議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 栄町

平成22年第4回定例会(第2号11月30日)




平成22年第4回定例会(第2号11月30日)





             平成22年第4回栄町議会定例会





 



                   平成22年11月30日(火曜日)午後2時開議





日程第1 発議案第1号 栄町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部


            を改正する条例





出席議員(15名)


  議 長  大 澤 義 和 君      副議長  染 谷 茂 樹 君


   1番  河 野 通 俊 君       2番  大 野 徹 夫 君


   3番  大 野 信 正 君       4番  橋 本   浩 君


   5番  岩 井 泰 憲 君       6番  葛 生 康 雄 君


   7番  藤 村   勉 君       8番  金 島 秀 夫 君


   9番  大 野   博 君      10番  秋 山   誠 君


  11番  野 田 泰 博 君      12番  高 萩 初 枝 君


  13番  戸 田 榮 子 君





欠席議員(なし)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席説明員


  町    長    岡 田 正 市 君


  教育長       澤 村 保 夫 君





  総務課長      鈴 木   薫 君





  消防長       大 澤 幸 男 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席事務局職員


  事務局長      麻 生 文 雄 君


  書記        西 城   猛 君








                           午後 2時00分 開議


◎開  議





○議長(大澤義和君) これより、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎発議案第1号





○議長(大澤義和君) 日程第1、発議案第1号、栄町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題とし、提案理由の説明を求めます。葛生君、登壇願います。


 〔6番 葛生康雄君登壇〕


○6番(葛生康雄君) 6番議員、葛生康雄です。発議案第1号、栄町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、提案理由を申し上げます。


 本発議案につきましては、大野 博議員とともに提出するものでございます。本発議案の提案理由といたしましては、一般職の職員の期末勤勉手当及び町長の期末手当の支給月数の引き下げ並びに現在の非常に厳しい財政運営を余儀なくされている状況を考え、平成22年12月に支給される議員の期末手当の支給月数の引き下げを行うものでございます。


 次に、改正内容について申し上げます。平成22年12月に支給される議員の期末手当の支給月数を0.2カ月引き下げるものでございます。


 施行期日につきましては、公布の日からとしております。是々非々、よろしくお願い申し上げます。


○議長(大澤義和君) 説明が終わりましたので、これより質疑を行います。岩井君。


○5番(岩井泰憲君) まず、2点ほどお伺いしたいと思います。今回、100分の20に相当する部分の減額となっておりますが、これは前回、昨日の全員協議会でも伺ったところですが、なぜ今回100分の20の減額という数字が出てきたのかというのが1点。それから、2点目としては、非常に拙速な手続である感が正直否めないというのは、本来、本日開催する予定のなかった臨時議会を開催するのが決定したのは事実上昨日で、今日の議会運営委員会を開いて、このような状況になっているのですけれども、なぜここまでこの動きがぎりぎりになってしまったのか等についての説明をお願いいたします。


○議長(大澤義和君) 葛生君。


○6番(葛生康雄君) 岩井議員の1点目の説明をさせていただきますが、今回の人事院勧告の中で100分の20ですか、0.2カ月というようなことで、同じく今回限り、期末手当だけを我々も町民の付託を受けておりますので、今の財政状況を踏まえれば、当然議員として我々も協力するのが私の考えといたしまして提出をしたものでございます。


 第2点目につきましてでございますが、なぜ、この時期だということで、早急に臨時議会まで開いてということでしょうか。


○5番(岩井泰憲君) ぎりぎりになってしまった、タイムスケジュール的にこんなぎりぎりになったのはなぜかということです。


○6番(葛生康雄君) 実は、昨日の全員協議会の中でもおっしゃったとおり、人事院勧告が今日まで、あしたまでですか、そういうようなことで時間がないというようなことで、今回提出をさせていただいたものでございます。


○議長(大澤義和君) 岩井君。


○5番(岩井泰憲君) ありがとうございます。さらに加えて、ご質問を申し上げたいのですが、この人事院勧告が今日まで、つまり今日中に採決をしなければ、いわゆる今回の期末手当の100分の20のカットに至らないというのは私も理解しているのですけれども、これはただあらかじめわかっていたことだと思うのですよね。つまりは、現に職員の給与であるとか、または町長の給与等についてはあらかじめ日程が決まっていた状況の中で、ある程度工程どおり進んできていたのですけれども、あらかじめその状況はわかっていたはずなのに、なぜこのような形になったのかという意味合いで、再度の質問と、それから、先ほどから、また、昨日の全員協議会でもいろいろと出てきておりますけれども、これ、人事院勧告というのは職員の給与等に対しての勧告であるわけで、これは複数の議員から発言もお聞きになっていると思いますが、実は何らの関係がないものなのですよね。その何らのない人事院勧告を受けて職員の給与が減額ということになったこととは関係ないのに、なぜ、先ほどから人事院勧告という言葉を連発して、理由としているのか、ちょっとその真意をお聞かせください。


○議長(大澤義和君) 葛生君。


○6番(葛生康雄君) まず、1点目でございますが、何でこの時期に、前にもわかっていたのに発議を出すのかという質問でよろしいですか。というのは、私もためらってございましたけれども、またきのうの全員協議会の中である議員からも全く人事院勧告と議員の報酬は全く別だよというような意見出ましたけれども、どっちみち――私の意見ですよ、出した提出者の意見なのですけれども――出すのだったらこの時期が一番適当だという考えで出したつもりでございます。1点目はね。


 あと、2点目は何だっけ。


○5番(岩井泰憲君) 人事院勧告というのはそもそも関係がないのではないかという質問です。


○6番(葛生康雄君) さっきの1の質問と同じようになってしまうのですけれども、人事院勧告と我々の報酬の引き下げは何ら関係ないのではないかというような意見だと思います。それについては、我々も職員勧告する中で、今の財政状況を踏まえれば、当然町民から付託を受けた議員として、当然協力するべきなのかなというふうに考えて提出したものでございます。


○議長(大澤義和君) 岩井君。


○5番(岩井泰憲君) 最後は、ちょっと例えての質問になって恐縮なのですが、例えばの話です。生活の保護を受けていたり、公的の扶助を受けているような、いわゆる家計の苦しい世帯から増税をするということについて、一般論としてそういうことも財政的な問題からしなければならない、どんどんやらなければならないというご意見をお持ちでしょうか。


○6番(葛生康雄君) 全くそれは私答弁するあれは関係ないです。


○5番(岩井泰憲君) どういう考えかということです。


○6番(葛生康雄君) 考え方ですか。


○議長(大澤義和君) 岩井君に申し上げます。質問趣旨が違いますので、よろしくお願いします。


 ほかに質疑ございませんか。戸田君。


○13番(戸田榮子君) 提出者に一つだけお伺いしたいのですけれども、この0.2カ月カットはもちろん一つの提案だと思いますが、いわゆる結果は議員の減額としてということだと思いますが、今、栄町議会のあり方、状況を見たときに、期末手当のカットよりも先に今政府が行っているような事業仕分けですか、議会に関してですよ、町行政全般じゃなくて、町議会の中で栄町だけ飛び抜けてほかの町村より違うことをしている、その財政を組んでいるというようなことがあると思うんですが、そのことについてのカットは、カットというか、そのことについて精査して、少しでも町議会を他の町村並みにして、それから、0.2カ月のカットというような考えはなかったですか。これをお伺いします。ほかにもあると思います。これは改めるべきでないか、県内町村の実態を見て。それはおわかりと思いますが、そういうことにはどのようにお考えですか、栄町だけ飛び抜けて行っていることについて、これはきちんと精査をすべきでないかと思うようなことはございませんか。


○6番(葛生康雄君) 昨日、全員協議会の中で、いろいろ周辺市、郡内の町というのは酒々井町なのですけれども、いろいろ調べる、ひとの町は関係ないのだよというような議員もいましたけれども、これはやはり提出するものに対しては当然周囲の町村の意向を聞き入れるのは私の、提出者の役目だと思って提出をしました。それに関して、では、何で栄町だけだということなのですけれども、私は何ら深い意味はございませんで、こういう厳しい時期に町民の付託を受けた議員が何ら協力、少ないかもしれませんけれども、協力できるというもとに提出をさせていただきました。


 以上でございます。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。


           〔「質問に答えてない」という声あり〕


○議長(大澤義和君) 戸田君。


○13番(戸田榮子君) 私の質問趣旨が違うのです。はっきり申し上げます。この0.2カ月カットについては、この人事院勧告に基づいて職員も下がったから議会もというところ、これ全国いろいろだと思います。これをする議会、しない議会、いろいろだと思いますが、栄町の場合が、私が何を言いたいかと言いますと、これについては当然葛生議員が提案したことについては何ら異議はございませんけれども、賛成、反対はいろいろあると思いますがね、ただ、それをする前に栄町は千葉県の町村の中でたった二つしかない委員長手当が出されているのです。これは年間60万円になります。これは飛び抜けてほかの町村ではしていないことを栄町がしていることは、倣うべきだということを私は思って、何度か全員協議会で言っておりますが、そのことを葛生議員もご承知のことと思いますが、そういうことをまず私はこれをきちんとやった上でこの0.2カ月の……。


○議長(大澤義和君) 戸田君に申し上げます。


○13番(戸田榮子君) それならわかりますけれども、まず、提案者にこのことを、では、関係ないならないで結構です。それをお聞きしたのです。その趣旨がわかっていないと思うのです。


○議長(大澤義和君) 葛生君。


○6番(葛生康雄君) きのうも全員協議会で詰めたわけなのですけれども、戸田議員の言っていることは県内18町村の中でも決して高い議員報酬をいただいているわけではございません。しかしながら、財政状況を踏まえ、人事院勧告、その中で我々も町民から付託を受けた1人でございますので、ただ、その考えで提出したものでございます。


 以上でございます。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。


 〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 質疑なしと認めます。これにて質疑を終わります。


 葛生君、降壇願います。


 これより討論を行います。


 初めに、本案に反対の者の発言を許します。岩井君。


○5番(岩井泰憲君) 5番議員、岩井泰憲です。発議案第1号、栄町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例について、反対の立場から討論を申し上げたいと思います。


 そもそもこの栄町において議員報酬に関する問題が、私は存在するというふうにはこれまでも感じてきてもおりませんし、今現在も全く思っておりません。例えば、テレビ、新聞報道等でよく報じられております名古屋市であれば、市議会議員の議員報酬が1,500万円以上、隣の成田市であったとしても700万円から800万円に近い報酬額を受け取っていると、支給されているということを聞いております。栄町は、今現在、月額の報酬額が25万円、そして、実際に手取り額18万円程度です。しかも、その手取り額の中には一般の会社員が源泉されている、支給されている住民税または国民健康保険税、健康保険税に相当する部分、または年金の部分等は含まれておらず、つまりは毎月、毎月、手取り額18万円の中から住民税、国民健康保険税、国民年金、また、月によっては固定資産税、少ない月でも6万円程度、多い月には、我が家の場合ですけれども、11万円以上そこからさらに支払わなければならない。ということは、今の栄町の議員報酬というのは、実際のいわゆる一般的な常識で言われるような手取り額という点でいうと、月額で多い月でも12万円、少ない月では6万円から7万円ぐらいしかないということは、ここにいらっしゃる、今これからちょうど審議されようとしている議員の皆様は皆さんよくご存じのことだと思います。


 そういう点で、私は、今まで住民の方々から少なくとも私個人直接的に栄町の議員の報酬が高いと、もっと安くする、もっと低くするべきであるというような意見を私は聞いたことがございません。また、私の今の説明をお聞きになって、傍聴の方もいらっしゃいますけれども、それで、今なお、議員報酬が高過ぎると、もっともっと低くするべきだという意見を本当にお持ちかどうか、私は皆さんに問いたのです。議員というのは、この12月になれば、また、3月になれば、6月になれば、いわゆる定例議会がありますから、その月はこちらの方を当然のことながら優先しなければならない。ということは、一般的な正社員としての形での就労というのはほとんど難しい。これも現実です。ということは、議員を務めている人間は、その他の非正規な労働等で家計を何とか立てていく、または、その他の副収入がなければ栄町での議員の活動は、政治の活動は続けていくのは非常に難しいということになるのです。


 昨日、ある議員から、その議員の知り合いの話ということで、ふろ場のふろおけを洗いながら、そういう仕事をしながら議員の活動を続けているという人もいるのだという話を聞かされました。大変なことだともちろん思います。現に私自身、ここの仕事、この議員の仕事を一つの仕事として見立てるならば、そのほかにも英会話の教室を営みつつ、家庭教師をしながら、また、夜勤の仕事をして、さらにはガス屋の仕事をしながら、1人で5足も6足も仕事をしております。きのうは初日の議会があって、ゆうべは明け方4時まで夜勤の仕事をして、そして、午前中はPTAのマラソン大会の手伝いをしながら、そして、きょう午後はこの場所に来ております。これでもなお、このような仕事をしながら、なお、まだ十分に一家の家計を私は十分に養えているというふうには考えておりません。


 私が言いたいのは、これから先、新しく入ってこようとする若い人材が、20代の人材も入ってくるかもしれない、30代の若い議員が当選してくるかもしれない、でも、そのような新しく、そして、積極性のあふれる人材が新たに議員となってくる、その道を、また、そのハードルを著しくまた高くすることにもなりかねないと私は考えております。


 昨日は、これは参政権の問題だとも言いました。もちろん私自身としても、私が今自分が、よく一番わかっているからこのような栄町の議員のこの仕事がこのままの状況でいいのかという思いもあります。また、今、申し上げたような観点からも、安易に拙速な形での議員報酬や一時金に手をつけるというような形は厳に慎まなければならないと思います。


 今回は、先ほどから申し上げているように、十分な審議や十分な事前にここにいらっしゃる議員の方々の同意や賛同が十分に集まった状況ではないと私は思っております。ひょっとすると、最終的に7対7の同数になれば議長の採決になるということもあろうかと思いますけれども、万が一そのような場合になったとしても、今申し上げたように、十分な審議の時間も十分に意見交換ができたとも言えないような状況の中で、議員の身分やまたは参政権、報酬という具体的な大きな問題に対して万が一議長の採決になったときにも、議長からのその点での十分な慎重な判断もいただきたいと思いつつ、私の反対の討論をさせていただきます。


○議長(大澤義和君) 次に、本案に賛成の者の発言を許します。野田君。


○11番(野田泰博君) 11番議員、野田泰博です。私は葛生議員、大野 博議員の議員発議に賛成の立場で討論いたします。


 この報酬と一時金に関しては、既に12月定例議会の前と昨日に2回にわたって話し合いをしました。多くの議員は人事委員会の勧告に従う必要はないとまで言い切りました。ある議員は議員報酬が安過ぎるとも述べました。確かに、議員の報酬や一時金は当事者からすると決して多いとは言えません。しかし、年に4回の議会や委員会に出席することが議員の義務であるならば、この報酬と一時金は決して安過ぎるとは言えません。


 私たち議員は1日24時間、年365日、町民から話を聞いてほしいと言われる話に耳を傾け、そして、町民が少しでも快適な生活を送れるように、日々問題点を解決し、そのために自分で勉強したり見聞を広めたりするのが私たちの仕事です。


 私は、議員報酬の多い少ないよりも、議員の使命に力を発揮しようと努力している自分が楽しく感じられております。皆さんも、年に約400万円の額面、手取にすると300万円程度ですが、その役割と仕事には誇りを持って取り組んでいるはずです。額の多い、少ないよりも、もっと違う生きがいが議員には与えられております。


 昨年6月定例議会でも、急遽出てきた議員報酬の引き下げに私は応じることができませんでした。応じるには、余りにも時間がなかったからです。しかし、それから1年半の間に、私は私なりの回答を見つけるよう努力してきました。今のこのシステムでは人事院、人事院勧告に従わないと胸を張って言うことはできないと思っています。この報酬や一時金のシステムを議会のあり方を一緒に根本から変えなければならないのです。この報酬や一時金のシステムを議会のあり方と一緒に変えるためには、私たち議員が一緒に努力しなければならないのです。依然として、栄町議会はシステムを、この1年半でも変えていません。したがって、次回も議員の報酬や一時金に関して、人事院勧告が出てきたら、賛成、反対のまた議論をしなければならないのです。昨年の報酬と一時金引き下げから1年半もそのままにしておきながら、再び人事院と人事委員会勧告に対抗するすべを持たない栄町議会を反省しつつ、再び、急遽出てきた報酬と一時金0.2カ月カットに対して、私はやむを得ないカットだと思います。つまり、賛成せざるを得ない議員発議だと思います。この言葉をもって賛成討論とさせていただきます。


○議長(大澤義和君) ほかに討論ございませんか。橋本君。


○4番(橋本 浩君) 4番議員、橋本 浩でございます。私は、今回の発議案に賛成の立場で討論させていただきます。


 まず、1点、人事院勧告の話が出ておりますが、人事院勧告というのはご周知のとおり、50人以上の事業所の平均の給与をデータとして集めて、その社会情勢に応じて職員、公務員に勧告するところでございます。つまり、今の社会というのは非常に苦しい状況にあるということを受けて人事院勧告されているということがまず大前提にあります。つまり、社会が苦しいということは、栄町民も非常に苦しい状況である。だから、職員の給与カット、きのう賛成いたしました、私も。この情勢を踏まえて、私たち議員がみずから律しなければいけない金額云々の話はなかなか幾らが妥当、妥当じゃないかという議論はなかなか難しい部分があります、確かに。しかしながら、みんなが苦しんでいるときに、我々議員がその苦しみを分かち合う、その姿勢を示す必要はあるのではないかというふうに考えております。


 よって、私は、この情勢を踏まえ、我々議員は率先してこの苦しみをともに味わうというところで賛成の立場で討論させていただきました。


○議長(大澤義和君) ほかに討論ございませんか。戸田君。


○13番(戸田榮子君) 13番、日本共産党の戸田です。反対討論するつもりは、この議場に来るまでございませんでした。もちろん住民の皆さんの声、今、賛成討論を行った議員の声、反対討論を行った議員の声、すべて聞く中で、一体どの道が妥当であるのか、このことを考えたときに、私は反対で、ただ、立つのでなく、なぜ反対なのかをきちんと言わなければ傍聴者の方もいらっしゃいますし、これが住民の方にどう波及していくか、私たち議員としては住民の皆さんの気持ちは大切にしたいと思いますから、一番、ただ、賛成だった、反対だったというだけで評価をされることはこれはよくないのではないかと思いまして、討論をさせていただきます。


 昨日の人事院勧告に基づく職員の給与改定については、この人事院というのは戦後間もなく、労働者、公務員というのはストライキ権もない中で、人事院という形で協定を行う、そして、その公務員の置かれている給与や労働条件がどうなのかを判定する中でつくられたものです。ところが、戦後、60年以上たった今でもなお、この人事院勧告、例えば今回のここ数年は職員の皆さんにとっては、自分たちにとっては不利になる、生活のこととか、いろいろ意見を言う場もない中で、一方的な引き下げ、給与の改定、そして、期末手当の引き下げなどが行われてきました。その中で、市職労などある自治体もありますけれども、栄町はご承知のように、市職労はございません。議会の議決の中でそれが決まるわけです。そして、今、本当に社会情勢の中で、一般の企業が苦しいから、しかし、このデータが本当にだれの目から見ても正確なものであるのかどうか、これも精査することはできない状況です。


 そういう中で、私はこの人事院勧告が本当に正当なら、議会の議決を得ずに、議会の議決を得るということは、その市町村、市町村でそこに置かれている地方公務員の状況がどうであるのか、給与の体系がどうなのか、ラスパイレス指数がどうなのかを加味した中でこれを決めることができることになっているわけですから、有無を言わさずではなく、十分な論議ができるわけです。その結果、私は今、栄町職員の置かれている状況、そして、住民に奉仕する立場であれば、このラスパイレス指数が低い中で人事院勧告に基づく採決は、これは酷ではないか。特に30代のローン等を抱えた職員にとっては大変な状況だという判断で私は反対しました。わかっています、野田議員がおっしゃりたいことは。ですから、それに基づいて、この議会議員の0.2カ月のボーナスカット、今、行われていますけれども、これも同じように、私は岩井議員がおっしゃったその状況は私たち議会議員として何期も行っておる私としてはこういう議会議員の状況、置かれていることもきちんと私たちは精査して、実態をよく調査し、例えば何期やっていても給料は同じですから、私も岩井議員と同じ状況です。とりわけ、栄町は政務調査費もございませんし、市で行っている4年ごとの選挙のたびの選挙助成の費用、それも一切ございません。ところが、議員はついせんだっても私は国会交渉とか連日行ってまいりましたが、その費用も全部実費です。勉強したい、研修を受けたいという、いろんな研修会がございますが、それも3回に1回しか行けない状況、それはやはり今の歳費の中ではそういう余裕を生み出すのは大変だという、そういう状況があるからです。そういう状況の中で、同じようにほかの町村も0.2カ月カットしたから、この栄町もというやり方でやるのではなく、それだったら、いただいた歳費の中からその人の応分に応じて福祉カンパとか、今あるわけですから、社会福祉協議会のカンパとか、いろいろな団体への募金などもできるわけです。その方の家庭事情とかあるわけですから、私は機械的にそういう形でなく、また、我々議員が本当に勉強する保証、いろいろな書物、いろいろな研究会に出かけていきたい、また、住民の方の相談に乗って、連日、毎日、活動したい、この保証としての給与はしっかりと保証していただくことの方が、私は住民サービスにつながると思っています。


 いわゆるいろいろご意見はあろうかと思いますが、栄町の現実から見て、また、議員の年齢層もいろいろですから、それを一律に0.2カ月カットということは生活への支障も起こる中で、また、人事院勧告とは別の考え方からいっても、今回ここで一律に0.2カ月削減を決めることは私はこれは無理だと思います。


 以上の点から、この議案には反対をいたします。


○議長(大澤義和君) ほかに討論ございませんか。


 〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 討論なしと認めます。これにて討論を終わります。


 これより、発議案第1号を採決いたします。


 発議案第1号を原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。


 〔賛成者起立〕


○議長(大澤義和君) 起立同数。起立の結果、可否が同数であります。したがって、地方自治法第116条第1項の規定により、議長が本案に対して採決いたします。


 発議案第1号、栄町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例は、議長は可決といたします。


 よって、発議案第1号、栄町議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例は可決されました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎散  会





○議長(大澤義和君) 以上で、本日の日程はすべて終了しました。


 次は、12月8日午前10時より開会することとし、本日はこれをもって散会といたします。


                               午後 2時36分 散会


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――