議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 栄町

平成23年第3回臨時会(第1号11月11日)




平成23年第3回臨時会(第1号11月11日)





             平成23年第3回栄町議会臨時会





 



                  平成23年11月11日(金曜日)午前10時開会





日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 議案第 1号 栄町竜角寺中継ポンプ場電気設備更新工事請負契約について


日程第4 議案第 2号 栄町竜角寺中継ポンプ場機械設備更新工事請負契約について


日程第5 議案第 3号 栄町終末処理場監視制御設備更新工事請負契約について


出席議員(14名)


  議 長  大 澤 義 和 君      副議長  染 谷 茂 樹 君


   1番  河 野 通 俊 君       2番  大 野 徹 夫 君


   3番  大 野 信 正 君       4番  橋 本   浩 君


   6番  葛 生 康 雄 君       7番  藤 村   勉 君


   8番  金 島 秀 夫 君       9番  大 野   博 君


  10番  秋 山   誠 君      11番  野 田 泰 博 君


  12番  高 萩 初 枝 君      13番  戸 田 榮 子 君





欠席議員(なし)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席説明員


  町    長    岡 田 正 市 君


  教育長       澤 村 保 夫 君





  総務課長      鈴 木   薫 君


  財政課長      大 澤 幸 男 君


  企画政策課長    長 ? 光 男 君


  住民活動推進課長  岩 ? 正 行 君


  税務課長      浅 野 一 夫 君


  健康保険課長    新 村 政 美 君


  福祉課長      関 谷 伸 一 君


  住民課長      芳 澤 勝 廣 君


  環境課長      山 ?   茂 君


  建設課長      小 出 善 章 君


  下水道課長     川 田 淳 一 君


  産業課長      池 田   誠 君





  会計管理者     小 島   満 君





  教育総務課長    米 井 一 充 君


  学校教育課長    並 木   進 君


  生涯学習課長    鈴 木   隆 君





  消防長       浅 野 正 治 君


  消防防災課長    奥 野 三 男 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席事務局職員


  事務局長      麻 生 文 雄 君


  書記        西 城   猛 君





                              午前10時00分 開会


◎開  会





○議長(大澤義和君) ただいまから、平成23年第3回栄町議会臨時会を開会いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎開  議





○議長(大澤義和君) 直ちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎会議録署名議員の指名





○議長(大澤義和君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、栄町議会会議規則第120条の規定により、3番議員 大野信正君及び4番議員 橋本 浩君を指名いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎会期の決定





○議長(大澤義和君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本臨時会の会期は、本日1日にしたいと思います。これにご異議ございませんか。


〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、本臨時会の会期は、本日1日と決定いたしました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案の送付





○議長(大澤義和君) 次に、町長から議案の送付があり、これを受理いたしましたのでご報告いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第1号





○議長(大澤義和君) 日程第3、議案第1号、栄町竜角寺中継ポンプ場電気設備更新工事請負契約についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 議案第1号、栄町竜角寺中継ポンプ場電気設備更新工事請負契約について、提案理由を申し上げます。


 昭和60年12月に供用開始されました栄町竜角寺中継ポンプ場電気設備の老朽化に伴い、当該電気設備の更新工事を行うため、町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものです。


 議案第1号、栄町竜角寺中継ポンプ場電気設備更新工事請負契約について、内容をご説明いたします。


 電気設備更新工事の内容でございますが、老朽化している電気設備である引込受電盤、変圧器盤、低圧動力盤、低圧照明盤、汚水ポンプ設備コントロールセンター、監視計装盤及び非常用自動発電装置などの更新及び付随する配線の更新を行うものでございます。


 契約の方法につきましては、一般競争入札とし、9月20日に公告をし、入札参加資格申請11社のうち、辞退が2社ございましたので、9社の参加により11月2日にこれを実施いたしております。


 契約の相手方、契約金額等につきましては、東京都港区芝大門一丁目1番30号の「シンフォニアテクノロジー株式会社」と、1億2,537万円で、議会の議決を得た日から平成25年3月25日までを工期とし、工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 なお、今後も電気設備等につきまして、日々の管理業務を充実させ、設備の延命を図っていく所存であります。


 以上、議案第1号について説明させていただきました。よろしくご審議の上、ご可決くださるようお願い申し上げます。


○議長(大澤義和君) 説明が終わりましたので、これより質疑を行います。戸田君。


○13番(戸田榮子君) 議案第1号についてお尋ねしますが、落札率が79.6%というふうにお聞きしていますけれども、最低価格はどのようにされていたのか、まずお尋ねします。


○議長(大澤義和君) 大澤財政課長。


○財政課長(大澤幸男君) 最低制限価格については、予定価格の80%ということで、1億2,474万円ということで設定してございます。


○議長(大澤義和君) 戸田君。


○13番(戸田榮子君) 今、議案第1号ですので、また、議案第2号については、別とはなりますけれども、最低価格すれすれ、強いて言えば、0.4%で落札したんですけども、初歩的なことを聞きたいんですけど、パーセンテージで80%とおっしゃって、今、1億……、ちょっとごめんなさい、控えるのをあれしたんですけど、そうすると、わずかな差でも、最低価格そのものが多少でも範囲というんですか、最低価格と入札価格の範囲というのはどのような規定になっているか、教えてください。金額をもう一度すみません、今、メモをしなかったので、もう一回お願いします。


○議長(大澤義和君) 大澤財政課長。


○財政課長(大澤幸男君) 最低制限価格につきましては、1億2,474万円でございます。それで、地方自治法施行令の第167条の10におきまして、工事とか、制御とか、工事請負契約の場合ですと、最低制限価格を設けて、予定価格とその最低制限価格の間の金額を入札した者を落札者とするというような決めがございまして、そういう形で最低制限を下回れば失格という形になります。それで、予定価格以下で最低制限価格より上の方の一番低い方を落札者とするという決まりでございます。


 以上でございます。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。野田君。


○11番(野田泰博君) これは事前に説明を、私、昨日行ってお聞きしただけのことなんで、一応聞いておりますが、もう一度だけちょっとお聞きしたいんですが、1億2,537万円、この価格が設置する機械と、それからそれの工事費と人件費と、多分これの処分費というのがあると思いますね。それで、その中で昭和60年の12月にさかのぼって、多分同じ機械か、プラスアルファの、というのは、当時とは、もう三十何年も前ですから、新しいシステムになって、新しいコントロールシステムになって、全部新しくなっていると思います。だから、三十何年前になかったシステムもつけ加えてここに上がっていると思います。そういうことを踏まえて考えると、13の機器が入っていますが、13の機器の当時の価格というのは、もしわかるようでしたら教えていただきたいと思います。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 竜角寺中継ポンプ場は昭和56年に工事をいたしまして、電気設備工事につきましては、8,400万円で契約しております。当時の電気設備でありますけども、当時はアナログ製品でありましたので、それを今回の工事によりましてデシタル化にしておりますので、その関係で若干高くなっているのかなと思いますので、よろしくお願いいたします。


○議長(大澤義和君) 野田君。


○11番(野田泰博君) 三十数年前のものですから、簡単にシステムも変われば、今までのシステムとこれからのシステムというのは、そう簡単に比較できるものではありませんが、これは8,400万円というのは、1億2,537万円と比較してもいいんですか。それは8,400万円というのは、多分当時の工事費から、人件費から、多分処分費はそのときはなかったと思いますね。それで8,400万円、今は1億2,537万円というのは、今度、当時の機械の処分費まで入ってきていると思うんですけども、単純に比較して、8,400万円が1億2,537万円になったというふうに考えていいんですかね。もし細かいあれがわからなかったら別にいいんですけども、それを単純に考えていいかどうかをちょっと教えてください。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 昭和56年と今、比較してどうなのかというのはちょっとわかりませんけども、機械の設備がデジタル化になったことにより、今までは電子制御を中央で監視をしているわけですけども、それを今回の工事により、デジタル化になることにより、中継ポンプ場で故障が起きた場合にも、その中央のほうで操作ができ監視ができるということでありますので、当時は、何か起きれば、現場に行って、その工事箇所の点検だとか行っていましたけども、それが中央で監視制御できることによって、価格のほうも上乗せて上がったのかなと思います。


 以上です。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終わります。


 これより討論を行います。初めに、本案に反対の者の発言を許します。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 次に、本案に賛成の者の発言を許します。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 討論なしと認めます。これにて討論を終わります。


 これより議案第1号を採決いたします。


 議案第1号を原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


〔賛成者起立〕


○議長(大澤義和君) 起立全員。よって、議案第1号、栄町竜角寺中継ポンプ場電気設備更新工事請負契約については原案のとおり可決されました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第2号





○議長(大澤義和君) 日程第4、議案第2号、栄町竜角寺中継ポンプ場機械設備更新工事請負契約についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 議案第2号、栄町竜角寺中継ポンプ場機械設備更新工事請負契約について、提案理由を申し上げます。


 昭和60年12月に供用開始された栄町竜角寺中継ポンプ場機械設備の老朽化に伴い、当該機械設備の更新工事を行うため、町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものです。


 議案第2号、栄町竜角寺中継ポンプ場機械設備更新工事請負契約について、内容を説明させていただきます。


 機械設備更新工事の内容でございますが、老朽化している機械設備である流入ゲート、スクリーン、破砕機、流出ゲート、汚水ポンプ、床排水ポンプ及び攪拌装置などの更新を行うものでございます。


 契約の方法につきましては、一般競争入札として、9月20日に公告をし、人札参加資格申請8社のうち辞退が1社ございましたので、7社の参加により、議案第1号と同じく11月2日にこれを実施しております。


 契約の相手方、契約金額等につきましては、東京都中央区日本橋室町四丁目2番10号の「株式会社丸島アクアシステム東京支店」と、6,653万8,500円で、議会の議決を得た日から平成25年3月25日までを工期として工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 以上、議案第2号について説明させていただきました。よろしくご審議の上、ご可決くださるようお願い申し上げます。


○議長(大澤義和君) 説明が終わりましたので、これより質疑を行います。野田君。


○11番(野田泰博君) 先ほどの議案第1号と同じ考えでいくと、当時の、これ昭和56年につくったときと今との金額の格差というのは大体どのぐらいになるか、もしわかったら教えてください。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 昭和56年、機械設備につきましては、6,800万円で56年のときに契約しております。そのときと今回の工事の内容ですけども、同程度の製品を使っておりますけども、既存の設備が使えるものはそのまま残しておきまして、使えないものについて、今回更新を行うものでありますので、当時の金額と全体の比較とはできないものでございます。


 以上です。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終わります。


 これより討論を行います。初めに、本案に反対の者の発言を許します。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 次に、本案に賛成の者の発言を許します。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 討論なしと認めます。これにて討論を終わります。


 これより議案第2号を採決いたします。


 議案第2号を原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


〔賛成者起立〕


○議長(大澤義和君) 起立全員。よって、議案第2号、栄町竜角寺中継ポンプ場機械設備更新工事請負契約については原案のとおり可決されました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第3号





○議長(大澤義和君) 日程第5、議案第3号、栄町終末処理場監視制御設備更新工事請負契約についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 議案第3号、栄町終末処理場監視制御設備更新工事請負契約について、提案理由を申し上げます。


 昭和57年10月に供用開始されました栄町終末処理場監視制御設備の老朽化に伴い、当該監視制御設備の更新工事を行うため、町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものです。


 議案第3号、栄町終末処理場監視制御設備更新工事請負契約について、内容を説明させていただきます。


 監視制御設備更新工事の内容でございますが、老朽化している電気設備である管理本館の管理本館SQC盤、場外ポンプ場用SQC盤及びCRT監視制御装置の機能増設及び無停電電源装置、監視制御装置分電盤などの更新並びに放流ポンプ棟内のSQC盤の機能増設などを行うものでございます。


 契約の方法につきましては、一般競争入札として、9月20日に公告をし、入札参加資格申請1社により、議案第1号及び議案第2号と同じく11月2日にこれを実施いたしております。


 契約の相手方、契約金額等につきましては、千葉県千葉市美浜区二丁目6番地lの「株式会社東芝東関東支店」と、1億4,280万円で、議会の議決を得た日から平成25年3月25日までを工期として工事請負契約を締結しようとするものでございます。


 以上、議案第3号についてご説明させていただきました。よろしくご審議の上、ご可決くださるようお願い申し上げます。


○議長(大澤義和君) 説明が終わりましたので、これより質疑を行います。野田君。


○11番(野田泰博君) 先ほどの議案第1号と議案第2号と同じく、今回の1億4,280万円の機器なんですが、これは多分42のアイテムのある中で、9つが増設したり、今回新しく入れたりしているものだと思います。それを含めて、簡単には比較はできないものですね、前回、昭和何十年の頃と今とはね。ただ、どのぐらいのものがどのぐらいになって、その機能増設というのがやっぱり加味されるだけ高くなるんじゃないかなと私は思うんですけども、それはどういうものなのかというのをもし説明できたらお願いいたします。


 それが一つと、もう1点は、これ東芝というところが請け負っていると思います。東芝というのは、以前の機器も東芝だったんでしょうか。ちょっと教えてください。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 当時の工事につきましては、昭和56年に工事を行いまして、請負代金2億9,000万円で行っております。それの工事につきましては、終末処理場の全体の電気設備工事でありまして、今回のように中央制御盤工事の部分的な金額については、詳細についてはわかりませんけども、全体の工事費では2億9,000万円となっております。


 当時の契約の相手方につきましても、東芝電気株式会社と契約しております。


 以上です。


○議長(大澤義和君) 戸田君。


○13番(戸田榮子君) 議案第3号について質問しますけれども、当初は公告したときには、5社が見学というか、申し入れされるかなということがあったというふうに説明があったんですけども、最終的には、以前落札した東芝関東支店が1社になったということなんですね。これはやっぱり一般競争入札の考え方からいったら、随意契約ではないので、広くいろんな会社が入札に参加していただくことがよりよい入札のあり方かなと思う点で、単にこれは東芝が請けたからということだけというか、ちょっと聞き方は難しいんですけども、ほかの申し入れがあった5社については、説明の中で会社が入っていませんけども、どういう会社が見にこられたのか、まず1点目にそれをお尋ねしたいと思います。


 それから、この中で、資格要件として、経営事項審査の総合評点が900点以上であることとかと3項にわたる資格要件がありますけども、これはこういう入札関係から言って、標準的なものか、それとも特に栄町が厳しいものなのかどうか、まず、この2点、最初にお尋ねします。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) この工事について、図書の縦覧に来た会社につきましては5社で、まず、シンフォニアテクノロジー株式会社、メタウォーター株式会社、日新電機株式会社、横河電機株式会社、それと東芝関東支店でございます。


 2点目につきましては、資格要件といたしまして、900点以上のAランクの業者とありますけども、これは町の経営事項審査登録の中で登録されたランクなんですけども、あと工事の金額によって、Aランク、Bランク、Cランクと分かれているんですけども、この金額はAランクの金額なんで、そのAランクというふうに要件といたしました。特に厳しい要件ではないと思います。


 以上です。


○議長(大澤義和君) 戸田君。


○13番(戸田榮子君) 議案第1号、議案第2号を経て議案第3号が今、審議されているんですけれども、議案第1号は入札率が79.5%、議案第2号が79.2%、議案第3号は95.8%と、このパーセンテージについては、別にだから問題だということじゃなくて、やはり今、公の地方自治体と公共機関で契約する場合のいわゆる公契約のあり方が各自治体で問題というか、取り上げられていますけれども、やはり一つは、不況の中で少しでも契約を取りたいというもとに、低い価格で取るというような事態が逆に逆影響を起こしている中で、この公契約のあり方も、今、一つの自治体のあり方として論議の中心になっていますけれども、例えばそういう中で、これ議案第1号、議案第2号が済みましたけれども、これから契約に関して、たまたま契約の案件ですので、ちょっと考え方と同時に、なぜ同じこの議案、議案第1号、議案第2号、議案第3号と本日の議会に提出されて、落札率がこんなに16%ですか、差があったのかなというのが一つの今回の私のこの契約に対する思いなんですが、そこに働く人たちの労働者の賃金だとか、経営の状態だとかも加味する時代に入っていると思うのでね。もしこれ契約ですので、その辺の考えについて、今後、契約がこれからあると思うんですが、公契約のあり方についての、もしここでお答えいただけたら、たまたま落札率が違いがあるものですから、お尋ねします。


○議長(大澤義和君) 大澤財政課長。


○財政課長(大澤幸男君) 基本的に当町におきましても、今、3,000万円以上につきましては、透明性と競争性を確保するために一般競争入札ということで、そういう資格のある方でしたら、誰でも入札できるような体制を取っております。だんだんその一般競争入札の金額というのは下げておりまして、その辺で、競争性とか、透明性とか、公平性とか、そういうものを担保していこうということでございます。


 それから、この価格の落札率に関しましては、行政サイドで出している話じゃございませんので、予定価格があって、それ以内であれば、例えば99.9%でも落札いたしますし、今回のように80%を割ってしまうと、今度、公正な工事ができないということで失格というような形もありますので、その辺は何とも答えようがない部分がありますので、ご了解をいただきたいと思います。


○議長(大澤義和君) 戸田君。


○13番(戸田榮子君) 当然、担当課長のお答えはそのとおりだと思います。ただ、今後、これからの契約等もふえていくと思いますので、その辺の今の社会事情や公契約のあり方についても、いろいろお互いに議会としても、また執行部としてもいろいろ精査していく必要があるのかなと思って提言をいたしました。


 それで、最後に、議案第3号でお尋ねしたいんですけども、5社が入札の可能性があって、1社しか札入れをしなかったというのは、これは、先ほども申し上げましたけども、一般競争入札の取り方をしていながら、最終的には1社だったということで、それは単なる前に東芝が取っていたからということだけでほかの会社が辞退されたのか、これはわからないですね、申し訳ありません。ただ、何を言いたいのかといいますと、1社で結局95%というのは、もう東芝にしたら、栄町のこの事業は知り尽くしておられるから、多分価格についても精査されておったのかなと思うので、不正とかそういうふうにとらないでいただきたいんですけれども、やはりせっかくのシステムを大いに生かして5社間で競争していただきたかったなという感想ですが、これは大変素人的な考えですけども、この点については、今後のこれから先の監視体制というか、機械のいろんな故障とか、そういうことに関しては、今までの経験から特に問題はなかったんでしょうか。過去に最初に設置してからここまでの間で、それだけお聞かせください。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 設置されてから約29年たっているわけですけども、何か支障、故障があれば、東芝電気のほうがすぐ駆けつけまして、運転に支障のないよう点検整備しておりますので、特に大きな問題はなく今まできております。


 以上です。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。大野君。


○3番(大野信正君) 全体を実は昨日ちょっと下見させていただいたんですけども、川田下水道課長をはじめ、1点なんですけど、今後、25年3月に向けて完成したとき以降のことで、実はこの写真で見てもわかるとおりに、設備の状況では非常に老朽化しているとはいえ、錆の状態その他で、ある程度の途中のメンテナンスによって多少防げるものもあるんじゃないかなということを感じました。25年のときに、完成する暁には、そういったマニュアルをつくってきちっと途中途中の管理をして、少しでも、機械は高額なものですから、錆の防止も含めてですけども、そういうことの改善をぜひ取り組んでいただきたいと思いますので、私のほうから提言でございます。


○議長(大澤義和君) 川田下水道課長。


○下水道課長(川田淳一君) 今、大野議員からありました提言につきましては、今までは職員管理をしていた職員が目が届かなかったところもありますけども、今後はそういうマニュアルをつくっていきまして、機械設備の点検整備をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。


 以上です。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終わります。


 これより討論を行います。初めに、本案に反対の者の発言を許します。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 次に、本案に賛成の者の発言を許します。


〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 討論なしと認めます。これにて討論を終わります。


 これより議案第3号を採決いたします。


 議案第3号を原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


〔賛成者起立〕


○議長(大澤義和君) 起立全員。よって、議案第3号、栄町終末処理場監視制御設備更新工事請負契約については原案のとおり可決されました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎閉  会





○議長(大澤義和君) 以上で、本日の日程はすべて終了いたしました。


 本日の会議を閉じます。


 これをもって、平成23年第3回栄町議会臨時会を閉会いたします。


                               午前10時30分 閉会


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





 上記会議録を証するため下記署名いたします。





 平成 年 月 日


                議  長    大 澤 義 和





                署名議員    大 野 信 正





                署名議員    橋 本   浩