議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 栄町

平成22年第3回定例会(第1号 9月14日)




平成22年第3回定例会(第1号 9月14日)





             平成22年第3回栄町議会定例会





 



                   平成22年9月14日(火曜日)午前10時開会





日程第1 会議録署名議員の指名


日程第2 会期の決定


日程第3 長門川水道企業団議会議員の選挙


日程第4 農業委員会委員の推薦


日程第5 報告第 1号 健全化判断比率の報告について


日程第6 報告第 2号 資金不足比率の報告について


日程第7 議案第 1号 栄町火災予防条例の一部を改正する条例


日程第8 議案第 2号 平成22年度栄町一般会計補正予算(第2号)


日程第9 議案第 3号 平成22年度栄町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)


日程第10 議案第 4号 平成22年度栄町老人保健特別会計補正予算(第1号)


日程第11 議案第 5号 平成22年度栄町介護保険特別会計補正予算(第1号)


日程第12 議案第 6号 非核平和都市宣言について


日程第13 認定第 1号 平成21年度栄町一般会計歳入歳出決算の認定について


日程第14 認定第 2号 平成21年度栄町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定に


            ついて


日程第15 認定第 3号 平成21年度栄町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定


            について


日程第16 認定第 4号 平成21年度栄町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定につい


            て


日程第17 認定第 5号 平成21年度栄町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定につい


            て


日程第18 認定第 6号 平成21年度栄町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定


            について


日程第19 請願第 1号 「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択を求め


            る請願書


日程第20 請願第 2号 「国における平成23(2011)年度教育予算拡充に関する


            意見書」採択に関する請願書





出席議員(15名)


  議 長  大 澤 義 和 君      副議長  染 谷 茂 樹 君


   1番  河 野 通 俊 君       2番  大 野 徹 夫 君


   3番  大 野 信 正 君       4番  橋 本   浩 君


   5番  岩 井 泰 憲 君       6番  葛 生 康 雄 君


   7番  藤 村   勉 君       8番  金 島 秀 夫 君


   9番  大 野   博 君      10番  秋 山   誠 君


  11番  野 田 泰 博 君      12番  高 萩 初 枝 君


  13番  戸 田 榮 子 君





欠席議員(なし)


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席説明員


  町    長    岡 田 正 市 君


  教育長       澤 村 保 夫 君





  総務課長      鈴 木   薫 君


  財政課長      浅 野 一 夫 君


  企画政策課長    長 ? 光 男 君


  住民活動推進課長  岩 ? 正 行 君


  税務課長      川 田 淳 一 君


  健康保険課長    新 村 政 美 君


  福祉課長      藤 代   斉 君


  住民課長      鈴 木   隆 君


  環境課長      山 ?   茂 君


  建設課長      小 出 善 章 君


  下水道課長     真 仲 高 行 君


  産業課長      池 田   誠 君





  会計管理者     浅 野 正 治 君





  教育総務課長    米 井 一 充 君


  生涯学習課長    小 島   満 君





  消防長       大 澤 幸 男 君


  消防防災課長    奥 野 三 男 君





  代表監査委員    鈴 木 武 雄 君


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


出席事務局職員


  事務局長      麻 生 文 雄 君


  書記        西 城   猛 君








                           午前10時00分 開会


◎開  会





○議長(大澤義和君) ただいまから、平成22年第3回栄町議会定例会を開会いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎開  議





○議長(大澤義和君) 直ちに、本日の会議を開きます。


 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎行政報告





○議長(大澤義和君) これより町長の行政報告があります。岡田町長。


 〔町長 岡田正市君登壇〕


○町長(岡田正市君) 本日は、平成22年第3回栄町議会定例会を召集いたしましたところ、ご多忙中にもかかわらず、全議員のご出席を賜りまして、厚く御礼申し上げます。


 初めに、平成21年度決算状況及び財政健全化法による健全化判断比率についてご報告申し上げます。


 また、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」の財政健全化判断比率である実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率と公営企業会計の資金不足比率について、平成21年度決算の数値により算定したところ、すべての項目において、早期健全化の基準値以内となっており、これらの算定数値については、監査委員に審査をお願いし、確認していただいたところであります。


 次に、栄町第4次総合計画の策定について申し上げます。


 本町では、昭和47年に「水と緑の田園観光都市」をスローガンとした「栄町基本構想」を策定し、平成元年及び平成12年に改定を加えながら、おおむね30年後の平成43年を目標年次とするまちづくりを進めております。しかしながら、当町を取り巻く環境は、平成12年の「栄町基本構想」改定のころに比べ、成田空港の機能増進や空港と都心を結ぶ新たな鉄道の開業、さらに、成田・千葉ニュータウンの業務核都市化の進展、そして、近隣の市町村が合併するなど大きく変貌しております。


 また、少子高齢化の進行や人口減少への対応は当町にとっても最重要課題となっております。


 このような社会情勢の中、町民の期待にこたえ、「住み続けたいまち」「住んでみたいまち」として、町に元気を取り戻していただくためには、本町独自の魅力を引き出すとともに、現状の課題を客観的に分析し、現行の栄町総合計画の検証を行いながら、実現性の高い第4次総合計画を平成22年度、23年度の2カ年をかけて策定をしてまいります。


 このことにより、平成23年度は総合計画及び行財政改革大綱等の計画の空白年度となりますが、「町民にとってベストな公共サービスの提供」という行政の使命を果たしていくために、現在の栄町後期基本計画及び行財政改革大綱等をべ一スに、基本的な運営をしてまいります。


 具体的な事業内容については、今後の予算編成過程において議論を進め、その際には国・県の予算などの動向を注視しつつ、徹底した事業効果の検証を行い、効果効率的な行政運営に当たってまいります。


 なお、段階的に進捗状況などをご説明させていただきますので、議員各位のご理解、ご協力をお願いいたします。


 次に、福祉・健康施策について申し上げます。


 初めに、医療費助成制度の拡充について申し上げます。


 子育て支援と保護者の経済的負担の軽減を図るため、町独自の事業として、小学校1年生から6年生までの児童を対象とした助成制度に拡充し、8月1日以降に受けた医療費について適用いたします。制度の概要は、通院は小学校1年生から3年生までの児童を、入院時は小学校1年生から6年生までの児童をそれぞれ対象に、原則として保険料給付の対象となる医療費について助成するものであります。


 次に、福祉タクシー券の利用制度の拡充について申し上げます。


 交通弱者の外出や移動は、交通手段の少ない当町にとって大きな課題です。とりわけ、障害者や介護者及びひとり暮らしの高齢者の方々は、日々の暮らしの中で、移動手段の確保が一層重要になってきています。


 しかしながら、まだまだ家族や介護支援事業者などに負うところが大きく、家族の場合には時間的な負担が大きく、利用者が気兼ねしたり、また、介護支援事業者を利用する場合は、目的が制限されるとともに、費用的負担が大きいなど、自由な外出や移動を妨げている現状の中で、現在の福祉タクシー券助成制度については10月1日より現行の利用券の交付枚数を増やすとともに、人工透析者の対象者を拡大いたします。具体的には、利用券の交付枚数を各対象者に年間24枚増やすとともに、新たに人工透析を受けている4級以上の身体障害者手帳保持者も対象といたしました。


 次に、子宮頸がん予防ワクチン及びヒブワクチン接種助成金について申し上げます。


 若年層に増加している子宮頸がんの発生を予防するため、10月1日より小学校5年生から中学校3年生までを対象に、1回の接種費用の2分の1以内で9,000円を限度として助成を行うものです。


 同様に、乳幼児に重篤な健康被害を及ぼす細菌性髄膜炎を予防するため、10月1日より生後2カ月以上5歳未満の乳幼児を対象に、ヒブワクチンの1回の接種費用の2分の1以内で4,000円を限度として助成を行ってまいります。


 次に、住宅用火災警報器の設置について申し上げます。


 我が国の住宅火災における死者数は、平成15年以降、連続して1,000人を超える高い水準で推移しております。このうち、65歳以上の高齢者が占める割合は約6割となっており、今後の高齢化の進展とともにさらに増加されることが懸念されます。


 このため、平成16年の消防法改正により、すべての住宅を対象として住宅用火災警報器等の設置及び維持が義務づけられ、新築住宅については、平成18年6月1日から、既存住宅については、平成20年6月から適用開始となっております。


 町は、住宅火災警報器の普及と住宅防火対策の重要性を広く町民に周知することを目的として、各イベント会場、安食駅前での広報活動やパンフレット等の配布に加えて、昨年10月から今年3月の間に、消防団員を通じてニュータウン地区を除く既存世帯において普及率調査を実施し、その結果、住宅火災警報器の設置率が約4割であると判明いたしました。


 以上のことから、住宅火災警報器の早期普及は、住宅防火対策の切り札と言え、町民の安全・安心を確保する上で最重要課題であることから、特に、逃げ遅れが懸念される高齢者の安全確保に重点を置き、一世帯1台、75歳以上の高齢者のみで構成する世帯のうち、未設置の希望者を対象に、火災警報器等の助成を行ってまいります。


 なお、ただいま申し上げました報告の中で、医療費助成制度の拡充、福祉タクシー券の利用制度の拡充、子宮頸がん予防ワクチン及びヒブワクチン接種助成金並びに住宅火災警報器設置の助成につきましては、本定例会に補正予算(案)として上程されているものでございますので、よろしくお願いをいたします。


 最後になりますが、ゆめ半島千葉国体デモンストレーション・スポーツ行事「サイクリング」について申し上げます。


 9月26日、ふれあいプラザをスタート・ゴールとして、開催されるサイクリングにつきましては、8月31日に申し込みを締め切り、356名の参加の申し込みがありました。国体当日は、ふれあいプラザにおいて商工祭りなどの町のPRイベントが行われるほか、房総のむらにおいて郷土芸能や特産品の販売など、国体に合わせて多数のイベントを計画しております。


 今大会を運営するに当たり、千葉県サイクリング協会を初め、町内各種団体より、大勢の方々にご協力をいただき、役員総数272名の体制で運営を進めます。


 当日は、参加者・役員以外にも、沿道応援サポーターとして、多くの町民の皆様に、コース周辺に足を運んでいただき、参加者に温かい声援で大会を盛り上げていただけたらと考えております。議員各位におかれましてもご協力をお願い申し上げます。


 さて、本日、私から提案させていただく議案などでございますが、議案第1号、栄町火災予防条例の一部改正についてご審議いただくものでございます。議案第2号から第5号につきましては、各会計の補正予算について、議案第6号は、非核平和都市宣言について、認定第1号から第6号につきましては、平成21年度の一般会計を初めとします各特別会計の決算の認定についてご審議いただくものでございます。


 また、報告第1号から第2号につきましては、「健全化判断比率」及び「資金不足比率」についてご報告させていただくものであります。


 以上、私からの議案などは14件でございます。詳細につきましては、各担当課長から説明をいたさせますので、よろしくご審議いただきますようお願い申し上げて行政報告とさせていただきます。ありがとうございました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎諸般の報告





○議長(大澤義和君) これより諸般の報告をいたします。監査委員より、町長あてに提出された平成21年度栄町一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに基金運用状況審査意見書について、平成21年度財政健全化及び経営健全化審査意見書についての報告がありました。お手元に配付の印刷物により報告にかえます。


 また、監査委員より平成22年度6月期から8月期までの現金出納検査の結果報告がありました。いずれの月につきましても特段の指摘がなかったことをご報告いたします。


 次に、陳情が4件ありましたのでご報告いたします。「最低基準の改善と待機児解消・定員増実現のために公立保育所への特定財源の復活などを求める意見書の提出を求める陳情書」「安心・安全な国民生活実現のため、国土交通省の地方出先機関の存続を求める陳情書」「生活保護の老齢加算の復活を国に求める陳情書」「安心の高齢者医療制度確立のため国への意見書提出を求める陳情書」が提出されましたので、写しをお手元に配付いたしました。


 次に、議員派遣についてご報告いたします。議長において許可した平成22年6月1日からの議員派遣につきましては、お手元に配付した報告書のとおりでございます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎会議録署名議員の指名





○議長(大澤義和君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員は、栄町議会会議規則第120条の規定により、3番議員 大野信正君及び4番議員 橋本 浩君を指名いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎会期の決定





○議長(大澤義和君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。本定例会の会期は、本日から9月24日までの11日間にしたいと思います。これにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日から9月24日までの11日間と決定いたしました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案の送付





○議長(大澤義和君) 次に、町長から議案の送付があり、これを受理いたしましたのでご報告いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎長門川水道企業団議会議員の選挙





○議長(大澤義和君) 日程第3、長門川水道企業団議会議員の選挙を行います。


 定数は学識経験を有する者のうちから1名です。


 お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選にしたいと思います。これにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、選挙の方法は指名推選で行うことに決定しました。


 お諮りいたします。指名の方法については議長が指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、議長が指名することと決定しました。


 長門川水道企業団議会議員に学識経験を有する者から栄町三和205番地、玉野辰弘君を指名いたします。


 お諮りいたします。ただいま議長が指名いたしました玉野辰弘君を当選人と定めることにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、玉野辰弘君が長門川水道企業団議会議員に当選されました。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎農業委員会委員の推薦





○議長(大澤義和君) 日程第4、農業委員会委員の推薦についてを議題とします。議長は議会推薦の農業委員会委員を1人とし、大野 博君を推薦したいと思います。したがって、地方自治法第117条の規定により大野 博君の退場を求めます。


 〔9番 大野 博君退場〕


○議長(大澤義和君) お諮りいたします。議会推薦の農業委員会委員は1人とし、大野 博君を推薦することにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、議会推薦の農業委員会委員を1人とし、大野 博君を推薦することに決定いたしました。


 大野 博君の入場を許可します。


 〔9番 大野 博君入場〕


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎報告第1号





○議長(大澤義和君) 日程第5、報告第1号、健全化判断比率の報告について報告を求めます。浅野財政課長。


○財政課長(浅野一夫君) 報告第1号、健全化判断比率の報告について、報告の理由でございますが、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率について監査委員の意見をつけて議会に報告をするものでございます。


 続きまして、内容の説明をいたします。「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」第3条第1項の規定により、監査委員の審査に付した平成21年度決算における健全化判断比率を報告するものでございます。


 健全化判断比率につきましては、四つの指標から構成されております。平成21年度決算における各指標につきましては、実質赤字比率と連結実質赤字比率は、すべての会計で実質収支が黒字のため算定されません。また、実質公債費比率は、臨時財政対策債発行額が増えたことなどによりまして標準財政規模の増加があり、前年度の14.3%から0.2ポイント回復して14.1%となっております。さらに、将来負担比率は、一般会計の地方債残高が減少したことなどによりまして、前年度の112.2%から9.2ポイント好転して103.0%となっております。これらは「早期健全化」の基準を下回っておりますので、財政健全化法においては健全段階にあるという結果となっております。


 以上、報告とさせていただきます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎報告第2号





○議長(大澤義和君) 日程第6、報告第2号、資金不足比率の報告について報告を求めます。真仲下水道課長。


○下水道課長(真仲高行君) 報告第2号、資金不足比率の報告について、報告理由を申し上げます。


 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、公共下水道事業に係る資金不足比率について監査委員の意見をつけて議会に報告するものでございます。


 内容をご説明申し上げます。本件は、「地方公共団体の財政の健全化に関する法律」第22条第1項の規定により、監査委員の審査に付した平成21年度栄町公共下水道事業特別会計決算における資金不足比率を報告するものでございます。


 具体的な数値といたしましては、分母としての事業規模が3億7,291万7,000円に対し、分子である資金不足額は、決算書のとおり実質収支額が2,634万8,000円の黒字であるため、資金不足額がなく、結果、資金不足比率は算定しておりません。


 以上、報告といたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第1号





○議長(大澤義和君) 日程第7、議案第1号、栄町火災予防条例の一部を改正する条例を議題とし、提案理由の説明を求めます。奥野消防防災課長。


○消防防災課長(奥野三男君) 議案第1号、栄町火災予防条例の一部を改正する条例について、提案理由を申し上げます。


 平成22年3月30日に公布された対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令及び住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令により、固体酸化物型燃料電池による発電設備の位置、構造及び管理に関する条例の制定基準を新たに定められたこと等に伴い、栄町火災予防条例においても同省令と同様の改正を行うとともに、あわせて、現行不適切な規定を整理するものでございます。


 続いて、内容の説明をいたします。このたびの改正は、平成22年3月30日に公布されました「対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令及び住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部を改正する省令」(以下「改正省令」といいます)による、いわゆる条例制定基準省令の改正に伴うものでございます。


 改正省令の第1条では、「対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令」が改正されまして、これまで実用化されている「固体高分子型」「リン酸型」及び「溶融炭酸塩型」の燃料電池に加えて「固体酸化物型」の燃料電池の実用化及び商品化の作業について一定の進捗が見られたことを踏まえ、新たに対象火気設備等として固体酸化物型燃料電池を位置づけることにより、固体酸化物型燃料電池による発電設備の位置、構造及び管理に関する条例の制定基準が新たに定められたところでございます。


 また、改正省令の第2条は、「住宅用防災機器の設置及び維持に関する条例の制定に関する基準を定める省令」において引用する「特定共同住宅等における必要とされる防火安全性能を有する消防の用に供する設備等に関する省令」の条項名に変更があったため、これに合わせるよう、それらの引用条項名の改正がなされたものでございます。


 栄町火災予防条例第3章及び第3章の2は、これらの条例制定基準省令に従い規定されておりますことから、第8条の3第1項及び第2項並びに第29条の5第3号から第5号までについて、改正省令と同様の改正を行うものでございます。加えて、栄町火災予防条例には、不適切な用例、用語等が個々の条文に散見されますので、これらの改正を契機といたしまして、規定の整理を行うものでございます。


 したがいまして、これらにつきましては、内容の実質的な変更はございません。


 なお、施行期日につきましては、改正省令第2条と同様の改正を行う部分及び規定の整理を行う部分は、同条の施行期日と同じく、公布の日からとし、改正省令第1条と同様の改正を行う部分は、同条の施行期日に合わせ、平成22年12月1日からとするものでございます。


 以上でございます。よろしくお願いいたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第2号





○議長(大澤義和君) 日程第8、議案第2号、平成22年度栄町一般会計補正予算(第2号)を議題とし、提案理由の説明を求めます。浅野財政課長。


○財政課長(浅野一夫君) 議案第2号、平成22年度栄町一般会計補正予算(第2号)の提案理由でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億908万円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ61億4,731万2,000円とするものでございます。


 続きまして、内容の説明をいたします。歳入につきましては、補正予算書の9ページ、10ページとなります。


 初めに、9ページから。14款国庫支出金、2項国庫補助金が158万2,000円の減額で、これは3目衛生費国庫補助金において、地上デジタル放送普及促進事業補助金101万8,000円を計上するものの、1目総務費国庫補助金において、内示のあったまちづくり交付金260万円を減額することによるものでございます。


 続きまして、15款県支出金、2項県補助金が1,964万3,000円の増額で、緊急雇用創出事業補助金1,059万7,000円の増額、地域子育て創生事業補助金710万6,000円を新たに計上することなどによるものでございます。また、新型インフルエンザ予防のワクチン接種補助金につきましても93万円を計上するものでございます。


 16款財産収入、2項財産売払収入が690万1,000円の増額で、国有財産である一区青年館用地を国から町が購入し、その後、同額で一区へ売却することになるため計上するものでございます。


 19款繰越金、1項繰越金が、7,532万6,000円の増額で、平成21年度からの繰越金によるものでございます。


 10ページにかけまして、20款諸収入、5項雑入が262万円の増額で、後期高齢者の健康づくり支援に対しての補助金等を計上することによるものでございます。


 最後に、21款町債、1項町債が550万円の増額で、まちづくり交付金事業の交付金が減額内示となったことにより、起債の対象経費が増額になったことによるものでございます。


 次に、歳出については補正予算書の11ページから20ページになります。


 11ページ、1款議会費、1項議会費が413万3,000円の減額で、議員1名分の報酬、期末手当及び議員共済負担金の減額となります。


 2款総務費、1項総務管理費が385万円の減額で、8目自治振興費において、先ほど申し上げました一区青年館用地の購入費690万1,000円を計上するものの、1目一般管理費において給与関係事業費1,786万9,000円を減額することなどによるものでございます。


 12ページ、2款総務費、2項徴税費が407万2,000円の減額で、2目賦課徴収費において、地方税法の改正による平成23年1月から所得税の確定申告等の電子データ送信に対応するため、システムの構築・稼働経費93万5,000円、緊急雇用創出事業補助金を活用して町税等の電話催告を委託する経費667万5,000円、町税の還付金200万円を増額するものの、1目税務総務費において、給与関係事業費1,368万2,000円を減額することによるものでございます。


 2款総務費、3項戸籍住民基本台帳費が208万3,000円の増額で、緊急雇用創出事業補助金を活用し、役場へ来られる方に対して窓口案内等のサービスを向上させるため、臨時職員を採用する経費86万3,000円を計上することなどによるものでございます。


 13ページ、2款総務費、4項選挙費が597万3,000円の減額で、町長選挙が無投票となったことから、投開票の経費等の不用額について減額をするものでございます。


 14ページから15ページにかけまして、3款民生費、1項社会福祉費が457万4,000円の増額で、主な内容としましては、3目高齢者福祉費及び5目障害福祉費において、高齢者及び障害のある方を対象として実施しているタクシー利用助成の利用回数を10月より拡大するとともに、5目障害者福祉費において視聴覚関係備品や特別支援学校等放課後対策補助金を計上し、さらには8目後期高齢者医療費において、75歳以上を対象とする短期人間ドック助成金を新たに計上することなどによるものでございます。


 また、3款民生費、2項児童福祉費が610万6,000円の増額で、地域子育て創生事業補助金を活用し、子育て支援事業を充実させるとともに、その活動を地域に広げていく経費として臨時職員の雇用や文庫購入経費などを計上するものでございます。


 16ページにかけまして、4款衛生費、1項保健衛生費が235万7,000円の増額で、2目予防費において、日本脳炎の予防接種委託、新型インフルエンザワクチン接種助成金と、新たに子宮頸がん及び乳幼児の細菌性髄膜炎の重症化を予防するワクチン接種の助成金などを計上することにより1,213万8,000円を増額し、3目保健対策費において、健康づくり支援事業費と新たに小学校4年生から6年生までの入院費に対して助成を行う乳幼児等医療対策事業費を合わせて134万1,000円を増額し、4目環境衛生費において、テレビのアナログ放送の終了に伴う酒直地区のテレビ共同受信施設の改修に対して、国庫補助金を受けて地上デジタル放送普及促進事業補助金を計上することなどによるものでございます。


 なお、同じく4項環境衛生費において、当初予算で計上しておりました斎場炉撤去工事につきましては今後の利用方法を再度検討する必要があることから、1,350万円を減額するものでございます。


 17ページ、5款農林水産業費、1項農業費が2,302万3,000円の増額で、給与関係のほか、農地法の改正に伴う農地情報システム改修委託と、町の農産物の販路を拡大するため、その市場調査や商談会等に参加する旅費を計上するものでございます。


 18ページから19ページにかけまして、8款消防費、1項消防費が661万2,000円の減額で、給与関係の減額などによるものですが、1目常備消防費において、75歳以上の方が暮らす世帯に対して火災警報器を設置する経費180万円を新たに計上するものでございます。


 20ページにかけまして、9款教育費、4項社会教育費が1,014万2,000円の増額で、これは緊急雇用創出事業補助金を活用し、3目歴史文化振興費において、国指定史跡である龍角寺古墳群の用地の除草作業の委託費、または4目ふれあいプラザさかえ管理運営費においても施設案内などの窓口サービスの向上を図るため臨時職員を採用する経費と、さらには、ふれあいプラザさかえの経年劣化に伴う修繕費を計上することによるものでございます。


 10款公債費、1項公債費が163万2,000円の増額で、平成21年度公的資金補償金免除繰上償還に伴い借りかえをした町債の元金償還が増額したことによるものでございます。


 最後に、11款諸支出金、1項基金費が7,630万6,000円の増額で、財政調整基金への積立金を増額するものでございます。


 以上、簡単でございますが、平成22年度栄町一般会計補正予算の説明とさせていただきます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第3号





○議長(大澤義和君) 日程第9、議案第3号、平成22年度栄町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を議題とし、提案理由の説明を求めます。浅野財政課長。


○財政課長(浅野一夫君) 議案第3号、平成22年度栄町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の提案理由でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,770万3,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ23億2,360万9,000円とするものでございます。


 続きまして、内容の説明をいたします。歳入の内容につきましては、補正予算書の29ページになります。


 9款繰越金、1項繰越金が3,770万3,000円の増額で、平成21年度からの繰越金になります。


 続きまして、歳出の内容につきましては30ページになります。


 9款基金積立金、1項基金積立金が1,681万7,000円の増額で、国民健康保険特別会計財政調整基金への積立金を増額するものでございます。


 最後に、10款諸支出金、1項償還金及び還付加算金が2,088万6,000円の増額で、平成21年度に受け入れた退職者医療療養給付費等交付金を返還するものでございます。


 以上、簡単でございますが、平成22年度栄町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第4号





○議長(大澤義和君) 日程第10、議案第4号、平成22年度栄町老人保健特別会計補正予算(第1号)を議題とし、提案理由の説明を求めます。浅野財政課長。


○財政課長(浅野一夫君) 議案第4号、平成22年度栄町老人保健特別会計補正予算(第1号)の提案理由でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ88万6,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ113万4,000円とするものでございます。


 続きまして、内容の説明をいたします。歳入の内容につきましては、36ページになります。


 5款繰越金、1項繰越金が88万6,000円の増額で、平成21年度からの繰越金になります。


 続きまして、歳出の内容につきましては、37ページになります。


 2款諸支出金、1項償還金が88万6,000円の増額で、過年度に受け入れた老人医療給付費に対する支払基金交付金、国・県負担金及び一般会計繰入金の精算によるものでございます。


 以上、簡単でございますが、平成22年度栄町老人保健特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第5号





○議長(大澤義和君) 日程第11、議案第5号、平成22年度栄町介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題とし、提案理由の説明を求めます。浅野財政課長。


○財政課長(浅野一夫君) 議案第5号、平成22年度栄町介護保険特別会計補正予算(第1号)の提案理由でございますが、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2,820万3,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ10億6,761万7,000円とするものでございます。


 続きまして、内容の説明をいたします。歳入の内容につきましては、補正予算書の43ページになります。


 6款繰入金、1項一般会計繰入金が34万8,000円の増額で、給与関係の増額によるものでございます。


 7款繰越金、1項繰越金が2,708万3,000円の増額で、平成21年度からの繰越金になります。


 8款諸収入、3款雑入が77万2,000円の増額で、平成21年度の介護給付費の確定に伴う支払基金交付金の精算によるものでございます。


 続きまして、歳出の内容につきましては44ページになります。


 4款地域支援事業費、2項包括的支援事業・任意事業費が34万8,000円の増額で、給与関係の増額によるものでございます。5款基金積立金、1項基金積立金が536万6,000円の増額で、介護保険財政調整基金への積立金を増額するものでございます。


 6款諸支出金、1項償還金及び還付加算金が2,248万9,000円の増額で、平成21年度介護給付費の確定に伴う国・県負担金返還金2,160万6,000円及び平成21年度地域支援事業費確定に伴う国・県・支払基金負担金返還金88万3,000円を計上することによるものです。


 以上、簡単でございますが、平成22年度栄町介護保険特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎議案第6号





○議長(大澤義和君) 日程第12、議案第6号、非核平和都市宣言についてを議題とし、提案理由の説明を求めます。鈴木総務課長。


○総務課長(鈴木 薫君) 議案第6号、非核平和都市宣言について、提案理由を申し上げます。


 栄町が「非核平和都市」を宣言するに当たり、議会の議決を求めるものでございます。


 続きまして、内容を説明いたします。本件につきましては、昭和62年3月議会において請願が採択されていたところですが、いまだ栄町として「非核平和都市宣言」をするに至っておりませんでしたので、このたび、世界の恒久平和と核兵器の廃絶を切望し、これを宣言しようとするものでございます。


 本件は、法定議決事項ではございませんが、かつて本件に係る請願が議会採択されたという経緯と、町民の安全に直結する団体意思の決定という重要性にかんがみ、議会の議決を求めるものでございます。


 なお、宣言日につきましては、広島、長崎の被爆から65年の節目であると同時に、栄町制施行55年を迎える平成22年12月1日を予定しております。


 以上でございます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎認定第1号、認定第2号、認定第3号、認定第4号、


 認定第5号、認定第6号





○議長(大澤義和君) 日程第13、認定第1号、平成21年度栄町一般会計歳入歳出決算の認定についてから、日程第18、認定第6号、平成21年度栄町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてまでを一括議題とし、以上6件について提案理由の説明を求めます。浅野財政課長。


○財政課長(浅野一夫君) それでは、認定第1号、平成21年度栄町一般会計歳入歳出決算から認定第6号、平成21年度公共下水道事業特別会計歳入歳出決算までの提案理由を説明させていただきます。なお、提案理由は、件名を除き同様でございますので、一般会計の説明をもって他会計の説明にかえさせていただきます。


 認定第1号、平成21年度栄町一般会計歳入歳出決算の認定について、提案理由を説明させていただきます。


 本件につきましては、地方自治法第233条第3項の規定により、一般会計の平成21年度歳入歳出決算を監査委員の意見及び同条第5項の規定により主要な施策の成果説明書をつけて、議会の認定に付するものでございます。


 次に、内容の説明につきましては、参考資料といたしましてお手元に配付してございます「平成21年度決算概要」に沿って一般会計他5特別会計について一括して説明をさせていただきたいと思います。


 初めに、一般会計の決算状況から説明させていただきます。6ページになります。


 第1表でございますが、歳入総額70億1,872万6,000円、歳出総額67億8,035万3,000円で、歳入歳出差引が2億3,837万3,000円、うち翌年度へ繰り越すべき財源として1億304万7,000円を差し引き、実質収支額が1億3,532万6,000円で黒字を確保してございます。


 続けて、第2表、歳入決算の状況をごらんください。経済不況による所得環境の悪化や固定資産の評価がえなどを要因として、町税が1億296万6,000円の大幅な減収となったものの、新たに地域雇用創出推進費の創設などにより地方交付税が5,198万円の増、国の経済危機対策等による各種の地域活性化臨時交付金や定額給付金事業補助金、布鎌小学校体育館整備に係る負担金及び交付金、さらには町道整備に係る地域連携推進事業補助金や龍角寺古墳群公有地化に係る史跡等購入補助金などの交付によりまして、国庫支出金が7億2,682万8,000円の増、布鎌小学校体育館整備事業の実施及び臨時財政対策債の発行可能額が増額となったことなどにより、町債が1億1,541万7,000円の増となり、歳入総額は70億1,872万6,000円で、対前年度に比べまして8億9,791万円、14.7%の増となっております。


 なお、町税につきましては、7ページの第3表、町税徴収実績表のとおりで、町税全体で対前年度比1億296万6,000円、3.7%の減となっておりますが、法人均等割、法人税割、償却資産及び軽自動車税以外のすべての項目におきまして収入済額が減額となっております。


 また、収納率も90.6%と前年度比で0.8ポイント下がっております。


 次に、8ページ、第4表、目的別に歳出の状況を見ますと、増減の主な内容といたしましては、総務費は、定額給付金などの執行により3億5,921万5,000円の大幅な増額となっております。


 民生費は、更生医療給付費、後期高齢者医療給付費負担金及び子育て応援特別手当などにより4,001万円の増となっております。


 衛生費は、妊婦・乳児健康診査委託、こころの健康づくり支援事業及び新型インフルエンザ対策事業などにより621万6,000円の増となっております。


 商工費は、地域特産PR・販路拡大事業委託、龍角寺開基1300年記念事業などにより1,550万7,000円の増額になっております。


 土木費は、まちづくり交付金事業及び地域連携推進事業による道路改良工事などの執行により1億9,443万7,000円の大幅な増となっております。


 消防費は、救急車搭載備品の整備、消防通信指令システムの更新及び興津地区急傾斜地崩壊対策事業費などの執行により399万円の増となっております。


 教育費は布鎌小学校体育館建設工事、アスベスト除去工事、龍角寺古墳群指定・調査整備事業、ふれあいプラザさかえの修繕及び給食センター施設改修工事などの執行により、3億4,127万3,000円の大幅な増となっております。


 公債費は、公的資金の補償金免除繰上償還及び利子の償還額の減額により1億5,718万9,000円の減となっております。


 最後に、諸支出金は、財政調整基金及び社会福祉基金への積み立てにより869万7,000円の増となり、歳出総額では67億8,035万3,000円で、対前年度比8億681万7,000円の増となっております。


 続いて、第5表、性質別の歳出の状況を見ますと、前述のとおり公債費を初め、維持補修費、投資及び出資金が減額となったものの、扶助費が障害者介護・訓練等給付費や更生医療給付金、物件費が緊急雇用創出事業、補助費等が定額給付金事業、それから、繰出金が後期高齢者医療給付費負担金、普通建設事業が道路改良工事、布鎌小学校体育館建設工事及び龍角寺古墳群指定の調査整備事業における公有財産購入費などにより、それぞれ増額となっております。


 以上、簡単でございますが、一般会計歳入歳出決算の説明とさせていただきます。


 続きまして、9ページから10ページ、国民健康保険特別会計歳入歳出決算の状況について説明をさせていただきます。


 歳入総額が23億1,405万6,000円、歳出総額22億7,635万2,000円で、実質収支は3,770万4,000円の黒字となっております。


 歳入内訳の主なものとしましては、国民健康保険税が113万8,000円の増、医療給付費等交付金が2,832万9,000円の増、前期高齢者交付金が6,609万8,000円の増、共同事業交付金が2,456万円の増となっており、歳入額で9,088万6,000円の増額となっております。


 歳出内訳の主なものとしましては、医療費の増加により保険給付費が6,796万2,000円の増、後期高齢者支援金が2,822万1,000円の増、共同事業拠出金が2,611万円の増となっております。歳出で9,800万円の増額となっております。


 次に、11ページから12ページ、後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の状況について説明させていただきます。


 歳入総額1億4,893万2,000円、歳出総額1億4,780万5,000円で、実質収支は112万7,000円の黒字となっております。


 歳入内訳の主なものとしましては、後期高齢者医療保険料が81万2,000円の増、繰入金が102万5,000円の増となっており、歳入額で393万9,000円の増額となっております。


 歳出内訳の主なものとしましては、後期高齢者医療広域連合給付金が319万1,000円の増となっており、歳出438万7,000円の増額となっております。


 続いて、13ページから14ページ、老人保健特別会計歳入歳出決算の状況について説明させていただきます。


 歳入総額840万8,000円、歳出総額752万1,000円で、実質収支は88万7,000円の黒字となっております。これを前年度と比較しますと、平成20年度より後期高齢者医療制度に移行したことにより、過年度精算分のみの収支決算となったため、歳入で1億9,283万7,000円の減、歳出が1億9,196万3,000円の減となっております。


 次に、15ページから16ページ、介護保険特別会計歳入歳出決算の状況について説明をさせていただきます。


 歳入総額9億8,956万7,000円、歳出総額9億6,248万2,000円で、実質収支は2,708万5,000円の黒字となっております。これを前年度と比較しますと、歳入では、財産収入及び繰越金が減少したものの、保険料及び他の歳入すべてが増加をし、歳入が5,999万8,000円、6.5%の増となっております。


 一方、歳出では、総務費、財政安定化基金拠出金額及び諸支出金が減少しましたが、保険給付費及び地域支援事業費の増加などにより、歳出が4,217万1,000円の増となっております。


 最後になりますが、17ページから18ページ、公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の状況について説明をさせていただきます。


 歳入総額10億1,779万4,000円、歳出総額9億8,488万3,000円で、歳入歳出差引が3,291万1,000円、うち翌年度へ繰り越すべき財源として656万3,000円を差し引き、実質収支が2,634万8,000円の黒字となっております。これを前年度と比較をいたしますと、終末処理場の改築更新事業の増額に伴い、歳入では、国庫支出金及び町債などの増額により1億2,694万7,000円の増、また、歳出では、公共下水道事業費などの増額により1億965万7,000円の増額となっております。


 以上で、平成21年度決算の説明とさせていただきます。なお、町が借り入れをしている地方債につきましては、19ページから25ページに事業別、借入先別、利率別に地方債残高の状況を掲載してありますので説明は省略をさせていただきます。ぜひ、参考にしていただければと思います。以上、決算の説明とさせていただきます。


○議長(大澤義和君) ここで10分間の休憩といたします。11時10分より再開したいと思います。


                               午前11時00分 休憩


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                               午前11時10分 再開


○議長(大澤義和君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(大澤義和君) ここで、代表監査委員の鈴木武雄君に決算審査について意見を求めます。鈴木君、登壇願います。


 〔代表監査委員 鈴木武雄君登壇〕


○代表監査委員(鈴木武雄君) 報告いたします。地方自治法第233条第2項の規定により審査に付されました平成21年度栄町一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに同法第241条第5項の規定により、審査に付されました平成21年度基金運用状況につきましては、秋山 誠監査委員とともに、8月4日から6日までの3日間、関係書類を審査するとともに、関係職員からの説明を聴取いたしました。審査に当たりましては、予算の定める目的に従いまして事務事業が効果的、経済的、合法的に執行されているかどうかに主眼を置いて実施いたしました。具体的には各会計決算書の計数の正確性を検証するとともに、組織運営を含めて財政運営が合理的に行われているかどうか、また、基金についても、計数の正確性の検証と、設置目的に従って確実かつ効率的に運用されているかどうか、このような点に留意し審査を行いました。


 その結果、平成21年度各会計歳入歳出決算につきましては、関係書類に照らし、計数は正確であり、その収支は収支命令に符号しており、かつ適法でありました。また、平成21年度基金の運用状況を示す関係書類を確認したところ、条例の定めるところにより適正に運用されているものと認められました。全般事項としまして、平成21年度決算による財政指標は、前年度と比較し、全体的に徐々に回復基調となっております。経常収支比率は、前年度と比較し、1.0ポイント回復、97.1%に、実質公債費比率は、前年度と比較し、0.2ポイント回復し、14.1%に達しております。これは、まだ高い数値を示しており、財政構造の硬直化で弾力性が失われ、厳しい財政運営状況にあると判断できます。今後もさらに財政の健全な運営に向け、行財政改革推進に努力されることを要望いたします。


 さて、一般会計歳入について、歳入総額は70億1,873万円、前年度と比較し、8億9,791万円増額(14.7%増)しました。これは、依存財源である地方交付税が5,198万円増額(4.0%増)、国庫支出金7億2,683万円増額(305.3%増)、町債1億1,542万円増額(19.4%増)、繰入金1億1,189万円増額(2,844.9%増)等、大幅に増額されました。一方、自主財源の町税は、前年度と比較し、1億297万円減額(3.7%減)しました。


 主な要因は、地方交付税が雇用対策、社会保障対策費等の算入により増額、国庫支出金は定額給付金や地域活性化・緊急経済対策、公共投資臨時交付金等により大幅に増額され、町債は臨時財政対策債の増額、繰入金は財政調整基金からの繰り入れにより増額されました。また、町税の町民税、固定資産税は、景気の低迷による所得の減少や固定資産税の評価額の見直し等により減額されました。


 歳入全体では増額となっているものの、これは一時的な特定財源の確保による増額であり、今後の財政運営の健全性の確保という観点からも、安定した自主財源の確保が望まれるところでございます。


 また、町税の収納率については、町民税が92.9%、固定資産税が86.9%と、前年度と比較し、町民税が1.2ポイント低下、固定資産税が0.4ポイント低下、町税全体では、0.8ポイント低下し、90.6%となっております。収納率が低下しているが、さらなる収納対策の強化により、徴収率の向上に努力されることを要望いたします。


 一般会計歳出について、歳出予算総額は72億2,359万円に対し、歳出決算総額は67億8,035万円、翌年度へ繰越額(繰越明許費)は、3億946万円、不用額1億3,377万円で、予算総額から翌年度への繰越額を除いての予算執行率は93.8%であります。


 性質別歳出決算額の主なものの人件費は、前年度と比較し、511万円増額(0.3%増)、扶助費2,046万円増額(4.1%増)、公債費1億5,719万円減額(11.9%減)と義務的経費総額では1億3,162万円減額(3.5%減)で、歳出決算総額に対し、53.6%を占めてございます。


 主な減額要因は、公債費のうち平成21年度繰上償還額が前年度より少額であったことによるが、毎年度の償還額軽減に努力されたことが挙げられ、総額8,600万円の削減効果として評価できます。また、物件費は前年度と比較し、2,777万円増額(3.9%増)、補助費等は3億4,076万円増額(72.4%増)、経常的経費総額では2億6,120万円増額(4.7%増)、歳出決算総額に対し85.6%を占めてございます。物件費、補助費等は国の緊急経済対策による緊急雇用創出事業や定額給付金給付事業などにより大幅に増額されました。積立金は、前年度と比較し、867万円増額(5.3%増)し、財源調整を行う資金として基金積立を増額させました。普通建設事業費は、前年度と比較し、5億4,343万円増額(259.6%増)しました。


 主な要因は、布鎌小学校体育館建設工事、町道改良工事、龍角寺古墳群指定・調査整備事業等により増額したものでございます。平成21年度は、国の緊急経済対策として、各種事業の補助金・交付金が大幅に増額し、町もその確保に努力されましたが、今後、国からの財源増額見込みは厳しく、自主財源の増加も望めない厳しい財政状況が予測されるので、引き続き、行財政改革の推進を図り、健全な財政運営を要望します。


 次に、特別会計でございますが、国民健康保険特別会計歳入について、歳入総額は23億1,406万円、前年度と比較し9,089万円増額(4.1%増)しました。主なものは、療養給付費等交付金2,833万円増額(14.4%増)、前期高齢者交付金6,610万円増額(18.5%増)、共同事業交付金2,456万円増額(11.0%増)、繰入金については、2,429万円減額(16.7%減)いたしました。前期高齢者交付金は、前期高齢者数とその医療費の増に伴う増額であり、繰入金は一般会計からの繰入金や基金取り崩し等により減額されたものであります。また、国民健康保険税の収入額は増加しているものの、収納率は、前年度と比較し、2.5ポイント低下し、63.7%となっており、なお一層の収納率引き上げに努力されることを要望します。


 一方、歳出について、歳出総額は22億7,635万円で、前年度と比較し、9,800万円増額(4.5%増)しました。主なものは、保険給付費6,796万円増額(4.8%増)、後期高齢者支援金等2,822万円増額(10.6%増)、共同事業拠出金2,611万円増額(13.0%増)に対し、老人保健拠出金については、3,588万円減額(45.3%減)いたしました。保険給付費については、医療技術の進歩、高齢化、疾病患者の増加等により年々増加しており、懸念されるところであります。厳しい財政状況の中にあるが、収支均衡と、安定した財政運営に努力されることを要望します。


 公共下水道事業特別会計の歳入総額は、10億1,779万円で、前年度と比較し、1億2,695万円増額(14.3%増)しました。


 主な要因は、国庫支出金6,330万円増額(40.9%増)、町債7,290万円増額(24.9%増)であり、国庫支出金については、水質保全事業補助金等の増額であり、町債については、公共下水道事業債の増額によるものであります。また、使用料及び手数料は、前年度と比較し、1,003万円減額(3.1%減)し、収納率は、前年度に比較し、0.4ポイント低下し、95.0%であり、引き続き収納率の向上に努力されたい。


 次に、歳出について、総額は9億8,488万円で、前年度と比較し1億966万円増額(12.5%増)しました。主に、公共下水道事業費は、前年度と比較し、1億2,176万円増額(37.2%増)しました。


 主な要因は、終末処理場改築工事、南中継ポンプ場電気設備改築更新工事等の事業や汚水排水施設整備事業の管渠築造工事により増額となりました。また、諸支出金にあっては、下水道基金積立金が執行されていないことから、事務処理等の再確認が望まれます。


 今後も、各施設の改築・更新事業の推進に当たり、綿密な財政計画のもと、健全な事業運営を要望いたします。


 その他特別会計については、制度改正により老人保健特別会計が減額し、後期高齢者医療特別会計に移行しました。また、介護保険特別会計は特に問題とすべき点はございません。基金運用状況については、出納整理期間後の数値で述べると、財政調整基金は前年度に比較し、7,348万円増額(36.7%増)し、2億7,391万円とし、基金回復に努力されたことが確認できました。


 国民健康保険特別会計財政調整基金については、前年度と比較し、1,419万円増額(172.5%増)し、2,241万円とし、基金回復に努力されたことが確認できました。


 介護保険財政調整基金については、前年度と比較し、3,196万円増額(29.8%増)し、1億3,929万円とし、基金回復に努力されたことが確認できました。


 公共下水道事業特別会計財政調整基金については、前年度と同額の1,632万円で、増減はなく基金回復に努力されたい。


 各基金について、今後も充実、回復に努力されることを要望いたします。


 次に、現地審査につきまして、町道22111号線道路改良事業(請方地先幅員4メートル、延長544メートル)について、舗装新設工事を実施し、契約どおり工期内に完了されておりました。


 龍角寺古墳群指定・調査整備事業については、平成21年度から23年度までの3カ年継続事業で、用地取得計画全面積6万7,836平方メートルであり、平成21年度には、地権者2名(3筆)2万6,950平方メートルの買収が終了していることが確認されました。今後、計画的な用地取得と全体的な整備計画が望まれるところであります。


 興津急傾斜地崩壊対策事業は、平成16年度から県の指定を受け、県の継続事業として実施されましたが、一部、台風等の影響による工法の変更があり、1年間延長され、平成21年度で完了し、地域防災対策として計画的整備が図られました。


 決算の概要。


 平成21年度決算の概要。


 区分 歳入総額、歳出総額、歳入歳出差引額、翌年度へ繰り越すべき財源(繰越明許費等)、実質収支額、翌年度予算への繰越額。


 一般会計、70億1,872万6,000円、67億8,035万3,000円、2億3,837万3,000円、1億304万7,000円、1億3,532万6,000円、1億3,532万6,000円。


 国民健康保険特別会計、23億1,405万6,000円、22億7,635万2,000円、3,770万4,000円、実質収支額3,770万4,000円、翌年度予算への繰越額3,770万4,000円。


 後期高齢者特別会計、1億4,893万2,000円、1億4,780万5,000円、112万7,000円、112万7,000円、112万7,000円。


 老人保健特別会計840万8,000円、752万1,000円、88万7,000円、88万7,000円、88万7,000円。


 介護保険特別会計、9億8,956万7,000円、9億6,248万2,000円、2,708万5,000円、2,708万5,000円、2,708万5,000円。


 公共下水道事業特別会計、10億1,779万4,000円、9億8,488万3,000円、3,291万1,000円、翌年度へ繰り越すべき財源、繰越明許費等656万3,000円、実質収支額2,634万8,000円、2,634万8,000円。


 以上、報告を終わります。


○議長(大澤義和君) ありがとうございました。鈴木君、ご降壇願います。


 これより認定第1号から認定第6号までの総括質疑を行います。戸田君。


○13番(戸田榮子君) 認定第1号の一般会計についての総括質問を行います。


 ただいま担当課長並びに監査委員の方から詳しくご報告があったように、平成21年度の一般会計は、実質収支1億3,532万6,000円の黒字となっております。平成19年度、2007年に国の財政健全化法、夕張ショックによって国の法律で各自治体にこれが敷かれたわけです。その中で、平成21年度も先ほど報告がありましたように、各比率、実質赤字比率、連結実質赤字比率、公債費比率、将来負担比率、すべてが健全財政という報告を受けております。夕張ショックのような自治体は今千葉県内ではほとんどないと思いますし、自治体直営による病院とかいろいろな事業を行っておりませんので、栄町は、そういう面では健全財政を維持できるのではないかと思っております。


 そこでお尋ねしますけれども、平成21年度の決算の特徴としては、今までいろいろな資金を借りていたところの借りかえですね、高金利のものを低利に借りかえたという、これが平成21年度の特徴だったと思いますが、これはどの自治体も勝手に借りかえができない内容になっているとは思いますけれども、平成21年度におけるその借りかえによりどの事業内容で借りかえて、その成果がどうであったのか、これをお尋ねしたいと思います。


 その次に、あわせて、まちづくり交付金が平成21年度減収の中で、栄町はかのまちづくり交付金による事業が行われました。この事業の成果について総括の中で事業内容と交付金について質問を、まずこの2点最初に質問をさせていただきます。


○議長(大澤義和君) 岡田町長。


○町長(岡田正市君) 低利に借りかえたということは、当然高金利のものより低利だったということで、その差額がかなり大きいわけでして、その差額分で各事業の方に回せたということが一番の大きなことではなかったかと思います。しかしながら、まだ、かなりの7%台の借りているものがございました。順次、その分借りかえできましたならば、借りかえていきたいと思っております。


 また、先ほどの中で細かい事業は担当課長が後で説明するかと思いますけれども、まず一般会計と下水道特別会計が一番これに当てはまるのではないかと思っております。


 また、まちづくり交付金、その他かなり今回いただいたわけでございますけれども、今までですと、例えば補修事業とかいろいろな部分に使えなかった交付金が、このたびは整備計画なりなんなりを申請いたしますといただけたというメリットがございまして、これは当町にとりましては、先ほど監査委員も申されたとおり、税収が減収している中で、今回この部分が、健全な決算ができたということは、これはかなり大きな部分を占めているものではないかと思っております。


 また、当然、今年度21年度はかなりのそれなりの決算ができましたけれども、この交付金あるいはまちづくり交付金など、いろいろな国の補助金が来年もあるとは限られておりませんので、先ほど監査委員が申されたとおり、財政健全化計画は今までどおり進めていかなければならないだろうと思っております。


 以上です。


○議長(大澤義和君) 戸田君。


○13番(戸田榮子君) ただいま町長の方から答弁がございまして、また、この決算は決算審査特別委員会が後日ございますので、その決算審査特別委員会の中でまた詳しく審議をさせていただきたいと思います。


 そこで、次の質問ですけれども、今、町長の方からも申されましたように、平成21年度決算では1億円を超える減収、柱である町税の減収がありました。これは一つには固定資産税の見直し、評価がえによる見直しによる減額も含まれていますけれども、社会事情を反映して、職を失ったり年収が減ったという、これが大きな要因だと思いますけれども、そういう中で、平成21年度は0.8%の徴収率が、平成20年度よりも下がっている中で、ご承知のように、栄町は今年度から収納課がなくなり、収納対策室になりましたね。職員体制は変わらないと思いますけれども、こういう社会事情の中と、栄町の財政の中で1億円を超える減収というのは大変厳しいわけですから、きちんとした収納が一つの、もちろん家庭の事情もありますので、その辺は考慮は必要と思いますけれども、この収納について、担当課としては今後この21年度の決算を生かしてどのような収納方法や、それから、手だてを考えておられるか、最後にこの質問をさせていただきます。


○議長(大澤義和君) 川田税務課長。


○税務課長(川田淳一君) 収納率については、前年度と比較をしますと、約0.8ポイント減少しております。これは昨今の経済状況などが要因かと思いますが、今年度より新たな組織となりましたので、収納率向上を目指すために新たな取り組み方法や納税者の納めやすい環境づくりをして、さまざまな対応をしていきまして収納率向上を目指していきたいと思いますのでよろしくお願いします。


 以上です。


○議長(大澤義和君) ほかに質疑ございませんか。


 〔「なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 質疑なしと認めます。これにて総括質疑を終わります。


 お諮りいたします。ただいま議題となっております認定第1号から認定第6号までについては、議長及び議会選出の監査委員を除く全議員13名の委員で構成する決算審査特別委員会を設置の上、これに付託し、審査することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、認定第1号から認定第6号までについては、議長及び議会選出の監査委員を除く全議員13名の委員で構成する決算審査特別委員会を設置の上、これに付託し審査することに決定しました。


 これより議員控室において決算審査特別委員会を開催し、委員長の互選を行うため、暫時休憩といたします。


                               午前11時35分 休憩


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


                               午前11時40分 再開


○議長(大澤義和君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


○議長(大澤義和君) 休憩中に開催されました決算審査特別委員会において、決算審査特別委員会委員長に大野 博君、同じく副委員長に葛生康雄君が決まりましたのでご報告いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎請願第1号、請願第2号





○議長(大澤義和君) 日程第19、請願第1号、「義務教育費国庫負担制度の堅持に関する意見書」採択を求める請願書、日程第20、請願第2号、「国における平成23(2011)年度教育予算拡充に関する意見書」採択に関する請願書、以上2件を一括議題といたします。


 請願第1号及び請願第2号は、お手元に配付しました請願文書表のとおり、教育民生常任委員会に付託いたします。


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――





◎延  会





○議長(大澤義和君) お諮りいたします。決算審査特別委員会の開催及び議案調査のため、9月15日から9月21日までの7日間を休会にしたいと思います。これにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、9月15日から9月21日までの7日間を休会とすることに決定いたしました。


 お諮りいたします。本日の会議はこれで延会とし、次は9月22日午前10時より再開したいと思います。これにご異議ございませんか。


 〔「異議なし」の声あり〕


○議長(大澤義和君) 異議なしと認めます。よって、本日は延会することに決定いたしました。


 これをもって延会といたします。


                               午前11時45分 延会


  ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――