議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 長生村

平成23年定例会7月会議(第2日) 本文




2011.07.27 : 平成23年定例会7月会議(第2日) 本文


◯議長【中村秀美君】 皆様、こんにちは。御苦労さまでございます。
 ただいまの出席議員数は16名であります。定足数に達しておりますので、これから平成23年長生村議会定例会7月会議を開会します。
 直ちに本日の会議を開きます。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 本定例会の議事日程及び議案等説明のため出席を求めた職員等は、お手元に配付の印刷物のとおりでありますので御了承願います。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 8番山口君、9番阿井君の両名を指名します。
 なお、両名には会期中の会議録署名議員をお願いします。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第2、会期の決定を議題とします。
 本7月会議の会期は、本日1日といたしたいと存じますが、これに御異議ございませんか。
             (「異議なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 御異議なしと認めます。よって会期は、本日1日と決定しました。ここで、村長より発言の許可を求められておりますので発言を許します。村長。
             [村長 石井俊雄君 登壇]


◯村長【石井俊雄君】 議案上程に先立ちまして、大変恐縮に存じますが、ただいま議長のお許しいただきましたので、一言御あいさつをさせていただきます。
 平成23年長生村議会定例会の再開を議長にお願いをいたしましたところ、議員の皆様方には、公私まことに御多忙のところ御出席を賜りまして、厚く御礼を申し上げます。また、去る21日の一松海水浴場開きには、お忙しい中を式典に御出席をいただき、重ねてお礼を申し上げます。今年も多くの来遊者が訪れることを祈願するところでございます。
 また先週は、台風6号による大雨や強風で西日本各地において、川の氾濫や土砂崩れなどの被害が発生をいたしました。台風の進路につきましては、大変危惧をしたところでありますが、幸いに本村には大きな影響もなく過ぎ去り、安堵したところであります。
 改めまして、台風シーズンに向けた防災対策の認識を深めたところでございます。
 次に、長生中学校の増改築工事の進捗状況でございますが、新校舎の建て方工事ほぼ完了し、現在内装工事等を行っているところであります。9月からの第2学期は、新校舎でのスタートとなりますので、引き続き8月末の竣工に向けて、勢威取り組んでまいる所存でございます。
 本会議におきましては、条例案が2件、予算案が2件、合わせまして4件の御審議をお願い申し上げるものでございます。諸議案の内容につきましては、後ほど説明をさせていただきたいと存じますが、何とぞよろしく御審議くださいまして、原案を御可決賜りますようよろしくお願いを申し上げます。
 結びといたしまして、厳しい暑さが続いておりますが、皆様方の御健勝を心からお祈り申し上げまして、簡単ではありますが御あいさつといたします。よろしくお願いをいたします。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 日程第3、議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害福祉計画策定委員会設置条例制定についてから、日程第6、議案第33号 平23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号までを議題とします。
 提案者の提案理由の説明を順次求めます。
 議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害福祉計画策定委員会設置条例制定について、議案第31号 長生村介護保険運営協議会設置条例制定について、提案理由の説明を求めます。健康推進課長。
           [健康推進課長 池 礼子君 登壇]


◯健康推進課長【池 礼子君】 皆さん、こんにちは。それでは私から、議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害福祉計画策定委員会設置条例制定について、続いて議案第31号 長生村介護保険運営協議会設置条例制定についての提案理由の説明をいたします。
 まずはじめに、議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害福祉計画策定委員会設置条例制定についてですが、本案は、長生村障害者計画及び長生村障害福祉計画策定を円滑に行うために、本委員会を村の附属機関として設置する必要がありますので、地方自治法第138条の4、第3項の規定により提案するものであります。
 障害者計画、障害福祉計画の策定に当たっては、障害者基本法、障害者自立支援法により、障害者や関係者の意見を聞くこと、住民の意見を反映させるために必要な措置を講じること、と定められております。そこで、障害福祉関係者の意見を広く拝聴し素案を策定するために、この委員会を設置するものであります。
 障害福祉計画の現計画の期間は、21年度から23年度までの3ヶ年であるために、今年度中に次期計画を策定する必要があります。策定スケジュールについては、既に皆様方にお示しをし、御説明をしているところでありますが、平成24年3月会議には、議案として上程する予定であります。そのためには、8月に計画の策定方針を委員会で決定していただき、早期に素案の策定に着手しなければなりません。そのため、本日の会議に本案を上程させていただきました。どうぞよろしくお願いいたします。
 また障害者計画及び障害福祉計画策定委員会を附属機関とすることで、策定委員は村の非常勤の特別職となり報酬を支払うこととなります。その根拠となる特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を付則で改正いたします。内容は委員長の報酬を日額6,700円、委員の報酬を日額6,100円とし、別表の文化財審議会委員の次に、それぞれを追加するものです。
 次に、議案第31号 長生村介護保険運営協議会設置条例制定についての提案理由を説明いたします。本案は、介護保険事業の適正な運営を図るために、本協議会を村の附属機関として設置する必要がありますので、地方自治法第138条の4、第3項の規定により提案するものであります。介護保険運営協議会の所掌事務については、高齢者福祉や医療関係者等の専門的な意見を伺いながら審議を進めるものでありますが、このうち介護保険事業計画については、介護保険法で被保険者の意見を反映させなければならないと規定されております。また、包括支援センターの運営状況については、厚生労働省奨励により運営協議会の議決を得なければならないとされておりますので、この協議会を設置するものであります。
 高齢者保健福祉計画、介護保険事業計画については、現在平成21年度から平成23年度の計画期間として、第4期計画に基づいて事業を執行しているところであります。次期計画は、今年度中に策定しなければなりません。本計画についても、障害者福祉計画と同様に、先日スケジュールをお示ししたとおりでありますが、8月に計画の策定方針を決定し、24年3月会議には、議案として上程する予定であります。そのため、本日の会議に本案を上程いたしましたので、よろしくお願いいたします。
 また、付則で特別職の職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正いたしますが、内容は議案第30号と同様でございます。
 以上で、議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害者福祉計画策定委員会設置条例制定について、議案第31号 長生村介護保険運営協議会設置条例制定についての提案理由の説明を終わります。
 慎重御審議の上、御可決賜りますようよろしくお願いいたします。


◯議長【中村秀美君】 続いて、議案第32号 平成23年度長生村一般会計補正予算第2号の提案理由の説明を求めます。企画財政課長。
           [企画財政課長 古川光美君 登壇]


◯企画財政課長【古川光美君】 皆さん、こんにちは。それでは、議案第32号につきまして、私の方から御説明を申し上げます。平成23年度長生村一般会計補正予算第2号についてでございます。まず提案理由でございますが、地方自治法第218条第1項の規定により、議会に御提案するものでございます。
 今回の補正は、ただいま提案がございました2つの条例制定に伴いましての委員報酬にかかわる補正でございます。補正額は24万9,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算額を48億4,383万1,000円とするものでございます。
 それでは、事項別明細書により内容を御説明申し上げます。3ページ、4ページをお開き願いたいと思います。
 まず歳入でございますが、18款繰越金、1項繰越金、1目繰越金ですが、補正額24万9,000円で、これは前年度繰越金でございます。
 次に歳出ですが、次のページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費、補正額が2,000円で、これは介護保険特別会計に対する操出金でございます。次に、2目障害者福祉費ですが、補正額が24万7,000円で、これは障害者計画及び障害者福祉計画策定委員会委員の報酬でございます。次のページには、今回人件費の補正を行うため給与費明細書がついておりますが、これは、後ほど御覧いただきたいと思います。
 以上で、一般会計の補正予算の説明を終わります。慎重審議の上、よろしく御可決賜りますようお願い申し上げます。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
 次に議案第33号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号の提案理由の説明を求めます。健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 それでは、ただいま議題となりました議案第33号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号について御説明いたします。
 今回の補正予算の内容につきましては、介護保険運営協議会を村の附属機関として設置することに伴い、委員に支払う報酬を組みかえるものであります。それでは、事項別明細書により歳入より御説明いたしますので、3ページ、4ページを御覧ください。
 7款繰入金、1項一般会計繰入金、2目その他一般会計繰入金に2,000円を増額いたしまして、4,797万6,000円としようとするもので、1節事務費繰越金を26万9,000円減額し、2節職員給与費等繰入金を27万1,000円増額します。
 続きまして歳出の説明をさせていただきます。5ページ、6ページを御覧ください。1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費に2,000円を増額いたしまして、5,022万6,000円としようとするもので、1節報酬を27万1,000円増額し、8節報償費を26万9,000円減額します。補正後の介護保険特別会計歳入歳出総額は、それぞれ2,000円を増額し、8億5,100万2,000円としようとするものです。
 なお、7ページ、8ページに特別職の補正予算給与費明細書を掲載しておりますので、御覧ください。
 以上で、平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号の説明とさせていただきます。慎重審議いただきまして御可決賜りますようよろしくお願いいたします。


◯議長【中村秀美君】 御苦労さまでした。
 提案者の提案理由の説明が終わりました。これより議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害者福祉計画策定委員会設置条例制定についてから、議案第33号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号について、質疑・討論・採決を順次行います。
 はじめに、議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害者福祉計画策定委員会設置条例制定について質疑を行います。
 15番関君。
             [15番 関 克也君 登壇]


◯15番【関 克也君】 確認を1点だけさせていただきます。
 第3条でこの委員会については、委員12人以内で組織するということにしていますが、議会の方では、議員をこの附属機関に派遣するかどうかというのは、もう少し特別委員会で議論が必要になっているわけですけども、今までの同じ策定委員会を構成する中での、この委員12人という、今までも同じであると思うんですけども、これまでで組織している中で、議員が何人は入っていたのか。これから12人以内ということですけれども、議会の方で派遣をしようということになると、同じような数で派遣するということになろうかといいますかね。その辺のところを、今までの現状からこういう考えですよというのを答弁いただければと思います。議員が何人入る、そういう見通しということになっているのかということです。


◯議長【中村秀美君】 15番関君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 それでは、関議員の御質問にお答えいたします。今までは、委員が12人以内という形になっていましたが、現状では10人の構成員で計画を策定しておりました。障害者計画、障害福祉計画策定委員には議員が1名入っておりました。これからのこと。今後年ですが、今12人中11人までは、医療、福祉、各種障害者団体等まできまして、村長が必要と認めるものというところで11人を今委員として協議を進めているところです。12人以内という形になっていますので、あと1名分を議会の状況を見ながら検討していきたいというふうな枠に残してあります。
 以上です。


◯15番【関 克也君】 わかりました。私の方からは以上です。


◯議長【中村秀美君】 他に御質疑はございませんか。
 8番山口君。
             [8番 山口裕之君 登壇]


◯8番【山口裕之君】 これ、議案の第30号だけにかかわらない部分なんですけども、他のもちょっと関連するんですけども、今回提案されました委員の報酬について、委員が6,100円。これで言うと、委員長が6,700円。これは、この後に31号の案件にも入ってくることなんですけども、会長も6,700円、委員が6,100円。この辺、各種委員会があると思います。委員会だとか、協議会があると思いますが、条例で制定されている部分については、委員が6,100円、委員長並びに会長職が6,700円という報酬の、これは、要するに並べるということで解釈していいんでしょうかね。今後、この協議会は報酬が違うよというようなことになっていくのか、それとも、委員は6,100円で統一するのか。会長とか委員長は6,700円で統一していくのか。その辺の考え方を、ちょっとお聞きしたいなと思いました。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。総務課長。
            [総務課長 田中孝次君 登壇]


◯総務課長【田中孝次君】 今の御質問ですと、他の条例等の兼ね合いとの整合だということと思いますが、他の条例化されている報酬等については、各種委員は6,100円と、会長、委員長等は6,700ということで、それぞれ横並びにさせていただくということの考え方でございます。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 ちょっと勉強の意味で聞かせてほしいんですが、この6,100円及び6,700円の算定基準というのは、どういう形でとられたのか。その辺だけちょっとお聞き願いたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 各関係する条例等に制定されている、例えばいっぱいありますけれども、御存じかと思いますが、大体会議の進み状態とすれが1時間半か2時間ぐらいが、概ね会議の進行状況ということでございます。それらのものを時給というんでしょうか、それらに逆算しまして、当然、その会議は2時間かかったとしても、その準備、また終わってからの問題を含めますと、概ね半日単位を見なくてはならないというようなことで、半日を想定しての算出根拠としているところでございます。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 算定するに当たっての考え方としては、それでよくわかるのですが、賃金を決定するに当たり6,100円とか6,700円になる根拠といいますか、そういったものは何なんですか。例えば、何かどこかで制定、委員会だとかそういったものに幾らの報酬をつけなさいというか、そういうような規定があるのかどうか。その辺をちょっと知りたいなと思いまして。


◯議長【中村秀美君】 総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 特に法律等で、そういうものの委員の単価をこうしないさいという決まりのあるものはございません。


◯議長【中村秀美君】 8番山口君。


◯8番【山口裕之君】 じゃ、最後です。じゃ、それは、村が独自で算定を出して、報酬として出しているという考え方でよろしいんでしょうかね。それだけお聞きして終わりにします。


◯議長【中村秀美君】 総務課長。



◯総務課長【田中孝次君】 そのとおりでございます。


◯議長【中村秀美君】 他に御質疑はございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第30号 長生村障害者計画及び長生村障害者福祉計画策定委員会設置条例制定について、原案のとおり採択とすることに賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第30号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第31号 長生村介護保険運営協議会設置条例制定について質疑を行います。
 15番関君。


◯15番【関 克也君】 これも同様の質疑なんですが、今回も同じく、委員は12人以内で組織し、というふうにあります。議会の中の審議で、特別委員会の中で議員派遣についてはこれからなんですけれども、村の方で、今までの経過から想定している議員が、この12人の中に入っていく人数といいますかね。それについては、何人を想定しいているかということについて、答弁をお願いします。


◯議長【中村秀美君】 15番関君の御質疑に対する当局の答弁を求めます。健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 ただいまの御質問にお答えいたします。
 今までは、12人以内という形でしたが、その中に、議会の方から1名、それと国保の運営協議会会長という形で議員の方が1名入っておりました。今後の介護保険運営協議会の委員のメンバーの中には、新しく健康福祉センター長、保健所長を1名加える予定にしてあります。それと、学識経験者ということで1名村会議員の枠を今残してあるような形で、内諾をとっている状況です。
 以上です。


◯15番【関 克也君】 わかりました。


◯議長【中村秀美君】 よろしいですか。他に御質疑はございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ以上で質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第31号 長生村障害者介護保険運営協議会設置条例制定について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第31号は原案のとおり可決されました。
 続いて、議案第32号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第2号について質疑を行います。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 質疑なしと認めます。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第32号 平成23年度長生村一般会計補正予算第2号について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第32号は原案のとおり可決されました。
 次に、議案第33号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号について質疑を行います。
 15番関君。


◯15番【関 克也君】 たった1点ですから。説明の中で6ページ、歳出のところになりますけれども、2万円増ということが1つあるわけですが。
         (「2,000円だと思うよ」と呼ぶ者あり)


◯15番【関 克也君】 2万じゃない、2,000円ですね。単位違いました。済みません。たったの2,000円です。この2,000円増やすというのは、委員の数の関係なのかということが1つ。この2,000円の根拠ですよね。一応。
 それともう1つは、報償費から報酬に変えているということなんですけれども、私の感覚ですと、附属機関ということで設置をしてあれば、当然給料っていいますか、報酬になると思うんですね。だから、今まで附属機関という考えでなく、附属機関でないという考え方で今まで設置されていたから報償になっていて、この報償を改めて、今回報酬に切りかえたという意味なのか。ちょっとその辺のところを、切りかえてありますので、その辺の説明を、あるいは単に誤りがあったのかということで説明をお願いしたいと思います。


◯議長【中村秀美君】 15番、関君の御質疑の対する当局の答弁を求めます。総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 まず、先生の方からそういう質問をされて、非常に困るんですけど。
             (「困るよね」と呼ぶ者あり)


◯総務課長【田中孝次君】 今回、条例制定をさせていただいております。したがいまして、新たに条例ができあがると、お願いしたいというものでございますので、当然報酬ということに切りかえをさせていただきますよということでございます。


◯15番【関 克也君】 ちょっと言っている意味、わかりましたか。2,000円の意味は、一応もう1回答弁してもらうにしても、この予算の構成上、私のこれ、見たところ、私の考え方が合っているのかどうか、あるんですが、26万9,000円減額をするとなっているわけですね。減額をして、報酬の方に27万1,000円増額するとなっています。
 ですから、普通であれば、附属機関として今まで介護保険、運営協議会になるわけですかね。運営協議会を今まで、附属機関として設置してきている経過があって、今回もそうだよということであれば、最初の当初予算から報酬で計上するということになるんですよね。ところが、報奨金ということで計上していたもんだから、これを改めて報酬で支出しますよというふうに、予算上は、こうやっていると。それの意味を、一応、わかりやすく言ってほしいと。答弁しづらいことだと思いますけども、課長、よろしくお願いします。


◯議長【中村秀美君】 総務課長。


◯総務課長【田中孝次君】 従来は、いわゆる要綱で定めていたものでございますので、いわゆる報酬じゃなくて報償費、お礼という意味合いで予算計上された、報償費で、8節で計上されていたものです。今回は、条例化して、いわゆる附属機関としてということになりますので、非常勤特別賞与ということで、報酬の方に設置をする、予算を補正するというようなことから、8節を減額して1節を増額するということで、このような上程の仕方をさせていただいているという内容でございます。


◯15番【関 克也君】 あと一応2,000円について。


◯議長【中村秀美君】 健康推進課長。


◯健康推進課長【池 礼子君】 2,000円の内訳ですが、予算をとる際に、委員長と委員の今までの報償費のときに、6,100円という形でずっととってきておりましたので、その差額分掛ける開催回数分を2,000円として上程させてもらいました。


◯議長【中村秀美君】 他に御質疑はございませんか。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 なければ、質疑を終結します。
 討論に入ります。
              (「なし」と呼ぶ者あり)


◯議長【中村秀美君】 討論なしと認めます。
 採決をします。
 議案第33号 平成23年度長生村介護保険特別会計補正予算第1号について、原案のとおり賛成の方は挙手を願います。
                (賛成者挙手)


◯議長【中村秀美君】 挙手全員。よって、議案第33号は原案のとおり可決されました。
     ─────────────────────────────


◯議長【中村秀美君】 本7月会議に付された案件の審議は、全て終了しました。
 以上をもちまして、平成23年長生村議会定例会7月会議を終了いたします。
 御苦労さまでした。
               午後2時02分 閉会


   地方自治法123条2項の規定により署名する。

議 会 議 長

署 名 議 員

署 名 議 員