議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 長生村

平成23年定例会9月会議(第4日) 本文




2011.09.16 : 平成23年定例会9月会議(第4日) 本文


◯議長【中村秀美君】 皆様、こんにちは。御苦労さまです。
 ただいまの出席議員数は16名であります。定足数に達しておりますので、これより会議を開きます。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第1、議案第34号 長生村健康づくり推進協議会設置条例制定についてから、日程第8、議案第41号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算(第2号)まで、質疑、討論、採決を順次行います。
 議案第34号 長生村健康づくり推進協議会設置条例制定について質疑を行います。
 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 難しい質問ではありませんので、1点だけお聞きしたいことがあります。この協議会を設置するに当たりまして、一般質問で、私も出しましたけども、第5次総合計画のチャレンジプログラムにありますながいきウェルネスタウンづくりですかね。こういったものが新たに取り入れたということなんですが、この協議会は、これもプログラムづくりにも参画できるというようなことなんでしょうか。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 お答えいたします。健康づくり推進協議会の中では、専門的な意見や調査、それから今の総合計画についての審議等を行うことができます。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 ということは、今後、総合5ヶ年計画の中で、前期5ヶ年計画の中で、順次そういったプログラムづくりにかかわっていけるということになると思うのですが、それは、どの辺の頻度と言いますか、ペースで行っていくものなんですかね。


◯議長【中村秀美君】 健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 年2回を計画しております。最初の1回目を、大体10月ぐらいに開催したいと。で、3月にもう一度開催したいというふうに計画しております。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 じゃ、その経過ですが、議会の方にも進捗状況みたいなものは、御報告いただけるんでしょうか。


◯議長【中村秀美君】 健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 議会側からの申し出がありましたら、御報告することはできます。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 じゃ、進捗状況というのは、やはり非常に関心があるものですから、その辺につきまして、どういった形でそのプログラムをつくり上げていくのかという経過ですけども、途中経過という形で報告いただければと思いますので、その辺だけ確認できましたので、これで終わりにします。


◯議長【中村秀美君】 答弁はよろしいですか。


◯8番【山口裕之君】 はい。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。6番門口君。


◯6番【門口 昭君】 昨日、私、一般質問で、池課長の方に、こういった条例が制定しなければどんな影響ができるかということをお伺いしました。大変困ると、簡単に言えばですね。何か、その後、村長と話をされましたか。村長と。そのことについて。


◯議長【中村秀美君】 健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 この条例案については、村長とはお話はしておりません。


◯議長【中村秀美君】 6番門口君。


◯6番【門口 昭君】 大変重要な条例であるということであったし、また村長も昨日の答弁でも、この附属機関については、真摯に受けとめるという答弁でしたので、何か、こうしっかりと長と職員が、また決意を新たにしたのかどうかということが、ちょっと心配になっていたのでお聞きしたんですけれども、村長、なぜ話をしなかったの、池課長と。


◯議長【中村秀美君】 村長。


◯村長【石井俊雄君】 なぜしなかったというか、それは時間的にまだ十分ありますので、今後、門口議員との池課長とのやりとりをきちんと受けて、打ち合わせを早急に、問題がないように進むような形での打ち合わせは、当然やっておきます。


◯議長【中村秀美君】 6番門口君に申し上げます。議案の審議に係る質疑ということでお願いをいたしたいと思います。
 6番門口君。


◯6番【門口 昭君】 誤解しておりましたけども、この大事な中身でありますけども、こんなに急がなければならないのに、まだ時間があるなどと言うようでは、ちょっと困るんですけども、ちょっと私の理解が不足だったので失礼いたしました。終わります。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ、以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第34号 長生村健康づくり推進協議会設置条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第34号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第35号 長生村公告式条例の一部を改正する条例制定について質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第35号 長生村公告式条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第35号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第36号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第36号 特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第36号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第37号 長生村税条例等の一部を改正する条例制定について質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第37号 長生村税条例等の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第37号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第38号 長生村体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第38号 長生村体育施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第38号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第39号 平成23年度長生村一般会計補正予算(第3号)の質疑を行います。
 15番関君。


◯15番【関 克也君】 23年度長生村一般会計補正予算第3号の中で8ページ、私1点だけ質疑をさせていただきます。8ページの下の方に、教育費の中の教育振興費で、これは、予算としては35万1,000円の補正ということでありすけれども、小学校の方ですね。児童校外学習補助金、補助金で支出していたものを、補助金の支出ではなくて、直接これはどうなる、使用料賃借料ということで支出するということのようですけれども、予算は補正で追加されて35万1,000円と。これに、保護者負担ということで、歳入の方で35万4,000円が計上されているということであります。
 1つは、なぜ、今まで補助金で出していたものを、なぜ、今回は、使用料賃借料で出すのかということ、その理由ですよね。それと、直接住民負担を受けるということ、何て言いますかね、雑入で受けるということですから、そういうふうに切りかえてた主な理由と言いますか、その辺のところ、さっきのとかかわるんですけども、主な理由ということと、さらに住民負担そのものは増減があるのかと。その辺のところを、答えていただければ。住民負担が減るんだったら、非常にいいんですけれども。その辺のところ、答えていただきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 15番関君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。学校教育課長。


◯学校教育課長【麻生祥一郎君】 お答えいたします。今回の予算の組みかえにつきまして、事業の内容につきましては、校外学習ということで、全く内容は変わりません。以前は、補助金を代表の学校長に支出しておりました。学校というのは、村立の学校ということで、村から村への補助金は、余り適当ではないという監査委員からの指導がありましたので、これを直すということにいたした次第です。それが理由でございます。
 保護者負担、今までは、学校へ村から支出していたもの、村のお金と補助金と保護者負担を合わせて事業費を支出していたと。例えば、校外学習の宿泊先へ支出していたということでありました。今回は、保護者の負担を一度村に納めていただきまして、村の会計に載せて、まとめて今度教育委員会の村の方で、例えば、宿泊費の支出と、こういったものを支出するという体制でございます。村のお金と保護者の負担金は、依然と変わりはございません。
 以上でございます。


◯議長【中村秀美君】 15番関君。


◯15番【関 克也君】 保護者負担は変わらずということで、事業全体は教育委員会で支出、何て言いますかね。収支全体は教育委員会の方で、全体は見るというような形に、形上なるのかなというふうだと、そう判断していいんでしょうかね。いいですね。そういうことですね。
 それで、あと1点だけなんですけども、そうすると、待てよ。ということは、使用料賃借料で支出して、教育委員会全体で、全体を見るという形で、会計上はわかりやすくなったと。こちらの方から見ればですね。会計上はわかりやすくなった、形式上はそういうことなんだけれども、あわせて保護者負担は変わらずで、今までどおりというような、全体としては、そういうことでいいんでしょうかね。


◯議長【中村秀美君】 学校教育課長。


◯学校教育課長【麻生祥一郎君】 そのとおりでございます。以前の補助金につきましても、村の補助金交付要綱にのっとりまして、支出の内容は明確にしておりましたので、それが明らかでございます。
 以上でございます。


◯15番【関 克也君】 わかりました。了解しました。


◯議長【中村秀美君】 13番小高君。


◯13番【小高陽一君】 ちょっと、この今の解釈に関連しまして、ちょっと考え方を御確認させていただきたいんですが。企画財政課長なのか総務課長になるんですかね。
 例えば、昨日、私一般質問の中で、ちょっと話題にいたしました盆踊り大会、これは実行委員会がチャリティーゴルフとかチャリティーコンサートとかでお金を集めて、得た剰余金とプラス村内の皆さんの寄附金で運営してまいりましたが、来年は隣の東間さんが会長をやっております観光協会にその主催を移行しようという計画になっております。そうすると、当然、観光協会には村側からの補助金が入っている団体ですので、その資金がごちゃごちゃになるわけですね。そうした場合、一たん、そういう我々が集めたそういう寄附金類は、一たん村の会計に納めて、それから支出する感じになりますか。ちょっと、その考え方をお示しください。


◯議長【中村秀美君】 13番小高君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。企画財政課長。


◯企画財政課長【古川光美君】 ただいま小高議員の御質問に対してお答えします。学校教育課長が言ったのは、学校の、村の施設である学校に対する補助金だから、それはまずいということで、観光協会等に対する補助金は、今までと全く、何ら変わりなく行わせていただきます。


◯議長【中村秀美君】 13番小高君。


◯13番【小高陽一君】 それはわかりますが、結局、資金が村から観光協会も補助金がいっているじゃないですか。観光協会がまた他の寄附金が入ってきて、会計としては、一緒になると思うんですね。一度。そこから、海の活動しますと、盆踊りもやりますよ、というような支出になっていくと思うんです。その際は、特にその団体で、あれしていれば、確認しておけばいいことですか。それとも、いや、一度、やっぱり歳入歳出は、きちっと村の方で把握した方がいいんですかという、ちょっと聞き方なんですけども、わかりますかね。


◯議長【中村秀美君】 企画財政課長。


◯企画財政課長【古川光美君】 村の方としては、観光協会の方に、補助金としてあげておるので、後は、実績等は観光協会の方から上がってきてもらえれば、それで結構でございます。


◯議長【中村秀美君】 ちょっと聞いていることと違うね。じゃ、ちょっと休憩しましょうか。
 ここで、暫時休憩します。
               午後1時45分 休憩

               午後1時47分 再開


◯議長【中村秀美君】 休憩前に引き続き会議を開きます。
 企画財政課長。


◯企画財政課長【古川光美君】 冒頭にも申し上げましたけども、村から村の施設に対する補助金等は、これはなくします。外郭団体である観光協会とか、体育協会とか、そういったところに対しての補助金は、その団体の中で収入支出を処理してもらうということは、前は変わりません。
 以上です。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 1点だけちょっと確認等をしておきます。
 教育費、10ページでございますけども、文化会館施設維持管理費、これ200万、今回補正してますけど、この内容を聞きましたら、水道関係の給水ポンプの修理だということなんですけど、それだけなんでしょうか。ワイヤレスマイクの購入もありますね。そういったものだけ、今回の内容、修繕料ですか。それだけ。それ1点確認を、まずさせていただきます。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。生涯学習課長。


◯生涯学習課長【高山 茂君】 お答えをさせていただきます。今回の修繕料の内容でございますが、給水ポンプのユニットの取りかえ工事、それと、文化会館の空調施設の中央監視装置の修繕、合わせて空調機械室の外気取り入れ口の修繕、修繕につきましては、この3ヶ所の修繕を見込んでございます。
 以上です。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 ちょっと、私聞き漏らしたもので、まず確認をさせていただく意味で、ちょっとお聞きしました。というのは、ここで質問をなぜするかというのは、図書室にパソコンを持ち込んで利用したいという利用者の声が非常に、私聞いておって、何とかそれをできないものかということでお願いしましたところ、図書室、静かなところへパソコンを持って入ると、パソコンの音が雑音として聞こえて他の人に迷惑がかかるから、ここは駄目ですよと言われたということで使えないということで、現在、それは使っていません。利用をさせていませんよね。パソコンを図書室の中で。


◯議長【中村秀美君】 生涯学習課長。


◯生涯学習課長【高山 茂君】 はい、現在そのような利用は、お断りをしてございます。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 そこですね。そういうことで、利用者のためにつくられた、利用をどんどんしてもらいたいために図書室があるわけですから、それをどういうふうにすればいいかということになると、何か、パソコンが利用できるコーナーをつくってやれば、それらが解決できるということであったので、それならば、その中で予算をつけて、そういうことを解消すべきじゃないですかという申し入れをしてあったんですけども、昨年の、たしか、私は暮れだったんだと思うんですけど。そうしたら新年度予算にも、そういうものはのらない。今回の補正にも、何回か補正をやってきても全然、のってきてないということなんですよ。ですから、ここで、私は議事録で、ちゃんと残しておきたいために質問をしたんですけど、これはやる、新年度やるのか、全くそういうことはやらないのか。それをここで確認をさせてもらいたい。今回の200万がいいとか、悪いとかじゃないんですね。今回、補正でのせるのを忘れちゃったのか。あるいは、財政課で、それを切ってしまったのか。あるいは、財政課の方は、担当課から上がってこなかったのか。ですから、あがってくれば、来年度ちゃんとこれは改修費を見て、この日にやりますよという約束をいただきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 生涯学習課長。


◯生涯学習課長【高山 茂君】 生涯学習課といたしましては、現在のところ、施設を改修等をして、パソコンを利用できるような設備を整えるということは考えてございませんので、補正予算等にも計上してございません。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 わかりました。そうしますと、図書室で今どき、パソコンが使えないで、ただ図書を読むというのでは、非常に価値が下がってしまうわけですよね。今の時代ですから、パソコンが使えるような、そういう施設を私は整えてやって、もっともっと住民が、気楽に図書室が使えるようにしてやるべきではないかと思うんですけど、それについて村長は、そういうことは全く、担当課長はやらないと言うんですけども、村長として、今後もそういうことをやっていかないのか、検討してみるか、あるいは来年度、大した経費はかからないと思うんですよ。ブースで囲って、どこかのホールの片隅にやって、電源を整えてやればできるわけですよ。そういう住民の声もたくさん届いていますので、それらについて、新年度でやっていく気がないのか。それをちょっと確認というか、答弁をいただきたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 村長。


◯村長【石井俊雄君】 確かに、私のところにも、その方が来て、相談に来ている話はあるんですけども、いろいろ具体的な対応策が今のところとれないことの状況なんですけども、今後、何かそういうことが生かせるような形がとれればね、ということで、阿井さんの貴重な御意見として、参考とさせていただきます。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 まだ参考という程度で検討して、新年度で幾ら予算がかかるのかですね。その費用対効果が本当にあるのか、そういうことを検証して、あるのであれば、取り組んでみますというお答えはできませんか。


◯議長【中村秀美君】 村長。


◯村長【石井俊雄君】 検討して、そういうことを生かせればとうことで、検討してみたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 9番阿井君。


◯9番【阿井市郎君】 わかりました。以上です。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ、以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第39号 平成23年度長生村一般会計補正予算(第3号)について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第39号は、原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第40号 平成23年度長生村公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)の質疑を行います。
 15番関君。


◯15番【関 克也君】 これも1点だけ質疑をさせていただきます。6ページに、歳出の一般管理費で、委託料で、公共下水道全体計画策定変更業務委託料というのが、今回補正で計上されて、金額は200万程度でありますけれども、この中身が、村全域の雨水排水計画を検討するというようなことを説明でありました。これの委託料の中身が、どんな調査をしたり、結局、どういう内容で全体の計画策定をしていくのかと。その辺のところを、もうちょっと詳しく説明していただければと思うんです。
 というのは、前に排水基本計画というのを、村全域をつくったことがあって、そのとき、村全域の水の流れを細かく調査しているはずなんです。今回、この委託料の中身をもう少し、非常に大事な委託料だと思うので、説明していただけばと思います。


◯議長【中村秀美君】 15番関君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。下水環境課長。


◯下水環境課長【芝崎正信君】 ただいまの関議員の御質問にお答えをいたします。
 今回の9月補正予算の公共下水道全体計画策定変更業務委託とは、どういったものでしょうかという御質問でございますが、平成24年度に公共下水道の都市計画決定を行うに当たり、県との協議を進めてまいりました。平成23年度の当初予算では、公共下水道全体計画の汚水にかかる策定変更業務委託料として計上してございます。が、将来の都市的土地利用の観点から雨水排水施設の配置、規模等を把握する必要が生じたため、雨水計画の策定委託料として200万6,000円を追加するものでございます。
 雨水排水計画の内容でございますが、村は、平成11年3月に都市計画決定を行って、用途を指定してございます。その用途地域内の雨の水がどのような形で排水されるのか、その辺を検討するものでございますが、今のところ、長生村の中では、既存の農業用排水路を通じて、内谷川や一宮川に排水されているところであって、特段浸水被害もございません。が、将来の都市的な土地利用を図る上では、そこに調整池が必要であったり、いわゆる今、畑とか雑種地とか田んぼで貯水されているものが、そこが都市的土地利用を図って住宅地になった場合に、排出量を流入する雨の水の量が多くなりますので、そこで、どういった障害が起きるかというものを検討をしていく委託料でございます。
 ちなみに、八積駅周辺まちづくり基本計画の報告が、平成21年3月に出されておりますが、八積駅の周辺についても、あそこは排水路がなくて困っているという質問も、昨日ございましたが、そういうところについては、中央公民館の反対側を公園にしますと。ただし、調整池の機能を持たせますという計画も出ておりますので、その辺もあわせて検討させていただくという意味の委託料でございます。よろしくお願いします。


◯議長【中村秀美君】 15番関君。


◯15番【関 克也君】 そうすると、これ、委託料の中身は、大変重要なものだと思います。それで、私の理解が十分でないんですけども、排水基本計画をつくったものも生かしながら、今回用途地域に色分けされたところの、そこにさらに住宅が張りついた場合に、その雨水の流れ先を確保するのに、調整池も含めた、さらにこういう方向でやれば排水が問題がなくなりますよ。住民に被害が及びませんよというものを、さらに強化してつくっていくというふうな考え方でよろしいですか。


◯議長【中村秀美君】 下水環境課長。


◯下水環境課長【芝崎正信君】 基本的な考え方は、関議員のおっしゃるとおりです。排水基本計画、前につくったものがどう生かされているのかということにつきましては、既に、入山津の排水の整備であるとか、もろもろの排水整備に生かされてきておりますので、このところは御了解をいただきたいと存じます。


◯15番【関 克也君】 了解しました。


◯議長【中村秀美君】 他にございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ、以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第40号 平成23年度長生村公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第40号は、原案のとおり可決されました。
 議案第41号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算(第2号)の質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第41号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算(第2号)について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第41号は、原案のとおり可決されました。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第9、議員派遣についてを議題とします。本件は、地方自治法第100条、第13項及び会議規則第119条の規定により、議員を派遣するものであります。
 お諮ります。お手元に配付の印刷物のとおり、議員を派遣することに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、議員を派遣することに決定しました。
 次に、お諮りいたします。ただいま可決されました議員派遣の内容に、今後変更を要するときは、その取り扱いを議長に御一任願いたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、そのように決定しました。
 ここで、事務局から追加日程を配付させますので、しばらくお待ちください。
                (追加日程配付)


◯議長【中村秀美君】 お諮りします。村長から同意第3号 監査委員の選任につき同意を求めることについての提出がありました。この際、これを日程に追加し、追加日程第1として議題にいたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。
 よって、同意第3号について、日程に追加して議題とすることに決定しました。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 追加日程第1、日程第1、同意第3号 監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。提案者の提案理由の説明を求めます。
 村長。
             [村長 石井俊雄君 登壇]


◯村長【石井俊雄君】 それでは、9月会議の最終日でありますが、追加議案として同意案件を御提案させていただきますので、よろしくお願いをいたします。
 同意第3号 監査委員の選任につき同意を求めることについての提案理由の説明をさせていただきます。本件につきましては、現在欠員となっております識見を有する者のうちから選任する監査委員に、細谷基行氏を選任いたしたく、地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意をいただきたく提案をするものであります。
 済みません、もとい。訂正をさせていただきます。現在、退職、今までの方が退職辞任ということで……。


◯議長【中村秀美君】 ここで、暫時休憩します。
               午後2時06分 休憩

               午後2時21分 再開


◯議長【中村秀美君】 休憩前に引き続き会議を開きます。
 村長。


◯村長【石井俊雄君】 済みません。改めて申し上げます。
 同意第3号 監査委員の選任につき同意を求めることについて、提案理由の説明をさせていただきます。本案は、執権を有す者のうちから選任した監査委員が、平成23年9月14日をもって退職をしたことにより、後任者を選任する必要があるので提案するものであります。
 よって、識見を有する者のうちから選任する監査委員に細谷基行氏を選任いたしたく地方自治法第196条第1項の規定に基づき、議会の同意をいただくもので提案するものであります。
 細谷基行氏は、長生村一松丙1055番地、昭和21年5月7日生まれであります。昭和44年の4月から平成18年3月までの長きにわたり、千葉県庁に奉職し、その間、土木部道路計画課長、県土整備部理事など、千葉県庁において中枢の管理職の経験を有しております。優れた識見と人格が高潔であり、本村監査委員として適任であると認め、ここに選任をいたしたく議会の皆様の同意を求めるものであります。
 何とじ、御同意賜りますようよろしくお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。提案者の提案理由の説明が終わりました。
 これより質疑を行います。11番鈴木君。


◯11番【鈴木征男君】 基本的なことでありますけれども、再提案がありましたとおり、退職があって、その次の日に新たに人事案件をするという手続きは、もう初歩的なことですので、きちんと踏んでほしいと。と言いますのは、私たちは、前任者が退職したということは、一度も聞いてなかったわけですので、退職していないのに新たな人事が提案されるというまさに前代未聞のことですので、この点については、きちっと手順を踏んでやっていただくようにお願いをいたします。
 それで、監査委員の問題、これから、今、議会改革も含めして、また附属機関の問題、含めて、監査委員の仕事というのは、ますます重要になってきていますので、大事な方を選任したいという気持ちは、私も持っています。そういう意味で、先ほど提案されました細谷さんのこと、今日提案されて今聞いてわけですので、ある程度、この方の略歴というか、そういう点ももしありましたらお配りをいただかないと、お名前と住所を聞いて、今ちょっと県庁ということだけでは、判断をする材料に欠けますので、議長の方でよろしく取り計らいをお願いします。


◯議長【中村秀美君】 11番鈴木君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 今、提案させていただきました細谷基行さんの関係について、略歴はつくってございますので、皆さんの方へお配りをさせていただきたいというふうに思っております。


◯議長【中村秀美君】 ここで、当局から経歴書を配付させますので、しばらくお待ちください。
                (経歴書配付)


◯議長【中村秀美君】 11番鈴木君。


◯11番【鈴木征男君】 じゃ、これを見させていただきまして、私の質疑は終わります。


◯議長【中村秀美君】 他にございますか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ、質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 同意第3号 監査委員の選任につき同意を求めることについて、原案のとおり同意することに賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、同意第3号は、同意することに決定しました。
 ここで、事務局から追加日程を配付させますので、しばらくお待ちください。
                (追加日程配付)


◯議長【中村秀美君】 お諮りします。小高君他1名から発議案第8号の提出がありました。これを日程に追加し、追加日程第2として議題にいたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、発議案第8号について、日程に追加して議題とすることに決定しました。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 追加日程第2、日程第1、発議案第8号 地方消費者行政に対する国の実効的支援を求める意見書提出についてを議題といたします。
 お諮りします。本発議案は、先日の請願に伴う意見書でありますので、質疑、討論を省略して、直ちに採決したいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって、採決します。
 発議案第8号 地方消費者行政に対する国の実効的支援を求める意見書提出について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、発議案第8号は、原案のとおり可決されました。
 ただいま可決されました意見書は、関係機関の送付いたします。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 本定例会の会議に付された案件の審議は、全て終了しました。
 なお、会議録の作成に際し、会議規則第44条により字句数字等の整理については、議長に委任されたく御了承ください。
 以上をもちまして会議を閉じます。
 これにて、平成23年長生村議会定例会9月会議を終了いたします。御苦労さまでした。
               午後2時30分 閉会


   地方自治法123条2項の規定により署名する。

議 会 議 長

署 名 議 員

署 名 議 員