秀美君】 本11月会議に付された案件の審議は全て終了しました。
 以上をもちまして、平成23年長生村議会定例会11月会議を終了いたします。御苦労さまでした。
              午前10時10分 閉会


   地方自治法123条2項の規定により署名する。

議 会 議 長

署 名 議 員

署 名 議 員